ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

真央ちゃん凱旋帰国ニュースとGet Sports動画

真央ちゃん、お帰りなさい。
お疲れ様!

帰国のニュースと、
ロシア杯表彰式・EXの裏側、バンケットの写真です。

真央ちゃん&羽生君、もう一枚良い写真がありますね~。

後半は、11/27放送されたGet Sportsの動画です。
グランプリファイナルの見どころ、高橋大輔&パトリック・チャン特集となってます。


ロシア杯優勝の浅田真央が凱旋、「ワクワクしている」
Sportivia 2011年11月29日(火)

 GP最終第6戦のロシア杯で3季ぶりの優勝を果たし、3年ぶりのGPファイナル進出を決めた浅田真央が、久しぶりの凱旋帰国会見を成田空港で開き、疲労感の中にも笑顔を見せた。

「優勝という形で良い結果を出したので、この良い流れのままファイナルを迎えたい。ファイナルに向けて何をしなければいけないかは分かっているので、万全の調子で臨みたい」

 カナダのケベック市で12月8日開幕するGPファイナルまでの約10日間は、GP2戦で浮き彫りになった課題に取り組むという。

 ショートプログラム(SP)では「勢いを出すこと」。佐藤信夫コーチから今季のテーマとして「スピードに勝る魅力はない」と言われており、ここ数年落ちていたスピード強化の成果が徐々に表れはじめている。「もっともっと勢いをつければ、スピードは出てくると思います」と、浅田も手ごたえを口にする。

 そしてロシア杯で3度ジャンプを失敗したフリープログラムは「ミスをなくすこと」。苦手なルッツジャンプとサルコージャンプ、トーループジャンプをプログラムに組み込み、 昨季から挑戦する5種類のジャンプを跳ぶことに集中するようだ。

 一から修正しているジャンプやスケーティングの基本に立ち返ることなど、様々な試みに取り組んでいる浅田は、代名詞でもあるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)とどう向き合っていくのか。今回のGP2戦では、初戦のNHK杯SPで挑んで失敗した1回しかトリプルアクセルを跳んでいない。

 そのことについて問われると、「ファイナルまで時間が短いので、その間に自分ができることを精一杯したい。フリーはステップやスピンでレベル4を獲得できたので大きな自信になったし、トリプルアクセルも諦めていない。これからも精一杯の努力をして(跳べるように)頑張りたい」と答えるにとどめた。

 昨季までこだわってきた一番の武器であるトリプルアクセルを跳ばないという選択をした今季の浅田からは、明らかに心の変化を感じ取れる。20歳を過ぎ、車の運転免許も取って自ら運転して練習場に通い、コスチュームでも初のパンツスタイルにチャレンジした。昨年9月から指導を受ける佐藤コーチとの”化学反応”が心の変化を生んでいるのかもしれない。この変化が今後どう浅田を成長させるのか、楽しみでもある。
 
 最後にGPファイナルを展望してみよう。ファイナル進出者のGP6戦の結果を見ると、(1)トゥクタミシェワ・177.38点と 182.89点、(2)浅田・184.19点と183.25点、(3)コストナー・182.14点と179.32点、(4)鈴木明子・177.26点と185.98点、(5)シズニー・177.48点と179.15点、(6)レオノワ・170.68点と180.45点となっている(順位は国際スケート連盟によるGPシリーズの最終結果)。

 ファイナル進出者6人の総合得点を見ると、浅田がただひとり、2大会とも180点台をマークしている。この数字だけでも、元世界女王の実力がいまだ衰えていない証拠と言えよう。トリプルアクセルという最大の武器がなくても、浅田には他の選手に勝るものがたくさんあるということだ。

 しかし同じ土俵、同じ舞台に立ってどう比較され、優劣がつくかは、その時のジャッジや会場の雰囲気によっても変わってくるはず。初めて競うロシアの新星、トゥクタミシェワとの勝負は、今季一番の注目度になる。
 
「(昨季と同じプログラムの)フリーはジャンプミスがあったけれど、他のエレメンツや流れに手ごたえを感じている。あとは、100パーセントの演技をするだけ。今は試合が楽しみでワクワクしている。(トゥクタミシェワについて聞かれ)14歳で若くて元気いっぱいの選手なので、自分も負けないように頑張りたい」

 6年前の2005年に華々しくシニアデビューした浅田にとって、トゥクタミシェワは当時の自分自身とも重なり合うに違いない。強敵との華麗な戦いになりそうだ。

Snap6779234.jpg


帰国を伝える写真
Snap6779238.jpgSnap6779235.jpg
Snap6779236.jpgSnap6779237.jpg

得点を待つ佐藤コーチと真央ちゃん
392814_307147589310189_255007411190874_1138404_786743361_n.jpg

表彰式前に、3人仲良く談話をしてたそうですね
image7543.jpg

おめでとう!何気なく立ってるだけで美しい真央ちゃん
3331--50974109-m750x740-u96bd4.jpg

EX前の表情。リラックスしてますね。
378107_30715169309631_255007411190874_1138426_39133910_n.jpg

これまた微笑ましい写真 絵になるな~
IMG_2535.jpg

今井遥ちゃん、羽生くん、真央ちゃん、右は会見で通訳してくれてた連盟の方かな?
375370_307154112642870_255007411190874_1138434_1738469180_n.jpg

ダンスに誘われたのかな?楽しそうです
302202_307154802642801_255007411190874_1138437_1320509260_n.jpg


2011.11.27 Get Sports 1/2


2011.11.27 Get Sports 2/2


グランプリファイナル出場男子
Snap6779239.jpg

グランプリファイナル出場女子
Snap6779240.jpg

見どころ
Snap6779241.jpg
Snap6779242.jpg
Snap6779243.jpg

選手の意気込み
Snap6779245.jpg
Snap6779246.jpg
Snap6779251.jpg
Snap6779250.jpg
Snap6779247.jpg
Snap6779248.jpg


視聴率も女王!真央Vは最高29・8%
nikkan sports 2011年11月29日8時34分

フィギュアスケート20+ 件女子の浅田真央(21=中京大)の3季ぶり復活Vが、高視聴率をマークした。
テレビ朝日系で放送されたGPシリーズ今季最終戦、ロシア杯の視聴率が28日、発表され、
女子フリーなどが行われた26日は平均18・2%を記録した。
瞬間最高は、浅田の優勝が決まって演技を振り返るシーンで29・8%だった。
前日25日の女子SP平均16・3%瞬間最高24・3%の高い数字。
SPで首位に立った浅田への期待感が、翌日の高視聴率に結び付いたようだ。
浅田はこの勝利で、3季ぶりのGPファイナル(12月8日開幕、カナダ・ケベック)出場を決めている。
(視聴率はすべて関東地区平均、ビデオリサーチ調べ)。




今日の記事はいかがでしたか?
更新の励みとなってますので、お手間でなければクリックを(*^▽^*)ノ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/11/30(水) 03:24:33|
  2. 浅田真央ニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。