ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

3Aは女性にとっては極めて困難な技術であることを思い出してほしい(イタリア解説)。英ユロスポも。

海外解説、イタリアとイギリスの2つです。

甲乙つけがたいほど、どちらもありがたい解説です。

真央ちゃん自身が選択した2Aについて、
良い選択だったと声をそろえてくださってますね。

また、どちらも真央ちゃんへのリスペクトの念が感じられるし、
間違いなく真央ちゃんの完全復活を心待ちにしていることが伝わります。
浅田真央を形容する言葉がそれを表してます。

最も優れた現役スケーター (英ユーロスポーツ)
抜きん出た競争者 (イタリア解説)

私が一番嬉しかったのはこのくだりでした。


これは戦略上、正しい選択だったと思いますよ
転倒するリスクを避けるために

彼女であれば間違いなくできるエレメンツであっても  
難度の高い技は常にリスクを伴いますからね

この2Aは3Aの予定でしたが…全く問題はありません

思い出してください
3Aは女性にとって極めて困難な技術です
女性は通常2Aを飛びます



特に、
3Aは女性にとっては極めて困難な技術であることを思い出してほしい
という部分です。

審判さえもそれを忘れているような今。

男子でも転倒する選手が多い技を、
こんな華奢な女性アスリートが挑む価値。

着地しただけで世界的な快挙だったはずでは…?
それを…

簡単にダウングレードする審判。
幅がない、流れがない、と難癖をつける審判。

詳しくは過去記事を見ていただきたいのですが、
3Aを女子が跳ぶということは、そんなに甘く見るべきことではないはずです…。

3A基礎点を上げるべき…本田武史&3Aに対する世界の声
女子の3Aの希少価値をもっと評価してほしいですね。

世界の解説者の皆様、
翻訳をしてくださった方々、
動画をUPしてくださった方々、
ほんとうに、ありがとうございます。

審判にはぜひこの解説を聞いてもらいたいものです。


イタリア版日本語訳】 2011 浅田真央 ロステレコム杯 SP:シェヘラザード


解説:ファブリッツォ・ペドラッツィーニ
実況:アリアンナ

マオ・アサダが氷上に登場です
シェヘラザード、タチアナ・タラソワの振り付けです
オリンピック銀メダリスト モスクワ、アイスバラス・メガスポーツ

2A

2Aでこの先の演技を問題なく進めていくことができます
3Aを欠いても


3F+2Lo
3Lo

(演技終了)

マオ・アサダ 彼女のSP演技は完璧なものでしたね
ただ3Aを飛ぶかもしれない、と言ってはいましたが
2週間前のNHK杯でもそうであったように2Aにしてきました

これは戦略上、正しい選択だったと思いますよ
転倒するリスクを避けるために

彼女であれば間違いなくできるエレメンツであっても
難度の高い技は常にリスクを伴いますからね

今回彼女は全てのエレメンツを彼女のレベルで確実に取っていくことを選択しました
彼女はキャリアにおいてもタイトル保持という点で
今日演じた競技者の中で最も優れた現役スケーターです
テクニカルレベルでも戦略法もとても良かったのではないかと思いますよ


マオ・アサダのリプレイを見てみましょう

この2Aは3Aの予定でしたが…全く問題はありません

思い出してください
3Aは女性にとって極めて困難な技術です
女性は通常2Aを飛びます


(スピン)
この部分はタチアナ・タラソワの特徴がよく見えますね

他のジャンプ
3Lo これも全く問題なし
流れもいい


よく洗練されたプログラム
新しい追求もされている
彼女はいつも見る側にとって新鮮なプログラムを
音楽の選択を含め、タラソワの助けによって披露してきています
タラソワは偉大なコーチであり
歴史的なスケーター<神聖なるモンスター>たちを育てた人です

さてマオ・アサダはソトニコワの得点を上回るでしょうか
そのソトニコワはマオを目標にしてきた、と公言しています
マオは彼女にとってアイドルなんです
この2人が同じ試合に挑んでいます

さぁこの戦いはどうなるでしょうか
女子SPのファーストラウンド、とでも言いましょうか…

アデリーナの演技構成点は27.69 技術点31.10
技術点はジャッジ(テクニカル・パネル)での確認を待つほうが良いでしょう
しかし構成点においてはマオのほうが経験という点で差が出てくるのではないか、と
得点を待ちましょう ファイナル進出が掛かっています

64.29 問題なくソトニコワを上回りました
技術点33.34 構成点30.95
NHK杯の58.42を上回りました
1位に付けました



British Euro Sport≫浅田真央 2011 ロステレコム杯 SP:シェヘラザード


NHK杯では2位でしたが、
この試合に勝つために温存していたのでしょう。
プレッシャーから開放されて、どんな演技を見せるのでしょうか

NHK杯では成し遂げられませんでしたが
3Aを飛ぶ構成です
どうするでしょうか

日本、名古屋の浅田真央
音楽はシェヘラザード

最初のエレメンツは3Aの予定です

3Aは回避したようですが最善の選択だと思います

3F+2Lo very easy
3Lo

she dose!
世界で最も理解力のあるロシアの観客です
軽々とやってのけたように見えます
この場で主役になる必要はないという計算だったのでしょう
リスクを背負ってまで3Aを飛ぶ価値は全くありません
正しい選択だったと云えます

彼女は全てにおいてとても良い演技をしたと思いますが
スピンに関してはほんの少し疑問が残ります
ちょっとスローだったかもしれませんね

ただそれだけです

私はプログラムも振り付けも好きです
ジャンプはとても良かったし
プログラムの中にはスーパートランディション(つなぎ)がいくつかあります


2A
本当に軽々とやっているように見えます
簡単な要素で確実なグレードを得るほうが良い場合もあります
難しい要素で失敗して悪いグレードを得るより


スピンのポジションは良いと思いますが
ローテーションにもう少しスピードが欲しいところです

力強いコンビネーション

3Lo
美しいですね
お手本のようです
このようなジャンプではポジティブな加点が得られます


フットワークをよく見てみましょう
ターンの後のエッジの変化
質の高さが重要になってきます
完璧なコントロール
フットワークを完全にモノにしています
real good


2度の世界チャンピオン
オリンピックkではキムユナに敗れましたが
ここに立つ彼女は抜きん出た競争者です
グランプリファイナル出場は決まったようなものでしょう

まだFSが残っていますけどね

佐藤信夫は佐藤有香の父親です

グランプリファイナルの主なライバルは
鈴木明子 キャロリーナ・コストナー 
あとはロシアの選手 タクタミシェワ


シェヘラ演技開始の表情。気合が伝わります。
Snap6779181.jpg

演技を終えて、佐藤コーチを見つけた笑顔…抱きしめてあげたくなる(私、女ですけど・笑)
美しさと憂いが同居して、「真央さん」と呼びたくなる
Snap6779179.jpg
Snap6779180.jpg

得点待ちの場面。二人とも同じポーズでなんだか笑える
Snap6779184.jpg
Snap6779183.jpg
Snap6779182.jpg

もうすぐFSが始まりますね。

私はなんとなく、浅田選手は3Aを跳んでくるような予感が…。

もしうまくいかなくても、NHK杯でパッと笑顔で切り替えたように、
あとは絶対取りこぼさないんだ、という気持ちでいるような気がします。

真央ちゃん、頑張れ(`・ω・´)



今日の記事はいかがでしたか?
更新の励みとなってますので、お手間でなければクリックを(*^▽^*)ノ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/11/26(土) 17:44:58|
  2. 動画・世界の解説動画|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。