ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

トルコ7億円、タイ10億円、韓国へは5兆円 支援の格差に思う。

非常に腹立たしいニュースを見たので、それについて書きたいと思います。

ニュースをご紹介する前に、この番組をご覧下さい。
(急いでる方のために)動画の下に、簡単な内容を書き出してます。

国難でわかった真の友好国台湾、反日の韓国


(番組の内容)

東日本大震災から復興に向かう時期に竹島の海洋基地建設に着工する韓国は火事場泥棒。
韓国も一応義援金は集めたが、竹島の教科書記述が気に入らないと、義援金を返した。
こういうときは本当の友達とそうでない友達をしっかり見分けたほうがいい。
アメリカはよくやってくれた。98億円義援金を集めてくれた。
しかし、人口10分の1の台湾が、あっという間に100億円を超えてますよ。
台湾は100人規模の救助隊を送り込んでくれたが、(日本は)それを断った。
中国本土に遠慮して。中国は15人くらいが来て、現地で写真を撮って帰っていった。
台湾の義援金集めは、個人レベルではなく国を挙げてのものだった。
今の台湾があるのは日本人のおかげという思いがある。
日本から脱出する人もいる中、台湾からは150人の観光客が来てくれた。

一言で言うと、
震災後の対応で日本にとっての本当の友達と偽者の友達がわかったという内容。

  本当の友達 = 台湾
  偽者の友達 = 韓国


震災によって韓国は日本の友達ではないとわかったと、
この番組でも言ってるのに、野田政権はまるでそれがわかってません。

腹立たしいと思ったニュースはこちらです。


トルコ7億円、タイ10億円、韓国へは5兆円 野田政権、迅速な海外支援と遅れる国内対策
サーチナ 2011/11/05(土) 15:05

  野田政権発足後、海外で相次いで災害が発生した。早急な支援には一定の評価はあるものの、東日本大震災の被災地支援など、国内の災害への対策も急がれる。

  野田政権発足後、海外で災害や金融危機が相次いだ。対応は迅速で、一定の評価を得ている。

  タイでは7月下旬からの豪雨により洪水が発生した。その被害は、10月28日時点で、死亡者数377名、行方不明2名、被災者数約215万人である。日本政府は、10月10日から順次、3000万円相当2500万円相当の緊急援助物資の支援を行っていた。

  支援額に批判の声も上がるなか、11月1日、政府は追加援助を決めた。洪水被害の復旧・被災者支援のため、10億円を上限として、大型排水用ポンプ、船外機付きボート、浄水器や仮設トイレ等の購入に必要な緊急無償資金援助を行うという。

  10月23日には、トルコでマグニチュード7.2の地震が発生。10月31日時点で、死者601名、負傷者約4150名、建物の倒壊4574棟の被害が報告されている。政府は11月2日、トルコ政府が計画する仮設住宅等への支援のため、1000万ドル(約7億8000万円)の緊急無償資金協力を行うことを決定した。こちらも、当初は10月25日、国際協力機構(JICA)を通じて、3000万円を上限として緊急援助物資(テント等)の供与を実施するとされていたため、後で増額されたことになる。

  一方で、野田佳彦首相は10月19日、韓国・大統領府で李明博(イ・ミョンバク)大統領と首脳会談を行い、日韓間の通貨スワップを現在の130億ドル規模から、5倍を超える700億ドル(約5兆3700億円)に拡大することで、あっさり合意した。

  この通貨スワップ協定は、欧州の財政危機を受けて、韓国ウォンが急激に下落していた問題に対する支援とみられている。協定が明らかになった直後には、韓国ウォンが1カ月ぶり高値となったが、10月31日時点にはまた韓国ウォンは下落傾向を見せている。

  他国への多額の支援が次々と決まるなか、なかなか進まない東日本大震災の被災地支援に、いらだちや不満の声も上がっている。海外支援で見せた迅速な対応が、国内にも求められている。(情報提供:MONEYzine)


記事の内容をまとめると、こんな表になりました。

2011年10月に日本が行った対外支援
支援国支援理由支援額備  考
タイ洪水10億円最初は3000万円→批判により増額
トルコ地震7億8000万円最初は3000万円→あとから増額
韓国財政困難5兆3700億円あっさりと合意

このニュースで台湾は出てきませんが、
トルコとタイは、台湾と同じように親日国として知られています。

遠くから日本を善意のまなざしで見てくれる人たちに対する義援金は、3000万。
あとから「それは少ないだろう」と批判を受けて、しぶしぶ増額。


日本が天災に苦しむ状況においても歴史問題や国民感情を優先し、
竹島を乗っ取ろうとしたり義援金を送ることを取りやめたりするニセモノの友人、韓国。

日本を憎んでしかいない韓国に、どうして5兆円もの大金を渡すのか。
桁の違いもあからさま過ぎます。


震災時の韓国の非情さをもう忘れたのか。
震災時親日国の優しさをもう忘れたのか。

そもそも民主党自体が韓国なのだろうか。
過去にはこういう発言もあったし。

鳩山

私たち一般人は、こういうニュースを見ても何も感じなくていいんだろうか。
何もせず、なるようになるとのんびりしていていいんだろうか。

少なくともネトウヨのはしくれとして(笑)インターネットで情報を得る自分には、
聞き流せるニュースではなかったし、野田政権を信用してはいけないと再確認しました。



そもそも日本を好意的に見てくれる親日国は、
どうして日本のことを好きでいてくれるんでしょうか。

それがわかる動画をいくつかまとめてご紹介します。

■親日国トルコ

決して恩を忘れないトルコ【テヘランの日本人を救ったトルコ】 Ver.1.01 トルコ


■親日国パラオ

誇リ高キ大日本帝国 「日本とある国のお話」 パラオ


■親日国台湾

親日国 日本の台湾統治の真実 『もう一度日本時代に戻りたいです』  台湾


■親日国ポーランド

大和心とポーランド魂 ポーランド


■親日国(に仲間入りした)イラク

親日国 前代未聞の『感謝デモ』  イラク




■「日本をどう思うか?」 フジテレビ「めざましどようび」調査 

親日国・台湾
Snap6778711.jpgSnap6778712.jpg

親日国・タイ
Snap6778713.jpgSnap6778714.jpg

親日国・シンガポール
Snap6778715.jpgSnap6778716.jpg

反日国・中国
Snap6778717.jpgSnap6778718.jpg

反日国・韓国
Snap6778719.jpgSnap6778720.jpg

■「日本人」と聞いて思い浮かべる言葉 読売新聞2009年

Snap6778721.jpgSnap6778722.jpg
Snap6778723.jpgSnap6778724.jpg
Snap6778725.jpgSnap6778726.jpg

これらの結果を「めざましどようび」でもちゃんと放送しているのに、
反日とわかってフジテレビは何故凝りもせず韓国を持ち上げるのでしょうか。
やってることが支離滅裂です。

最後になりましたが、今日の記事は昨日UPされた菊千代さんの記事にも触発されました。
震災の時に親日国の応援がどれだけ力になったか、
その国の人たちが苦しんでる今、今度は日本が助ける番だ、と書かれています。

たまたま私も同じ事を感じていたところに菊千代さんの記事、今日のニュースと続き、思わず(笑)

今日ご紹介した親日国とのエピソードについては、こちらのサイトでより詳しく知ることができます。
韓国は“なぜ”反日か?(3ページ中3ページ目へのリンクです)



<11.7 追記>

「親日国の中にポーランドも入れてください」
というコメントをいただきましたので、ポーランドの動画を追加しました。
私も今回初めてこの話を知り、感動したと共に、日本人であることを誇りに感じました。
教えてくださった方、ありがとうございました<(_ _*)>”



今日の記事はいかがでしたか?
更新の励みとなってますので、お手間でなければクリックを(*^▽^*)ノ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/11/06(日) 22:59:08|
  2. 偏向報道|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。