ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

GPS中国杯 男女SP動画・ニュース・コラム寄せ集め 所感

グランプリシリーズ第3戦 中国杯が始まりました。

男女SPをテレビで見ましたが、
いろいろと見どころの多い大会でした。

GPS中国杯 ISU公式HP

Snap6778689.jpg

Snap6778688.jpg

佳菜子ちゃん、「試合が怖かった」と談話で答えたように、
珍しく演技前から不安そうな表情だったのが印象的でした。
6分間ウォーミングアップでも、5回中4回のジャンプが抜けていたので、
見てるこちらも心配でした。

でも、さすが本番には強いですね。
大きな崩れもなく、落ち着いてジャンプしていたと思います。

ただ、採点表を見ると、3Loがダウングレードで1.11しかないというのは…
1.11しかないジャンプには見えなかったのですが…
これはかわいそうかな、と思いました。
ステップのレベル2というのも、ちょっと低いかなぁ。
まぁ素人の感想ですが…採点って難しいですね。

ソトニコワ選手は、私ももちろん期待してました。
そして冒頭の3Lz+3Loが…まさかの転倒となってしまったときの、
観客の残念そうな驚きの声が大きかったですね。
そして私も残念でした。
フリーは気持ちを切り替えて頑張ってほしいですね。

そして未来ちゃんのノーミスが、これまた嬉しかったです。
私はてっきりSPは1位かと思ったんですが、
やはりコストナー選手は強かったですね~。

中国のビンワ・ゲンという選手を初めて見たのですが、
大きな技はないものの、クセのないきれいな演技をする選手ですね。
プロトコルもきれいでした。
これから伸びるかも知れませんね。

男子は、織田くん、羽生くん、ガチンスキーを楽しみにしてました。

織田選手は、今大会では4回転を入れないと決めていたとのことですが、
それが良い結果に結びつきましたね。

3Aと3F+3Tがそれぞれ10.6410.70という高得点に。
特に3AのGOEは、2.14も出たのは凄いですね~。


衣装もレインボーカラーで楽しげでしたが、
楽しそうに滑る姿が見られてよかったです。

羽生選手は、ほんとに落ちついてますね。
冒頭4Tは十分きれいだったのに、
自分の中ではコンビネーションにしないほうがいいと判断したのですね。
最後のジャンプをきっちりと3Lz+3Tで締め、
4回転、3A、3-3という、考えられる最高の難度を揃えました。

そしてガチ様(笑)
冒頭の4T+3Tは15.26という凄い点数が!
他のジャンプも全て危なげなく決めました。
時折コミカルな仕草を入れながら飽きさせない演技はさすがでした。

アボット選手は、珍しくコミカルな演技で、ガラッとその端正なイメージを変えてきましたね。
とても長身なので、ほんとに見栄えのする選手ですね。
着地がきっちり決まるようになれば、まだまだ高得点が狙えますね。

ケヴィン・レイノルズ選手、今回はあまり大きな崩れがなくて安心しました。
昨年、4回転をポンポン跳んでる姿が強烈だったので、注目してます。


村上佳菜子 SP 4位

1 3F+3T< 8.20 -0.60 0 -1 -1 -1 0 -1 -1 -1 -1 7.60
2 3Lo<<  1.80 -0.69 -3 -2 -2 -3 -3 -2 -2 -2 -2 1.11
3 FSSp4  3.00 0.29 0 0 1 0 1 1 1 1 0 3.29
4 LSp3   2.40 0.43 1 1 0 1 1 0 2 1 1 2.83
5 2A     3.30 0.50 0 1 1 1 1 1 2 1 1 3.80
6 SlSt2  2.60 0.57 1 1 1 2 1 1 2 1 1 3.17
7 CCoSp4 3.50 0.50 1 0 1 1 1 1 1 1 1 4.00

カロリーナ・コストナー SP 1位

1 3T+3T 8.20 1.20 2 2 2 2 2 2 1 1 1 9.40
2 3Lo   5.10 -1.40 -2 -2 -2 -3 -2 -2 -2 -2 -2 3.70
3 FCSp4 3.20 0.50 1 1 1 1 1 1 1 1 1 3.70
4 2A    3.30 0.50 1 2 1 1 1 1 1 1 1 3.80
5 LSp3  2.40 0.50 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2.90
6 CiSt3  3.30 0.71 0 1 1 2 2 1 2 1 2 4.01
7 CCoSp4 3.50 0.43 1 1 1 1 0 0 1 1 1 3.93

長洲未来 SP 2位

1 3Lo     5.10 0.90 2 2 1 1 1 1 2 1 1 6.00
2 3Lz+2T e 7.30 -0.50 0 -1 -1 0 0 -1 -1 -1 -2 6.80
3 2A      3.30 0.36 1 1 1 1 1 0 1 0 0 3.66
4 LSp4     2.70 1.00 2 2 2 2 2 2 3 1 2 3.70
5 FCSp4    3.20 0.79 2 2 2 1 1 1 2 1 2 3.99
6 SlSt2    2.60 0.50 1 2 1 0 1 1 1 1 1 3.10
7 CCoSp4   3.50 1.00 2 2 2 2 2 2 3 1 2 4.50

アデリーナ・ソトニコワ SP 3位

1 3Lz e  6.00 -2.10 -3 -3 -3 -3 -3 -3 -3 -3 -3 3.90
2 3F+2T  6.60 0.30 0 0 1 0 1 1 0 -1 1 6.90
3 FCSp4  3.20 0.86 2 1 1 2 1 2 2 2 2 4.06
4 2A     3.30 0.50 1 1 1 1 1 0 1 1 1 3.80
5 LSp4   2.70 0.71 3 1 2 1 0 1 2 1 2 3.41
6 SlSt3   3.30 0.29 0 1 0 1 0 1 1 1 0 3.59
7 CCoSp4 3.50 0.50 2 1 0 0 1 2 1 1 1 4.00

ビンワ・ゲン SP 6位

1 3Lz+2T 7.30 0.40 0 1 0 1 0 1 1 0 1 7.70
2 3T     4.10 0.50 1 1 1 -1 1 0 1 0 1 4.60
3 CCoSp4 3.50 0.36 0 1 1 0 2 1 1 0 1 3.86
4 FCSp4  3.20 0.36 1 1 0 1 1 0 1 0 1 3.56
5 2A     3.30 0.50 1 1 1 1 0 1 1 1 1 3.80
6 SlSt2   2.60 0.50 0 1 1 1 1 1 2 0 2 3.10
7 LSp3   2.40 0.64 1 2 2 1 2 1 1 1 1 3.04


羽生結弦 SP 2位

1 4T     10.30 -0.57 1 -1 -2 -1 0 -1 -2 0 1 9.73
2 3A     8.50 1.43 1 2 2 1 2 1 1 2 1 9.93
3 FCSp4   3.20 0.64 1 2 1 2 1 1 1 2 1 3.84
4 3Lz+3T  10.10 0.40 1 0 1 0 1 -1 1 0 1 10.50
5 SlSt3    3.30 0.71 1 2 1 1 1 2 1 2 2 4.01
6 CSSp4   3.00 0.71 1 2 2 2 1 1 1 2 1 3.71
7 CCoSp2  2.50 0.71 1 2 2 0 2 1 2 1 1 3.21

織田信成 SP 4位

1 3A    8.50 2.14 2 2 2 3 2 2 2 3 2 10.64
2 3F+3T  9.40 1.30 1 2 2 2 2 0 2 2 2 10.70
3 FCSp4  3.20 0.07 1 0 0 0 0 0 1 0 0 3.27
4 3Lz e  6.00 -0.40 -1 0 0 0 0 -1 -1 -1 -1 5.60
5 SlSt3  3.30 0.43 1 1 1 2 1 0 1 0 1 3.73
6 CSSp4  3.00 0.24 -1 1 0 1 1 -1 1 0 1 3.24
7 CCoSp1 2.00 0.50 1 0 1 1 2 1 1 1 1 2.50

アルトゥール・ガチンスキー SP 1位

1 4T+3T  4.40 0.86 -1 1 1 1 1 0 1 1 1 15.26
2 3A     8.50 1.86 1 2 2 2 2 2 2 1 2 10.36
3 3Lo    5.10 0.70 0 1 2 1 2 1 0 1 1 5.80
4 CCoSp4 3.50 0.43 0 1 1 1 1 1 1 0 1 3.93
5 CSSp1  1.90 0.14 0 1 1 0 1 0 0 0 0 2.04
6 CiSt3  3.30 0.71 1 2 2 2 2 1 1 0 1 4.01
7 FCSp3  2.80 0.43 1 1 0 1 2 1 1 0 1 3.23

ジェレミー・アボット SP 3位

1 3F+3T  9.40 0.10 0 0 0 -1 1 0 1 0 0 9.50
2 3A     8.50 1.43 1 2 1 1 2 1 2 2 1 9.93
3 CSSp4  3.00 0.79 2 1 1 2 2 2 1 1 2 3.79
4 3Lz    6.00 -0.10 -1 0 0 -1 0 0 0 1 0 5.90
5 FUSp4  2.90 0.21 1 0 1 0 1 0 1 0 0 3.11
6 SlSt3  3.30 0.93 1 2 2 2 2 2 1 2 2 4.23
7 CCoSp3 3.00 0.93 2 2 2 2 2 2 1 1 2 3.93

ナン・ソン SP 5位

1 4T+2T  11.60 0.14 0 1 0 -1 1 1 0 0 -1 11.74
2 3A     8.50 1.14 1 1 1 1 1 2 1 2 1 9.64
3 3Lz     6.00 0.20 0 0 -1 0 1 0 1 0 1 6.20
4 FCSp4   3.20 0.14 1 0 0 1 0 0 1 0 0 3.34
5 CSSp4    3.00 0.50 1 1 1 1 1 1 1 1 0 3.50
6 SlSt2    2.60 0.50 1 1 1 1 1 1 1 1 2 3.10
7 CCoSp4   3.50 0.36 1 1 0 0 1 1 -1 1 1 3.86

ケヴィン・レイノルズ SP 7位

1 4S<+3T  11.50 -1.00 -1 -1 -1 0 -1 -1 -1 -1 -3 10.50
2 3A<     6.00 -2.86 -3 -3 -3 -2 -3 -3 -2 -3 -3 3.14
3 FUSp3   2.40 0.36 0 1 2 1 1 0 0 1 1 2.76
4 3Lz e   6.00 -0.60 -1 -1 -1 0 -1 -1 -1 -1 0 5.40
5 CCSp2   2.30 0.10 0 -1 -1 1 0 1 0 1 0 2.40
6 SlSt3   3.30 0.57 1 1 1 2 1 2 1 1 1 3.87
7 CCoSp3  3.00 0.29 0 1 -1 1 0 0 1 1 1 3.29

ニュースを2つ。


中国杯フィギュア・談話
時事ドットコム 2011/11/04-22:46

◇試合が怖かった
 村上佳菜子 すごく試合が怖かった。全部滑り切ったことで、よかったなと思った。SPが終わったので、あしたは切り替えて楽しく滑りたい。

◇4回転成功はよかった
 羽生結弦 80点台を出せたし、4回転ジャンプが成功したのはよかった。ただ、まだまだ本当の構成でできていないのは残念。フリーではジャンプ、ステップの全てをしっかりやりたい。

◇力は出し切れた
 織田信成 自分の力は出し切れたので、きょうはそれがよかった。思ったほど点数が伸びなかったのは新たな課題としたい。

◇まだ終わっていない
 カロリナ・コストナー きょうの滑りには満足していないが、スケートアメリカに比べスピンは良くなった。点数は良かったが、まだ試合は終わっていない。

◇満足していない
 アデリナ・ソトニコワ 予定していた最も得点の高い3回転の連続ジャンプでミスをして、満足していない。フリーでは自分ができることを全てお見せしたい。

◇素晴らしい一日
 アルトゥール・ガチンスキー きょうはジャンプもスピンも全て良かった。素晴らしい一日だった。観客の応援が自分にエネルギーを与え、助けてくれた。



村上、「怖さ」乗り越え目に涙=出遅れも精神面で成長-中国杯フィギュア
時事ドットコム 2011/11/04-20:49

 演技終了後に村上の目から流れ出したのは、安堵(あんど)の涙だった。大きな不安を抱えて臨み、一つ乗り越えた。
 元気さを前面に出したシニア1年目の昨季からイメージを一新。今季のSPは情感にあふれる。「将来のことも考えて」(山田満知子コーチ)と難度を上げた3回転の連続ジャンプや苦手の3回転ループが組み込まれた。それだけでも高いハードル。加えて9月末に新調した靴が合わず、出場を迷うほど調整に苦しんだ。村上は「試合をするのが怖かった」と言う。
 冒頭のフリップ-トーループの3回転連続ジャンプは二つ目の回転が足りず、続く3回転ループは両足着氷。だが、致命的なミスとせず、滑り切った。「氷に乗ったら『よし、いくぞ』と思った。去年だったらいっぱい失敗したと思う」。自己ベストに大きく及ばず、4位発進。納得はできないが、精神面の成長は今後もよりどころとなる。
 新SPのテーマは「苦しみ」。もがきながら、最後に明るい光を見いだすストーリーを込めている。「靴のことは言い訳にしたくない。一番不安なSPが終わったので、あしたは楽しく滑りたい」。プログラム同様に、気持ちを前向きにした。(上海時事)


それから、こんなコラムが上がってたのですが…


【フィギュアスケート】ジャンプのルール改正は何をもたらした?
web Sportivia 2011年11月04日(金)

 バンクーバー五輪のシーズン後に行なわれたルール改正により、男子は4回転ジャンプの時代が再到来している。トリノ五輪以降、ジャンプの採点が厳格化され、あえて4回転などの難しいジャンプに挑戦するリスクを回避する傾向があった。それが一転、こぞって4回転に挑戦するようになったのは悪いことではない。スポーツである以上、より高度な技術を追い求めるのはフィギュアスケートの発展に必要不可欠。だからこそ、国際スケート連盟(ISU)は、大技に挑戦しやすいルール変更を行なった。

 どんなルール改正だったのか、簡単におさらいしてみよう。まず、(1)転倒などによる減点が緩和されたことが大きい。そして、(2)高難度ジャンプの基礎点を引き上げた。例えば浅田真央の武器であるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)は、8.2点から8.5点となり、男子が挑戦する4回転トーループ(4T)は9.8点から10.3点に変更された。この基礎点アップに加え、(3)回転不足が2段階で判定され、回転不足のジャンプ(4分の1から2分の1未満の場合)でも、基礎点の70パーセントが与えられることになった。以上のような点から、4回転などの大技のジャンプに挑みやすくなった。

 昨季は男子でショートプログラム(SP)から4回転を跳ぶ選手が出現。中でも、バンクーバー五輪時には「現行ルールでの勝負に4回転は必要ない」と言っていた現世界チャンピオンのパトリック・チャン(カナダ)が、SP、フリーで4回転を3度も跳ぶプログラム構成にしてきたのには驚かされた。これまでは大技ジャンプに取り組んでこなかったチャンでさえ、ルール変更により積極果敢に挑んできたのだ。

 バンクーバー五輪までは、橋大輔ら一部の選手だけが4回転を跳び続けてきたが、今後はますますその重要性が増すに違いない。ただし昨季から始まった流れだけに、今季はまだ過渡期といったところだろう。実際、GP初戦のスケートアメリカでSPから4回転を跳んだのは日本の小塚崇彦と村上大介の2人だけ。フリーでは小塚をはじめ、出場10人中6人が大技に挑んだが、クリーンに跳んだのはわずかに3人だけだった。

 GP第2戦のスケートカナダでは、SPから跳んできたのは優勝したチャンとSP1位のジャビエル・フェルナンデス(スペイン)だけ。フリーでは出場10人中6人が跳び、チャンは4+3回転の連続ジャンプを成功させ、フェルナンデスは4Tのほかに4回転サルコー(4S)にも挑んだ。どの選手も安定感には欠けているものの、4回転をきちんと認定された選手はチャンをはじめ4人いた。

 4日開幕の中国杯で、4回転に確実に挑んでくるのはシニア2年目で表彰台を狙う羽生結弦。そのほかでは昨季世界選手権銅メダルのアルトゥール・ガチンスキー(ロシア)やジェレミー・アボット(アメリカ)、中国選手あたりだろう。5月に左ひざを怪我して約2ヵ月半練習ができなかった織田信成は大技を回避する可能性が高い。

 今季GP2戦を通してみても、上位選手はいずれも4回転を跳んできた。唯一、スケートアメリカでGP初制覇を果たしたミハル・ブレジナ(チェコ)は4回転を跳ばなかったが、跳べないわけではなく、今年4月の世界選手権ではフリーで4Tと4Sを成功させている。いずれにしても今後、男子で勝負を制するためには4回転が必須なエレメンツになるはずだ。

 女子にしても、3+3回転の連続ジャンプに挑まなければ勝てないという流れが加速していくに違いない。今季シニアデビューするロシアの2人の新星、世界ジュニア女王のアデリナ・ソトニコワ、世界ジュニア銀メダルのエリザベータ・トゥクタミシェワが、ともに高難度の連続ジャンプ、3ルッツ+3トーループを跳んでシニア勢に脅威を及ぼすことは必至だからだ。日本の村上佳菜子や今井遥ら有望な若手選手も、いずれも3回転の連続ジャンプをプログラムに組み込んで上位を目指している。

20111104murakami-thumb-240x367-14340.jpg


男子は4回転が必須の形相になってきました。
女子も、3-3がなければ表彰台は難しいという状況になってきました。

そうやって高難度のジャンプが期待される雰囲気になっても、
女子で3Aに挑戦しようという選手が出てこないことが、ちょっと物足りない気がします。

練習では以前からタクタミ選手の3A成功動画も出てますし、
噂によると長洲未来選手も3Aを練習しているらしいのですが…。

それ以外に誰か練習している選手はいるのかな。

あまり聞かないということは、
やっぱりそれだけ3Aという技が女子にとって難しいということなんでしょうか。
3-3は挑戦してみようと思えるけど、3Aは挑戦できないレベルかな…?

3-3が難しいともてはやされるのは当然だと思うのですが、
それならやはり、現役では誰も跳べない3Aを跳び続ける浅田選手について、
もっともっともっともっと、評価されてもいいのではないのかな~と思ってしまいます。


   オリンピックで女子が3Aを3回決めたと聞いたら、
   他のジャンプを全部失敗しても優勝できると思うのが普通


という言葉を、どこかで目にしたのですが…
有名な選手の言葉だったと思うんですが、ソースが不明。
どなたかご存知でしたら教えてください!

最後に、今日見つけた写真から素敵な3枚を。

Snap6778686.jpg

Snap6778687.jpg

Snap6778685.jpg



今日の記事はいかがでしたか?
更新の励みとなってますので、お手間でなければクリックを(*^▽^*)ノ

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/11/05(土) 01:28:51|
  2. グランプリシリーズ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。