ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

GPS第1戦スケートアメリカ男子SP速報。

ISU公式HP GPS第1戦スケートアメリカ

Snap6778616.jpg

スケートアメリカ男子SPの結果が出ました。
11時からテレ朝で見るつもりでスタンバイしたのに、民放じゃなかったんですね(涙)。
それで2ch実況スレで、みなさんの声を頼りに想像を膨らませていました。

実況スレから画像をいただいてきたので、
それを使って結果をお伝えします。

ミハル・ブレジナがぶっちぎりの1位。

lib443030.jpg
lib443031.jpg

小塚崇彦選手が2位。

lib443033.jpg
11319457.jpg

村上大介選手が3位。

lib442997.jpg

ドーン・ブッシュ5位。

lib443009.jpg

アーミン君は7位。

lib443005.jpg

出場者10人のうち、4回転を入れてきたのは日本の2人(小塚、村上)のみ。
村上選手は4S+2Tが認定されて、12.09
小塚選手は単独4Tでしたが、アンダーローテと転倒で4.20

ミハル・ブレジナは4回転を入れてこなかったものの、
ジャンプ(3A、3F-3T、3Lz)は全てクリーンに決めたそうですね。

PCSトップは小塚選手。
TESトップはミハル・ブレジナ。

村上大介選手のPCSが、ジャッジによってバラバラに評価されてるとの意見もありました。
あるジャッジは全て5点台を出し、別のジャッジは全て7点台。
言われてみればその通りです。
スケートアメリカ プロトコル

要素によってバラつきがあるのは、ありだと思うんです。
スケーティングがとても上手い選手でも、表現力が乏しい場合があるし。
そういう選手はスケーティングスキルが8点台、表現力は5点台とか…
そういう評価のほうが自然だと思います。

スケーティング、つなぎ、演技力、振付、曲の解釈。
この選手はどの要素も5点しかあげないゾ、とか、
この選手は何をやっても全部8点台にしてあげる、とか。

ジャッジの主観がその選手の評価を決定付けてしまっては、
要素が5つも分かれている意味がないと思うんです。

村上選手以外は、ジャッジによる大きなPCSのバラつきはないようです。

7~8点台は、小塚選手、ミハル・ブレジナ
6~7点台は、ケヴィン・ヴァン・デル・ベレン、ドーンブッシュ、デニス・テン、アモディオ、サミュエル・コンテスティ
5~6点台は、アーミン君、ダグラス・ラザーノ

村上選手の、ジャッジによってオール5とオール7という分かれ方は、確かに極端ですね。
ジャッジは色眼鏡をかけるな!とちょっと思ってしまいました。

それにしても、1位のミハル・ブレジナはダントツですが、
2位~5位は、僅差も僅差、70~71の1点の中で、ひしめきあっています。

フリーが楽しみですね。
小塚選手、村上選手の日本人2人が台乗りできる可能性もあります!

とりあえずこのあと3:35からテレ朝で男子SPが見られるようなので、ワクワクしてます。
(BS朝日でOKですよね?)


最後に、余談ですが、この写真を。

おーさー

ゲデバニシビリ選手と一緒に笑顔のオーサー監督。

「憑き物が取れたようだ」と評判です(笑)
情報を下さった方、ありがとうございました。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/10/22(土) 14:17:02|
  2. グランプリシリーズ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。