ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

最近のフィギュアニュースあれこれ。

森永製菓・ウィダーの「浅田真央サポートプロジェクト」がニュースになってますね。

You Tubeにあるのは知ってましたが、シリーズものなので
「いつかまとめて見よう」と思ったまま未だに見てませんでした。

今日ニュースになってたのでウィダーのサイトに行ったら、凄いですね!動画の充実ぶりが。
2008年7月から今までの動画がたくさんありました。
今度こそ時間のある時にじっくり見てみようっと。

浅田選手の普段の会話やリアクションなど、素顔が見られるのも魅力ですね。


森永製菓、「ウイダー TOP ATHLETE SUPPORT PROJECT」が動画「浅田真央選手 2011シーズン終了」を公開
NAVICON 05月20日15時45分

森永製菓の「ウイダー TOP ATHLETE SUPPORT PROJECT」は、浅田真央の動画「浅田真央選手 2011シーズン終了」を公開した。

同プロジェクトは、2008年、「ウイダー」日本上陸25周年記念として、浅田真央を栄養・トレーニングの面からサポートするプロジェクトを立ち上げたことから始まる。日本初の本格的ストレングス施設「ウイダートレーニングラボ」所属のストレングスとコンディショニングコーチ、管理栄養士を浅田真央のサポートスタッフとして派遣。

2010年2月の「バンクーバー五輪」の舞台で、浅田真央が最高のパフォーマンスを発揮できるよう、フィギュアスケートの特技性を考慮したトレーニングプログラムメニューを提供・指導。日常の食生活の指導から、大会時の栄養補給のタイミングまで、最適な栄養指導を行い、同五輪での銀メダル獲得に貢献した。

現在は、2014年の「ソチ五輪」で金メダルを獲得し、彼女の「世界中の人の記憶に残るスケーターになる」という夢を叶えるために、最高のスタッフと蓄積されたノウハウ、高品質なサプリメントによってサポートしている。

動画は、4月に行われた世界選手権で彼女が6位に終わってしまったことを受けて収録されたもの。彼女の2010年から2011年にかけての様子をダイジェストでまとめるとともに、ヘッドS&Cコーチの吉田直人、管理栄養士の松崎美奈子、そして、浅田真央本人のインタビューで構成する。2012年シーズンに向けた彼女の課題と目標が垣間見える動画になっている。

森永製菓「ウイダー 浅田真央選手 サポートプロジェクト」動画一覧

(キャプチャー画像なので、「動画を再生する」を押しても再生されません・笑)
うぃだー1うぃだー2うぃだー3
うぃだー4うぃだー5うぃだー6
うぃだー7うぃだー8うぃだー9


ところで、織田選手は故障、高橋選手は手術というニュースも…。
みんな身体を酷使していますからね…ケガのリスクも高いと思います。
幸いふたりとも来季の試合には響かないということで、少し安心しました。

3Aは、着氷のときに体重の3~4倍の負荷がかかるらしいので、浅田選手ののことも心配です。
でも、ウィダーさんがついてるから大丈夫かな?


フィギュアの織田信成、左膝の腱を部分断裂
日本経済新聞 2011/5/14 21:11

 フィギュアスケート男子の織田信成(関大大学院)が左膝の腱を部分断裂していたことが14日、分かった。医師の診断では約6週間の安静を要するという。青森県八戸市で14、15日に出演予定だったアイスショーはキャンセルしたが、来季開幕には間に合う見通し。

 6位だった4月下旬の世界選手権(モスクワ)後に痛みを感じ、12日に受けた検査で判明した。1月にも左膝の炎症に悩まされており、織田は「だましだまし、やってきた部分もある。来季のプログラムを作り始める時期だが、無理をすれば手術と医師からストップがかかった」と治療を最優先する考えを強調した。〔共同〕

おだくん



高橋大輔、右膝のボルトを除去
スポニチ 2011年5月19日 21:04

 フィギュアスケート男子の前世界王者、高橋大輔(関大大学院)が19日、3年前の手術の際に右膝に埋め込んだボルトの除去手術を京都市内の病院で受けた。関係者によると1週間ほどで退院できる見通し。来季の競技への影響はない。

 高橋は2008年10月に右膝前十字靱帯を断裂。手術を経て復帰したが、バンクーバー冬季五輪などへの出場を優先して除去手術は先延ばしにしていた。今後は術後の経過を見ながら、医師とリハビリや練習再開の計画を立てる。


そして最後のニュースですが、
IOC(国際オリンピック委員会)が、キムヨナに感謝の意を表したというもの。
猪谷千春(いがやちはる)氏は、2005年からIOC副会長を勤められてる偉い方ということ。

キムヨナは、東日本大震災で被災した子供たちのために賞金を韓国ユニセフに寄付してくれました。
その行為はありがたいと思いますし、それに対して日本が感謝をするもの当然です。

でもふと気になったのですが、
先日もご紹介したショーン・ラビット選手にも、IOCはちゃんと感謝の意を伝えてくれたのでしょうか…。
(関連記事)ショーン・ラビット選手からメールが届きました。感謝を込めて再特集。

たくさんの国で日本のためにチャリティーアイスショーが開かれました。

「キムヨナからの寄付」 だけがニュースになり、
「キムヨナへの感謝」 だけがニュースになりました。


日本へ寄付してくれた他の選手のこともニュースにして欲しいし、
キムヨナ以外の選手へも感謝をして欲しい。

キムヨナに罪はありませんが、
たくさんいただいた寄付の中から、キムヨナのことだけ大々的に取り上げるマスコミが不自然です。


日本のIOC委員、義援金寄付の金妍児に謝意
聯合ニュース 2011/05/20 09:53

【ローザンヌ19日聯合ニュース】

 日本の猪谷千春・国際オリンピック委員会(IOC)委員は19日、4月にモスクワで行われたフィギュアスケート世界選手権で獲得した賞金を東日本大震災の被災者支援の義援金として寄付した金妍児(キム・ヨナ)選手に謝意を伝えた。

 金選手は2018年冬季五輪招致のプレゼンテーションで候補都市の江原道・平昌をアピールするためスイス・ローザンヌを訪問している。世界選手権では銀メダルに輝き、賞金2万7000ドル(約220万円)を被災地の子どもたちのために使ってほしいと国連児童基金(ユニセフ)韓国委員会に伝達した。

 猪谷委員は同日、ローザンヌ市内のホテルに設置された平昌の広報ブースを訪れ、金選手に「義援金が日本国民に大きな力になった」と、感謝の言葉を述べた。

IOC
金選手と記念撮影をする猪谷委員=19日、ローザンヌ(聯合ニュース)




真央ちゃんのチャリティ本も、あと10日ですね。

真央ちゃんを通してチャリティに参加しませんか?
5/10~5/31期間限定・受注生産

       たかみぼん

販売特設サイトです → 浅田真央 Book for Charity




にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/05/21(土) 02:47:00|
  2. ニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。