ぼちぼち生きてます

去年の世選直後の「とくダネ!」を再検証しました。

今年の世界選手権前後のTV報道については、以前まとめましたが、
→ 世界選手権前後のテレビの報道を振り返る

今日は「とくダネ!」について取り上げたいと思います。

今年の世界選手権直後の放送は、こんな感じでした。


TVでた蔵 より
5月2日放送 8:00 - 9:55 フジテレビ
情報プレゼンター とくダネ!

(オープニングトーク)

フィギュアスケート選手が4年ぶりに女王に返り咲いたフィギュアスケートの世界選手権について、
エキシビジョンのアンコールで滑った「レクイエム」が大震災の被災者へ贈るもので、
素晴らしい世界選手権だったとコメント。

被災地へ贈った逆転金 安藤美姫 涙の女王復活

世界フィギュアスケート選手権、安藤美姫が逆転で優勝。
4年ぶりに世界女王に返り咲いた。エキシビジョンでの演技は、被災地への思いが込められていた。

世界フィギュアの女子選手の演技を振り返った。

勝ち取った金メダルの裏にコーチと二人三脚があり、
安藤はその他(スポーツ関係者)と激しく議論することもあった。

スタジオでフィギュアスケート選手の今季成績について解説。

フィギュアスケート選手の銀メダルの結果、フィギュアスケート選手の不調について、スタジオで解説。


下のほう、フィギュアスケート選手としか書かれてないので不明瞭ですが、
銀メダルの選手がキムヨナ、不調の選手が浅田選手のことでしょうか(?)

これを見る限りでは、優勝した安藤選手を差し置いてキムヨナを特集…ということはなかったようです。
そして思い出したのが去年のとくダネ!の酷い放送です。

去年のその頃は、私はまだフィギュアのブログを書いていなかったので、
まだその放送をきちんと記事にしたことがありません。

浅田選手が優勝したというのに、終始「キムヨナの去就は…」と繰り返されました。
優勝した浅田選手に対して「おめでとう」「やったー!」という言葉は1回も出てきません。


「まぁとにかくよかったですよ、優勝してね」ですか…あまりに他人事過ぎませんか。
「真央ちゃん、おめでとう!!」という第一声があってもいいんじゃないでしょうか。


この動画が消されてしまったら証拠がなくなるので、
出来るだけの画像と、一字一句を文字に起こしてみました。



■とくダネ! 昨年2010年の放送

キム・ヨナ擁護の日本メディア 1


キム・ヨナ擁護の日本メディア 2


青=小倉さん
赤=村主さん
緑=男性アナウンサー

今日のトップニュースはスポーツです。
昨日行われたフィギュアスケート世界選手権女子フリーで
浅田真央選手がキムヨナを破って見事世界女王に返り咲きました。
一方今後のキムヨナ選手の進退はどうなるんでしょうか。


満面の笑みが戻った浅田真央選手。
8時間ほど前に行われた世界フィギュアのエキシビジョン。
女王の演技を再び披露した。

「あっという間に終わってしまいました…」
とくだね1

バンクーバーオリンピックから1ケ月、再び実現した直接対決。
とくだね2

キムヨナ選手の母国・韓国。中継がある時間は、深夜にもかかわらず大勢の人。
とくだね3

「みなさんテレビ見てます。キムヨナさんがいよいよ滑り始めました」
キムヨナが登場。店内の客は一瞬にしてテレビに釘付け。
とくだね20

キムヨナ人気の影響はこんなところにも。
ソウル市内の美容整形医院。ここではこんな現象が起きている。
とくだね4

「キムヨナ選手に似たおでこにして欲しいという人が増えています」
とくだね5

これは整形前と後の写真。
この女性は額にシリコンを注入。おでこがふくらんでいるのがわかる。
とくだね6

手術には35万円ほどかかるが、「キムヨナに似せて欲しい」という人は後を絶たない。
とくだね7

一方、韓国メディアが注目する話題は………それは、キムヨナの引退。
とくだね8

引退報道について市民は…
「引退には反対。もう少し選手として活躍できるわ」
「国民が望むのは、4年後もう一度オリンピックで(ヨナを)見たいということですよ」
とくだね9

引退の賛否について聞くと、結果は30人中25人が反対。
とくだね10

今回の世界フィギュアが、浅田との最後の直接対決となってしまうのか。
とくだね11

フリーの前日の行われたショートプログラム。
キムヨナは…3回転で回転不足を取られ、見せ場のスパイラルでもバランスを崩す「まさか」のミス。
ショートはキムヨナ7位、浅田が2位。勝負の行方はフリーに。
とくだね12
(注:ここでキムヨナのスピンのミスは言及せず。ミス3つを2つに減らして放送。
 浅田選手の演技は丸々カット)


先に滑ったのはキムヨナ。(3-3、3F、スパイラル、3-3再度スローモーションで)
得意の3回転ジャンプの連続も成功。女王の貫禄を見せつけ、この時点で1位。
とくだね13
(注:尻餅とすっぽ抜けジャンプはどちらも一切放送されず、なかったことにしています)

またしても立ちはだかる女王の高い壁。
とくだね14

浅田は雑音をシャットアウトし、集中を高める。そして、運命のリンクへ…。
浅田はキムヨナを抑え、2度目の世界女王に。バンクーバーの雪辱を果たした。

「ショートもフリーも両方ともパーフェクトに滑ることがほぼ出来たので、
もうそれだけで今は凄く嬉しいですし、それが達成できたので、もう本当に最高でした。
最後のステップあたりから、しっかりと今までの悔しい気持ちとか、
自分の力強い気持ちとかをしっかり出せたと思うので、本当に今は凄く嬉しい気持ちですね」

(VTR終わり)

まぁとにかくよかったと思いますよ、優勝してね。
村主さん、男女が世界選手権日本が制すって、大変なことですよね。


ほんとに大変な、ま、素晴らしいことだと思いますし、
みなさんに、どの選手にもほんとにお疲れ様でしたっていう言葉をかけたいなと思ってます。


ま、それだけ日本の選手、フィギュアの選手、層が厚いってことに、大貴、なるんだよね。

そうですね村主さんも2回世界選手権ではね、表彰台に乗っていらっしゃって…で、オリンピック後の世界選手権の難しさっていうのもよくご存知だと思いますけども、一体、キムヨナ選手は引退してしまうのか、この2人の対決ってのは、もう見られないんじゃないかっていうところに注目集まりましたけども、やはり日本のファンと同じように韓国のみなさんも2人の対決はソチでも見たいっていうのは共通した意見だったんですね。

そして今回の表彰台での表情、2人とも終始笑顔でした。
浅田真央選手は、小倉さんよく覚えてらっしゃると思いますが、やっぱり表彰台ではちょっとね、明るさがなかったかという印象でしたけども、もう今回は次を見据えたような笑顔。一方のキムヨナ選手も終始笑顔だったんですが、どかか、こう、やりきったような印象も受ける笑顔だったんですね。

立ち位置は今回逆転しました。順位をおさらいしておきますと、順位は浅田真央選手リベンジする形になりました。で、安藤美姫選手が4位、そして鈴木明子選手が11位という日本勢この結果になったわけですけども、ショートプログラムとフリーと見ていきますと、浅田真央選手っていうのは、ショートプログラム2位に入りました。で、アメリカの長洲選手が1位で、キムヨナ選手が7位発信。で、このまま行くとキムヨナ選手、どうなってしまうんだろうという中で、フリーは全体の中のトップ。やはりですね、芸術的な部分っていう評価は、ほんとに劣らず、ほんとに高いものがあって1位でした。で、2番目に浅田真央選手ですけども、やはりですね、ショート・フリーともに気持ちの中でもまとめてきたのが浅田真央選手、このあたりでは気持ちの強さ、そしてフリーに関して言うと、オリンピックの時よりもよかったんじゃないかっていうことをですね、本人も話してました。

とくだね15

村主さんは、真央ちゃんの勝因はどこにあったと思いますか?

あのーやはりミスなくやったことはもちろんなんですけども、まぁオリンピックのあとに、まぁモチベーション、悔しさがかなりあって、あの、その部分で世界選手権でいい滑りが出来たんじゃないかなと思いますね。やはりもう悔しい気持ちっていうのが、なんかこう大きく現れていたのかなと思いますね。

一方のキムヨナさんの場合は、ちょっと途切れてしまったっていうのがあるかもわかんないですね。

彼女は、ほんとにまぁ大変だったんじゃないかなと思いますし、出来を見ても細かいところで、普段ミスをしなくてもいいような場面で少しミスが見られたので、やはり、私はぁ、なんかこう目標が?ちょっと定まってないのかなというか、っていうのが見られましたね。

真央ちゃんはバンクーバーのフリーの演技よりも今回良かったって村主さんも思いますか?

はい、あのフリーの演技の特に後半のステップなんかは、凄いこうパワフルが…あぁパワフルな感じで、ま、力強さ?があったので、あの感じがオリンピックで出ればよかったなぁと思いますね。

ただ素晴らしかったもんな。

そうですね。そしてキムヨナ選手、表情そして動きを見てるとやっぱりオリンピックと若干違うのかなっていうのがね、正直な印象の方が多いのかもしれませんけれども、日本からしてみると今回の世界選手権っていうのは歴史的な快挙でした。男女ともに世界チャンピオンが同時に生まれるということになったんですが、昨日エキシビジョン、世界選手権最終日だったんですが、ほかにはなかなか出てない映像、こういったシーンがあったんですね。ご覧ください。

えー行われてもう時間が経って間もないんですけれども、世界チャンピオンになった2人が同時に競演しました。で、即興で合わせてこれサプライズ的な演出だったんですね。舞台裏でどういうことをやろうって言いながら、高橋大輔選手と浅田真央選手が急遽踊って会場を盛り上げたんですけども、最も完成がやはり高くて、これリンクに出て行く前です。2人ともこういうふうに合わせてるんですけども…。


この程度で合うもんなんですか?村主さん。

そうですね。2人ともきっと仲がいいんだと思います。

でもさすがにさ、ペアの普通のダンスとかペアのときはバーンって放り投げるけど、今回大輔はソロっと投げる。

怪我しないようにってところがあったかもしれませんけども、ほんとに強い日本フィギュア、人気のある日本勢っていうところを見せてくれました。

そして気になるキムヨナ選手、今後についてなんですけれども、やはりメダリストの会見ではそこに集中が質問が集まりました。で、答えたのが「今のところは少し休みを取りたいんだと、そして休んでから、休んだあと考えてみたい」というコメントを残しました。ですから、去就に関しては明言しなかった。今期で辞めるとは言ってなかったんですけれども、このあたりっていうのは、4月に一応行われる韓国でのアイスショーなどには出るっていうことなんですけれども、村主さんどういうふうに受け止めますか?

とくだね16

まーあの、アイスショーはやはり現役の競技とは違いますし、あのまた見せるものというのが変わってきますので、やはり彼女がそういうショーなどをやっても気持ちの変化っていうのはあると思うんですね。競技とは違う表現をやってみて、もしかしたら競技のほうがいいっていう考えも芽生えるかも知れませんし、または、あ、私はやっぱりこの道で行きたいっていう部分も出てくるかも知れないので、ま、その辺も踏まえていろいろちょっとやって、落ち着いて、考えたいっていうのがあるんじゃないかなって思います。

あれ日本のトップスケーターもシーズンオフにこうアイスショーに出たりしますけれども、アイスショーに出るっていうのは、やぱりこう収入なんかの問題もあるっていうことですよね。

もちろん、あのそういった問題もありますが、あの、競技の選手としましては、違う表現もできるということで、とってもプラスになる?お金の問題だけではなくて、やはりその中でいろんな表現をして、お客様に見ていただいて反応を見るっていういい機会でもありますので。あの、競技者の部分ではそういった部分がやはりプラスだと思います。

うん。わりあいそのコミカルな演技もあったり通常の試合では見られないような演技があったりしてね、アイスショーって楽しいもんね。

そうですね。いきなり大きな試合でチャレンジするとリスクもありますので、逆にこういうショーなどでは少しいろいろ遊び?の気持ちでできる部分っていうのもありますね。

柴門さん、どうなんでしょうね、キムヨナ選手の気持ちっていうのは我々には伝わってきませんけども、彼女が本当にどういうふうにしたいのかねぇ…

まぁ、若い女性ですからね、ま、揺れ動く気持ちもわかりますけどもね。
ただまぁ今回ショートプログラムもフリーも続けて見たんですけれども、真央ちゃんもヨナさんもそうですけど、私は安藤選手と鈴木選手がショートプログラムでちょっとね、ミスがあったのを、見事に建て返してフリーで見事な成績で頑張られたのが見てて凄く感動しました。
とくだね17

特に安藤選手の場合はトリノ15位でしたっけ、そのどん底のリンクからね、フリーは村主さん、頑張りましたよね。

そうですね。あの、やはりこうあきらめないでほんとにショートであの順位っていうのは彼女にとっても珍しいことだったと思うんですね。

素晴らしい笑顔だったと思うんですよ

やはりあきらめない、そういう強い気持ちで滑ったの、よかったと思います。

夏野さんどうですか?スケートは。

僕はスケート大好きでですね、あの見てたんですけれども、やはりこんなに日本がスケート大国になるなんて、10年前から見ると夢みたいなことなんですけれども、どうしても今回もそうですけどルールっていうのがね、見てるほうにはちょっとわからないようなところも…(小倉さん「点数とか?」)…そうですね。ですので是非ね、日本、スケート大国になったんで、これを機会にどんどん点数の構成とかルールとかにもどんどん日本が口出してって、トリプルアクセルはもっと高い点がつくようにとかですね、あんな凄いステップにはちゃんと点がつくようにとかね、頑張ってほしいなって思います。
とくだね18

これってやはり連盟の力とか村主さんやはり関係あるのかもしんないね。

あのーやはり今回、バンクーバーでオリンピックありまして、やはりカナダのほうが強いとかそういったものはもちろんあります。ただそれがほんとに全てではなくて、あのー、なんて言うのかな、見る側のほうももっといろんな知識がなければいけないんじゃないかなって私は思っています。
とくだね19

あっ、見る側もね。あー。

そのあたりはほんとにね、村主さんに協会に入ってもらって頑張ってもらいたいと思いますよね、はい。

だいたい我々すぐ、ルッツとアクセルの違いって言われてもパッとは言えないよね。

で、キムヨナ選手ですけれども、5月くらいに去就を発表するんじゃないかと。トロントに帰るときにまた発表するんじゃないかと言われてるんですね。このあたりは注目です。



浅田選手については、バンクーバーで涙の銀→今回リベンジの金でした、とだけの紹介にとどまり、
それ以外は全て韓国とキムヨナ特集となっていますね。

食堂でキムヨナの演技に見入る韓国人
キムヨナの「おでこ」になりたくて増える整形
キムヨナに引退して欲しくないという市民の声拾うためにアンケートまで実施



■一番酷い編集

一番酷いと思ったのは…キムヨナの失敗を極端に減らして放送し、
いかにキムヨナが優れているかを誇張した編集にしているところです。

SP…ジャンプの回転不足・スピン失敗・スパイラル失敗のうちスピン失敗を省略
FS…尻もち転倒・ジャンプすっぽ抜けの両方を省略。
   さらに、成功した3-3はスローモーション付きで2回も流す。
   フリーは完璧だったと思わせるあからさまな印象操作と即座に思いましたね。


そしてこの昨年の放送では、小倉さんは意外と脇役に徹していて、
男性アナウンサーがやたらとキムヨナに話を持っていくのが気になりました。
そんな彼の一番残念な解説はこれではないでしょうか。


■一番残念な解説

このまま行くとキムヨナ選手、どうなってしまうんだろうという中で、フリーは全体の中のトップ。
やはりですね、芸術的な部分っていう評価は、ほんとに劣らず、ほんとに高いものがあって1位でした。


これは、普通にあの試合を見ていれば、
あの尻もち&すっぽ抜け&今にもやめて帰ってしまいそうなやる気のない演技が、
ノーミス&気迫のこもった浅田選手を抜いて1位になることには、違和感があるはずです。

それを「さすがにほんとに芸術的!」と言える神経が、同じ日本人として理解できません。

「あの酷い演技で何故キムヨナが1位になるのか全く理解できませんね」
くらい言うべきではないのでしょうか。


また、せっかく日本選手の話題を話してるのに、話の骨を折って
「そして気になるキムヨナですが」とくる。何回もです。
「そして気になる」とか言われても、気にならないし別に。


■男性アナの役目

強引にキムヨナの話題へ…①
一体、キムヨナ選手は引退してしまうのか、この2人の対決ってのは、
もう見られないんじゃないかっていうところに注目集まりましたけども、
やはり日本のファンと同じように韓国のみなさんも
2人の対決はソチでも見たいっていうのは共通した意見だったんですね。


強引にキムヨナの話題へ…②
そして気になるキムヨナ選手、今後についてなんですけれども、
やはりメダリストの会見ではそこに集中が質問が集まりました。


強引にキムヨナの話題へ…③
で、キムヨナ選手ですけれども、5月くらいに去就を発表するんじゃないかと。
トロントに帰るときにまた発表するんじゃないかと言われてるんですね。このあたりは注目です。



そして、村主さん…一番最後のコメントは大顰蹙(だいひんしゅく)をくらいましたね。
まるで見ているファンのほうに問題があるともとれる言い回しでした。
見る側が勉強しないとわからない採点システムっておかしい。
勉強していてもわからない採点システムになっているのが問題なのになぁ…。

この番組の中で、日本人としてまともな話をしてくれたのは、ゲストのお二人だけでした。

柴門さんは、安藤選手と鈴木選手の頑張りに感動したと。
小倉さんにキムヨナのことで話題を振られたのに、
軽く受け流してすぐに日本選手の話題にしてくださったことに感謝です。

夏野さんは、ほんとうにフィギュアスケートがお好きなんだとわかりました。
採点システムのおかしさにも言及、強い日本がルールに口出しすべきということ、
浅田選手の3Aが冷遇されてることにも言及…ほんとに真っ当な意見を出してくれました。

この夏野さん、ことしのとくダネ!でもGJだったそうで…
Yahoo知恵袋でそれを知りましたのでその部分だけご紹介します。


Yahoo知恵袋「今日のフジテレビのとくダネについて キム・ヨナについてのコメントする時、なぜ...」

でも今日のとくダネで小倉さんが「キム・ヨナ選手の涙の意味はなんですかね~?」とコメンテーターの夏野剛さんに聞いた時、夏野さんは「う~ん、気になりますね…でも真央ちゃんが……」とすぐに浅田真央選手の話題に変えたのを聞いて、失礼ながら少し喜んでしまいました(笑)


この動画を見ながら記憶が蘇ってきたのですが、
私はもしかしたら昨年のこの番組で、フィギュアのおかしさに気づいたのかもしれません。
もしくは、うすうすおかしいと気づき始めたところに拍車がかかったのかもしれません。

昨日のキムヨナのボロボロの演技、どう放送されるのかな~?と思ったら、
ボロボロ演技が半分以上なかったことにされていたので、
「おかしいんじゃないの?????」と即座に気づきました。

TVがそんなおかしな放送するから、
事実を放送しないのは何故?と思いながら、インターネットで調べるようになったのです。

TVのおかしさに気づかせてくれた「とくダネ!」に感謝すべきかもしれません。



真央ちゃんを通してチャリティに参加しませんか?
5/10~5/31期間限定・受注生産

       たかみぼん

販売特設サイトです → 浅田真央 Book for Charity



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事


  1. 2011/05/17(火) 03:32:25|
  2. 捏造報道|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |