ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

韓国にも見抜かれた日本マスコミの偏向ぶり。そしてTBSは反日。

日本のマスコミはおかしい。
日本に世界レベルの素晴らしい選手がたくさんいるというのに、
日本の選手に焦点を当てず、韓国の選手を主役にした番組を流す。

この状況は海外から見ても異常らしく、
当の韓国からもそれを見抜かれ、最近記事にされました。

まずはその記事から。

■韓国にも見抜かれた日本マスコミの偏向ぶり


日放送ヨナ優勝予想? 特集放送送り出して
マイデイリー 2011-05-01 09:55

"優勝は安藤がしたキムヨナ特集だなんて"

30日、モスクワで開かれたフィギュアスケートの世界選手権の試合が終わるやいなや、日本のTBSで、キムヨナ選手の特集番組を放送し、人目を引く。

30日の24時から始まったスポーツ中継S-1は、'フィギュアの女子選手たちの戦争スペシャル、速報! 女子フリー、入手キムヨナ密着取材など、約10分間にわたり放送した。 放送には未公開されたキムヨナの練習場には、この公開されるなど、肝心の優勝者の安藤選手の映像よりもキムヨナ選手の映像が長く'キムヨナの優勝を占って準備したのではないか』疑惑が広がっている。

放送では、"今回の試合で、誰よりも注目された選手"とキムヨナ選手を紹介した。

パネルに出演した元フィギュアスケーター村主親は、"ジャンプでミスがあったが、大変な演技だった。4分間行われるフリーの試合は、かなりの体力を要する。出場していない間、熱心に準備したことが感じられた"とし、それが2位にとどまったが、キムヨナ選手の実力に感嘆を連発した。

続いて"キムヨナ選手は、本来のジャンプが完璧な選手だったので、休んだからといって、その実力がなくなるわけではないが、肺量を維持することができたのはすごい"と言いながら、13か月の間の空白を破って出場したキムヨナ選手を高く評価した。

一方、日本のインターネット上では"安藤美姫が優勝したのになぜキムヨナ特集なのか"、"(1等と思って)準備したのではないか"と、放送局の組織に対して不満を放った。


イムジス記者

201105010955582273_1.jpg


このときのS☆1の映像が見つからなくて残念ですが、
「TVでた蔵」で、大まかな内容を確認することができました。

TVでた蔵 4月30日 S☆1 (TBS) による放送内容要約

密着 ヨナ空白の一年

世界フィギュアスケート選手権、試合会場に入る各選手の映像を流す。

キムヨナがバンクーバー五輪で金メダルを取るまでのエピソード。
キムヨナと言う存在が、彼女を大きくしたことなどを紹介した。
重圧から開放されたたキムヨナの生活は戦いを避けるかのような日々だったが、
表舞台から消え、自分の表現力をより完璧にする為のトレーニングを1年間してきたことを紹介。

世界フィギュアスケート選手権、女子フリーは安藤美姫が逆転で優勝。4年ぶりの女王となった。
キムヨナはジャンプのミスが響き2位となった。
他の日本勢は浅田が6位、村上は8位に終わった。


これを見ると、韓国の記事の通り、
日本人選手については前後に簡単に紹介し、
中盤で大きく時間を割いてキムヨナの特集を組んだことがわかります。

例えば韓国で、キムヨナやミンジョンをさらっと紹介した後に、
浅田選手の特集を流すというこがあり得るでしょうか?

とても考えられませんが、もしそういうことをしたとすると、
恐らくファビョーンの嵐になって、TV局は視聴者から猛攻撃を食らうでしょう。

海外からもあからさまに見える形で行われる偏向報道…TBSは狂っています。

そしてこのニュースの次の日にも、TBSは偏向報道について記事にされていました。
しかも(我らが)浅田選手について、見当違いに「渇」を入れたというものです。
それがこの記事です。

■畑違いの「渇」には説得力なし…張本氏


かつて3000本安打を達成したプロ野球の元・大選手、張本勲氏の暴走が止まらない
リアルライブ(@niftyニュース) 2011年5月2日(月)20時59分

 張本氏といえばTBS系の報道番組『サンデーモーニング』(日曜午前8時~)において、昨年5月23日の放送回にてジャーナリスト・江川紹子氏と衝突し、「江川が出演する限り自分は出ない」と主張し、彼女を降板に追い込んだと言われている。

 このトラブルの発端は、楽天イーグルス・岩隈久志投手の7回降板に関して、張本氏が「喝!」と断罪したことに対して、江川氏が異議を唱えたことから生じた。この際、張本氏は「素人にはわからない!!」と江川氏の主張を一蹴しているのだ。

 確かに、張本氏の主張するように江川氏は野球の素人かもしれない。だが、彼女を含んだ素人の野球ファンによってプロ野球が支えされているのも事実である。

 お目付け役の「親分」こと大沢啓二さんが亡くなった今、彼を止める者はいない。今年5月1日に放送された同番組においても、再び張本氏が暴論を吐いた。フィギュアスケート世界選手権で不調に終わった浅田真央について、

「真央ちゃんはいったいどうしたの! 全然だめ!」
「あんな演技してちゃだめ」
「素人が見たって全然良くないのが分かるよ」


と批判を連発。逆にキム・ヨナに対しては絶賛の嵐という始末であった。
張本氏はいつからフィギュアの専門家になったのであろうか。プロ野球を語った江川氏を「素人にはわからない!!」と一蹴した昨年の自分の言動と矛盾してはないだろうか。

 あの世から、後輩・張本勲への大沢親分の「喝!!」が聞こえるようだ。


「渇」を入れてやりたいのは張本氏のほうです。
この記事に対する某掲示板のコメントが私の気持ちを代弁してくれてます。


●野球に対して偉そうに批判するのはまだわかるけど
 畑違いの種目までそのノリはやめろよ

●こういう素人が公共の場で叩く行為は叱咤激励でもなんでもない
 まさに朝鮮のことわざの”溺れる犬を棒で叩く”行為
 あ、そういや朝鮮人だったか


さらに、この日の予告タイトルは

「世界フィギュア速報 ヨナか美姫か真央か?

だったといいます。
どうして外国人のヨナの名前が先頭に出されるのでしょうか。

そういえば、同じ手法をリアルタイムで見て気持ち悪かったことを思い出しました。
4/29のめざましテレビです。
世界選手権前後のテレビの報道を振り返るという記事で使用した動画に、
その場面が残ってました。これです。

めざまし

「注目はヨナ&真央&美姫
というテロップが右上に出されています。

私はそれを見た瞬間から気味が悪かったのですが、
特にフィギュアファンでない視聴者に対して、ヨナが最有力と思わせる印象操作になってます。

同じ印象操作を、TBSもフジもやっていたんですね。
あ~気味が悪い。

■「張本氏vs江川氏」に学ぶ、マスコミにおける言論の不自由さ

このサンデーモーニングの記事に出てくる「江川氏」の件も、気になったので調べてみました。
江川氏と言えば、オウム真理教の頃から一躍有名になったこの方ですね。

江川紹子

まずは、当事者江川さんのtwitterから。

img_1122261_34800099_2.jpeg

江川さんのtwitterはこちら→江川紹子さんのtwitter

このtwitterのつぶやきを皮切りに、この問題に対するつぶやきがたくさん落とされました。
この問題に関する江川さんのつぶやきをまとめたサイトはこちらです。
→ 30秒でわかるTBSサンデーモーニング江川紹子vs張本勲問題

この中から、一部抜粋してご紹介します。重要と思われるところはピンクで示しました。


出演予定だった6月20日のサンデーモーニングにできなくなりました。5月23日の放送での私の言動について、張本勲氏が立腹し、江川を番組に出さないようTBS側に求めたためです。TBSは、張本氏の主張を受け入れ、私を出さない、と決めました。7月も同様の理由で出演できません。詳細は後で

ちなみに、張本氏は楽天の岩隈投手について「カツ」を叫び、「無責任」と断じました。それに対して、私が驚いて「え~っ」と声を発したことが許せないのだそうです。

ちなみに、サンデーモーニングはTBS報道局の番組です。話し合いの中で、私は「TBS報道局にとって、何が大事な価値観か、よく考えて欲しい」と述べてきました。その結果が、これです。非常に落胆しています。

張本氏の要求は、「江川と同席したくない」ではなく、「江川を番組に出すな」というもの。20日に私を出演させれば、それ以外の日も、張本氏は出ないと主張されたそうです。

TBS側は当初、私に無期限の「休養」を提案してきました。無期限というのは、張本氏の怒りが収まるまで、ということ。「おそらく秋頃にはまた出ていただけるでしょう」と。私が「休養はしません」と述べ、その後やりとりの中で、休養期間は2ヶ月間に短縮されましたが、他はまったく変化なしでした

実は、張本氏が「江川を出すな」と要求されたのは、これが2度目で、最初の時は関口さんが助け船を出して下さいました。今回は、関口さんが何を言っても譲れないと、張本氏が主張されたそうです 関口さんが助け船を出すという事もないんですね

前回のことがあったので、私はなるべくあのコーナーにはリアクションしないように努めていたのですが、あの時は岩隈さんについて、あまりの言いようだったので、ついファンとしてリアクションしてしまいました

私がいきさつを明らかにしたのは、1つは私のコメントを待っていてくださる方に出られなくなったことをご報告しなければ、と思ったから。もう1つは、これで私が黙っていれば、次にまた同じようなことが起きかねない、と思ったからです。


張本氏の「渇」に対し江川氏が「え~?」と異論を唱えただけで、番組を降板させられました。
つまり、番組にとって張本氏の意見は絶対で、それに逆らうことは許されないということ。
そのスポーツを支えているリアルなファンの声は必要ないということ。

そして 張本氏 = 100%朝鮮人の味方 (本人談)

100%朝鮮人の味方ということは、100%キムヨナの味方ということですね。
それを裏付ける記事がありましたので、抜粋してご紹介します。


「張本、ついに本性あらわす」でぷスポ5号館様のブログより

昨日、関口宏のサンデーモーニングを観てたら
スポーツご意見番のコーナーで
フィギュアスケートの浅田真央がミスして2位になり
優勝は北朝鮮のキム・ヨナが圧勝したのを受けて

関口 「これは・・・喝・・ですかね?」
張本 「いや、あっぱれだ~♪」
他のコメンテーター陣 「・・・・・・・・・」
張本 「いや~わたしずっと応援してましたからね~(キム・ヨナのことを)
     真央ちゃんには悪いけど、かなりの差があったね~♪」

大沢親分&他のコメンテーター陣 「・・・・・・・・・」

ついに、張本氏が本領発揮だ。
(ふっきれたのかな?( ̄▽ ̄;)汗
遠慮がなくなったというか、本心を言うようになったというか・・・)
張本氏が1人盛り上がってる中
周り(スタジオ)の空気が一気にシラケて(沈黙して)
そのなんともいえない微妙な空気がとてもよかったです。


結論…サンデーモーニングの張本氏の真央ちゃんに対する「渇」は、ガン無視でOK(笑)
中立の立場ではなく、朝鮮人としてキムヨナを褒め、真央ちゃんを叩いているだけです。

張本氏には、もう一度この言葉を捧げたいと思います。


●野球に対して偉そうに批判するのはまだわかるけど
 畑違いの種目までそのノリはやめろよ

●こういう素人が公共の場で叩く行為は叱咤激励でもなんでもない
 まさに朝鮮のことわざの”溺れる犬を棒で叩く”行為
 あ、そういや朝鮮人だったか


この問題について、マツコ・デラックスさんが言及している動画がありました。
いかにもマツコさんらしい斜め上からのバッサリですね。
「おじいちゃんが頑張って「渇!」って言ってんだから、「そうだ、そうだ!」って言っときゃいいのよ」
笑わせてくれながら、結構辛らつではありませんか?

マツコ・デラックス「江川昭子さんは何も悪くないよ」


張本氏と江川氏の件は以上です。

サンデーモーニングを降板させられた江川氏ですが、
テレビ界では、本音や真実を語って降板させられることは日常的にあるようです。


橋下徹
当時レギュラー出演していたTBS『サンデージャポン』で、たかじんの委員会で発言した(このときには抗議はなかった)の
と全く同じ発言(「中国での買春は中国へのODAみたいなもの」という内容)をしたところ抗議を受け、最終的には降板させられた(辛坊は、翌週の放送での橋下本人による謝罪を強要されたため降板したと説明している)。

田嶋陽子
TBS『(特)情報とってもインサイト』でたかじんの委員会と同様の発言をしたら、降板させられたと主張。

金美齢
過去にたかじんの委員会で発言しているような内容で、在京キー局の番組を幾度となく降板させられたと本人は主張している。

勝谷誠彦
かつてレギュラー出演していたテレビ朝日(『やじうまプラス』)および日本テレビのワイドショー(『ザ!情報ツウ』や『スッキリ!』)では「自分のコメントがすべて台本に書いてあった」と告白した。


■捏造テロップ常習のTBSを信じてはいけない

それにしてもこのTBSというテレビ局は、信用しないほうがいいようですね。
張本氏が朝鮮人であるというだけで生じる「ヨナ上げ、真央下げ」に限ったことでなく、
普段から当たり前のように捏造報道をしているといいます。

発言している人の映像を流しながら、その発言とは逆の意味のテロップをつけたことが
過去に何度もあるということです。


近野滋之・民族主義者の警鐘様より一部抜粋

tbs1
↑ 2003年10月28日、石原都知事が「救う会東京」の集会で、「私は日韓合併を100%正当化するつもりはない」と発言を、11月2日放送の「サンデーモーニング」は、“日韓併合を正当化 石原都知事がまた問題発言”と題し、「日韓合併を100%正当化するつもりはない」という石原氏が述べた発言の語尾を編集、「日韓合併を100%正当化するつもりだ」というテロップ入りで、事実とは異なる報道を行って、出演者らもこれを前提に石原氏に批判的な意見を述べた!

tbs2
↑ 2006年6月29日放送「ニュース23」の、小泉純一郎首相(当時)の米議会での演説が実現しなかったとするニュースの一部で、小泉首相の靖国神社参拝をめぐり「行くべきでないと強く感じているわけではありません」と語った、ヘンリー・ハイド米下院国際関係委員長(共和党)のインタビューに、「行くべきではないと強く思っています」と逆の意味の日本語字幕を付けて放送していたことが発覚!


韓国にも怪しまれるTBSは、やはり反日テレビ局です。

TBSの番組を見て不自然に感じたことがあれば、
インターネットなど、ご自身で正しい情報を探すことをお勧めします。



先週行われたアイスショーでの表情
あ2

アイスショー後の記者会見での表情
あ1

それにしてもお肌ピカピカで人相が良いですね!
2011チャリティショーインタビュー 巻きますブルリンブルリン

これもピカピカ
o0493041511191691828.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/05/11(水) 22:49:39|
  2. 保守|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。