ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「真央らしく」&タラソワがキムヨナを尊敬?&昨日の誤報を認めたニュース


ご訪問ありがとうございます<(_ _*)>”

世界選手権が終わるまで、3/1に書いた記事のリンクをここに貼りたいと思います。
3/1の記事はこちらです→イ・ジヒに続く疑惑審判コ・ソンフィの発言に怒り心頭

ひとりでも多くの方にこの発言を知っていただければと思いますので、
読まれたことのない方、お時間の許す方は、ご覧いただければ幸いです。

※韓国語がわからないため、某掲示板で訳されていたものを使わせていただいてます。
 もし誤訳があれば、お手数ですが拍手のところでコメントでお知らせくださいm(_ _;)m




asahi.comの「挑戦 真央らしく」が更新されてますね!
真央ちゃんの言葉をピンクで表示してみました。


■「真央らしく」

思い切り演技 励みになれば (真央らしく)
asahi.com 2011年4月22日

 テレビの画面を通して見た未曽有の被害。思わず、言葉を失った。

 「地震があった時はちょうど愛知の家にいた。『揺れたな』と思ったけど、そのあとにテレビで次々と被害の映像が流れて……。正直言ってこんな時期に、世界選手権に行ってもいいのかなと思ってる」

 複雑な胸のうち。だが、日本連盟が派遣を決めたとなれば、行かざるを得ない。行くからには――。

 「今、私にできることは、このシーズン、今までやってきたことを思い出しながら、試合で思い切って滑ることだけ。被害にあわれた方の中にも、応援して下さっている方がたくさんいらっしゃる。被害で苦しんでいる方はそれどころではないと思うけど、一生懸命演技する自分を見て少しでも励みになればいいと思う。それしかできない」

 昨季の世界女王という看板は「忘れたつもり」で挑むという。ジャンプの修正に手間取り、出遅れ感があった今季、震災による1カ月の延期はどう出るか。

 「2月の四大陸選手権(台北)の後は、3月に予定されていた東京の世界選手権に向けて自分を追い込んできました。だから、東京大会が中止になった時点で佐藤信夫先生から『まず休みなさい』と言われた。体も心も追い込んできたから、やはり一度リフレッシュしないと良い状態は維持できない。震災の直後から1週間練習を休んだ。(モスクワでの代替開催が決まり)1カ月先の大会へ向けて気持ちを切り替えることができた」

 同じ佐藤コーチの指導を受ける小塚崇彦(トヨタ自動車)との練習が多かった。男子のスピード感やジャンプの力強さを肌で感じながら、取り組んできた。

 「1日4時間の氷上練習で、ショートプログラム(SP)、フリーを1日1回は通し(曲をすべて流して演技すること)で滑り込んできました。震災の影響で練習は一時中止となったけど、それ以降は毎日やるべきことをコンスタントにやってきた。四大陸選手権で見つかった課題。佐藤コーチから言われているんですけど、『もっと元気よくスピード感を出してプログラムを滑りなさい』ということに気をつけてきた」

 モスクワは第二の本拠とも言える地。昨季まで2季続けて習ったタチアナ・タラソワ氏も待っている。

 「ロシアには悪いイメージはない。今季のSPを振り付けてくれたタチアナ先生がいらっしゃるので、衣装の手直しをやってもらうかもしれない。世界選手権が一度は中止になったと思った分、気持ちは少し落ち込んだけど、1週間休んで、練習をしっかり積むことはできた。今は前向きにとらえて試合に向かえる。気持ちはベストで臨めます」(坂上武司)

◆「大人への第一歩」 母・匡子(きょうこ)さん

 今季は真央にとって、昨季の五輪を経験して「大人」のスケーターになる第一歩のシーズンになっているような気がします。

 今までいろんな先生に指導を受けて、良いところを吸収させてもらった。どの先生からも真央はかわいがってもらって、今でもアドバイスを頂くことはある。

 シーズン前、真央はジャンプを一から見直したいと望んで、小さい頃に学んだことのある長久保裕先生のレッスンを受けた。私は「真央が今、何をやりたいか」を大切にしています。

 9月から佐藤信夫先生にメーンコーチをお願いしました。今後の真央のことを考えると、もう日本の先生で真央を預けられるのは佐藤先生しか思い浮かばなかった。真央も佐藤先生の指導を受けたがっていた。

 もちろんいくら有名な先生であっても、お互いを理解するのに3、4年かかることは理解しています。実績のある佐藤先生のもとで、真央は2014年ソチ五輪を目指すつもりです。


TKY201104220332.jpgTKY201104220333.jpg
TKY201104220334.jpgTKY201104220336.jpg


「一生懸命演技する自分を見て少しでも励みになればいいと思う。それしかできない。」

「それしかできない」ときっぱり言い切ることが、逆に真央ちゃんにとってもパワーになりそうですね!



また、今日も微妙な韓国ニュースがありました。
下の記事を読むと、「タラソワコーチがキムヨナを尊敬!」と思えますよね。

実は微妙にニュアンスが変えられて記事になっているみたいです。

■韓国微妙なニュース

浅田真央前コーチ タラソバ“キム・ヨナ尊敬する”
ヘラルド生き生き原文記事転送2011-04-22 09:55

浅田真央の前コーチであり2010年まで総10人のオリンピック フィギュアスケート金メダリストを育てた‘チャンピオンメーカー’タチアナ タラソバ(64・現ロシア国家代表チーム コーチ)が‘フィギュア女帝’キム・ヨナ(21・高麗(コリョ)大)のスケーティング技術を尊敬すると明らかにして話題だ。

タラソバは最近ロシアのスポーツ専門インターネット媒体sovsportとのインタビュー中世界選手権大会に出た選手たちの展望を聞く質問に“キム・ヨナを見よ、彼女はすべての状況を勝ち抜いてすべての構成要素を整えた。 私は彼のファンではないが、彼のスケーティング技術を尊敬する”としてこのように話した。

タラソバはまた、ロシア選手たちに“(世界選手権大会まで)時間が短いと話すな。 その間継続訓練するがアンナンニャ”として“重要なのは振りつけをまともにまねるのではない。 彼ら自身だけのアイテムを作らなければならない。 自身を勝ち抜かなければならない。 キム・ヨナが2010年バンクーバーオリンピックでどのように優勝したのか見よ”と忠告した。

タラソバは昨年6月頃まで浅田真央の専門担当コーチで活動したし2010年エバン ライサチェクまで総10人のオリンピック金メダル リストを育てた世界的なコーチだ。 彼はこのような球を認められて去る2008年世界フィギュアスケーティング名誉の殿堂に古い額なることもした。

一方キム・ヨナはロシアで開かれる2011 ISUフィギュア世界選手権大会参加のために22日午後出国した。キム・ヨナは現地時刻で22日午後モスクワに到着して休息を取った後24日から始める公式練習に参加する。ショート プログラムは今日29日開かれてチャンピオンが決定されるフリースケーティングは30日開く予定だ。世界選手権大会は当初3月末日本、東京で開く予定だったが、日本東北部大地震によってロシア、モスクワで4月24日から5月1日まで開催されることで開催地と日程が変更された。

20110422000329_0.jpg

キム・ジェヒョン記者/madpen@heraldm.com
-ヘラルド新鮮ニュースCopyrights (c)ヘラルド経済& heraldbiz.com,


これの原文はこちらです ↓
タチアナタラソワ:2011年のワールドカップでロシア人の可能性についてストレートトーク

241979.jpg

長いインタビューなので、該当部分のみ抜き出します。
これを翻訳していくと、

タラソワコーチがキムヨナを褒めているのは事実ですが、
遠まわしに…というか、含みを持った褒め方であることに気づきます。



(ロシア語原文)

И я хочу им пожелать, чтобы они на этих соревнованиях просто себя показали. И выходили работать. Произвольная программа, короткая – это очень большая работа. Не актерское выступление. Нужно сделать свои элементы! Взять и сделать! Я им от души хочу пожелать победы над собой. Как победила себя Ю На Ким на Олимпиаде в Ванкувере. Она вышла и сделала все элементы. И хоть я не большая ее поклонница, я восхищаюсь ее спортивным мастерством.

          ↓

(ロシア語→英語へgoogle翻訳)

And I want them to wish that they at these competitions simply showed himself. And went to work. Any program that is short - it is a very big job. Not acting performance. Need to make their items! Just to make! I told them heartily wish the victory over himself. How to win a Yu Na Kim at the Olympics in Vancouver. She went out and did all the elements. And even though I'm not a big fan of her, I admire her athletic skill.
          ↓

(英語→日本語へgoogle翻訳)

そして、私は、彼らがこれらの競技で、単に自分自身を示すことを希望したい。そして、仕事に行きました。任意のプログラムが短いこと - これは、非常に大きな仕事です。ない演技。そのアイテムを作成する必要があります!ちょうどように!私は彼らが心から自分自身の勝利を願って言った。どのようにバンクーバー五輪でゆうナキムを獲得する。彼女は出て行って、すべての要素を行いました。そして、私は彼女の大ファンではないにもかかわらず、私は彼女の運動能力に感心する。

          ↓

(某掲示板にて、きれいな日本語にされたもの)

そして競技会においては素直に自分自身を表して欲しいと伝えました。
ひとたび出場すれば、どの短いプログラムであってもとても大変なものです。
単に演目をやってみせるだけと言うわけではないのです。
持っているものを出さないといけない、出し切らないと。
彼らには(ロシアン子たち)自分自身に打ち勝ちなさいと心から伝えました。
バンクーバー五輪でのギムヨンアの勝ち方とは、彼女は登場しすべての要素をこなしたというだけ。
彼女のことに興味はありませんが、その競技能力には感心します。


          ↓

(これが韓国記事にかかると…)

タラソワがキムヨナのスケーティング技術を尊敬している(*`▽´*)



オリンピックという大舞台で、予定していた要素をミスなくこなしたこと、
その運動能力は認めていると語ったのは事実ですね。

ただ、記事のようにスケーティング技術を褒めているわけではないようです。
また、不思議なことに審判には絶賛される表現力・演技力については言及されてません。
さらに、「私は彼女の大ファンというわけではないが」と枕詞までついてます。

韓国記者の意訳が許されるなら、私の意訳ではこんな感じになります。

キムヨナは好きではありませんが、ミスなくプログラムをこなして加点を貰うという、
今の採点基準を最大限に生かす戦略は優れていました。


…というところでしょうか(思いっきり意訳です)。



そして、先日ご紹介した「キムヨナが伝記を出したので浅田真央が真似をした」
という本末転倒な記事について、訂正記事が出されていました。

■前日の記事について誤報を認めるニュース

「キム・ヨナを真似た」浅田真央伝記報道は誤報
中央日報 2011.04.22 16:20:37

「キム・ヨナ偉人伝がうらやましかったのか」「キム・ヨナ偉人伝に刺激されたのか」。20日、韓国内のポータルサイトは日本フィギュアスケートの看板選手・浅田真央もキム・ヨナに続いて伝記を出版するという記事が登場したが、これは誤報であることが明らかになった。

韓国内のあるメディアはこうした事実を扱いながら、「浅田真央の伝記(吉田順、「さらなる高みへ」)は2月16日に出版されたもので、米国作家がキム・ヨナの伝記を書くと発表した4月6日より1カ月半ほど早かった。 出版当時に日本で話題になった。 4月15日にはアイフォーンとiPad用の電子書籍が登場した。 ジャパンタイムズ報道の原文はこの本のコピー本景品記事にすぎなかった」と伝えた。

景品記事の波紋がこのように拡大したのは一つの文のためだった。 原文には「吉田順が書いた287ページの本は学研出版から最近出た(The 287-page tome was written by Jun Yoshida and recently published by Gakken)」と書かれていた。 結局、「最近」という言葉の事実確認もせず性急に記事化されたものだった。


間違いを認めてくれたことで一安心です。
(それに対してお詫びの一言が付け加えられていればさらによかったですが…)

この記事を受けて韓国の反応です。
痛い人たちとまともな人たちが混在してます。

●痛い反応

2月に出てこようが後ほど出てこようが......
真央がなぜ伝記集を私の???????????????? 何かすごい業績を残したので~~~
キム・ヨナ他国で児童らロールモデルをターゲットで伝記家を空けるというが.....

ンは米国人が自発的に書いたことで真央はお金を払って日本作家にプタカンゴンデ〓〓〓

日言論だというのを本人が証明するよ~
プハハハハハ.... このようにむくが浅田真央を抱きしめる言論.... こういう言論初めて見る.......
とても良いよ良いよ~ひゅうっとショーをするよ... 公州(王女)接待するのにお忙しいね..
我が国言論がこのようにむくが出てくるというのは...本当にお話にならない犬ゴミ..

鮮日報すばやいねふふふ いつからこうしたこと?

こが日本か韓国か-_-v様

をあえて解明記事渡すの
浅田真央あざ笑い当てられるのがとても嫌いだったか?ふふ

本選手広報されたよ
広報されたではないか...
キム・ヨナ自叙伝は米国でも読んで中国でも売れて日本でもたくさん売れたが....
日本選手自叙伝は出ていたのに分からなかったので..存在さえ..

●まともな反応

の記者論理ならばキム・ヨナ自叙伝が遅く出てきたので浅田真央がうらやましくて使ったことですね......
醜くて醜くて刺激的なゴミ記事を扇動する3流言論ら...

が国言論が恥ずかしい
これが何の恥さらしか。
ゆがんだ愛国主義刺激する記事ちょっと思わず書け。
良いことはみな韓国と構成しておいて、悪いことはみな日本と構成して..
アジアの反韓感情が韓国言論することのためにもっと深刻になるようだ。

うするから朝鮮人言論らだと非難されるだろう。..
何起死するが出てくれば無条件人気呼ぼうと刺激的なことだけ探してすると.. 恥ずかしくなるように....
我が国記者ら月給はなぜ受け返して食べるのか..

部ヨン広報文
でなければ真央、ソン・ヨンジェむく文!
いったい正体が気になる。
ヨン企画会社で組織的にインターネットコメントを付ける職員いるか?

たらめ記事を確認もしてみないで無条件刺激的暗闇の中の光を チャジャニム
で題名甘くて出して見る水準低い記者のために
そこに踊ったネチズンは一緒にバカがなってしまったハプニングだね。.ヒウッ

れだから記者らが国民バカ作りやすいんだろう...
人々が平常時かゆい所少しだけ刺激する驪州(ヨジュ)ならば
それが事実でも偽りでもヨイヤヨイヤやしてそこに調子を合わせて..

確性と客観性を命のように分からなければならない記者らが
市中に飛び交ううわさ次元で自ら格を落とすことを
恥ずかしくもなくというこの頃時流の汚れているということが心配だね。.


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/04/23(土) 02:37:49|
  2. 韓国あきれるニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。