ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「キム・ヨナがうらやましい浅田真央」…はァ?と言いたくなるニュース


ご訪問ありがとうございます<(_ _*)>”

世界選手権が終わるまで、3/1に書いた記事のリンクをここに貼りたいと思います。
3/1の記事はこちらです→イ・ジヒに続く疑惑審判コ・ソンフィの発言に怒り心頭

ひとりでも多くの方にこの発言を知っていただければと思いますので、
読まれたことのない方、お時間の許す方は、ご覧いただければ幸いです。

※韓国語がわからないため、某掲示板で訳されていたものを使わせていただいてます。
 もし誤訳があれば、お手数ですが拍手のところでコメントでお知らせくださいm(_ _;)m




4/20の韓国フィギュアニュースは「キム・ヨナ VS 浅田真央」で持ち切りでした。

読んでびっくり。
怒りを通り越して笑えるほどの妄想記事でした。

某掲示板にたくさんソースが散らばっていたので、
参考にさせていただき、それをまとめて整理してみました。

そのネタだけで、記事タイトルがこんなにたくさん!

キム・ヨナがうらやましい浅田真央、伝記出版正面対決
  マイデイリー 2011-04-2009:39
‘キム・ヨナ偉人伝’うらやましかったか? ‘日本で浅田真央伝記出版’
  ヘラルド新鮮ニュース 2011-04-20 07:30
キム・ヨナ引き続き浅田真央伝記出版! "そんなにうらやましかったか?"
  ハンギョンドットコム 2011-04-20 13:01
今度は出版戦争'キム・ヨナ伝記'vs'浅田真央伝記'突然なぜ?
  韓国経済|記事入力2011-04-20 10:25記事原文
キム・ヨナ-浅田真央、今度は出版戦争? マオも伝記発刊
  スポーツトゥデイ 2011-04-20 08:03
浅田真央も伝記出した
  ヘラルド経済 2011-04-20 10:31
"キム・ヨナ追跡?"浅田真央も伝記出版
  エックスポツニュニュース 2011-04-2010:24
浅田真央'伝記'出版、キム・ヨナまねること?
  TVレポート 2011-04-2009:24
キム・ヨナの偉人伝に刺激? 韓国が浅田選手の伝記に注目
  サーチナ 2011/04/20(水)


内容はどれも似たり寄ったりなので、代表的な記事をひとつだけご紹介します。

■捏造記事の一例

今度は出版戦争'キム・ヨナ伝記'vs'浅田真央伝記'突然なぜ?
韓国経済|記事入力2011-04-20 10:25記事原文

[両自営インターン記者]キム・ヨナ(21)伝記に続き浅田真央(21)の伝記が出版されて目を引いている。

4月20日日本のジャパンタイムズは日本の作家吉田ジューンが浅田真央の伝記の‘さらに高いところに(Stepping Higher)’を発刊したと明らかにした。

これは米国の作家のクリスティーン チドゥロムスが今年の夏米国出版を目的にキム・ヨナの伝記執筆を完了して約半月だけのことで二つのフィギュア スターの対決が出版界でも続くものと見られる。

この本は浅田真央がフィギュアを初めて接した時から世界に名前を知らせるまで体験した試練と苦難を主要内容でしながら総287ページで構成されている。 また、浅田真央に対する論評と写真、個人記録などが詳しく記録された。

報せに接した韓国ネチズンらの間では“キム・ヨナの伝記が出版されると負けたくなくて急造したのではないか”、“それでも半月ぶりに伝記が突然作られるはずはないこと”、“海外の反応が気になる”などの多様な意見をやりとりしている。

一方浅田真央の伝記にはキム・ヨナに対する作家のコメントが含まれていると知らされてファンたちの気がかりなことをかもし出している。 (写真出処:ハンギョンDB)

bf5379829d21f60e0471c2b46ef208ea.jpg

ハンギョンドットコムbntニュース記事情報提供star@bntnews.co.kr


9つの記事のうち、8つまでがほぼ同じ内容でした。要約すると

① キムヨナが伝記を出すので浅田真央が真似した
② キムヨナの伝記がそんなにうらやましかったのか
③ キムヨナのことも書かれてあるらしいので気になる


あの…この記事のどこを信じろと…。

2人とも伝記を出版、ということだけは事実です。
が、それ以外は全部間違いです。

ネットで見つけた情報をもとに、適当に推測で脚色して記事を書き、
面白おかしいタイトルをつけるだけの韓国記者にはプライドもないのだろうか。

真央ちゃんの伝記の発売日なんてググればすぐわかるでしょうに。
それさえもしていない。


「浅田真央 さらなる高みへ」は、
2010年2月(バンクーバーオリンピックより前)に企画スタート
2011年2月16日に発売。既に第4刷まで増刷。

参考リンク:「浅田真央 さらなる高みへ」メイキング・ブログ                 



「Yuna Kim:Ice Queen」は、
2011年4月2日に、作者がブログで「出来た。夏ごろ出版する」と報告。

参考リンク:「Finished a New Book: Yuna Kim: Ice Queen」Christine Dzidrums


真央ちゃんの伝記は1年以上前から企画され、2ケ月前に発売済み。
一方、キムヨナの伝記はまだ売られてもいない。

今月、キムヨナの伝記出版のニュースを見たときは、
「また真似した…?まぁいちいち気にするまい」と自分の中でスルーしてました。

でもこんな全く逆のでたらめな記事を書かれたら、呆れてものが言えません。

また、③の「キムヨナについても語られている」のところ、残念でしたね。


読み合わせは、午前2時すぎまでつづいた。

そこからディスカッションをはじめる。

どこに物語の核をもってくるか。
不足している情報は何か。

2時間ほどのディスカッションのあと、
再び、ライバル構図の話題になった。

夜が白みはじめていた。
朦朧とした頭ではあったが、
そのときにはもう答えが見えていた。

ライバル構造は
ありえない。

彼女は、人と自分とを決して比べない。

あの人に勝ちたいとか、
あの人さえいなければといった感情をいっさい抱かない。

彼女が向き合ってきたのは自分自身、
そして白いリンクだけだ。

物語にライバル構図を入れ込むことは、できなくはない。
しかし、それは今回については偽りとなる。
虚構は、目指すところではない。

吉田さん、ライバル構図は、やめましょう。

そう言うと、吉田さんは、納得の微笑みを浮かべてうなずいた。

そうですね。
わたしもそう確信しました。

わたしたちが描くのは、
「真実」だけにしましょう。

ソース:「浅田真央 さらなる高みへ」メイキングブログ vol.4 ライバル構図。


ネットで拾ったネタに適当に尾ひれをつけて記事にするだけで給料をもらえる韓国の記者がうらやましい。

韓国の掲示板でも、真央ちゃんがキムヨナを真似した!と騒いでましたが、
今頃は「真央ちゃんが先だった」と気づいて悔しがっているでしょう。

9つの記事の中で、最後の1つ「サーチナ」だけが、冷静な記事を書いてますので紹介します。

■唯一まともだった記事

キム・ヨナの偉人伝に刺激? 韓国が浅田選手の伝記に注目
サーチナ 2011/04/20(水)17:43

韓国の複数メディアが20日、女子フィギュアシングルの浅田真央選手の軌跡を描いた学研教育出版の『浅田真央 さらなる高みへ』の発売について「キム・ヨナの偉人伝に刺激を受けたのか」、「キム・ヨナがうらやましかったのか」などと報じた。

  『浅田真央 さらなる高みへ』は2月16日に発売された。作者の吉田順さんは浅田選手の20年間の軌跡をさまざまなエピソードから描いた。すでに学研ホールディングスによって電子書籍化され、4月15日からiPhoneとiPad向けに配信がスタートした。

  一方、韓国メディアの報じる「キム・ヨナ偉人伝」とは、米国で活動中で児童図書作家のクリスティン・ジドルムス氏が最近執筆を終えたとされる『キム・ヨナ:アイスクイーン(Yuna Kim:Ice Queen)』という本。夏に発売される予定で、韓国で話題を集めた。

  メディアはジャパンタイムズの20日の報道として浅田選手の伝記出版を伝えた。特に、関連報道の見出しには、「キム・ヨナがうらやましい浅田真央、伝記刊行で正面対決」、「キム・ヨナ偉人伝に刺激を受けたのか」、「キム・ヨナ―浅田真央、今度は出版戦争?」などの表現が目立った。

  中には「キム・ヨナ偉人伝の執筆終了が報じられてから間もない」「世界選手権を1週間後に控え、伝記で正面対決」と、この時期での発売に注目。ただ、『浅田真央 さらなる高みへ』はすでに2月前に発売されているが、発売時期を正確に伝えた記事はない。あくまでもキム選手の「偉人伝」との対決という構図で関心を寄せている。

  また、「浅田はライバルであるキム・ヨナについてもコメントしているので、どのような内容なのか気がかり」、内容にも高い関心を示した。(編集担当:金志秀)


ちなみに、韓国記者が飛びついた元ネタはジャパンタイムズのこの記事でした。

■韓国記事の元ネタとなったジャパンタイムズの記事

『より高く 踏み出している 』勝利

The Japan Times Wednesday, April 20, 2011

sp20110420f1a.jpg

ちょうど数日離れて、2011年の世界選手権はモスクワでにあって、ジャパン・タイムズは数人の読者に二度の世界ャンピオン浅田真央の体験談 について最近公開された日本の本「さらなる高みへ - 彼 」( 踏み出している Higher )のコピーを獲得する機会を提供しています。

287ページの大冊は吉田潤によって書かれて、最近学研から出版されました 。

本は、ごく最近の日本チャンピオンシップを通しての初心者スケーターとして、彼女の時代からマオの浮き沈みを詳述します。彼女が最初に競争し始めた時から、それはいくつかの写真と彼女の結果の包括的な記録を含みます。

考えさせる仕事は、彼女の人生と経歴についてのマオのコメント、キムユナとの彼女の競争と彼女のコーチを含み ます。

4回の国民的チャンピオン(その人は彼女の堂々としたトリプル・アクセルで有名です)は言います。「私は、そのような多くのことを行いました。それらのものを克服したので、私は現在ここにいます。」

本のために図面に入るために、あなたの氏名と住所で以下に電子メールを送ってください:
サブジェクト行に「踏み出している Higher」を入れる sports@japantimes.co.jp 。
図面は、海外読者に公開されています。


この記事の内容は、発売されたばかりの真央ちゃんの本をプレゼントしますよ!
というだけのものなのに、ここからよくあれだけ想像が広がりましたね(苦笑)



話は変わって、今日のもうひとつの韓国記事がこれです。
内容はどうでもいいのですが、最後の一文…これはひどい。

専門家達は、って…どこの専門家でしょう。
考えるまでもなくイ・ジヒ審判とコン・ソフィ審判でしょう。

イ・ジヒ審判参考記事 → バンクーバーを振り返る
コン・ソフィ審判参考記事 → イ・ジヒに続く疑惑審判コ・ソンフィの発言に怒り心頭

■最後の一文が信じられない記事

'ピギョクィン'キムヨナ、金メダル狩りのためにロシアヘ
日刊スポーツ 2011-04-20 10:34

'フィギュアの女王'キムヨナ(21、高麗大)が、ついに世界選手権大会に出場する。

キムヨナは今月25日から開かれる国際スケート連盟(ISU)フィギュアスケートの世界選手権大会に出場するために、22日の大会が開催されるロシアのモスクバヘン飛行機に乗る。

金妍兒は最近、午前9時~10時までの間泰陵選手村に到着して1時間ほどのウォーミングアップをした後、約3時間の氷上の訓練を毎日のように消化した。休日もなかった。今シーズン実戦経験がないので、ピーターオーピーガードのコーチと、さらに訓練に邁進した。

フン連後、自宅でTVを見たり、休息を取って、イメージトレーニングをした。新番組『ジゼル(ショートプログラム)』と『オマージュトゥコリア(フリープログラム)』は、もう完全に身に熟していた。オフィスガードコーチは"キムヨナの芸術性をさらに一段階引き上げた"と自信を示し、フィギュアファンの期待も高い。

23日、モスクワ現地に到着したキムヨナは24日から公式練習に出て、29日のショートプログラム、30日のフリーに出場する。浅田真央安藤美姫(以上日本)などの競争相手たちの今シーズンの成績が気に入らないのよ、専門家たちは"キムヨナの金メダルが無難なようだ"と見ている。

htm_2011042010314260006700-001.jpg

全世界記者[nuri3@joongang.co.kr]


今シーズン、一試合も実践をこなしていない選手に対して、
「優勝するのが無難だ」なんて、どの口で言えるのでしょうか。
常識ではまず考えられません。

ほんとうに、あちらの方々の頭の中を開けて覗いてみたいくらいです。



なんだか、韓国の記事を読んでいて気分が悪くなってしまいましたね。
最後に素敵な記事をご紹介して終わります。

ジャパン・タイムズと言えば、バンクーバー後に
「真央ちゃんは世界中から人気」という記事を書いてくれたことも記憶に新しいですね。
真央ちゃんの本をプレゼントすると企画したら、世界中からメールが届いたと(笑)

真央ちゃんのカリスマ性は想像を絶する広がり方をしている。
日本は真央ちゃんのような大使がいて恵まれている。


という嬉しい記事でした。

ついでなので、というより良記事なので、この機会にUPしておきます。
(exite翻訳とgoogle翻訳をmixしてます)


マオの磁気は、世界規模で共鳴します
2010年4月28日水曜日

by ジャック・ギャラガー
jack.jpg

今までに、あなたには有名人の人気のかなり良い考えがあったと思いますが、あなたが本当に見つけたとき、完全に吹き飛ばされますか?それは二度の世界チャンピオンとオリンピックの銀メダリスト浅田真央のために本のプレゼントを上演した後にIce Timeが過去数週間に熟考している暴露です。

今月、ジャパンタイムズは、いくつかの読者にスケーターの人生の話を、最近リリースされた日本語の本を"プリンセス真央"勝つチャンスを提供した。 私たちは日本の人々から強い応答を自然に期待していましたが、私たちが頼りにしていなかったことは、それらからの海外での興味があるほとばしりでした。

メールの雪崩が名乗りを上げるために到着したとき、それらのいくつかの位置で、私は、頭を横に振るだけであるかもしれません。我々は、米国およびカナダでは、ない驚きの人々のかなりの数の連絡があった。しかし、それは、1つはまだ驚かせることは想像もしなかった場所からのものでした。

オーストラリア、ロシア、香港、イギリス、およびシンガポールの人々はリングで彼らの帽子を投げました。

そして、それは本当におもしろくなり始めました。

数分のスペースでは、私たちがソウルからの読者に適用させた、タルサ、オクラホマ州からの別 そこでの少しの二分。あなたがそれを知る前に、私たちは、メキシコ、エルサルバドル、ブラジル、およびペルーからメッセージを受け取りました。ワオ。

sp20100428ita.jpg
期間のアイコン:二度の世界チャンピオン
浅田真央の大きなファン層は世界中に広がってます。 AP写真

そして、リトアニア、トルコ、およびイスラエルからの応募がありました。

やれやれ。

この国のほとんどは、日本の最も人気がある女性の運動選手と全体的に見てトップ3にはマオがいるのに同意するでしょう。

しかし、世界中では、知られていますか?

私の推測は彼らが分からなかったということです。

また、彼らがちょうど書いたところではなく、それは昔の人です。 私たちはアカデミー会員、幹部社員、学生、および主婦から通信を受けました。 食い違うのがすべて属するように思えました。

プレゼントは、マオのパワーと魅力が国、文化、および大陸を超えていると確認するのにただ役立ちました。 私が持っていた感覚は、マオによって触れられて、彼らが彼女に接するのを助けるものを必要とした多くがむこうにあったということでした。だれかが、以前どんな特別な運動選手と人であるかと疑問に思っていたなら、それはほとんど排除されました。

バンクーバーオリンピックで韓国のキムヨナと彼女の魅力的な戦いは、確かにそれを見た多くの人を動かしました。おそらくそれはマオの信じられないほどの運動能力や一緒にとどまった敗北の彼女の感情でした。

それが何であっても、私たちがこのプレゼントで得たフィードバックはマオが地球の周りのファンと共に持っている全くのパワーの大きさを示しました。 彼女のカリスマとクラスは想像を絶するスケールではっきりわかりました。

私は、以前それを言ったことがあります、そして、再びそれを言うつもりです:
日本は、マオのような大使がいるように祝福されます。



あ、最後の記事と言いましたが、ほんとの最後にこの写真たちを。
最初の8つの妄想記事で使用された写真です。
記事の中身はは首を傾げるものの、真央ちゃんの写真はいいセレクトをしてくれてますね。
これまた不思議な法則です(笑)

21
35bf5379829d21f60e0471c2b46ef208ea.jpg



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事


  1. 2011/04/21(木) 03:36:50|
  2. 韓国あきれるニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。