ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

佐藤コーチ充実コラム&スコット・ハミルトンが3A大絶賛!

日本経済新聞で、佐藤信夫コーチのコラムがありました。
とっても充実した内容です。

佐藤コーチ、全日本10連覇、オリンピックも2度出場って、すごい。
日本で初めて2回転ルッツを跳んだ。
日本で始めて3回点ジャンプを跳んだ。

生徒をじっくり観察し、1からじっくり教える。
時間はかかっても確実に上達させる指導の達人。

これからの真央ちゃんの成長がますます楽しみになりました!



フィギュア史を彩る教え子たち コーチ・佐藤信夫(上)
日本経済新聞 2011/3/14付

 平日昼下がりのスケートリンクは、大人のレッスンクラス。佐藤信夫(69)が80代の女性の手をとると、みるみる滑りがなめらかになった。助言する真剣な姿は、試合で小塚崇彦や浅田真央を見る時と同じ。

Snap1190.jpg

■飾らない誠実な人柄

 仕事の丁寧さを感じさせる。「彼女は50代から始めてね。このリンク(新横浜スケートセンター)は暖かいでしょ。うっすら解けてね、いい氷になる。氷がいいと技術も上がる。施設の進歩も、今の日本フィギュアを支えてるんですよ」。飾らない、誠実な人柄がそのまま表れた口調で話す。

 佐藤がフィギュアに出会って今年で60年目。昨年、日本人2人目の世界フィギュアの殿堂入りを果たした。その歩みは、戦後日本フィギュア史と同調する。選手として全日本選手権10連覇、1960年スコーバレー五輪14位、64年インスブルック五輪8位入賞、65年世界選手権4位入賞。日本初の3回転ジャンパーでもある。

■世界の浅田も指導

 66年に引退後、就職した。だが、札幌五輪開催を6年後に控え、日本代表コーチに推される。68年グルノーブル五輪では後に妻になる久美子、小塚の父、嗣彦を教えた。「生徒を次々引き受けるうちに抜き差しならなくなり、会社の自己評価シートも書けず、こうなりました」。会社を辞め、コーチ業に専念する。

 性格同様、「嘘がなく、現実的な取り組み方をする」(娘で、94年世界選手権金メダルの有香)手法は、着実に選手を生み出し続けた。松村充、小川勝、さらに夫妻でクラスを持つようになり、有香と小塚崇彦をゼロから育てた。

 2人を頼りにやって来たのは村主章枝、中野友加里、安藤美姫、荒川静香。そして「あれだけ頼まれたら(断れない)」と今季から見るのが世界女王の浅田。フィギュア史を彩る選手ばかりだ。

■絶えざる自己否定で進化

 コーチ道に秘策はない。強いて言えば、絶えざる自己否定か。「指導者は一貫性がないといけないといわれるけど、僕は自分のしてきたことを否定していいと思っている」。例えば、スケートを走らせるため、かつては姿勢をピシッとすることが求められた。だが、トーラー・クランストン(76年インスブルック五輪男子銅メダル)の登場以降、体幹部を曲げて踊ってみせる滑りが、良しとされるようになった。

 昨日の主流が明日の傍流になることの連続。「もう自分の時代は終わりかなって思ったりもするけど。幸い、選手時代から(海外選手の)模倣で始まっているから、新しいものを取り入れることに抵抗はない」

■「意外に大ざっぱ」

 それでも今は想像外のことが次々に起こる。フィギュアブームといえる近年は、外野の声がとみにかまびすしい。コーチと別につく振付師、人気選手を担当するエージェント、期待をかける親。「特に98年長野五輪以降、指導が難しくなった」とため息も出る。

 それでも信夫はあまり深刻そうに見えない。「意外に大ざっぱなの。抜けてるというか、重箱の隅はつつかない。だから続くんだと思う」と久美子。6歳から83歳までの生徒を相手に、今も毎日、朝から夜まで氷の上に立つ。(敬称略)

欧米との差を痛感 フィギュアコーチ・佐藤信夫(中)
日本経済新聞 2011/3/15付

 終戦から7年後の大阪。まだ娯楽が少なかったがゆえ、梅田や難波のスケートリンクは大人気で、靴を借りるのに2時間待ちは当たり前だった。戦前スケートをしていた佐藤信夫(69)の母は指導にかり出され、10歳の信夫少年もついていった。

Snap1191.jpg


■小学6年の夏、本格的に始める

 「子供だから遊びは好き。スケートもその1つだった」。1953年、小学6年の夏に本格的に始めた。土足では氷が汚れると思っていたのか、リンク周辺に入るのに、観客も選手も専用の木製サンダルに履き替えていたような時代だ。

 57年、15歳の時に、初めて全日本選手権を制した。フリーで、日本人として初めて2回転ルッツを跳んでの大逆転優勝だった。当時は6時間の練習が基本。うち4~5時間は、得点割合が高かった、氷上に図形を描く規定(コンパルソリー、今は廃止)の練習にかけるため、一般滑走時間外の早朝に滑った。

 昔の整氷は水をまくだけ。氷が厚くならないように何回もまかないので、削れた氷が雪のように積もる。「一般客が滑る外周部分だけが摩擦でとけて氷がきれいなので、みんなでそこの取り合いになった」。

■「外国の人に勝てるなんて思えない」

 初めての国際大会、60年スコーバレー五輪の公式練習でも同じ要領で8の字を描いていたら「えらい怒鳴られた。邪魔だって」。米国には整氷機があり、どこでも氷がきれいなことを知る。

 海外では見るもの、聞くもの、新しいことばかりだった。圧倒的な欧米との差に、「外国の人に勝てるなんて、百パーセント思えなかった」。この初の五輪でバタンと転び、アゴが氷につく寸前の写真が新聞を飾ったのには「困った」。

■コーチとして力不足を指摘

 だが関大卒業後、初めてコンディショニング法を学んでから力が伸び、65年世界選手権で4位、翌年5位と結果を出した。それでも、24歳で引退。引き留められたが「フィギュアは見た目以上にハードだし、家族に(金銭的、精神的な)負担もかかる。シングルの選手は23、24歳がピークだと思う」と未練はなかった。

 すぐコーチになり、トップ選手担当となるが、自分もまだ頭より体の方が動く年ごろ。「こうやればいいんだって、自分で跳んで見せて、堂々としていました」。今思えば、指導とはとても言えない。72年札幌五輪に向け、日本スケート連盟がコーチ指導のために呼んだスイス人指導者からは「私だったら君を田舎で子ども相手のコーチにする」と、力不足を指摘された。

■理論的に指導、消化に時間

 「このターンはこう」「フリーレッグ(着氷しない足)はこう」と、欧州流の指導は理論的な正確さを選手に求めた。それまでの佐藤は米国流。スケーティングの流れや美しさを重視するやり方だったから、「頭の中がグチャグチャになっちゃった」。消化して、自分のものにするまでに数年かかった。

 「スケートを楽しいって思ったことは一度もない。とにかく頑張るしかないって思っていた。これが今の人流に言う、“楽しんだ”ことになるんですかね?」

 山越え、谷越えの繰り返しで、今がある。関大リンクには功労者として高橋大輔、織田信成と並び、佐藤信夫、久美子夫妻の写真が大きく飾られている。

(敬称略

「滑る技術」徹底的に フィギュアコーチ・佐藤信夫(下)
日本経済新聞 2011/3/16付

佐藤信夫の指導は、高いスケーティング技術が身につくことで知られる。なぜ、スケートは滑るのか?

 「すべてはそこから始まる。その原点から1つのルートで(技まで)つながらなければ、どこかで技術が間違っているのでしょう」

■優れたスケーティング技術の見本

 現在米国代表選手をコーチとして教える娘の有香と、手を引くような小さいころから指導を始めた小塚崇彦。佐藤が手ほどきした2人は、国際スケート連盟の講習会でも、優れたスケーティング技術の見本として取り上げられるほどだ。

 途中から指導を仰ぎにきた選手にも、その技術をおろそかにはさせない。浅田真央もしかり。「世界女王に2度もなった人に変なこと言うと問題が起きるから、頭の中で整理して、どこから料理しようかとは考えますよ」。やっぱり、指導は原点のスケーティング技術からだった。

Snap1193.jpg

■とにかく観察

 もちろん、すぐに変化は出ないし、うまくいかない時期もある。その点、妻の久美子も有香も、佐藤の最大のすごさにあげる「辛抱強さ」がものをいう。

 とにかく観察し続ける。「私がカッカするようなときもクール。大したもんだって思う。逆に、何でこんな(明白な)ことが分からないんだって、思うときもあるけど」と久美子。

 コーチの中には少しいじるだけで、選手に劇的な変化を起こす人がいる。対照的に、階段を一段目から上らせる佐藤には「確実に上手にするが、時間がかかる。待てない人もいる」という声がある。

 だが佐藤は「僕は不器用だから。でも、選手はいつかは壁にぶつかる。その原因を解きほぐすには振りだしに戻らないといけない。だったら振りだしから始めた方が早いねって言うんだ」。

浅田がやってきて半年。浅田にとっても「こうだから、こういうことするんだ」と新発見だらけだったという。佐藤は「でも何だかんだ言っているうちに、いつの間にか滑りが変わってるんだから、やっぱりすごい人ですよ」。

■世界トップクラスを2人も担当

 今、新米コーチの有香が佐藤に助言を仰ぎ、佐藤も米デトロイトを拠点にする有香に振付師選びや衣装探し、ブロードウエー人脈を活用したダンスレッスンなどを頼る形ができた。いつしかフィギュア界で“佐藤ファミリー”として知られるようになっている。

 浅田と小塚という世界トップクラスを2人も担当すると、気は休まらない。「でも(指導者として)幸せですよね」と久美子。気が早く「14年ソチ五輪でダブルメダルを」と言う人もいる。「そんなことを考えたら、リンクに足が向かないですよ」と佐藤。

 「不思議なことに」競技生活、コーチ人生で一度も順位を考えたことがない。「自分が弱いからかな。でも、3割打者でも大打者でしょう。10回試合して3回ニコニコできればって考えている」


 では特大の一発を最高の舞台でと振ると、苦笑い。欲張らず、自分のすべきことをするのが、佐藤流だった。

(敬称略)



また、先日メールを下さった直子様からの情報をお伝えしたいと思います。
直子さんはアメリカ在住なので、現地で真央ちゃんがどう評価されているのか、肌で実感されてると思うのですが、「スコット・ハミルトンが真央ちゃんの3Aについて、手放しで褒めていた」ということを知らせてくださいました。それでは、直子様のメールをご紹介しますね。


石ころさんにお伝えしたかったのは、オリンピックの放送でいろいろありましたが、テレビでコメントをしていたスコット・ハミルトンは真央さんの偉業を、多分キムヨナの優勝や点数よりも褒め称えていたということです。何度も何度も、何度も3A3回の偉業を、ときには顔をくしゃくしゃにして、絶叫しながら、心から称えていたということです。

その反面、キムヨナの点数に関しては、暗にですが、「あんなやりかたで」という、元競技者としては嬉しくないというような感じに聞こえる発言をしていました。

アメリカでも放送自体は不満でしたが、彼は本当に真央さんの偉業を「素晴らしい!」と連呼していましたよ。

(中略)

世界選手権前にお伝えして真央さんの励みになればと思ったのですが。


直子さんがこつこつとこのメールを仕上げてる時に、先日の大地震が発生したとのこと。
でも今日は、ちょうど佐藤コーチのいい話の中に真央ちゃんも登場したので(笑)
ご紹介するのにいいタイミングだと思った次第です。

スコット・ハミルトンさん、感謝をこめてお写真を…(笑)

1984年、26才の頃。サラエボオリンピックで金メダル!
すこっとはみるとん3

これはいつかな?この着氷の柔らかさが特徴のようですね。
すこっと・はみるとん1

今でもアイスショーで盛り上げてくれてるあの方がスコット・ハミルトンさん?
すこっとはみるとん4

今は52才くらいなので、これが最近の写真でしょうか。
すこっとはみるとん2

スコット・ハミルトンさん、
これからも3Aを女子が成功させることの凄さを世の中に伝えてください<(_ _*)>”

直子さん、嬉しい話題をありがとうございましたo(*´∇`*)o



にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/03/20(日) 22:34:38|
  2. 浅田真央の味方|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。