ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

キムヨナ練習妨害騒動のまとめ

キムヨナが日本人選手に妨害されたという妨害騒動。
発端となったのは、2009年四大陸選手権後の韓国SBSニュースでした。

まずはこのニュースからどうぞ。


キム・ヨナ - 「日本人選手がいつも練習の邪魔をする」


(解説とキムヨナのコメントを全て抜き出してみました)
(キムヨナの言葉はピンクです)

2009.3.14 SBSニュース

こんにちは。スポーツニュースです。
今日はちょっと衝撃的なニュースからお伝えします。
キムヨナ選手がSBS単独インタビューで思いがけない悩みを打ち明けました。
大会直前公式練習後とに、一部競技者から「練習妨害」を受けてきたそうです。
トロントから季聖訓記者です。

Snap780.jpg

今シーズンに入ってキムヨナの競争前練習時間は緊張の連続でした。
ジャンプをする度に他の選手たちに遮られて、くらっとしなければなりませんでした。
練習時間にジャンプを試みる選手の進路は避けるのは礼儀です。
しかし特にキムヨナ選手の進路には他の選手が割り込んだりしていました。
あいにくにも、いつも日本選手でした。
大会の度にこのようなことが繰り返されて、偶然だと考えるのは難しいです。
先月四大陸のときは特に酷かったです。

(ぼかしを入れてますが、衣装の色で日本選手とわかりますね)
Snap781.jpg
Snap782.jpg
Snap783.jpg

オーサーコーチは
一日本選手がキムヨナのジャンプ通路ばかり徘徊していると抗議したりしました。

Snap784.jpg

特に今回の四大会では激しくて、このような感じを受けて
必ずそこまでしなければいけないのかと考えました。


キムヨナ選手は、今度世界選手権でも同様の行為が繰り返された場合、
「正面突破」するつもりです。
他の選手が通路に割り込んでも、そのままジャンプを強行して、
気力の戦いで負けないということです。

私もそこで滞ってはいられないから、そんなちょっとしたことで負けたら
競技でも若干の支障がありそうなので、対処法を探してはいます。


Snap787.jpg

一人で孤独なケンカをしているフィギュア女王(キムヨナ)は、
圧倒的な実力で相手選手たの牽制を勝ち抜くという覚悟です。


この騒動の一連の流れをまとめました。

■2009年練習妨害騒動の流れ
2009.3.14SBSで日本人選手によるキムヨナ練習妨害報道
2009.3.16中央日報でその内容を報道
2009.3.16~19日本スケ連JSFに日本ファンから選手を守れないのかと電話・メール殺到
2009.3.19日本スケ連JSF、韓国スケート連盟に調査を依頼
2009.3.19日本スケ連JSF、国際スケート連盟にも報告書提出
2009.3.23世界選手権へ向かう空港の会見で浅田選手が故意の妨害を明確に否定
2009.3.23韓国連盟「彼女(金妍児)は特定の国や選手について述べていないことを確認した」と回答。キムヨナはノーコメント。SBSも訂正報道なし。
2009.3月世界選手権現地入り後、「日本人とは言っていません(苦笑)みんな冷静になろうよ、と言いたかっただけ。試合が大事なのでこんなことに気を使いたくない。」
2009.3月世界選手権にて、キム優勝。浅田選手ジュニア以降初めての表彰台落ち
このあとSBSの訂正報道もなく、韓国では未だに日本人による妨害とされている

キムヨナの妨害騒動は、これが一番有名ですが、実はこれに始まったことではありません。

■キムヨナによる練習妨害一覧
大会被害者事例
2007 世界選手権浅田真央浅田選手の隣で威嚇ビールマンスピン
2008 世界選手権前
韓国のロッテワールド
で練習をしたとき
一般選手「滑走中に割り込まれて走路妨害された!写真撮られて練習妨害された!今日くらい韓国人に生まれてたことが残念だったことはない! 」とブログに書き殴る。し かし、これにはさすがの韓国人ファンもどん引き。「選手専用リンクはほかにあったのに、寒いのはやだといって、一般営業中のショッピングモールのど真ん中にある誰もが見れる構造のロッテリンクで、他の選手の練習にわってはいって無理矢理練習してたのはユナじゃん・・・なのにその言い分はちょっとどうかと思う。」
2008 FESTA ON ICEサラ・マイアー練習中にサラマイヤーと激しく接触、転倒。
サラ・マイヤー選手はヘルニアの悪化で手術したという。
2008 スケートアメリカ長洲未来
中野友加里
キミー・マイズナー
レイチェル・フラット
長洲未来の曲かけ練習中に、ジャンプの軌道に猛烈に突っ込みジャンプを中断させる。6分練習で流れに逆らって逆走するキムヨナ。多くの選手とぶつかりそうになる。このとき2chで、はアメリカで「当たり屋キム」と呼ばれ警戒選手になっているという噂もあった。
2008 グランプリファイナル安藤美姫
中野友加里
浅田真央
安藤選手の曲かけ中に接触しそうになり、大げさに驚いた様子をみせ、その後安藤をにらみつける。中野選手の曲かけ中に接触しそうになる。3Aの軌道に入った浅田選手にキムヨナが急に角度を変えて接近。リンクも逆送。浅田選手が危ないところで回避
2009 四大陸選手権安藤美姫
浅田真央
鈴木明子
冒頭でご紹介した、妨害騒動の一番有名な大会
2009 フランス杯浅田真央【中央日報】「キム・ヨナがジャンプ逃した原因は浅田ファンが投げたひまわり」
2009 スケートアメリカ村主章枝キムヨナの曲かけ中に村主がぶつかりそうになり論議に
2010 バンクーバーオリンッピック浅田真央
エレーナ・ゲデバニシビリ
エレーナ・グレボア
浅田真央「鐘」の曲かけ練習中に、リンク中央を縦横無尽に占領し、浅田選手が遠慮して避ける始末。キムヨナに後ろから突っ込まれ転倒するゲデバニシビリ。クァク・ミンジョンのコーチとして参加した大韓スケート競技連盟のチョン・ジェウン理事は「エストニアのエレーナ・グレボワ選手が特別に大きな動作で他の選手に危険を感じさせた」とし「キム・ヨナの進路を妨害し、何度もぶつかりそうになった」と伝えた。




いかかでしょうか…。

公式練習や試合前の6分間の練習は、お互い譲り合いながら、というのは暗黙の了解でしょう。
曲のかかってる選手が優先であり、ジャンプの軌道に入った選手を優先し…。
お互い分かっていても、必死に集中するあまり、ぶつかることもあるでしょう。

それをいちいち敵意むき出しに…思うだけならまだしも、攻撃までしかけてくるのです。
そもそも相手が故意に邪魔をしている、と思うのが残念なところです。
これが、相手の精神的ダメージを狙ってのものだったとしたら怖いとさえ感じます。

実際に、この頃の浅田選手は大変な思いをしてました。
2008年12月、グランプリファイナルでホームの韓国に勝ったのが原因なのか、
優勝して帰国したら「とくダネ!」での「キムヨナのミスに助けられた」という報道。

次の四大陸では、このキムヨナによる妨害騒動の矢面に立たされました。
スケ連同士では和解しながらも訂正報道がなかったため、
世界選手権には、浅田選手は悪者になったまま迎えることに。

練習のときから野次が多く、おびえた様子だったという浅田選手。
浅田選手の演技の跡にサンダルが投げ込まれたという情報もあります。
そんな中で集中できるはずもなく、浅田選手は表彰台を逃してしまいました。

その後もグランプリシリーズロシア杯では5位と奮わず、
グランプリファイナル進出も初めて逃しました。

妨害騒動後の浅田選手の不振を見ると、あのとくダネ!の残酷な報道だけでなく、
このキムヨナによる妨害発言によって神経をすり減らしたことも一因だったと思えます。

上に表でまとめた妨害騒動の数々について、以下に集められる限りの資料を集めました。



■韓国での「日本選手によるキムヨナへの練習妨害」第一報

<フィギュア>キム・ヨナ「日本選手に練習を邪魔された」
中央日報 2009.03.16

‘フィギュアクイーン’キム・ヨナ(19、高麗大)は明るくて機転が利き、不満を表出するような性格ではない。そのキム・ヨナが不平を述べた。‘ライバル’の日本選手のけん制があまりにもひどかったからだ。

キム・ヨナは14日、現地練習地のカナダ・トロントでSBSのインタビューに応じ、「国際スケート競技連盟(ISU)主催大会の公式練習で日本選手から集中的にけん制を受け、練習を妨害された」と明らかにした。

キム・ヨナは「特に今回の4大陸大会では少しひどいという印象を受けた。そこまでしなければいけないのか思うことが多かった。しかしそれに負けたくないし、それに負ければ競技にも少し支障が出るかもしれないので、対処方法を考えている」と語った。

キム・ヨナを指導するブライアン・オーサー・コーチは最近、ある日本選手がキム・ヨナのジャンプの進路ばかり徘徊している、と抗議したりもした。

ISU主催大会の公式練習映像にはキム・ヨナの悩みがはっきりと表われている。舞台衣装を着て行う最終練習で、中野友加里・安藤美姫・浅田真央ら日本選手はキム・ヨナの演技中にかなり接近し、練習の流れを遮っている。

何よりもヨム・ヨナが後方に滑走して後ろの状況が見えない時、日本の選手たちがキム・ヨナを見ながら前進している点が疑惑を増幅させている。約6人がリンクで演技をチェックする練習時間には、ジャンプをする選手の進路を避けるのが不文律だ。練習の映像には驚いたファンが悲鳴の声も入っている。

これに対しフィギュアファンは怒りを強く表している。ファンは「同僚選手が大けがをする恐れもあるというのに、鋭い刃を足に付けて演技する選手たちはあまりにもやり過ぎではないか」「競技直前の練習は選手たちの駆け引きが激しいが、世界選手権では何か対策がなければならないようだ」と声を高めた。

 妨害ニュース

■日本での各新聞社による報道

フィギュア・ヨナ選手「日本選手が練習妨害」報道で波紋 朝日新聞
2009年3月20日2時47分

 フィギュアスケート女子の金妍児(キム・ヨナ)(韓国)が国際大会で日本の選手に妨害を受けたと韓国メディアが伝え、波紋を呼んでいる。

 日本連盟などによると、韓国の放送局SBSの報道は14日。金が練習中にジャンプを跳ぼうとすると、他の選手が進路に入ってきたなどの内容だという。金は名前を挙げていないが、日本選手のような伝え方だったという。

 日本スケート連盟は19日の理事会で、韓国連盟と国際連盟に事実無根とする文書を送ることを決めた。日本連盟は「韓国の抗議を受けたことはない。どんな経緯で報道されたのか調べてもらいたい」。



「日本のライバルが練習妨害」キムヨナ選手主張と韓国TV 読売新聞
読売新聞 2009年3月15日03時13分

 【ソウル=前田泰広】韓国のテレビ局SBSは14日夜、フィギュアスケートの浅田真央選手の最大のライバルとして知られる韓国の金妍児(キムヨナ)選手が、「競争相手の選手に試合直前の練習を妨害された」などと話したと報じた。

 選手名は挙げていないが、SBSは、金選手のコーチが日本人選手の妨害行為に抗議したこともあるとしている。金選手の批判が日本人選手に向けられたものだとすれば、物議を醸しそうだ。

 SBSは、金選手が試合直前にジャンプを練習しようとすると、「進路に他の選手が入り込んだ。いつも日本人選手だった」と指摘。金選手は2月にカナダで行われた四大陸選手権に触れ、「(妨害が)ひどいと感じた」と批判した。



金妍児の練習妨害報道、スケート連盟が韓国に調査要請 読売新聞
読売新聞 2009年3月19日23時05分

 フィギュアスケートの金妍児(キムヨナ)(韓国)が過去の国際大会の練習中、日本選手に進路を妨害されたなどとする韓国メディアの報道について、日本スケート連盟は19日、韓国スケート連盟に対し、報道内容についての調査を求める要望書を提出した。

 また、国際スケート連合(ISU)に対しても同日、報道への見解を問う文書を提出した。

 日本スケート連盟によると、韓国側からの直接の抗議や、ISUからの警告はこれまでないという。同連盟の常山正雄専務理事は「日本選手が意図的に妨害した事実はなく、今回の報道には大変困惑しているし、遺憾」としている。
 


■日本スケ連、韓国スケ連へ調査要求。国際スケ連へ報告も。

韓国連盟にキム・ヨナの事情聴取を要求…日本スケート連盟
スポーツ報知 2009.03.20

 女子フィギュアスケート・浅田真央(18)=中京大中京高=のライバル、金妍兒(18、キム・ヨナ)=韓国=が2月の四大陸選手権での試合直前の練習中に日本選手から進路妨害を受けたと、韓国メディアが報じたことに対し、日本スケート連盟は19日、金への直接の事情聴取も含め、事実関係の調査と解明を求める文書を韓国連盟に提出することを都内理事会で決め、同日、送った。

 発端は韓国のテレビ局SBSが14日に報じた金のインタビュー。韓国国内で波紋が起き、週明けの16日からは日本連盟の事務局に日本のファンから「選手も守れないのか」「なぜ抗議をしない」など毎日メールで50通以上、電話で約20件の抗議が殺到し日本連盟も看過できなくなった。一連の騒動は、国際連盟(ISU)に報告することも決定。理事会では「日本の選手が意図的に妨害行為をした事実はない。韓国連盟、金選手から抗議を受けたり、ISUから警告を受けた事実もない。大変困惑しており、遺憾である」とする異例の声明も発表された。

 23日には2010年バンクーバー五輪の国枠を争う世界選手権(米ロサンゼルス・ステープルズセンター)が開幕する。大一番を前に、土俵外でボッ発した因縁に、吉岡伸彦強化部長は「日本選手の名誉にかかわる。韓国連盟には金選手への事情聴取も含め世界選手権前に、事実を明らかにしてほしい」と話した。


■浅田選手、会見で故意の妨害を明確に否定

真央ちゃんが出発、故意の妨害は明確に否定
産経ニュース 2009.3.23

 フィギュアスケート世界選手権(24日開幕、ロサンゼルス)で連覇を目指す浅田真央(愛知・中京大中京高)は23日、関西空港から渡米した。当初は成田発の予定だったが、貨物機炎上事故の影響で変更した。

 「朝、(中京大の)リンクで練習した後、テレビで事故のことは知りました」。事故が自宅のある名古屋を出発する前で、現地での練習もスケジュール通りに行えることがわかった。「(動揺は)自分の気持ちの中ではありませんでした」という。

 金ヨナが日本選手に妨害されたとの韓国の報道については、「このジャンプをしないと、とかで頭がいっぱいになる。自分のことで必死」と練習中の配慮の難しさを説明。ただ、故意にほかの選手の邪魔をしたことはないと断言し、「人がジャンプしようとしているときはよけている。それはみんな、ちゃんと分かっている」と話した。

 妨害ニュース1


■妨害報道の黒幕はヨナ母か?
20090425172944235.jpg

■威嚇ビールマンスピン(2007世界選手権公式練習)

女子最終公式練習 - 真央VS.キム・ヨナ、闘争心むき出し? のスピン対決
マイコミジャーナル 2007.03.24

[こぼれ話 キム・ヨナ、真央に余裕のレイバック挑戦]
この日の練習は滑走順に、キム・ヨナ、浅田の順に曲をかけて演技をしていた。他の選手の曲が流れている最中でもジャンプやスピンの練習はできるのだが、浅田はキム・ヨナを意識したのか、彼女の曲がかかっている間はジャンプ1つせず、ひたすらリンクをゆっくりとまわっていた。ときおり、キム・ヨナのほうを見るが、それはほんの一瞬。すぐに前を向き、ずっと歩くように回り続けた。続いて浅田の曲の順になると、いつものように練習を開始。対して、キム・ヨナは浅田を気にしている様子は全く見られず、マイペースで調整を行っていた。
しかし、浅田が最後のレイバックスピンを回っていると、キム・ヨナがそのすぐ近くにやってきた。そして、浅田に合わせるように同じようにレイバックスピンを始めるではないか! まったく同じようなビールマンスピンの体勢に観客はどよめき、一緒に練習していた他の選手もその様子に見入っていた。このハプニングは偶然なのか、意図的なのか。その心中はキム・ヨナ本人にしかわからないが、明らかにフリーへむけての心理戦が始まっていることを感じさせた一瞬だった。

Snap779.jpg

浅田選手も隣の選手も、異様な空気に「ん?何?」という表情ですね
Snap778.jpg

浅田選手の極上ビールマンと並んだら見劣りすることは頭になかったのでしょうか
威嚇のつもりが「自爆」になってるような(笑)
Snap777.jpg

■2008FESTA ON ICE練習中サラ・マイヤーと衝突。なぜ笑う?
マイヤー衝突1

■エストニアのグレボワ選手が妨害した!という報道

【冬季五輪】エストニア選手がキム・ヨナの練習を妨害?
中央日報 2010.02.22

 オリンピック(五輪)フィギュア競技のショート(24日)を控え、22日にカナダ・バンクーバーのパシフィックコロシアムで公式練習をしたキム・ヨナが、エストニアの選手から練習妨害を受けたという主張が提起され、ネットユーザーが興奮している。

こうした主張を提起したのは、フィギュア選手クァク・ミンジョンのコーチとして参加した大韓スケート競技連盟のチョン・ジェウン理事。 チョン理事は22日、公式練習が終わった後、一部の記者らに「エストニアのエレーナ・グレボワ選手が特別に大きな動作で他の選手を危険を感じさせた」とし「キム・ヨナの進路を妨害し、何度もぶつかりそうになった」と伝えた。

幸い、グレボワは24日の競技で4組に入り、23日には別々に練習することになる。

(注釈)
この動画は発見できませんでしたが、見たことのある方のブログでは
「ジャンプしようとするエレーネを後ろからニヤリとしながら、足でひっかけています。」
と書かれてました。本当なら悪質ですね。

エレーナ・グレボワ選手
Snap802.jpg

■村主章枝選手が妨害した!という報道

日本の村主章枝、キム・ヨナの練習妨害論難(韓国語)
朝鮮日報 2009.11.15

村主章枝(日本)がキム・ヨナの練習を妨害したという主張が提起されて論難になっている。

一部ネチズンたちはキム・ヨナが14日米国レークプラシッド1980リンクでリハーサルをする姿が含まれた8分20秒の動画を公開した。この動画で映画 007シリーズの音楽に合わせて演技をするキム・ヨナがターンをして出る瞬間、村主とぶつかる所だったドキッとする場面が登場する。

ネチズンたちは村主がキム・ヨナのテーマ音楽が流れる中でキム・ヨナの移動が予想される地点に走って行って衝突するところだったと練習妨害疑惑を提起している。

村主はその後にも数回キム・ヨナの周囲に登場した。一部ネチズンたちは故意ではないとしても疑心を持たれる様な行動だと指摘した。

 2009111500611_0.jpg

■バンクーバーオリンピックで「鐘」の曲かけ中リンクを占領するキムヨナ

キムヨナのひどすぎる練習妨害 バンクーバー直前公式練習にて


「鐘」が掛かってるので、浅田選手が優先。
なのに堂々とリンク中央を占領し、ステップのところでは浅田選手が進路を譲っています。
最後に浅田選手がキムヨナへ一瞬視線を向けますが、
その表情から、ストレスを感じていたことが伺えます。


■キムヨナの他選手への妨害の数々

中野選手の曲かけ中に進路を横切る
bou52.jpg

これは確かにキムヨナ選手の曲かけ中でした。が、騒ぎすぎでは…
Snap794.jpg

長洲未来選手の曲かけ中にジャンプの軌道に正面から進入。長洲選手が譲る。
Snap795.jpg

この2枚は、リンク逆走写真です。1人逆方向に滑ってるのがキムヨナ。これは危険行為。
Snap796.jpg
Snap798.jpg

バンクーバーオリンピックで、
エレーナ・ゲデバニシビリ選手のジャンプの軌道に入り、転倒させています。
Snap799.jpg
Snap800.jpg
Snap801.jpg

邪魔された!と大げさなリアクションですが、安藤選手の曲かけ中ですから…
あとの睨み方と、不敵な笑いが怖い。上手く被害者のふりができたとでも…?
Snap788.jpg
Snap789.jpg
Snap790.jpg
Snap791.jpg
Snap792.jpg
Snap793.jpg

■参考リンク(もっと詳しく知りたい方へ)

キム・ヨナ「日本選手が妨害」 韓国で日本大バッシング
J-CASTテレビウォッチ2009.3.17
日本選手バッシングの韓国マスコミ ヨナ「200点越え」で一転大はしゃぎ
J-CASTニュース2009.3.30

韓国の至宝キムヨナの練習妨害・邪魔まとめ@ ウィキ 誰なの?誰がやったの?

「フィギュアスケートを死なせたくない」様のブログ
・キムヨナ選手 危険な妨害行為の数々まとめ 1
・キムヨナ選手 危険な妨害行為の数々まとめ 2
・キムヨナ選手 危険な妨害行為の数々まとめ 3 オリンピック

■2009四大陸選手権での妨害騒動についての選手・先輩方のコメント

浅田真央選手
「このジャンプをしないと、とかで頭がいっぱいになる。自分のことで必死」
「人がジャンプしようとしているときはよけている。それはみんな、ちゃんと分かっている」

渡部絵美さん
「練習はジャッジの見ている前でするから妨害するメリットは全く無い。
 世界選手権が近いのでキム・ヨナ選手も気が立っていたのでしょう」

伊藤みどりさん
「ぶつかること自体しょっちゅう。日本相手だから韓国メディアが過剰反応している」

ジョアニー・ロシェット選手
「誰もわざと邪魔したりしません。
 練習では狭いリンクに6人もの選手がいるのだから試合前の6分間練習のうち
 ただの1分も自分だけのものにすることは出来ない」

キムヨナの母・朴美姫(パク・ミヒ)は、こんな教育をしていたそうです。

「ヨンアよ、堂々と背筋を伸ばして行きなさい。視線がぶつかっても、
 目をそらさずにまっすぐ見返しなさい。端っこに寄らずに真ん中に行きなさい。
 最初に気合勝ちしなさい、気持ちで負けたらダメだよ!」

ある意味正しい教えだと思うのです。
でもそれも度をすぎると、こんなふうに妨害発言になってしまったり、
相手を憎んだりするようになってしまうのかも知れません。

無防備で悪意のない浅田選手に向けられる視線は何を語っているのでしょう
威嚇写真1威嚇写真2


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/02/13(日) 23:36:50|
  2. 言動|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。