ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

浅田真央の軌跡2009-2010⑥世界選手権

2010年世界フィギュアスケート選手権 (イタリア・トリノ開催)
2010年3月22日-28日


金:浅田真央
銀:キムヨナ
銅:ラウラ・レピスト

fd379df5f18109933ab407c7efae18d3.jpg

(動画が多いので重くてスミマセン)

これはもう、フィギュア初心者の私でも怒りでわなわなしたことを思い出します。
スピンもスパイラルも、要素さえこなせずにSP7位も不思議ですが、
なんといってもFSでキムヨナが1位に立ったこと…未だに釈然としません。

彼女はジャンプ1つすっぽ抜かした。
別のジャンプでは無様な格好で尻餅もついた。
すぐに演技に戻るやる気も見せず、尻の氷をポンポンはたいてしぶしぶ演技に戻った。
そんなやる気のない演技だった。

浅田選手は、彼女の跳べない難しい技を2回も決め、他のジャンプも全て成功。
終始気迫のこもった演技で、自分の世界に観客を引き込んだ。

より難しい技で、ノーミスで滑っても、
簡単な技で尻餅&すっぽ抜け&やる気もない選手に勝てないとは。


浅田選手のSPと、FS2つ目の3Aダウングレードが、私には何回見てもわかりません。

キムヨナは、抜けた以外のスピン・スパイラルはまたも全てオールレベル4。
FSのジャンプのGOEが大サービスとなっています。

キムヨナのジャンプGOE
ジャンプGOE
3Lz-3T2.20
3F2.00
2A-2T-2Lo1.40
2A-3T2.00
3S(転倒)-3.00
3Lz1.40
A(すっぽ抜け)0.00
GOE合計6.00

浅田真央のジャンプGOE
ジャンプGOE
3A0.60
3A<-2T-0.48
3F-2Lo0.20
3Lo0.80
3F-2Lo-2Lo0.00
3T1.00
2A1.40
GOE合計3.52

キムヨナは、降りたジャンプは、全て1.40~2.20の加点がつきます。
浅田真央は、最高が1.40。中には0.00も。ほとんど0点台です。


また、2つ目の3Aがまたしてもダウングレードの上にGOEは▲0.48
9.5もらえるはずが、4.32しかもらえてません。これは酷い。


このジャンプに対する世界の解説は、下の動画に証拠として残ってます。

フィンランド「昨日同様、男前な3Aです。たとえ昨日点がもらえなかったとたとしてもね」
ラジオカナダ「3A!続いて2T…素晴らしい!!!」

解説者が、興奮している様子が伝わります。
この感動を、ジャッジが簡単に踏みにじってしまってます。

この2人の採点表を見ていると、はっきりわかることがあります。

キムヨナは、一見ミスがわからなければ、盛れるだけ盛る。
浅田真央は、世界の解説者が賞賛したほどの出来でも、不当なダウングレードと低いGOE。

これはあからさま過ぎるでしょう。


海外では、こんな風刺画まで発表されました。

20100630175817f1b.jpg

転んでも高得点ということを皮肉って風刺画まで登場してるというのに、かの国の報道は、
「みすぼらしい浅田真央、神の助けがなければキム・ヨナの228.56点を破ることは不可能なのだ」
となってしまうのですから、開いた口が塞がりません。

今日は、動画をあえてたくさん並べました。
フィンランド・ユーロスポーツ(英語)・ラジオカナダ(仏語)、
海外のどの解説もいずれ劣らぬ素晴らしい解説をしているからです。
時間の許す方は、ぜひじっくりご覧ください。

この世界の賞賛が、真央ちゃん自身に届いてますように…と思います。



浅田真央

SP ♪仮面舞踏会 浅田真央19才 振付:タチアナ・タラソワ

フィンランド解説


ユーロスポーツ(英語解説)


FS ♪鐘 浅田真央19才 振付:タチアナ・タラソワ

フィンランド解説


ラジオカナダ(フランス語解説)


EX ♪カプリース 浅田真央19才 振付:タチアナ・タラソワ

フィンランド解説




キムヨナ

SP ♪『ジェームズ・ボンド』より キムヨナ19才 振付:デヴィッド・ウィルソン


FS ♪『ヘ調の協奏曲』より キムヨナ19才 振付:デヴィッド・ウィルソン


EX ♪タイスの瞑想曲 キムヨナ19才 振付:???




2010世界選手権公式結果

総合結果
Snap678000628.jpg

ショート
Snap754.jpg

フリー
Snap755.jpg



この発狂したとしか思えない採点に、世界は仰天しました。
詳しくは過去記事へ→「ヨナ、世界中から猛批判」…その世界の様子と韓国の裏工作

(クリックで大きくなります)
20100401012244676.jpg

猫でも驚く異常採点だというのに、さらに驚いたのが、キムヨナの行動。
上の動画では映ってませんが、この写真をご覧ください。
フリーで1番となり、尻餅もすっぽ抜けも恥じもせず、大喜び。
のちの記者会見では、「でも、フリーは私が一番だから」とまで語っています。


2010世界選手権1

これは、フリーの採点の後の長洲未来選手の様子です。
SPでは素晴らしい演技で1位だったのですが、FSで失敗が続き、FS11位に…。
でも、これが本来の素直な表現でしょう。
高得点に無邪気に喜び、失敗すれば肩を落とす。
こういうリアルな感情が伝わる選手は、応援しようという気持ちにもなります。


Snap267.jpg

FSでの失敗も、キムヨナと大差ないと思うのですが、キムヨナはなぜフリー1位?
採点表を見ると、キムヨナの転倒は、回りきっての転倒とされ基礎点は4.95もある。
一方、長洲未来選手の転倒は、ダウングレードの転倒とされ基礎点は0.50。
私の目からすれば、どちらも同じようなタイミングで転倒してるのですが…意味不明です。


長洲未来選手の演技も、ご紹介しておきますね。

長洲未来 世界選手権2010 SP


長洲未来 世界選手権2010 FS




試合後の記者会見でも、非常識な行動が話題を呼んでましたが、
今回は、試合後に出演したTV番組と、試合後のインタビューをご紹介します。
(記者会見後の非常識な行動は→「ヨナ、世界中から猛批判」…その世界の様子と韓国の裏工作




終わってから、自分が試合に出たのか練習だったのか…虚脱して呆れてしまったわ。
自分がやったんだけど…情けない(笑)まともな状態じゃなかったみたい。

この試合に出る前、出るかどうか迷った末、決意して出たのに、
初日にあんなふうになっちゃって…なんで出たんだろうって。
それで、控え室に戻った瞬間、「私、出ないって言ったじゃない!」って。

そう言いながらも(ため息)出なければこんな目にあわなかったし、
マジで何しに出たんだろう(無駄に出た)これ…

その時クァク・ミンジョン選手もミスしたの。
だから「ミンジョン、お前、私と戦う?」
誰か捕まえて喧嘩したい心境だったから。

何故世界選手権に出たか?の質問に、「前から出ることは決まってた」
バンクーバーでメダルを取った選手がほとんど休んでいることを話す。

ああ、あの選手たちは今頃遊んでるだろうに、
私はこの試合のためにまたトレーニングしなければならないと思ったらゾッとして、
何故か悔しい思いのためにたくさん悩んだし、頭が爆発しそうだったわ


棄権したほうがマシなんじゃないかという考えをフリーの直前まで消せなかったわ。
もう出来ないと思ったら、途中でやめて出て行こう。
自分が泣きながら「もう出来ない」と(笑)
コーチのところへ行って「私、本当にできないわ!」と
観衆に挨拶して退場する姿まで考えたの。

今まであまりにも1等ばかりしてきたので真ん中に立つ癖が…ハプニングがあったでしょう?

写真撮るからここに立てと言われてパッと立ったんだけど、
私は、ただそこに立ったのか、それ以上…そこまでよく思い出せなくて、
急にカメラマンガ「君、こっちに寄りなさい」と(笑)真央にすまなかったわ
その日の主人公は真央なのに、私が迷惑かけちゃったみたいで…私も、だから
「私…これマジで習慣になってた?」瞬間的にそんなことを考えて、
カメラに撮られて、私も驚いて…悪かったわ。




オリンピックが終わってまた競技に臨むのが怖かったです。
ジャンプ以外の要素でこれほど出来なかったことはないし、私も面食らったみたいです。
どうしてこうなったのか、私にも分かりません。

ジャンプの失敗はよくあることなので、3Fで失敗した後も動揺しませんでした。
ただスピンの演技をしながら、とても力が入ったのを感じて慌てました。
最後まであきらめないようにしたのに、どうしようもない失敗が続いてしまいました。

(体に)痛いところはありませんでした。
ただ足がぐらぐらしていたみたいです。特に左足を突くときに、そうなりました。
ウォーミングアップの時も調子が良かったのに、
私にもどうしてこんな失敗をするのか理解できません。

私が(失敗)するなんて、呆れるなぁ!

点数は予想できませんでした。3Fをダウングレードされるなんて考えられなかった。
(世界選手権)大会を前にして、きちんと練習したのは一週間にもなりませんでした。
先週までスケートをするのが嫌で、ぶらぶらしてました。

私には持ってるもの(実績?)があるから、うまくやれるものだと思っていました。

今日のことは忘れようと思います。
明日も時間は充分にあるし、他の大会でも失敗したことはたくさんあります。
経験があるから、今回もうまく打ち勝ちます。

この方、この大会でも舌出し写真が…。
2010世界選手権

そして浅田選手はいつでも颯爽(さっそう)としてますね~
69.jpg


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2011/02/10(木) 23:55:59|
  2. 軌跡2009-2010|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。