ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

NHKは日本の文化を尊重してほしいと思います

ほんの数日前の11/16、NHKで放送された番組ですが、
タイトルが「韓国アイドル旋風の舞台裏」。

なんか不気味なんです。

国営放送であるはずのNHK。
日本国民の私たちが、受信料を払ってまで、
どうして韓国ブームを煽る番組や韓国人を見なければならないのでしょうか。


ウィキペディアによると、
『NHKは国が直接運営する国営放送や広告(コマーシャル)を
主な収入源とする民間放送と区別して公共放送とされている。』
ということなので、正確には国営放送ではないようなのですが、
感覚としては国営放送と捉えています。


韓国アイドル旋風の舞台裏 (NHKクローズアップ現代)

今年、日本でデビューした新人のCDセールス1位から3位までを、韓国の女性グループが独占することになる見込みだ。今、“K-POP”旋風が日本だけでなくアジア全域を席巻している。K- POPの強さの背景には、デジタル時代に対応し、巨大企業化した芸能プロダクションと、コンテンツを家電などと並ぶ輸出産業の柱と位置づける国の戦略がある。今回、特に人気の高い「東方神起」や「少女時代」を擁する、韓国最大の芸能プロダクションS.M.エンタテインメントの新人発掘・養成の現場に初めてテレビカメラが入った。その中で、絶大な人気を誇り、現在活動休止中の東方神起のリーダー、ユンホの単独インタビューも決行。デジタル時代に必須のライブパフォーマンスを徹底的に身につけるため、長期間のトレーニングを受ける練習生たちの様子を取材した。こうして育てあげられたK-POPのアーティストたちは、ただ音楽シーンで活躍するだけではない。他の産業と結びつき、経済をも牽引しようとしている。一方、日本も、韓国の勢いに押される形で、音楽など文化コンテンツをビジネスに展開していこうと動き始めた。K-POP旋風の舞台裏、そして翻って、日本のコンテンツ戦略の今後を探りたい。

NHK1NHK2


NHKも電通の傘下に入ったという噂は聞いたことがありますが、
実際にこんな特集が組まれるようになると、穏やかではありません。
今年の紅白歌合戦には、韓国グループが複数出る可能性があるとかないとか…。
紅白は、退屈でも演歌が流れてるほうがいいな(トシのせいもあるかもですが)。

そういえばNHKは、この夏にも不自然な世論調査を発表しました。

日本では、韓国に好感を持つ人が「60%」を超えたのに対して、
韓国では、日本に好感を持つ人は「28%」でした。

「相手の国で思い浮かぶ人物」として、
浅田真央(3位)、キムヨナ(6位)の名前も登場しています。


という内容のものです。


NHK ニュース7 (2010.8.5放送より)

NHKと韓国のKBSテレビは
日本による韓国併合100年にあたる今年、初めて共同で世論調査を行いました。

1008831.jpg 1008815.jpg
1008839.jpg 1008822.jpg

10ko188749.jpg


ちなみにNHKとKBSの住所は同じです。
NHKビルの中に、KBSが入居しているようですね(・・;)

・NHK(日本放送協会)渋谷区神南2-2-1
・KBS(韓国放送公社)渋谷区神南2-2-1 NHK東館710-C

それから、最近の韓国煽りが目に付くのは、フジテレビも同じです。
下に3つご紹介しますが、特に気持ち悪いのが、最初のニュース。

フジテレビと韓国MBCの会議の模様なんですが、
机の上には日本の国旗と韓国の国旗が飾られています…(・・;)

さらに会議の内容は、「K-POP」やドラマなど、日本でも人気のある韓流コンテンツ
などでの協力具体策について話し合っている
、というのですから…。

今でさえ毎朝、求めもしないK-POPをTVから垂れ流されてるというのに、
これがさらに強化されてしまうんでしょうか…。


フジテレビと協力関係にある韓国MBC、東京・台場のフジテレビ本社で定期協議(FNNニュース 2010.11.16)

フジテレビと協力関係にある韓国のテレビ局・MBC(韓国文化放送)との定期協議が、16日、東京・台場のフジテレビ本社で行われている。
フジテレビとMBCの協力関係は40年の歴史があるが、16日の協議では、制作や報道の責任者同士が、「K-POP」やドラマなど、日本でも人気のある韓流コンテンツなどでの協力具体策について話し合っている。
また、世界的にメディアの多様化が進み、放送を取り巻く環境が劇的に変化する中で、日韓両国のメディアが共同で取り組み、シナジー効果が得られるテーマについても意見を交換している。

フジテレビ2


そして実際に、フジテレビの韓流化が加速しているのが、連日のニュースでわかります。
番組の中に韓流登場枠を設けたり、韓流アイドルがMCを取るような番組まで。


少女時代やKARAに似ている一般人募集 (中央日報2010.11.04)

少女時代、KARAなど韓国女性グループの韓流熱風が日本の地上波フジテレビ37年伝統の番組に韓流フォーマットを追加させた。1973年から新年特集などに毎年1~2度放送されるモノマネ番組が2011年新年特集に韓流スターに似た韓国人を出演させる。

今年まで日本人出演者で構成してきたが、2011年には韓流スターに似た韓国人も出演させることにした。少女時代、KARAなど女性グループが主導した韓国アイドルグループ熱風から始まった現象だ。

番組の韓国人出演者渉外を担当するテラプロダクションのペ・ジョンファコーディネーターは「少女時代、KARAなど韓国女性グループ効果で、日本でK-Pop市場が大きく広がった。2011年を迎え、こうした状況を反映する番組にする」と明らかにした。続いて「少女時代、KARAはもちろん、東方神起、BoA、ビッグバンなどK-Popを主導する韓流スターに似た人が対象だ。これらのヒット曲を「紅白歌合戦」形式のステージ歌う形式になる。

テラプロダクションは11月に入り、電子メール(unibjh@nate.c*m、2003a*nie@naver.com)を通じて出演申し込みの受付を始めた。11月中に出演候補者選定をし、1カ月間、歌および振付準備時間を経て来年1月ごろ、東京フジテレビのスタジオで行われる撮影に参加する。撮影期間中、航空・宿泊を含む日本滞在費は全額フジテレビで支給する。

一方、今年の年末に放送される「紅白歌合戦」に少女時代やKARAなど韓国女性グループの出演の可能性が高まっている。

201011041454481.jpg




‘日本進出’カラ,日地上波音楽放送MC抜擢…‘快挙’ (ソウル新聞NTN(韓国語)2010-11-03)

日本進出に出たガールグループ・カラ(KARA)が日本の地上波音楽放送の固定MCに抜擢された。

KARAの所属会社のDSPメディア側は3日「KARAがフジテレビの音楽プログラム『魁!音楽番付』の固定MCとして出て日本での活動に拍車を加えることになった」と伝えた。

「魁!音楽番付」はトークショーが加味された音楽放送で、KARAはプログラムのオープニングとエンディングを担当するMCとして活躍する予定だ。デビュー3ヶ月の新人グループのMC抜擢は日本の歌謡界でも非常に異例なことだ。

これに対し所属会社側は「プログラム全体の進行は韓国での活動との並行が難しいと判断し、部分的な出演を決めた」とし、「放送だけでなくCFのラブコールも続いている」と説明した。

一方、KARAは日本で二番目のシングル「ジャンピン」を発表したのに続き、来る24日に日本で初めての正規アルバム「ガールズトーク」を発表して韓流熱風を続けていく予定だ。

ソウル新聞NTN チョン・ソル記者

20101103_1288771908_2.jpg


そしてフジテレビとMBCの住所も…やはり同じでした。

・MBC(韓国文化放送) 〒135-0091 東京都港区台場2-4-8 18F
・フジテレビ         〒137-8088 東京都港区台場2-4-8 


NHK、フジだけでなく、日本のマスコミはTV局・新聞社ほとんどがこのパターン。
調べてみると、こんなにたくさん、同じビルで仕事をしているのですね。
テレビ朝日だけ、ちょっと情報が見つかりませんでした。

日韓マスコミ住所一覧

■韓国文化放送(MBC) 
 〒135-0091 東京都港区台場2-4-8 18F
■フジテレビジョン   
 〒137-8088 東京都港区台場2-4-8


■韓国聯合TVNEWS(YTN) 
 〒105-0000 東京都港区赤坂5-3-6
■TBSテレビ
 〒107-8006 東京都港区赤坂5-3-6


■韓国SBS
 〒105-7444 東京都港区東新橋一丁目6番1号 日テレタワー20F
■日本テレビ本社
 〒105-7444 東京都港区東新橋一丁目6番1号


■韓国放送公社(KBS)
 〒150-0041 東京都渋谷区神南2-2-1NHK東館710-C
■NHK放送センター
 〒150-8001 東京都渋谷区神南2-2-1


■朝鮮日報
 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 4F
■毎日新聞東京本社
 〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1


■韓国日報
 〒100-0004  東京都千代田区大手町1-7-1 8F
■読売新聞東京本社
 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1


■東亜日報
 〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2
■朝日新聞東京本社
 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2


■京郷新聞
 〒100-0004 千代田区大手町1-7-2
■産経新聞東京本社(サンケイスポーツ、夕刊フジ、日本工業新聞社)
 〒100-8077 千代田区大手町1-7-2


■聯合ニュース(韓国) 
 〒105-0021 東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー
■共同通信社
 〒105-7201 東京都港区東新橋1丁目7番1号 汐留メディアタワー



なんか、一年前は、のほほ~んと暮らしてきた私ですが、
最近はちょっと不自然に感じたことを、調べれば調べるほど、不気味な感じがします。

今日の記事にしたって、K-POPアイドルの写真を貼るだけで…
記事にUPするために自分のPCに保存するだけでも、なんか…
それを自分の記事に貼り付けるときも、なんか気分が悪いというか。

別に、K-POPアイドルの存在を否定するつもりはないんですが
(ゴリ押しのマスゴミは嫌いですが)、
自分の思い入れたっぷりのブログに、自分の好きでないものを貼るというのが、
とてもしっくりこないものだなぁ、と感じた次第です( ̄へ ̄|||) ウーム


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2010/11/19(金) 01:51:35|
  2. 保守|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。