ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

真央ちゃん、お疲れ様!NHK杯FP

NHK杯フリー、フリーが終わりましたね。
まずは真央ちゃん、お疲れ様。ほんとうに。

2010NHK杯フィギュア 浅田真央 フリー ♪愛の夢(リスト)



何も言えません。
ただ座って観てるだけの自分に、
世界女王の立場に甘んじず、さらに上を目指すという人の思いがどんなものか、
想像すら及びません。

自身が強く望んだことなら、応援する側は、そっと見守っていくしかない。
ありのままの浅田選手の姿が、今ここに刻まれました。
それは、目指す極みに到達する道のりの、ほんの通過点に過ぎません。
今は辛いと思います、ほんとに。

でもやまない雨はないと思って、夢を見失わないでと願うばかりです。

ほんとに、真央ちゃんに対して、祈ったり願ったりばかりの私って…。
神様仏様でもあるまいし(笑)
(でも一部でその説もあり、実はちょっと共感してたり)

自分が何も成し得てないから、
高みを目指すまっすぐな姿勢にあこがれるのかも知れません。

早速上がってきた映像から、印象的な表情やポーズを切り取る作業…。
以前UPした映像が、ところどころ削除されていってるので、
少しでも残しておきたくてこんなことをやってますが、
動きも仕草もとてもきれいなのに、表情を切り取ると悲しそうで…。

NHKFP17 NHKFP1
NHKFP2 NHKFP3
NHKFP5 NHKFP7
NHKFP8 NHKFP10
NHKFP11 NHKFP15
NHKFP13 NHKFP14

私は、シーズンの最初から選手を応援するのは、これが初めてです。
昨日のショートの前も、30分くらい前から、心臓がドキドキしてきて、
自分が演技をするわけでもないくせに、物凄く緊張しました。

浅田選手は、シーズン序盤は不調でも、
最後には必ず結果を出すし、結果を出さなかったことはほとんどないと聞きます。

また、ジャンプの矯正も、これまでいろんな選手が取り組んできて、
今日ざっと調べただけでも、安藤選手も、キャロライン・ジャン選手も、
アシュリー・ワグナー選手も、ジョアニー・ロシェット選手も、
矯正中は不調でも、矯正は吉と出ているらしいので、
芯のぶれない浅田選手なら絶対大吉ですよ(o^-^o)
そのためには、辛くても今が踏ん張りどころなんでしょう。

また、ジャンプの矯正がどれだけ大変か、どれだけ時間がかかるのか、
ロシェット選手のインタビューを見つけました。

「3回転を跳べるようになった後、15歳のころにルッツの踏切を直した時がそれに当たるかもしれないですね。それまではフルッツ(アウトサイドで踏み切るべきルッツを、インサイドで踏み切ってしまうジャンプ)だったんです(苦笑)ルッツを踏み切るのになれるまでにまるまる2年かかりました。15歳から始めて、できたのは17歳の時。17歳でちゃんとできるようになって本当に良かったです。17歳という年齢は、エッジを直すのにはちょっと遅いから」

若い選手でも、ルッツひとつ直すのにこうやって2年がかりだったというのですから、
20才の選手が矯正に踏み切るというのは、どれだけの覚悟を必要とするか、
浅田選手本人が一番よくわかっているのだと思います。
その決心は尊重したいし、尊敬します。

ひとつのジャンプだけでなく、ジャンプ全般を見直してると思うので、
大手術を行っているようなものではないかと想像します。

トップ選手でありながら、自分を甘やかさない。
真のアスリート、浅田選手を応援します。


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2010/10/23(土) 22:20:40|
  2. 軌跡2010-2011|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。