ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

桜田淳子2/4・淳子ちゃんスマイル炸裂

淳子ちゃんと言えば、まず思い出されるのが笑顔。
あたりまでパーッと照らしてくれるような幸せオーラを感じます。

1974・十七の夏
1975・夏にご用心
1976・気まぐれヴィーナス

このあたりは、夏には淳子ちゃんの笑顔は風物詩にもなってました。
超ミニスカートにご本人も照れてましたが、
笑顔が健康的なので、いやらしさはまるでなかったですね~。

『1975年オリコン・シングルレコード売り上げ年間第1位、
 ブロマイドや各種人気投票でも女性歌手部門で1位になるなど、
 文字通り1970年代を代表するトップアイドルのひとりであった。』

↑はWikipedia(桜田淳子)情報ですが、
ブロマイド、っていうのも懐かしい響きですね。

はじめての出来事 by 桜田淳子 1974年



十七の夏 by 桜田淳子 1975年



夏にご用心 by 桜田淳子 1976年



ねぇ!気がついてよ by 桜田淳子 1976年


気まぐれヴィーナス by 桜田淳子 1977年



サンタモニカの風 by 桜田淳子 1979年





今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2009/11/18(水) 16:42:12|
  2. 70年代|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:2
<<桜田淳子3/4・憂いのある曲も似合ってた | ホーム | 桜田淳子1/4・ショートカットの少女時代>>

コメント

「きて きて きて きて サンタモニカ~♪」
行ってきましたよ^^b
「サンタモニカの風」のサンタモニカはココなのか~って
思いながら、歌ったような歌わなかったような(笑)

「十七の夏」…今じっくり歌詞を聞くと、かなり、きわどいですね(〃▽〃)
何も考えずに歌えた小・中学の頃♪

サンタモニカの風 辺りから淳子ちゃんが
急に大人っぽくなったように感じたのですが
石ころさんはどうですか?
  1. 2009/11/18(水) 23:34:05 |
  2. URL |
  3. 綾生 #Ft3TIMbI
  4. [ 編集]

綾生さんへ

いいなぁ~。サンタモニカに行ったことあるんですね!
(私は日本から脱出したことありません)

「気まぐれヴィーナス」も、意味深な歌詞にドキッとします。

私も「サンタモニカ」の頃の淳子ちゃんは、
アイドルというより大人の女性として見ていた気がします。
このわずか2年後の「化粧」で、ぐんと大人っぽくなりましたしね!(・。・)b
  1. 2009/11/19(木) 01:16:09 |
  2. URL |
  3. 石ころ #yvBQfOFE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。