ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

野口五郎

御三家ラストを飾るのは、野口五郎さんです。

それにしても、御三家のみなさん、息が長いですね。
野口五郎さんの「青いリンゴ」が1971年ということは、今から38年前…。
私がまだ小学1年生(もしかしたら幼稚園の年長組)の頃…w(゚ o ゚; )w オオー!
今当時の映像を見ても、そんなに古さを感じないのに、
38年も経ってるとは…感慨深いものがありますね。

五郎さんが1971年。秀樹もひろみも1972年デビュー。
みんなほんとに長年頑張ってるんですね!

さて、五郎さん。

五郎ちゃん!と呼びたくなるほど、親しみやすいキャラクターがいいですね。
カックラキン大放送でダジャレ連発してた時代が微笑ましく思い出されます。

ヒールの高い靴で短足をカバーしてるというのも、
ネタなんだかほんとなんだか…これも憎めないところです(笑)

小さい頃から歌が上手く、ちびっこのど自慢などでいくつも優勝。
デビュー曲が「博多みれん」という演歌だったことも有名ですね。
曲は聴いたことがないのですが…^^;

2曲目からはポップス歌手に方向転換。
「青いリンゴ」がいきなりヒット。
「オレンジの雨」という曲もあるように、
初期の五郎さんは、さわやかなフルーツの香りです(笑)

「甘い生活」と「私鉄沿線」が、最も代表的な曲ではないでしょうか。

その前後の「君が美しすぎて」「針葉樹」も珠玉のメロディーですが、
この2曲の世界観がとても強く印象に残っています。

2曲とも、愛が終わりそうだったり、愛が終わったあとの切ない気持ち。
五郎さんの悶えるようなあの熱唱法がグッとくる名曲ですよね。

UPしたい曲が多すぎて、ブログが重くなるのが気になるので、
サイズを半分にしてみたんですが…どうでしょう?
あとで郷ひろみのも半分にしてみよう。
これで軽くなるのかな(・・;)

青いリンゴ by 野口五郎 1971年   



オレンジの雨 by 野口五郎 1973年



君が美しすぎて by 野口五郎 1973年



甘い生活 by 野口五郎 1974年



私鉄沿線 by 野口五郎 1975年



針葉樹 by 野口五郎 1976年



グッド・ラック by 野口五郎 1978年



19:00の街 by 野口五郎 1983年





今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2009/11/08(日) 13:24:31|
  2. 70年代|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:4
<<森昌子 | ホーム | 郷ひろみ4/4・バラードに名曲多し>>

コメント

野口五郎の曲の魅力は、「昭和」を感じさせる所かなぁ?
なんて思います。
西城秀樹のがむしゃらさや、郷ひろみの能天気さからも、「昭和」の匂いはしますが、やっぱ野口五郎が一番だと思いますね。
懐かしい事です・・・・。
  1. 2009/11/09(月) 13:20:44 |
  2. URL |
  3. 土佐のオヤジ #-
  4. [ 編集]

土佐のオヤジさんへ

お久しぶりです!こんばんは(*^^*ゞ
最近、懐かしアイドル特集になってます(笑)
昭和の香り、懐かしいですね。
映像見ても、全然古く感じないのに、
もう40年近く前だったりして、驚いてます。
あ~おいリンゴをだきしめ~ても~♪
というワンフレーズだけで、昭和時代の空気が蘇るようです。
あの頃の歌謡曲は、よかったな~と、年を取るごとに思います (*・ ・*)
  1. 2009/11/10(火) 00:57:11 |
  2. URL |
  3. 石ころ #yvBQfOFE
  4. [ 編集]

やっぱり何といっても「甘い生活」と「私鉄沿線」、「君が美しすぎて」に「針葉樹」の4曲は、語りつがれていく名曲でしょうね(´- `*)ウットリ
これらの同じ曲を、野口五郎さん以外の歌手が歌ったとしても、もひとつピンとこないと思うから。

このことは野口五郎さんだけに限らず、この時代の歌手のそれぞれの持ち歌は、皆そうですね(^^ゞ
そのくらい個性的な歌い手さんが多かったんですわ。
  1. 2009/11/11(水) 01:25:29 |
  2. URL |
  3. winechoco #-
  4. [ 編集]

winechocoさんへ

そうそう。やっぱりその4曲の頃が、一番印象に残ってます。

その曲たちを、野口五郎以外が歌ってもピンとこない、ということ、激しく同感です。

郷ひろみが「ローラ!」と歌ってもピンとこないし、
西条秀樹が「君たち女の子」と歌ってもピンとこない。

御三家のみなさんは、三者三様に、ほんとに個性的でしたね。
今の時代は、こういうアイドルが不在というのが寂しいです。

今日もたくさんのコメント、ありがとうございました(*≧∇≦)/
  1. 2009/11/12(木) 00:05:35 |
  2. URL |
  3. 石ころ #yvBQfOFE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。