ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

高田みづえ

今日、実家へ帰る車の中で、懐かしい曲を集めたMDを聴きました。
中学生で音楽と出逢った頃の忘れられない曲を自分でセレクトしたものです。

中原理恵、庄野真代、渡辺真知子、研ナオコ、そして高田みづえ。

高田みづえさんと言えば、こんな思い出があります。
母方のおじいちゃんが、テレビの高田みづえを見て、
「おお。○○(私)が出とる!」
と言ったそうな(笑)

高田みづえさんはゴージャスな二重、私は一重なので、
「え~、全然似てないよ~!!」
と、当時は笑ったものです。

でも、最近、大人になって若い頃の高田みづえさんを見てみると、
部品(笑)の大きさはちがうものの、
なんかちょっと面影が似てるのかな~?と思わなくもありません。

面影と、ちょっとビーバーのところ。

高田みづえさんといえば、とにかく透明なあの声。
クリスタルのようにきらきらして、かつ、パンチもあり伸びる声。

聴いてて気持ちいいのです。

また、初期の曲は宇崎竜童さんが手がけていて、
ギターサウンドがアクセントになったこじゃれた歌謡曲になっていました。
Wikipedia(高田みづえ)にはこう書かれてました。

歌謡曲・ポップスと演歌をミックスしたような
彼女独特の歌唱で「カタカナ演歌」と呼ばれた。


ふ~ん。「カタカナ演歌」という言葉は知りませんでしたが、
歌の上手さは演歌並みなのに、ギターサウンドで聴きやすい、
新鮮な曲だと思いながら聴いていたので、なんかわかる気がします。

デビュー当時の曲ばかりUPしてしまいましたが、
どれもあどけなくて、シャイな感じで、かわいらしいですね。

「女ともだち」という曲も、いい曲だったな~。
好きな男の子が、自分の友達を好きで、キューピットになってあげる曲。
切なくて、共感できる曲でした。

硝子坂 by 高田みづえ 1977年



ビードロ細工 by 高田みづえ 1977年



パープル・シャドウ by 高田みづえ 1978年






今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2009/08/16(日) 01:59:58|
  2. 70年代|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:2
<<中山美穂 | ホーム | 酒井法子>>

コメント

うわ~懐かしい!
【PurpleShadow】大好きです。
大人になってから高田みずえのカセットを手に入れて
カーステで毎日きいてました^^
でも当時のカラオケボックス(←ボックスというのがまた古いですよね)
には、この曲が無くて仕方なく?【ガラスの花】や【私はピアノ】を
歌っていました(笑)
石ころさんとは世代が同じなので次は何がアップされるのかな~と
いつも楽しみにしています♪
  1. 2009/08/16(日) 03:20:54 |
  2. URL |
  3. 綾生 #Ft3TIMbI
  4. [ 編集]

綾生さんへ

パープル・シャドウ、大好きでした☆
共感していただけて、嬉しいです~。

手首のアザ=キスマークでしょ?
中学生の私には刺激が強すぎましたが、
この情景が浮かんでくるような歌詞と、
超ポップなメロディーに惹かれました。

水飲み・蛇口・自転車・日照り・ぶどう。
角を曲がって2軒目の家、というのも、リアルでした(笑)

私はコレ、カラオケで何回か歌ったことありますよ!
綾生さんも、いつか歌ってくださいねo(〃^▽^〃)o
  1. 2009/08/16(日) 17:48:33 |
  2. URL |
  3. 石ころ #yvBQfOFE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。