ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

アルバート・ハモンド

アルバート・ハモンドと言えば、
「カリフォルニアの青い空」という曲が一番有名なのでしょうか?

私は、この「落ち葉のコンチェルト」が好きですね~絵文字名を入力してください

なんでも日本で特にヒットしたらしいですが、なんとなくわかる気がします。
このなんともいえず切ないメロディーに胸がとろけてしまいます。

秋の枯葉がハラハラと舞い落ちるイメージにぴったりの曲ですが、
タイトル・歌詞とも落ち葉とはまったく関係がないんだそうです。

タイトルは FOR THE PEACE OF ALL MANKIIND
直訳すると、「全人類の平和のために」となります。

去っていった恋人が素敵な人だった
その人に対して「全人類の平和のために消えていってほしい」と歌っているのです。

その素敵な人が存在するために、苦しむ人が絶えないのなら、いっそのこと消えてほしい。
全人類の平和とひきかえにでもしなければ受け入れることのできないほどの
別れの辛さを歌っているとか…。

秋の歌ではないですが、いずれにしても「切ない」歌なんですね。
翻訳つきの動画をお借りしました。

落ち葉のコンチェルト by アルバート・ハモンド 1973年





今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2009/05/16(土) 03:07:54|
  2. 70年代|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:0
<<レオ・セイヤー | ホーム | セント・エルモス・ファイアー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。