ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ピーター・フランプトン

ピーター・フランプトンの「アイム・イン・ユー」は、
兄のレコードコレクションの中にあった一枚です。

かわいらしいルックスが目に止まり、好奇心で聴いてみましたが、
曲が結構良かったんですよね。

また声も…ちょっとハスキーで、
上手いのか下手なのか微妙な感じで、逆にそれが味わい深いのではと(笑)

アイム・イン・ユー by ピーター・フランプトン 1977年



↓のショウ・ミー・ザ・ウェイは、YouTubeで「あ、これも知ってる」!
と拾ってきましたが、イントロや間奏での不思議な楽器に興味津々。
マイクに向かって歌ってるようなのに、出てるのは声というより音。

どうもこれはトーキング・モジュレーターというもので、当時では画期的だったようです。
ギターの音をチューブで口に送り込んで共鳴させ、その音をボーカルマイクで拾うらしい。
口の開け方、形によって音が変化するのだそうです。

楽しそうで、いいですね~。

ショウ・ミー・ザー・ウェイ by ピーター・フランプトン 1974年



1976年に出した2枚組のライブアルバム『フランプトン・カムズ・アライブ 』が全米1位、
全世界では1000万枚も売れたんだそうです。思ってた以上に凄いお方なんですね。



今日の日記良かったよ!と思ってくださった方はポチッとお願いします(*^-^*)
にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2009/05/09(土) 22:29:30|
  2. 70年代|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:2
<<ジグソー | ホーム | プロコルハルム>>

コメント

「トーキング・モジュレーターは、使いすぎるとバカになる!」
なんて、僕が若い頃は言われてました。本当だろうか?(笑)
いずれにしろ、ショウ・ミー・ザ・ウェイはバカみたいに売れましたね~。
当時ラジオから嫌になるほど流れてました。
  1. 2009/05/10(日) 07:47:15 |
  2. URL |
  3. 土佐のオヤジ #-
  4. [ 編集]

そうなんですか~!

使いすぎるとバカになるという噂もでるほど当時話題になっていたんでしょうね。
私はこの映像見て初めて知った次第で(恥)
ピーター・フランプトンって、エンジョイしてるって感じが伝わってきて、いいですね。
一節歌ってはポーズを入れたり身体をゆすったり。
サービス精神旺盛な方だとお見受けしました。
コメント、ありごとうございました♪
  1. 2009/05/10(日) 12:23:19 |
  2. URL |
  3. 石ころ #yvBQfOFE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。