ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

私が見てきたもの(2)親日国と、日本の凄さ。

これは台湾の子供たちが描いた絵です。

過去記事台湾の優しさ、日本政府の冷たさより
2014061018.jpg

明るい色合いで、笑顔がたくさん描かれています。
「加油」というのは「頑張れ」という意味なんですよね(^^)
一見して「ハートフル」な絵だとわかります。

前回の記事に掲載した韓国の子供たちの絵とは対照的です。

同じ純粋な子供なのに、
何故こうも違うのでしょうか。

答えはたぶん、
その国に反日教育があるかないか、
ということだと私は思いました。

韓国は国を挙げて子供の頃から国民に反日思想を植えつけています。
前回の記事の絵は韓国政府が主催した「竹島は我が領土コンクール」のもので、
ソウルの地下鉄に展示されていたものらしいです。
そのコンクールに参加した少女と、それを描かせた教師のインタビューが、この動画にありました。
韓国の反日教育の実態

また、韓国には独立記念館というものがあって、
そこには日本人がやったことではないのに日本人がやったことと捏造した残酷な展示物があります。
ここを訪れた韓国の国民には日本への憎悪を抱かせ、
日本からの観光客や修学旅行生には、いわゆる「自虐史観」を抱かせる目的です。

(独立記念館に関する動画へのリンクです)
韓国独立記念館の真実(青山繁晴氏)
【独立記念館】韓国への修学旅行で訪れる反日記念館~日本語で記載する碑文には・・・

国を挙げて反日教育をしている韓国とは対照的に、
反日教育を拒否して、正しい日本の姿を伝え、親日国となった国があります。

私の記憶にあるのが、パラオの動画のこの一節です。


過去記事ODA~マンガール村とパラオのお話。より

アメリカの信託統治時代、歴史の授業ではアメリカで作られた教科書が使われ、
日本人による「パラオ人虐殺事件」などが掲載された反日的歴史教科書もあったが、     
パラオの年長者が「そんな話はない」とにべもなく否定したため、
この疑わしい史実はパラオには浸透しなかった。



ありがたいですね( ;∀;)

5年前、「反日」という言葉も知らなかった私は、
「親日」という言葉も知りませんでした。

でも、東日本大震災のとき、
なぜ台湾がこんなに手厚く日本を支援してくれるのか?ということなどから、
親日国とう存在があることを少しずつ知るようになっていきました。

当時の台湾の日本支援の記録です。
この画像は今でも胸に焼き付いています。


過去記事台湾の優しさ、日本政府の冷たさより

■台湾の厚意

3/11 義援金2500万円表明
3/12 義援金を2500万円→2億8千万円へ引き上げ
3/12 救助隊派遣の意思表明
3/13 中国の救難隊35名が日本入り
3/13 夜、日本政府が台湾の救助隊受入を許可
3/13 救援物資を用意(簡易ディーゼル発電機500台以上、簡易コンロ、
    石油ストーブ500台以上、ビニールシート、寝袋500枚以上
    コート、保温下着(長袖シャツ等)を含む防寒衣料1000枚以上、
    防寒用手袋1000以上、乾パン等の乾燥保存食等)
3/14 台湾から救助隊28名が日本入り
3/17 震災チャリティー番組、義援金3億円超
3/18 震災チャリティー番組、4時間半で21億円超える
3/22 震災チャリティー番組、40億円以上の義援金が集まる
3/22 台湾からの支援物資(400トン)成田空港と羽田空港に到着
    暖かい服、マスク、毛布、発電機、ミネラルウォーター、
    インスタントラーメン、ヒーターなど
4/17 台湾からの義援金総額は140億円に

台湾製パソコン基板、小さな字で「日本に神のご加護を」
120627_01.jpg          


東日本大震災のときはアメリカも98億円という莫大な義捐金を集めてくれました。
アメリカの1/10の人口しかない台湾は140億円もの義捐金を…。

義捐金を集めてくれた全ての国に、感謝の気持ちしかありませんが、
台湾についてはマスコミも報道しない、政府も献花をさせないという理不尽さもあったので…

そんな親日国について、
なぜ日本とそんなに絆が深いのかを伝える動画を再掲します。
涙腺の弱い方はハンカチを用意してご覧くださいm(_ _)m

トルコ7億円、タイ10億円、韓国へは5兆円 支援の格差に思う。より再掲

■親日国トルコ

決して恩を忘れないトルコ【テヘランの日本人を救ったトルコ】 Ver.1.01 トルコ


■親日国パラオ

誇リ高キ大日本帝国 「日本とある国のお話」 パラオ


■親日国台湾

親日国 日本の台湾統治の真実 『もう一度日本時代に戻りたいです』  台湾


■親日国ポーランド

大和心とポーランド魂 ポーランド


■親日国(に仲間入りした)イラク

親日国 前代未聞の『感謝デモ』  イラク


動画ではありませんが、
個人的にとても感激したチリからのモアイ像の贈り物。
画像と、それについて書いた記事へのリンクを残しておきます。

過去記事同じ石でも…より
もあい5

親日国については以上ですが、
日本という国がなぜそんなに慕われるのか、凄いのか。

最近こんなコピペを目にして、
タイトル通り「日本スゲー!」と思ってしまいました(笑)
既に有名なコピペのようですね。


日本SUGEEEEEEEEEEEEEEEE!ってなるコピペくれより

外人が日本人を特別視してるってのは、自分の歴史少しでも知ってたら誰でも分かるだろ。
まず、資源が全くないってことはすごいこと。もう両手両足もがれたぐらいのハンデ。
しかもすごいのは、米国の3分の1の人口、わずか25分の1の領土で、
その上そのただでさえ極小の国土の7割が山、山、山。なーんにもない、山・・・。
だから農業で輸出して食べていくことすらできない。条件からして最貧国でもおかしくない国。
そんな国が、100年ほど前で当時世界最強クラスだった露助とか清をあっさり倒して、
非白人国家で普通に白人常任倶楽部仲間入りしちゃってて、おまけに米国敵に回して
ガチで戦争して、世界で唯一米国本土爆撃して、英国の無敵艦隊フルボッコにして、
オランダ倒して、世界で唯一原爆落とさせるほどてこずらせて。しかも二発だよ。二発。
考えられない。敗戦とか言ってるけど日本のせいでアジアから白人の植民地全部消されたし。
しかも信じられないのは、戦争に負けてただでさえ何にもない国がさらに
インフラまで全部叩き潰されて、多額の賠償金まで背負わせて100%再起不能に
しといた極貧衰弱国家で、今度こそ生意気なイエローモンキーが消えて数百年は
ウザイ顔見ないで済むと思ってたら、直ちに再び白人社会に経済で参戦して来くさって、
参戦どころかごぼう抜きでたった2,30年であっという間に米国さえ抜いて世界第一位。
東京の土地だけで米国全土が買えるほどの呆れた価値になっちゃう程の超絶経済力で
世界中( ゚Д゚)ポカーン・・・状態。その後もずーっと二位維持。頭一本でそれ。
しかも経済の80%が内需。内需だけでそれ。金融とかでまだ全然進出してないし
車や家電、工業製品ももまだまだ進出しきってなくてそれ。もうキチガイの域。
伸びしろありすぎワロタ。戦後60年一発も打たずに侵略せずにこれ。何気に世界最長寿国とかなってる。
んで今度は漫画・アニメ・ゲーム。気がつけばハリウッドの規模とっくに超えてる。
アメリカの検索で一位になってるのが日本のアニメとか。世界中で一番人気の映像作品が日本のアニメとか。
極めつけは世界一長い国号、2000年のどの白人より長い王室ならぬ、その上の皇室保有。
エンペラーに代表される歴史。普通の神経してたらこんな国怖くて関わりたくない。


いつも思うのですが、このようなコピペって、
ただのコピペ、されどコピペって思ってしまうんです。

とてもくだいて書いているけど、
そのためにはかなりの知識が必要だと思うし、
わかりやすく伝えるために友達と話しているような言葉を選んで。
どこのどなたか存じませんが、本当にありがとうございます。

コピペの最後に「エンペラーに代表される歴史」とありますが、
それがよくわかるのがこちらの表ではないかと。
(クリックで大きくなります)

万世一系(ばんせいいっけい) 一番下の赤い線が日本 世界で唯一続く系統
3325827.jpg

そしてこの表をもとに作られた動画もありました。

200年くらいで消滅する国が多い中、日本という国は2673年続いている。
2番目のデンマークで約1000年、3番目のはイ­­­ギリスは約900年ということ。
世界でエンペラーの称号を使うことができるのは天皇陛下だけだということ。

そういう内容が、壮大な音楽と美しい映像で伝えられている動画です。

映像制作会社が作った 世界一長く続いている国【日本】


この流れで「また?」と言われそうなほどご紹介してきたこの動画をもう一度。
こちらも音楽がかっこいいんですよね(^^)

世界最強の天皇陛下


天皇陛下の話題から「日本スゲー」の流れに戻って、
個人的に名作だと思っているこの動画ももう一度ご紹介しておきたくてφ(^^*)

ウリナラの建築技術は世界一(パラオ編)


今日最後はこの動画で締めくくりたいと思います。


8分半で自虐史観の洗脳が解ける魔法の動画


(動画文字起こし)

マレーシア ラジャー・ダト・ノンチック(元上院議員)
日本は長い間、各国を植民地として支配していた西欧の勢力を追い払い
とても白人には勝てないと諦めていたアジアの民族に感動と自信を与えてくれました。
長い間眠っていた「自分たちの祖国を自分たちの国にしよう」という心を目覚めさせてくれたのです。      

ニミッツ元帥(太平洋艦隊司令長官)
この島を訪れるもろもろの国の旅人達よ。
故郷に帰ったら伝えてくれよ。
この島を守るために、日本軍人は全員玉砕して果てた。
その壮絶極まる勇気と祖国を想う心根を!

イギリス スリム中将(イギリス代14軍事司令官)
たたかれ、弱められ、疲れても
自身を脱出させる目的でなく本来の目的を以って、
かかる猛烈な攻撃を行った日本の第三十三師団の如きは、
史上にその例を殆ど見ないであろう。

韓国 朴鉄柱(韓日文化研究所)
現在の日本の自信喪失は敗戦に起因しているが、
そもそも大東亜戦争は決して日本から仕掛けたものではなかった。
平和的外交交渉によって事態を打開しようと最後まで取り組んだ。
それまで日本はアジアのホープであり、誇り高き民族であった。
日本の武士道は、西欧の植民地勢力に捨て身の一撃を与えた。
それは大東亜戦争だけでなく、日露戦争もそうであった。
日露戦争と大東亜戦争-。
この二つの捨て身の戦争が歴史を転換し、アジア諸国民の独立をもたらした。
この意義はいくら強調しても強調しすぎることはない。
大東亜戦争で日本は敗れたというが、
負けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国であった。
彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。
日本は戦闘に破れて戦闘目的を達成した。
日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、”聖なる戦争”であった。
ある人は敗戦によって日本の国土が破壊されたというが、
こんなものはすぐに回復できたではないか。
二百数十万人の戦死者は確かに帰ってこないが、
しかし彼らは英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて、
国民尊崇対象となるのである。

ガザリー・シャフェー(マレーシア外務大臣)
日本はどんな悪いことをしたというのか。
大東亜戦争でマレー半島を南下したときの日本軍は凄かった。
わずか3ケ月ほどでシンガポールを陥落させ、
我々にはとてもかなわないと思っていたイギリスを屈服させたのだ。
私はまだ若かったが、あの時は神の軍隊がやってきたと思っていた。
日本は敗れたが、英軍は再び取り返すことができずマレーシアは独立したのだ。
なぜ日本が謝るのでしょうか?
あの大戦でマレーシア人と同じ小さな体の日本人が、
大きな体のイギリス人を追い払ってくれたではないですか。
日本なくして東南アジアの独立はありませんでした。
この日本が払った尊い犠牲を否定することは、
バックミラーばかり見ているようなものです。

サンティアン・アムステルダム市長
本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人のほうです。
日本は敗戦したが、その東亜の開放は実現した。
その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。
日本の功績は偉大であり、血を流して戦ったあなた方こそ最高の功労者です。
自分をさげすむことを止め、その誇りを取り戻すべきであります。

タナット・コーマン氏(タイ国王元副首相)
あの戦争によって、世界のいたるところで植民地支配が打破されました。
そしてこれは、日本が勇戦してくれたお陰です。
新しい独立国が、多くの火の中から不死鳥のように姿を現しました。
誰に感謝を捧げるべきかは、あまりにも明白です。

インドネシア モハメッド・ナチール(元首相)
アジアの希望は、植民地体制の粉砕でした。
大東亜戦争は私たちアジア人の戦争を日本代表して敢行したものです。
大東亜戦争というものは本来なら私達インドネシア人が、
独立のために戦うべき戦争だったと思います。
もしあの時、私たちに軍事力があったなら、
私たちが植民地主義者と戦ったでしょう。
大東亜戦争はそういう戦いだったんです。

インドネシア サンパス(元復員軍人省長官)
特にインドネシアが感謝することは
戦争が終わってから日本軍人約1,000人が、
帰国せずインドネシア国軍と共にオランダと戦い、
独立に貢献してくれたことである。
日本の戦死者は国軍基地に祀り、功績を讃えて殊勲賞を贈っているが、
それだけですむものではない。

インドネシア ブン・トモ(元情報相)
日本軍が米・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。
我々は白人の弱体と醜態ぶりをみて
アジア人全部が自信を持ち、独立は近いと知った。
そもそも大東亜戦争は我々の戦争であり、我々がやらなばならなかった。
そして実は我々の力でやりたかった。

インド ネール(初代インド首相)
彼ら(日本)は謝罪を必要とすることなど、我々にはしていない。
それ故、インドはサンフランシスコ講和会議には参加しない。
講和条約にも調印しない。

グラバイ・デサイ(インド弁護士会会長)
インドは程なく独立する。
その独立の契機を与えてくれたのは日本である。
インドの独立は日本のおかげで30年早まった。
この恩は忘れてはならない。
これはインドだけではない。
インドネシア、ベトナムをはじめ東亜民族はみな同じである。
インド国民はこれを心に深く刻み
日本の復興には惜しみない協力をしよう。

ビルマ バーモウ(元首相)
日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。
しかしまた、日本ほど誤解を受けている国はない。

チャンドラ・ボース(デリーインド国民裁判主席弁護人)
日本軍の勝利はアジアのインド人に感銘を与え、
自由獲得の戦いに参加することを可能にした。

ククリット・プラモード(タイ国元首相)
日本のおかげでアジア諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは、難産して母体を損なったが、
生まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジアの諸国民が英米と対等に話ができるのは、
いったい誰のおかげであるのか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、
一身を賭して重大決意をされた日である。
更に8月15日は、我々の大切なお母さんが病の床に伏した日である。
我々はこの2つの日を忘れてはならない。

アメリカ ベン・ブルース・ブレークニー(東京裁判弁護士)
原子爆弾という、国際法で禁止されている残虐な武器を使用して
多数の一般市民を殺した連合国側が、
捕虜虐待について、日本の責任を問う資格があるのか

インド パール判事(極東国際軍事裁判判事・法学博士)
私の判決文を読めば、
欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であるということがわかるはずだ。
それなのに、あなた方は自分らの子弟に、
「日本は犯罪を犯したのだ」
「日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ」
と教えている。
満州事変から大東亜戦争にいたる真実の歴史を
どうか私の判決文を通して十分研究していただきたい。
日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って卑屈、頽廃に流されていくのを、
私は平然として見過ごすわけにはゆかない。

ラダ・ビノード・パール
時が熱狂と偏見とをやわらげた暁には
また理性が虚偽からその仮面をはぎとった暁には
その時こそ正義の女神はその秤を平衡に保ちながら
過去の賞罰の多くにそのところを変えることを要求するであろう。


自虐史観-。

正直私はピンとこないのですが、
多くの日本人が抱えているといいます。

私のいる地域は国旗掲揚も君が代斉唱も普通にあったので、
日の丸も君が代も、大事な節目に使われる神聖なもの、という意識を持っていました。

でも、そういえば最近は、
祝日に玄関に日の丸を飾る家がほとんどないんですよね。
通勤途中にも1軒しか目にしません。

そして日の丸を掲げない学校があることや、
君が代を歌わない教師がいることを知りました。

それを知ったときは本当に驚きましたが、
これが現在の日本の悲しい現実なのですね。

動画の中の、
「日本はどんな悪いことをしたというのか。」
「しかしまた、日本ほど誤解を受けている国はない。」
という言葉には、ついウルッときてしまう私です。

前回の記事でも触れたとおり、
日本人は少なくとも韓国に対しては自虐史観を抱く必要はないのです。

そして最近気づいたのが、
日本人が自虐史観を抱くようになったのは、
アメリカにも大きな原因があるということです。

これについてはまだかじった程度でうまく説明できないので、
わかりやすいサイトへのリンクに留めておきます。
初心者のための『国民が知らない反日の実態』

実は私も今日You Tubeで見つけたのですが、
「凛として愛」という映画をご存知でしょうか。

靖国神社創立130年記念事業の一環として、
2年がかりで作られた映画。

しかし、たった2日で上映中止に追い込まれたといいます。
理由は「真実が伝えられていたから」。

監督が亡くなった今、関係者の協力により、
無料でYou Tubeなどで観られる状態になっているということです。

この記事を書いている途中で出逢ったことも何かの縁だと思ったので、
リンクにてご紹介させていただきます。
映画→『 凛として愛 』
公式ホームページ→凛として愛
映画の文字起こし→ぼやきくっくり様のサイト



なんとなく今日は親日国→日本スゲー!→自虐史観と、
不思議な流れになってしまいました。

内容的にはすごく偏ってるかと思いますが、
今のところ、自分の興味のあることだけ首を突っ込んで、
自分が知り得たことのまとめとして書きました。



<追記>

現在、4年間のブログをまとめる作業をしているところですが、
ちょっと見過ごせない事態が発生しているので…

こちらのページなんですが→アイフル フィギュアスケートツアーご招待キャンペーン

(サイトのキャプチャ画像)
2014071501.jpg

消費者金融のアイフルで新規契約を結び、さらに5万円以上借り入れると、
グランプリシリーズ中国大会のチケットが手に入るかも?
というキャンペーンが始まっているというのです。

フィギュアスケートの大会がこんな商売に利用されるなんて…

某所では、「主な出場選手」の3人(羽生くん、佳菜子ちゃん、ユリアちゃん)が未成年であることも、
借金勧誘の謳い文句としてはふさわしくないのではないか?とも言われています。

アイフルの監督官庁は金融庁ということで、
問い合わせ・抗議は金融庁にするのが有効だという情報もありました。

金融庁 http://www.fsa.go.jp/receipt/soudansitu/index.html
文部科学省 御意見・お問合せ スポーツに関すること inquiry.mext.go.jp/inquiry32/
文部科学大臣下村 博文hakubun.biz/contact/
国民生活センターhttp://t.co/35g9eNzARx



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2014/07/15(火) 00:09:09|
  2. 保守|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:17
<<私が見てきたもの(3)マスコミの偏向報道と捏造報道 | ホーム | 私が見てきたもの(1)韓国という国について>>

コメント

歴史教育

私は小学校3年生の時に、おばあちゃんに「天皇が戦争したんやろ!!」と言ったら、
おばあちゃんが「それは違うよ。御前会議というとこで、戦争するのかどうかと決めたんやけど、御前会議には天皇陛下はいてはるけど、発言権はなかったから、天皇陛下が戦争をはじめることはできないんよ」と言われ、
9歳だった私は、おばあちゃんのその言葉で学校からの自虐史観洗脳が解けたという衝撃体験をしました!!
それを聞いて、「学校の先生は嘘を私に教えた!!」と思い、先生の話はすべて信じてはいけない!と思った瞬間だったのです。

でも、私が高校生の時も、大阪の公立高校は国家斉唱もないし、国旗もないし(私立はあります)先生は歴史の時間に日本が悪い悪いということばかり教えられました。
本当に社会の時間が大嫌いでした。ほかの生徒は素直にそれを聞いていて、それを信じていたのも、歯がゆかったです。

やっと、今、なんかおかしいと皆が気づきだしたのが、本当に嬉しいです。
私の祖父達が戦争に行った年代ですが、祖父も祖母も本当に尊敬できる人たちでした。そんな人たちが悪いことをしたなんて、絶対思えないです。
  1. 2014/07/15(火) 00:50:09 |
  2. URL |
  3. ららはな #-
  4. [ 編集]

N〇Kの詭弁

石ころさん、

続編ありがとうございます。
本当に同じ道をたどってきたと、つくづく思います。

自分の両親も若い頃に戦争を経験しているのですが、自分達の経験を進んで子供達には話してくれませんでした。
焼け跡から立ち上がるだけで大変だったのでしょうが、押し黙るには理由があったのではないかと思います。
つらい経験恐ろしい経験を、どこかにしまってしまわなければ前を向けなかったのかもしれません。
戦死したおじ達も沢山います。どんな思いを胸にしまって生きてきたのでしょう。。。
両親ともに他界してしまいましたが、もっと生きた言葉を聞いておきたかったと今になって思います。

隣の国のことに気づき始めた頃、N〇Kがのっとられていると言う話を知り半信半疑でした。
でも立て続けに見た番組が疑いの心を確信に変えました。特に終戦記念日あたりの放送は。。。

たまたまNewsを見た後つけっぱなしになっていたTVから流れてきた、有働キャスターの声、
こちらの午後にやっていたので、日本だと真夜中に放送されたのでしょうか?
日本の地方紙を出し続けている人(?)と言う人が出てきてインタビューに答えているのですが、
戦時中の自分の見てきたこととして、日本の軍人が戦地で暴行略奪を繰り返したと言うのです。
「酷いことをしたのですね。。」と念を押すようなキャスターの言葉に、
嬉々とした表情で話すその人の様子に気分が悪くなりました。
その場に居合わせて、自分は何をしていたのだ?!と。
もし本当なら見てみぬ振りをしたことになる自分のことを後悔する様子も無く、今頃になって正義感?
今はもう、語ることもできなくなった、一緒に戦った仲間達のことを平気で貶める。。。。
と言うより嬉しそうに語るその男に、心のそこからわきあがる嫌悪感を感じました。

こんなことを書き出したのは石ころさんのまとめを見て、日本のしてきた良いことを知らせず、
まだ続いている日本を縛ろうとする力がこの局には働いていると今日も感じたことを思い出したからです。
TVJapanではN〇Kの国際放送というNews番組があります。
仕事をしながら耳で聞くしかなかったのですが、
第一次世界大戦のきっかけとなったオーストリア皇太子暗殺事件の犯人が、民族の英雄として学校で教えられていると言う話。。。
どこかで似た話を聞いたことがありますよね。。
それが本当かどうかとかその辺はいいのです。そういう民族もあるのだという事実であれば。。
いけないのはその後で東大の教授と言う人を連れてきて、分析をはじめると。。。。
言葉の端はしに、今の中国の台頭が当然の成り行きで、傍若無人さには全く触れることなく、
お隣の話は名前こそ出て来ませんでしたが、それも含め日本に対抗する国の行動が、あたかも、歴史上仕方のないことで、
日本が歴史を無視すれば第一次世界大戦のように世界の争いに向かっていくことになる。。と。

歴史。。。ってどこの歴史?正義はどこにあるのか?真実は何なのか?
現状は、無法者のように振舞っているあの国に日があるのは明らかなことなのに、
もう嘘や詭弁はうんざりなのに。。。。何この放送???

うまくいえないのですが、一番嫌だったのは、
良識ある顔をして、日本を代表して情報を発信しているような顔をして、
本当に巧妙に、言葉の裏に、国に反対するプロパガンダを世界中に発信していることです。

世界を見ていると本当にあぶないと思えて来ます。
だからこそ、世界中の人が納得するような国際法を作り秩序を構築していかなければならないだろうに、
無法を当たり前のように、押し付けようとする力から自分達を守れるようにしなければならないのだろうに、
その翼をもぎ取ろうとする。。。本当に嫌でした。

長文すみませんでした。
纏めはすごく嬉しいです。でも是非ご無理はなさらないでくださいね。
良心の塊のような石ころさんのような方のブログは'ゆっくりでもいいです長く続いて欲しいと心から思います。
お願いいたします。



  1. 2014/07/15(火) 04:00:57 |
  2. URL |
  3. M&M #6goa5kBQ
  4. [ 編集]

まとめの続編、ありがとうございます。大変な作業だったでしょう。
まだ全ての動画を見ていませんが、ひとつずつ拝見させて頂きます。

>日本というお母さんは、難産して母体を損なったが、生まれた子供はすくすくと育っている。
涙が出ました。嬉しい気持ち、ありがたい気持ち、そして「なぜ今まで聞いたことがなかったのか・・・」
  1. 2014/07/15(火) 04:24:22 |
  2. URL |
  3. toko #ipx0u0kc
  4. [ 編集]

とても大切な事

石ころ様、とても大切な記事の連投に感謝いたします。
私も子供のころ、単純に戦争=悪=日本
と言うような図式の学校での授業を真に受けて育った世代です。
ただ、自虐史感を認識するより前に、マスコミの情報を鵜呑みにしてはいけないという事を
高校の時の社会の先生に教わりました。(関西の公立高校です)
はじめは、この先生は何を言ってるんだろう?とピンときませんでしたが、繰り返し繰り返し
「新聞やテレビが言う事が全て真実ではないよ、全部をそのまま信じてはいけない、特にテレビは君たちに考える事を辞めさせバカな人間を造ることに必死だ。まず疑いなさいそして自分で本当の事は何かを調べなさい、勉強するとはそういう事、何でもかんでもそのまま脳みそに注ぎ込んで考えることもしないで記憶するだけでは、ロボットと同じ、人間に生まれた意味も価値も自分から放棄しているも同然、今君たちが学んでいる歴史とて、それが全て真実かどうか学んだ上で疑いなさい、なぜ?どうして?本当に?と、常に思いながら学んでこそ人生には“勉強”が必要だと胸を張って言えるんだ。」とおっしゃっていました。

あの時は正直ピンときませんでした。
でも、少なくとも歴史とは、本当の事だけが語られているわけではないんだ、そうだよな…誰も証明できないし…
と思いましたし、テレビもそういえば面白くも無いのに笑ってたり、怒ってたり…たまにいらっとするよな…とおぼろげに感じるようにはなりました。
その先生は社会の教師でしたが今思えば、あれってすごい事だったのだな…と…
その下地があったおかげか、大人になってから色々わかった真実はすんなり自分の脳にも心にも染み込みました。

わたしは幸い学生時代はずっと君が代斉唱、日の丸掲揚が当たり前の環境で育ちましたので、現在それをことごとく拒絶する学校や教師の存在には違和感しか感じません。

今私の子供達も学生ですが、サッカーファン(自分じゃやらない(笑))の為に、お花畑脳ではありません。
集団的自衛権の件に関しても、すぐ戦争だ、赤紙だとわめくメディアには辟易しています。
憲法18条を読めば赤紙なんてありえないという事がわかりますしね…
憲法ガー9条ガーとおっしゃる方々は、まず、その憲法をよく読めよ!!!と言いたいです。
まあ、憲法事体アメリカ産なのでそろそろ日本産にしなけりゃなーとは思いますが、アメリカ産憲法をやたら崇拝する連中に限って、読んでもいないだろっていう意見ばっかり垂れ流しますし…は~~。

長々スミマセン、とにかく先人の方々の行いが今の日本の世界での信用を造ってくれたわけで、決して9条のおかげじゃない事を石ころ様のまとめてくださったこの記事で少しでも沢山の方々にわかって欲しいです。
自分が日本人として生まれることが出来たことがそれだけでどれほどラッキーな事か、幸せな事か…
反省するのが好きな国民であるなら、自虐が過ぎて先人達をおとしめ続けた現代の日本の社会を反省しようよ、とおもいますが…
  1. 2014/07/15(火) 09:45:55 |
  2. URL |
  3. yomi #-
  4. [ 編集]

浅田選手の情報を追っていて、韓国について書かれてるブログには沢山出会いましたが、その情報を沢山並べてるブログは石ころさんのブログが始めてでした。
前エントリーからに続き、私が自虐史観から目覚める過程で目や耳にして来た物が沢山あって、更には整理するには足りてなかった情報も沢山あって、細かく書かれてて凄いなと感じました。
ありがとうございます。

やはり環境って大切なんだなと感じます。
石ころさんの穏やかででも強く、スッと筋が通った姿(言葉)は、国家や国旗が神聖な物として存在してる土地である、というのも関係してるのかなぁと思いました。
私の場合は、貧しい地域なのも関係あるかもしれませんが、共産党支持が多く、赤旗新聞を取ってる人も多かったです。学校の授業でも教師が嬉々として日本帝国軍がいかに中国で悪行を働いたかを例を挙げて語ってました。妊婦の腹を裂いて子供を出してそれを放り投げて銃刀で刺した。とか。はだしのゲンでそんなのあったような?それが小学高学年か中学生でした。
国旗や国歌も、米国は祝典祝日の度に大層なことしてるけど建国たかだか200年だから仕方ない。日本はもう国旗や国歌を大切にする必要は無い。というようなことを言ってました。
じゃ、イギリスは?とか突っ込みたいですね、今なら。
高校の政治経済では小論文で第二次世界大戦(大東亜戦争!)について書かされました。で、日本が一番悪かった、的な〆をしていた人は軒並み高得点(親しかったり席が近かった級友や分しかしりませんが)。私はクラスで2番目の得点でしたw

そんな学生時代もありずっと親中でした。香港や台湾映画の影響もあって冬ソナ以前に既に韓流にハマって終わってましたw(今考えたら中国と一緒にして香港台湾の方にとても失礼)
でも親中韓は続き、2002杯とインターネットがきっかけで視界が広がりました。
今では「ドイツドイツ♪ドイツは素晴らしい国♪」と言ってる韓国ですが、
ドイツ戦で「ヒトラーの息子は去れ」の横断幕や鍵十時を揚げたり、カーン選手やクローゼ選手の遺影を用意して「カーン選手負けて下さい」(日TV局訳)と。。この遺影は日本のニュースでも扱われましたが直訳は「カーン(クローゼ)選手シネ」が正しかったそうです。
以降、竹島問題や日本海呼称問題とか諸々、少しづつ彼らの実態を知るのですが、フィギュアでそれらの経験が生かせませんでした。
やはりスポーツ=神聖。まさか国ぐるみ、世界的、自分の国(日本)まで一緒になってあそこまでやるとは。

自虐史観が少しづつ解けると同時に日本についても知る、というか日本について表面的な物以外何も知らない自分に気付きました。
日本SUGEE(以下略)のコピペ素晴らしいですね。
くだけた書き方で分かりやすく、取っ付きやすくして下さってたり、書かれた方の気遣いでしょうか。

石ころ様。
すごく分かりやすくまとめられた記事をありがとうございます。
ひっそりこっそり穏やかに、周りの人に日本は結構(←謙遜w)凄いんだよ、韓国や中国の言うことは嘘が沢山あるよ、って広報してるのですがw
今迄より上手に伝えることが出来そうです。

石ころ様の4年間の軌跡。追い続けたいと思います。
長々ととりとめもなくごめんなさい。

それと既にご存知かもしれませんが、私も少し前に見つけたコピペを。
「この国」とはどこでしょうかw
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
世界的に有名なメガロポリスの中心に
神聖不可侵の巨大な森がある。

その森にはその国の最高司祭が住んでいて、
国民の安寧と安らぎを祈願している。

司祭は同時に世界最古の王家の末裔であり、
世界で唯一の皇帝でもある。

伝説の3つの宝物は『神器』と呼ばれ、
それぞれが霊的な古い聖所で固く守られ
表にでることはない。

司祭の住む巨大都市そのものも
その成立時において、
何重にも念入りにある呪術者が守りを固めた
人工魔法防御都市である。
空前の規模で、
もはやこれほどの術を施された街は
術の発祥の国にさえないのだ。

というファンタジーがこの国の21世紀のリアル。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  1. 2014/07/15(火) 10:18:56 |
  2. URL |
  3. h #HjD3uegM
  4. [ 編集]

石ころ様、とても有意義な記事の更新、ありがとうございます。「凛として愛」教えてくださってありがとうございます。昨夜見ました。明治に開国してからの日本の歴史は、中学も高校も、内容が現代に近づくほど多くなるから時間が足りないと、かなり駆け足で教わった記憶があります。そして、事実として暗記して覚えても、その裏にある、日本人の意識・行動や、意味まで掘り下げられたことはなかった。

小学校では、毎年国語の教科書に1つづつ、戦争の体験をつづった話がありました。命を大切にしたいと痛切に思っていました。
小学校の音楽の先生は、君が代の歌詞を単語ごとに丁寧に教えてくださいました。日本がいつまでも続きますようにという願いが込められている歌だと教わり、素敵な歌だなと、普通に歌っていました。幸運だったと思います。

家族の中では、自分が新しいことにチャレンジしたり、意見を言ったるすることが、どうせ無駄だとか、お前は世間が分かってないと否定されて、思考することを遮られて育ってきました。私は勉強や芸術系のことが好きだったのですが、自分で稼げるなら何をしてもいいから義務教育が終わったらさっさと働けとも言われ(ごく普通の家庭だったのですが)、勉強したり、絵や音楽で感動してはいけないのかと思っていました。結局、説得しきれずに、一番お金のかからない分野の勉強を選択し、一番進みたかった芸術系は「きっとどうせ私なんてだめだから」とあきらめました。
今、思えば、両親こそが、自虐教育の1期生だったのかなと思います。どうせ世の中は選挙でも変わらないし、お前らは何もわかってないという考えで、父親は選挙にまったく行かないので、家族全員思考停止状態で、いまでも私以外誰も行ってません。

個人の尊厳を精神的にキープできないと、日本人としてというところまでいかないという気がしました。人の命を大切にしたいとか、他人に良くしてあげたいという気持ちは多くあるのですが、自分のことはどうでも良いと感じることが多いです。
でも、この記事で、自分が日本人で本当に良かったと自信をもてる気がしたし、できることを少しずつでもしていきたいと改めて思いました。
  1. 2014/07/15(火) 10:56:27 |
  2. URL |
  3. おすく #-
  4. [ 編集]

教育と民度の大きな差

感謝や恩といったものを教える(ごく自然な教育として当たり前)国と
恨みや嫉妬を教育に取り入れる(それがすんなり受け入れられる)国の
民度の差、なのでしょうね。

東北大震災時は政権与党はミンスでした。
もしネットが普及してなかったら、
もし国がサーバー管理していたら…
マスゴミは一切報じず、
きっと台湾他の国からの支援も知らず、感謝する事も無かったかも。
そうすれば台湾の方々から「日本人はなんて恩知らずなんだ」と思われたかもしれませんね。
安倍総理になってから、慰霊式に台湾の関係者をキチンと招待し、列席されました。

自虐史観…
己を悲観、卑下するのと謙虚である事は違います。
日本人が美徳とする謙虚さを、巧く利用されたという事でしょうね。

GPS中国大会、去年はガラガラの客席を隠す為に、
(当初出場予定だったがドタキャンした)
アレのシルエット巨大バナーが張られてましたね。
なんとなく…繋がりが透けて見えるようです。
  1. 2014/07/15(火) 14:14:11 |
  2. URL |
  3. 三D #LkZag.iM
  4. [ 編集]

私は12月8日生まれです。

初めてコメントさせていただく者です。
物心着いた頃から、当時軍人として満州にいた祖父から『お前の誕生日は忘れなくていい』と言われて育ちまして、
戦争が始まった日なのに…なんて日に生まれてしまったんだろうと複雑な心境でこの年までおりました。
日本は悪い国だったんだと思っていました。それまでの行いを戦争を放棄することで反省を示しつつ良い国となるように生きなければいけないんだ、なんて漠然と思いながらおりましたが、この記事を読んで、本当は昔から悪い国ではなかったんだと。
少なくともインドネシアや他アジアの国々にとっては良い国であったんだと思えます。
私は日本が大好きです!
これからは誕生日の罪悪感も、少し取れそうです。
こんな素敵な動画を上げてくださりありがとうございます!
  1. 2014/07/15(火) 22:08:36 |
  2. URL |
  3. mk #-
  4. [ 編集]

石ころ様、2回続けて労作のアップ、ありがとうございます。
わかりやすくまとめられていて、いろいろな人にすすめたくなりました。

拉致問題が明るみに出たころから全く関心のなかったK国について調べ始め、真央ちゃんによってその実態がよくわかるようになり、そこから派生していろいろな情報に接し、私も自虐史観を脱ぎ捨てることができるようになったと思います。

日本の朝鮮併合については『日本の朝鮮統治を検証する』が参考になります。最近の本ですが、日系アメリカ人とアメリカ人の共著。資料に基づいて冷静に検証されていて、日本の統治が台湾の人々が言うように朝鮮半島でも公平なものであったことがわかります。

自虐史観が日本でどのように生まれていったかについては戦後のGHQの占領政策を、当時の資料から世界で初めて公にした西鋭夫氏の『国破れてマッカーサー』に詳しいです。
戦後日本の教育界や政界など指導的な地位にいた人たち約20万人が公職追放され、共産主義思想の人たち、反日の人たちがその地位にとってかわったことが大きい。メディアもすべて検閲され思想チェックされていました。
今もまだこの政策の影響が大きく残っていると思いますが、ネットの登場で多くの真実が私たちの目にも触れるようになり、調べればさまざまな事実を知ることができます。
大事なのは自分で調べて理解していくという行動だと思います。
石ころ様はこの点でとても素直に真摯に行動されてきたと、本当に尊敬しています。

私は元日教組幹部で現在は反・日教組という人を知っています。
彼は間違いを認め、行動を改めて、今は日本のため、日本人のための活動をしています。
先日馬渕睦夫氏の『国難の正体――日本が生き残るための世界史』という本を紹介されました。
現在の日本がどんな状況にいるのか、どう行動したらいいのか。それを理解するためには世界を俯瞰してみる必要がある。
それも少なくとも500年前の大航海時代(実は大侵略時代)から見ていく必要があると。興味深い本です。

先日MSNのニュースにカナダ留学している日本の天才少年のニュースがありました。
彼も日本人として日本の歴史を知らずにいたことを自覚し、日本人にも自国の歴史を(おもに近代史を)勉強してほしいというようなことが書いてありました。
しかし、カナダの教科書には1919年、当時植民地支配をしていた欧米各国に反対されて採択されなかったけれども国連で、日本が世界で初めて人種差別反対の発議をしたこと、そのこともあって杉原千畝が多くのユダヤ人を救ったとの表記があり、日本人として誇らしかったと言っていました。

カリフォルニア大学だったと思いますが、19世紀のパリは18世紀の江戸を見本にして作られたと教えられているとのこと。
日本のすごさを日本人が知らない、そういった情報が隠されてきたことについては、日本があまりに強かったため、二度と立ち上がれないように弱体化することを狙ったアメリカはじめ戦勝国の思惑がずっと(今も)働いてきたからだと感じます。

私たちが自立して、自ら学んでいくしかないんですね。
今はとても大きな歴史の転換点にいるような気がします。
この状況をどう解釈し、どう行動するのかを問われていると感じます。

これからも、あくまでも無理のない範囲でですが、ブログを続けていただけることを楽しみにしています。
長文失礼しました。

  1. 2014/07/15(火) 22:13:49 |
  2. URL |
  3. オランウータン #-
  4. [ 編集]

私も自虐史観にどっぷり浸かっていました。
両親のおかげで天皇陛下に対する尊敬の念を保つ事ができましたが、「侵略」「植民地」「南京大虐殺」「従軍慰安婦」「人体実験」……ことあるごとに「日本は悪い国。諸国に償いをしなければならない」と思っていました。
ですが韓国について調べるうち、同時に日本の真の姿も知るようになり、目が覚めました。

最後の8分半の動画は涙が溢れて止まりませんでした。
>今日、東南アジアの諸国民が英米と対等に話ができるのは、
>いったい誰のおかげであるのか。
>それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
東南アジアの国々はみな日本を恨んでいると思っていたのに、こんな風に思ってくれてたなんて……。

「凛として愛」の冒頭の「われわれは戦争に負けたが、奴隷になったのではない」にも、はっと気づかされました。
戦争に負けたからといって、奴隷に成り下がることはないのだと……。
今は日本人として堂々と誇りを持って生きていきたいと思っています。
  1. 2014/07/15(火) 22:29:58 |
  2. URL |
  3. めろでぃ #3/2tU3w2
  4. [ 編集]

石ころさん、今晩は!アイフルの件、お金を借りなくても応募できるようにしたようですね。それでも、住所を預けるのはちょっとって思ったりもしますが。小さな声も大勢の方が発すれば大声になって届くものなんだと実感しました!危機感を感じたことに対して声を上げるってとても大事なことですね!
  1. 2014/07/16(水) 01:00:26 |
  2. URL |
  3. aloha #-
  4. [ 編集]

親日国のことは、石ころさんのブログに通うようになるまで知りませんでしたので、感謝しています。もちろん、親日国の方々にも。

国や立場を超えて、礼節には礼節を、感謝には感謝を。
そうした「和」が広がっていくのはとても嬉しいものです。
(ごくあたり前のことのように思うんですが、そんな国ばかりではないと教えてくれたのはK国です)

台湾の子どもたちの絵、温かくて良いですね。
子どもにはこういう絵を描いてほしいものです。
韓国の子どもの絵は竹島のコンクールだったんですね。
だったら、なんで竹島LOVEという絵にならないのか不思議です。しかも教室内ならまだしも、あれを地下鉄にはるという感性が理解できません。

KYのメダル騒動もそうですが、あちらの人はどうも対象物に対する愛情なんかまるでなくて、敵対する(と勝手に思っている)相手への「恨」しかないように思うことが多いです。
  1. 2014/07/16(水) 02:12:43 |
  2. URL |
  3. こんにちは #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/07/16(水) 12:36:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

石ころ様こんにちは!
アイフルのとんでもない企画に、若いフィギュアファン達が騙されないかと心配でした。
f(^ー^;
忙しいなかで、記事にして頂き本当にありがとうございました。
\(*^▽^*)/
石ころ様の書く真央ちゃんのこと。楽しみに待ってますね!
(^o^)/~~
  1. 2014/07/16(水) 12:49:00 |
  2. URL |
  3. 弥生の月 #-
  4. [ 編集]

真央ちゃん的ショートカット?(笑)

石ころさん、皆さん、おはようございます。(^-^)


真央ちゃんブログに、髪を肩上ボブにした写真が掲載されてますよ♪

http://maimao-asada.com/mao/


THE アイスも明日からですね~。
(行けないですが(T-T))


体力も気力も、だるっだるっな金曜日。
真央ちゃんパワーで乗りきれそうです。(^-^)v

  1. 2014/07/18(金) 07:57:28 |
  2. URL |
  3. 3M #t50BOgd.
  4. [ 編集]

凛として愛

石ころ様、こんにちは。
『凛として愛』そんな映画があったのですね。
2日間だけなんてどういう者達が圧力をかけたのでしょうか?
ぜひ学校でこそ放映してもらいたいです!
NHKのニュース9ではまた大越アナウンサーが在日1世は強制連行されたなどと今だに大嘘言ってるんですよ!
本当に腐っています。NHKは終了させたはずの地上波での韓国ドラマをまた復活させてます(怒)抗議いれてやりました!韓国へのお金の為なのでしょう。K-アイドルも出してるんですよ!またごり押ししてきてます。
日本人に本当のことを知らせないことが都合がいいという者がいるんですね。日本の中に、韓国に、アメリカに…きっと今は日本人にとってターニングポイントになる時なんだと思います。石ころ様、毎日暑くなると思いますが体調には十分気をつけて下さい。
  1. 2014/07/18(金) 15:30:10 |
  2. URL |
  3. マオリン #-
  4. [ 編集]

素敵な記事をありがとう

いい記事です。涙がでました。
私は昔、日本が嫌いでした。

しかし、NHKのプロジェクトxを
観ているうちに
日本人であることが誇りに思えてきました。
また、ジャッキーチェンが、
日本はとてもいい国なのに、なぜ日本の若者は日本が嫌いなのだろう。僕は日本が大好きだよ。日本人はもっと自国を誇るべきだ。
と言った時も、衝撃を受けました。
なぜ、私は日本が嫌いなのだろう。と。

そして、ジャッキーチェンの勇敢さに驚きました。

あなたも勇敢な方です。
私はあなたを応援します。
  1. 2014/07/24(木) 20:56:25 |
  2. URL |
  3. ココア #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。