ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

KY熱愛報道を見ていて思ったこと。(再掲)

KYさんの熱愛報道がありました。

私は、スポーツ選手も生身の人間だし、
私生活で恋愛の一つや二つはあって自然だと思うので、

KYウォッチャーではありますが、
この件に関しては「熱愛報道がありましたね」程度で、
あまり触れないでおいてあげようと思っていました。

2chをチェックする方はご存知だと思いますが、
ちょうど主な情報源としている2chがおかしくなってる時期で、
自力で拾えた断片的な情報しかなかったことも影響してました。

昨日、2chが見られなかったのは自分が使ってる2chビューア(p2)が原因だとわかり、
別の方法で久しぶりに「しお韓」に辿りつくことができました。

そして新しい情報を知るにつけ、
この熱愛報道は、ただ勝手にスクープされたKYさんがかわいそうなだけではないのでは?
という印象に変わりました。

その感覚をうまく伝えられるかわかりませんが、
見つけた情報を貼っていきたいと思います。

ソチ五輪後、KYさんの周辺で起こった騒動のうちの二つ。

一つは「KY事務所がIOCの歪曲報道にクレームをつけ記事の一部を削除させた」というもの。


IOCキム·ヨナ歪曲報道、ソートニコバー敗北を認める? 最終的には削除
スポーツ朝鮮 2014-03-09 17:56:06

「IOCキム·ヨナ歪曲報道」

国際オリンピック委員会(IOC)が歪曲報道論争が起きるキム·ヨナ(24·オール·ザット·スポーツ)の部分を削除した。

IOC公式ホームページには、過去7日(韓国時刻)ユースオリンピック(14〜18歳の選手が出場する青少年オリンピック)がソチの成功を導いた」という見出しの記事が上がってきた。

この記事では、IOCは、多くの議論の中で、ソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングルで金メダルを獲得したアデリーナソートニコバー(18·ロシア)の「ゴールデンガール」と呼んだ。

また、「2012年のインスブルックで開かれた初のユース冬季オリンピックで金メダルを取ったソートニコバーはオリンピック当時、キム·ヨナとの貴重なアドバイスを聞いた」とし「キム·ヨナがソートニコバーに敗れたことを認めた。キム·ヨナは競技後、「ソートニコバー良い試合を見せてくれた。技術が優れたソートニコバー勝つことは難しいこと」とインタビューした」と伝えた。

続いて「キム·ヨナは、ソートニコバーに「今夜は私たち二人とも金のために戦ったが、ソートニコバー努力したあげく優勝を占めた」という話をした」とも書いた。

記事が報道された後に歪曲報道論議が広がったし、キム·ヨナの所属会社のオールザットスポーツ側も「キム·ヨナは、いくつかの媒体とのインタビューでこんなことを言ったことがない。IOCのコミュニケーション、チーム関係者に訂正を要請した状態 "と明らかにした。

最終的にIOCのホームページに掲載されたキム·ヨナの発言は削除された。


IOCキム·ヨナ歪曲報道にネチズンたちは "IOCキム·ヨナ歪曲報道、本物のソチので、熱受けることが続いぽんとはい"、 "IOCキム·ヨナ歪曲報道、ヨナに触れないでください"、 "IOCキム·ヨナ歪曲報道、本物の無知にない言葉を作って出すんだな」、「IOCキム·ヨナ歪曲報道、国際という名前をなくしてしまえ」などの反応を見せた。 <スポーツ朝鮮ドットコム>

2014030907.jpg


二つ目の騒動は「訴訟」。
KY事務所が熱愛を公式に認めた翌日に、スクープした会社を訴えると言い出しました。


キム·ヨナ、熱愛を認めたが...なぜ法的対応するか?
スポーツワールド 2014.03.09 16:10:19

熱愛事実を認めたキム·ヨナが、最終的にディスパッチに法的対応を宣言した。 なぜなのか。

キム·ヨナのマネージメント社のオールザットスポーツは去る7日、報道資料を通じて "な媒体から交際の記事と写真を公開して以来、事実と異なる内容や推測性報道が各種報道機関を通じてつながっており、当事者の名誉を毀損したり、プライバシーを深刻に侵害するレベルの写真·記事が継続的に掲載されている」とし「早期に法的対応をする」と警告した。 オール·ザット·スポーツは推測性記事に加えて、インターネットのコメント、ソーシャルネットワークサービス(SNS)、ブログなどにも虚偽事実を記した文が上って来ていると、これに対しても法的対応をする予定だと明らかにした。

オール·ザット·スポーツは、側は「キム·ヨナの私生活を写した写真を映像にまで製作したことは明白なプライバシーの侵害」とし「選手がボールとし、プライバシーを同意なしに開示することは違法である」という点を問題視した。 しかし、法的対応までになったのは、様々なメディアやソーシャルネットワークサービス(SNS)、コメントなどを通じて噂が広がっているからだ。

実際にキム·ヨナの熱愛事実が公開されたボーイフレンドであるキム·ウォンジュンの噂を盛り込んだ「チラシ」が急速ように広がることもありました。 彼のアイスホッケーの後輩という人々がSNSに載せた文等も問題になった。 キム·ウォンジュンが過去に他の女性トップスターとも付き合ったことがあるという確認できない内容が既成事実引き揚げ流布されている。 キム·ヨナ側はこれに対する警戒心を与えるための法的対応に言及したという解釈が出ている。


そして続くこの記事。

IOCの歪曲報道と私生活のスクープにより、
KYさんが傷ついたと同情を誘うような内容でした。


IOC虚偽報道+私生活の動画を...傷つくのキム·ヨナ
スポーツソウル 2014.03.09 16:56

'キム·ヨナの風」がおさまらない。 先月ソチ冬季オリンピックを最後に現役引退を宣言したが、それに対する関心はさらに増加し​​ている。 先週末にも、国際オリンピック委員会(IOC)のホームページの記事との熱愛説影響でキム·連·ア名前三文字が人々の間で広く知られた。 それはまさに「女王」の力である。 しかし、偽りの報道とプライバシーを侵害する、いくつかのメディアの形態でキム·ヨナが少なくない傷も受けており、悪影響への対処も早急にされた。

◇敗北を認めた?... IOCの偽りの報道

キム·ヨナが負けを認めた? 彼の従来の立場を覆すインタビューがIOCのホームページに堂々と掲載されたが後になって削除されることが起こった。 単純なハプニングとみなさいう彼と、国民の心がとても痛かった。 発端は去る7日IOCの公式ホームページに掲載された「ユースオリンピックがソチの成功を導いた」というタイトルの報道であった。 IOCはソチオリンピックの女子フィギュアシングル金メダリストのアデリーナソートニコバー(ロシア)を「金色の少女」と呼び、'2012年のインスブルックで開かれた初のユース冬季オリンピックで金メダルを取ったソートニコバー当時のゲームの広報大使であったオリンピックチャンピオンキム·ヨナとの価値の助言を聞いた」と紹介した。 問題はその次からだった。 IOC側が「キム·ヨナは、ソートニコバーに敗れたことを認めた。 キム·ヨナが競技後、「ソートニコバー良い試合を見せてくれた。 技術は非常に良いソートニコバー勝つことは難しい」と話した」と明らかにしたからである。 IOCは、続いて「キム·ヨナが「インスブルックでは、広報大使としてソートニコバー見た。 今夜は私たち二人とも金のために戦ったが、ソートニコバー努力したあげく優勝を占めた」と話した」という内容も付け加えた。

キム·ヨナはオリンピック以後ずっと「クリーンな演技をしたので満足している。 しかし、判定は審判がすることだ、私は、何も言うことができない。 より切実だった人に金が戻った」は、基調の発言を続けてきた。 IOCが今回公開したインタビューでは、そのような既存のインタビューと180度異なる性格のもので注目を集めた。 確認の結果、IOCはインタビューを虚偽作成した。 キム·ヨナの所属事務所「オール·ザット·スポーツ」は、すぐに「キム·ヨナは、いくつかの媒体とのインタビューでも、こんなことを言ったことがない。 インタビューが歪曲されたものであり、IOCのコミュニケーションチームに連絡を取って修正を要求した」と伝えた。 IOCは、最終的には9日午前、そのインタビューの内容を削除して報道を修正した。

◇私生活が動画で...傷を受けた'クイーン'

「動画波紋」も浮上した。 キム·ヨナの熱愛説が確認された後、彼の私生活を一つ一つ撮影したビデオファイルは、まな板の上に上がった。 「オール·ザット·スポーツ」は7日、「キム·ヨナの熱愛報道の記事とオンライングルドゥルと関連して虚偽の事実やプライバシーを深刻に侵害する内容等について、法的に対応することを言う」と伝えた。 特に去る6日、キム·ヨナとキム·ウォンジュンの熱愛を単独報道したある媒体からの続編で、キム·ヨナの私生活の動画を特定のメディアに有料コンテンツとして提供したのが大きかった。 「オール·ザット·スポーツ」は、「キム·ヨナの熱愛に関連する動画が無断配布され、事実と異なる内容と推測性報道が各種報道機関を通じてつながっている。 推測性記事はもちろん、インターネットのコメントやSNS、ブログなどを通じて、事実と全く異なる文章が上がってくることも個人の名誉を毀損する程度が既に度を超えたと判断し、迅速に法的対応する」と伝えた。 所属事務所側は「キム·ヨナの私生活を写した写真を映像にまで製作したことは明白なプライバシーの侵害 "ともう一度強調した。 彼の熱愛が公開された後、動画はもちろん、SNSではキム·ウォンジュンの知人であることを主張する人々が現れ、二人の熱愛の裏話を公開するかと、スポーツ評論家は「フィギュア関係者の間では、二人(会ってから)4年ほどされたもの知られている。 報道がされていないだけだ。 より大きなこともありますが報道していないされていることも多い」と伝えて議論を巻き起こした。 さらに、キム·ウォンジュンの過去が無作為に暴いていることも起きている。

キム·ヒョンギ記者silva@sportsseoul.com

2014030901000332600019861.jpg


私がKYさんの熱愛報道について「静観」→「ん?」に変わったのは、
この記事(↑)を読んだときでした。

この記事につけられたコメントではないのですが、
この一連の騒動中にお隣のファンが書いたコメントの中に、
私が感じた違和感に近いものがありました。


eujlogivaさん
記事なぜか本当に巧妙だね?
表面ではあたかもキム研で苦労してそうするようだけど
あたかもビング飴がさせて金メダルに対する世論寝かしてなだめ龍で書いた記事のようですね。 
 
重い王冠を下ろすことは何を下ろして.. 王冠を強奪されたよ。
王冠を訪ねてくる能力も何も出来なければ王冠を強奪して行った勢力に対抗といってみるか
それさえもする能力になれなければいっそ静かに出ているのがより良いことで
1時間前|お届け返信0 共感31鼻腔感1  


韓国では金メダルしか賞賛されず、
銀メダルでは負けたとして叩かれるのだそうです。

そうされないために次々と訴訟を起こして、
KYさんは可哀相なんだ、被害者なんだという流れに持っていきたいのだろうか?
と思えなくもないような気がしてきました。

そして私も後付けながら知ったのですが、
そもそも大元となる熱愛を報じたスクープってどんなものだったんでしょう。

それが次の記事のようです。

こんなに長編だったことにまず驚き。
そして「KY愛の物語」とでも言いたげな物語風の表現にも驚きました。

最初はKYさんの近況を淡々と伝える感じで進み、
途中から不自然なくらい自然に(苦笑)お相手の存在が登場してきます。

単なるスクープというより、
綿密に用意されたもの、という感じがします。


[単独] "女王の汗、そして愛"…キム・ヨナ、6ヶ月の記録 
ディスパッチ 2014-03-06 08:57

2014368323jk90hks_T5_70274_59_20140306085730.jpg

[Dispatch=ソ・ポヒョン・キム・スジ・キム・ヒョ銀器者]正確に4年前です。2010年2月、フィギュアの女王が誕生しました。 2010バンクーバー冬季オリンピック金メダリスト、キム・ヨナがその主人公です。合計点数は228.56点. キム・ヨナは歴代なかった最高点で自身の長い間の夢をかなえました。

キム・ヨナは冷たい氷板の上で熱い涙を流しました。 満場の拍手が起こったし、女王はすぐ微笑を浮かべました。金メダルを抱いて帰ってきた韓国. 女王は私のからだと同じだったスケートを脱いで、実に久しぶりに自由を満喫しました。

人々は女王の未来を心配していました。 だが、キム・ヨナは沈黙しました。 そんなに2年という時間を流れました。そして2012年、ついにキム・ヨナが記者会見を自ら要望しました。 キム・ヨナは始終一貫淡々として物静かな語調で話を継続しました。

2014368323r9z0hks_T5_70275_59_20140306085730.jpg

"韓国のフィギュアスケートのために私がしなければならないことがまだ残ったという考えました。"

20143683243gk0hks_T5_70276_59_20140306085730.jpg

女王が帰還を知らせました。 キム・ヨナは再び氷板上に立つことにしました。 後輩のための選択でした。オリンピックを経験するようにしたいという考えでした。このためにキム・ヨナは、つらい訓練を、一人だけの戦いを、また再び始めなければなりませんでした。

2014368324tokxhks_T5_70277_59_20140306085730.jpg

'ディスパッチ'は昨年8月泰陵(テルン)選手村を探しました。女王の最後のオリンピック、その闘魂の現場を記録したかったです。 この日キム・ヨナは明るい微笑を浮かべました。空の上でつぶれた日差しぐらい、キム・ヨナは明るく笑いました。事実トッピングだけは難しい環境です。 訓練がつらいだけでなく、条件全部良くないです。

201436832433g5hks_T5_70278_59_20140306085730.jpg

泰陵(テルン)選手村にはスケートリンクが一つあります。 だが、フィギュア専用アイスリンクではありません。ショートトラック、ホッケー選手たちと共に分けて使います。 時間を分けて交代でリンクを使います。フィギュア女王がいる国だが、その環境は浅はかでした。

9月5日. キム・ヨナの誕生日です。 もちろんキム・ヨナにはパーティーより訓練が先にでした。この日も間違いなく朝10時スケートリンクに到着しました。 12時までリンク訓練を、午後から6時まではフィジカル トレーニングをしました。
それでもキム・ウォンジュンがいて幸いです。 二は選手村近隣レストランで23回目誕生日を記念しました。

20143683241a3ihks_T5_70279_59_20140306085730.jpg

2014368324r9bkhks_T5_70280_59_20140306085730.jpg

9月11日と記憶します。 この日キム・ヨナの表情は暗かったです。 去る2年を一日も欠かさなくて駆け付けました。異常がないならばそれがさらに変なのではないでしょうか。足首に痛みを感じたようです。まだ行く道が遠かったが、彼女の顔に気に障った心があらわれました。キム・ヨナは中足骨微細損傷診断を受けました。 痛み部位は右側足の甲でジャンプする時体重がのせられる所です。イ副首相でキム・ヨナは当初参加予定だった2013~2014シーズンISUグランプリ シリーズ2個の大会をあきらめました。

2014368324vt2lhks_T5_70281_59_20140306085730.jpg

約6週間の治療が必要な状況. だが、キム・ヨナはスケートを脱ぐことができませんでした。リハビリ訓練を通じてからだ作りに専念しました。 天気は重要ではありませんでした。雨が降るかたい日にも訓練を継続しました。 日が沈む時まで話です。

2014368324lnswhks_T5_70282_59_20140306085730.jpg

2014368325bsglhks_T5_70283_59_20140306085730.jpg

20143683250vmphks_T5_70284_59_20140306085730.jpg

訓練に訓練のおかげでしょう。 キム・ヨナのからだははるかに軽く見えました。そんなにキム・ヨナは自身と戦って2013シーズン最初の実戦を準備しました。特に11月、ザグレブ大会を控えては太陽が落ちる時まで外に出てこなかったです。

2014368325md4lhks_T5_70285_59_20140306085730.jpg

いつのまにか12月になりました。 オリンピックを控えて実戦練習に拍車を加え始めました。そして3日、'ゴールデンスピン オブ ザグレブ'出場のためにクロアチアに出国しました。 実戦感覚を点検するための大会でした。

長い間の空白終わりに先国際大会. 女王は女王でした。 少しの隙間もなかったです。キム・ヨナは5日ショートプログラムで73.37点を、6日フリースケーティングでは131.128点を受けました。合計204.49点. 金メダルを首にかけました。

2014368325z0e5hks_T5_70286_59_20140306085730.jpg

完ぺきな復帰でした。 賛辞があふれました。 だが、キム・ヨナは油断しなかったです。 帰国後にも訓練、また、訓練を繰り返しました。恐らくこの時からのようです。 泰陵(テルン)のスケートリンク火はヌルギミョナが消しました。さらにクリスマスイブにも氷板上に立ちました。 いったいいつ休みますかって?

つらい訓練の中でも甘い休息はありました。

201436832533f3hks_T5_70287_59_20140306085730.jpg

20143683259mm3hks_T5_70288_59_20140306085730.jpg

新年が明けました。 Dデーが1月先に迫りました。 キム・ヨナは実戦感覚を習うのに注力しました。1月5日には京畿道(キョンギド)高陽市(コヤンシ)で開かれた第68回全国男女フィギュア総合選手権大会に参加しました。この大会で合計227.86点を記録、優勝は女王の持分(役割)でした。

2014368325iumdhks_T5_70289_59_20140306085730.jpg

実力は相変わらずだったし感覚は生きていました。 それでも訓練を怠らなかったです。早朝から選手村を探したしその誰より遅く選手村を出ました。 13日と27日にも選手村で玉の汗を流しました。夜遅くまで訓練を消化してソチに向かった情熱を燃やしました。

2014368326rm7shks_T5_70290_59_20140306085730.jpg

いよいよ2月です。 ソチのドアが開きました。 世界が揺れました。 それでもキム・ヨナは冷静でした。そのどの時と同様に選手村を探しました。 キム・ヨナは出国前日まで汗を流しました。そして2月11日、608日、1万,4592時間、87万 5520分の訓練を締め切りました。

2014368326o7mdhks_T5_70291_59_20140306085730.jpg

2月12日、ソチに発つ日です。 キム・ヨナは2連敗を期待する人々に話しました。

"私が上手にすることも、できないこともできます。どうせ最後とかさっさと振り払ってしまい気持ち良く終わらせることができそうです。緊張しないならば上手にする自信があります。準備しただけ発揮することが重要です。"

女王は約束を守りました。 無欠点延期(煙、演技)で報いました。 4年前その日のように、キム・ヨナは完ぺきだったし、感動でした。キム・ヨナは女王の健在さを知らせました。 彼女の舞台はこれ以上メダル色で評価下せるのではありませんでした。

2014368326f59phks_T5_70292_59_20140306085730.jpg

もう、キム・ヨナは選手でない平凡な24才に戻ります。 その間選手としてできなかった自由を享受する時間がきました。重かった王冠も下ろす時になりました。 キム・ヨナは彼女の最後をこのように追憶しました。

"私という選手がいたとのことを記憶して下さればと思います"

以上'ディスパッチ'が確認したキム・ヨナの訓練日誌でした。 汗は裏切らないといいます。ヨワンウイプムギョクは、氷の上で流した汗の雫でなされたことでした。 今後繰り広げられるキム・ヨナの未来がまた期待される理由です。

<写真=イ・スンフン・ソン・ヒョジン・ソ・イジュン記者>


ディスパッチの記事をもう一つ。
こちらも物語風。


[単独] "Gold.Love.Yuna 's"。キム・ヨナ、恋に落ちる(総合)
出典 ディスパッチ 入力 2014.03.06 08:56

[Dispatch?イムグンホ・ソン・ウンジュ・サーボ県記者]泰陵(テルン)選手村国家代表スケートリンク。 フィギュア専用スケートリンクすらない。ショートトラック、アイスホッケー選手などのリンクを分けて書く。 時間を裂く方法しかない。フィギュアチームが10時?1時、ショートトラックが1時?3時、ホッケーチームが3時?6時までの間に使用する。

フィギュアの女王がいる国だが、彼が運動している環境では、余裕がなかった。 それさえも元距離であれば、好きな人をよく見ることができること。キム・ヨナとキム・ウォンジュンは、お互いを応援して相手に最も大きな力になった。

20140306120907942.jpg

キム·ヨナが恋に落ちた。 アイスホッケー選手キム·ウォンジュンだ。 代表不動のエースだ。 高麗大学を卒業し、アニャンハルラで活躍した。 現在、国軍体育部隊のアイスホッケーチーム(大明常務)所属。 2013〜2014亚アイスホッケーリーグPO進出の立役者である。 2013アイスホッケー選手権大会優勝の主役でもある。

20140306120907948.jpg

冷たい氷の上で熱い愛を花咲かせた。

去る2012年7月、キム・ヨナは復帰を宣言した。 バンクーバー以降にプールた紐を再度しくじった。韓国フィギュアのための決定だった。 後輩たちのソチ行のための決断だった。 そのキム・ヨナは2年ぶりに泰陵(テルン)選手村を訪れた。

クイーン、銀盤を支配していた「征服者」だ。 しかし、最初に戻っていくということではなく、再度「挑戦者」になるというのは一種の苦痛であった。冷徹な頭がさせた、ボディは熱く動いたが、心だけはまだ涼しかった。その後、キム・ヨナに休憩になったの先輩キム・ウォンジュンだった。

「ディスパッチ」がキム・ヨナの最後の五輪を取材した。 昨年8月以降、6ヶ月の準備を記録した。キム・ヨナの誕生日である9月5日、キム・ウォンジュンとのデートもキャッチした。 負傷でうなるキム・ヨナも目撃した。ソチに出発する前に、最後の訓練も見守った。

20140306120907958.jpg

◆キム・ヨナ、けがと出会う

9月11日、スケート場で出てくるキム・ヨナの顔が歪んだ。 足つきには苦痛が伴いました。 いつもと明らかに違った。 思いどおりにされていない様子だった。2週間後、大韓氷上競技連盟は、キム・ヨナの負傷のニュースを発表した。 「中足骨」の微細損傷であった。

多分復帰を決意した瞬間、予想していたことだった。 少なくともキム・ヨナは知っていた。 彼は戦うためにリストを、その中には「負傷」もないだろうか。それでもキム・ヨナは黙々と耐えた。 痛みを口実に休むことができました。 しかし、一日も訓練を欠かさなかった。

キム・ウォンジュンが力になった。 「ボディチェック」が日常的なホッケー選手、怪我の痛みを誰よりもよく知っていた。キム・ウォンジュンの知人は「負傷にも肉体的苦痛、心理的圧迫に苦しめられた」とし「キム・ウォンジュンが心強い上になった。しかめキム・ヨナを笑顔にした」と伝えた。

20140306120907962.jpg

◆キム・ヨナ、キム・ウォンジュンとの遭遇

キム・ヨナとキム・ウォンジュンの縁は2010年にさかのぼる。 キム・ヨナが高麗大を選択しながら、二人は氷上の卒業生となった。さらに、両方のスケートに乗った。 ただし、学籍番号は違った、氷上で戦うという共通分母の両方を密接にした。

二人が出会ったのは、泰陵(テルン)である。 2012年7月、キム・ヨナが先に村を訪れた。 復帰を宣言し、泰陵(テルン)で身を焼いた。4ヶ月後の11月、キム・ウォンジュンが入城した。 [完了]国軍体育部隊のアイスホッケーチームが結成され、代表を出身であるキム・ウォンジュンが選ばれた。

オリンピックも共通の目指すところであった。 キム・ヨナはソチを、キム・ウォンジュンは平昌を目指した。国軍体育部隊は「代表チームが最高の電源を構築できるように支援、平昌行のチケットに向かって走る」と代表を出身選手を優先的に選抜した。

20140306120907969.jpg

◆キム・ヨナとキム・ウォンジュン、同病相憐

キム・ヨナの少ないキム・ヨナ。 常に自分自身と戦わなければならいた。 大変厳しい時代に日々の連続だった。 泣き面に蜂、けがまで訪ねてきた。存分に氷を縫うことができなかった。 午前中は、リンクで体をほぐして、午後には室内で体を作った。

キム・ウォンジュンも同様。 常務選手は17人に過ぎなかった。 普通のホッケーチーム(30人)の半分の水準だ。特に「大明常務」は、2013?2014シーズン?アイスホッケーリーグと全国総合選手権に同時出場した。選手層が薄かったの2倍以上の汗を流さなければならいた。

だから、二人だけの時間がより甘くしたのか知らない。 お互いの大切な日に、お互いを手にした。昨年9月5日キム・ウォンジュンはキム・ヨナのための誕生日パーティーを開いた。 12月19日にはキム・ヨナがキム・ウォンジュンの誕生日を記念した。恋人の日のクリスマスイブも逃さなかった。

20140306120907979.jpg

◆キム・ヨナとキム・ウォンジュン、刹那の出会い

実際に二人が会う時間はそれほど多くなかった。 まず、キム・ヨナはソチにオールインした。 午前9時から午後6時まで、訓練に訓練を重ねた。常務所属のキム・ウォンジュンは、軍人の身分である。 選手村で四分の一生活をする。 外外出が自由でない。

二人はのリンクを分けて使うが、スケート場で遭遇する時間は、それこそ「刹那」だ。 キム・ヨナがリンクの訓練を終えたときに、逆にキム・ウォンジュンがリンクトレーニングを開始すると.... その一瞬が、お互いの顔を確認する唯一の時間だった。

それでも一つの規則がある。 1か月に2回は外で会うこと。 主にキム・ウォンジュンの外出・外泊時に合わせた。 昨シーズンの常務は、全国大会を総なめにした。主要な戦いに勝った次の日には、外出・外泊や褒賞休暇が与えられた。 キム・ヨナとキム・ウォンジュンは、その時間を利用した。

20140306120907985.jpg

◆キム・ヨナとキム・ウォンジュン、サムギョルサルデート

もちろん、デートの時間が長くはなかった。 2時間ほどご飯を食べるのがすべてだった。 主に泰陵(テルン)近くの焼肉店を愛用した。メニューは、ほぼ三枚肉だった。 そういえば二人の夜のデートも競技力向上の延長線上であった。

それもそのはず、キム・ヨナは、義務的に三枚肉を食べた。 体力補充のためだ。キム・ヨナはオリンピックの記者会見で、「筋肉を速くする必要がありました。力を入れるべきことに、意識的に肉を食べた」と話した。

二人は側近などを動員して周辺の視線を遮断した。 知人カップルと同伴デートをした。 キム・ヨナのマネージャーはまた、ほとんどの夜席に参加した。周りの人がキム・ヨナを知ってみたが、それでも二人の関係は気づくことができなかった

20140306120907992.jpg

◆Gold。 Love。 Yuna's。

ただし、7分である。 キム・ヨナは7分のために806日を準備した。 1万4,592時間を努力した。 87万5,520分を走った。 そして2月21日、その汗をソチに注いだ。全国民が泣いた。 しかしキム・ヨナは笑った。 今、私は本当に、すべてが、終了した身軽な笑顔だった。

すべてのオリンピックのために一人だけの戦いを繰り広げた。 明らかに、孤独大変な時間だった。このときキム・ウォンジュンは、肩であった。 キム・ヨナが傾くことがあった。 傘もあった。 周りを防いだ。 日陰にもなった。 リラックスできる空間だった。

Gold。 Love。 Yuna's。 金メダルも、愛も、すべてのキム・ヨナのものである。 今重い冠を下に置く。そして新しい生活を計画中だ。 その始まりに甘い愛が一緒にしてほしい。 銀盤の女王ではなく、24歳のキム・ヨナ。

☞For Gold

20140306120907998.jpg

20140306120908004.jpg

20140306120908010.jpg

20140306120908019.jpg

☞To Love

20140306120908027.jpg

20140306120908031.jpg

20140306120908035.jpg

20140306120908040.jpg

☞It's Yours

20140306120908046.jpg

20140306120908051.jpg

20140306120908057.jpg

20140306120908063.jpg

<写真=イ·スンフン·ソンヒョジン·西·ジュンギ者>


今回KY側から訴えられたディスパッチの言い分。


ディスパッチ取材チーム長「キム・ヨナの報道、大統領府晩餐まで待っていた "
キム・ヨナ・キム・ウォンジュン単独報道過程のインタビュー...「8月から取材」、「デートらしいデートはなかった」
メディアトゥデイ 2014.03.06(木)[0号] |ジョンチョルウン記者

ディスパッチが6日午前、ソチ冬季五輪フィギュア銀メダリストのキム・ヨナの熱愛説を単独報道した。キム・ヨナ選手の恋人はアイスホッケー国家代表選手キム・ウォンジュンさんだった。キム・ヨナの社会的影響力が高いだけに、熱愛説の影響も大きい。メディア今日は報道の社会的波長を考慮してイムグンホディスパッチ取材チーム長との取材過程を尋ねた。

イムグンホディスパッチ取材チーム長は6日午前の通話で「昨年7月頃側近を通じて(キム・ヨナが)運動しながら大変な時、慰めとなる友人がという話を聞いた」とし「8月から取材に出た」と話した。今回の熱愛説の取材は、一般的なトップスター芸能人ではない国民的支持を受けているスポーツ選手だったので、誰よりも慎重だったと言った。

イムグンホ長は「もしキム・ヨナさんが取材の事実を知ると、オリンピックの準備の邪魔にならないかと望んで常に控え目だった。今回の件は、徹底的に遠い距離で撮影した」と説明した。 今回の取材では、十数人余りのディスパッチ記者がすべて投入された。

イムグンホ長は「長期間取材したため、記者たちが雨は時間ごとに交互に現場に出た」と伝えた。彼は毎日撮影したかという質問に「ずっと応じ持つなかった。誕生日や、彼氏の外出が可能であった競技試合翌日または、キム・ヨナ選手が11月ザグレブ大会を終えた後、会う余裕のある時間に注目した」と明らかにした。

彼は「もしも目立つかと思って、キム・ヨナ選手が私達を意識かと思って、毎日出てはなかったし、オリンピックを本格的に準備する頃には、取材をしなかった」と付け加えた。キム・ヨナ選手側は報道当日まで報道の事実を知らなかったと伝えられた。

イムグンホチーム長は"キム・ヨナ選手は、毎日午前10時に出勤して午後6時まで練習がした。本当に熱心に練習した。どのくらいの生活が大変だったさらさら。キム・ウォンジュン選手は途中寂しい時に会った。二人の出会いは、午後6時から8時まで2時間の間に夕食を食べるのがほぼすべてだった。本当にデートらしいデートはなかった」と話した。

彼は引き続き"私たちは、キム・ヨナの熱愛事実も重要だったが、彼 ??女の最後のを記録したかった。彼女はオリンピックのためにどのように努力して準備したのか、6ヶ月間の努力の中でリラックスすることができている避難所が誰だったのか、その最後を記録したかった」と伝えた。あるチーム長は「選手生活を引退しただけ、今は自由に住んでいてほしい」と付け加えた。

3月6日という報道の時点については「大統領府晩餐が終わるまで待っていた」と答えた。キム・ヨナ選手は去る5日、朴槿恵大統領の招請晩餐に出席したことを最後に五輪後の公式日程を事実上終えた。あるチーム長は「現在、一般の人々の生活を享受したいと思うこれ以上取材することもない。その後の報道ではない」と明らかにした。

ディスパッチは、2011年3月に創刊したオンライン芸能媒体として、有名スターの熱愛説を相次いで報道し、マスコミの注目を集めた。ディスパッチを置いては芸能人を写真と証拠に圧迫するもう一つの極端芸能メディアとの批判がある。これに対し、ディスパッチが芸能産業の巨大化に応じて、自然に登場し、ファクトを立てるための代替的であるという主張もある。

(関連記事= <相次ぐ芸能スクープ、調査報道のかパパラッチか>) ディスパッチは、公認の有名人の基準は、議論の対象であり、有名人は自分の行為が社会に影響を与える可能性があるという点で、正規の位置であるため、熱愛説のような私生活関連の報道を甘受しなければならないという立場だ。

ディスパッチは、△家の中を撮らない△公共の場に対応する、屋外でのみ撮る△不倫は取材しない△芸能人を無理についていけない△未成年者のアイドルは撮らないような熱愛説報道の基準を置いている。


KYサイドがディスパッチを訴えるのは、「動画」が問題だからだそうです。


「キム・ヨナ法的対応?連絡を受けたのはないが異議申し立てすれば... "
東亜日報 2014-03-10 10:15

フィギュア女王キム・ヨナが熱愛と関連して過剰な報道に法的対応を示唆したのに対し、芸能メディアのディスパッチが立場を伝えた。

先にディスパッチは6日、キム・ヨナと国家代表のアイスホッケー選手キム・ウォンジュンの熱愛を単独報道したのに続き、二人がデートする場面を盛り込んだ動画を製作して配布した。以後キム・ヨナの所属会社のオールザットスポーツに過剰なプライバシーの侵害だと指摘し、法的対応を示唆し、不快感を表わした。

ディスパッチ側9日、メディア今日のインタビューで「オール・ザット・スポーツから法的対応と関連して連絡を受けることはなかった」と言いながらも「どの部分が問題なのか異議申し立てをすれば検討して、必要な措置をとる考えがある」と伝えた。

問題になった私生活の動画に対しては「写真のバージョンを映像バージョンで置き換えたもの」と説明した。

一方、キム・ヨナの所属会社のオールザットスポーツは7日 "な媒体でキム・ヨナの熱愛記事とデート写真を公開した後、これに関連する動画が無断配布され、事実と異なる内容と推測性報道が各種報道機関を通じてつながっている」とし「虚偽事実を流布したり、悪質な書き込みをインターネット、SNSなどを介してあげる場合、名誉毀損のレベルで迅速に法的対応する」と強硬な立場を伝えた。

これネチズンたちは「キム・ヨナ法的対応、ひどすぎることはした "、"キム・ヨナ、法的対応、プライバシーを尊重しなければ」、「キム・ヨナの法的対応、推測性報道は自制したい」、「キム・ヨナの法的対応、誤ったのは正すように願う」、「キム・ヨナ法的対応、注意しなければならない」などの反応を見せた。


そしてその問題となっている動画。

コメント欄でちょこさんからも情報をいただき、
私もこの動画を今日初めて目にしました。
(ちょこさん、ありがとうございます)

ディスパッチという会社がYou Tubeで公式に上げているもののようです。



内容は上でご紹介したスクープ記事で使われた写真が、
動画ではちょっと動いているという程度のものでした。

この動画の再生回数、しお韓では4日前に「もう10万もヒットしてるw」とあったのですが、
今日見ると既に100万回超えていますね。

ああ、韓国ではそれだけ話題になっているんだろうなぁと思ったんですが、
それより私が気になったのが、この動画の評価とコメントでした。

2014031002_20140310131923267.jpg

2014031001_20140310131925ec0.jpg

KYさんの動画が常に異常な再生回数になるのは今に始まったことではありませんが、

(韓国はKYさんにしてもK-POPにしても、
 とにかく再生回数を上げてあたかも世界中で大人気と演出したいがために、
 再生回数を上げることを仕事としている会社を使ってまで再生回数を上げているからです)

KYさんの動画でこのように低評価が大きく上回るのは見たことがありません。

そしてコメントに及んでは、
日本語で書かれているものの、一目で純粋な日本人の文章でないことがわかります。
そもそも日本人はそんな発想はしませんし。

何かとても不気味なものを感じました。

日本人がKYさんの動画を攻撃している。
日本人はなんてひどいんだ。

ということを演出しようとしているのではないかと思えたので。

ここまでKYさんの熱愛報道の流れについて、
見たまま感じたままにまとめてみましたが、
みなさんはどう感じましたか…?



ここからはKYさんの近況。

サイン会をしたこと。


[現場]キム·ヨナ、熱愛認定後初めての公式席上「ありがとうございます」
テイルリアンスポーツ 2014-03-09 19:56

プライベート行われたファンサイン会で終始明るい表情
熱愛関連「おめでとう」という言葉に、「ありがとうございます」うなずく返事


キム·ヨナ(24)がアイスホッケー選手キム·ウォンジュン(30)との熱愛を認めた後、初めて公開席上に姿を現わした。

キム·ヨナは9日、ソウル江南区論硯洞三星デジタルプラザ1階の屋外駐車場で開かれたファンサイン会を通じてファンたちとの出会いを持った。

非公開で行われたこの日の行事に白のブラウスに黒のミニスカートを着て登場したキム·ヨナは参加したファンたちの名前をいちいち書いてくれてサインしたことが分かった。

会場は終始笑顔でファンと自然に呼吸していたキム·ヨナが熱愛と関連して複数の参加者が渡した「おめでとう」という言葉に「感謝している」と肯定的に回答するなど、温かい雰囲気だったという裏話。

事前に抽選で選ばれた50人先着50人の計100人は花冷えも早朝から混雑を成した。 集中された注意を勘案して、警護会社の厳重な警備も続いた。

主催者側の関係者は「大々的な宣伝をしたこともないのに、前日の夜から待っているファンもいた」とし、「午前6時30分、100人がすべて満たされた」と驚いた。

会場に入場していない一部のファンはキム·ヨナが行事を終えて車に移動するまで待った、キム·ヨナが現れると、「開いた彩愛してる "を叫んだりした。

2014年ソチ冬季オリンピック」を最後に現役引退を宣言したキム·ヨナを直接会うためにファンたちの関心がこのように熱かったのは、最近明らかになった熱愛ニュースの影響も大きく作用したという分析だ。[テイルリアンスポーツ=キム·テフン記者]

news_1394357969_425893_m_1.jpgimg_20140309154936_8020df78.jpg
▲キム·ヨナは9日、ソウル江南区論硯洞三星デジタルプラザ1階の屋外駐車場で開かれた
ファンサイン会を通じてファンたちとの出会いを持った。 ⓒサムスン電子


熱愛説認めたキム・ヨナ「初の公式席上ファンサイン会 '
201403091223349330_1_59_20140309122402.jpg

ファンと目合わせたキム・ヨナ
PYH2014030906290001300_P2_59_20140309162707.jpg


5月のKYショーを現役最後の舞台にするということ。


キム・ヨナ、5月のアイスショーで公式に引退の舞台...新しいガラも用意
イーデイルー 2014-03-10 10:31

2014年ソチ五輪を最後に現役選手引退をした 'フィギュア女王'キム・ヨナ(24)が国内ファンたちの声援に報いようと、5月のアイスショーを通じて現役引退の舞台を飾る。

キム・ヨナのマネージメント社のオールザットスポーツはキム・ヨナをはじめ??、世界トップクラスの選手たちが出演する「サムスンギャラクシー★スマートエアコンオールザットスケート2014」が、5月4日から6日までの3日間、ソウルオリンピック公園体操競技場特設アイスリンクで開かれたと10日に発表した。

去る2月、2014年ソチ冬季五輪を最後に現役選手としてフィギュアスケートの競技を終えたキム・ヨナは今回のアイスショーを公式現役選手引退の舞台に飾る一方で、現役選手期間中に応援をしてくれた国内外のファンたちに報いる舞台を用意する予定である。

特にキム・ヨナは今回のアイスショーで応援を惜しまなかったファンのために、新しいガラショープログラムをリリースする計画で、どのようなガラショープログラムが今回のアイスショーの最後を飾るか気がかりなことをかもし出している。

キム・ヨナは「今回のアイスショーが現役引退の舞台であるだけに、新しいガラプログラムを準備したい」とし、「新たなガラのプログラムで、その中にファンが送ってくれた愛に少しでも恩返ししたい」と付け加えた。

一方、アイスショー主催社であるオールザットスポーツは「フィギュア女王キム・ヨナ選手の現役引退の舞台であるだけに、それに見合ったアイスショーのテーマと内容、舞台構成、プログラムなどを用意するように努力する "とし、"ファンたちがキム・ヨナ選手の現役引退を記念してキム・ヨナ選手が、これに報いる舞台に作られるだろう "と明らかにした。


五輪後にご紹介しそびれていたニュース。

ソトニコワ選手はエキシビションでミスがあったのは確かですが、
その失敗を笑いものにしているところに韓国の国民性が出ているので。

憂鬱なときに見ると、失敗が面白くて笑えるとか…。


前玄武、キム・ヨナにソートニコバーガラショー推奨 "憂鬱な時に見て"  
ニュースエン 2014-03-04 18:58

前玄武がキム・ヨナにソートニコバーガラショーを見て推薦した。

キム・ヨナ(23オール・ザット・スポーツ)は3月4日ソウル永登浦洞タイムズスクエア1階アトリウム内特設舞台で開かれたファンミーティングでファンたちと楽しい時間を過ごした。

キム・ヨナはこの日桃色のスウェットパンツ上に上げ頭をしてさわやかな雰囲気を演出した。キム・ヨナは 「幼く見えるように服も爽やかに着て頭も上げた」と話した。

キム・ヨナこの日のファンミーティングで「他の選手たちの試合でも選手生活する時は気楽に見られなかった。試合を見ながら次の自分の姿が想像されたりした」と明らかにした。

すると司会を務めた前玄武が「ソートニコバー見た場合どのくらい笑わせたのだろう。ガラショーを見たの」と尋ねたキム・ヨナは「ソートニコバーはもちろんのこと誰のガラショーも見られなかった」と答えた。

これ前玄武は「本当に憂鬱な時に見てください。面白い」と推薦して笑いをかもし出した。

一方キム・ヨナはこの日の近況と最も食べたい、今後の計画、10年後の姿、自分が思う最高の演技、背骨の状態、風などに対して率直に明らかにファンの大きい呼応を受けた。(写真=左から前玄武とキム・ヨナ/ MBC関連中継キャプチャ)

201403041600163030_1_59_20140304185802.jpg
2014030909.jpg


KYさんは相変わらず忙しく、
人の不幸を笑う韓国の国民性は平常運転、ということで。

次はソチ五輪の結果について未だにグズグズ言ってる韓国の報道を二つ。

特に二つ目など長文過ぎて、実は私も全文読んでないのですが、
とにかく韓国は「ソトニコワ選手の金メダルは八百長」という印象で押し切りたいようです。

また、イ・ジヒ審判までもがKYを下げたとして槍玉に上がっているのにも驚きました。


キム・ヨナと審判たち、そしてロシアのお金 ロバート・キム
ニューデイリー

今ソチ冬季オリンピックも終わり、のの健脚は全国民の熱烈な応援と声援に良い成果を上げて家族のもとに帰ってきた。「本当に宣伝しました! 」たとえ遠く暮らして、私はTVを見ながら我々の選手たちを応援した。

ところが今年の冬季オリンピックのハイライトであり全国民の大きな希望だったキム・ヨナ選手のメダル色が金色で銀に変わる過程を見ながら、私たちの国民をはじめ世界中の人々は物足りなさを感じたのだ。ロシアの人々を除いて。

しかし彼の最善を尽くしたパフォーマンス(演技)は全世界を感動させた。世界の祭りであるオリンピックの開催国の態度のも態度のだが、政治力とお金の力がどれだけ誤用されているかを今回再び感じることができた。すぐにキム・ヨナ選手がその犠牲になったと世界が残念である。キム・ヨナ選手は金メダル演技をしても銀メダルを首にかけざるを得なかった。


23年前、1991年にソ連の共産体制が崩壊した後この時までに最貧国だったこの国は国号をロシアに変更し、新たな油田が発見され、世界原油価格が急騰する重好材料に会って巨大なお金を稼ぐ黒海のリゾート地ソチで今回の冬季オリンピックのために不足なくお金を使った。 4年前の冬季オリンピックの開催国選定時には、江原道平昌がロシアのソチに変わる異変にもお金の力が作用したと考えている。

そして今回のソチ冬季オリンピックでも彼らの金券が審判に作用していないはずがないだろうと思う。確かに残念なことだ。しまいにたら韓国のスポーツ評論家はソチ五輪が数値オリンピックになったのだろうか。多くの人々もこの言葉に同意する。

次の冬季オリンピックは江原道平昌で開かれ、ソチを鑑みこのような汚名を残さないクリーンなお祭りになって大韓民国を世界に知らせ、大韓民国の良心が世界で認められることができることを期待し、またここで多くのオリンピアンが参加して世界10位、いや5位の中にも入るスポーツ強国に重ねて出してほしい。

運動競技で審判の誤審で勝負が分かれる場合が多い。スピードを競う競技では時間と決勝ラインをだますことができないため誤審の可能性はほとんどありませんが、サッカーや野球やフィギュアスケートなどの競技では審判の個人的な観点からこの結果を左右することもある。

だから新技術が競技場に導入された競技が多くなった。世界的なテニスの試合では電子光学技術が既に導入されて、ボールの金の上や金の中に入るかどうかすぐに知らせることができて、選手たちの反論を客観的に拡散させている。フェンシングも先端技術を導入している。

==アメフトデハー(長いので略)==

運動競技は私たち人間を楽しませたり悲しいことにする。このため人々がゲームに熱狂してお金をベットする。運動競技は、人間の苦悩も忘れさせる中毒性を持っているようだ。

2018年平昌冬季オリンピックでは、大韓民国がもう少し成長した神社と良心的な国民性を世界万国に見せてあげよう。



キム·ヨナ「八百長」された衝撃の裏話
牽制勢力が掌握した氷上連盟? 「提訴」を防ぎ選手貶め
週刊現代 ジョミジン記者 2014/03/03 [09:55]

国民の期待と関心を集めたキム·ヨナの最後のオリンピック引退の舞台が、予期せぬ「八百長」で金メダルを盗ま吹かれて陵辱されたが大韓氷上競技連盟の有力者たちはむしろキム·ヨナの今回の試合を過小評価し、世論を潜在的懸念している。 この事件は「五輪フィギュア史上最悪の判定スキャンダル」と呼ばれ、世界的な課題とされており、海外の専門家と各国のメディアが「キム·ヨナが金メダルを奪われた」とし、日線の批判をしている。 海外請願サイトの景気再審査を求める署名は200万人を超えた。 しかし国際氷上連盟フィギュア審判であり大韓氷上競技連盟の有力者たちは、今回の判定​​を正当化するために、ロシアなど立てた論理を、彼らのスポークスマンであるかの主張して公式提訴を防いでおり、公憤をかもし出している。 <編集者注>

夜明け視聴率30%...全国民の誇り、フィギュア女王引退の舞台
「判定スキャンダル」で、予期せぬ結果が...衝撃的な銀メダル

世界的な波長...海外の専門家·外信「金奪われた"
氷上連盟の有力者...自国の選手過小評価し、「提訴」防いで


[週刊現代=ジョミジン記者]フィギュア女王キム·ヨナがソチ冬季五輪で女子フィギュア稀代の「判定スキャンダル」で五輪2連覇という大義と、金メダルを奪われてきた国民が衝撃と怒りに陥った。 フィギュア女王の最後のオリンピック引退の舞台が陵辱されたものである。

女子シングルフィギュア種目は伝統的に冬季オリンピックの花と​​されたうえ、当初キム·ヨナが世界的に注目を受けてきたのが、事態は海外各国でも特筆され批判を受けている。 しかし、衝撃的な事実は、自国の選手を保護し、権益を積極的に代弁しなければなら大韓氷上競技連盟フィギュアの有力者が実質的にキム·ヨナの強力な牽制勢力とのこと。

これらキム·ヨナのオリンピックの演技を実際以上に削って下り大韓体育会などのスポーツ界の要人たちと世論を説得させているという疑惑が提起されている。

驚くべきことに、国際審判をはじめとする国内のいくつかの有力フィギュア関係者が自国の選手のキム·ヨナを過小評価している一方、日本選手の不完全な技術の実行に寛大な評価を下げるなどの牽制は、数年前から継続されてきたという批判が台頭している。

2014030355222173.jpg
▲去る2014年ソチ冬季オリンピック女子フィギュアでキム·ヨナが「判定スキャンダル」で2位にとどまり、世界フィギュア界と海外各国に波紋が広がっているが大韓氷上連盟は提訴を積極的に防いでいるのが実情である。 ©週刊現代

全国民の関心事

去る2月21日午前3時50分頃、ソチオリンピックの女子フィギュアスケートのキム·ヨナの第二戦のフリースケートが始まった。 平日深い夜明けなのに、全国の瞬間視聴率は30%を超えた。 キム·ヨナが冬季五輪の花と呼ばれる女子シングルフィギュアの有力な優勝候補であり、世界フィギュア歴史の一線を引く五輪2連覇に挑戦したからだ。

1988年冬季オリンピックの時カタリナ·ビットの後で、誰も成し遂げられなかった挑戦だった。 事実キム·ヨナは最近数年の間だけで優れた運動選手ではなく、大韓民国が世界に打ち出すのアイコンであり、象徴のような存在だった。 した銘柄の独歩的な存在感に加えて、この程度の世界的な地位·認知度まで同時に持つスポーツスターは、韓国の歴史上存在しなかったからである。

ですから、深い夜明けにも、国民は手に汗を握って試合を見ていた。 しかし、この日のフリーゲームの進んだロシアの選手たち、イタリアのコストナーなどに煙実行に比べて数十点急騰した点数が与えられる怪しげな判定が続いて見守る国民の緊張感はより一層大きくなった。

ロシア·ソチの現地競技場は、自国の選手を中心と雰囲気が支配的だった。 特に最後の組の2番目に登場した開催国ロシアの選手アデリーナソートニコバーに常識を超えた大きなスコアが付与された。 キム·ヨナが2010年のオリンピックの時に建てたフリー世界最高記録である150点に過ぎ小数点の差が足りない高得点であった。

ショートとフリー総点も、この選手がわずか1年前の世界選手権でも50点ほど高かった。 スケートのレベルは、1年前と大きな違いはなかった。 このような雰囲気の中で、すべての選手の演技が終わった一番最後にキム·ヨナが登場した。 実際に大会の最後の手順はフィギュア選手たちが最も気にする。 競技場のリンクの質も良くないばかりか、他の選手たちのスコアやゲームの実行をある程度知ることに心理的負担が相当するからである。

有力な優勝候補である他国の選手がミスしてほしい多くのロシアの観衆、第3国の観衆、そして少数だが熱狂的な応援をする韓国の観衆の中でキム·ヨナのフリーゲームは、その開始された。 最大の得点がかかった3回転連続ジャンプをはじめとレベルの高い演技が続いた。

後半節目であるトリプルルッツ高難度のジャンプも着地が困難な状況にうまくコントロールして成功させるなど、運動能力やスケーティング技術、ジャンプのスケール、演技力などでは次元が違いを見せてくれて無欠点演技をやり遂げたのだ。

もちろん、ロシアの放送局は、韓国をはじめとする世界各国に送出するキム·ヨナの映像を実際に見かねて見えるように撮影した美NBCで撮影した映像でソートニコバーの演技と比較すると、一般の人にも一目でキム·ヨナがはるかに優れていることがわかりました。 現場で見ると、その差はさらに明確になる。 現場にいた外国人記者や外国の解説委員はキム·ヨナが観衆を圧倒したと明らかにした。

衝撃的なスコアを発表

しかし、キム·ヨナのフリーの得点がアデリーナソートニコバーより、なんと5点も低く発表された。 生放送中継をしていた世界各国の多くの解説陣は、キム·ヨナの点数を見て目を疑った。 現場の奇妙なオーラを感知していた人が多かったが、キム·ヨナのクリーン演技よりもミスがあったソートニコバーと、より高いスコアを与えることとは思わなかったのだ。

フランスの中継の解説者はキム·ヨナの点数を見て「NO」を叫んだ。 アジア選手が歴史的な女子フィギュア五輪2連覇を達成することが喜ばしくないニュアンスを漂わせたり、問題提起を大きくしていない解説者もあったりした。 しかし、利害関係やアジア選手の専有権を持たない多くの世界フィギュア専門家たちが衝撃を受けて、判定結果を批判した。

1988年女子フィギュア五輪2連覇を達成したカタリナ·ビットは、ドイツ国営放送局ARDに出演して "完全に熱受け、最近は熱つの要素が正しく構成されたのか、基本スコアがいくらなのか、視聴者が確認することができる」とし、「今日のキム·ヨナ演技は本当に鳥肌と、金メダルを確信した」と述べた。 さらに、「今回のことはそれだけで越えてはならない」と憤慨した。

元国際スケート連盟会長ソニアビアンゲッティは、「ソートニコバー素晴らしい演技を広げた前途有望な選手だが、技術点でキム·ヨナ、ライナ·コストナー(3位の選手)とは「星と星の距離」だけの差がそれは私だった」と指摘しした。 そのほかにも男子シングル3回米国ナショナルチャンピオンのマイケル·ワイス、2002年のオリンピックペア金メダリストジェイミーサレーなど、多くの専門家たちがキム·ヨナが金メダルであると、ソートニコバーは3位だったカロライナコストナーよりもスコアが少なかっべきことを国際スケート連盟を強く批判した。

世界各国のメディアも大きく問題提起をして報道した。 アメリカ、オーストラリア、イタリア、カナダ、フランスなど海外のメディアは間違った判定の強い疑惑を提起した。 イタリアの有力媒体ラガゼッタデッロスポーツは「キム·ヨナは公正でない審査のせいで二番目オリンピックで銀メダルを受けて選手生活を終えことになった」とし「2010年バンクーバーの女王は、彼が見せてくれた実力にはるかに及ばない不適切な点数で銀メダルにとどまるた」と切なさを現わした。

中立的な立場にあるフィギュア専門家たちは一様に今回の金メダルを獲得したソートニコバー、ホームの利点を考慮しても3位が適切という分析が主をなしている。

用意された「八百長」

事実、今回の判定​​スキャンダルは「八百長」と定義することが適切である。 勝負をつける試合で選手とコーチングスタッフ、審判が故意に競技の結果を操作する行為を八百長と呼びするからである。 フランスの有力メディアルクウィプは、女子シングルの試合が始まる前に「米国とロシアがフィギュアスケートでお互いに金メダルを獲得するように助けることに談合した」というニュースが世界で一番最初に報道した。

また、国際スケート連盟のフィギュア審判教育や大会の審判の割り当てなどを担当する高官からロシア、日本などに偏っているという指摘がある。 アメリカUSA Todayのスポーツ評論家クリスティン·ブレナンは、匿名を求めた米フィギュア連盟の高官の話を引用して、 "フリースケーティング審判構成を遂げた国の割り振りは当然ソートニコバーのためのものだった」とし、現在の匿名の審判が採点するシステムで、は誰が談合していることは絶対に見つけることができないと判定し、システムの問題点を指摘した。

これに関連しフリーゲームの得点に参加した審判のウクライナのガラスの足コープは、1998年長野オリンピックでの八百長疑惑で1年間の資格が停止された経歴がある。 また、今回の大会の審判だったロシアのアラシェコーブチェバは、2011年にロシアのフィギュア連盟会長アレクサンドル·ゴルシュコフの妻であり、ソートニコバー、近年参加した大会のたびに審判を務めてきた。

ソートニコバーの1位が確定したらすぐに審判とソートニコバー家族のように抱擁する場面がアメリカの放送局のカメラに捕捉された。 彼らの格別の関係を端的に示したものである。 また、それぞれの技術を実行要素のレベルを決定する役割をする技術審判がロシアスケート連盟の副会長アレクサンダーロッカーニックによってリードされた。

ロッカーニックは国際氷上連盟フィギュア技術委員会の委員長として、国際審判の教育などを思うままにすることができる職を持っていることもある。 現地で試合を見守った米国の記者は「キム·ヨナが装甲車に乗って行かないし、金メダルを持って帰ることができない雰囲気だった」とフィギュア団体も前から検出された、非常にロシアに偏った判定と雰囲気を説明した。

フランスのメディアレクウィプは、 "彼らは堕落している」とし、「これらのスキャンダルは、このスポーツに対する不信が持続するようにする」と強く非難した。 実際初日ショートゲームのスコアも問題が大きかった。 1位キム·ヨナ、2位にソートニコバー、3位·コスナーが、小数点差しかなかったのだ。 ホームの利点を考慮してもキム·ヨナが1位、2位は少なくとも5点以上の差が覚めたよというのが、中立的な立場に立った世界の専門家たちの評価だ。

これらの審判の構成を背景に、各要素の実行点数がキム·ヨナの高次元的な実行に比べて怪訝ほど少ない点数が付与され、ソートニコバーは、技術の正確性、完成度の面では、低レベルを駆使しても、習慣や規則を破る高得点を受けた。 さらに驚くべきことは、プログラム構成点数(PCS)でソートニコバー、キム·ヨナよりもわずか0.09点少ないということだ。

PCSのサブ評価項目は、技術、変化、演技力、振り付け、曲の解釈(表現力)であるが、ここでソートニコバー、キム·ヨナとほぼ同等であるが、今回の判定​​結果だ。 これに対し、国内と海外を問わず、専門家は完全に間違ってなったと批判している。 米国NBC放送局の無解説中継映像を見ると、両方のプレーヤーのためのより客観的な評価が可能である。

国内中継映像は、ロシアの放送局から送出されたもので、実際に比べて意図的にキム·ヨナができなく見えるように撮影していないかという疑惑が提起されるほど、実際の見かねて見えるように撮影された。 この撮影の疑いもロシアでは1〜2年前から審判買収作業をしたという疑惑と同一線上で出ている。 プーチンが長期的に準備​​した '勝負操作」の操作であり、2002年のオリンピックのフィギュア判定スキャンダルの主人公だったロシア機蓋然性が高いということだ。

201403035538503.jpg
▲帰国歓迎を受けているキム·ヨナが、大韓氷上連盟と大韓体育会は冷遇を受けている。 ©週刊現代

また、ソートニコバーキム·ヨナよりも3回転ジャンプ一つをさらに走ったが、浅田真央は、ソートニコバーより、ジャンプを多く走ったが、7点やより低く出た。 フィギュアスケートは、その他の要素の実行レベルが総合的にスコアに反映される。 単にジャンプ数のみの総合得点が決定される銘柄がないのだ。

また、ソートニコバーは、世界選手権、ヨーロッパ選手権、グランプリファイナルでは、過去3年間優勝したことは一度もなかった。 ところが、PCSがわずか2ヶ月前のようなプログラムで受けた点数より20点も多く受けた。 技術点は、ジャンプやスピンのその時々実行に応じて短期間でスコアアップが可能かどうか分からなくてもPCSは同じシーズンの2ヶ月間、20点が増加するということは、フィギュア種目で可能な変動はない。

国内の有力者が牽制?

事実、韓国選手たちがオリンピックの他の種目で判定論難に不当に金を奪われたことは過去にもあった。 しかし、世界的な注目を引くことができない種目者だったので、すぐに抗議をしても結果を覆すことができなかった。

しかし、今回は冬季オリンピックでも有数の世界的関心種目である女子シングルフィギュアスケートでキム·ヨナの2連覇を達成するかどうかは世界的にも有数の問題だったので、今回の「判定スキャンダル」の波長は大きい。 世界の世論が大韓民国のスポーツの歴史上類例なく、韓国選手に有利な方向に話題になっているのだ。

このような流れをうまく利用すれば誤った判定を正し金を取り戻してくるのも可能性がないわけではない。 過去、2002年ソルトレイク冬季オリンピックでもペア部門に判定論議が起こった。 当時、カナダスケート連盟の公式提訴をするなど、強力に対応して、共同金メダルが授与されている。

事実、当時のカナダの選手たちよりも現在のキム​​·ヨナ選手の1位は、より明確な状況だ。 しかし、次期オリンピック中継などを事前に購入した米国NBC放送局などは、キム·ヨナが1等するのに十分ではなかったと過小評価している。 これに関連し、今後フィギュア中継の視聴率が低下したり、フィギュアの人気が落ちることを懸念し、出てきた結果、キム·ヨナの評価を挟んで合わせるという指摘がある。

このように自分の利害関係に基づいて、キム·ヨナが'1位に値しなかった」とか「独歩バイナリなかったからこうなったのではないか」という視線も頭をもたげている。 特に、今回の八百長疑惑の加害者に指目されたロシア、選手時代を通じていくつかの方法を動員して、キム·ヨナを牽制してきた日本などでキム·ヨナの今回の演技に対する枝葉的な低評価が行われている。

国内でまでフィギュアスケート種目を十分に知らない人が乗っ種目国内選手と比較して、キム·ヨナを過小評価することが発生している。 実際には正当に判定が下されたならキム·ヨナは合計スコアで2位と30ポイント以上の差で圧倒的に優勝しなければならなかった。事実と異なるこれらの国内·海外のいくつかの悔しい低評価を終息させるには大韓氷上競技連盟が優先された国際氷上連盟に「提訴」をして、結果を適切に変えている。

IOCもスポークスマンを通じて「一応国際氷上連盟の公式提訴が受理されなければ、我々はその後の措置をとることができる」と明らかにした。 金を取り戻すことは実力だけで寂しくフィギュア強国の政治力に対抗して国のイメージと地位を高めた、自国の人材のための利益の保護であり、今後、彼の世界的な影響力に国威宣揚するのにも意味のあるの足がかりになることというのが大半の意見だ。

既に2018平昌冬季オリンピック誘致過程でキム·ヨナは、他人が代替できない象徴的な役割を担って大きな利点をしている。 また、女性の運動選手の中で、世界初のユニセフ国際親善大使に選ばれてハイチ大地震、日本の福島地震などの国際社会の災害に毎回寄付を寄託するなど、国内外での慈善活動を活発に行って、世界の手本になっている。

しかし、大韓氷上競技連盟は、キム·ヨナの金メダルを取り戻すために、国際スケート連盟の公式提訴を準備するどころか、提訴を要求する国内世論を抑えようという批判を受けている。 さらに衝撃的なのは、大韓氷上競技連盟の有力フィギュア関係者が複数の放送局、メディアとのインタビューでキム·ヨナの今回の試合を枝葉的な観点から低評価し、提訴するように世論を積極的に変えようというのだ。

特に、国際スケート連盟の審判であり大韓氷上競技連盟フィギュアの有力者であるイ·ジヒ氏などが国際氷上連盟で自分の地位を維持するためにキム·ヨナの競技内容を卑下して提訴を防ぐために、力を入れているという批判が起きている。 これと関連し、国内のフィギュアファンなど関係者は「韓国人の国際審判たちが韓国選手の権益保護どころかけなす忙しくしており、それぞれ自国の選手に有利なルール改訂、判定を積極的に反映しようとする国際氷上連盟、外国の有力者たちの手先の役割だけ熱を上げる」と怒っている。

実際には、国内の有力者たちは、数年の間キム·ヨナを微妙に過小評価し、日本の浅田真央らには寛大な評価をしてきた。 これに関連し大韓氷上競技連盟の有力者は、国際スケート連盟理事である日本人平松純子と近いの間でも知られている。

フィギュアスケートのスポーツ的権威をクラッシュさせて、スポーツの定義を崩し一部は無効、今後の韓国フィギュアスケートの発展に深刻な悪影響を与える今回の事態と判定結果が一日も早くすぐにキャッチすというのが世界フィギュア関係者との意識の韓国フィギュア界の声だ。 まずは、大韓氷上競技連盟が国際スケート連盟に提訴することが急務であるというのが大半の意見だ。


最後は産経新聞による採点問題のまとめ。


韓国で終わらないフィギュア採点問題、ISU「計画的詐欺」報道まで出て ネットでは〝韓露戦〟勃発
産経新聞 2014.3.9 07:00

 ソチ五輪が終了しても、フィギュアスケート女子の採点問題の波紋は収束の気配を見せない。2月27日の朝鮮日報電子版は米国のフィギュア専門コラムニストのコラムを引用、「不公平判定はISU(国際スケート連盟)が1年前から計画した詐欺劇」と題して報道。ISUがすべき事は真相究明ではなく「公式謝罪文を出して判定を覆すことだ」と追及の矛先を強めている。あおられるように韓国ネットユーザーが金メダルを獲得したアデリナ・ソトニコワ(ロシア)に謝罪を求め、ロシアのユーザーが反撃に乗り出す“ネット戦”が勃発しているというのだ。

 朝鮮日報によると、物議をかもしたコラムはジェシー・ヘルムス氏の「スキャンダル、詐欺、そしてフィギュアスケートの終わり」。同氏は「全世界の視聴者の目の前で、キム・ヨナが受け取るはずだった金メダルを強奪したのは、まさにロシアの『強奪のような政治集団』と、ロシアの新鋭たちを助けるため採点システムを変更したISUの事前計画によるものだった」と主張。そして「ソチ五輪はフィギュアスケートが終わりを告げた大会として記憶されるだろう」とまで酷評している。

 「呆れるほどあからさまだった」と同氏が批判する根拠が、2013年世界選手権とソチ五輪でソトニコワが獲得した点数の比較だ。世界選手権のソトニコワは、ショートプラグラム(SP)が59・62(8位)、フリーが116・36(9位)で総合得点175・98(9位)に終わっていた。ソチ五輪SPの演技は「13年世界選手権の完璧なレプリカ」だったと同氏は見ており、ソチではSPが74・64点(2位)と、1年後に「15点以上もアップした」と批判する。

 2013年の世界選手権はキム・ヨナが優勝し、2位がソチ銅メダルのカロリーナ・コストナー、浅田真央が3位だった。3人の実力は「他の若い選手たちには当分追いつけないほど確固たるものだった」と評価。この実力の開きによって「ISUの審判たちは若手選手たちの低レベルなジャンプ技術に出来栄え点を集中させ始めた」と説く。ソチ五輪は、このような「壮大な詐欺」が施されたのであって「プーチンやロシアの盲目的集団がソトニコワの演技や点数に関係なく、いくら歓喜しても、金メダルという価値には及ばない」と結論づけた。

 まさに韓国内の民意を反映する主張で、国民はさぞや溜飲を下げたことだろう。ただ、これで納まらないのがネットユーザーだ。ソトニコワのフェイスブックに「金メダル泥棒」などと書き込んだり、ディズニーのアニメ映画「シュレック」のキャラクターとソトニコワを合成した画像などを大量に貼り付けた。プーチン大統領のフェイスブックにも「最悪のオリンピックだよ」「己の身を恥じろ」などとハングル語で荒らしたという。

 ISUは「判定結果には自信を持っている」と判定調整を拒否しており、判定が覆ることはなさそうだ。だが、韓国サイドの“攻撃”にロシアのネットユーザーも「韓国ネチズンはソトニコワに謝罪しろ」と反論。「ソトニコワはキム・ヨナより高度な技術を披露した」「キム・ヨナは金メダルを4年前に取った。五輪連覇が難しいのは当然だ」など、韓国サイドの罵詈雑言に比べ、おとなしいトーンで書き込んでいる。

 なかなか沈静化しない韓国ネットユーザーに関し、韓国の大学教授は「匿名空間は鬱憤を晴らすのに適した場所。韓国はかつて強国に支配され、国民に被害者意識が植え付けられた。そのため強国のスポーツ選手が対象になった場合、韓国人の反応はより強くなる」などと指摘、ここでも歴史問題が顔を出すのだった。




更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2014/03/13(木) 17:54:17|
  2. キムヨナニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:4
<<「エイトトリプル」の価値を落としたいの…?青嶋ひろのさん。レオノワ選手も泣かせた真央ちゃん。 | ホーム | とんでもない完成度の神動画ご紹介!>>

コメント

いや~熱愛すら捏造。

記事を読むのもだんだんアフォらしくなってくるんだから、この記事を書いてるのはどんなに苦痛だろう…

お疲れ様です。
忙しいのにこんな苦行。
(*゜▽゜)_□お茶ドウゾ

で、私が気になったのは、kyの足です。太ももの肉。後ろから見てもおかしいくらいにでてる。色々凸凹してる。アスリートらしからぬ足!
よくその足出したなと。しかも生足で。肉の付き方がおかしいとは思ってないってことですよね。

こーゆーときにフォトショしないんですね。いつものウソがバレてますよ♪

結論としては、どーでもいいんですが。ヤーツに興味はないので。
こんな記事だして何を狙ってるんだろ~?ってところです。
が、色々画像で自爆( ̄* ̄)ププ

5月でしたっけ?ヤーツのジャイアンショー 。
誰呼ぶかな~。ロシアは流石に呼ばないかな。となると、カナダアメリカあたりがメイン?
相変わらずスケーター達の死んだ目がいっぱいなんでしょうね。
  1. 2014/03/14(金) 11:46:16 |
  2. URL |
  3. カフェオレ #-
  4. [ 編集]

石ころさん、記事再掲、ありがとうございます&お疲れ様です。
改めて読み返して、KYを批判めいたことを述べてるわけでもなし、
ただ、報道の事実を淡々と纏めてるだけの記事に、
何をイチャモンつけたかったのやら…とにかく石ころさんに嫌がらせをしたかっただけなんでしょうね。
もしかしたら、石ころさんのそういう冷静な視点こそ相手を恐れさせているのかも…と思います。
石ころさんは、謙遜なさるでしょうけど、
韓国の報道をこれだけしっかり、解りやすく纏めてくださるブログって少ないように思いますし
石ころさんのそいういう某ブログ姐さん風でいうなら「能力者」であるところを、「敵」は恐れ
執拗にあの手この手で嫌がらせをしてくるのではないかと、最近、感じています。

で、この一連の報道に関する、私個人の感想としては

・K国側---金メダル取れなかったことへの話題そらし
・日本側--取りあえず、浅田選手や羽生選手や世選に話題持ってかれそうなので忘れないでキャンペーン

を兼ねているのかなーと思います。
日本上陸の下地作りも虎視眈々と狙っていそうです。絶対に阻止ですが。

報道が周到に準備されていたかのような所も気になりますね。
「チョッパリより上にしろ!メダルは銀でもいい」みたいな打ち合わせも
だいぶ前からしていたのかも…と思います。

KYはIOC委員になれるのでしょうか。
こんな人間を受け入れようとする、IOCもどうかしてますな。

彼女は引退しても、フィギュアに関わり続けるとの発言しているようです。
フィギュアに関わり続ける以上、結局、
日本およびフィギュアスケートに害悪を撒き散らしつづける存在であることに変わりはないので、
今後も、私のKYウォッチングの関心が薄れることは無いと思います。
まあ、本当に引退するのか?って感じですけどね。
似たようなパターンをバンクーバー後も見たような気がするし…
平昌が近くなれば、また出てきそうな気がするんですよね…
  1. 2014/03/15(土) 21:28:44 |
  2. URL |
  3. 瑠璃月 #aIcUnOeo
  4. [ 編集]

保守速報でみましたが、日本の移民政策で年間20万、今後1000万人を目標に移民政策を政府は検討しています。特アの経済難民がほとんどでしょう。これらを見越して、アレも日本でのアイスショーやCMを永いスタンスで画策してきそうで心配です。絶対、移民もアレの日本上陸もイヤです。
  1. 2014/03/16(日) 09:53:43 |
  2. URL |
  3. すずらん #6moyDOY6
  4. [ 編集]

石ころさんこんにちは。

提訴とはさすがですね、まさかソチ五輪だけ検証しろって話は無しですよ~~。ぜひぜひ!!KYが出ている国際大会すべて検証してあげてください!!

自国のファンに苦しめられるKY、さすがブーメラン国家!!
  1. 2014/03/18(火) 15:39:31 |
  2. URL |
  3. 豆柴 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。