ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

伊藤みどりの目「記憶に残るスケーター」ほか海外の選手・解説の声などを。

画像がたくさんあるのですが、時間がない(涙)
取り急ぎ気になったニュース、某所の書き起こしなどを。

画像は今夜にでもまとめてUPする予定です。

韓国がスポーツに関わるとどうなるか、
昨年のロンドン五輪でも話題になりましたが、今回も。


ソチ五輪の「7つの罪」に注目、「汚職」「韓国ネットユーザーという集団を世界が再確認」…―中国紙
XINHUA.JP 2月25日(火)8時40分配信

(一部抜粋)

中国紙・新文化報は24日、ソチ五輪の暗部にスポットを当て、「7つの罪」としてまとめた。
記事は「7つの罪」について、「人類の最も原始的な欲望かもしれない」と指摘する。以下がその概要。

4、激怒
スピードスケート女子500メートルで韓国選手を転倒に巻き込んだ英国選手に「殺してやる」。フィギュアではキム・ヨナの「銀」に不服だとして「審判を殺してやる」。ソチ五輪は「韓国ネットユーザー」という集団を世界中が再確認する場となった。



韓国からソトニコワ選手への攻撃がひどいという話もあります。
それをまとめたサイトへのリンクと、そこにあった画像を一枚。
KYさんの表彰台、前に見た画像より一段と高くなっていたので。

韓国のアデリナ・ソトニコワへの批判(ウィキまとめ)より
KimasNo1.jpg

次は採点に関すること。
ワグナー選手とコストナー選手の言葉がありました。


ワグナー判定に怒り心頭「だまされた気分で言葉もない」
スポニチ 2014年2月22日 05:30

 メダル候補の一角とみられた米国のワグナーも7位に終わり採点に不満を示した。

 ジャンプにミスがあったが、転倒はなかった。だが、転倒したロシアのリプニツカヤの5位を下回り「だまされた気分で言葉もない。転倒した選手がミスなく演じた選手よりも上位になるスポーツなんて、誰も見ない」と首をひねった。



銅コストナー胸張る「私には間違いなく金に値する」
スポニチ 2014年2月22日 05:30

 勝負弱いと言われ続けたコストナーが3度目の五輪でメダルを手にした。イタリア初の表彰台で「銅」。27歳のベテランは「私には間違いなく金に値する」と胸を張った。

 前回バンクーバー五輪を16位で終えて一度はスケートを離れたが「完璧を追い求めるのではなくミスも受け入れ、そこから学びたい」と新たな気持ちで再起。この日は情感あふれる演技でロシアの観衆を引き込み、演技点で73・77点の高得点をつけ「努力がついに報われた」と満足げだった。


真央ちゃんのFSの採点については、
6種8トリプルという世界初の偉業を成し遂げたにもかかわらず、
FSで首位ではなく3位という理不尽な結果になっています。

その理由が「滑走順のせいだった」という見解が複数の関係者から出ていたのでまとめました。


杉田秀男(日本スケート連盟名誉レフェリー)

本来の力を示した浅田からは気迫が伝わり、SPと別人のようだった。正直にいって得点はもう少し伸びてもおかしくない。演技順が早かったことで演技構成点が抑えられたのだろう。

2014022438.jpg



真央がくれた満足感 荒川静香の目

さらに、芸術面を評価するプログラム構成点では、若手のソトニコワが、5点近く高かった。原因は、浅田がSPで16位と出遅れ、第2グループという早い順番で滑走したことだ。最終の第4グループで滑るのは、SPの上位6人。メダルの重圧という精神的不安が大きくのしかかる状態で、いい演技で応えれば、審判は付加価値を与えてくれる。さらに、ソトニコワは、地元の圧倒的な応援という二重の重圧にも打ち勝ったことで、さらにプラスが加わったのだろう。

 浅田が最終グループで、今回の滑りを見せていたら、演技構成点はもっと伸びていただろう。SPの出遅れは悔やまれるが、フリーは本人も見ている人も、やりきったという満足感を持った演技だったことは間違いない。

2014022439.jpg



浅田真央、納得の集大成フリー 4年間の進歩凝縮 (宮本賢二)

終わり良ければすべて良し、と言っては少々乱暴かもしれないが、浅田真央選手のフリーの演技には心を打たれた。勝負の世界に「タラレバ」はないけれど、最終滑走グループだったら点数はもっと出ていたに違いない。それほど素晴らしい演技だったと思う。



佐野稔のフィギュアスケート4回転トーク/ソチ五輪特別編 パート③ あれぞ浅田真央! 女子シングルは、五輪史上に残る名勝負に

●低く抑えられた得点は、滑走順の影響か

それほど見事だったのに、フリーの得点だけを較べても、浅田はアデリナ・ソトニコワ(ロシア)とキム・ヨナ(韓国)に及びませんでした。正直なところ、演技構成点については、もっと高くて良かったのではないかと、私も感じています。それでも、浅田の得点が低くなった理由のひとつには、滑走順の影響があったように思います。

彼女は第2グループの最終滑走でした。それまでに滑った11人の選手とは、明らかに演技のレベルが違っていました。ですが、採点する側の心理を考えたとき、すでに滑走を終えた11人との比較で、ひとりだけあまりに飛び抜けた点数はつけにくい…といった気持ちが、点数を抑える方向に働いたのではないでしょうか。

 もし仮に、最終滑走グループのなかに入って、浅田があのフリーの演技をしていたら、違う得点になっていたのかもしれません。そうした「不確定な要素」が結果を左右することは、人間が採点する競技である以上、ある程度仕方のないことです。もちろん、はたして最終滑走グループだったときに、浅田があの演技をできていたのか。それは誰にも分からない話です。また、その滑走順にしても、SPでの浅田の失敗に拠るものです。案外浅田本人は、周りが感じているほど順位や得点に対して思うところはなく、自分が集大成と決めた舞台で、納得のいくスケーティングができた達成感のほうが大きいのかもしれません。


以上、韓国と採点関連でしたが、
ここからは真央ちゃんに関する嬉しい情報満載です(笑)

時間がないので集めた情報を貼るだけですがご容赦ください。
解説の書き起こしなどは某所からお借りしています(ありがとうございます)。

一番素敵だった伊藤みどりさんのコラムから!


伊藤みどりの目 記憶に残るスケーター

2014022436.jpg

 浅田真央選手の演技にはいつもドラマが生まれる。人間味があるというか、周囲をハラハラドキドキさせるというか。
みんなが思わず、応援したくなる。SPで放心した浅田選手の表情を見て日本のフィギュアファンの気持は沈んだ。日本だけではない。インターネット上の書き込みを見ても、世界のファンが心配していた。本当に愛されているんだな、と感じた。

 SPで失敗し、どうなるかわからない精神状態でフリーを迎えた。モチベーションは、トリプルアクセルを決めて6種類すべての三回転ジャンプを跳びたいという心の奥底からの願望だったと思う。

 SPを控えた公式会見で、外国人記者から尊敬する競技者を聞かれ、私の名前を挙げてくれたという。「五輪でトリプルアクセルを跳んだのを、自分も受け継いでいけたらいい」と。私もこだわり続けた技。なぜなら、私の代名詞だったから。誰もやらないことにこだわった彼女の気持には共感できる。

 フリーは、今出来る最高のトリプルアクセルだった。挑戦し続けて今季初めて認定された意義は大きい。その後も、ジャンプの回転不足はあっても気負うことなく、攻めて一つ一つ、決めていった。見ている私も、一つ一つ、頑張れ、頑張れと、一緒に演技している気持になった。それほど、引き込まれた。

 浅田選手は自分の中で相当闘っていたのだろう。演技が終った瞬間にリンクで流した涙はいろいろな意味があったと思う。やりきった感動、重圧に打ち勝った喜び、苦しさからの解放、見守ってくれた人々への感謝…。会場で、テレビの前で、どれだけの人が一緒に泣いたことだろう。

 演技構成点が何点だったとか、順位をいくつ上げたとか、そんなことを超越した次元で感動させてくれた。2大会連続のメダルは取れなかったが、記憶に残るスケーターになった。



ソチ五輪感動シーンに浅田真央を選出=
「涙を流す姿は梨の花の美しさ」「フリーで実力証明」―中国メディア

レコードチャイナ 2014年2月24日 17時39分

23日、網易体育は、ソチ冬季五輪の10大感動シーンの一つとして、浅田真央の名前を挙げた。
2014年2月23日、網易体育は、ソチ冬季五輪の10大感動シーンの一つとして、浅田真央の名前を挙げた。

ショートプログラムでジャンプのミスが重なり、金メダル争いから脱落した浅田。しかし翌日のフリーでは自己最高の142.71点をマークした。

記事では「人生の目標は実力でかなえるものだということを浅田は証明した」とした上で、演技後に感極まって見せた涙を、美人の泣く姿をたとえた言葉「梨花一枝春雨を帯ぶ」と表現した。

また、金メダルの望みをほぼ断たれながら、果敢にトリプルアクセルに挑戦し観客を魅了した浅田を「本物の闘士だ」と称えた。(翻訳・編集/NY)

2014022437.jpg


他にも…
<ソチ五輪>挑戦し続ける浅田真央、金メダルを逃しても「人生の勝利者」に―中国メディア
浅田真央の演技に全中国が泣いた!感動コメント殺到、中国版ツイッターで検索1位に


「マオ・アサダ、ワオ!なんてスケート!なんてファイターなの!」(ジョアニー・ロシェット)

「ソチ。女子フリースケーティング!浅田真央!ワオ!!!ブラボー!!!ショートの出来が悲しい・・・」(アレクセイ・ヤグディン)

「すごいカムバック!!!素晴らしいスケート。彼女をとても嬉しくおもう!」(デニス・テン)

「マオの姿に泣いた・・・永遠に語り継がれるパフォーマンスでした!」(ミシェル・クワン)

「マオの今日の壮大な演技を忘れないで!彼女はわたしたちを驚かせ、強い印象を残しました。彼女はメダルに値する。」(ライアン・ブラッドレイ)

「涙を浮かべてしまった。ありがとうマオ!華麗だった。」(ジェフリー・バトル)

「マオアサダのせいで涙目になったと言わざるを得ない、私の心を笑顔にしてくれる:-)」(エルビス・ストイコ)

2014022513.jpg
2014022514.jpg
2014022515.jpg
2014022516.jpg
2014022517.jpg
2014022518.jpg
2014022519.jpg



フランス実況(要約)

解説:フィリップ・キャンデロロ
「表彰台は難しいと分かっているのに(諦めないのは)偉いことだよ。3A、よし完璧だ!
3F-3Lo素晴らしい!フリー1位あるよ。3Lz、つうかフリップじゃね?
2A-3T、着氷に気をつけろ。3S、トレビアン!3F-2Lo-2Lo!これも綺麗だ!
世界一のスケーターの意地だ、もう一度3Lo!本当に素晴らしいよ。彼女は今、凄いことをやってるよ。
日本は浅田真央を誇りに思うだろう。本当に素晴らしい才能のスケーター。素晴らしいの一言。
彼女はまるで戦士のようだったよ」

解説:アニック・デュモン
「3Aは彼女だけの大技、男子でも難しいのよ。3A、やったーー!!あら、あら、あら、あららら~!
3F-3Lo!誰もこんなのやったことないわ。これは信じられないほど素晴らしいわ。
3Aだけじゃないのよ。これは今まで長いこと成し遂げられなかった快挙なのよ。その上、彼女は8つの
3回転ジャンプをしたわ。彼女は持ちうる技術をすべて入れてきた。こんな素晴らしい内容の技術に驚愕したわ。
この3Aを見て。なんて美しいの!なんて美しいの!」

実況:ネルソン・モンフォール
「オリンピック・チャンピオンに値する演技です。(この涙は)今日の演技に対する喜びの涙であり、
昨日の結果に対する(悔しさの)涙でもあるでしょう。今日の日本の浅田真央の演技は、これぞオリンピック・
チャンピオンになるに相応しい、というものでした。」



中国実況(要約)

実況(女性)
「私は言いたい。人生とは妥協ではなく、信念を貫くことで達成できるのだと。彼女は、この最高難度の技を
諦めたことはなかった。ここまでの過程は、困難で孤独でもあったでしょう。
でも神様はあなたの頑張りと踏ん張りを、裏切らない。彼女の涙を見て、私も陳露さんも、同じく涙が出ました。
こんな大きな大会の中で、とてつもないプレッシャーの中で、自分の実力を発揮できるのは、
選手自身にとても強いメンタルがなければ出来ません!そしてこの選手は決して諦めようとしなかったんです。
だって絶対みんなに言われてる。「3Aは成功すれば高得点が得られるかもしれないが、失敗したら
3-3を失敗するほどの点数を失ってしまう。」って。でも彼女は決して諦めようとしなかった。
もしかしたら最後になるかもしれない試合で、彼女は完璧な演技を見せました。彼女を愛するすべての人のために、  
彼女は約束を守り抜きました。彼女は『審判を征服するのではなく、息を止めるような演技で観客を征服したい』
と言いました。」

解説:陳露
「浅田真央は戻ってきました。なんて誇らしいのでしょう。とてもうれしいです。苦しかったでしょう。
こんなにも難しい技を諦めなかったのです。一人の選手がこんなにも頑張り続けられるなんて…
昨日のミスからくるプレッシャーに耐え、今日我々の心に残るような完璧な演技を見せてくれました。
本当に彼女をうれしく思う。私は今日の浅田真央を見て思ったんですが、今日の浅田選手にとって
順位は本当に重要なものではないと思う。重要なのは、人々の心に残るような演技をすることだと。」



イタリア実況(要約)

実況男
「美しかった!素晴らしかった!この(3Aの)入りは素晴らしかったですね。いいです、全然いいですね。
両足じゃありません。とてもいいです。回転も大丈夫です。彼女は柔らかくて、見ていて美しい。
技術的なクオリティといい、このアスリート精神は、女子の世界では珍しい。こんなアクロバティックな
真央は素敵だ。このプログラムは、驚異的です」

解説女
「彼女は氷上で多くの歴史を作り、プライベートでも困難を乗り越えてきた。皆、彼女と共にいるわ。
本物の女王…本物の女王がリンクに入り、彼女は最後の1秒まで戦ったわ。最後の一つの音符まで…
このプログラムは並外れているわよ。(3F-3Lo)これよ、これ!ベリッシモ!!ずっと真央の3-3を
見ていたかった。ファンタスティカ!」

解説男
「真央の演技を見て、感動せずにはいられないよ。8つのトリプルに挑戦した。全部成功させたんだ。
これこそ彼女が見せたかった試合内容。鳥肌がたつよ。涙をこらえるのが大変だよ…これこそ本物、
飛び抜けているよ。8つのトリプルなんて、これから先は見ることが出来ないね。言わせてもらおう!
69.68点というコンポーネンツは低すぎる。真央は9点台に値する。全てにおいてね。」



スペイン語実況(女性)

さあいよいよ(3A)。今日は成功!3A! 3F-3Lo!ワ~オ!3Lz!スピン。
2A-3T!真央が戻って来ました!3S!
ワ~オ!3F-2Lo-2Lo!3Lo!そう、これです!
ステップ・シークエンス!(手拍子が)会場にたくさん。おお!
ブラボー!ブラボー!浅田真央!昨日あなたはどこにいたの?頭の中はどこに行っていたの?

ご覧ください!この気の毒な…可哀想な真央!何て素晴らしい演技を成し遂げたことか!何て演技を!
何て残念!本当に残念!今日は最高の演技をしました。この選手は凄い選手なのです。
昨日散々だった彼女は、本当は凄い選手なのですよ!昨日は通常持っているはずの集中が出来なかった
けれど、今日は決死の覚悟で、ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第2番を成功させました!
スピード、技術、メダルを争うはずであった、この浅田選手を我々は見たかったのです。何て残念…

これが3A、今日は成功!やっと成功しました。見てください、1・2・3、問題ありません。
問題ないよ、真央。この推進力。彼女はたった一人の3Aをこなす選手です。着氷からの流れも
ご覧ください。続けて3F-3Lo。今日はすべての予定していたコレオを成し遂げました。
ハーモニー、表現、今日はすべてを成し遂げました、浅田真央は!見てください、このコンビネーション。
なんて素晴らしい3F-3Lo。ここで(3Lzを)跳ぶ構え、見てください、この高さ。
何て素晴らしい姿勢。何て残念、何て残念な昨日の失敗…ああ…はぁ…感動的です。とても感動的です。



真央 世界選手権も五輪構成“伝説の4分”日本で再現
スポニチ 2014年2月23日 05:30

 “伝説の4分間”を日本で再現する。フィギュアスケート女子で6位だった浅田真央(23=中京大)が22日、世界選手権(3月26日開幕、さいたまスーパーアリーナ)に五輪と同じプログラム構成で臨むことを明かした。今大会のフリーで見せた、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を含めた3回転以上を8度跳ぶ「エイト・トリプル」を完遂し、現役ラストとみられる大会で金メダルを目指す。

 まだ五輪エキシビションを残していても、視線は新たな目標に向いていた。日本開催の大舞台となる世界選手権が、来月26日にさいたまスーパーアリーナで開幕。浅田はトリプルアクセル、3―3回転ジャンプを組み込んだ、ソチ五輪と同じ世界最高峰のフリー構成で臨む。この日のエキシビションの練習を終えると「期間がないので(五輪と)同じで。頑張ります」と柔らかな笑みを浮かべてバスに乗り込んだ。

 SP16位という逆境から見せた、魂のフリーは世界中に感動を与えた。現役の女子スケーターで浅田しか跳べないトリプルアクセルを今季初めてジャッジの加点付きで決め、残りのジャンプも転倒やバランスを崩すことなく全て着氷した。ほんの少しの心残りは、コンビネーションの2つ目で跳んだ3回転ループと3回転トーループが回転不足の判定だったこと。自国開催の世界選手権で目指すのは、3回転以上を8度跳ぶ「エイト・トリプル」の完遂だ。

 22日のエキシビション、23日の閉会式に参加した後、24日にチャーター機でソチを離れる。25日の帰国後は、すぐに始動するつもりだ。世界選手権には長年のライバルで今大会銀メダルだったキム・ヨナ(韓国)は出場しないが、金メダルのソトニコワは出場予定。「1日くらい休んでから練習します」。20日のフリー後はエキシビションの練習などで軽く体を動かしているだけ。世界選手権もハイレベルな争いになるだけに、早く通常練習を再開したいところだ。

 昨季が終了した昨年4月、ソチ五輪シーズンとなる今季限りでの現役引退を表明した。この日は休学中の中京大への復学を含めて「今後のことについては(試合が)全部終わってから考えます」と明言を避け、今季最後の大会となる 世界選手権を見据えた。21日のテレビの生出演では「世界選手権はショート(SP)もフリーも完璧な演技を見せたい。笑顔を届けられたらいい」と気合を入れていた。狙うのはソチで獲れなかった金メダル。応援してくれたファンへ、黄金のスマイルが浅田からのプレゼントだ。



浅田が「ポスト浅田」育てる 日本フィギュア、黄金世代の“DNA”継承へ
産経ニュース 2014.2.24 08:44

 浅田や高橋大輔(関大大学院)ら実力と人気で牽引してきた男女の主戦級が「集大成」と位置づけたソチ五輪が終わり、日本フィギュア界は世代交代の時期を迎えることになる。4年後の平昌五輪へ向け、男子初の金メダルを獲得した羽生らに続く次世代の台頭が待たれる。日本スケート連盟は「黄金世代」が築いた“DNA”継承に乗り出す方針だ。(田中充)

 ソチ五輪代表の男女6選手のうち、女子の鈴木明子(邦和スポーツランド)が今季限りでの現役引退を表明。態度を保留している浅田、高橋に加え、23歳の町田樹(関大)も「この先は1年、1年」と4年後の現役は未定としており、世代交代は待ったなしだ。

 特に女子は、次世代選手の育成を痛感させられる出来事があった。昨年12月のジュニア・グランプリ(GP)ファイナルに、大会が創設された1997-98年シーズン以来初めて1人も進めなかった。フィギュアの監督を務める小林芳子・日本スケート連盟強化部長も「正直、危機感がある」と打ち明ける。

 初の五輪で12位の村上佳菜子(中京大)や全日本4位だった15歳の宮原知子(大阪・関大高)はいるが、世界のレベルアップはめざましい。ロシアは17歳のアデリナ・ソトニコワが初の金メダルを獲得し、15歳のユリア・リプニツカヤも団体戦金メダルに貢献。米国の18歳、グレーシー・ゴールドは4位に入り、15歳のポリーナ・エドモンズも9位と健闘した。男子も羽生と同じ19歳で全日本ジュニア王者の田中刑事(倉敷芸術科学大)らに期待がかかるが、経験不足は否めない。

 日本スケート連盟は1998年長野五輪を見据え、92年に長野県野辺山で「全国有望新人発掘合宿」をスタート。フィジカルや音感などのランク付けを行い、将来性の高い選手はジュニア世代の合宿に参加させ、より高いレベルに慣れさせてきた。浅田や羽生らもこの合宿を通じて才能を見出された。ただ、幼少期から個々にコーチのもとで才能開花を図る競技の特性上、連盟主体で長期の合宿を組むのは難しい。

 そうした中、連盟が温めるプランは「黄金世代」の選手たち自らの“指導”による技術伝承だ。小林部長は「近い将来、浅田や高橋らを野辺山の合宿に招き、直接、技術を伝えてもらうことを計画している。すでに引退を決めた鈴木からは快諾の返事ももらっている」と明かす。トップ選手の意識の高さや練習への取り組み方を直接伝える仕組みの確立が育成の柱として期待されている。



森元首相の発言
森会長の発言要旨 「真央ちゃん、見事にひっくり返りました」

これに関する見事な切り返しをみせてくれた真央ちゃん。


森元首相発言「もう終わったことなので、なんとも思っていない」 - 浅田真央選手が会見
BLOGOS編集部 2014年02月25日 13:46

25日午後、ソチ・オリンピックに出場したフィギュアスケートの浅田真央選手が外国特派員協会で会見を行った。空港から直接有楽町の会見場に立ち寄ったという浅田選手。注目を集めた森喜朗・東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の発言についてなど、国内外記者からの質問に笑顔で答えた。会見の様子を書き起こしでお伝えする。

皆さん、こんにちは。浅田真央です。今日は、少し、事故渋滞で遅れてしまいました。 今日はたくさんお集まりいただきありがとうございます。先ほど、ソチから成田に、日本に帰ってきました。

ソチオリンピックは、最終的には自分の目標としている、目指している演技をすることができました。でももう一つの目標として、メダルという形で、メダルを日本に持ち帰ることはできなかったことは、今でもとても残念ですし、悔しい気持ちでいっぱいです。

今日はよろしくお願いいたします。

―浅田選手は、プルシェンコさんなどだけではなく、世界中から高い賞賛をうけました。大きな影響力を得たと思いますが、将来その影響力をスケート以外の分野で発揮するとすばらしいと思うのですが。(フリーランス)

私は、将来のことはまだ何も考えていないのですけど。

本当にたくさんのスケーターの方がショートの後は心配してくださって。そして、「ガンバレ」というメールをたくさん送ってくださって。翌日のフリーで期待に応えられるような演技が出来たことは凄く嬉しく思っています。

―キム・ヨナ選手は長らくライバル関係にありましたが、お互いに尊重しあうような関係だったと思います。日本と韓国という国もライバル関係にありますが、近年は必ずしも尊重しあっているとは言えません。両国関係を改善するためのアドバイスや考えはお持ちですか?(海外メディア)

私から何かいうことは出来ないと思います。でも、私とキム・ヨナ選手はライバルとしてたくさんのメディアに注目されてきましたが、リンクを離れれば普通にお話をしたりとか、普通の選手だったり、友だちのような関係だと思っているので。私から何かいうとかそういうことはできないと思います。

―フリーのプログラムを滑り始めたとき、何を考えていましたか?そして素晴らしい成果を出し、涙を流したときには、何を考えていたのでしょうか?(海外メディア)

やはり前日のショートで、本当に自分の気持ちもどん底まで落ち込んでしまっていたので。そこからのフリーだったので、もちろんすごく不安や恐怖心があったんですけど、それを乗り越えて、自分の最高の出来だったので、ホッとしたのと、嬉しさのあまり自分でも本当に、最高の気持ちになったから。
本当は笑顔が良かったんですけど、前日の気持ちも消えたわけではなかったので、ちょっと自分でも…泣いてしまいました。

―アラビア語では「アサダ」というのは「メスライオン」を意味します(笑)。我々の国では、砂漠が多く氷が少ないため、スケートをあまりしません。文化的に、氷を恐れるようなところもあります。なのでオリンピックを観ていて、選手が転んで氷上に身体を打ち付けるような場面を目にするとすごく痛そうに見えるのですが。(海外メディア)

自分が転ぶと思って転ぶときはまったく平気なのですが、 自分が転ばないと思ったときに突然転ぶとメチャクチャ痛いです(笑)。

―今後のキャリアについては(海外メディア)

私自身、去年だったと思うのですが、「集大成」という言葉を使って、報道でもたくさん取り上げられることになってしまったのですが。私自身この一年間、ソチオリンピックまで「集大成」という気持ちでやってきましたし、今回のソチオリンピックのフリーでは悔いなく、最後終わりたいという気持ちでスケートを滑って、今悔いなく終わった気持ちでいます。

でもまだ、試合はこの後も一つ残っているので、まずそこでしっかりもう一度最高の演技をしてから、自分の気持ちと向き合って今後考えていきたいと思っています。

―森元首相の発言については傷つきましたか?聞いたときの気持ちは?(海外メディア)

(笑)。もう終わったことなので、なんとも思っていないですけど。聞いた時は、「あぁそうなんだ」と思いました。(笑)

―インターネット上でフランスの選手が“変顔”の写真を出して話題になっているが、 あれはどういう状況になっていたのか?(国内メディア)
sochihengao140223_011.jpg

あの写真は、エキシビジョンのみんな自分の出番が終わった後に撮ったのですが。

みんなそれぞれ自分の大きな大会が終わって、達成感があった中での一枚だったのですが、最初は普通に笑顔でとっていて、その後に、誰かが「変な顔をしよう」という話になって撮って、それが皆さんの画面に入っていたんではないかと思います。

―「ショートの失敗があったからこそフリーの演技ができた」というのは、なかなか言えない台詞だと思うが、こういう考え方については、誰かから影響を受けたのか。

私はショートが終わってから、本当にたくさんいろいろ考えたんですが、なにか「これ一つ」というのはではないと思っていて、私自身いままでたくさん経験してきて、ショートが良くない中でフリーで挽回したこともありましたし、もちろんコーチの言葉や、いままで支えてくださった方の言葉や皆さんの期待や「自分もできる」と思ってやることをがやっぱり自分の気持ちを復活させることができた理由かなと思っています。

―トリプルアクセルにすごくこだわっているように見えるが、違う方法でメダルを追及しようと考えたことはないのか?(海外メディア)

私は小さい頃からずっと伊藤みどり選手に憧れて、「私もみどりさんの次を継ごう」と思い、トリプルアクセルにずっと挑戦してきました。

トリプルアクセルは私自身を強く持たせてくれるものでもありますし、私が試合で挑戦して、それを成功した時は、達成感でいっぱいになります。なので、今年もトリプルアクセルにずっと挑戦してきました。

今回フリーで、トリプルアクセルはずっと入っているものだったので、トリプルアクセルを飛ばないという選択肢はなかったのですが。やっぱり、私自身トリプルアクセルが一番の見せ場だと思っているので、それは絶対にはずすわけにはいかなかったです。

―鈴木明子選手が、Twittr上で写真を上げていたが、これはどういう状況で撮ったのか。また、他の選手とは開催期間中、どんな雰囲気だったのか?(国内メディア)
2014022512.jpg

この写真はフリーが終わった日の夜にみんなで撮りました。 選手村の中のお部屋で、フリーが終わった日だったので集まって、一緒にお話をしたり、お菓子を食べたりして、みんなで記念撮影をしました。

今回、日本からもたくさんの選手がでていたんですが、無事に終えることが出来たので、凄くほっとしています。選手村でもよく一緒に話したりとか、食堂などでも会ったら、みんな一緒にご飯食べたりとか、そういう感じで過ごしていました。

―ソチオリンピックで学んだことと、現役続行の可能性をパーセンテージで。(海外メディア)

私はこのオリンピックで本当にいろんな感情をたくさん、本当に悔しかったり、本当に最高の気持ちだったり、本当にたくさんあじわったのですが、今まで以上にすごく充実した試合だったとは思っています。

でも、やはりショートでああいう結果になってしまって、自分も悔しかったのですが、自分も強い意志をもってあきらめなければ、自分の目指しているものができるんだなということを改めて強く感じることができたので、今後の自分の人生にもそれが生きてくるのではないかと思っています。

今後については、一応まだ試合が残っているので、その世界選手権でショートもフリーも両方そろえられるようにして。その後にはショーがあるので、そこで全国の皆さんに感謝の滑りをして、それから自分でしっかり落ち着いて考えたいなと思っています。

―パーセンテージで言うと?(海外メディア)

どうですかね。うーん。今のところハーフハーフぐらいです(笑)

―アスリートとして、オリンピック選手として、森元首相の発言をどう思いましたか?オリンピック委員会の会長としてふさわしいものだったのでしょうか?(海外メディア)

私自身、それを聞いた時は終わった後だったので、「あぁ、そんなこといっていたんだぁ」という風には思ったんですが。
まぁ人間なので、それは失敗することもありますし、「しょうがない」と言えば、そうではないと思うのですが、やはり自分も失敗したいと思って失敗しているわけではないので、それはちょっと違うのかなとは思ったんですが。
でも、森さんはそういう風に思ったんではないかと思いました。

―森さんは、後5年間会長を務めるわけですか、日本人はそれに耐えられると思いますか?(海外メディア)

(笑)。私は、今別になんとも思っていないですけど、たぶん森さんは、ああいう発言をしてしまったことについては、今後悔しているんじゃないかなと少しは思っています。


2014022511.jpg
画像は日仏共同テレビ局の方のツイッターより。ちなみにその方のツイート(↓)

日仏共同テレビ局France10及川健二‏@esperanto2600·27 分
浅田真央ちゃん記者会見から帰還。
いま動画を編集しとる。
天真爛漫でエエなあ。
森喜朗・発言を笑い飛ばしたわ。
たいしたもんですね。


「私は違うなと思ったけど、森さんはそう思ったんではないか。」

相手の意見も尊重しつつ自分の意見も伝える。
ほんとうに賢いし、優しいなぁと思いました。

「失敗したくて失敗しているわけではない」

…ほんとにそうですよね。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2014/02/26(水) 09:50:00|
  2. ソチオリンピック|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:23
<<コメント削除の理由。画像で振り返る真央ちゃんのソチオリンピック。 | ホーム | 韓国、IOCに調査依頼。半端ではない「ぼっち」感。朝日新聞から「浅田真央ラストダンス」。>>

コメント

滑走順ですか…

滑走順が点数を抑えたというのなら、SPのキムヨナの点数もってことなのでしょうね。そうは思えませんが…
モーグルでも最初に滑った上村選手は点数を抑えられたように聞きました。
滑走順で後続者を予測した点数の出し方ってどうなんでしょうか。
理不尽な点数を正当化するための言い訳のひとつに思えます。
実際キムヨナはかなり早い段階で滑ってもSPでは首位でしたし。なので説得力ないですよね。
  1. 2014/02/26(水) 10:49:34 |
  2. URL |
  3. りこ #-
  4. [ 編集]

こんにちは♪

『100点!!』
森さんの発言に対しての真央さんの答えに
家族で朝食中でしたが、おもわずTVに向かって言ってました(^.^)

素晴らしい人ですね♪
  1. 2014/02/26(水) 12:23:54 |
  2. URL |
  3. ちーこ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

浅田選手が皮肉を言ったのは聞いた事が無いので、「人間だから失敗する」「失敗したいと思ってしているわけではない」と言う言葉は森さんを庇っているように聞こえてしまい、最後の「森さんは少し後悔しているのでは」と言うのは(マスコミから大騒ぎされて)とフォローする気遣いにも思えました。
森さんは真央ちゃんを気遣って連盟の団体戦への欲が選手を可哀想な目に合わせたと言っており、私も個人的に「団体戦は個人の後にやれば良いのに」と思ってたので、言い方は(リード兄弟に対して)無神経だったと思うんですが、内容については団体戦の問題点を突いていて少し期待が持てました。
団体戦を日本が前から推し進めながらペアやダンスをする環境が日本に無い事や、ダンスはリード兄弟以外居ない事、ペアはカナダに移民したトランが日本人になる筈無いのは解ってたのにぎりぎりまで何もせず、選手に負担を掛け、今も体の大きい選手の獲得もやって無さそう。
選ばれたシングルの選手は開会式前から女子は閉会式前まで外国に滞在。
国別対抗戦は所詮お祭りでしたけど、始まる前は「五輪競技になったら不利だし選手の負担になる」とファンの間では言われてました。
真央ちゃんの結果が良かったから「終わりよければ」みたいな雰囲気ですが、正直森さんが言った本質をスケート連盟の人はしっかり反省して活かして欲しいと思います。橋本団長は「平昌はホームみたい」と馬鹿丸出しの事を言ってます。
敵本拠地なのに情けなさ過ぎます。
森さんも口が最低ですが、選手の負担を増やしたり守らないスケ連の方が本当は問題なのではないかと誤魔化されているような気がして不安です。
長文失礼しました。
  1. 2014/02/26(水) 12:49:55 |
  2. URL |
  3. 名無しの壺さん #-
  4. [ 編集]

スケ連の

危機感って。下の下の世代あたりは育ってますよね。直、下も実力あったのに長い間人気選手頼りで、大事にしなかったような気が、、、実力で頭角みせろってスタンスでやっといて、引き留めの理由に使ってる気が…浅田選手には流されることなく動いてほしいです。
  1. 2014/02/26(水) 13:13:57 |
  2. URL |
  3. 公太 #-
  4. [ 編集]

本当にありがとうございますm(__)m

こんにちは。はじめまして。

フラットな気持ちで観戦したくて
ソチが終わるまで、なるべく情報を収集してませんでした。
それでも腹立たしいことばかりでしたが。。。

奇跡を願って見届けました。
(彼女のせいで不利なのはさすがに分かっていたので)

結果はどうであれ、最高の滑りを感動を
真央ちゃんからもらいました。
それだけで今は十分です。

でも終わったと同時に
色々調べてたらこちらのブログを知り
自分が知ってた、分かってたこと以上に
許せないことのオンパレードで
憤りが止まることを知りません。

その中でも数多くの
素晴らしい真央ちゃん情報
本当にありがとうございます。
涙ながらに拝読しております。

NBCのケーブルTVで放送されてた
ジョニー・ウィアーとタラ・リピンスキーらとの解説も
是非upお願いします。

ジョニーはKYと親友という噂もあるので
信じてはいるのですが。そんなことあるのでしょうか?

ブログを続けていくうえで
大変なことも多いかと思われますが
そんなの断然少数派です。

多くのフィギアファンは
石ころさんの味方です。支持してます。

今後も更新楽しみにしてます。
でもあまり無理をなさらずに。。。
  1. 2014/02/26(水) 13:32:42 |
  2. URL |
  3. kissa #Oe0o/lgM
  4. [ 編集]

印象操作

滑走順って。。。アレが最終グループなら80点近く行ったとでも言いたいのでしょうかね。呆気。
茶番の頃から、もし真央ちゃんがパーフェクトに滑ってあの順位のままなら、もっと大騒ぎになったのかどうか、永遠の謎です。
でも、根底には採点恭順という考えなのでしょうね。
順位に絡まなかったからこそ、ある意味真央ちゃんも集中(某国の妨害工作やロシア観客の異様なプレッシャー等含め)出来たのかもしれません。
そして海外からも絶賛されたのも、アレと絡んでいたら、彼らも仕事上、微妙な空気にせざるを得なかったかも。(今回のマスゴミは大会前から、茶番以上の妙な黒雲が覆っていたような…)

それにしても、日本より、海外からの解説やコメント、メッセージの方が泣けてくるのは、一体なんなのでしょう。
別の意味で涙が出ます。(悲しくなります)

森氏のコメントは、真央ちゃんへも切貼り、表面上だけのマスゴミ報道で伝わったのでしょうね。
それでも、波風立てず、マスゴミに悪用されないようなコメント対応出来るのも、計算というより、良い意味で自然、天然というか、本質で話が出来るからなのでしょう。
  1. 2014/02/26(水) 13:34:39 |
  2. URL |
  3. 三D #LkZag.iM
  4. [ 編集]

記事に感謝!

素敵なまとめ記事をありがとうございました!熟読しちゃいました。真央ちゃんのフリーの実況の書き起こしを読んでいたら、あの感動が蘇ってきて、電車の中だったのですがまた泣いてしまいました。こちらのブログのリンクをツイートさせて頂きました!これからも楽しみにしています!
  1. 2014/02/26(水) 15:22:55 |
  2. URL |
  3. 宇宙の碧 #-
  4. [ 編集]

外国特派員協会の会見動画を見ました。
朗らかに受け答えをする真央さんの姿に、本当にこの人の何処にあれ程の重圧を乗り越えてしまう力が潜んでいるのかと、笑顔にすらあらためてアスリートの凄さに感動し圧倒されました。
受け答え、確かになかなか上手ですね。1問目はもちろん、しつこく繰り返された森さん発言への返答には感心しました。
ただそれは「彼女の方が大人だね」という事よりも、マスコミの道具とされそうだったところを上手く切り抜ける利口さがある、という観点から。

森さんの発言はすべてを読めば何を言っているかは充分に理解できます。が、確かにあの言い方では誤解されたり利用されても仕方がないな、とは思います。(今迄何度も苦い経験をしてきたのに仕方ないですね(苦笑))
真央さんには発言の全部が、その意図がどこまで伝わっていたのでしょうか。
「あの人が貴方の事をこう言っていたよ」と言われ、それについて反論混じりに意見を言う。
ところが「あの人」が言葉に込めた意味はまったく違っていて、そこを確かめもせずに今度は自分が相手を傷付けてしまった・・・。
 ──かつての自分の経験を思い出していました。
真央さんが帰国すれば必ずこの件で質問を受ける。答え方によってはマスコミはそれを御旗のように掲げて森さんを中傷したでしょう。結果として真央さんを強引に巻き込む事になるのです。
元を作ってしまったのは森さん、それは言い訳できません。
我慢できないのは、彼を(ひいては元首相・自民から繋げて現政権を)批判したい者達のフィルターによって作り上げられた「事実」をもって、真央さんにまでその一端を担がせようとしたであろう記者・レポーター達です。
だから、やんわりと主張しつつも失礼にならないように受け流した真央さんには「この子…出来る!」でした。
流石に色々超えてきただけあるなぁ…と感心しきり。
もしかして森さん、早速電話したのかもしれませんね。「真央ちゃん、ごめんよ~」と。逆に姫に慰められる爺の姿がそこに…なんてね。

世界選手権がんばってほしいですね。SP/FP両方揃えたい、その夢が今度こそ叶いますように。
  1. 2014/02/26(水) 16:14:08 |
  2. URL |
  3. ちょっと安心 #TY.N/4k.
  4. [ 編集]

天使ですね
本当に
どうしたらこんなに素晴らしい人格になるのか。
本当に本当に素晴らしい演技でした☆
画像心待ちにしています!
  1. 2014/02/26(水) 17:55:29 |
  2. URL |
  3. らすと #-
  4. [ 編集]

真央ちゃんの素晴らしさを私達が感じているように、熱く、強く伝えてくれるのが全て海外のメディアって…。
八木沼ちゃんはセカンドループの希少価値とか全然触れないし、アクセルなんてまるで決まってないみたいな言い方だし、まぁ、アクセルは今までもいろいろいちゃもん付けられてるからだとは思うけど。しかし、あれ観てもっとテンション上がらないのかと思ったし、泣かないまでもなんかもっとなかったんですかね?

世界選手権でKYの記録全部塗り替えてくれないかな?

名実共に世界一になって欲しいってまだ思っている私です。ソチから帰ってきて充実した表情の真央ちゃんみてると、そんな事もうどうでもいいと思いくもしますが、一度でいいから納得のいく採点で、キスクラで喜ぶ真央ちゃんがみてみたいとも思ってしまうのです。
  1. 2014/02/26(水) 18:58:37 |
  2. URL |
  3. ねこたつむり #k5GKzSAg
  4. [ 編集]

有難うございます

伊藤みどりさんの言葉 特にいいです
日本のマスコミさんより海外の方々のほうが本質に触れてくれている気がします
今夜BS で23時から浅田舞さんが浅田真央さんに触れるそうなので 楽しみにしています
  1. 2014/02/26(水) 19:44:24 |
  2. URL |
  3. 夢見 #lWC87vgE
  4. [ 編集]

奇跡を呼んだ4年間 AERA 3/3号

石ころさん。更新ありがとうございます。

AERA3/3号 奇跡を呼んだ4年間と題した文章の中に
「メダルよりも、挑戦し続ける苦しさと喜びをみせてくれた浅田真央。想像を絶する4年間の努力は、人々の記憶に残る演技へと結実した」
 自らのスケートを一度ゼロにして基礎から見直し、苦しんだ4年間だった…と

 真央ちゃんの会見の時に見せる爽やかな笑顔からは、そんな試練を乗り越えてきた様には見えない素直な温かさ穏やかさがにじみ出ていて、心がほっこりしますよね!
 改めて真央ちゃんの人としての素晴らしさに頭がさがります。
 アスリートとしても一女性としても尊敬しています。
 
 これからの真央ちゃんの人生が穏やかで、幸せに満ちたものでありますよう、強く願っています!
  1. 2014/02/26(水) 20:08:15 |
  2. URL |
  3. imarin #-
  4. [ 編集]

ソチの女子フィギュアの最終グループの採点にはげんなりです。
団体戦を見たときから危惧していましたが想像以上というか・・・。

埼玉が心配です。
4年前の東京のときも、真央ちゃんの評価はノーミスでも上がらず、五輪で異常に上げられた選手の評価はミスがあってもそのままでした。
FS全員見た目ノーミスの場合、PCSはGG69~70点、真央ちゃん72~3点、リプちゃん73~4点、ソト子ちゃん75点、カロ78点ということを平気でやってのけそうです。

とはいえ、問題なのはジャッジ及びISUであって、選手に罪はありません。
みんな頑張りました。
なんでK国人は17歳の少女を攻撃するのか。あらためて、病気すぎる人たちが多いことを思い知らされました。
そこまで言うんだったら、世界に向けて具体的かつ論理的に点数を計算して比較してみればいいのに。エコプロであんなに点数もらっていて、よくも、まあ。
コ・ソンヒは実際にSPをジャッジしたんですよね。K国メディアにどう説明するか見物だなとは思います。

真央ちゃんの各国の解説、本当に嬉しい。
真央ちゃんのことわかってくれて嬉しいし、愛されてるし、尊敬されることをやってのけたんだなと感じます。

真央ちゃん、帰国の記者会見も疲れているだろうにニコニコ笑顔で・・。
記者会見全部見ましたが、何を言わせたいの? という質問も多かったような。なんで森さんのことを3回も聞くのか。あれは森さんが悪いんですが、真央ちゃんを利用するのはやめて(怒)と思っていたら、真央ちゃん、ナイス返しでしたね。
(森さんについては、全文読んで悪意がないことは分かりましたし、報道内容が言いたい趣旨と違うこともわかりましたが、それでもどうなのよ?という印象でした)
  1. 2014/02/26(水) 20:25:42 |
  2. URL |
  3. こんにちは #-
  4. [ 編集]

高み

浅田選手のフリーは、何度見てもいい!

ルッツの「明確でない」e判定はともかく、セカンドのサルコウもトゥも、あれに刺していたら、認定される選手なんているの?レベルだし。

いろいろと「シガラミ」があるにせよ、岡崎さんのコラム(フリーの翌日のスポニチ)で、
某選手が「金」でないことに安堵していたのは共感できました。
獲ってしまったら、この4年間の女子フィギュアの「進化」を否定する、と。

以下、一部抜粋しますね。若干の変換付きで(笑)

個人的にはソトニコワの優勝を歓迎したい。理由は単純。バンクーバーから現状維持に近かったアレが連覇すれば、この4年間の女子の進化に疑問符がつくからだ。
……
アレはバンクーバーより基礎点で3.41下げた演技構成だった(よくぞ!ハッキリと言って下さいました)
ルール変更があったとはいえ、対応は可能だったはず。
……
実際フリーで3-3に挑んだのは24人中12人。高難度ジャンプは標準になりつつある。


森元ソーリ(こいつ昔から器がないと思っていましたが)が、浅田選手が転ぶと言ったのは、一面で正しい。
なぜなら、浅田選手は、限界に挑戦しているから。

前回のバンクーバーで、海外メディアは3つの3Aに興奮した。
そして今回は、フランスに代表されるように、「3F-3Lo」に、6種8トリプルに、絶望的な状況でもあきらめない浅田選手に賛辞を惜しまなかった。それが、スポーツとして「正しい」あり方だと思います。

浅田選手の得点が抑えられた(と、確信しています)のは、やはり「怖かったから」ではないでしょうか。
セカンドに「<」せず、普通のPCSがあれば150点は堅い。いくら20点近い差があったとしても、150数点だったら、トータル210点クラス。メダリスト3人とも、もしもハデな転倒があったら?…。
それが恐ろしかったんではないかなと思っています。

でも、大方の心ある方は、
6種8トリプルは達成されたと感じています。偉大なスケーターたちも。

今の男子が、4回転できれば2種類以上がトップの証しとなっているように、
いつか、女子で、6種8が必須となる日が来るかもしれません。
4回転に挑む女子がくる日が来るかもしれません。

ISUが真にスポーツの連盟であるなら、そうならなくてはいけません。
浅田選手が見つめていた高みを目指すのならば。

ああ、すみません、長くなってしまいましたね。
ここらへんで。
  1. 2014/02/26(水) 21:02:03 |
  2. URL |
  3. たかたん #je4EJpW.
  4. [ 編集]

ブログ更新ありがとうございます(*^^*)

実況の翻訳見て、また泣きそうになったり、みどりさんのコメント見て、また泣きそうになったりしました。(笑)
それだけ、自分の中で真央ちゃんが与えた影響はすごかったんだなーっと、改めて実感しました。
特に、みどりさんの演技を見て、フィギュアファンになった私は、みどりさんが真央ちゃんを褒めてるのをみて、別の感動もありました(*^^*)

それにしても、真央ちゃんのコメント読んでいくと、本当に優しい人ってか、いい人すぎて‥
自分の性格悪さと比べて嫌になるほどでした。(笑)
  1. 2014/02/26(水) 21:42:05 |
  2. URL |
  3. みむ #-
  4. [ 編集]

滑走順で下げる?

6.0満点の時代ならわかるんですが、今の採点システムでは説得力ないです。
そもそも現行システムは「絶対評価」という触れ込みだったんじゃなかったでしたっけ?これ、荒川さんだったかな、言ったの(よく覚えてなくてすみません)。

確かに最終グループだったらもうちょっとは上乗せがあったのかもしれないけれど、それでもソトニコワをはるかに上回る得点出たでしょうか。出来レースに帳尻合わせるために微妙な得点つけたでしょうが!と言いたくなります。

なんだか、「そうかぁ、そういうこともあるよね~」と読む人をけむに巻くような理屈で終わらせてしまってる感じ。

荒川さんには過去の発言の整合性をいろいろ問い質したい気持ちでいっぱいです。
「シーズン中、高得点を出し続けた人にはジャッジに好印象が残っているから少々の失敗でも点数は下がらない」という趣旨の発言されてますよね。その言葉を引っ張り出して、「で、B級大会しか出てなかったキム・ヨナにどうして高得点がつくのですか」と真正面から聞いてみたいものです。


海外の実況の翻訳ありがとうございます。
解説読んでいるだけでじわっとこみあげてきてしまいました。なんて素直な感想を各国はしゃべってくれるのだろう。
それに引き替え日本は相も変わらず「トリプルループ!」「きれいなポジションのスピンです」・・・見てたらわかることばかり、しかも毎度毎度同じ。どれほど難度の高いプログラムなのかさっぱり伝わってこない。
日本の実況中継、外国から引っ張ってきた方がいいんじゃないかしら。

最後に、アサダは雌ライオンですか~、いつかブログに貼ってらっしゃったライオン真央を思い出しました。
やっぱりそうだったんだ~と笑っちゃいました。
  1. 2014/02/26(水) 22:13:23 |
  2. URL |
  3. sinra #-
  4. [ 編集]

菩薩真央

石ころさん、こんばんは。毎日お忙しいのに今日も旬の記事をどうも有難うございます。
好意的な記事は嬉しいけれど、何となく痒い所に手が届かないものが多いですね。
会見での、森さんへの真央ちゃんの返しには思わず肯きながら笑顔になってしまいましたよ。
キモーゼ(←新たな呼び名が気に入ったので早速使用)についても本当に嫌な顔ひとつせず
普通に明るく受け答えする姿は、マジ菩薩!・・でしたね。
キモーゼよ、そしてキモーゼとその一味よ、お前たちが散々攻撃し貶めて来たこの選手の姿を真正面から見るがよい!
・・眼がつぶれるかも?

選手の皆さんからのツイ、嬉しいですね!
で、ふと思い出したんですが、アーミン君・・
今回の真央ちゃんの雄姿、見てくれたかな?見てくれてたらいいな~。

それから、ソト子ちゃん、かなり心配です。
まあロシアだからバックはしっかりしてるだろうけど、
フェイスブックへの攻撃とかひどすぎるし傷ついてるだろうなと思って。
それ思うと、改めて(ずっとそんな仕打ち受けてた)真央ちゃんのメンタルすごいな・・とも思いました。
キモーゼ表彰台、更に高くなってますね。もうこのまま天まで昇って、銀河の果てで消えて下さい。

それと、1つ前の所ですが・・ホットアイス様、お返事を有難うございます!
そうですね。悪口オンリーにならない様に、冷静に明るく、周囲に解って貰う様に頑張ります。(^^ゞ
  1. 2014/02/26(水) 23:02:01 |
  2. URL |
  3. つるばら #OP2UcWyM
  4. [ 編集]

森さんの発言ですが

こんばんわ。

真央ちゃん立派でしたね。

ただ、森さんの発言は改ざんされたものであるようです。
擁護するような発言を、改悪されたと思います。
全部を通しで読むと、どうも叩かれる筋合いではないぞ、と思えます。

スケ連を批判したそうなので、その報復ではないでしょうか。
  1. 2014/02/26(水) 23:26:57 |
  2. URL |
  3. さとこ #-
  4. [ 編集]

記憶に残るスケーターで、1番を上げればやはり伊藤みどりさんです。
そりゃ石ころさん、ジャンプの高さといい、着氷後のランディングといい、
スピードといい、男子顔負けのジャンプでしたよ。特に3Aと3Lzはとても
高いジャンプでした。一度3Lz-3Toであまりにも幅があった飛び上がり
方だったので、カメラマン席に飛び込み、リンクの外に飛び出してケガ
したこともあります。しかしそれでも平気な顔して最後まで演技しました。
彼女に回転不足のジャンプはひとつもありませんでした。彼女こそ、
ジャンパーです。You Tube動画スケートブログで是非一度見て下さい。
ジャンプの質は今の女子選手とはくらべものになりません。
  1. 2014/02/26(水) 23:33:56 |
  2. URL |
  3. nory #-
  4. [ 編集]

「滑走順のせいだった」というまやかし

杉田も、荒川も、佐野も早速、「滑走順のせいだった」という後付け・誤魔化し理論で採点の異常性の取り繕いに懸命のようです。しかしまあ~、誰かに指示されているかのように見事に歩調が揃っていること。

こいつら3人とも(他の大多数の専門家やらも)何とぼけてるんでしょう!チンコ率いるISUの現行採点ルールの最大の謳い文句は、旧採点法で矛盾が明らかになった相対評価(滑走順で不公平になるような)を改革して絶対評価(要素を点数化して、積算する)に移行することで公平性が保たれる筈だったのではないのですか。これ現行ルールの大原則。
キムヨナがB級大会で銀河点を出して貰ったとき、「B級大会だから仕方ない~A級大会とは違う。比較しないで!」的な論調があったが、本来これは誤り。現行ルールに準拠した大会ならA級大会の100点もB級大会の100点も同価値(公認、非公認の別あれど)。まあ、ジャッジングが正確・公正・公平が大前提ですけどね。

このお3人は、『今大会のジャッジ達は、現行ルールを厳格に適用すれば有ってはならないor有り得ない「滑走順云々」という相対評価で採点した』と言っている訳です(本人自覚してるかどうかわからないが)。ですからお3人の結論は論理上『今大会のジャッジングは恣意的で不正なものだった』とならなければならない筈が、あ~ら不思議、真逆なほうへリードしようと躍起のようですね。都合によって絶対評価マンセイになったり、相対評価マンセイになったり、あろうことか佐野なんかは、『真央が勝手にそのようなシチュエーションに落ち込んだ。自業自得』的なもの言い。屑としか言いようがない。

それにSPのヨナさん、滑走順ずいぶん早いほうでしたよね、それで凄い点数!最終グループだったら100点越えですか??ネッ、ネッ、荒川さんおせーて~。







  1. 2014/02/26(水) 23:48:53 |
  2. URL |
  3. くまきち #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます!

海外の解説の翻訳をこんなにたくさん読めて嬉しかったです。
いつも、特に今シーズンは更新を見に毎日訪れています。
もし可能なら、ロシアのタラソワさんの解説が感動的だったと聞くのでUPしていただけたら幸せです。
  1. 2014/02/27(木) 00:25:05 |
  2. URL |
  3. 志帆 #DqxwNRXQ
  4. [ 編集]

クール ホット

外国メディアの放送の熱いこと、本当に嬉しい。それにひきかえ日本の放送は何であんなに控え目なんでしょう。外国の人があんなに絶賛してくれ涙まで流してくれる真央ちゃんの演技なのに、あのクールさは何でしょうか・・・なんでもっとすごいことをしてるって言えないのでしょうか。ジャッジに認定されるのを見るまではそれを言う自信がないのでしょうか。そんな人は解説する資格がないんじゃないの?
外国メディアは暗に採点がおかしい、真央が一番だって言ってるんじゃないですか?何故日本人が真っ先にそれを言ってあげられないのだろう・・・それが日本人の謙遜で、美徳?何年にも渡る血のにじむような努力を重ねてきた選手を守ってあげられなくて何の美徳だ。
外国特派員協会の記者会見、見ることができなかったので嬉しかったです。テレビで編集されたものは、実際とは別物になっているから・・・。しきりと流される「森さんも反省しているんじゃ・・」という発言が、外国人記者からのかなり辛らつな質問の答えであることは何度も各局の放送を見るまではわかりませんでした。真央ちゃんから自然と出た発言のように報道されていますが、その質問を見れば、真央ちゃんの発言がむしろ森さんを庇う意図で言われているのが分かります。さすが真央ちゃんです。テレビ朝日では宮崎泰子さん(安藤美妃さんの出産発言の時の人です、お名前に自信がありません)が何度も出ていて、以前はおとなしくてお人形さんのようだった真央ちゃんがずいぶん変わったと言う発言をしていてイラッとしました。可愛らしくてお人形さんのようなのは認めますが、その発言はいつもきちんと自分の意思を持ったしっかりした発言でしたから!決して人をおとしめず傷つけず、それでいて人に流されずに自分の心を表現できる女性です。ほんとにテレビって怖い。それに流されない真央ちゃんはほんとに素晴らしいと思います。
その上あんなヘン顔できる真央ちゃん大好き。選手村での四人の写真、オリンピックを堪能できたのかなって嬉しくなる写真ですね。お忙しい中で素敵な情報を沢山ありがとうございます。
  1. 2014/02/27(木) 00:49:22 |
  2. URL |
  3. おかめひめ #-
  4. [ 編集]

本当の勝者

初めてメール致します。浅田選手への深い愛が感じられ、いつも暖かい気持ちで読ませていただいております。感動のFSは毎日見ています。最後のSSでは必ず涙、もう鉄板です。今回のOPでは、光と陰2つの事が深く心に残りました。光はもちろん浅田選手の演技と人柄ですが、陰はキムヨナの相も変わらぬ行動と他のスケーターからの扱いでした。表彰式後の撮影の際、またまた中央に割り込もうとしてコストナー選手に弾き飛ばされていました。コストナー選手は既に経験済みですから、それ以降はソトニコワ選手を守るようにキムヨナから距離を置いて行動していました。会見でのソトニコワ選手の退席は割り込みへの抗議だったと思います。そう考えるとwh〜y?と叫んだ意味も二重になる気がします。エキシビションでも怖いぐらい一人ぼっちでしたね。平昌引き継ぎの演出では真央ちゃん以外誰も見てないし、輪に戻っても道ができて(キムヨナの3モーゼという技だそうです)誰もハイタッチしないし、トランコフ選手にいたっては裏拍手してました。自分が今までにやってきた事の報いです。正に因果応報、自業自得です。真央ちゃんへのツィッターと変顔集合写真とは好対照です。記録よりも記憶に残る人生の勝者は皆わかっています。3月の世界フィギュアではFSの世界最高点を(キムヨナバブル基準ではない本来あるべき正しい基準で)更新して有終の美を飾って欲しいです。ただ、フラッシュの記事が出たので、練習に集中できないかもしれません。私はあの記事を信じています。なぜなら、違和感のあった事全ての辻褄が合うからです。SPでの信じられないミス、フジテレビ、城田、荒川の浅田下げとキムヨナ上げ、橋本の引退しない発言などなど。キムヨナに勝たせて浅田選手に引退させない思惑があった気がしてなりません。今後の成り行きに注意していきたいと思います。それにしても浅田選手は一体いくつの敵と戦っていたのでしょうか。不平不満を言わず、他者の悪口も言わず、ひたすら自分のスケートと向き合ってきた。本当に偉大な女性です。
  1. 2014/02/28(金) 04:55:07 |
  2. URL |
  3. イトケン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。