ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

KY「真央も私もうんざり」「私だって癒されたい」「わけのわからないままソチまで来た」

■KYインタビュー
 「真央も私もうんざり」 「私だって癒されたい」
 「わけのわからないままソチまで来た」


KYさん、また真央ちゃんとの関係を「うんざり」と語ってます。

翻訳で「ジンである」となっているのは「チンハダ」という言葉で、
某所の方がその意味を調べてくださってました。


※ジンである=チンハダ
ネーバー国語で検索してみたググる蒟蒻結果
(p)ttp://kin.naver.com/openkr/detail.nhn?docId=166
同じことなんかを繰り返すことによって、日などに飽きて、その仕事をすること嫌いになること。-嘆き社- 標準語=うんざり つまり地価の故障特有の発音で静になる。 これにより、次の文字は自然に<ある>に変わります。つまりジンであるうんざりするという意味



キム·ヨナ「浅田真央とは運命、両方ジンである"
ニュースエン(韓国語)2013-12-16

キム·ヨナが浅田真央との比較のために考えを打ち明けた。

キム·ヨナ(23オール·ザット·スポーツ)は、12月15日午後放送されたMBC「時事マガジン2580」のインタビューで「(浅田真央とは)仕方ない運命であるようだ "と打ち明けた。

キム·ヨナは「(浅田と)ジュニアの時から一度も比較あわないことはなかった。 率直に言って、バンクーバーで、おそらく、その選手も引退を考えただろうと私は考える。 4年が過ぎた今でも時々考える。 「どのように4年後にもこうしているか」、このような気がする」と話した。

続いて「だから」の両方ジンである」と考えるようになるようだ。 僕もそうだ、その選手も、おそらく私にそんなことを考えていないだろうか」と率直に打ち明けた。

12月6日、キム·ヨナが出場した'2013ゴールデンスピン·オブ·ザグレブ」が開かれた日。 あいにく、日本の福岡では、フィギュアスケートの最強者たちが出場した「グランプリファイナル」の大会が開かれた。 リモートで開かれた大会でまでキム·ヨナは浅田真央との比較をされた。 キム·ヨナは総点204.49点を、浅田真央は総点204.02点を記録した。

201312160956253030_1.jpg
(写真= MBC「時事マガジン2580 'キャプチャ)


同い年で身長もほぼ同じ、ともに国を代表する選手ということで、
確かに比較されることは多かったと思います。

人と比較されることがうんざりなのは誰しも感じるとは思うんですが、KYさんの場合、
メディアは比較して常に「さすがピギョクイン!」と言ってもらえるじゃないですか。

オーサー曰く、毎日真央ちゃんの行動を追ってるというKYさん、
比較されて嬉しいんじゃないの?と思ったりもするんですが。

本当にうんざりしてるのは、
口には出さないけど真央ちゃんのほうだと思います。

それ以前に、今現役で戦っている相手に対して、
「うんざり」という表現は、やはり配慮が足りないと思いますし…。

正直なんでしょうが、ちょっと残念です。


キム·ヨナ「私もたまには癒されたい」人間の告白
スポーツ朝鮮(韓国語)2013-12-16 10:03:15

'フィギュア女王'キム·ヨナが率直な本音を打ち明けた。

去る15日放送されたMBC「時事マガジン2580 'はキム·ヨナの最後の5日クロアチアザグレブで開かれた'2013ゴールデンスピン·オブ·ザグレブ」試合後のインタビューが公開された。

インタビューでキム·ヨナは「「あの子は実戦で上手に」という考えがどうしてもあるようだ。私も練習過程を見るとめちゃくちゃれないこともあるし、そのような過程を通って(出来上がりが)そうなるんだ。」と話し始めた。

続いて、 "私も大変な時もあり、周辺に話をすると、「君らしくない」は、そのような話もたくさん聞く"と "ので、その点がちょっと...私も癒されたいと思う時があるそんなことがうまくできない時があるようだ」と本音を打ち明けた。

また、キム·ヨナは体力的負担にも打ち明けた。 キム·ヨナは「病院でも女性の年齢18歳以降の場合は少し老いるといったよ。回復が遅いと。それで「ああ、もう老けて見える」ような気がして、以前に比べてより多くの努力をしなければ、以前調子が出てくる。物理的にとても大変だ」と吐露した。 <スポーツ朝鮮ドットコム>

2013121701001386400085811.jpg


上の2つのインタビューは同じときのものですが、
そのインタビューの全文がこちらのようです。


キム·ヨナフィギュア生活17年を振り返ると「上にする必要がありましたよね」(総合)
ニュースエン(韓国語)2013-12-16

キム·ヨナが自分の本音を加減なしに告白した。

キム·ヨナ(23オール·ザット·スポーツ)は、12月15日午後放送されたMBC「時事マガジン2580」のインタビューで、フリースケートを終えた時に感じる、体力的負担、浅田真央との比較、引退など、自分の本音を加減なしに打ち明けた。

▲「フリースケートたとき正気ではなかった"

まず、キム·ヨナは去る12月8日クロアチアザグレブで開かれた'2013ゴールデンスピン·オブ·ザグレブ」試合後、フリースケートを終えた所感を打ち明けた。 最初のトリプルルッツ+トリプルトーループのコンビネーションで倒れて減点を受けた。 この最初のジャンプの後、すべてが順調に終わったように見えたが、キム·ヨナ口からは意外な答えが出た。

キム·ヨナは「4分10秒の間の精神が一つもなかったようだ。 最初にミスして、その後ろに慌てて緊張もたくさんした "とし、"だから、最後までどのように大きな間違いはなかったステップもエッジがよく食べていないスピンも以上したジャンプのようなものだランディングが不安だった。 ようやくランディングをしたので終わっても精神がなかった。 正気ではなかったようだ」と裏話を打ち明けた。

▲「私も癒されたいと思う時がある。 "

キム·ヨナは体力的負担にも話した。 フリースケートプログラムは "アディオスノニノ」は、曲自体が千変万化して感情表現の範囲が広いほど、体力的な負担も多くなる曲だからだ。

キム·ヨナは「病院でも女性の年齢18歳以降の場合は少し老いるといったよ。 回復が遅いと。 それで「ああ、もう老けて見える」ような気がして、以前に比べ、より多くの努力をしなければ、以前調子が出てくるから多くの努力をしても体力が正しくない上がってくる部分がある。 物理的にも難しい」と告白した。

特にフィギュア女王の意外な面を垣間見ることができた部分は、キム·ヨナが「私も上が必要だ」と話したことだった。 キム·ヨナはこの日、「(周りから)「あの子は実戦で上手に」という考えがあるようだ。 私も練習過程を見るとめちゃくちゃれないこともあるし、そのような過程を通って(出来上がりが)されているのに。」と話を切り出した。

続いてキム·ヨナは「私も大変な時もあり、周辺に話をすると、「君らしくない」という話もたくさん聞く。 だから、その点が少し。 私も癒されたいと思う時があるが、それうまくいかないようだ」と淡々と笑顔で話した。 いつもどこでも聞くことができなかった 'フィギュア女王'の告白に国内ファンたちは胸の痛みと背中の応援を送った。

▲「浅田真央とはどうしようもない運命、静だ」

キム·ヨナは浅田真央(日本)との比較についても率直に話していた。 10年以上続けてきた90年生まれの同い年のフィギュア選手のキム·ヨナは「(浅田とは)仕方ない運命のようだ。 ジュニアの時から一度も比較あわないことはなかった。 率直に言って、バンクーバーで、おそらく、その選手も引退を心配しているだろうと私は考える。 4年が過ぎた今でも時々考える。 「どのように4年後にもこうか」と。 そのため、「両方のどらだ」と考えるようになるようだ。 僕もそうだ、その選手も、おそらく私にそんなことを考えていないだろうか」と自分の考えを明らかにした。

▲「韓国若い選手たちと一緒にオリンピック経験することになってうれしい"

家では末娘のキム·ヨナがフィギュア界では一番年上だ。 7歳だった1996年からフィギュアを始めたキム·ヨナは韓国フィギュア界を開拓した 'フィギュア女王'になった。 オリンピックの金メダルを目標にひどい訓練を犬デョトドンキム·ヨナは2010年バンクーバー五輪で金メダルを取った後さらに熱心にしなければなら「理由」を失ってしまった。

そんなキム·ヨナが復帰を宣言したきっかけは、韓国の若い選手たちだった。 キム·ヨナは「韓国で若い選手たちと練習をしてみると以前のように外国に出かけなくても、場合グェンチャンゲトダは思った。 大変だろうが大変だということを本当によく知っているが、それでもすることができそうな気がした」と明らかにしたことがある。

キム·ヨナは去る3月、カナダのオンタリオ州ロンドンで幕を閉じた2013国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケート世界選手権大会でショ​​ートプログラム69.97点、フリースケーティング148.34点を合わせて合計218.31点で優勝を占めた。 キム·ヨナは吸血鬼のキス - レ·ミゼラブルにより、さらに成熟した演技力を見せた。

この大会で優勝したキム·ヨナはスケート連盟の規定に基づいて自国の選手の出場3枚を獲得した。 これは、韓国フィギュア史上初めてのことだった。 キム·ヨナは大会直後のインタビューで「オリンピックはすべての選手たちに忘れられない経験である。 このような経験を韓国の若い選手たちと一緒にできるようになってとても嬉しい」と言って観客たちの歓呼を受けた。

▲「選手生活17年、物足りなさより身軽"

今キム·ヨナはフィギュア生活17年を終えしようとしている。 オリンピック2連覇よりも注目を受けるのは2014ソチオリンピックがキム·ヨナの現役最後の舞台という点である。 しかしキム·ヨナは、これもクールな姿を見せた。 キム·ヨナは「選手生活をほぼ17年以上していることだけだった考えをする "と"物足りなさがあり、このような時期は過ぎたようだ "と打ち明けた。

続いて、 "バンクーバーで引退をしたら分からないが延長なって4年後のソチまで来るようになって(悔しさ)そんな心はもうないようだ。 完了したら、胸がいっぱいて身軽するようだ」と本音を告白した。

一方、キム·ヨナはソチ五輪を控えて来る1月68回全国男女フィギュアスケート総合選手権大会に出場する。 2007年ロクサーヌのタンゴで、私たちに強烈に迫ったキム·ヨナは "アディオスノニノー」と最後の挨拶を残している。(写真= MBC「時事マガジン2580 'キャプチャ)

201312161410343030_1.jpg201312161410343030_2.jpg


バンクーバー後、わけのわからないまま今でも試合をやっている状態で、
ソチが終われば今度こそホッとするだろうと語っているようです。

こんな本気でない選手が再びわけのわからない採点で優勝するなど、
あってはいけないと思います。

■技術では勝てないからPCSに注目!という韓国メディア

「ジャンプ構成は以前と全く同じ」というKYは、
4年前のバンクーバーから技術的には全く進化していません。

一方浅田選手は全てのジャンプを基礎から見直し自分のものに。
浅田選手は、現在女子では唯一の3Aが跳べるだけでなく、
6種8トリプルまたは3A2回という他の追従を許さない高難度の構成に挑んでいます。

技術では足元にも及ばないことを知ってか、
韓国はこんな記事を出してきました。

PCSがソチの金メダルを左右する、と。

無駄に長い記事ですが、要約すると、


日本では「KYの構成点が高すぎる」と言われ、
韓国では「アサダの構成点が高すぎる」と言われている。
ソチでは3Aや3-3のジャンプだけでなく、
審判がどちらに高いPCSを出すかということも見どころとなる。  


という感じだと思います。


キム·ヨナ - 浅田、ソチ金色「PCS」が照らす
テイルリアンスポーツ(韓国語)2013-12-14 10:21

構成点数、表現力と芸術性問う主観的な意見の反映
今季の得点を比較した場合、その時​​点での悲喜分かれる可能性高く


2連覇に挑戦する「フィギュアの女王」キム·ヨナと生涯初の冬季オリンピック金メダルを狙う浅田真央(日本)の「オリンピックリターンマッチ」が2カ月後に迫ってきた。

ジュニア時代から受け継いできた二人の長い勝負が大詰めの幕を下ろす時点でもある。

2014年ソチ冬季オリンピック 'でキム·ヨナと浅田が再び対決を繰り広げることになったのは事実上、予定になかった真剣勝負。 当初キム·ヨナは2010バンクーバー冬季オリンピック」で金メダルを獲得した後、名誉オリンピックの舞台と別れを告げるという立場を明らかにきたからだ。 しかし、結果的に二人は再びオリンピックの舞台で退くことができない試合を繰り広げることになった。 2つ目の冬季オリンピックの対戦は、世界女子フィギュアスケートの世代の折り畳みの意味も持つ。

今月初めにキム·ヨナはクロアチアのザグレブで開かれた「ゴールデンスピン」大会で、そして同じ期間、浅田はグランプリファイナルを介して間接的に正面対決を広げた。 一緒に競技を行った選手たちの面々や審判など大会進行と関連して、二つの大会が性格やレベルが異なるましたが、国際スケート競技連盟(ISU)の規定に基づいて採点が行われただけに、キム·ヨナと浅田の点数を介して両方の現在の状況を比較することができる物差しになるには不足がなかった。

キム·ヨナ「わずかな判定勝ち」

キム·ヨナはショートプログラムで一回のジャンプミスも73.37点というシーズン最高点を受けたことに続き、フリースケーティングでも最初のジャンプで倒れるミスがあったが、後に演技をきちんと消化して131.12点で合計204.49点という高得点で優勝を占めた。

前日204.02点(ショートプログラム72.36点、フリースケーティング131.66点)にグランプリファイナルで優​​勝した浅田より総合点で0.47ポイントのスコアだ。 ショートプログラムでは浅田にアプソトゴ、フリースケートでは多少遅れをとった点数だ。 キム·ヨナのシーズン最初の公式スコアとして記録されたゴールデンスピン大会のスコアは浅田の今季公式スコアの中で最高点である207.59点(ショートプログラム71.46点、フリースケーティング136.33点)より3点以上リードされたスコア。

異なる3つの大会のスコアを置いて比較したので、絶対に誰が優勢であるとは評価できませんが、スコアだけを見れば、一応ショートプログラムでキム·ヨナ、フリースケートでは、浅田が主導権を握っているわけだ。 しかし、両方の演技内容や専門家たちの反応を見てみると、やはりキム·ヨナが浅田の割には一、二歩先にいることが大半の意見だ。

教科書と呼ばれるほどの素晴らしいジャンプの質や優れた表現力など、キム·ヨナは、全体的な演技の質が他の追従を許さないという評価だ。

一方、浅田の演技は得意と打ち出しているトリプルアクセルというジャンプに集中する関心が過度に高く、最近の浅田が広げた演技でトリプルアクセルをきれいに成功させないまま、回転数不足や頭髪着地などの問題で減点を受けているため、浅田の演技全般が不安定に見えるのが事実だ。

こうした中、キム·ヨナのシーズン初得点が同じ時期浅田のグランプリファイナルの得点よりも高いが、浅田のシーズン最高点よりも低いという事実は浅田の審判の採点に疑問を持たれる部分である。 浅田が相次ぐトリプルアクセルでのミスや減点で技術点数で比較的低い点数を受けても、プログラム構成点数で他の追従を許さない点数を受け順位を引き上げることが繰り返されてみると浅田の実力について評価減する声が多いのが事実だ。

キム·ヨナも、このような不満を持つ人々はある。 主に日本のフィギュアファンやメディアがキム·ヨナが受け取るスコアが彼の演技のレベルに比べて過度に高いという不満をしばしば提起している。 日本の「デイリースポーツ」の今野良彦記者は去る12日のコラムで、このような不満を露骨に表出した。

今野記者はキム·ヨナがゴールデンスピン大会で浅田のグランプリファイナルの得点を上回るスコアで勝利したことに対して「グランプリシリーズに一度も出場しなかった試合の感度帰ってこないキム·ヨナの点数がより多くのことに首をかしげていない可能性がない。これまでもアジアだとキム·ヨナの点数を見て、釈然としない気持ちを抱いた人が多い」と伝えた。

続いて、 "ジャンプの難易度などが評価の要素となる技術点数(TES)は、比較的理解しやすいが、構成点数(PCS)は、以上だ」とし、「一般的にキム·ヨナは構成点が高いことが知られている。構成点数は演技審判が「スケート技術、動作、振り付け、曲の解釈、要素の接続など5つの項目をそれぞれ10点満点で0.25点単位で評価総点を算出する。しかし、浅田とキム·ヨナの間に構成点数でどのくらいの差があるのか​​正直わからない」と言及した。

キム·ヨナが浅田に比べて相対的に自由にプログラム構成点数を受けているという言葉のわけだ。

ちなみに、キム·ヨナがゴールデンスピン大会フリースケーティングで受けたプログラム構成点数は71.52点だった。 一方、浅田がグランプリファイナルフリースケーティングで受けたプログラム構成点数は68.79点だったし、最高点を受けた過去のグランプリ4次大会フリースケーティングで受けたプログラム構成点数は70.23点だった。

浅田が総点を基準に見ると、今シーズンのキム·ヨナに比べて3点以上前に、プログラム構成点数だけはキム·ヨナに及ばずにいるわけだ。 浅田の柔軟かつ上手なスケートが好きな日本のフィギュアファンや記者たちの立場では十分に疑問や不満を持つことができる部分に見られる。 このような疑問や不満は、キム·ヨナが浅田にひどい挫折を抱かれた去る2010バンクーバードンギェオリンピックでも強く表出されている。

興味深い事実は、多くの国内フィギュアファンたちは逆に浅田が現在の実力に比べて高すぎるのプログラム構成点数を受けているという考えを持っているという点である。 結局、キム·ヨナと浅田の演技と点数の具体的な違いが発生する部分でありながら、韓日両国フィギュアファンたちの立場が克明に交錯する部分が両方のプログラム構成点数であるわけだ。

このような立場の違いは、選手のプログラム表現力と芸術性を問う部分がプログラム構成点数項目であり、この項目の得点に審判の主観がかなりの部分の反射が見たら、キム·ヨナと浅田を眺めるファンと審判の目の高さに差が発生し、このような不満が生じると見る​​ことができる。

キム·ヨナと浅田がリターンマッチを繰り広げるソチ冬季オリンピックで、プログラム構成点数はキム·ヨナのトリプルコンビネーションジャンプや浅田のトリプルアクセルを抜いておくの勝負を決める重要な要素になる可能性は十分ある。
そうだと見れば、プログラム構成点数をめぐるこのような議論は、二人の選手が、来年のソチ冬季オリンピックでいくつかのポイントを取得するかによって一方から不公平な判定を云々して大きな不満が出てくることができる可能性を秘めている。

ソチで広げる現役最後の対決のもう一つの観戦ポイントになることができる要素であるわけだ。[テイルリアンスポーツ=イム·ジェフン客員コラムニスト]

news_1386984018_410034_m_1.jpg
▲今月初めにキム·ヨナは、クロアチアのザグレブで開かれた「ゴールデンスピン」大会で、
そして同じ期間、浅田はグランプリファイナルを介して間接的に正面対決を広げた。 ⓒゲッティイメージズ



技で勝てないから、それより表現力(PCS)に注目しろ、と必死ですね。

ここでとどめに(笑)、
技で勝てない根拠となるまとめが某所にあったのでm(_ _)m


475 :氷上の名無しさん@実況厳禁 :sage :2013/12/15(日) 01:55:36.74 ID:NfkYZFsh0
    ①真央 73.15 = 21.39 + 51.76 (3A 3F 3Lo+2Lox / 3A 3A+2T 3F 2A+3Tx 3Sx 3F+2Lo+2Lox 3Lox)
    ②ヒックス 66.36 = 19.63 + 46.73 (3F+3T 3Lzx 2Ax / 3F+3T 3S 2A 3Lz+2T+2Lox 3Lzx 3Lo~2Ax 3Fx)
    ③リプニ 65.75 = 19.23 + 46.52 (3Lz+3T 2A 3F /3Lz+3T 2A+3T+2T 3Fx 2Ax 3Lox 3Sx 3Lz+2Tx)
    ④トゥクタ 65.64 = 18.83 + 46.81 (3Lz+3T 3Lo 2Ax / 3Lz+3T 3Lz 3F 2A+3Tx 3S+2T+2Lox 3Lox 2Ax)
    ⑤宮原 65.58 = 19.56 + 46.02 (3Lz+3T 3Fx 2Ax / 3Lz+3T 3F 3Lo 2A 2A+3Tx 3Lz+2T+2Tx 3Sx)
    ⑥G・G 65.48 = 19.34 + 46.14 (3Lz+3T 3Lox 2Ax / 3Lz+3T 2A+3T 3Lo 3Fx 3Lzx 3Sx 2A+2T+2Tx) 
    ⑦子君 64.93 = 19.03 + 45.90 (3F+3T 3Lz 2Ax / 3F+3T 2A+3T 3Lz 3S+2T+2Lox 3Fx 2A 3Lox)
    ⑧ポゴリ 64.86 = 18.83 + 46.03 (3Lz+3T 3Lo 2Ax / 3Lz+3T 3Lo+1Lo+3S 3Lz 3Lo+2Tx 2Ax 2Ax 3Fx)
    ⑨ラジオ 64.84 = 19.34 + 45.50 (3Lz+3T 3Lox 2Ax / 3Lz+3T 3F 3Lo+1Lo+3S 3Lz 2Ax 3Lo+2Tx 2Ax)
    ⑩クーシン 64.66 = 17.83 + 46.83 (3T+3T 3Lo 2Ax / 3Lz+3T 3Lz 3Lo 2A+3Tx 3F 2S+2T2Lox 2Ax)
    ⑪ソトニコ 64.26 = 17.13 + 47.13 (3T+3T 3F 2Ax / 3Lz+3Lo 3F 3Lo 2A+3Tx 3F+2T+2Lox 3Sx 2Ax)
    ⑫ワグナ 63.83 = 18.64 + 45.19 (3F+3T 3Lox 2Ax / 3F+3T 2A 3S 3Lo~2Ax 3Lzx 3Lox 3F+2T+2Tx)
    ⑬村上 63.73 = 18.15 + 45.58 (2A 3T+3Tx 3Fx / 3F+3T 3Lz 3Lo 3Lo+2T x 3Fx 2Ax 3S+2Lo+2Lox)
    ⑭鈴木 63.02 = 17.13 + 45.89 (3T+3T 3F 2Ax / 3F+2T+2Lo 2A+3T 3Lz 3Fx 3Lz+2Tx 3Lox 3Sx)
    ⑮キムヨナ 61.82 = 19.03 + 42.79 (3Lz+3T 3F 2Ax / 3Lz+3T 3F 3S+2T 3Lzx 2A+2T+2Lox 3Sx 2Ax)
    ⑯安藤 61.45 = 17.83 + 43.62 (3T+3T 3Lz 2Ax / 3Lz+2Lo 3Lo 2A+3T 3Lzx 3Sx 3Tx 2A+2Lo+2Lox)
    ⑰Cガオ 61.09 = 17.11 + 43.98 (3T+3T 2A 3Lox / 3F+3T 2A 3Lz+2T 3Fx 3Lox 3Sx 3T+2T+2Lox)
    ⑱メイテ 58.88 = 16.60 + 42.28 (3T+3T 3Lo 2A / 2A 3S+3T 3Lz 3F 3Lo+2T 3Lox 3T+2T+2Tx)
    ⑲コストナ 58.40 = 16.93 + 41.47 (3T+3T 3Lo 2Ax / 3Lz 2A 3F+3T 3Tx 3Lox 3S+2T+2Lox 3Sx)
    ⑳今井 58.01 = 17.21 + 40.89 (2A 3S+3T 3Lox / 3F 3Lo 3S 2A+3Tx 3Lo+2T+2Tx 3S+2Tx 2Ax)

492 :氷上の名無しさん@実況厳禁 :sage :2013/12/15(日) 04:25:43.59 ID:nGmCneRp0
    >>475
    3Lz+3T持ちキム入れて8人もいるんだね
    4種6トリプルは4人しかいない

    ①真央 5種7トリプル
    ②ヒックス 5種7トリプル
    ③リプニ 5種7トリプル★
    ④トゥクタ 5種7トリプル★
    ⑤宮原 5種7トリプル★
    ⑥G・G 5種7トリプル★
    ⑦子君 5種7トリプル
    ⑧ポゴリ 5種7トリプル★
    ⑨ラジオ 5種7トリプル★
    ⑩クーシン 4種6トリプル★☆
    ⑪ソトニコ 5種7トリプル
    ⑫ワグナ 5種7トリプル
    ⑬村上 5種7トリプル
    ⑭鈴木 5種7トリプル
    ⑮キムヨナ 4種6トリプル★☆←謎の加点で200越えの人
    ⑯安藤 4種6トリプル☆
    ⑰Cガオ 5種7トリプル
    ⑱メイテ  5種7トリプル
    ⑲コストナ 5種7トリプル
    ⑳今井 4種6トリプル☆


技の種類も数も、ピギョクインと自慢できるほどではないみたいですね。

■KY、ゴールデンスピン画像集

そのKYさんの「表現力」。
ゴールデンスピンの画像がたくさんあったので一部を。

何を表現したいのやら…

2013121506.jpg2013121514.jpg
2013121512.jpg2013121511.jpg
2013121503.jpg2013121502.jpg
2013121508.jpg2013121513.jpg
2013121509.jpg
2013121516.jpg
2013121517.jpg2013121521.jpg
2013121519.jpg2013121518.jpg
2013121522.jpg

おまけ。
先日のコラは、練習中のたまたま変なポジションかと思ってたんですが、
本番でも同じポーズだったようで(笑)

11217235893_5257bb9c79_z.jpgorg4727992.jpg
910095_0_m500414_30538.jpg

■お隣のニュースで知る真央ちゃん情報

続いてはお隣のニュースで知る真央ちゃん情報と素敵な画像(笑)

真央ちゃんが伊藤みどりさんから
「何も考えないで」ジャンプを跳んでいたというヒントをもらったこと、
日本でも報じられてましたが、韓国のほうが詳しく伝えられてました。
そしてこのニュースの画像が、見たことなくて素敵な真央ちゃんだったので(笑)


切実な浅田真央...トリプルアクセルに「無心」搭載
アイドル伊藤みどり会っジャンプについて助言
「過度の負担捨てて自然に走ることが目標」

テイルリアンスポーツ(韓国語)2013-12-10 00:32

グランプリファイナル、歴代最多タイ人4回の優勝を獲得した浅田真央(23)がトリプルアクセル成功のために「無心」を装着する。

浅田は8日(韓国時刻)大会が開かれた福岡市内で記者会見を行い「偶像である伊藤みどりと会って多くの助言を得た」と明らかにした。

伊藤みどりは日本フィギュアの伝説で19歳だった1988年には、女子選手としては世界初のトリプルアクセルに成功した。 翌年の世界選手権でアジア女子選手初の金メダルを獲得した大統領選挙のおしゃべり。 しかし、1992年のアルベールビル冬季オリンピックでは、銀メダルにとどまった。

浅田は「現在のトリプルアクセル以外は問題になることはない。 ジャンプの成功の可能性を高めることだけが課題だ」と述べた。 実際、浅田は2010年バンクーバー五輪後に4年ぶりに三回のトリプルアクセル(ショート1回、フリーで2回)に挑戦した。 しかし、ショートでは回転数不足判定を、フリーも着地ミスと二本の足で降りてきて失敗した。

したがって、今回の伊藤との再会は浅田に大きな刺激となった。 これ浅田は「伊藤の過去の映像を見ると、フリーでトリプルアクセルを2回試みていたよ。 伊藤から「最初のジャンプでは、何を考えてはならないし、2番目に大きな覚悟を持って走らなければならない。 過度のプレッシャーを捨てて自然に走ることが最も重要である」という言葉を聞いた」と明らかにした。

結局、浅田は「無心」を前面に出してトリプルアクセル再挑戦に乗り出すことを明らかにした。 来年2月ソチ五輪を最後に現役引退を宣言し、覚悟が男異なるからである。 さらに、フリースケーティングの曲も偶像である伊藤がアルベールビルオリンピックで選曲したラフマニノフのピアノ協奏曲である。


しかし、浅田が夢に描いた金メダルを首にかけることができるかは未知数だ。 'フィギュアクイーン'キム·ヨナの帰還が最も気になる部分である上、個人的には体力の問題を抱えているからだ。 それにもフリースケートで4年ぶりにトリプルアクセル2回の試行という無理を浮かべた。 それだけオリンピック金メダルが切実な浅田真央だ。

一方、歴代オリンピックの女子フィギュア選手がトリプルアクセルを成功させた事例はたった二順番に、1992年アルベールビル大会での伊藤みどり、2010年のバンクーバー大会の浅田真央だ。 両方の時にメダルの色は銀であった。[テイルリアンスポーツ=ギムユンイル記者]

news_1386570572_409025_m_1.jpg


こんなニュースもありました。
この写真の頃は、KYさんも無邪気な顔をしています。


キム·ヨナ浅田真央「過去の写真」は、親しいモード
入力2013.12.03 19:49:43、修正2013.12.03 19:49:43

キム·ヨナ、浅田真央の競争構図が注目を集めている。

キム·ヨナと浅田真央は、1990年9月の同じ月に生まれた同い年のライバルとして、今回の2014年ソチ冬季オリンピックを控えて二人の選手の対決に注目が集まっている。

ジュニア時代から熾烈な競争を繰り広げてきたキム·ヨナと浅田真央のバランスは、2010年バンクーバー冬季オリンピックの授賞式で明らかに分かれた。 キム·ヨナはこの大会で金メダルを首にかけ、浅田真央は頭を下げた。 以後キム·ヨナの独走が始まった。 しかし、今季キム·ヨナが負傷で停滞中浅田真央は、自国で開かれたグランプリNHK杯で個人最高点数である207.59点を受けた。 キム·ヨナは3月にカナダのオンタリオ州ロンドンで開かれた世界選手権大会で女子シングル歴代2番目に高い点数である218.31点で優勝しても「女帝」であることを証明したが、最近の負傷でリハビリに集中した。

キム·ヨナは3日、ゴールデンスピン·オブ·ザグレブが開かれるクロアチアに残しながら、「浅田があったからこそ、今私もこの場にいる」とし、「浅田も最後のシーズンを迎えることになるだろう、各自の席で熱心にして後悔せずに最後のシーズンを終えて欲しい」と明らかにした。 一方、浅田真央は最近、「キム·ヨナがあったので、より発展することができた」と伝えている。

20131203023810_0.jpg
オンラインニュースチーム/写真=キム·ヨナホームページキャプチャ


それにしても、日本より韓国のほうが、真央ちゃんニュースは多いんですよね。
全て取り上げてたらキリがないので、画像だけまとめてみました。

KYと真央ちゃん抱き合わせニュースが多いので、
ツーショットの画像を選んでみました。

2013120301072733008004_b.jpg
2013121001000765800046251.jpg
htm_20131205105541385.jpg
htm_20131205155506864.jpg
20131208122659562394.jpg
201312081156493030_1.jpg
htm_20131208163845407.jpg2013120801000298000017901.jpg
news_1386464158_408800_m_1.jpg
20131208024815425983.jpg
201312080210779671_52a35b776c61e.jpg
201303172101775162_5145b4420758a.jpg

韓国はどれだけ真央ちゃんの画像を隠し持っているんだろうと(笑)

ちなみに上から2枚目の画像は、二人の目が合ってるように見えますが、
後ろの選手たちを見てわかる通り、真央ちゃんは向かって右の何かに注目してるだけ。
KYひとりが真央ちゃんの表情を気にしている、という構図になっているとか。



■「真央オレンジ」という菊。真央ちゃんリスペクトの選手たち。

最後は少し和める話題で。

沖縄の菊の出荷ニュースに「真央オレンジ」という言葉が(笑)


菊の出荷始まる 伊江村「真央オレンジ」
琉球新聞 2013年12月15日

 【伊江】伊江村の菊栽培農家で「真央オレンジ」と呼ばれているスプレー菊の出荷が始まった。フィギュアスケートの浅田真央選手が大会で着たコスチュームのオレンジ色と似ていることから名付けられた。
 西江上区の友寄祐孝さんのビニールハウスでは、出荷を待つ菊が咲き誇り、まばゆいほどの鮮やかなオレンジ色で埋め尽くされている。
 12月中旬からは正月用の切り花の出荷も始まり、菊の出荷はピークを迎える。(知念光江通信員)

img52ad0b820ea7a.jpg
見事に咲き誇るスプレー菊「真央オレンジ」=6日、伊江村西江上区


某所で紹介されたサイトに、真央オレンジの情報がありました。

photo*sutaより

品種名:マオオレンジ
品目名:キク スプレー菊

14933.jpg

品種名:太陽のマオ(オレンジ)
品目名:キク スプレー菊

33039.jpg

和める話題その2。

スウェーデンの国内選手権で、真央ちゃん衣装のジュニアがいたとか。

ピアコン衣装のジュニア
BbcXtRhCIAAggFP.jpg
BbcX3wUCUAA4FX5.jpg

シェヘラザード衣装のジュニア(こちらはスウェーデンではないかも)
i1089062-1387022184.jpg

ピアコン衣装の選手は銅メダルを獲得したそうです。おめでとうございます!
1501710_651833854867356_175502689_n.jpg

最後は某所から拾った雑誌などのキャプチャ画像。

佐野稔氏の発言で話題になった「フィギュアスケートファンブック」ですが、
その問題発言ではない部分の真央ちゃん特集部分だそうです。

(クリックでかなり大きくなります)
r_12831301_sp_0001_l.jpgr_12831301_sp_0009_l.jpg
フィギュアスケートファンブックr_12831301_sp_0005_l.jpg
r_12831301_sp_0007_l.jpgr_12831301_sp_0008_l.jpg

「趣味=ジグソーパズル」って書いてある。
同じだ!嬉しい~(笑)

中野友加里さんの本も発売されたそうですが、
こちらは評判がいいみたいですよ!

真央ちゃんのコーナーではこんな微笑ましい写真があるそうです。

(クリックで少し大きくなります)
2013121501.jpg

「フィギュアスケートファンブック」の佐野稔氏の発言について、
某所でこんな報告がありました。

「真央ちゃんの3Aは子供でも跳べる」というくだりについては、
この方はそこまで悪意は感じなかったということでしたが、
私が気になったのは赤文字にした部分です。


546 :可愛い奥様 :sage :2013/12/14(土) 15:50:41.06 (p)ID:TmF4tiAO0(2)
ただいま!例のムック本立ち読みしてきたよ!

稔がキムのジャンプを褒めてたのは稔が語る~とかいうコーナーで
まず自分は日本のスケ連理事だから日本人のことは語れないので
外国人選手について語りますとの注意書きから始まってる。

で、pさんは3Aが苦手とかケヴィンのジャンプは回転見分けにくいとか
フェルナンデスは今回GPSいまいちだったとかそんな話。
で、女子はキムのジャンプほめて復帰戦のGスピンでは
簡単に33決めて高得点出してくるでしょうねと予想()
後はワグナーも見逃せませんとか言ってたかな

あとは真央ちゃんのは子どもたちが見て真似できるもの発言だけど、
みどりの特殊な才能で跳ぶ3Aは真似しようにもできないけど
真央の3Aはお手本にしやすい3Aってことだったよ。
思ってたより悪意はなかったと思う。
キムヨナの007が好きって発言だけど
オリンピックではキムがピストルバキュンされる方向の席が高値になってた(!)とか   
キムがバキュンするアングルを撮るためだけに
本来ならカメラ無い位置に特別にカメラが設置されたとか
さらっと黒い話暴露しててわろたw

プロトコルの読み方とかも載ってたけどそのへんはチェックしてない。

タクタミの成長過程写真もあったけど
ロシアンタイマー発動?!とあってスケ板みたいなノリでした

真央の子供のころからのカラー写真が可愛くて
思わず買いそうになったけど
1200円にしては薄っぺらくて高く感じて買わなかった。
800円くらいなら買ったかもw


スケ連理事だから日本人について語れないとわかっているなら、
どうして真央ちゃんのジャンプについてだけ、
あんなに執拗にテレビでダメ出しをするんだろうかと。

やはりすっきりしないことが多すぎます。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/12/17(火) 18:15:37|
  2. キムヨナニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:38
<<3Aは「女子にとっては、1度でも成功すれば歴史に刻まれるジャンプ」 | ホーム | なにこの駄文…青嶋ひろの、許せない。>>

コメント

日経新聞のスポーツ欄

いつもありがとうございます。
日経新聞のスポーツ欄に、スポーツメーカーミズノ相談役の上治さんと言う方が寄稿されています。
日本人としてソチオリンピックに期待するのは、フィギュアスケートの浅田真央選手と、スキージャンプの伊藤沙羅選手。
「二人のけなげな姿からは人生をかけて競技に打ち込んできた決意が伝わってくる。遊びたい盛りに誘惑を断ち切り、怪我の恐怖心にも打ち勝って練習を重ねて来たあゆみには素直に敬意を表したい」
とのことです。
私もまったく同感ですし、日本を代表するスポーツメーカーの方がこう発言してくださることに、
私は涙が出るほどうれしかったです。
本当は、こういう事をスケ連の理事が言うべきなのに。
  1. 2013/12/17(火) 19:09:21 |
  2. URL |
  3. りか #pTMCrM.c
  4. [ 編集]

チンハダ

チンハダとは韓国語、、、うんざりより→マジうぜー。


今年3月の世界選手権の会見のキムヨナの会見原文はかなり汚い言葉を綺麗な日本語に訳して記事にされてますが。

キムヨナ 韓国語 チンハダ 検索で、彼女の汚い言葉が出てきますよ。
  1. 2013/12/17(火) 19:36:06 |
  2. URL |
  3. なつ #1Nt04ABk
  4. [ 編集]

本当にこの人は残念という言葉につきます。好敵手ぶっている言葉に虫唾が走る。この人の言葉の数々を見ていると、韓国人はこれが模範的でいい答えだと思っているんだろうかという疑問が湧きますが、同じ韓国人のレベルだからこれでいいと思ってるんでしょうね。どうがんばっても含蓄のある答えはこの人の口からは出てきそうもない。競技への愛もない人は浅田選手と心を共有する事はできないでしょう。
最後までこの人は好敵手にはなりえなかったんだなぁという思いです。
  1. 2013/12/17(火) 20:05:09 |
  2. URL |
  3. いつもたくさんありがとう #-
  4. [ 編集]

真央ちゃんの菊、美しいですね! 癒されました。ありがとうございます。
検索してみたらピンク色のものもあって、そちらはFS仮面舞踏会の衣装みたいでした。
薔薇もきれいですが、棘のない菊は真央ちゃんに例えるのに、より相応しいかもしれないですね。
甘すぎない爽やかな香も真央ちゃんらしいと思うのです。
  1. 2013/12/17(火) 20:38:25 |
  2. URL |
  3. awano #Yqf9uHks
  4. [ 編集]

盛りだくさんの更新ありがとうございます。

KYさんの今回のインタビューは他のところで見たんですが、まー、正直ですね。
こんなやる気のない態度、吐露したら普通はひきますが・・・。
GSの演技内容が良くなかったことを自分でもわかってたんですね。そのgdgd演技を韓国ジャッジ有資格者はべた褒め大絶賛してるわけなんですが。
KYさん、ネットが趣味なら、ひょっとして海外で今回の演技の評判があまり良くないのを知ってるんでしょうか。それで泣き言というか、言い訳めいたことを言いたくなったとか・・さすがにそれはないかな。

真央ちゃんとみどりさんの記事は意外でした。K国のフィギュア記事でも比較的まともなものがあるんだなあ、と。

K国メディアの恒例の写真ネタ、・・・・その写真でいいのか、と言いたいくらい、真央ちゃんかわいすぎです。KYさんはお直し前なんですかね。素朴です。いつの写真なんでしょう。
ただ記事内容は「茶番後、キム·ヨナの独走」って、おい、おい、おい、嘘言うなですが・・・。

真央オレンジ、知りませんでした。可憐で、可愛いくて、輝いている。
ご紹介ありがとうございます。
  1. 2013/12/17(火) 21:09:33 |
  2. URL |
  3. こんにちは #-
  4. [ 編集]

ユカリンと

一緒の写真、微笑ましいですね!
「アイガット」の最初のポーズ、
真似してみたくなりますよねww
  1. 2013/12/17(火) 23:42:35 |
  2. URL |
  3. 青海 #tR0Y9Tco
  4. [ 編集]

本当にこの人は…「お前が言うな!」と言いたくなるような言葉ばかり。

「うんざり」なのはこっちです。
まったく石ころさんのおっしゃる通り。
あなたは常に「KYの方が上!」と持ち上げてもらってるじゃないですか。
何が不満なの?
年々進化し続けてるのに、年々劣化していく人といつまでも比べられ貶められる真央ちゃんの方が、よっぽど「うんざり」と言いたいところでしょう。
そしてあなたが出てくるたびに、その茶番を見せつけられるファンたちも「うんざり」してるんです。
「癒されたい」も同じ。こっちのセリフ。
だけどこの人の周りには慰めてくれる人もいないんですね。
ただ試合に出て勝ってくれ、と。
本当に国の道具でしかないんだなぁ…。気の毒ではあるけど、これまでの本人の行いを考えると、心から同情する気にはなれません。

「体力の衰え」は「いいわけ?」としか思えません。
あのやる気のない演技は、18歳以降衰えてくる体力のせいだから仕方ないと?
「努力をしても~」って努力が足りないのでは?
真央ちゃんやあなたより5歳も年上の鈴木さんは、若かった頃よりずっと向上し続けてますよ。
10代の頃より体力的に厳しくなるのは、確かにそうだと思いますが、みんなそこを上手くコントロールしながら、演技自体はより良いものをと、更に上を目指して頑張ってるんじゃないですか。
それを明らかに「体力ないの~」という演技をして、「物理的に難しい」と言い訳?

なめるな…

と言いたいです。
またこれを、見合わない高得点もらっときながら言うから腹が立つ。
「完了したら胸がいっぱいで身軽」なんて、そんな気持ちでやってたら、そりゃあ力も出ないでしょう。
そんな気持ちでOPになんか出ないでください。
こっちも、本当は嫌で嫌で仕方がない、というのが丸分かりの演技を見たいとは思いません。それに高得点がつく茶番も。
不愉快です。

しかし、本人でさえ「正気ではなかった」という演技に、「鳥肌が立った」という韓国ジャッジたち…一体どういう感性をしてるんでしょうか…。

佐野さんについては、直接記事を確認するまでコメントは控えようかと思ってたのですが、とりあえず今回思ったことだけ。
石ころさんと同じです。
理事が日本選手について語れないのなら、テレビとかあっちこっちで吹聴しまわってたあれは何?
「真央ちゃんよりKYの方が上」と思わせるような発言の数々は?
真央ちゃんのジャンプへのイチャモンは?
下げる発言ならOKなの?
まったくすっきりしませんね。
この人の口、タコ糸で縫いつけたいです。

真央ちゃんの別記事は素敵ですね。
紹介ありがとうございます。
「真央オレンジ」も可愛いですね(^^)
本当に、明るくて可愛らしくて「アイ・ガット・リズム」を思い出させます。
  1. 2013/12/17(火) 23:54:12 |
  2. URL |
  3. soramomo #-
  4. [ 編集]

「マオオレンジ」、スプレー菊がこんなにキレイで可愛く見えたのって初めてかも。
真央本人はこのこと知ってるのかな?
でもこんなニュース流したら・・・
あっちが真似するよ~、時節柄「ヨナイエロー」?
でも花の品種改良技術なんか持ってないか。
  1. 2013/12/18(水) 00:15:54 |
  2. URL |
  3. natsuki #-
  4. [ 編集]

なんだかなぁ

石ころさん、こんばんは。
GPFでの選手達の素晴らしい演技に今まだ浸り中~です(^^
・・が、アレが試合に出てから、色々とイヤな感じの記事が出回ってるみたいですね。
どうして自国の一生懸命な選手を応援出来ないんでしょうね?(青島は違うんでしょうが)
真央ちゃんなんて、ちゃんと見ていたら、応援せずにはいられなくなるわ!
・・って、普通なら思いそうなもんだけど・・。
アレの記事も、読んでて、なんだかなぁ・・って白けてしまいました。
あ、韓流最高難度プロ、やっと見ましたよ。
感想の代わりに、映画ファンらしく、大好きな映画「卒業の朝」の中に出てくる言葉をアレに捧げたいと思います。
”幼い者は成長し、無知な者は学び、酔った者は醒める、けれど愚かな者は一生愚かなままだ”
マオオレンジ清楚で可愛いわ~。太陽のマオって名前もいいですね。
しっかりと上を目指しながら健やかに成長してるイメージ(^^
全日本ももうすぐですね。真央ちゃん、腰はもう大丈夫かな?大ちゃんの足も・・
久々のこづ君も楽しみだし、興奮して又睡眠不足になりそう~(^^ゞ
  1. 2013/12/18(水) 00:18:39 |
  2. URL |
  3. つるばら #OP2UcWyM
  4. [ 編集]

しまった

↑(青島は違うんでしょうが)は、
青島にとっては日本は自国ではないんでしょうが、の意味です。
それと、natsukiさんのヨナイエローに笑ってしまいました。確かにやりそう;;
  1. 2013/12/18(水) 00:24:22 |
  2. URL |
  3. つるばら #OP2UcWyM
  4. [ 編集]

真央ちゃん笑顔が素敵で可愛い! 技術だけじゃなく、衣装でもパイオニア的な存在なんですね。キモヨナ癒されたいならさっさと引退すりゃあいいのに。キモヨナの顔芸には笑いましたょ。
  1. 2013/12/18(水) 03:02:43 |
  2. URL |
  3. 真央ちゃん大好き #-
  4. [ 編集]

石ころさん、おはようございます〜
この記事…なんなんでしょうね???
ここまで弱気っつーかただのグチ??

あのグダグダ演技の言い訳でしょうかね…
にしてもなぜこの時期にこんな内容を、インタビューで打ち明けるんでしょうね。
もう本当にスケートが嫌で嫌で嫌で嫌でしょうがない、っていうことだけは
よくわかりましたが(笑)
医学的にも18過ぎたらきついとか、20代で頑張ってる全てのアスリートに
失礼じゃないのか。あなたの努力がたりないだけでしょう。
って層ツッコミが入りそうです。

あとバンクーバーで真央選手も引退を考えたんじゃないか、とか、真央選手も
うんざりしてるんじゃないかとか、やめてやめて。
真央ちゃんを勝手に入れ込まないで。あなたとは何もかも全然違うし。
結局本人が「私とマオは〜」って一緒に語ってるんじゃん。

まあお隣では、ヨナ人気もバンクーバーの時とは違うでしょうし(芸能人か!と
いう声がけっこうあるらしい)、これだけチヤホヤされてるんだから同情も
しようがありませんわ。

ただ、私ひとつ今回テレビでヨナ特集っぽい番組を見てて思ったんですが
(たしかMr.サンデー)、あちらの国の方が真央ちゃん関連の質問すごく多いですよね。
記者会見とかだと、真央ちゃんの質問無しっていうのはあり得ないくらいな感じで。
今回はGSでイタリア記者からも「マオは3Aにチャレンジしてるけど、あなたの
チャレンジは何か」みたいな質問あったようですし。
真央ちゃんは、日本で試合ごとにインタビューあるけど、そこまでいちいち
ヨナを絡めたことを聞いたりはしてない感じ。(そのかわり番組側が勝手に入れ込みますが)

真央ちゃんは、他の選手との比較でなく本物の人気だけど、KYは真央ちゃんの光をあびていないと人気や話題性が保てないんだな…と改めて思った次第です。

あとジャンプ構成が15位!!!15位!!!!!!
なのに、点数はぶっちぎりのトップ!!!
これも、知らない人に事実を知ってもらうのにすごくいい情報ですね〜!
「ジャンプの難易度は15位だよ、15位(笑)真央ちゃんはダントツで1位。
お隣の人は15位なのに点数だけはダントツ1位!!」って。
うん、使えます!!
  1. 2013/12/18(水) 08:32:33 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集]

石ころ様、みなさま、おはようございます。
いつも色々な情報収集していただいて、読み応え十分です!
ありがとうございます。

アップしていただいた、
日韓、色々と記事を読み比べてみて、つくづく思いましたよ・・

朝鮮の記者たちは、おそらく、捏造記事を書かなければいけないという立場であるということだと思いました。
朝鮮にも、まともな人はいるはず。以前、石ころ様が、朝鮮の掲示板で、八百長さんをファンが酷評していたことをご紹介いただきましたが、記者でも、フィギュア関係者でも、彼女の衰えを皆、感じているということ。 だから、八百長審判代表、コ・ソンフィが、韓国の選手の不利益にならないようにするとか言い出す。
世界中に金をばら撒いて、捏造記事を書かせ、真央さんと比べて、引き立つようにする。本当に卑劣なやり方。自国の選手を持ち上げることに必死。それは笑えますが、ある意味偉いです。
それに比べて、日本といえば、反日勢力が増すゴミを乗っ取り、電通が圧力をかけ、佐野や荒川など、連盟理事さえも、こぞって、朝鮮の選手を褒め称え、母国の選手を下げる。 まるで楽しそうにやっている。お金をもらっているからでしょうけど、あまりにわかりやすく、変わり身の早い人々。

どちらが、褒められるべきかといえば、前者の朝鮮ですよね。両国の増すゴミ、お互いゴミではありますが、妄想でも褒め続け、絶対にけなさない。もちろん、スケート関係者がそんなことしたら、それこそ、粛清されそうです。
本当に日本人として、プライドと、自国の選手を守りたいなら、何が何でも、うちの子が一番!といい続けなければならない。
それが出来ない国は、すでに、情報戦で負けてます。
本当に情けないです。

ただ、あのよぼよぼ演技で、真央さんがノーミス演技で、八百長したら、今度は叩けばほこりが出るという事態になるのは当然だと思います。
  1. 2013/12/18(水) 09:24:27 |
  2. URL |
  3. なら #-
  4. [ 編集]

おはようございます。
更新、ありがとうございま~す。

はぁ、真央ちゃんも私たちもKYにうんざりですよ(ーー;)
こっちがうんざりです、本当に。
やる気のない顔、同じ演技、ぐだぐだ演技、同じ顔芸。
そんなにやる気のない演技をみさせらてるこっちの気持ちも考えてほしいものです。
真央ちゃんにしてみてはあんな演技であんな高得点!?
真央ちゃんに関わらず、他のトップ選手たちもうんざりしてるでしょう。
ソチで勝ち負け考えてないのなら、ぐだぐだ演技で最下位になっていただきたい。

構成w
韓国では捏造できるでしょうが、ばれちゃってるよw
構成点が高すぎるのは高難度なジャンプをしてるわけで・・・
低難度の人があんな高得点をもらってるほうが目にみえておかしいわ。
どんだけ、PCS&GOEでもらってんだ(ーー;)あのぐだぐだ演技に。

体力がないってすごいいいわけですね。
ないのは自分の責任では?
おさぼりしてた分、筋力も体力もなくなるのが当たり前でしょ。
真央ちゃんは休むことなく、4年間頑張ってきた。
同い年のくせに、体力がないのは18歳すぎたらみな同じ~的な言い訳にしか聞こえないわ。
真央ちゃんは鬼構成なのに、よくがんばってるわ。
あ、KYも一応鬼構成のつもり・・・・なのかしらねw


真央オレンジ、話は聞いてたけど、写真はじめてみたー
すてきなオレンジですね。
昨季のアイガット、すごく好きだったー
ぱぁっと明るくなる感じで。

ほんと、佐野はね(ーー;)
理事で日本選手のこといえないのなら、テレビで解説するのもやめていただきたいわ。
矛盾しすぎ(ーー;)
  1. 2013/12/18(水) 09:35:28 |
  2. URL |
  3. koko #-
  4. [ 編集]

基礎点の比較

今季の試合記録をもとに、FSの基礎点を調べてみました。3連続ジャンプを入れていない選手もおり、これからオリンピックに向けプログラム構成はより高度な内容に変わってゆくかもしれませんが、参考になればと思います。

1 浅田 67.86
2 鈴木 61.99
3 リプニツカイア 61.82
4 ポゴリラヤ 61.33
5 宮原 61.12
6 ラジオノバ 61.10
7 村上 60.88
8 ソトニコワ 60.45
9 ワグナー 60.29
10 トゥクタミシバ 59.93
11 安藤 59.52
12 キム 58.52
13 コストナー 54.77

この得点はジャンプで回転不足やダウングレード(<や<<)がなく、かつ全てのスピンとステップでレベル4を得た場合のマックスの得点です。プログラムをミスなく演じることは大変なことで、また言うまでもなく試合の勝敗は基礎点にGOEとPCSを加えて決まります。しかしこうして数字を見るだけでも浅田選手がいかに高い技術に挑戦をしているか明確に分かります。

概要ベテランの選手は技術難度を低く抑えていることが見て取れますが、試合ではGOE又はPCSで得点をあげています。その中で浅田選手、鈴木選手は、技術もPCSも両方に注力しまた実績もあげてきておりフィギュアスケートのアスリートとして鑑の存在です。フィギュア選手たちの技術レベルは年々高くなっていき、将来は女子も3Aや4回転を試合に入れるのが普通になる時代が来るのかもしれません。その道を開き続けている先駆者としての貢献度は多大なものです。

いよいよ、男子・女子とも国内戦としては世界一水準が高い全日本選手権が近づきました。欧米諸国に先がけてオリンピック代表が正式に決定することもあり、世界中で注目度ナンバーワンですね‐楽しみにしています。

  1. 2013/12/18(水) 09:47:14 |
  2. URL |
  3. アメリカのマオファン #-
  4. [ 編集]

浅田選手のどんどん進化していくスピンと
汚ヨナの劣化したスピンを見てると
「スピンは練習量に比例する」の言葉通りだなというものを感じます。

浅田選手は佐藤信夫コーチに師事するようになってから
「ジャンプの回転軸の取り方はスピンの回転軸の取り方と同じ」
という佐藤氏の理論のもと、スピンの練習を繰り返し行っていたそうです。
その成果があって回転数も格段に増え、スピードも上がり
スムーズな姿勢変更を身につけられるようになりました

それから浅田選手がここ最近フライングキャメルスピンで取り入れているトウ・アラビアンの入り方は
佐藤信夫氏になってから新たに習得したスピンの入り方です。
2010―2011年までは一度も入れたことがなかったのを
持ち越した「愛の夢」で取り入れたのが最初でした。
はじめの頃はトウで何度も氷をけってから入る入り方に苦戦していたようで
バランスを崩したり軸がぶれるところも見られましたが今は非常に安定して軸がぶれないようになりました。
浅田選手のスピンは入りも姿勢変更もバリエーションが非常に豊富になった、

佐藤コーチの理論通り練習した成果は
ジャンプとスピン両方でしっかりGOEにも出ています

一方浅田選手と何かと比較されるあの方は
スピンの練習は大嫌い。
ヤツがシニアに上がってからこの方フライングスピンはバタフライからしかできないし
バックエントランスの入り方も全く入れてない(入れることができない)。
いつも左足を基軸にしたバックインからしか開始できない。
キャメルスピンで仰向け姿勢ができなくなりやや横向きになったし
シットスピンは相変らず腰高。パンケーキもできない
レイバックスピンはサイドウェイすへの移行ができなくなったし
キャッチフットもフリーレッグが以前のようには後ろに上がらなくなって
ブレードをつかめなくなった。
スピンの回転中にジャンプして足換えも今の足の状況ではできないでしょう。
コンビネーションスピンのI字は
ますます膝の曲りが大きくなって汚ポジになった

練習をしてないから劣化していくんです
人の発言やファッションを真似するより、
練習への取り組みのほうを真似したら?
  1. 2013/12/18(水) 10:24:32 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

アレのうんざり発言は青島ひろのの駄文から理解出来るのではないでしょうか。
アレは「私“だけ”を見て」「私“だけ”を愛して」。
「私は世界最高得点保持者の世界的女王さまで、ミンジュクの妹なのに、なぜ真央と比較ばかりされるの?」
「いい加減、真央と比較しないで、私“だけ”をホルホルマンセーして頂戴!」
という、現実を直視出来ない人間特有の精神思考ではないかと思います。
現実は、自分だけでは誰も注目されず、裸の女王さまの如く、上辺の汚ベンチャラで持ち上げてもらわなければ誰も何も言ってくれない。
寄生虫は自分が何かに寄生して生きている(生きられない)とは思わず、あたかも自分で生きていると思っているのでしょう。
むしろマスゴミは自分たちの行動はちゃんと把握しているのでしょうね。苦笑。

「真央ちゃんの3Aはお手本にし易い」→けれど、誰も<簡単>には真似出来ない事は、もっと強調すべきではないでしょうか?
居酒屋で飲んだくれてる旦那さんよ1
  1. 2013/12/18(水) 10:27:17 |
  2. URL |
  3. 三D #LkZag.iM
  4. [ 編集]

書き忘れてました。

今日、地方紙を読んでたら、全日本の記事が出てたのですが、男子はソチ代表の条件であるうちの2つ(GPF最上位日本人、世界ランキング日本人3位まで)を羽生選手がクリアしてるので、羽生選手は確実に選ばれる、あと選考基準の世界ランキングでは高橋、町田がクリアしていて、クリアしてない織田、小塚、無良がどうでるか的なことが書いてあって、次は女子で、浅田選手はGPF優勝なので、頭ひとつでている、鈴木選手はGPSで連続メダルを取ってるので浅田選手の次にきていて、気になるのは安藤選手がものすごい追い上げをしている。あと村上選手はSPをかえたとか、宮原さんは3-3の高難度をいれているとか書いてありましたが、世界ランキングのことはひとつもふれてませんでした(ーー;)
男子では世界ランキングの話が出てるのに、女子は全く。
世界ランキングいれたら、安藤さんはたぶん圏外ですが・・・
そういうことは一切ふれないのね。
地方紙のスポーツコーナーなんで、たぶん、どこかの記事を買い取って載せてるとは思うのだけど、ちょっと朝からイラっとしてしまいました。
  1. 2013/12/18(水) 10:49:38 |
  2. URL |
  3. koko #-
  4. [ 編集]

GOE以上に『謎の高得点』なのがヤツのPCS評価です

はっきり言ってPCSの基準から外れまくっています。
それこそ「なぜあの高得点が出るのかわからない」

一応「構成点の基準」はISUから発表されています
http://www.isu.org/vsite/vfile/page/fileurl/0,11040,4844-152086-169302-64121-0-file,00.pdf
日本語訳は↓の「フィギュアスケート資料室」左にある
「構成点の基準」をクリックしてください

評価の仕方はこちら
-----------------------------------------------------
10: Out-Standing(突出している) ・・・>95%
 9: Superior(優れている)      ・・・90%
 8: Very Good(とても良い)     ・・・80%
 7: Good(良い)             ・・・70%
 6: Above Average(平均を上回る)・・・60%
 5: Average(平均的である)     ・・・50%
 4: Fair(見込みがある)         ・・・40%
 3: Week(劣っている)         ・・・30%
 2: Poor(悪い)              ・・・20%
 1: Very Poor(とても悪い)      ・・・10%
-----------------------------------------------------

最も理解不能なのが『スケーティング技術』。
ガイドラインでは前後や時計回り、反時計回り
右や左足だけの片足スケーティングを推奨していますし
リズミカルな膝の動きだけでなく
【エッジをコントロールしての加減速】も重視しています。
浅田選手やコストナー選手らはそれができているのですが
KYに関しては全くできてません。
両足を使ったスケーティングばっかりですし
前よりもスピードの出るバッククロスだけ
溶け回り方向にしか滑れないですし・・・
自然な加減速もできません。
力入れてガシガシ漕いで体力使い果たすから後半バテてスピードが落ちるだけ!
曾てスルヤ・ボナリー選手が芸術点評価が非常に悪かった。
本人は「人種差別だから点が伸びなかった」と思い込んでいて
テロ朝の特集でもそのように取り上げてましたが、本当は違うのです。
彼女のスケーティングの質に根本的な問題があった。
今の汚ヨナのように両足スケーティングやバッククロスしかできないことにあったんです
アレのスケーティングは評価に値しません。
せいぜい4~5の評価がいいところでしょう

『トランジション』についても、ガイドラインには
「クロスカットは最小限に」とあるのに
アレのプログラムはSP、FSともにクロスカットばかりでスッカスカ。
スピンで難しい入りは全くできませんしジャンプに関しても
繋ぎが入っているのはガニマタイーグルか
それとほとんど足の置き方が変わらない
なんちゃってイナバウアからの2Aだけ。
繋ぎが優れているとは思いません。これも3~4評価が相当でしょう。

それから『パフォーマンス』についてですが、
今の採点傾向を見ると「音楽や振付けが意図するところを表現するための、
肉体的、感情的、知性的な関わりよりも
【予定されたプロをどれだけ忠実に質よく再現できるか】
に重きを置いた採点となっています。
いわば採点基準そのものが歪められたようなもの。
アレの質はとてもいいとは思えませんが、それでもウィルソンが配置したエレメンツはとりあえず大きなミスなくこなしているので
この項目で特に高く評価されてしまっていますが
アレのエレメンツ構成はジャンプもスピン、ステップも全てジュニアレベル。
出来て当たり前なのです。
「エレメンツの実行能力」以外は当初発表した基準からは
すべて外れていますので
ミスなくこなしていることを考慮しても6~7評価くらいが相当かと。

『振付・構成』についてもジャッジ側の反対席方面には
お尻を付きだしてクロスカットしているところしかありません
身のこなしがオーバーなところは全部ジャッジ席側。
パターンと移動コースの取り方も毎回一緒で面白みがない
これに関しても4~6が相当です

『曲の解釈』もスケーティング技術に次いで理解不能な個所です。
評価の仕方もいろいろあって、例えばPちゃんのように
音楽のムードをエッジをコントロールしての加減速
重心の変え方で表現できていれば高評価ももらえるようになっているのですが
アレの場合はそれが全くできてません。
テンポはまるであってませんし、エッジをコントロールした緩急も無し。
重心や目線を変える動きも全くない。これで10点満点を出すジャッジには
「あんたの目は節穴か」と言いたくなる。

5つの要素については浅田選手は佐藤信夫コーチについてスケーティングを基礎から見直したことで
「無駄な力の無い楽な動き」「エッジの深さ」「エッジをコントロールしてのスピードの加減速」
がしっかりとできていますし
トランジションについても2度の3A以外にはただ滑っているところがないくらい豊富になってます
振り付けに関してもそれこそ360度お客さんにプログラムの意図が伝わるように
表情や重心の位置をくるくる変えながら
スピードの途切れない演技ができています
「曲の解釈」も作曲家の意図したところを的確につかんでいますし
テンポもしっかりと合っていますし力強い音のところではダイナミックに
屋やスローな、暗いムードのところではソフトな滑りで曲を表現できています
浅田選手のほうにこそ10点満点を出すべきなのです

歪められた採点基準によって糞ジャッジどもから
「浅田はミスが多いから高い評価は上げられないよ」になっているのが『パフォーマンス』評価です。
でも汚ヨナのレベルはジュニアレベル。浅田選手は男子並みの高度なプロ。
それを同列に考えてミスのあるなしだけで評価するところがおかしい。
最初の基準通り構成に採点していれば3Aのミスを考慮しても
パフォーマンスでも浅田選手は汚ヨナより高く評価されるべきなのです

汚ヨナはもうPCSでも浅田選手には及ばないのです
浅田選手の今のプログラム完成度に綻びが生じているのは3Aの認定率だけ。
糞ジャッジどもが「何が何でも認定しねえぞ」な態度だから
本来認定されるべきものがUR判定を食らって
「エレメンツ実行能力」評価を下げられているんです
精度は上がって回りきって降りているので
五輪までには糞ジャッジどもも認定せざるを得ない
質の良いジャンプを跳べるようになると思います

ソチでは浅田選手が汚ヨナを、糞ジャッジどもを
完膚なきまでに叩きのめしてくれるものと思ってます
  1. 2013/12/18(水) 12:01:46 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

ストーカー

こんにちは石ころさんいつも楽しみにしています。
今回のKYの発言、真央ちゃんの「もう子供の体ではないので」と言っていた発言に似てませんか?
あの発言はいつだったか、今までは2日前とかに現地入りしていたのにスケートアメリカ大会の5日前に現地入りした時の発言だったと思うのですが。なんだかなー。

それにしても、ある意味すごいですよね恥を知らずにも堂々といつも同じ演技構成、自分が劣化しているとは到底思っていないような発言。身軽になりたいのはこっちだよ!!と言ってやりたいくらいです。
向上心のかけらもなく、やる気なし、そして真の尊敬を集める事の出来ない金メッキの女王様。
支えてくれるのは韓国審判員と天野。早々にいなくなっていただきたいものですね。
  1. 2013/12/18(水) 13:20:02 |
  2. URL |
  3. ミナミ #-
  4. [ 編集]

↑ megumiさんの解説凄過ぎる!神解説有り難うございます。
バ刈谷アナが、ここまで解説したら賞賛の嵐間違い無し。
荒カーさんに、この解説文読んで、是非何かコメントなり、反論なりでもしてもらいたいわ。
最近、少なからずアレ疑問視報道している記者さんたちにも知らせてあげたいくらいです。
  1. 2013/12/18(水) 13:33:31 |
  2. URL |
  3. 三D #LkZag.iM
  4. [ 編集]

キムヨナは出たくない

石ころさん、2回目の投稿です。
キムヨナの言動を、見てると、コーチも2流、衣装もいまいち、
演技は言うまでもなく、もう試合に出たくないやる気のなさが
見え見えです。
本人としてはたいした
努力もせず勝手に点数出てると言う感じでしょう。
オリンピックで金メダルをすでに取ってるし、お金も腐るほど
持ってる。
でも、韓国としては、平昌のオリンピックが次なのでソチでも
韓国が金メダル取っておきたいとこなのでしょうか。
今のキムヨナて、メダルどころのレベルじゃないですけどね。
日本のスケ連もホントにだらしがないです。
真央ちゃんは、日本からもうこれほど素晴らしい選手は二度と
出てこないかもしれないような才能の持ち主なのに、
守ってあげるどころか、反対に韓国に加担してるんですからね。
今度の全日本でスケ連は、荒稼ぎしてるようですがそのお金て
誰が得してるんですかね。


  1. 2013/12/18(水) 13:42:57 |
  2. URL |
  3. みどり #-
  4. [ 編集]

(芸能人か!と
いう声がけっこうあるらしい)

ちょこさんに一票!
前々から思ってた事なんですが。
KYの演技って毎度毎度おんなじですよねぇ?皆さん分かってらっしゃるとーーり。
見てて感じたんですわ、私。
これだったら少女時代でもKARAでも、スケートさえ出来れば誰でもこなせるんじゃね?これ、てね。
下手すりゃあ、少女KARAの方がイナバウアーとかスパイラルとか綺麗だったりして・・・ガーーン(リアクション古いわ)
で、真央ちゃんですが。
無理よねぇぇぇ?安室ちゃんでもEXILEでも少年隊でも無理だよねぇ?ムリムリ、絶対無理。
あのステップとか、神技ですわ!マジで。

んーーー、芸能人でも出来そうな演技で世界最高得点?・・・
しょぼ。
  1. 2013/12/18(水) 14:13:38 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集]

やる気がないならソチ五輪の出場を取りやめることを是非お勧めします!金妍児さん!!!
  1. 2013/12/18(水) 14:48:10 |
  2. URL |
  3. お年頃 #-
  4. [ 編集]

や~だ~♪こんなにも真似して~♪服とかだけじゃ足りなくて、発言までも~♪
そうよね、いっぱい動画漁って真似具合を披露するところそこしかないもんね♪氷上では無理だし♪

で、なに言ってんの~?早く終わらせたい?無理だよ?国策で税金大量に使ってカネネダリストになったら終わりなわけないじゃん。2018年まで続くよ~♪後輩蹴散らしてトップに君臨してるんだし、対日本で真央ちゃんを勝手にライバルにしてきたけど、今季で引退だし。真央ちゃんいなくちゃニュースにもされないね♪
気弱な発言しても優勝できちゃった~ってやつするんだよね。この前のワールドで学習済みよ。

あぁそっか、ストーカーだから、真央ちゃんと同じく引退したいのか~
って無理!!言ったじゃーん。国策の舟は2018年まで続くんだから。滑れないくらい怪我しなきゃね~降りられないよ。降りたら全員手のひら返した対応になるけどね。どのみち2018年以降は忘れられた人でしょうけど。

同情は一切しないけど。

同じ真似でも衣装は可愛いですね。♪モロリスペクトがわかります♪みんなイイコイイコしたい♪(⌒∇⌒)ノ""(←ちょっと違う?)

真央ちゃんカラーの菊いいですね♪菊が先なのか、真央ちゃんが先なのか…多分菊ですよね~品種作るのに結構年数かかりますもんね~。でも咲いた菊を見て『真央ちゃんだ!!ヽ(・∀・)ノ』って思ったんですよね、多分。

確かに、お隣が真似しそうですね。ヨナカラー?黄色?沢庵?でもどす黒い花はないだろ~そして売れなさそう。んでまた訴訟とか起こしそう。

  1. 2013/12/18(水) 14:55:09 |
  2. URL |
  3. カフェオレ #-
  4. [ 編集]

なんか変だよ、KYさんのプロフィール

手相見姐さんのブログで知ったのですが

「ロマンソン」のHPにアップされているかの人のプロフィールについて
2010年ワールド優勝
2011年ワールド優勝

・・・ですって。

http://www.romanson.com/eng/communication/ambassadors.php

んでもって実際にかの人が(インチキ)優勝した2009年ワールド
金メダルを強奪した茶番クーバーについては
全く触れられてないって・・・なんで?




  1. 2013/12/18(水) 16:11:41 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

ストナの白真央をストーカー?

石ころさん、コメントさせていただくのは初めてですがいつも記事を拝見させていただいております。
このブログの大ファンです。
いつもありがとうございます。

この記事にあるヤツの白い衣装の写真ですが、ストナ真央のストーカーではありませんか?
(これはあのダブルピースイマジンのときの写真でしょうか?)

サイドを編みこみにした髪型は、ファンの中でもとくに評判が高い2010年NHK杯の豊の部屋の美しい真央ちゃんを、
白い髪飾りや衣裳全体のイメージは今期のストナの白真央ちゃんを真似してませんか?
そして人差し指を立てるこのポーズは、ウィル姐がふざけてw振付したやつですよね?
これ、ストナ真央ちゃんがやってるポーズじゃん!
って思ったんです。

最近のヤツは、現存する蛇女としてそのおどろおどろしい姿をさらしてますが、太陽のマオになったつもりでいるときだけは嬉しそうですね。



  1. 2013/12/18(水) 16:15:50 |
  2. URL |
  3. みげる #-
  4. [ 編集]

石ころさん、いつも盛りだくさんの情報をありがとうございます。

KYはまた真央選手のマネですか?
真央選手のは、10代とは回復力が違うから、それに合わせてケアをしないといけないという前向きな発言でしたが、KYのはただの愚痴ですね。読んでいて気分が悪くなります。真央選手が、自分と同じように感じ考えているかのような発言も気持ち悪いです。真央選手はKYなど眼中にありません。汚い手で真央選手に触らないで!と言いたいです。

PCSの記事…「PCSはKYのが上だから!」と必死ですね。トリノ世戦でKYが「フリーは私が1位だから!」と言ったのを思い出して哀れみさえ感じます。

真央カラーの菊、いいですね。
お正月にいつも花を生けているのですが、マオオレンジを是非使ってみたいです。


>megumiさん

演技構成点の分かりやすい説明、ありがとうございます!
とても素晴らしいです!!
  1. 2013/12/18(水) 16:24:05 |
  2. URL |
  3. めろでぃ #3/2tU3w2
  4. [ 編集]

キムチ・・・怨

初めて投稿させていただきます。

他の方からはあまりこんな声はないようですが、私は今回のキムの沢庵衣装を初めて見た時、
「ゲッ、真央ちゃんのEXスマイルの素敵ゴールド衣装を意識してこんな色をぶっこんできたのか・・・!」
と腸煮えくり返りそうになりました。
普通の他選手だったらそんな邪推をする必要ないのですが、あの女ならやりかねないので…

「真央がゴールド衣装とかもてはやされていい気になってる!本当のクイーンは自分なのに!」
と勝手に激昂して色指定してみたものの、あまりかぶり過ぎると露骨に分かるので
ちょっと分からない程度にそらしたら残念な結果で酷評…になってしまったのかな、
と想像していたのですが、実際はスポンサー絡みっぽいという流石の汚夜菜様処世術!

花束拾いのシーンも絶対マネだろっと思ったら皆様突っ込まれててもう…憐れですね。拾い方も本当汚いし。

改めて国別対抗戦の時のシーンをyou tubeで探して見直したんですが、真央ちゃんは白鳥の鬼プログラムで
力を出し尽くし、珍しく疲れ切った姿を見せた後に、それでも続くワグナー選手の邪魔にならないよう
ちょっとでも早くと一生懸命拾っている様子でした。
そして一つ一つ丁寧に、右手で拾い、向きを揃えて左手に抱えている…
汚夜菜のグチャグチャ拾いを見た後に、その姿を改めて見ると、本当に心をこめた自然な振る舞いというのがよくわかり、心が洗われました。

今日はフジのHPに行き、全日本でおかしな放送やらかすようなら更なる不買やらフジの視聴断絶を
考えている!と意見を書いてきました。

本当に、日本のメディアはどうしてこんな異常な状態になってしまったんでしょうか…

  1. 2013/12/18(水) 19:37:53 |
  2. URL |
  3. しん #-
  4. [ 編集]

megumiさん素晴らしい解説ありがとうございました。
ISUやJSFに送り付けてやりたいですねまったく。
またまた音消しでアレSPとFSを見ると、さらに劣化がよ~く見えてくるんですよね。
megumiさんご指摘のスピンの劣化もなるほどです。
スピンでは、SPで2つ、FSで1つ、右バックインから左フォアアウト→バックインという
非常に初歩的な入り方を恥ずかしげもなくやってるんですよね。
ミスサイゴンの時はバックエントランスからのシットスピンをやっていたのに
たぶんもうできないでしょう。
スパイラルもなんちゃってアラベスクが辛うじて入るけど保持できないレベルにまで落ちました。
EXで入れられる(見せられる魅せられる)技が何にもありません。
自国では指技と2A3回でもホーホーしてくれるけど、五輪では(EX出るのか??)そうはいかないどうするの?

  1. 2013/12/18(水) 21:40:48 |
  2. URL |
  3. natsuki #-
  4. [ 編集]

テキサス親父が署名活動してくれてます
日本のために
  1. 2013/12/19(木) 00:28:27 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

「フィギュアスケートファンブック」の内容

遅ればせながら、問題になっている「フィギュアスケートファンブック」を購入して読んでみました。
今更かもしれませんが、問題の部分を書き出してみますね。

佐野さんがKYのジャンプや真央ちゃんの3Aについて語っているのは、「プロが解説!ソチ五輪のメダルの行方①」というコーナーの「人気解説者佐野稔さんが語る男女シングルのメダル有力選手」というタイトルの記事でした。

まずは冒頭で、
「僕は日本スケート連盟の理事なので、日本人選手については予想を言いにくいんです。だから外国選手の話をしようか。」

日本人選手については語れない、というわけではなく、日本人選手をメダル候補として語るのを控える、ということだったみたいですね。

で、問題の部分ですが、ご丁寧に「キム・ヨナのジャンプは『すげえ!』」というサブタイトルがつけられていました。

「女子は浅田真央ちゃんが筆頭に来るんだろうけど、やっぱりキム・ヨナの存在が一番怖いところでしょうね。バンクーバーの再現になるような気がしますね。4年経っても間に誰も入ってこないというのは、それだけ二人が傑出しているってことなんでしょうね。
 今シーズン、キム・ヨナはブランプリシリーズを欠場したでしょ?足にトラブルということだけど、12月に出る予定の大会では3回転の連続ジャンプをポン、ポン、と跳ぶだろうね。その時にグランプリシリーズでほかの選手が出した得点の上を行こうと思っているんでしょうけど、さあ、どうなるか。キム・ヨナの凄いところは、ジャンプの質が良いんです。ジャンプの高さと幅と、跳んだあとの流れ。これがどれも、とんでもなくすごいんですよ。GOEがつきすぎだと批判する人もいるけど、僕は妥当だと思う。演技をじかに見たら、きっと「すげえ!」って思いますよ。
 真央ちゃんのトリプルアクセルは、誰も跳べないジャンプを跳んだのだからもっと点数をつけろ、っていう声があります。でも、そもそもトリプルアクセルをショートプログラムに入れていいのか。そこだと思う。バンクーバー五輪シーズンの前までは、女子がショートに入れていいのはダブルアクセルまで。基礎点の高いトリプルアクセルを入れていいと認められただけでも、真央ちゃんには大きなプラスになっていると思うんです。だって誰も跳べないんだから。今のところは真央ちゃん一人のためのルールなんですよ。ほかにトリプルアクセルを跳ぶ選手が出てきたら、もっと高い点数がつくようになるかもしれない。どんな小さな国でも1票を持っていて、ルール変更は投票で決まるんです。1票しかない日本が真央ちゃんだけのためにトリプルアクセルの点を上げようと思っても、太刀打ちできないというのが現状じゃないかと思うんですよね。」

違和感はあるし、何を言ってるんだ?と言いたいところもあるけど、最初に思ってたほどの悪意は感じませんでした。(あくまで”思っていたほど”には)
3Aについては、「真央ちゃん一人しか跳べる人がいない状況なので、基礎点を上げるのに賛成するのは日本しかない。だから上げるのは難しい。」ということが言いたかったの?

だけど、
>「そもそもトリプルアクセルをショートプログラムに入れていいのか。」
はあ?いいっていうルールになったんだからいいでしょう。
だいたい、ルール改正前、あなたが「跳べる選手がいるんだから入れられるようにルールを変えなきゃならない。」みたいなこと言ってませんでしたっけ?

>「基礎点の高いトリプルアクセルを入れていいと認められただけでも、真央ちゃんには大きなプラスになっていると思うんです。」
正当に評価されない以上、大したプラスにはなりません。
それに、リスクも負担も大きい。相当な努力も必要です。
それらを背負って決めた技に、それ相応の評価をするのは当然だと思いますけど。
誰も跳べないから、基礎点が高いから有利。それで満足しろ。と言われてるみたいで、納得しかねます。

「真央ちゃん一人のためのルール」って言い方も考えがなさすぎる。

KYのジャンプについては、「一体何年前のジャンプの事言ってるの?」て感じです。
それに、じかに見ないと「すげえ!」と思えないジャンプが本当に凄いとは思えません。
だって、カメラを通してでも「すげえ!」というジャンプを跳ぶ選手は沢山いますもの。

もう一つの問題の部分は、「森泉&植松晃士&佐野稔のよもやまフィギュア座談会」というコーナーの中にありました。
KYについて語っている部分と、みどりさんと真央ちゃんの3Aについて語っている部分だけ書き出してみます。

(「思い出の名プログラム談義」というテーマにて。)
「佐野:(ヤグディンについて語った後)あとはキム・ヨナの「007」ね。「バキューン!」ってやつ。あれ、撃つ方向は観客席。ジャッジに向けて撃ったらまずいからね。実は、撃たれた席、そこだけ値段が高くなってたんですよ。
森&植松:ええ~~~っ!?
佐野:これは、冗談なんだけどね。
森&植松:あははははは!
佐野:だけど、バンクーバー・オリンピックでは、キム・ヨナが撃つ席には特別にカメラが置かれてたんです。ふつうはそこに置かないんですよ。カメラマンもキム・ヨナに撃たれたいと思ったんでしょうね。
森:それで、実際にキム・ヨナはカメラを見て撃った?
佐野:たぶん。振り付けでどこを見るかは、決まってるから。このプログラムで一番印象に残ったのは「バキューン!」(笑)」

(「ジャンプの跳び方談義」というテーマにて。)
「佐野:ジャンプといえば、伊藤みどりのトリプルアクセルはすごかったね。フェンスと同じくらいの高さまで上がってると思う。
森:すっごく高いですよね~!運動神経がいいんですか?
佐野:彼女みたいな選手は、過去100年いなかったんです。そして、これから100年も出てきません。
森:真央ちゃんのトリプルアクセルと違います?
佐野:高さと幅と流れが違う。真央ちゃんのトリプルアクセルは、子供たちが見て真似できるもの。ある意味、いい見本なんです。伊藤みどりのトリプルアクセルは誰も真似できない。」

ちなみに「トゥクタミシュワって子がでてきたときには、みんなが彼女のトリプルアクセルに驚いたんです。」というのは、別のテーマの中で、体形変化についての話の流れで出てきました。驚いたけど、翌年には体がすごく成長しちゃって…という感じで。

なんと言うか…最初に感じためまいがするほどのひどい悪意ではなかったものの、やっぱり違和感は感じます。
嬉しそうにKYの「バキューン!」を語るのも「・・・」だし、みどりさんと真央ちゃん比べるなら、真央ちゃんの3Aの長所にもちゃんと触れてくれないと。これじゃ、真央ちゃんの3Aは高さと幅と流れがあまりない、という風に取られかねない。「子供たちが見て真似できる」って言い方も誤解を生む。
わざとなのか考えが足りないだけなのかは知りませんが。

それにやっぱりKY上げは酷いですね。
佐野さん自身もそうですけど、この雑誌自体にその意図を感じます。
KYが褒められてる部分は、ご丁寧に色を付けて強調したり、不自然にサブタイトルに使ったり。
佳菜子ちゃんと知子ちゃんの紹介は1ページを半分ずつというひどい扱いなのに、KYは2ページ。

そのKY特集の中でつっこみどころしかなかったのは、見どころとして上げられていた部分。

「観客を虜にする多彩な演技力」
『高度な技を難なく決めているように見える技術力があるからこその演技力。脚を上げたスパイラルをものすごいスピードでこなし、よく伸びるステップは上半身の動きとつながっていて美しい。音楽にあった動きで、その世界観を表現している。』

……………。
もうつっこむ気すら起きない…。

他にも気になる部分はいくらかあったのですが、とりあえずこれだけにしておきます。
長々と失礼しました。
読みにくかったらごめんなさい。

  1. 2013/12/19(木) 00:32:17 |
  2. URL |
  3. soramomo #-
  4. [ 編集]

soramomoさま

有難うございました

佐野稔氏、ホントに的外れなコメントばっかり。
与太話もいい加減にしてもらいたいです

まずアレのジャンプについてですが3-3について高さがあったのはシニア2年目まで。
回りきっていたのもこのシーズンまで。
その後は回転不足気味な着氷になっています
着氷後の流れが良かったのは2008―2009年「死の舞踏」の3Fだけ。
あとは着氷後の流れなんて全くないですよ。

>『高度な技を難なく決めているように見える技術力があるからこその演技力。脚を上げたスパイラルをものすごいスピードでこなし、よく伸びるステップは上半身の動きとつながっていて美しい。音楽にあった動きで、その世界観を表現している。』
この言葉はどちらかというとKYには全く当てはまらず
むしろ浅田選手への演技に全て当てはまるものです。

アレについては曲に対する表現力はありません。
それは「ジゼル」でも「オマージュ・トゥ・コリア」
「悲しみのクラウン」で露呈しています。
アレに関しては過去に伊藤みどりも指摘していたように
スピンもステップもジュニアレベルがやるような
エレメンツを「さも難しそうに見せているだけ」。

まあ、曲の世界観への演技力は頓珍漢でも「無難なことを難しそうに見せる」演技力だけには長けているかもしれません。



  1. 2013/12/19(木) 08:03:37 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

これまで切貼り記事でしか読めてなかったので、大変参考になります。
soramomo様、有り難うございました。
>森泉&植松晃士
↑ この二人って、去年舞さんが「何故アレに高得点が付くか解らない。審判に好かれているのでしょうかね」と言ってた番組で一緒に居た二人ですよね。
(何故か今年は山田優に変更されてましたが)
改めてミノルの頓珍漢な違和感だけは感じました。
なんだかな〜、という感じも。
  1. 2013/12/19(木) 09:48:23 |
  2. URL |
  3. 三D #LkZag.iM
  4. [ 編集]

私も買っちゃいました

私も『フィギュアスケートファンブック』買いました。真央ちゃんを下げてると聞くと買わずにいられず。
やはり佐野氏は黒です。
「佐野さんが語る男女シングルのメダル有力選手」で気になったのは、キムのジャンプの高さと幅と、飛んだあとの流れ。これがどれもとんでもなくすごい、という昔話。それにショートにトリプルアクセルを入れていいのは真央ちゃん一人のためのルール、という箇所。日本のスケ連の理事のくせに、なにを言っちゃってるの?!と。基礎点が高いジャンプ跳ばせてもらうんだから判定が厳しいのも、加点が渋いのも我慢しろとばかりの物言い!これを読んで、考え過ぎだと言われると思いますが他国のジャッジとそういう話が出来ているのか?と思いました。

それに、安藤さんについても特に子供を持つ母親たちから応援の声が集まっている、とワグナー、ソトニコワ、リプニツカヤ、ゴールドの次に上げているのもおかしい。メダル有力選手の話なのにおかしくないでしようか?
やはり全日本ではいろいろありそう。
ちなみに荒川さんの『知って感じるフィギュアスケート観戦術』も買ったので今読んでいます。
  1. 2013/12/19(木) 19:57:54 |
  2. URL |
  3. みるねえ #-
  4. [ 編集]

soramomo様、書き起こしありがとうございます。
佐野稔という人はこれからもずっとギリギリ誤魔化せる表現で日本選手下げをしてくるのでしょうね。
本当に汚い人です。

伊藤みどりさんも100年出てこない選手なのでしょうが
それをいうなら真央ちゃんも100年出てこない選手だと思います。

恥ずかしながらフィギュアスケートの歴史に詳しくないのですが
ジャンプ、技術力、表現力、柔軟性、スター性、これらすべてを兼ね備えた選手なんて古今東西探して何人いるのでしょうか。
  1. 2013/12/19(木) 20:07:11 |
  2. URL |
  3. awano #Yqf9uHks
  4. [ 編集]

浅田選手の事を初めて知ったのは15歳のGPSデビューのときでした。
日本人らしからぬ手足の長さ、スタイルの良さ、柔軟性の高さにまず度肝を抜かれました。
それから当時の女子選手ではなかなか跳べない3Aや3F-3Loを
まるで振り付けの一部のように軽やかに跳ぶところや
音との一体感ある演技にもまた驚かされました。

何より滑りそのものや所作にうっとりするような美しさを感じました。

10代のシニアに上がったばかりの日本人スケーターで
「滑りそのものに美しさを感じさせる選手」てなかなかいないと思うんですよ。
スケーティングの美しさも所作の美しさもシニアに上がって
何年もの時間をかけてようやく身につけられるものだし
いつまでたっても身につけられない選手もいますが
彼女はデビュー時からスケーターになるためのすべて持っていた。
シニアデビューしたスケーターは皆『ダイヤの原石』かもしれませんが
浅田選手はデビュー時にして輝きを放つダイヤモンドのようでした。

デビューして7年。いろいろ試練もありましたが輝きが褪せることはなかった
タラ婆や佐藤信夫コーチらに磨かれたことで
さらに所作が洗練されて輝きが増していった。

これだけ長くトップの座を走り続けた選手も
日本からはもう現れないのではないかと思います

伊藤みどりさんのようなジャンパーも100年に1人現れるかの逸材かもしれませんが
技術と表現力トータルバランスに優れた選手としては
浅田選手もまた100年に一度の逸材だと思います
  1. 2013/12/19(木) 21:00:14 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

megumi様、ありがとうございます。
>彼女はデビュー時からスケーターになるためのすべて持っていた。

その天賦の才に満足せず、努力を続けてきた真央ちゃん、本当に稀有な選手だと思います。
努力嫌いだったという佐野稔元選手や、3Aが跳べなかったという天野真元選手は、それを認めたくないようですが。

石ころ様がご紹介くださった野口さんの3Aの記事のように
真央ちゃんの並大抵でない努力の継続を、一般に伝えてくれる記事がもっと増えて欲しいです。

日本のスケ連まで汚カネまみれで、
そんな真央ちゃんが伸び伸びと競技に取り組めない現状なんて、当時には想像もしていませんでした。
  1. 2013/12/20(金) 12:19:27 |
  2. URL |
  3. awano #Yqf9uHks
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。