ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

KYが意外とまともなことを語ってる。採点に疑問を呈する声ふたつ(田中氏・福山氏)

某所の流れが面白かったので(笑)


真央ちゃんと半跏思惟像どうぞ
oth13120819290012-l1.jpg20100727224910.jpg     

ナスに手足が生えましたニダ
これが最高点持ってるアスリートなんですよ
11217235893_5257bb9c79_z.jpg

見えちまったモンは仕方ねえニダ...
ウリにはヨンが労働の悲哀を表現してるように見えたニダ___
org4727992.jpg     


コラ職人さん、お上手ですね(笑)
真央ちゃんは、私も弥勒菩薩像と重なって見えるときがあります。

中学生の頃、修学旅行で弥勒菩薩像を買って部屋に飾っていたことがあります。
その像の意味も知らないくせに「なんとなく見てると落ち着く」と思って眺めてました(^^)



KYにとって試合は「宣伝の場」でもあるようです。
KYがキャラクターを務めるJ.ESTINAのホームページが更新されました。

J.ESTINAトップページより

2013121102.jpg

131206_victoryYUNA_POP1.jpg

試合にピアスをつけて出る → 「KYが試合で身につけていたピアス」と宣伝

少なくともバンクーバーから繰り返されている商法です。
バンクーバーで問題視されなかったことは、いまでも納得できません。



報道ステーションの動画です。
(megumiさん、動画のご紹介ありがとうございます。)

時間がないので文字起こしは一部ですが、
是非動画をご覧になってください。

私は毎日KY情報を追っていて、
切り取られた画像はたくさん見てますが、
この動画で動いてるKYを見て、結構びっくりしました。

歩く姿、語る姿、そこに出ているオーラが…
どんなオーラを感じるかは、だいたいお察しいただけるかと思います。

びっくりしたのはそれだけではありません。
KYが「まともなことを語ってる」(↓)

「大会のグレードも違うし審判も違います。
 浅田選手と同じような点数をもらいましたが、
 違う大会なので、一緒のときの点数が大事です。」


メディアがどの大会も一緒くたにして報じているのに、
KYがその違いに言及していたのは意外でした。

KYの演技を紹介する松岡さんの声のトーンが、
真央ちゃんを温かく見守ってるときのそれと同じだったことは、
ちょっと残念でした。


20131209 my 720


(KYのゴールデンスピンFSの演技の映像)

まずは3回転-3回転。あっ…これは転倒。ただここからでした。ステップで魅せ、イナバウアーからの3連続ジャンプを成功!転倒こそあったものの、そのあとは大きなミスなく滑り終え、2位に大差をつけて優勝。その仕上がり具合を荒川静香さんは…

(荒川さん)動き自体はやっぱすごく魅力的な部分もありましたし、後はもうジャンプが全て決まっていけばまた更に乗っていくんじゃないかというような、あまり不安のないところにあるのかなという思いはありました。4年前とそんなに大きく変わってきてはいなくって、成長幅というか、その変化を見ると浅田選手のほうがバンクーバーのときよりも力をつけてきているなと。

(KY)同時期にグランプリファイナルが開かれましたが、大会のグレードも違うし審判も違います。浅田選手と同じような点数をもらいましたが、違う大会なので、一緒のときの点数が大事です。

キム・ヨナさんと一緒にまた戦っていくというのも、どう思ってらっしゃいます?

(真央ちゃん)はい。バンクーバーの頃のような感覚がまた出てくるんじゃないかなって。やっぱりそれだけたくさんまた注目されると思いますし、オリンピックまでにどうにか自分の目指してるものができるようにすることが今一番の目標です。

2013121116.jpg
2013121117.jpg
2013121104.jpg
2013121105.jpg
2013121106.jpg
2013121107.jpg
2013121108.jpg
2013121109.jpg
2013121110.jpg
2013121111.jpg
2013121112.jpg
2013121113.jpg
2013121114.jpg
2013121115.jpg




コメントで教えていただいた大学教授のコラムと、
福山知佐子さんのブログです。

どちらも共通してるのは、
真央ちゃんの素晴らしい演技に魅せられたお二人であることと、
今の採点システムをどうにかすべきだと思われてることだと思いました。

大学教授の方のブログは、コメント欄で教えていただきました。
教えてくださった方、ありがとうございます!


浅田真央が突いた評価論の本質

1. トリプルアクセル判定と浅田真央のコメント

 私は浅田真央の大ファンである。彼女の競技が放映されたら電話には絶対に出ない。フィギュア・スケート・シーズンが始まると1日に1回は彼女の演技の動画を見る。おかげで知らぬうちにジャッジの採点シートもある程度読めるようになっていた。

 先週、福岡で開催されたグランプリ・ファイナルも当然のことながら、外界からシャットアウトされた状態でテレビを直視していた。(本当のことをいうと、ネットのほうが先に演技結果が発表されるので、こちらを片手に見ながらテレビをみていた。)

初日に行われたショート・プログラムの演技。浅田真央は、見事にトリプルアクセルを飛び切り、誰がみてもパーフェクトな演技を披露した。日本のアナウンサーのみならず、イギリスやイタリアの放送でも誰もが完璧にトリプルアクセルを飛んだと絶賛していた。しかし、ジャッジの採点結果をみると、アンダー・ローテーション、つまりトリプルアクセルを回りきれなかったと判断され、減点されていたのだ。採点結果をみた浅田真央は一瞬「またか」というような表情を見せたが、落ち着いた様子ですぐに笑顔に戻っていた。

 その後のインタビューで、彼女は、自分の中ではきっちりと回りきっていたと思うので、ジャッジがアンダー・ローテーションと判断したことについてあまり気にしていないという趣旨のことを述べていた。この言葉、評価の仕事に従事している者にとっては、とてもドキッとする発言である。スポーツにおいてジャッジというのは、ルールを体現する存在である。政策評価や大学評価でいえば、基準に基づき厳密に評価を行うことが求められる評価者と同じ存在である。そして、ルールとは、少なくとも民主的な社会においては、当事者や専門家あるいは関係者の間で共通の規範として合意の上で成立するものである。そして、採点結果や評価結果というのはこのルールに基づいて判断された結果であることは言うまでもない。

 ところが、今年世界で最も強いといわれる浅田真央は、自分の中ではきっちりできたので、ジャッジの判定結果はあまり気にしないと述べたのである。ちなみに男子で1位になった羽生結弦もジャッジの判定結果に「点数が出過ぎ」と語っている。

 国際スケート連盟や審判団はこの言葉を重く受け止めるべきだろう。なぜならば、ジャッジの判定やルールに対する選手の信頼が低下すれば、ある種のモラルハザードを呼び込んでしまう可能性があるからだ。

2. スポーツは評価方法の宝庫

 スポーツ競技というのは様々な評価方法の宝庫である。もっともシンプルな評価方法を有しているのは、距離や時間を競い1位、2位を決める水泳や陸上のような競技だろう。野球も点数を争う競技だ。だが、選手の業績についてはゲーム中の行動が採点表に基づき細かくチェックされている。アメフトのルールは未だに理解できないが、ひとつだけ深くうなずいたことがある。何でちょくちょく止まるのかといえば、連続した動きでは評価ができないためだとアメフトのコーチから聞いたことがある。言い換えれば、評価をするために選手の運動を細分化しているのである。ちなみに、細分化の考え方をもとにアメリカの大学で開発されたのがルーブリックという手法だ。

 美を競う競技の採点はより難易度の高い評価といえよう。ひとつひとつの技の完成度をルールに基づき採点して積み上げてゆく。だが、興味深いのは技という要素を積み上げても全体の印象とマッチしないことがあるからだ。評価の世界で「個の評価を積み上げても全体の評価になるとは限らない」と言われることがあるが、フィギュアスケートや体操などはその問題をよく体現しているようにみえる。

 しかし、だからこそ、ルールが大切になる。絶対の基準がないからこそ、関係者の合意の上で作られるルールが必要だ。そして、疑問や意義が多発するようであればルールは変えなければならない。そうでなければ競技者は、競いあい、切磋琢磨するための軸を失ってしまう。先に述べたモラルハザードとはそういう意味だ。

 浅田真央は何の含意もなく、自身の演技に集中するという意味で述べた言葉だろう。しかし、彼女のあの言葉にドキッとしたのは、私の商売(評価)ゆえの過剰反応だろうか。

2013121101.jpg


福山知佐子のブログより

フィギュア グランプリファイナル2013 / 秘密保護法案 / ユリ水彩素描

(一部抜粋)

最初の審判員紹介の時に、叫び声やブーイングなどあったらしいが、良いことだと思う。抗議の意思をそのくらいの行動で示してもまったくマナー違反には当たらないと思う。(デモが民主主義の権利であるように。)

私はフィギュア界にも、スポーツにも詳しくないが、そもそも公共の利益に関わるのであれば、審判全員の国と名前と同時に、それぞれが各エレメンツに出した評価点を、毎回すべて明示すればいいのではないか、と思う。

折りしも、秘密保護法案が可決されたのと同時に、このフィギュアの試合があり(前々からずっと問題になっていたように、今回もまた)、採点基準や根拠が問題になっているわけだが、少なくとも匿名をやめて誰がどう採点したか「情報公開」することではっきりすることもあるだろう。

さて秘密保護法案だが、この法案は国民を守るためのものではなく、国家権力(政府)が国民(一般市民)の「知る権利」を奪い、国民主権を破壊する法だ。ちょうど私たちフィギュアファンが、どんなに採点の疑問を訴えても、何が原因でどういう事情でこうなっているのか、まるで知ることができないように。

(中略)

国民が政治家や官僚を監視し、不正があれば失脚させる権利があるのが本来の国民主権のありかたであり、秘密保護法では逆になってしまう。フィギュアの採点も問題は同じだ。選手やファンが信頼できない審判がずっと失脚しないのはシステムに欠陥があると思う。

また、私は浅田真央の演技が大好きで、キムヨナの演技はあまり好きではないが、私は決してナショナリストではない。どこの国の選手であっても好きな選手は好きだし、韓国にも、日本にも、好きで共感できる人も、嫌いで共感できない人もいる。浅田真央の演技が凄いと思うから見たいし、適正に評価されてほしいのであって、嫌韓や右翼寄りの考えに同調できるものではない。

(中略)

夜、グランプリファイナルの男子を見る。こっちで世界最高得点??なんで浅田真央は点数があんなに抑えられるのだろう。

(中略)

鮮やかなトリプルアクセル。透明で優しいイメージだった「ノクターン」が、こんなにも力強く、激しく盛り上がる曲だったのか、と新鮮に聞こえるほど素晴らしい出来だった。

ここでこそ、女子ショートの世界最高得点が来る!!と思って、どきどきしてしまった。少なくとも77~78は行くと思った。だが点数が低かったのでショック。3Aが認定されていないと聞いて、本当にわからないものだと思う。

本人も「今シーズンに入ってトリプルアクセルをこんなになめらかにできたのは初めてだった」と言っているのだから完璧だったのでしょう。気が遠くなるくらい練習してきた本人と佐藤信夫コーチが、出来を一番わかっているだろうから。

(以下省略)

chabi05_2013121112564152f.jpg


この二つのブログに出てきた
真央ちゃんと羽生くんの言葉が載っているニュースも残しておきます。


“ボクの得点高すぎ”羽生がジャッジに疑心暗鬼
東スポWeb 12月9日(月)16時29分配信

 フィギュアスケートのGPファイナル(福岡)で初優勝した羽生結弦(19=ANA)は、ジャッジの不安定さへの戸惑いが消えていない。

 今大会は、自身の感触以上の高得点(合計293・25点)を叩き出して優勝。得点が発表された直後から笑顔は控えめで「僕の中ではあの点数が出るとは思っていない」と納得のいかない表情を見せていた。

 8日も「自分の満足した演技の時に点数が出なかったり、良くなかった時にいい点がでたり、戸惑いはかなりある」とポツリ。さらに「ジャッジによって分かれるのは仕方ないので、自分の中で評価をしっかり持っておかないと」と自分自身に言い聞かせた。

 それでも、この日のエキシビションでは最後、全員が退場したリンクに1人ノリノリで飛び出し、4回転を含む3連続ジャンプを決め、その伊達男ぶりは拍手喝采を浴びた。ジャッジの問題も吹っ切るしかないようだ。



浅田「よし」と思った
nikkan sports 2013年12月5日22時57分

<フィギュアスケート:グランプリ(GP)ファイナル>◇第1日◇5日◇マリンメッセ福岡

 女子ショートプログラム(SP)で、浅田真央(23=中京大)が、72・36点を記録して首位発進した。

 冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷。「きっちり決められた。本当にうれしくて、よしと思った」。演技後はガッツポーズを繰り返した。3回転半は回転不足をとられたが「私自身はいい感じだったので、気にしていません」と話した。

 7日に行われるフリーで2年連続4度目の優勝を目指す。


田中氏のおっしゃる通り、
「ジャッジの判定やルールに対する選手の信頼」は、確実に落ちてきてますね。

ほんとうにルールを変更すべき時が来ているのかも知れません。



ここからの2つのニュースは、
あまり重要ではないのでスルーしていただいても。
というより、気分悪くなるのでスルー推奨。

あの反日イ・チュンミン記者が、
真央ちゃんと安藤さんに対してそれぞれどんな記事を出したかという記録。

安藤さんについては韓国人認定したくなるほど好意的で、
真央ちゃんについては相も変わらず3Aコンプレックス丸出しでした。


"ありがとうございます"安藤美姫。なぜ韓国語の挨拶のだろうか
[テイルリアンスポーツ=イチュンミン客員記者] 2013.12.10 08:46

「ありがとうございます。ありがとうございます。 "

「不屈のシングルマザー」安藤美姫( 26 、日本)が8日、クロアチアで開かれた'ゴールデンスピン・オブ・ザグレブ」からしきりに韓国語であいさつした。

演技が終わった直後、クロアチアの現地カメラが自分を映し者「ありがとう」を連発した。なぜ安藤美姫はヨーロッパクロアチアで韓国語で挨拶したのか。一般的に国際舞台参加選手はファンサービス次元で「開催国の言語」と挨拶するほうだ。今回の大会にも何人かの選手が観客の喝采に「ドブラべチュウェル(クロアチアの夜の挨拶) 」と答えた。

キム・ヨナも日本の大会ではしばしば「ああ元気デスカ」と挨拶する。安藤美姫も、2008年に韓国で開かれた4大陸大会で韓国語で「私の名前は安藤美姫です。サムゲタンとチョンガクキムチは本当においしいですよ」と言って取材陣を驚かせた。

現地語ファンサービスを見せてくれた安藤美姫だったので、今回の大会は彼女の行動は意外だ。理由は何だろうか。ただ安藤美姫には、クロアチアの観客よりも、韓国の観客が目に入っただけだ。今回の大会遠征きたキム・ヨナのファンクラブドールは「弱々しいシングルマザー」の安藤美姫を応援した。

特に、日本のおばさんファンよりも韓国のおばさんたちがより積極的に安藤美姫を支持した。日本のファンは安藤美姫の演技が終わると、座って手を叩いたり、コソコソフェンスに歩いて花束をそっと下に置いただけだ。

一方、韓国のおばさんファンは熱く、情熱的だった。 「一同起立」して口笛を吹いたり、歓声を爆発させた。席を蹴飛ばして立ち上がっ砲丸投げ投げるように体を回転して安藤にどっしりとした人形を送った。これに感動した安藤美姫が大会電光掲示板に日本語も、クロアチア語でもない、韓国語であいさつしたのは自然な映像である。

しかし、このような安藤美姫を眺める日本ファンたちの視線は嫉妬にまみれだ。

韓国在住の日本人留学生は、 「 (アンドウミキに対して)スマップのメンバー木村拓哉(奥さん韓国系の工藤静香) 、サッカースター中田英寿などとともに、在日韓国人説が濃厚な選手」とし「 (中継放送に)安藤美姫を応援するために、遠い異国に飛んでいった日本のファンが多く見られた。安藤美姫の韓国語の挨拶は、このような日本の観客の声援を無視した格好だ」と苦々しく思った。

一方、国内のファンは安藤美姫に向かって「優しく正直な選手、シーズンを台無してまで電力を傾けてトリプルフリップを矯正した。キム・ヨナと一緒にフィギュアを「本気」での模範的」とし「まだトリプルルッツを矯正しないないまま、見せ掛けの形に没頭した浅田真央とは正反対の道を歩んでいる。まっすぐな安藤美姫が年末全日本選手権で「ソチ五輪の出場権」を獲得し引き掴んでほしい」と願った。

一方、去る6 ? 8日クロアチアザグレブで開かれたゴールデンスピン・オブ・ザグレブから合計2位の安藤美姫(日本)を大きく引き離して優勝( 204.49点)を獲得したキム・ヨナは9日、仁川(インチョン)国際空港を通じて入国した。今回の大会でキム・ヨナは、予期せぬ衣装論難に包まれたりした。これキム・ヨナは「衣装も重要だが、競技力の方が重要だ」と声を高めた。



ミスに対処するキム·ヨナ浅田姿勢」決定的な違い」
テイルリアンスポーツ=イチュンミン客員記者 2013-12-11 10:23

似たようなスコアかかわらず、観客の反応は雲泥の差
成功率極と極、自信·瞬間気の利いたキム·ヨナの圧勝


同じ200点台だが、キム·ヨナ(23·オール·ザット·スポーツ)と浅田真央(23、日本)を眺める観客の視線は違った。

去る6〜8日クロアチアザグレブで開かれたゴールデンスピン·オブ·ザグレブで合計204.49点で優勝したキム·ヨナは上手な専門家だった。

特に父のための憲政タンゴ "アディオスノニノ 'は、高級ミュージカルを見るようだった。 導入部3回転連続ジャンプ(以下3-3)ミスさえミュージカルの構成要素と同じように感じられるほどであった。 おかげで、「入場券」て入ってきた観客は、穏やかな心で、キム·ヨナの演技に没頭することができた。

一方、浅田は日本の福岡で開かれた2013〜14国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアグランプリファイナルではまだ観客のやきもきを乗せた。 フリースケート最初の課題である2回のトリプルアクセルが失敗に戻りましょう、観客は娘のギリギリの「学芸会演劇」を見て、母親の心情になった。

なぜこのような視線の違いが発生するか。 心理状態が最も大きな理由だ。 強心臓キム·ヨナとガラスの心臓浅田は演技に対する姿勢と態度、自信に重要な差異があった観客の反応も違うしかなかった。

キム·ヨナの3-3狩りの成功率は90%に迫る。 また、まれに失敗しても、残りの演技に否定的な影響を及ぼさない。 むしろ災い転じて福きっかけにして「即興基地」を発揮する。 今回のクロアチア大会フリースケーティングが代表的な例だ。 演技中盤の基本スコアの10%のボーナスを受ける区間で予定されて単独トリプルルッツの「ダブルトーループ」を追加しました。 先進3-3ミスを挽回するためにキム·ヨナのおおまかな気の利いた。

一方、浅田のトリプルアクセル成功率は30%以下だ。 さらに、浅田はトリプルアクセルを失敗すると、残された課題も揺れる。 バンクーバー五輪でも普段しないミスを連発し、号泣した。 今年のグランプリも同じだ。 間違いなくトリプルアクセル爆風に包まれた。 グランプリ4次ではトリプルアクセルに失敗した直後3-2コンビ、グランプリファイナルでは3-2-2が回転数不足を指摘された。

ここまでくれば現実を直視するだけのために浅田は一本橋で体重を乗せプレッツェルアクセルを駆使する。 いくつかの理由があるだろうが、日本のマスコミの過度の執着と妄想が浅田を錯覚の中でヘア出ないようにする要因として挙げられる。

実際、日本の主要日刊紙は最近、浅田とのインタビューを掲載した「(浅田が)トリプルアクセルの恐怖から解放された。 今恐れていない」とソチ五輪でもずっと挑戦することを明らかにした。 韓国に劣等感を感じる日本のマスコミは、直接的または間接的に浅田の無謀な挑戦をあおる格好だ。

「万年受験生」浅田、トリプルアクセルがフィギュアの全部ではない。 完全に消化してもフィギュア人生が花開くとは限らない。 浅田が尊敬する「トリプルアクセルマスター」伊藤みどりでさえ1992年のオリンピックで銀メダルに終わった。

日本の真のサポーターは浅田が歪曲された執着を停止チュギルほしい。 全世界のファンたちにインスピレーションを与えた千の表情フィギュア俳優キム·ヨナのように、浅田も手本とされている「芸術スポーツの巨匠」として記憶なることを願っている。 「されるといいかしない」ように演技するトリプルアクセルをすぐに放棄しなければならない理由だ。[テイルリアンスポーツ=イチュンミン客員記者]

news_1386722513_409183_m_1.jpg


3Aがよほど恐いみたいですね。

真央ちゃん、今日の一枚。

2013121103.jpg

やはりすごいインパクトがあります。
男子たちが真似したくなるのもわかるような気がします(笑)

ラジ子ちゃんの素敵な写真もあったので。

ISU+Grand+Prix+Figure+Skating+Final+2013+2014+rvtoag9iqUZx.jpg
ISU+Grand+Prix+Figure+Skating+Final+2013+2014+b-buZVhqM6Tx.jpg

お人形さんが踊っているようですね。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/12/12(木) 01:45:08|
  2. 韓国あきれるニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:49
<<新潮・文春・デイリースポーツが頑張っている。 | ホーム | KYファンの複雑な心境。日本のテレビ・雑誌の気になる論調。>>

コメント

KYコメントへの感想です。

石ころ様
いつもフィギュアスケートの情報ありがとうございます。丁寧で分かりやすいです。いつも共感しております。
KYが出したコメントに対する感想ですが、さすが石ころ様はお優しいです。

穿った見方かも知れませんが、
「低レベルスケート技術の演技に対する馬鹿高い得点」、「浅田選手の得点を意識し超えさせたようなKYの高得点(完璧3Aを刺したり得点操作もお隣は関与?)」などに対する批判や疑惑を避けるためのコメントかなあと私は感じました。


>大会のグレードも違うし審判も違います。

大会のグレードが高かろうが低かろうが、審判が同じだろうと違かろうと、KY演技に対する得点は、一貫して説明のつかない高得点なのでは?


>浅田選手と同じような点数をもらいましたが、違う大会なので、一緒のときの点数が大事です。

浅田選手が一緒の時、今までのように不正採点で出す高得点・銀河点が大事?
実際は、浅田選手とKYではもう実力の差がつき過ぎていますから、ライバルとして名前を出したり並べられたりするのは滑稽でしかないですね。というのがKYに対する感想です。

今までKYの印象があまりに悪過ぎて、こういうコメントを出すと良く見えるということがあるかもですね。ギャップというのでしょうか?w



  1. 2013/12/12(木) 03:33:37 |
  2. URL |
  3. L #foK4qnoQ
  4. [ 編集]

石ころ様
いつもありがとうございます。
毎日ぶんぶんうなづきながら読んでいます。
しかし、今回の「福山知佐子先生のブログ」はちょっと疑問です。
この方の本当に言いたかったことは、「特定秘密保護法は悪法だ」ということです。
日本国民の保守層に人気の真央ちゃんを応援する体で、一番言いたいのは後者なのだと、私は読み取りました。
人気の真央ちゃんを使う、いやらしいやり方だと感じました。
こんな言い方は失礼かもしれませんし、選手も命がけでやってるんだ!と言われそうですが、
「国家の安全」のための特定秘密保護法とISUの隠ぺい体質を同一に語ることに無理があります。特定秘密保護法でカバーされる秘密は、フィギュアスケート審判の国籍を明示するなんて言う程度のものではないのです。こうやって恣意的に解釈して、スケートファンまで取り込もうとする、いやなやり方だな、と思いました。
石ころ様が、特定秘密保護法についてどのようにお考えかわかりませんが、
私は国家の安全、ひいては国民一人一人の命と安全を守るために必要な法律であると思いますので、中韓のスパイのような連中が反対しているこの法律が可決されて本当によかったと思っています。
  1. 2013/12/12(木) 07:43:11 |
  2. URL |
  3. りか #pTMCrM.c
  4. [ 編集]

コラ、ほんとに上手ですね!
笑っちゃいました。
それにしてもこの人、リンクにいる時に本当に死にそうな顔していますね。
フォトショ満載とは言え、モデルやタレントのような仕事をしてる時の方が楽しそう。
お隣では「アスリートじゃなくて芸能人になってしまった」という批判が
けっこうあるようですが(マスコミにはまず上がってきませんが)、
分かる気がします。
石ころさんが、GSの練習画像を見て「いやでいやで仕方がない」という風に
見えた、と書いていらっしゃいましたが、私も全く同じように思いました。
「この重い靴を早く脱ぎたい」っていう心の声が彼女の様子から聞こえてきましたよ。

昨日、ラジオ番組に本田武史さんが出演されていたそうで、
フィギュアについていろいろ語ったそうなのですが、ソチで金メダルは
真央ちゃんだと思う、とはっきりとおっしゃったそうです!
ありがとうタケシ!!

それと、特定秘密保護法案についてコメントに出ていましたので、
私もこれに関しての情報をひとつ。

『特定秘密保護法は「治安維持法」ではなく「スパイ防止法」である』
http://www.newsweekjapan.jp/column/ikeda/2013/12/post-767.php

マスコミはこれに関する答弁の国会中継すらせず、安倍首相の会見も見せませんでした。
情報操作しているのは国じゃなくてマスコミですよ!

先進国でこの法律がない方が異常だったのです。
根本的にはあった方がいい法案。ただ、使い方に注意が必要なのも事実。
ならば、議論すべきは、この法案の濫用を以下に防ぐかに集約できるはずなんです。
なのにマスコミや「自称文化人」たちは絶対にそこまで話を持って行かない。
左翼が狙っているのはこの法案そのものがない方がいいこと。
それと、「戦前に戻るんじゃ?」とか「戦争をする国になる!」とか煽ることで、
安倍政権の支持率を下げることです。
  1. 2013/12/12(木) 09:13:44 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集]

キムヨナさんの目が空洞に見えます。。。
真央ちゃんに負けてる(何もかも)のも自分でわかっている。
だから憧れる→ストーカーになる→真央ちゃんになった様な気がする→現実は、なってないとわかる→悔しい→真央ちゃんを憎む→悪魔に魂抜かれた様な顔になる
嫉妬によって自分をなくした哀れな人だと思います。

毎日、寒いですね
風邪などお召しになりませんようにm(__)m
  1. 2013/12/12(木) 09:39:17 |
  2. URL |
  3. rr #-
  4. [ 編集]

KYのこの発言、KY陣営がマスゴミに流れた選手やらファンやらのいろいろな発言をチェックして、反感を買わないような優等生発言をさせているのではないかと思いました。今回はさすがに国内からもKYに対する疑問の声があがっているし、何とか印象を良くしようと回りも慌てているのでは?もちろん、その後の身の振り方も考えてのことで。美姫ちゃんとも仲良くしてあわよくば日本でのアイスショーに出してもらおう、、、とか考えてたりして、、。
  1. 2013/12/12(木) 10:17:02 |
  2. URL |
  3. judy #-
  4. [ 編集]

情報満載^^

石ころさん、ありがとうございます^^KYの桶かつぎ?
爆笑です~^○^けど、見る度KYの顔
が邪悪増すのは、目にも明らかですね。元々美人
じゃないけど、そんなにめちゃブサイクでもなかった顔が
みるみる人相が酷いことになってると思います。
やはり顔に出てくるんですね、よくわかります。
安藤さん、もうどっか違う方向にすすまれているようです。
冷めた目でしか見れません。そういう人だった、ってことです。


  1. 2013/12/12(木) 10:35:01 |
  2. URL |
  3. よっしい #qjsITxmk
  4. [ 編集]

たびたびすみません、
ネタひとつ投下です〜〜〜

【映画】『利休にたずねよ』の嘘を暴く
http://ameblo.jp/darkpent/entry-11727510707.html

ここまでチョーセンマンセー映画とはね…
あぶないですね〜、この映画を見るターゲットは多分中高年でしょうが、
韓流ファンあたりを狙ってるんでしょうかね。
  1. 2013/12/12(木) 11:09:52 |
  2. URL |
  3. ちょこ #-
  4. [ 編集]

韓国メディアの解釈にひっくり返りそうになりますね。毎日嫌韓大使として韓国メディアも一緒によく働いているなぁと思います。これからもそうやって嫌韓人口を増やす功績を積んでいくんでしょう。
この人いずれ「自分につく評価に内心呆れていた。国内の祭り状態もばからしかった」と言うのではないかと思っています。自分は不本意だったから罪は無いとばかりに。面白おかしくオリンピックを終えたい態度ににじみ出ています。
  1. 2013/12/12(木) 11:20:56 |
  2. URL |
  3. いつもたくさんありがとう #JalddpaA
  4. [ 編集]

ソチ・ドーピング検査員の理事国に韓国がってほんとうですか!

初めてコメントさせて頂きます。いつも、美しく読みやすく、分かりやすく、石ころ様の感情の流れまで自然に添えるような貴ブログを、有難く拝見しております。復職なさったばかりだというのに、いつに変わらぬ丹念な収集、編集ぶりに驚いております。

 さて今回の福山さんの記事(私はSNSの一つで日記や呟きをするくらいで、殆どスキルがありません。ブログは日記ではなく、記事というのですね)の後半、特定秘密法を危ぶまれて反対の意思表示をなさった事も、勇気がお在りだと思いますし、上のコメント主りかちゃんさんが、それに対して猛烈に異議を唱えられているのも、勿論自由だと存じます。

 しかし、フィギュアや真央ちゃんファンの他のお方の発言の中にだって往々にして政治的兼題について言及されてるのを見かけますから、福山さんの個人的考えが制限される必要は全くありませんよね。思えばスポーツも文化も生活、人生すべて、私たちの存在は政治と関係しないものは無いのでしょうから。

 だからこそ、真央ちゃんを政治課題で振り回さないで欲しい、と切に願います。現在の保守と、革新と言って良いのか野党、どちらにもどちらからも自由で居させてあげたいと願います。いま、この時期の真央ちゃんを政治課題と結びつけたりして、これ以上彼女に悲劇をもたらすような事は、厳に慎みたいと思うのです。

 真央ちゃんは、畏れながら皇室にも似て、外交官以上の親善交流を感動を、もたらしてくれていると思います。

  1. 2013/12/12(木) 11:24:21 |
  2. URL |
  3. kokage #mZB2y5x.
  4. [ 編集]

福山さんのコラム

福山さんはずっと前からフィギュアスケートについて書いている方で、
とくに真央ちゃん(ときどき高橋君)の記事は愛にあふれています。バンクーバの「鐘」についての記事はアーチストならではの感性にあふれた傑作ですから、ぜひご覧いただきたいですね。

当時、真央ちゃんをけなした青嶋ひろのについても、胸のすくような批判されてます。これまたアーチストならではの必殺攻撃(笑)でした。

今回は、政治ネタにからめて書かれていますが、これはむしろ珍しいことです。たまたま浮上した審判の疑惑採点問題とタイミングがあってしまったのでしょう。
主義主張、信条が違う部分はありますが、福山さんのフィギュアスケート愛は本物だと私は思っています。
  1. 2013/12/12(木) 11:41:06 |
  2. URL |
  3. つぐみ #CQytC6ZQ
  4. [ 編集]

もともとは、比べられない大会、点数も高く出易いが大前提で、マスコミが初めからきちんと説明するべきものを、
わざわざ、KYに語らせることに不快感です。
KYのイメージアップ作戦?
だいたい、B級大会でも出過ぎだろって比べちゃいけない点数を、いちいち真央ちゃんとの点数と並べて、
少なくとも、真央ちゃんと互角って印象操作をやめろって話なのに。

あと福山氏のブログ、私もみましたが、りかさんと同意見です。
「特定秘密保護法」を絡めたことにちょっと(すごく)いやな感じでした。
「特定秘密保護法」に対する持論はおありでしょうが(私とは全然違う)、それは、テーマを分けてやってくれと思う。

敢えて共通点をあげるとすれば、私の中では、
どちらも反日マスコミとその利権団体との戦いでしょうか。

ラジ子ちゃん、本当に演技も含めかわいい!
  1. 2013/12/12(木) 11:45:50 |
  2. URL |
  3. たつみ #-
  4. [ 編集]

KYの発言は台本を読んでいるだけですね。
本心でないのは表情を見れば分かります。「こんな事、言いたくない」って顔をしていますね。

福山知佐子さんの記事は、私も違和感を覚えます。
単に特定秘密法案反対と言いたいだけなのかな?って…。

韓国の記事は相変わらずですね。
ジュニアを含め、多くの女子選手が跳べる3Lz+3Tの成功率と、練習でも着氷されることが難しい3Aの成功率を比べることに何の意味があるのでしょう?
「ウリの『ネコ踏んじゃった』の成功率は90%ニダ」と自慢したところで、誰が褒めてくれるでしょう?
そんな愚かしさにすら気づかないなんて、呆れてします。
  1. 2013/12/12(木) 12:02:40 |
  2. URL |
  3. めろでぃ #3/2tU3w2
  4. [ 編集]

フィギュアはトータルパッケージ

4年前、韓国が好んで使っていたこのフレーズ、みなさん覚えていらっしゃいますか?
真央ちゃんが3Aを三回も跳んだのになぜ勝てないの?に対して、韓国がずっと言い続けてきたことです。

浅田選手はジャンプしか取り柄のない選手。
難度の高いジャンプを跳んだからと言って勝てるはずがない!
なぜなら、フィギュアはトータルパッケージだから。

あらあら・・・
その言葉そっくりそのままお返ししますわ。
真央ちゃんの総合力は4年前とは格段にアップして、もはや誰も近づくことさえできない境地に達しています。
ほかの選手とはステージが違う!と、他国の解説者もおしゃっています。

ジャンプしかない(冒頭の3-3)のは、今のヨナ選手ですよね?
しかも、それしかないジャンプも転倒、先日のフリーではその他のジャンプも
素人目にも回転不足のオンパレード!
2Aも尻餅をついておられました。

ステップ(もともとどこにあったんだか?でしたが)、スピン、スパイラル、
つなぎ、表現力・・・すべてが劣化したことが韓国の方の目にも明らかなようで、
今回、このフレーズが全く聞かれません。
あは!痛快!!!

そりゃ、浅田選手に3Aを跳んでもらっては困るのはわかりますが、
放棄したほうがいいなんて進言してる暇があったら、
自国の女王様に、もっとやる気を見せろ!ぐらいの記事を書けないものかしら。

劣等感が透けて見えるどころか、丸出しになっている楽しい記事でした。
石ころさん、ありがとうございます♡
  1. 2013/12/12(木) 12:22:31 |
  2. URL |
  3. betty #-
  4. [ 編集]

KYですが、(最近地上波はほとんど見ないです、アレの顔も見たくもないので)動画を見てみました。
コメントは、私もシナリオ有りだと思います。
なんて言うか、試合以外のアレは生気が無いと言うか、抜け殻(?)みたいに見えたんですが気のせいですかね。
それが試合になると、邪悪オーラ満載で何だか何かが取り憑いているみたいで、凄く不快です。
本当に、若い娘さんのキラキラオーラは皆無ですね〜。魂喰い尽くされてしまったのでしょうね。
同情はしませんが。


それに付けても、我が日本の宝の真央ちゃんはキラキラ感が半端ないですね。後光すら見える時がありますもの。
一番上の画像は「完全に一致」ですね。

そして、ラジ子ちゃん!
EXでこの衣装で出てきた時には、テレビの前で「可愛い!可愛い!お人形さんみたい!」と、大興奮してしまいました(汗)
あまりに「可愛い」の連呼に旦那に呆れられてると思ったら、「本当にこうゆう格好似合うね〜」と。
ラジ子ちゃん、流石です。
  1. 2013/12/12(木) 12:56:01 |
  2. URL |
  3. 黒兎 #5HoUduMg
  4. [ 編集]

私もつぐみさんの意見に同意です。

そして福山さんの意見には同意しかねます。
特定秘密保護法案は、私にとって急に出始めた内容で
メリット・デメリットもよく分からず、理解しきれないものだからです。

決まるか決まらないかの時点でマスコミが騒ぎ始めましたが、
何の意味があるのか…。
政治家(自民?)に対して不信感を煽りたいだけなのか分かりませんが、
私にとっては、今更騒がれてもな…といった感じです。


しかし、羽生くんの言葉がいちいちカッコイイですね。
まだ二十歳にも満たないなんて思えないくらい。
体が細くて見た目は少女のようですが、トップアスリートとしてのプライドを
しっかりお持ちのようで頼もしいです。
  1. 2013/12/12(木) 12:59:54 |
  2. URL |
  3. 萩の #GNpDnBoc
  4. [ 編集]

デイリースポーツGJ!

【分かりやすい採点方法を目指してほしい…フィギュアスケート界に提言】

デイリースポーツ 12月12日(木)11時25分配信


 ソチ五輪で金メダルを首からかけた浅田真央ちゃんの姿を想像するのは、私だけではないだろう。今年の女子フィギュアスケートGPファイナルは、浅田の2年連続4回目の優勝で幕を閉じた。ショートプログラムで1回、フリーで挑戦した2回のトリプルアクセルは回転不足や転倒こそあったが、最大の武器であるトリプルアクセルを封印してグランプリファイナル優勝を果たした昨年とは仕上がり具合に、雲泥の差がある。浅田本人も手ごたえを感じており「(フリーで)アクセル2回は体力的に負担がかかるのは分かっていますが、きょうやった構成で臨んでいきたい」と話し、全日本選手権、来年2月にロシアで行われるソチ五輪のフィギュアスケートでも今大会同様のプログラム構成で臨むつもりになっている。

 悲願の金メダル獲得を目指す浅田真央にとって、最大のライバルであるキム・ヨナの動向は気になるところだろう。ソチ五輪の金メダリストになって、現役を引退してほしいところだが、ライバルは一筋縄にはいかない。キム・ヨナはGPファイナルとほぼ同時期にクロアチア・ザグレブで行われた国際大会、ゴールデンスピンに出場。6日のショートプログラムは今季世界最高となる73・37点をマーク。7日のフリーではタンゴ「アディオス・ノニーノ」という曲をバックにすべり、ジャンプでは手をついたものの131・12点の高得点をたたき出し合計204・49点という高得点で優勝。「ソチ五輪ではキャリアの最後をいい形で締めくくりたい」と五輪連覇に自信を深めている。

 GPファイナルとゴールデンスピンでは試合環境やプレッシャーのかかり具合がまるで違うので、GPファイナルの浅田の得点とゴールデンスピンのキム・ヨナの得点を単純には比較はできない。だが、得点は得点。足の故障で今季のGPシリーズに一度も出場しておらず、試合勘も戻っていないはずのキム・ヨナの得点の方が上であるとは、首をかしげざるを得ない。これまでも、浅田とキム・ヨナの得点をみて、釈然としない気持ちを抱いた人は多いだろう。バンクーバー五輪では、キム・ヨナがショート、フリーの合計で、フリーで2回のトリプルアクセルを飛んだ浅田真央の205.50点を大きく上回る228.56点で金メダルを獲得した。

 また、その直後の世界選手権ではミスを連発したフリーの得点が、浅田のそれを上回った。かつてソルトレーク五輪で行われたフィギュアスケートの採点が疑惑を招き、採点方法が変わったことがあったほど、フィギュアの採点方法は奇奇怪怪である。現在、フィギュアスケートの採点は、国際スケート連盟が規定しているジャッジシステム「Code of Points」が用いられている。これは、「International Judging System」とも呼ばれ、種目ごとに技術点、構成点、ディダクション(違反行為によるマイナス)を算出し、それを合計したものが総合得点になるが、一般の人間には、実に分かりづらい部分もある。ジャンプの難易度などが採点の要素になる技術点は割と理解できる。だが、構成点というのが曲者だ。よくキム・ヨナは構成点が高いといわれている。構成点とは演技審判が(1)スケート技術(2)動作(3)振り付け(4)曲の解釈(5)要素のつなぎ‐の5項目をそれぞれ10点満点、0.25点刻みで評価し、合計点で算出したものを指す。だが、浅田とキム・ヨナとの間に構成点でどれほどの開きがあるか、正直、分からない。

 フィギュアスケートは採点競技であって、タイムを競うスピードスケートとは違うのはもちろん分かっている。だが、採点をする審判の人間である。思い込みの入る余地は十分にあるだろうし、かつてはジャンジの買収疑惑が渦巻いたこともある。確かに、フィギュアスケート界が、今まで以上に万人に分かりやすい採点方法を生み出すには時間がかかるだろう。だが、インターネットの投票などを使い、誰の目から見ても、納得できるいくつかの要素を採点に盛り込めないものだろうか。納得のいく演技で金メダルを獲得し、表彰台の真ん中に立つ真央ちゃんの笑顔がみられると信じている。

(デイリースポーツ・今野良彦)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131212-00000033-dal-spo

【浅田とキム・ヨナとの間に構成点でどれほどの開きがあるか、正直、分からない】
構成点に関してはジャッジが五輪の先入観を持たず現状の二人を比較すれば
誰がどう見たって
 
 浅田>>>>>KY

ジャンプ、ステップ、スピンのエレメンツどれをとっても

 浅田>>>>>>>>>>>>>>>KY

B級大会だからといって技術点も構成点もKYが上回るのは明らかにおかしい

疑問を投げかける報道をしてくれたデイリースポーツにはGJです
  1. 2013/12/12(木) 13:10:18 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

真央ちゃんの受け答えの聡明さに驚きます。

お若い方はご存知ないかもしれませんが、現民主議員よりもっと浅からぬ中韓国との因縁が自民党議員にもあるのですよ。単純な断罪や、嫌韓では批判の格好の材料とされるでしょうから・・。主な政策は、自民から共産まであまり変わらない時代です。野党の一部は、秘密保護法案に懸念の国民の多さに迎合しているだけで、そちらも私などは信用してはおりません。そして、中身ですが、いしばさんの意見撤回のように、あまりに危うくありませんか?解釈がものを言う法律だから、今のフィギュアジャッジと重ねられたのかもしれません。

 真央ちゃんファンは皆こうで、などと言ったそれこそ北の様な全体主義は、今を生きる私たちにはあり得ないじゃありませんか?ある一色のように真央ファンが思われるのも、真央選手にとって得策じゃない、と心配されたのかも知れないと思います。

 megumiさまの専門的コメント、いつも目からうろこで拝見します♪ 今日の記事の紹介も有難うございます。
  1. 2013/12/12(木) 14:45:08 |
  2. URL |
  3. kokage #-
  4. [ 編集]

福山さんの真央ちゃんに対する気持ちは以前から共感する部分ありますが、特定秘密保護法に関してはちょっとなーと(;^_^A
国民の知る権利って言ってますが、そもそも国民が知り得ない国家機密のことなのにごっちゃになってる気がします。国家機密を国民にペラペラ喋ってどうするんですかね。そんな国ないですよ。
マスコミが自分たちの都合で大事なこと報道しない方が問題です。なぜ特定秘密保護法反対する人はマスコミに反発しないんでしょう。この人たち尖閣問題の時批判してたんでしょうかね。
なんかすぐに戦争に結びつけるし…
公表すべきことを隠すISUは日本のマスコミと一緒です。

同じ試合での点数ねえ…今まで同じ試合でどんだけ変な採点されたか…。
真央ちゃんともですが、他の選手ともKYは比べるレベルじゃないと思います。ジャンプ構成にしてもSPはともかくFPは4種6トリプルだし…
殆どの選手(GPFに出場した選手はみんな)は失敗するしないは置いといて5種7トリプルで、KYは同じ舞台にも立ってない。スピンもステップも特別すごくない。
…はずなのに、まるでKYが誰よりも難しいことをしているような報道、相変わらずの表現力押し…うんざりです。
  1. 2013/12/12(木) 14:47:01 |
  2. URL |
  3. メガネ #sSHoJftA
  4. [ 編集]

福山さんのブログについて

『結局「特定秘密保護法案」について書きかかっただけだろう』…みたいな感想をお持ちの方がいるようですが…。
そこまで疑いをもって深読みをするようなものでもないのでは?
つぐみさんが書いているように、今回たまたま時期が重なった為、フィギュアの事と絡める書き方になっただけだと思います。

今までの真央ちゃんについて書いて下さっている数々の記事をちゃんと読んでいただくと、
福山さんが本当に愛情を持って芸術家の目線で真央ちゃんや高橋くんを応援してくれているのがわかるかと思うのですが…。

まぁ、確かに人の考えはそれぞれですから私がどうこう言うことでもないですけどね^^;
  1. 2013/12/12(木) 14:47:14 |
  2. URL |
  3. あきら #-
  4. [ 編集]

コメントも真似?

KYのコメントは、ラジオノワちゃんがロシアの記者に
語ったものの真似じゃないかと思いました。

花束を拾い始めたのも、真央ちゃんの真似だろうし。


他選手に関する報道をよくチェックしているみたいですね。
  1. 2013/12/12(木) 15:17:34 |
  2. URL |
  3. ゆん #SFo5/nok
  4. [ 編集]

↑メガネ様のコメントに同意してしまいました。
まぁ、人それぞれ、芸術家だから芸術性は分かっても、政治など、目に見えない部分までよく理解しているとは限りませんからね。得手不得手あるでしょう。
(基本もの創りする人は、反体制が信条ですからね)

それに、アレのコメントも、ネットが趣味(苦笑)と言うくらいですから、日本の選手が出すコメントもキッチリとチェックしているのでしょうね。いつも、誰かが何処かで言っていた(書いてあった)ようなデジャブを感じます。(パクリ?笑)
あと、大会が違うから、というもの、じゃあアレ以外他の選手も同様に爆上げだたっのか?という疑問も残ります。
(それなりに「調整」はあったかもしれませんが。苦笑)
  1. 2013/12/12(木) 15:27:20 |
  2. URL |
  3. 三D #LkZag.iM
  4. [ 編集]

今デイリーのを貼っつけようとしたら もうとっくにさすがのmegumi様が↑(^^)

ここにきて少しづつ追い風が吹いているように感じます。(希望的観測注意!?)
特にデイリーは様様です。私も今から近所のローソン行って、スケ連にお手紙を出してきます。言いたいことは、ほとんど↑デイリーと被ってますが。

石ころさま いつもありがとうございます。
今日は久々のオフでしたが 朝から窓拭きしたら終わってしまいました。(狭い家なのに《泣》)
石ころさまもお体大切に!

  1. 2013/12/12(木) 15:38:27 |
  2. URL |
  3. りん #-
  4. [ 編集]

初めてコメさせて頂きます。
微々たる事しかできないけれど、真央ちゃんを応援する気持だけは負けてない私です。

“KYの演技を紹介する松岡さんの声のトーンが真央ちゃんを温かく見守ってるときのそれと同じだったことは、ちょっと残念でした”
↑同じ事(ちょっとどころかすごく)を感じていたので思わず来てしまいました。演技も編集されてましたし…
真央ちゃんにキムヨナの事を質問するくだりも、番組の意図を感じました。
とにかく〝真央ちゃん応援〟できる事をするのみです。
  1. 2013/12/12(木) 15:51:00 |
  2. URL |
  3. k #-
  4. [ 編集]

私が特定秘密保護法について言及してしまったため、話題が逸れてしまって申し訳ありません。

深読みするほどのことでもない・・・のなら、なおのこと、絡める必要はあったのかな?と思います。
フィギュアスケートの採点やISUの疑惑と、国家の安全にかかわる法律を同列に語ることに違和感があったので。
石ころ様ならびに読者の皆様、申し訳ありませんでした。
  1. 2013/12/12(木) 16:10:03 |
  2. URL |
  3. りか #pTMCrM.c
  4. [ 編集]

yahooのニュース欄

いつもブログを見ているものです。
今、yahooのスポーツニューストピックをみていたらこんな記事がありました。
「分かりやすい採点方法を目指してほしい…フィギュアスケートに提言(デイリースポーツ・今野良彦)」
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/figure_skating/?1386819916

この記事をセレクトしたyahooニュース担当の人はセンス有りますね。

石ころさんこれからもがんばって下さい。いつもブログUPを楽しみにしています。
  1. 2013/12/12(木) 16:13:57 |
  2. URL |
  3. ナオ #yTXj/oD.
  4. [ 編集]

>私が特定秘密保護法について言及してしまったため、話題が逸れてしまって申し訳ありません。
↑ そんなに謝られるほどの事はないと思います。
確かに「秘密」という言葉の響きに、いろんな反応の仕方はあって当然だとおもいますし、
福山氏が、(失礼ながら)もっと有名なメディアに顔を出す方なら、広告塔にでも利用された事でしょう。
(ちょっと前に、法案反対著名人リスト、なんてのもアカ日新聞?だったかに載ってましたね)
フィギュアをよく知らない有名人ほど、TV番組等でコメントを求められるのと同様、
国際政治的問題点を良く理解していない人ほど、マスゴミの「秘密=恐怖」印象報道にハマるのだと思います。
  1. 2013/12/12(木) 17:10:23 |
  2. URL |
  3. 三D #LkZag.iM
  4. [ 編集]

石ころ様、今回も盛り沢山の情報、ご苦労様です。
色々あり過ぎて、何からイチャモン付けようかなぁ・・・て感じです。

隣国の真央ちゃんに対する報道についてですが、3Aを諦めさそうとしてますよね?
本当にそれでいいのかなぁ??
もし真央ちゃんが3Aを封印して全種類トリプルの構成に変えちゃったら?・・・こわっ!
そっちの方がずっと怖いとは思わないんでしょうかねぇ?お隣は。
今シーズンの真央ちゃんは、3Aこそ100%の完成度は低い(ほぼ完成形ですが)けど、その他のジャンプは全てほぼ完璧、見てるこっちも安心して見ていられるくらいの出来です。
そう考えると隣国側にしてみれば、完成度の低い3Aで来てくれた方が逆に有利なんじゃないのか?
と思うんですが。
やはり、あちらにしてみればsuperな最強3Aが恐怖なんでしょうね~。

それと、特定秘密保護法案?
私も政治には疎い方なんでよく分からないんですが。
ただひとつ、無知なりに私が思うのは・・
最近やたらとマスコミがこの法案について反対しまっくてますよね。
でもフィギュアファンの私は、4年前から今だに続く真央sageキムageの報道を嫌という程見てきたので、そういうマスコミに対して『はぁ?』という感じです。
マスコミは今も、真実を正しく伝えず、偏った印象操作を平然と垂れ流してます。あんたらほんとに日本人か?てなくらい。
これって法には触れないかもしれないけど、嘘と同じでしょ?
それを公共の電波を使って平然と流してる。
そんな事しながら、国に対しては『報道の自由』だとか何とか、最もらしい事並べて。
だったら、ちゃんとした真実を伝えろよ!!
ま、この法律自体もどーかよく分かりませんが、マスコミに関しては不信感満載な今日この頃です。
  1. 2013/12/12(木) 17:45:38 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集]

『週刊新潮』

【「金妍児」復活だから始まった「浅田真央」バッシング】
(週刊新潮12月19日号)

韓国人は何かと日本人をライバル視すると言われる。その影響なのか、韓国メディアは日本人の記事を書くとなると偏向報道が目立つ。フィギュアスケートの金妍児復活で浅田真央バッシングが始まって・・・

来年2月のソチ五輪で浅田は金メダルを獲れるか。これは日本人の最大の関心事である。その前に立ちはだかる金妍児。彼女が12月6~8日(日本時間)クロアチアで行われた大会に出場したのだ。ショートプログラムでは73.37点をたたき出し、韓国の『中央日報(12月7日)は
「いきなりシーズン最高点”女王・金妍児”」という見出しの記事を掲載した。
もっともその中身が少々問題で
「金妍児は当初今季のグランプリシリーズに出場する予定だったが、9月の右足の怪我のため不参加を決めた。リハビリに集中する間、フィギュア女子シングル部門のレベルは下方平準化傾向が目立った」と、金妍児不在でレベルが落ちたと言わんばかり。さらに極めつきは
「浅田真央がGP第1、4戦で続けて合計200点を超えたとはいえ、ジャンプでミスを連発『「点数水増し』疑惑も浮上した」
浅田の採点に不正があったかのような物言いだ。

■悪意に満ちた報道

「韓国三大紙の中央日報がよくあんな恥ずかしい記事を書いたね」とあきれるのは日本スケート連盟関係者。
「現在の技術点の採点傾向は技術やプログラムの構成など一つ一つの要素を点数化する絶対評価になっています。ジャンプやステップなどそれぞれに厳格な基準が設けられているので、主観的な判断が入り込む余地はありません。芸術点も5つの採点基準に分かれ、厳密な審査が行われている」
採点を行う9人のジャッジのほか、技が成功したか否かを判断するテクニカルスタッフもいる。技の曖昧な判定もできないという。
「GPのような最高レベルの選手の出る大会ならば、なおさら審判の質は高い。ジャッジ最寄シビアになるのが常識。『点数水増し』はあり得ない話」(同)
フィギュア担当記者も言う。
 「米国で行われたGP第1戦の結果を報じた東亜日報など大手紙は浅田が尻餅をついた写真を掲載していました。この調子で悪意に満ちた報道が多いですね」
先のスケート連盟関係者の予想では「浅田はバンクーバー五輪のときよりはるかに進歩しています。一方金妍児はまだ本調子といえません。ソチで浅田が勝てる可能性はあると見ています」
浅田バッシングは韓国の常識。日本人にはうんざりである

(記事ここまで)


見出しではさも日本のメディアがKY復帰で浅田バッシングをしているかのようなものになっていますが
文春が問題視しているのは浅田選手へのバッシングをしてる韓国メディアの方。

あちらは浅田選手に得点水増しがあるとさも不正であるかのような報じ方になってますが
実際に水増しをしているのはあのヨレヨレ演技のKYのほうです。
3Aを2度ミスっても技術点基礎点は浅田選手のほうが高いのです
他の要素で質の良いものをこなしたことで挽回したからこそあの高得点が出たのです。
転倒して3種5トリプルヨレヨレ演技のKYとは違います。

「KYの不正は浅田の不正、浅田選手の善い行いはKYの善行」
にすり替えるのは韓国メディアのいつものやり口。

もう呆れるしかありません
  1. 2013/12/12(木) 18:26:38 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

Yahooニュース、私も見ました!

週刊誌の記事になったり、Yahooニュースに取り上げらたりと、皆さんの様々な努力が少しずつ形になりつつあるのかな、と嬉しくなりますね。

羽生くんは結構はっきりと自分の思いを述べ、真央ちゃんも直接的でないにしても、込められた思いが伝わる発言をしていますよね。単にファンが騒いでいるとみられるより深く心に残ります。

週刊誌の記者さんたちには、粘り強く追っかけて踏み込んだ記事をどんどん書いてほしいと切に願います。
  1. 2013/12/12(木) 18:31:19 |
  2. URL |
  3. たまちゃん #-
  4. [ 編集]

週刊誌の記事、見出しだけでちゃんと読んでなくて…

それはひどい‼

Yahooニュースは気持ち良く読ませていただきました。
  1. 2013/12/12(木) 18:36:17 |
  2. URL |
  3. たまちゃん #-
  4. [ 編集]

続いて『週刊文春』

【浅田真央「ソチ五輪金」最大の障壁は金妍児“謎の高得点”】

10月のスケートアメリカ、11月のNHK杯に続き、グランプリファイナルでも優勝した浅田真央。これで来年2月からのソチ五輪の代表権をほぼ手中にした。

一方最大のライバルである金妍児は今年3月の世界選手権を最後に右足の故障で今季は試合に出場できていなかった。漸くグランプリファイナルと同時期のクロアチアでの国際大会で優勝すると、熱狂手kな韓国人ファンが詰めかける中、浅田とほぼ同じスコアで優勝した。特にSPではジャンプの着地で手をついたのに今季最高得点をマーク。なぜ復帰直後にこのような高得点が出るのか。
フィギュア解説者の渡部絵美氏はこう語る。
「トリプルアクセルの次に点数の高いトリプルルッツを真央ちゃんは跳べない。これを金妍児は得意にしており、さらにジャンプにスピードや高さがあるため出来栄えが良いとされ加点が大きくついている」
この出来栄えによる加点についてスポーツ紙記者はこういう。
「金妍児は10年のバンクーバー五輪で228.56という驚異的なスコアで金メダルを獲りましたが、優勝した事はともかく『いくらなんでも点数が高すぎるのではないか』と思ったフィギュアファンも多かった。五輪に限らず金妍児は演技の構成点はそれほど高くないのに出来栄えの採点で1人だけ跳びぬけて加点され高得点になっていることが多い。それだけにあくまで事実関係は分かりませんがファンの間では『ジャッジを買収しているのでは』『国家ぐるみでのロビー活動の成果だ』などという声までネットを中心に上がっていた」
審判に関してあるスポーツライターはこんな指摘をする。
「金妍児が復帰する直前の11月26日『東亜日報』が韓国人で唯一ソチ五輪で女子シングルの審判を務めるコ・ソンヒ氏のインタビューを報じています。
コ氏は『基準となる高い技量の選手がいないため、今シーズンは高い点数をつける傾向がある。しかし金妍児が出場すれば変わるはずだ』と暗に真央を馬鹿にする発言をしたり、五輪本番で『金妍児と韓国選手が不利益を被らないよう構成に審判したい』と韓国人以外からは“韓国選手に肩入れする”と宣言しているように聞こえる発言をしている」
本当の意味で公正な審判を望むばかりだが、クロアチアで取材した報道関係者の目には金妍児の課題も映ったという。
「スタミナが足りないようで、フリーの終盤のステップでは疲れてスピードが落ちていました。演技後にはほんとうん苦しそうに身体を久野人曲げで居て出産明の安藤美姫と似ていましたね。また今季SPの衣装が濃い黄色なのですが『沢庵みたいだ』と自国民に不評なのもマイナス材料になるかもしれない(笑)
ファンの抗議デザイナーの会社のHPがダウンする事態も起きています」

真央は今度こそ悲願の金を獲れるか。


(記事ここまで)

ワイドショーの佐野稔と同レベルの渡部絵美がKYの疑惑の高得点について触れてましたが
今やアレのルッツは他を圧倒するレベルではありません。
それからあれはGOEだけでなく構成点も異常に高いです。
だってあのスピードの無い、繋ぎの無いスカプロに73点ですもん。
その部分にも触れてほしかったですね。
たくあん衣装は表現との兼ね合いというよりプロの趣旨と合致しているかだと思いますが
プログラムの趣旨ともあってないように思います

でも、コ・ソンヒやイ・ジヒの「不正宣言」を取り上げたこと
今のアレのレベルが産後の安藤さんレベルと報じたのは
まあよかったのではないでしょうか


  1. 2013/12/12(木) 18:51:47 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

 初めまして。時々ブログを興味深く見ております。ほとんどROM専ですが、ちょっと書きたくなりました。キム選手は昔から(バンクーバーオリンピックより大分前)真央ちゃんの言動をかなり気にして激しくチェックしています。彼女の以前のコーチが、そういう主旨のことを(半ばあきれ気味に)言っていたのを読んだことがあります。
 今回日本は団体戦にも入っていて、心配でもありますが、真央ちゃんには足元すくわれない様、万全の備えをしていって欲しいです。
 キム選手をイニシャルで書く人が多いですが、同じイニシャルの人の中には、不快に思う人もいるようです。
 なお、コラムの書き手は「大学教授」ではなく、大学の「准教授」です。修正してくだされば幸いです。
 これからが冬本番ですが、どうぞご自愛くださいませ。
  1. 2013/12/12(木) 18:55:23 |
  2. URL |
  3. セーラ #-
  4. [ 編集]

点数が大事です

>浅田選手と同じような点数をもらいましたが、違う大会なので、一緒のときの点数が大事です。


この発言・・・汚ヨナに加担している不正ジャッジ達には、

「真央と同じ大会で、真央より高い点を出すことが大事なのよ。わかってるわよね。」と聞こえていると思います。
  1. 2013/12/12(木) 18:59:54 |
  2. URL |
  3. moomin #-
  4. [ 編集]

りか様
特定秘密保護法の反対運動の盛り上がりについては、私もイラッときているので、お気持ちはわかります。
たしかに、あの記事だけをお読みになると、そういう印象もあるかと思います。
ただ、福山さんのこれまでの真央記事は、本当に熱意あふれるものなので、ただの左翼系文化人と思われたら、もったいないなあと思ったまでです。
バンクーバ当時は今と違って、真央ちゃんはヨナに表現力で負けたと言われていました。ヨナはバレエの達人だからすごいと言ったオバカ作家もいました。
そんななかで、音楽家や芸術家の方々が真央ちゃんの表現力、芸術性を高く評価する記事を書いてくれたことが救いでした。福山さんもその1人です。

ところで、デイリーやりましたね!YAHOOニュースのコメント、ものすごい量です。95%が賛同みたいですね。いいコメントにポチしてきました。

  1. 2013/12/12(木) 19:11:08 |
  2. URL |
  3. つぐみ #CQytC6ZQ
  4. [ 編集]

ショボいイナバウアー

沢庵女王さまのイナバウアー、あまりのショボさに私はズッ転けました、シューゾーさんだって、ホントは全然凄いとは思ってないんでしょうけど、台本通り?お仕事なんで、仕方ないです。しかし、ゆづ君とユリアちゃんの美しいのを見た後であれはホント辛かったです。
  1. 2013/12/12(木) 19:55:04 |
  2. URL |
  3. yuccalina #-
  4. [ 編集]

オーサーに最敬礼の日本スケ連

マスコミは、お金になるように変えて行きますから、キムヨナバッシングだって演じてみせるでしょう、と思います。メディアの佳いものを応援しながらも、頼りにしすぎるのはいけないと思います。

 ちょっと口にするの怖いのですが、ブログ主さんの今回の本題に戻って、~意外にまともな事を言ってる~かの人の殊勝な?コメントと、羽生君のスコアの捉え方、とが呼応するようで怖いのです。私はオーサーについてからの彼の演技には何故か揺さぶられないのです。フェルナンデスにも。黒い翳のようなものが目の辺りにありはしないか?

 どうしても3Aが降りられず、もう駄目かと思ったゆづるくんが、野辺山で無心にひとり3Aの練習をしていた浅田選手のそれをみていて、もう一度やってみようと思った、そんな少年でしたが。
  1. 2013/12/12(木) 21:01:32 |
  2. URL |
  3. kokage #-
  4. [ 編集]

突然お邪魔します。いつもブログ拝見しています。
デイリースポーツの採点についての記事を読んで、ようやくマスコミも
今までフィギュアファンが思ったことを記事にしてくれたと安堵しました。
阪神御用達のスポーツ新聞のニュースなので特に見入りました。
(ちなみに阪神ファンでもある私です)←関係ありませんね、これ(^_^;)
真央さん他、一生懸命に取り組んでる選手が報われるような採点の仕方があると
思うんですけどねえ…
  1. 2013/12/12(木) 21:36:46 |
  2. URL |
  3. 白玉四十路 #-
  4. [ 編集]

フライデー

明日発売のフライデーにも浅田選手関連の記事が掲載されるようです

【ソチ五輪 浅田真央がキム・ヨナに勝つこれだけの確かな理由】
http://p.friday.kodansha.ne.jp/pc/index.html

内容を見てみてまた書き起こしを試みたいと思っています
  1. 2013/12/12(木) 21:50:17 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

【浅田真央 母三回忌欠席を決心させた“ソチ五輪への誓い”】

女性自身 12月4日(水)0時0分配信

「真央、またテレビカメラの前で鼻かんでたね!駄目じゃない!」

 浅田真央(23)が自己最高得点で優勝した11月上旬の「NHK杯」。その演技の直後に、彼女は姉・舞(25)からこう叱られたという。

「これは、2年前に48歳で亡くなった母・匡子さんが、事あるごとに浅田選手に注意し続けていたことなんです。『一流のスケーターである前に、一流のレディでありなさい』というのが、匡子さんの教えでした。他にも『演技の後、席に座るとき膝を閉じる』『観客やテレビカメラの前で、がに股歩きは絶対だめ』といったことも注意していました」(スケート関係者)

 そんな匡子さんが急逝したのは、2年前の12月9日。三回忌にあたる今月9日は、浅田にとってGPファイナルの終了翌日。

「当初は浅田家全員で、お墓参りする予定だったそうです。でも真央ちゃんは『お母さんのお墓には、全日本選手権が終わってから行きたい』と強く希望したんです。それで、当日はお父さんと舞ちゃん、そして匡子さんの姉に当たる伯母さんの3人で行くことにしたようですね」(浅田家の知人)

“最愛の母”の三回忌“欠席”を決めた理由とはーー。

「ソチ五輪の代表が正式に決定するのは、GPファイナルの後、12月末の全日本選手権です。真央ちゃんは、『全日本で優勝してソチ五輪出場決定の報告を墓前にするほうが、お母さんはもっと喜んでくれるに違いない』と、考えているのです」(前出・浅田家の知人)

 彼女は今、ソチ五輪に向けて、まっしぐらの毎日を送っている。連日朝の6時には中央大学のリンクに姿を見せ、遅いときには夜の11時までリンクにいる。母に「ソチ五輪への誓い」を立てる浅田。

「GPファイナルがゴールじゃない。真央の目標はソチ五輪で、いちばん高い所で表彰されることでしょう?」ーー彼女には、そんな“天国の母”からの励ましが聞こえているのかもしれない。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131204-00010002-jisin-ent

浅田選手が演技以外でも所作が美しいのは
お母様から厳しくしつけられたからのようですね。

足を大きく開いてだらんと座っているどなたかさんにも見習えと言いたいわ

  1. 2013/12/12(木) 22:03:33 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

いつも更新ありがとうございます。真央ちゃんの大の字ジャンプ、迫力ありますね~。思わず「金太郎」みたいだと思いました。
金太郎は童子なのにあり得ない強い力を持っています。童子で力を持つって、これはもう神の領域にあることを指します。真央ちゃんが菩薩に似てるのも、もう彼女は遥か上の領域に存在してるからですね。真央ちゃんの「やるぞ!」という強い表情も好きです。どなたかの心ここにあらずといった表情、妖怪のような表情とは大違いですね。
小さな流れは、やがて多くの流れと結びついて大きな止められない流れになります。きっと。
  1. 2013/12/12(木) 22:03:35 |
  2. URL |
  3. かのん #-
  4. [ 編集]

週刊新潮の記事の?

>「韓国三大紙の中央日報がよくあんな恥ずかしい記事を書いたね」とあきれるのは日本スケート連盟関係者。
「現在の技術点の採点傾向は技術やプログラムの構成など一つ一つの要素を点数化する絶対評価になっています。ジャンプやステップなどそれぞれに厳格な基準が設けられているので、主観的な判断が入り込む余地はありません。芸術点も5つの採点基準に分かれ、厳密な審査が行われている」
採点を行う9人のジャッジのほか、技が成功したか否かを判断するテクニカルスタッフもいる。技の曖昧な判定もできないという。
「GPのような最高レベルの選手の出る大会ならば、なおさら審判の質は高い。ジャッジ最寄シビアになるのが常識。『点数水増し』はあり得ない話」(同)

↑ 一読すると、アレ及び犯国報道への批判で見過ごしてしまいますが、
日本スケート連盟関係者(?苦笑)とやらの言葉と、最後の「GPのような最高のレベルの云々〜」で
●審判の質が高い
●ジャッジ最寄(も、より;?)シビアになるのが常識
●点数水増しはあり得ない話
を結びつけると、まるでファイナルのアマノジャッジは適正だと言わんばかりにも読めます。
やはり、今出ている(出始めた)記事等だけを信頼し過ぎは危険に思えてきます。
結果として、ソチで再び(世戦等を加えれば何度目か?怒)茶番が繰り返された時
五輪の審判は不正、水増しなど「ありえない」で、通されてしまいそうです。

>主観的な判断が入り込む余地はありません
↑ 十分主観的な判断が入り込んでいると思いますが?怒。
  1. 2013/12/12(木) 22:14:01 |
  2. URL |
  3. 三D #LkZag.iM
  4. [ 編集]

石ころ様、お疲れ様です♪

石ころ様、転職後で忙しいでしょうに、ブログ更新ありがとうございます。

この人の「一緒のときの点数が大事です。」発言には正直心が動かされませんわ~。
結局得点しか考えてないんだな~って感じで。
実力じゃ真央ちゃんに勝てませんから、そういう発言しか出来ないんでしょうけど。

コラはお上手で笑いました。なぜいつもあんなにフニャフニャなんでしょうね。
心根が動きにも表れてるんでしょうか・・・

ラジ子ちゃん、新しい衣装可愛いですね。お人形みたいです。
ブログ更新お疲れ様でした♪
  1. 2013/12/12(木) 22:21:22 |
  2. URL |
  3. Mansikka #-
  4. [ 編集]

フィギュア職人さんに謝らなきゃ

石ころさま、こんばんは。
ゴールデンスピンでの、暗黒女王の表彰式の写真を見ていて、「んーどこかで見たような・・・」と思っていたのですが、例のクレヨンしんちゃんみたいなフィギュアでした。実は本人そっくりに作ってあったのですね!韓国のフィギュア職人さん、似てないなんて思ってごめんなさい。
  1. 2013/12/12(木) 23:29:21 |
  2. URL |
  3. meiling #F9U5ob0.
  4. [ 編集]

megumiさん、書き起こしありがとうございます(o^-^o)

新潮と文春、megumiさんが書き起こしてくださったんですね。ありがとうございます。デイリースポーツの記事もありがとうございました。報道も以前とは変わってきたことを感じますね。

今日のブログ、これから書くのですが、情報を探す時間もなくて…megumiさんの書き起こしをご紹介させてくださいね<(_ _*)>”いつも様々な情報提供(技術解説も!)、ありがとうございます。
  1. 2013/12/13(金) 00:19:04 |
  2. URL |
  3. 石ころ #yvBQfOFE
  4. [ 編集]

石ころ様、記事の更新お疲れ様です。

最近は最後に貼られるロシアっ子にメロメロしております(*^_^*)
ラジ子ちゃんにすっかり今季はハマってしまいました。
本当に可愛い子ですよね~。
何故か大人の演技を求められるシニアですが、この年齢でしか着れない衣装、出来ない演技にどんどん挑戦してって欲しいものです。
真央ちゃんも、色んな物に挑戦していたからこそ、今の表現力があるのだと私は思ってます。
(真央ちゃんに子供っぽいとかレッテルを貼るどこぞのバカ者どもはKYの偏った昆布踊りしか見えない目をお持ちのようですけれどね。)


コラ職人さんの、プッと吹き出しちゃいましたw
それにしても胴長ね、この人。
確か足長が自慢とか言ってませんでしたっけ?(測り方が普通と違ってましたけどw)
真央ちゃんは練習着の時も格好良い!!って思うんですが、やっぱり汚ポジの人は何をしても汚ポジだから格好付かないんですね。

最近少しずつ報道にマシな物が含まれて来ましたね。
至極まっとうな意見がもっと堂々と記事にできる業界に生まれ変わって欲しいものです。
すっかり汚鮮されちゃいましたから。


そういえば、三回忌なんですね。
時間が経つのは本当に早いですね。
真央ちゃん、早くお母様の墓前で良い結果を報告できると良いな、と思います。
潔く、まっすぐと目標へ向けて頑張る姿が本当に素晴らしく格好良いです。
いつも私達を清々しい気持ちにさせてくれる娘さんを産んでくださったお母様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
  1. 2013/12/13(金) 00:37:49 |
  2. URL |
  3. しょこ #dvUYBDnY
  4. [ 編集]

以前は韓国発の記事をそのままタレ流していたような文春がこういう記事を書き、ミヤネが「3A認定しなかったら怒るよ」と言い、、、何だか皆さんお手々つないで一斉に回れ右、ですかWWW
いえいえ、いいんですよ、正しい報道、自国選手の応援は当たり前ですから。
ただ、それを利用して犬ジャッシ(あ、ワンちゃん、ゴメン!)の質が高いなんて「大嘘」を刷り込んじゃーいけませんね。まあ、スケ連がそう言ったのを「素直に」載せたんでしょうが。
誰でしょうね、応答したスケ連の方。
よもや全国放送された「帰れ!」の声を聞かなかったワケじゃ、、、あ、そうか、聞いたから慌てて刷り込み作戦かWWW
おせーよっ!
  1. 2013/12/13(金) 01:34:18 |
  2. URL |
  3. 真ちゃん #bbobTxCI
  4. [ 編集]

 特定秘密保護法案にあれだけ反対したマスコミですから、自分たちのキムヨナ特定秘密保護法を守る気も少しずつ失せてきたんじゃないでしょうかね。マスコミには筋を通してもらって、もしあるなら審判の不正も明るみに出していただきたいものですね。

 キムヨナ発言は、今からソチで負けたときの言い訳をしているようにしか見えませんでした。いくらなんでも真央選手の実力は彼女自身が一番分かっているでしょうから。ただやっぱり一応アスリートの端くれとして実力差を認めるわけにはいかないので、当たり障りなく答えたのでしょう。
 
 でも、あの演技では、さすがにもう誰の目もごまかせません。ソチではあっさり真央選手が負かしてしまうと思います。
  1. 2013/12/13(金) 18:06:57 |
  2. URL |
  3. カーチャ #-
  4. [ 編集]

ゆん様のコメントのロシア記事ってこれ?

>コメントも真似?

KYのコメントは、ラジオノワちゃんがロシアの記者に
語ったものの真似じゃないかと思いました。


2013/11/29 エレーナ・ラジオーノワ「選手を比べることが出来るのは、同じ大会に出た時だけ」

ttp://www.sports.ru/others/figure-skating/154708089.html

ロシアのフィギュアスケーター、エレーナ・ラジオーノワは、12月5~8日に、日本で開催されるグランプリファイナルへの出場について語った。

「正直言って、わたしは、このような展開になるのを期待していなかったわ。そりゃあ、シーズンの目的はグランプリファイナルに出ることだったということはあったのですが。ファイナルで何か良い順位に入るなんていうことではなくて、ただ、そこに実際に進出する、ということが私の目標だったのです。この課題が達成できてとても嬉しいです。ですから今は、自分により高い目標を立てようと思う!

正直に言うと、わたしは今、何か主要課題についてあれこれ言う必要はないと思う、ただ、この大会に向けての自分の目標は、二つのプログラムをクリーンに滑ることです。いつものように。そうしたら、審判たちがわたしをどう評価するかしら! だって、わたしはファイナル進出を当てにしていたとは言っても、やっぱりこのニュースは、驚きだったのだもの。グランプリシリーズの終盤では、わたしの中に疑いが芽生え始めた。思ったの。「やっぱりわたしは出られないわ」と。

—あなたはイタリアの世界チャンピオン、カロリーナ・コストナーと同じ獲得ポイントだったけれど、プログラムの総合点で彼女に勝ちました。このことはあなたにとって意味あることかしら?
「最も経験を積んでいる日本の鈴木明子とも同じポイントだったわ。ただ、日本の大会でわたしは明子の演技は見ていなかった。でも彼女の滑りはクリーンではなかったと聞きました。カロリーナとは一度も大会が重ならなかった。審判たちは、どこでも違う人たちだもの。どこかでは点数を高く出すし、どこかでは低く出すわ。

選手を判断したり比べたり出来るのは、みんな同じ条件で滑る時、つまり、同じ大会でクリーンに滑った時だけだと思います。そうすれば誰がより強いのか、客観的に判断できる。だから私は、これらの結果がどれだけ意味あるものかを今言うことはできません」。
Team Russia-2014にインタビューにラジオーノワはこのように語った。

文:アントン・ピリャソフ / 出典:Team Russia-2014


なんでも真似ですね。

それに比べて、ラジ子ちゃんのなんとかしこい事か!!!
  1. 2013/12/14(土) 04:12:57 |
  2. URL |
  3. 氷上の名無し #fWttTF9M
  4. [ 編集]

真央姫に関係ありません。

上でご紹介の、特定秘密法に関する池田元NHK記者の記事を拝見しましたが、政権が代わった場合、それこそ何が秘密で何が隠され、何処の企業利益が守られるのか、さっぱり、その点危険な気がしました。一般人が「保護」の対象で無いとしたら、権利の対象でも無いという事ですから。維新やみんなが四分五裂を繰り返しつつ、いつか総理も麻生元総理も交代、政権が代わる事だってあるのではないでしょうか。


 主に公務員ですが特定秘密保持者の、家族・友人という範囲(逮捕)も怖い気がします。現行の秘守義務 (国家公務員法・自衛隊法・違法行為を罰する刑法)で国家秘密保持は大丈夫なのではなかったでしょうか?公約にも無かったのに、何故? この法律より前には、あの自民から共産まで反対した人権擁護法案 (誰かが「あの人に悪口言われた、差別された・・」など密告すれば、何の資格も無いのに「人格が素晴らしい」と認定された委員によって家宅捜索もされ懲罰もされる、という悪法)には、安倍総裁はきっぱりと反対でしたね。

 本当に、政権が代わっても法は残るのですから、「有識者」第三者機関のニュースの後に、ヘイトスピーチ等をどんどん取り締まる規制強化のニュースなど聞いていると、少し心配です。ま、法の主役は、私たちのはずですが。
  1. 2013/12/15(日) 13:57:25 |
  2. URL |
  3. kokage #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。