ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ラファエルさんの言葉/誰か教えてください。

ラファエルコーチと真央ちゃんです。

Snap343.jpg580356b0.jpg

私はバンクーバー以降のファンなので、
当時のことは後付けでしか知らないのですが、
二人が離れた本当の理由はわからないままでした。
(関連過去記事)ラファエル監督との師弟解消に残る疑問点

そのラファエル氏が昨日のロシアの記事で当時のことを語っているそうですね。

翻訳は某所2ケ所のスレッドよりお借りしました。
読みやすくするために行間を詰めたり段落分けしています。


Рафаэль Арутюнян: "Я знаю, что Плющенко знает..."
CNOPT 19.11.2013 15:35

(某所で紹介されたつぶやきの翻訳)

ー真央とやるのやめて後悔したことはあるか?

今でも後悔してるよ。最後に彼女を指導したのは07年の12月。それからアメリカに帰った。真央は1月14日に私の元に来る予定だった。ワールド準備の予定も全部作ってあった。でもその時期までに来ずに、私に来れるか電話で聞いてきた。ジェフを見ていたので行けなかったから、他のアシスタントを日本へ送ったんだ。でもまだレイクアロウヘッドで待ってると伝えた。

問題は、真央は日本では的確には練習できないことにあった。スターにはみんなあることだけど、気をそがれる事が多すぎ る。真央はそれが嫌で心を閉じてしまい、それがリンクの上でも表れてしまう。最後に彼女にここに戻ってくるか、そうでなければもう一緒にやれないと言った時に全ては終わってしまった。

あの時マオのお母さんが病氣の診断をされてたと知ったのは後のことだった。彼女は、家族の事は秘密にして私に何も言わなかった。 もし知ってたなら、日本へいく可能性を探しだしたと思う。少なくともあんな言い方をする事はなかった。

その事で私は学んだんだ。コーチは完璧に状況を把握せずに決して意思決定をしてはいけないとね。真央が私の元を離れたんじゃない。私がやめさせてしまった。彼女は最後の瞬間までやめたくはなかったのに。ワールドの時ですらフリーが始まる前まで、私の名前が彼女のプロトコルにあった。真央は私がジェフとヨーテボリに来て、彼女が滑る時にはボード脇にいるだろうと思ったに違いないんたわ。私はスェーデンには全く行かなかったのだが。

ーどうして?

行けばボード脇にいて真央との関係を続けることになるだろうと思ったからだ。だから行かなかった。馬鹿だったね。教え子の二人がワールドで優勝したのにコーチがリンクにすらいなかったなんて、スケートの歴史上でも他にない事だと思うよ。

53416_345px.jpg



(某所、違うスレッドで紹介されたつぶやきの翻訳です。3Aについて語ってる部分も入ってます)

エレナ:真央とやるのやめて後悔したことある?

ラファ:今でも後悔してるよ。最後に彼女を指導したのは07年の12月(全日本まで)。それから帰米した。真央は1月14日に私の元に来る予定だった。ワールド準備の予定を全て作ってあった。でもその時期までに来ず、私に来れるか電話で聞いたがジェフを見ていたので行けずアシスタントを日本へ送った。でもまだレイクアロウヘッドで待ってると伝えたんだ。

問題はね、真央は日本では決して的確には練習できないことなんだ。どのスターにもあることだが気をそがれる事が多すぎ る。真央はそれが嫌で心を閉じてしまい、それがリンクの上でも出てしまう、、、。最終的に彼女にここに戻ってくるか、そうでなければもう一緒にやれないと言った時に(私達の関係は)終わってしまった。

あの時彼女の母がガンの診断をされてたと知ったのは後のことだった。彼女の家族はその事を秘密にし、私に何も言わなかった。 もし知ってたら(彼女のために)日本へいく可能性を探しだしたよ。少なくともあんな言い方(自分の元に来ないのなら私達は終わりだ)をしたりはしなかった。

あれで私は教訓を学んだ。コーチは完璧に状況を把握せずに決して意思決定をしてはいけないとね。真央が私の元を離れたんじゃない。私がやめさせてしまったんだ。彼女は最後の瞬間までやめたくはなかったのに。ワールドの時ですらFSが始まる前まで、私の名前が彼女のプロトコルにあった。真央は私がジェフとヨーテボリに来て、彼女が滑る時にはボード脇にいるだろうと思ったに違いない。私はスェーデンには全く行かなかったのだが。

エレナ:何故?

ラファ:行けばボード脇にいて浅田との関係を続けなければならないことになるだろうと思ったからだ。だから主義として行かなかった。馬鹿だ。教え子の二人(ジェフと真央)がワールドで優勝したのにコーチがリンクにすらいなかったなんて、スケート史でも他にないんじゃないかと思うよ。

エレナ:オリンピックで女子の試合はどうなると思う?

ラファ:何を予想するのも難しいね。トップ2以外はなんでも起こりうる。

エ:トップ2ってヨナと真央?

ラ:おそらくね。

エ:浅田がしばしば回転不足なの、気にならないの?

2)ラ:そう示してあるプロトコルを見せてくれよ。

エ:審判はリンクを違う角度から見ているって言いたいの?

ラ:実際簡単なことだよ。きつくなってくると、スケーターは誰でも回転不足で降り始める。それを目にとめる審判もいれば、とめない審判もいるってことだよ。

3)(なんか深みのある発言w)ラファはそして、真央ちゃんは審判たちにとってスケート界の大事な象徴的存在(icon)である、と。
それはオリンピックの後もやめずに続け、どんな状況でも観客の心をつかみ、そしてつまるところ(いまだ他の誰にも跳べない)3Aを持っているから、と続けている。

icon(アイコン)ってのは日本語になっているんだろうか。単にシンボリック(象徴的)な存在というより、もっとカリスマ性を持った存在という意味なんだよね。
conformableというのも日本語になりにくい。快適なとか、やりやすいとか、居心地がいいとか、状況でいろんな意味になるので。

53416_345px.jpg


匡子さんがある程度深刻な状態であることを診断された頃だったようですね。
家族のことだから伝えるべきかどうか悩んだことでしょう。
ラファエル氏も状況がわからず悩んだでしょう。
どちらの気持ちに立ってみても、切ないですね…

『真央が私の元を離れたんじゃない。
 私がやめさせてしまったんだ。
 彼女は最後の瞬間までやめたくはなかったのに。』

『馬鹿だったね。
 教え子の二人がワールドで優勝したのにコーチがリンクにすらいなかったなんて、
 スケートの歴史上でも他にない事だと思うよ。』

という部分が強く印象に残りました。
真央ちゃんをかばい、今でも当時のことを悔やまれてるのですね。

あのとき真央ちゃんは、コーチ不在のまま出場した大会が、
2008年四大陸選手権と2008年世界選手権(ウィキペディア参照)。
そんな状況でいずれも優勝してたんですね。凄いです!
トリプルアクセルで転倒しながらも神がかった演技で優勝したのもこのときだったんですね。

でも、当時そんな状況を抱えながら優勝した真央ちゃんに、
日本のマスコミがどんなひどい扱いをしたのか…
ラファエル氏のインタビューを読んでから思い返すとはらわたが煮えくり返る思いです。

優勝者を迎える番組が用意したのは「転倒パネル」。
動画がまだ残ってました。

【ニコニコ動画】国民が知らない反日の実態


このシーンはマスコミの異常さを伝える象徴的なシーンとして、
チラシにもたびたび登場していますよね。

過去記事マスコミの偏向報道を伝えるチラシ11種のご紹介より
Snap6778382.jpgSnap6778374.jpg

このあと2009年 2008年韓国でのグランプリファイナルで優勝したときは、
さらにひどい「とくダネ」の報道がありました。
長くなってしまうのでこれはリンクだけにしておきますが。
日韓のフィギュア報道の醜さを知る。とくダネ!再検証。(過去記事)
浅田真央をめぐる日韓の報道姿勢に批判殺到「悪意に満ちている」(ナリナリドットコム)。

今はKYが表に出ていないためマスコミの偏向報道も沈静化してますが、
これからも放送内容には目を光らせていたいと思ってます。

それにしても、先日のタラソワさんとローリーさんのインタビューもそうでしたが、
こうやってラファエル氏にも…

真央ちゃんはこれまで一緒になったコーチ・振付師には本当に愛されてますよね~(o^-^o)



韓国では、KYと一緒にソチへいくのは誰か?ということが話題になってるようです。

韓国女子は3枠もあるんですね。
いかせたい選手、いけるだけの実力のある選手がひしめく日本からすると、
ものすごく贅沢な悩みだと思います。


キム·ヨナと一緒にソチ五輪に出場する2人は誰ですか?
エクスポーツニュース 2013.11.20 02:57

1384883681954.jpg

キム·ヨナ(23)と一緒に2014年ソチ冬季五輪に出場する二人のスケーターは誰だろうか。

2013会長杯全国男女フィギュアスケートのランキング大会が22日から24日まで、ソウル陽川区木洞アイスリンクで開かれる。 この大会でソチ五輪フィギュアスケート女子シングルに出場する2人の選手が選抜される。

キム·ヨナは去る3月、カナダオンタリオ州ロンドンで開かれた世界選手権大会で優勝した。 キム·ヨナはこの大会の頂点に立ってソチ五輪韓国フィギュア女子シングルの出場権は3枚に増えた。

1枚はもちろん、キム·ヨナの役割だ。 残りの2枚を置いて国内選手たちの熾烈な競合が繰り広げられる。 現在、最も有力な候補でキム·ヘジン(16、グァチョンゴ)とパク·ソヨン(16、シンモクゴ)が挙げられている。 97年同年齢の彼らは、過去3年の間 '国内2引数'の座をめぐって熾烈な競争を繰り広げた。

キム·ヨナのように10代前半トリプル5種ジャンプ(でループ、サルコウ、ループ、フリップ、ルッツ)のすべての完成したキム·ヘジンは2010年1月に開かれた全国総合選手権大会で頂点に立った。 13歳の時に国内チャンピオンになった彼はこの大会3連続(2010〜2012)で優勝した。

1384883718158.jpg

また、2011〜2012国際氷上競技連盟(ISU)ジュニアグランプリシリーズルーマニア大会で銅メダルを獲得した。 2012〜2013シーズンのキム·ヘジンは、スロベニアのグランプリでは、金メダルを首にかけた。 キム·ヨナの後のジュニアグランプリで出てきた二番目の金メダルだった。

しかし、キム·ヘジンは、様々な怪我に苦しみ、少しずつ下降曲線を描いた。 今年1月に開かれた全国総合選手権大会では4位に終わった。 8月2013〜2014ジュニアグランプリ派遣選抜戦で1位になったが、2度にわたり出場したグランプリで8位(チェコ共和国)と10位(スロバキア)にとどまった。 しかし、今回の大会を通じて、 "オリンピック出場の夢"を実現するという希望が熱い。

パク·ソヨンは2011年と2012年の全国総合大会でキム·ヘジンとの競争を繰り広げた。 すべての2位に満足しなければしたが、その後の救助せずに安定した成績を上げた。

パク·ソヨンは、全国ランキング戦で2年連続(2011〜2012)で優勝した。 昨年9月にトルコで行われたジュニアグランプリでは銀メダルを獲得して気炎を吐いた。 今年の全国総合選手権大会でキム·ヨナに次ぐ2位に上がって、この大会3連続2位を占めた。

ジュニアグランプリ派遣選抜戦ショートプログラムで1位になったが、フリースケーティングの不振で5位にとどまった。 結局パク·ソヨンは4位まで与えられるジュニアグランプリ出場権を逃した。 大きな試練を経験したがランキング戦3連敗とソチ冬季オリンピック出場のためにスケートひもをしっかりと締めた。

1384883773473.jpg

キム·ヘジンとパク·ソヨンほかに頭角を表しているこれは、最多ウィーン(13、ガンイルジュン)である。 チェダビンは、今年の全国総合選手権大会3位に上がったジュニアグランプリ派遣選抜戦で2位になった。 今シーズン初めてのジュニアグランプリ大会に出場して4位(ベラルーシ)と5位(メキシコ)に上がった。 メダル獲得は失敗したが、最初に足を踏み出したジュニアグランプリで上位圏に進入する成果を上げた。

チェダビンは、パク·ソヨン、キム·ヘジンと一緒に今回の大会女子シングル1グループ優勝候補だ。 しかし、2000年生まれの彼は年齢制限のためにソチ五輪に出場できない。 国内大会で着実に公表されたチェフィ(15、スリ高)もソチ行きのチケットを握るの候補者の一人である。

男子シングルは、すでにソチ冬季五輪出場が挫折した状態だ。 女子シングルに傾く関心と比べると劣るが、キム·ジンソ(17、ガプチョンゴ)とイ·ジュンヒョン(17、スリ高)など、国内トップクラスの選手が出場する。

今回の大会は、5級以上の選手92人(男子13人女子77人アイスダンス1組)が参加する。 特にGSカルテックスがスポンサーに出た。 大会名称も "GSカルテックススケートコリア 'に変えて開催する。 大韓氷上競技連盟は、ソチ冬季オリンピック選考会であるだけに、今大会を有料観覧に決定した。 連盟は、入場料収入全額をフィギュア有望株の育成に使用する予定です。 22日には入場無料で、23日と24日は、入場券を販売する。

1384883807722.jpg


安藤さんのニュースが2日続けてありましたね。


【フィギュア】美姫、強化選手復帰は見送り
スポーツ報知 2013年11月20日06時03分

 日本スケート連盟は19日、都内で理事会を開き、4月の女児出産を経てソチ五輪を目指す安藤美姫(25)=新横浜プリンスク=の強化選手復帰は引き続き見送られた。

 安藤は10月の関東選手権で優勝したものの「五輪に出られるレベルに達していない」として強化選手に復帰できなかった。日本連盟強化部では安藤が2位となった今月3、4日の東日本選手権を判断材料に再検討したが、理事会の議題には上がらなかった。理事会では国際大会「ゴールデン・スピン」(12月5~8日、クロアチア)に安藤が招待選手で出場することを承認。同大会はソチで五輪2連覇を狙う金妍兒(23)=韓国=の復帰戦としても注目されている。



美姫の招待承認 12・5開幕ゴールデンスピン
スポニチ 2013年11月20日 05:30

 日本スケート連盟は都内で理事会を開き、フィギュアスケートの安藤美姫(25=新横浜プリンスク)が12月5日開幕のゴールデンスピン(クロアチア・ザグレブ)に招待出場することを承認した。

 同大会には10年バンクーバー五輪金メダリストで今季のGPシリーズを欠場しているキム・ヨナ(23=韓国)も出場する。3季ぶりに復帰した安藤は国際大会への招待出場は3試合目となる。


国内外でも既に安藤さんのゴールデンスピン出場は報じられていて、
エントリー選手として公式にも上がっていたのに、
日本スケート連盟が出場を認めたのは昨日だったんですね。

ゴールデンスピンの会場ももう出来上がってるということです。
某所よりお借りしました。

i1069059-1384931986.jpg

今ちょっと驚いたことがあって…

KYがNRW杯に出るかゴールデンスピンに出るかという段階のときに、
サムスンが早々とNRW杯のスポンサーになっていましたよね。
NRW杯公式サイトトップページに「SAMSUNG」ロゴがデカデカとありました。

そして数日前、そのロゴがトップページから消えた。
KYが出ないことがわかってから。

明らかに怪しい動きが、
よくもまあこんなに堂々とできるもんだなぁと思ってました。

で、そのことを書くために当時の「SAMSUNG」ロゴつきの画像を探してたんですが、
そこで手相見姐さんのブログに辿り着きました。

驚いたことというのは、姐さんの最新記事です。
西日本新聞の福留氏のインタビューが紹介されていました。

姐さん、リンクを貼らせてくださいね。
あんたたちもっと驚きなさいよ「福留富枝氏の安藤アゲ発言(Panthera leoさん、Aさん編)」

現役のスケート連盟理事で国際審判の資格を持つ福留富枝氏が、
全日本でのソチ五輪代表争いで注目するのは安藤さんだと断言しているとか。

私は、先日の記事で動画の中にこの福留氏の特集があったとき、
(余談で書きたいことがあったのですが、自重します。)と書きました。

安藤さんのことを書くと、それが公に出ている事実であっても、
口に出してはいけないような空気を感じていたからです。

でも今回こうやって実際の新聞記事として本人の声が出ているのを知ったので、
書こうと思います。

福留氏は、ネーベルホルン杯のエキシビションのとき、
ひまわりちゃんを抱いていた審判です。

この画像が出回ってる時点では、他人の空似の可能性があると思ってたんですが、
今回スケート連盟に電話で確認された方によると間違いないそうです。

fukutome2.jpg
fukutome1.jpg

ネーベルホルン杯でひまわりちゃんを抱いていたのは福留氏。
この記事によるとネーベルホルン杯の競技では実際に安藤さんを採点したのですね。
そして今回はソチの代表争いで注目するのは安藤さんだと。

私は、審判と選手がどういう関係でいるのが普通なのか知りません。
自分の感覚からいくと、公でツーショットが出るのは好ましくない感じがあります。

KYがコ・ソンフィと一緒にKYの冠番組に出演していたり、
KY出場の大会でコ・ソンフィとリンクサイドにいる写真が出回ったり。
コ・ソンフィが報道番組で「優勝するのはKYだ」と力説したり。
そういうシーンを見るたびに、選手と審判ってそんなに近くていいの?と思っていたからです。

福留氏が国際審判であることを知った上で、
ひまわりちゃんを抱いていると知ったとき、

そんな自分の常識のため「いいんだろうか?」と思いながらも、
それは自分の中だけの常識でしかないし、考えすぎだと思うように努めました。

安藤さんがこのように大変な時期だから、スケート連盟の人が世話をしているだけ。
下世話な心配をするもんじゃない、と思うように努めました。

でも、このインタビューで、そのとき実際に採点をしていたというのを知って、
正直驚いてしまったので…

「スケート連盟の人が選手の赤ちゃんの世話をする」という捉え方と、
「国際審判が実際に採点をした選手の赤ちゃんの世話をする」という捉え方では、印象が変わってしまいます。

大会前にコ・ソンフィが「優勝するのはKYだ」と断言したことと、
今回福留氏が「注目するのは安藤さん」と明言したことが重なって見えてしまい、
自分の中で、これをどう受け止めたらいいんだろうかという思いが生じてます。

私は先日も書いたとおり、真央ちゃんファンでもありますが、
それより「おかしなことが許せない」という部分が強いと思います。
安藤さんだから、ではなく、目に見えるおかしなものがおかしいと思うだけなんです。

今回のことも、素朴な疑問として
「選手と審判ってそんなに近くていいの?」と感じました。

実は先日こんなコメントがありました。


なんだか
小姑みたいです

わざわざ2chから記事貼り付けて分かって下さい!!と言わんばかりに...
愛嬌がないと許せないのですか?
他国の選手はともかく、同じ日本人選手にまで牙向けて 正直怖いです。

安藤選手の私生活と選手としての彼女を一緒くたに見るのもどうかと思います。
試合の場であり得ない言動をしたなら別ですが、私はちょっと負けん気が強い普通の女性だと思うんですけどね、、
フィギュアスケートの選手って本当大変ですね やることなすこと監視されてて
毎日自分の情報を知らない人にあら探しされてるかと思うと、、気の毒です


私はこれを読んで「違う」と思いました。

「自分の情報を知らない人にあら探しされてる」

というのは違います。

安藤さんは自身のツイッターで自分の近況や思いを常に発信し、誰もが見ることができます。
ツイッターでは自ら一般人の会話に入っていって自分の行動を明かしています。
自ら厳選した雑誌やインタビューに登場し、発言を繰り返しています。
福留氏がひまわりちゃんを抱いていたことも、動画で世界に発信されています。

私は普段から気になる選手たちの動画やツイッターは見てますし、
ブログを書くために情報の早い2CHをチェックしますが、
安藤さんの情報は、探してなくてもどの板でも溢れていて知ることになります。

「私生活と選手としての彼女を一緒くたに見るのもどうかと思います」

ということですが、
私は私生活のことを取り上げたことはありません。
逆に私生活を発信してるのは、安藤さん自身です。

「選手としてだけでなく、一人の女性として応援して欲しい」

と言ったのも安藤さんです。

このコメントの方は、いろいろと誤解してると思いました。
安藤さんを擁護しながら、その擁護すべき安藤さんのことを知らないと思いました。

こんなつもりじゃなかったのですが、
ちょっと今日は感情的になって書いてしまいました。

原因は、自分の中の常識と現実との違いを感じたからだと思います。
もし詳しい方がいれば教えていただきたいと思って書いてます。

ブログというある程度影響力のあるところで、
日本選手の悪口を言うなとか、憶測を書くなとか言われそうな気がしますが、
私個人はただの一人の素人のフィギュアスケートファンでしかありません。

いろいろとわからないことが多いので、
疑問を疑問として書いて、わかる人に教えていただきたいという思いです。

採点した選手の赤ちゃんをその試合で審判が抱くというのは普通でしょうか。
国際審判がソチの代表がかかる大きな大会の注目選手に特定選手の名を挙げるのは普通でしょうか。


自分の中で消化し切れない疑問が生じたので、
正しいことを教えていただきたいという思いです。


<追記>

ひとつの質問については、私が誤解していたようなので追記します。

「採点した選手の赤ちゃんをその試合で審判が抱く」
という状況ではなかったようなので、その質問は取り消します。

私はこの西日本新聞のインタビューを読んで、そう理解してしまったんですが、
浅はかだったでしょうか…該当部分を引用させていただきます。


 ―ソチ五輪の代表争いで注目する選手は。

 「安藤美姫選手です。(出産後)5月に練習を再開したところも見たし、実戦復帰した9月のドイツでの大会で、私はジャッジしました。5月は小鹿のよう(にフラフラ)だったのに、9月にはトリプルルッツをこなした。これだけでもすごい。身体能力はずばぬけた選手です」


この記述では福留氏が直接安藤さんを採点したとしか取れないのですが、
実際に採点したのはアイスダンスだったことを、コメントで教えていただきました。

言い訳になってしまいますが、
この西日本新聞の記事を読んでそう誤解してしまい、動揺したまま記事を書いたため、
今考えると、冷静にジャッジのエントリーリストなど確認すべきだったという反省はありますが、
編集なのかご本人の言葉のままなのかわかりませんが、
読み手に誤解させるような表現であることは確かだと思います。

また、福留氏だけでなくひまわりちゃんの顔がわかってしまうという点については、
世界中のカメラの目があるとわかっているところに、
自ら連れて行き、ジャッジが抱き、カメラに顔を向けている事実があるので、
見えるものを見るなと言われても…という気持ちがあります。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/11/21(木) 00:34:12|
  2. 浅田真央の味方|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント:49
<<韓国メディアのお宝画像。3Aに劣等感丸出しの韓国。 | ホーム | ほんとだ!エコステップ。ある意味気の毒な韓国。お礼m(_ _*)m>>

コメント

こんばんは。
もちろん、石ころ様に同感です。ずぶずぶな感じは、どこの国のどの選手とジャッジでもおかしいでしょう。
それがまかり通るのが、ひいては打算で動くスケート連盟非常識だと思います。
  1. 2013/11/21(木) 00:46:34 |
  2. URL |
  3. 笑顔 #-
  4. [ 編集]

韓国メディアは『五輪出場にはミニマムスコアクリアが必須』
というルールを知らないのでしょうか?

現在五輪出場年齢を満たしている選手で突破しているのは
キム・ヘジンとパク・ソヨンしかいません。
『当該シーズンまたは前年度』でいいので、
二人とも昨季JGPでクリアしています

ちなみにワールドに出場できるのもヘジンとソヨンの二人だけです。
KYが日本開催のワールドに出場しないなら2枠で臨むしかありません
(別にKYは来なくていいけど)

ジャッジの福留富江氏はネーベルホルン杯で採点ジャッジをしていますが
女子シングルでなく種目の異なるペアのほうです。

女子シングルパネルジャッジ
http://www.isuresults.com/results/nt2013/SEG003OF.HTM
ペア
http://www.isuresults.com/results/nt2013/SEG005OF.HTM
(9番ジャッジが福留氏です)

※男女シングルとペアの技術審判、採点ジャッジは兼任可。
アイスダンスとシンクロナイズドスケーティングは別に資格が必要で、
採点ジャッジの城田のように両方資格を得ていれば兼任可

安藤さんの採点には直接かかわっていないので
こちらのほうはいいのでは・・・と思う私は考えが甘いのかもしれませんね。
全日本の放送権を持っているフジ社員が東日本選手権で
女子選手のジャッジに潜り込んでいたことはさすがに異常だと思いますが

ところでひまわりちゃんの顔はっきり映っちゃってますがいいんですかね?これ。。。
  1. 2013/11/21(木) 02:20:03 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

前回の記事でブログを続けるとおっしゃって頂けて嬉しいです。
安心しました。
無理はなさらず自身を大事にしてくださいね。

さて今回の石ころ様の疑問、私はスケート関係者でもなんでもないので
「正しいこと」はわかりませんが、ジャッジは真っ黒なんだろうな…と思ってます。

昔から政治と金の匂いプンプンのスポーツではありましたが、ここ何年か、もう、本当に酷い…。

試合を見ていて心臓がギューッてなることばかり。

またセカンドループの話になってしまい申し訳ないのですが
「ジャッジはセカンドループのジャンプの性質を理解してないから厳しくとるのかな?」
と理由を考えてあげることすら無駄なくらいジャッジは真っ黒だと思ってます。

いくら回転不足がとられやすい特性を持っていようと、回っているものを「足りない」と判断するのに思惑がないわけがありません。回転不足を明らかに厳しく見ているのもわかります。

キムがループを跳べない、セカンドトウループの33賛美の報道、セカンドループの解説をしない解説者、
不可解なジャッジ、いろんなこと、全て全て全て真っ黒です。(私の中では)

安藤さんのセカンド3ループ、真央ちゃんと甲乙付けがたいくらい大好きでした。

数少ないセカンドループを跳ぶ、しかもこんな質で見せてくれる選手が、
日本に同時期に2人もいてどれだけ心が踊ったか。

ジャンプの天才といえば安藤さん!と思ってました。素晴らしいプログラムをいくつも見せてくれました。

そんな安藤さんは、もういないですけれど…。

石ころ様の疑問に答えられなくて申し訳ないのですが、いちフィギュアスケートファンとしての意見で、

「安藤さんもキムもおかしい」
と言わせていただきます。

私が真っ黒だと思った、その事実を裏付けし、検証し、情報を発信してくれる石ころ様の行動力、
様々な目線からの意見、情報提供をしてくださるコメント欄の皆様には日々頭が下がる思いです…。
(一人でプンプン怒ってるだけでした…)

ラファエルコーチの件、記事にしてくださってありがとうございました。

「真央の武器は美しさ」と「アグレッシブ!」は真央ちゃんの中で今も光輝いて体現していると思います。

長文失礼致しました。
  1. 2013/11/21(木) 03:30:13 |
  2. URL |
  3. 藤 #-
  4. [ 編集]

ラファエル氏の話はいい話ですね~。
今まで関わったどのコーチとも良い関係が築けてるってのが
真央ちゃんの人柄の良さを表してますよね。

ところで、前記事にちょっときついコメントを残しました。
他のブログ読者に失礼とか、場の雰囲気を乱す恐れが有ると
思うようでしたら、石ころ様のご判断でご遠慮なく消して
下さいね。
  1. 2013/11/21(木) 04:23:56 |
  2. URL |
  3. Mansikka #-
  4. [ 編集]

ラファエル・アルトゥニアン氏がこうして記事で答えてくれているのは嬉しいことですね。
ラファエル氏と真央ちゃんの子弟解消は、一部(←テレビだったか2chだったかは覚えてませんが)では高橋大輔選手とモロゾフコーチ、荒川静香さんとタラソワコーチの子弟解消の様に、良い別れではない例として話されてましたから、時が経ったとしても真実を答えてくれるのは嬉しいですね。

思えばあの頃の真央ちゃんは、泣きやすかったなぁと思い出しました。
もちろん本人は堪えようとするんですけど、良い演技でも良くない演技でも目元が潤んでいたなぁと。見えないところでたくさんの苦労があったのでしょう…

韓国の3枠はあとひと枠で良いからロシアに分けてあげてほしいです(笑)層の厚いロシア女子の中には選考からもれて涙する選手が必ず出てくるでしょう。でも、ファンとしては皆ソチ五輪の場で見たいというのが本音です。もっと言えばラジオノワもソチに出すべきなのに、色々と世の中難しいですね。

安藤さんはどうしたいんでしょうか…おそらく彼女はソチに行けないでしょう…でも、大半の国内のフィギュアスケーターにとっては全日本は大きな大会だと思います。そこで、自分が納得できる最後をどう演じるかが彼女にとっては大事なのではないでしょうか。いかに綺麗に終わるか…引退の美学ではありませんが、彼女ほど功績のある選手にとっては、その瞬間が大事だと私は思うんです。

あと見なれない名前の私が最近コメントを書くようになってすみません(笑)
結構昔から石ころさんのブログを見ていたんですが、コメントを書く事なんてほとんどなかったのに、なぜか最近は書きたいんです(笑)
フィギュアスケートブログは石ころさんのブログしか見てなかったのを、最近紹介していただいたブログさんや新規のブログさんが出てきたので、いろんなブログを見るようになったんです。そしてやっぱり石ころさんのブログが好きだなーと思いまして、コメントをかける時は書こうと。(他の方のブログが嫌いというわけではなく安心するので)
他の方の様に見やすいコメントが書けるわけでもありませんが、石ころさんのブログ応援してますー。
  1. 2013/11/21(木) 04:32:20 |
  2. URL |
  3. 彼方 #-
  4. [ 編集]

残念ですね。

石ころ様、おはようございます。

私的には普通ではないと思います。
スポーツはフェアであるべきです。

当事者達がどのようつもりで行動、発言しているのか知りませんが、
どのみち公平性が疑われるような行動、言動をするべきではないです。
これらの行動、言動の理由に様々な可能性を考えてはみましたが、
私にはフォロー不可能でした。

これではたとえ日本の選手だといっても、私は応援出来ません。
非常に残念です。




  1. 2013/11/21(木) 05:38:36 |
  2. URL |
  3. ニャメロン #99DFA69w
  4. [ 編集]

ラファエルさん

スケアメのキスクラでアシュリーの横に座る
アルトゥニアンコーチが映ったとき、
ふと疑問が浮かんできました。
「今、彼は、真央ちゃんの成長をどんな気持ちで
見つめているんだろう。もう、彼の中では
過去に担当した選手の一人にすぎない?」

2008年の初め、当時は、それほど熱心な
フィギュアファンでもなく、浅田選手のことも、
彼女が置かれていた状況もよく知らなかった
のですが、突然の「師弟関係解消」「コーチ不在の
ままで世界選手権出場」のニュースは何か心に
引っかかりました。

バンクーバー後、しばらく、やるせない気持ちで
真央動画を漂流しましたが、「ヴァイオリンと管弦
楽のためのファンタジー」の演技が一番のお気に入り
となり、と同時に「師弟関係解消の理由は何だったの?」と
再び気になり始めました。

今日、石ころさんが取り上げてくださった記事は、
そんな長年の疑問への答えのようで嬉しかったです。
当事者同士、いろいろと言葉にしがたいもどかしさが
あったんだろうな~。2008年世界選手権の動画を
見ると、いつもウルッときますが、この記事のおかげで、
今後は更にウルウル度が上がりそうです。

  1. 2013/11/21(木) 07:08:22 |
  2. URL |
  3. 青海 #tR0Y9Tco
  4. [ 編集]

Mansikkaさんへ

大丈夫ですよ~。
あれは誤解だったので、どうかお気になさらずに。
前記事のコメント欄に私もコメントを入れましたのでご確認ください(o^-^o)
  1. 2013/11/21(木) 08:12:45 |
  2. URL |
  3. 石ころ #yvBQfOFE
  4. [ 編集]

石ころさま、心温まるラファエルコーチの記事ありがとうございます。

突然の子弟解消で、あの時は「何があったの?真央ちゃんは大丈夫なの?某国の仕業なの???」
と、様々な考えが頭を巡りましたが、今、その時の事情を知ることができ、また、ラファエルが今でも真央ちゃんの事を暖かい目で見続けている事を知ることができて、本当に良かったです。
真央ちゃんの今の強さ、神々しい姿は、様々な別れや出会いによって、より磨かれたのかもしれないですね。

それから、ジャッジのおばさんが、ひまわりちゃんを試合会場で抱っこしていた件ですが、採点に係る者の取るべき行動ではないと思います。たとえ、その試合で女子の審判をしていなかったにしろ、別の機会に女子シングルのジャッジをする機会もあるわけです。
審判としての自覚があるならば、選手との個人的かかわりは避けるべきでしょう。
ましてや、どう考えてもオリンピック枠の争いから外れている安藤選手を、ソチ代表争いの注目選手として名前を上げるなんて、異常としか思えません。

石ころさま、このような人気ブログを運営されるにあたって、心無いコメントを残す輩が沢山いることでしょう。
私たちには想像もできないような心労も抱えてられるかと思います。
そんな中でも、ブログを続けて下さってありがとうございます。
私は、日々こちらによらせていただき、真央ちゃん情報に一喜一憂し、毎日の生活がより楽しいものになっています。
  1. 2013/11/21(木) 08:31:00 |
  2. URL |
  3. みっす #.GTNPbic
  4. [ 編集]

長年の疑問が氷解

ラファエル・コーチの件、あちらの国の陰謀説も
いまだに根強いくらい、謎でしたが、この発言ですっきり
しました。と同時に、言い訳しない、弱音をはかない真央選手の強さは、お母様の姿勢に学んだのだろうなあと
胸が熱くなりました。
  1. 2013/11/21(木) 08:46:17 |
  2. URL |
  3. danshidanshi #-
  4. [ 編集]

ちょっと、もやもや…

ラファエルコーチの件、
2008年1月11日にジャパン・スーパー・チャレンジがあって、2月11日から韓国で四大陸選手権でした。
時差を考えると日本で練習した方が合理的ということで、高み本ではラファエルコーチが来日する予定になっていたとあります。
なのでラファエル氏の主張する1月14日までにアメリカに……の話には素直に頷けません。
それになぜ一番大事な世界選手権の前に辞めたのか?後でも良かったのでは?
世界選手権がどれほど大事な試合か、コーチなら分かっていた筈です。
ラファエル氏は「ボード脇にいて真央との関係を続けることになるだろうと思ったからだ」と言いますが、試合終了後に記者会見を開いてスッパリ縁を切ることだって出来たと思います。
なぜそうしなかったの?
この件については少しもやもやが残ります。

安藤美姫選手と福留富枝氏については石ころさんと同じ気持ちです。
審判と選手が親密なのはどうかと思うし、ましてや公の場で親密さが分かるような行動をするべきではないと思います。
私も「まるでKYとコ・ソンフィ氏のようだ」と思いました。石ころさんは間違っていないと思います。


ところで真央選手が優勝したグランプリ・ファイナルは2008年ですよ。
2009年は東京で、真央選手は出場していません。
  1. 2013/11/21(木) 09:04:35 |
  2. URL |
  3. めろでぃ #3/2tU3w2
  4. [ 編集]

めろでぃさん、ありがとうございます。

ほんとだ、間違ってますね。ご指摘ありがとうございます。
早速訂正いたしましたm(_ _;)m

ラファエル氏の件は、ソースによって食い違う部分もあるようですね…。
  1. 2013/11/21(木) 09:28:05 |
  2. URL |
  3. 石ころ #yvBQfOFE
  4. [ 編集]

石ころさん、こんにちは。

ラファエルコーチの記事を読んで切なくなりました。

今季は何かとラファエルコーチと浅田選手が同じ空間にいる映像を見ていて、
コーチ解消の頃を思い出しては、ギスギスした気持ちで見ておりました。
でも、こうしてラファエルコーチの記事で私達ファンの誤解も解けて良かったです。
ラファエルコーチも浅田選手の状況がわからず、苦悩していたのですね。

これは浅田選手が一環として自分のプライベートを言い訳にしない姿勢ゆえだと思います。
お母様の病状はご自身のプライベートな事。
それでコーチに心配をかけさせるわけにはいかないと思われたのでしょう。

それを思うと安藤さんの言動は、プライベートを露出し、それを言い訳に使い、
そうかと思えばプライベートを守秘したいという態度に出てみたり…、正直、面倒くさいです。
私は以前からアスリートのプライベートには干渉しない姿勢をとっていましたが、
2ちゃんに行かない私でも、嫌でも安藤さんのプライベートな話や映像は入ってくるわけです。
だから石ころさんが安藤さんのプライベートを必死になって探し回ってるわけではないと思います。
昔は芸能人のかたでも家庭の話はしない、させない姿勢を取られてる方が多かったのに、
最近は「ママタレント」を売りにするかたが多いですよね。
ブログに事細かく子どもの話を書いたりして…
でも、その内容が常識に欠くような内容で、ネットで荒れたりしても、
「ママタレント」は無視をして、また家庭の話をブログにアップします。
…安藤さんの言動は「ママタレント」と同じに思え、なんだか安っぽいアスリートだなと思うのです。
これで安藤さんが、一切プライベートを話さなければ、私はちゃんと応援していたと思います。

あと、私は子どもがおりますが、仕事をしていた頃、子供を言い訳にすることはしませんでした。
例え子供が熱を出して休まなくてはいけなくても、会社には子供の熱は関係ないですから。
ただただ私が欠勤して、会社に迷惑をかけているという気持ちでいました。
職場に子供を連れていくなどもってのほかです。
試合会場は安藤さんの「職場」ではないのでしょうかね?

毎回毎回長々と書かせていただいて申し訳ありません。
私は石ころさんが間違ってるとは思わないし、
オリンピック前に浅田選手を応援する人気ブログを潰したいと思う方々が
心無い意味不明コメントを残すのではないのでしょうか。
  1. 2013/11/21(木) 09:53:53 |
  2. URL |
  3. mahoroba #-
  4. [ 編集]

おはようございます。

かの国の発言も、安藤選手をって発言も、個人的にお子さんの面倒をってのも、おかしいです。
審査員と選手は、例え親しい仲でもそんな配慮があったのか?って疑われるのが良いことではないのでお互いに気を付けるべきだと思います。
選手が良い演技をしても、あーそぅいう仲だしねと言われるのを審査する立場なら、選手に対して失礼になるし。
以前橋本聖子さんが浅田選手だけを特別扱いしないってはっきりいったんだから、同じよぅに安藤選手だけを特別扱いしません!と会見でもすれば?って言いたいですね。
海外試合の参加に対しての説明とそれに対する考えかた。
審査員に襟を正せと。誤解は選手の為にもならん。自分達の評価も落とす行為だと。
試合の結果が出てからではなく、出る前にどんな姿勢でいるかは協会として説明する立場にあるはずです。
確か出産した女性アスリート支援でどうのって
宮嶋さんでしたっけ?取材した女性が嬉しそうに橋本さんがそぅ仰ったような発言聞いて、随分おかしな話だなぁと感じましたし。
石ころ様の発信はいつも読ませて頂いており、コメントは初めてかもしれませんが、心の中ではいつもコメントしております。そぅそぅ!そぅですよね!あーわかる!はいっっおばさんのひとりごちでございますが、いつも応援しております。長々とすみませんでした。
  1. 2013/11/21(木) 10:02:42 |
  2. URL |
  3. hagi子 #-
  4. [ 編集]

身内同様の存在が公明正大な審判を務める事自体異様です。
たとえ不正は無い、と言った所で、そういう体制そのものが疑惑を生む元凶でしょう。
これは世界各国とも同様に、連盟、団体の役員が審判員を兼務しているのでしょうか?
フィギュアスケート界の七不思議?異様な状況を知る良い機会になりました。ありがとうございます。

プライベートな事情を世間に知れたら、騒ぎになって、選手自身にも影響を及ぼすから、一切外部へ情報を出さなかった結果、より厳しい困難を受け入れた人と
何が目的なのか、自ら私生活を切り売りするかのように、常に話題の中心でありたそうに振る舞う人と
それぞれの人生の縮図を垣間見た気がします。
  1. 2013/11/21(木) 10:09:57 |
  2. URL |
  3. 三D #LkZag.iM
  4. [ 編集]

いつも拝見しています。真央ちゃん記事ありがとうございます。
福留とか言う奴、審判の癖になんなんだ?安藤押すと何かいい事あるのかなあと勘ぐるわ。もうこんなのが渦巻いてるフィギュアスケートは競技から消えてほしいと思ってしまうよ。安藤の姑息さにもうんざり!あんな下手糞な滑りでソチなんか普通は行けませんで!
  1. 2013/11/21(木) 10:12:58 |
  2. URL |
  3. アキレタス #-
  4. [ 編集]

ラファエルコーチのこと、詳しく記事にしてくださって、ありがとうございます。私、このチャルダッシュシーズン、本当に必死で真央ちゃんを見てたので、ラファエルコーチをキスクラで見かけるたびに今でも胸が重くなるほどです。
『馬鹿だったね。
 教え子の二人がワールドで優勝したのにコーチがリンクにすらいなかったなんて、スケートの歴史上でも他にない事だと思うよ。』
これは本当でした。一生恥じても良いくらいです。
あきれてものも言えない、というより、私もあのキスクラは悲しくて、天真爛漫な真央ちゃんに救われながらも心底怒ってました。
だからこそあの後のタラソワさんの真央ちゃんへの愛情が身に染みるほどうれしかったし、真央ちゃんが海外は自分には合わないと決定的に思ったのもこのあたりの行き違いによるものかもしれませんね。

当時たった16歳(・・・でしたよね?)の浅田選手のあの神がかった演技の裏の裏を、このインタビューで初めて知りました。ありがとうございました。
このあたりのこと、石ころ様もお読みになられたかと思いますが、「浅田真央、16歳」に真央ちゃんの様子が描かれていましたよね。だけどあれすらもほんの一部のお話だったんですね。

ところで、英語を言語のまま私の中で消化してるだけの話かもしれませんが、「アイコン」は場合にもよりますが「象徴、理想像、アイドル」というとらえ方くらいで良いのではないでしょうか?
ドラマなんかでも「理想の人」という和訳を見かけますが、もすこしキャッチーな言い回しでしょうか?やっぱりアイドル、くらいの。
ただ、この場合、審判が真央ちゃんをそういう風に感じているかといえば、疑問ですが。
そう思うならなぜ?と思いますものね。

石ころさん、いつも応援してるので、心くじけず、がんばりましょうね。
  1. 2013/11/21(木) 10:24:37 |
  2. URL |
  3. mikaidou #zgUyPM1.
  4. [ 編集]

連投すみません

ひまわりちゃんを抱っこしていたのはNRW杯でなく、ネーベルホルン杯なので、こちらも訂正した方が良いかも……。
細かくてすみません(汗)
  1. 2013/11/21(木) 10:28:35 |
  2. URL |
  3. めろでぃ #3/2tU3w2
  4. [ 編集]

協会理事で審判も務める人間に赤ちゃんを託さないといけない環境だったのでしょうか。それとも福留さんが「抱っこさせて」と言ったのでしょうか。どちらにしろ、普通の感覚では理解できないです。「特例」疑惑が湧き上がっているのに、そのさなか、こういうことをするなんて、もし他意がないのなら本当にバカなんでしょう。

少し前の記事の真央ちゃんの美しいスパイラルを見て、ふと、かのバレエ漫画「アラベスク」を思い出しました。コンクールで主人公のノンナは「ラ・シルフィード」を踊ることになりますが、新任のバレエピアニストのカリンに「(自分の恋人の)ローザはもっと大人のシルフィードを踊った」と言われます。恩師ミロノフへ恋しながら師弟以上の関係にはなかなかならず、こんな自分には大人の踊りはできないのかと不安をかかえたままコンクールを迎えます。
ノンナは「(成熟した女性ではない)未熟なままの、自分なりのシルフィードでいこう」と決意します。途中、伴奏のカリンが演奏をやめてしまい、ノンナは心の中に流れる曲にのって神演技を…。この時のノンナを見つめるミロノフの言葉が印象的です。「妖精は生身の人間ではない。成熟した女であってはならないんだ。」実は本番直前、衣装のブレスレットを無くして激しく動揺するノンナにミロノフは優しくキスをして落ち着かせます。愛する人のキスで女であることに目覚めるのは普通ですが、ノンナは「真のロマンチックバレエ」の舞踊手であることに目覚めたのですね。さすがミロノフ、やることが違う。
ノンナと真央ちゃんがダブって見えます。外野から大人の演技を要求され、それを乗り越えて別次元のことに取り組んでいる真央ちゃんもやはり芸術家だと思います。
あとでカリンは「ローザは大人というより、毒々しいシルフィードだった」とノンナに伝えます。こちらも誰かを連想してしまいます。

長々と書いてすみませんでした。

  1. 2013/11/21(木) 10:41:49 |
  2. URL |
  3. みわ #-
  4. [ 編集]

審判はそんなもの

この福留富枝さんという方、
グランプリシリーズを福岡にもってくるのに尽力された方ではないでしょうか。
動画で、その顛末を特集した番組を見ました。彼女は元選手で、フィギュアスケートが本当に好きで、若い選手を指導していて、一流選手の演技を地元の子供に見せたいという熱意から、連盟のえらいさんに頭を下げつづけて、ようやく福岡でのファイナルを実現させた、という経緯が描かれていました。

実際に、この方がどういう審判なのかはわかりませんが、連盟の理事(内部関係者)であって、連盟の濃密な人間関係のなかにいることは容易に想像できます。たぶん、狭い世界で、みな知り合いで、派閥があったりして、安藤さんを応援するにいたる人脈があるんでしょう。
 今回の件は、外国にいる日本のスケート関係者として、お仲間の世話好きのおばちゃんノリで、私が抱いていてあげる~」みたいにあずかったのでは・・と。
 ゆるい世界ですよね。
  結局、フィギュアスケートの審判って、その程度のものなんでしょう。その国のスケ連とべったりな人が多いんじゃないでしょうか。韓国はあからさまですが、その他の国も多かれ少なかれ。結局、狭い世界なんですよ。マイナースポーツですし。個人的に買収なんかされなくたって、空気やらコネやら、仲間意識で動く可能性は高い。
 韓国の審判はこれまで何度もキムヨナに有利なジャッジをするぞ、的なことを公にしていますが、問題視されていませんよね。つまりこれは、世界的にはあたりまえ、ということでは?
 フィギュアスケートの審判が、独立した公明正大な存在だと思っているのは、実は日本人だけだったりして。 
  1. 2013/11/21(木) 11:08:46 |
  2. URL |
  3. つぐみ #CQytC6ZQ
  4. [ 編集]

石ころさん、こんにちは。

先月のジャパン・オープンの時、私は関係者席の近くの席で観ていたのですが、ラファエルさんはアシュリーの演技が終わったあともそのまま残り、空いている関係者席に座って真央ちゃんの演技をずっと観ていらっしゃいました。

今回ラファエルさんが語った事が全てではないでしょうし、当時は色々な行き違いもあったのだろうと思いますが、今でも真央ちゃんを気にかけてくれているという事は間違いないと思います。嬉しいですね。

でもこのインタビューの後半部分、アシュリーが読んだら複雑な気分になるかしら…?(^_^;)
  1. 2013/11/21(木) 11:10:03 |
  2. URL |
  3. ふなっぴー #JalddpaA
  4. [ 編集]

ジャッジに子守‥選手と私生活、一緒くたにしてるのって安藤さんの方ですよね。
オリンピック目指すのなら、きちんとルールを守って規定に従って言い訳しないで試合で結果を出せばいいだけです。
結果が思わしくなくてもそれは応援する人達がちゃんと見ている事で。
真央ちゃんが不調の時もみんな見守ってましたよね。
「ママの頑張り」とか、頑張った後についてくるもので、頑張る前から自分で大騒ぎしてアピールするものじゃありません。
(石ころさん、またアンチの巣窟って言われてしまいますね‥ごめんなさい。(/_;))
  1. 2013/11/21(木) 12:02:11 |
  2. URL |
  3. どらにこ #-
  4. [ 編集]

福田さん

いつも楽しく読ませていただいています。
九州在住の真央ちゃんファンです。
2005年から真央ちゃんを応援しだして、初めて来月福岡で生で真央ちゃんがみれます。嬉しすぎてもう、涙、涙、で毎日あらゆる真央ちゃん記事、動画を見ています。
先日、石ころさんもアップしてくださっていた福岡の良番組も放送を見ました。福田さんの功績を知り、感謝の念が沸きました。選手たちの母親のような感じで、心からフィギュアを愛し、選手の成長を見ている感じに見えました。安藤さんとはトリノopでもずっと一緒で支えていたようですね。地方のフィギュア発展の為にジャッジ資格もとったとか‥そんな過去から、今回のひまわりちゃんの件は、私が見ててあげるよ的な感覚だったのかな?と。
ちなみに私はフィギュアの採点、ジャッジ全く信用してません。茶番で、どっかの審判が、正当な採点は10%と漏らしていたし、とにかく全て疑いの目でみてしまいます。私は、あの採点は某国の買収ありと思ってます。
ただ、この福田さんはどうなんだろう?とモヤモヤして‥
しかし、結果的にはひまわりちゃんを人目にさらしちゃってるしですね。
福岡の良番組‥またメディアを鵜呑みにしていたのか?それとも、シングル採点には関わってないし、単に軽い感じで私がひまわりちゃんみてるわよ~なのか。


長文すみません。そして収集つかずの文に(T-T)
私は後者だと思いたいのです。福岡での初真央ちゃん楽しんできます。駄文、失礼いたしました。の
追伸 私は石ころさんをずーっと応援しますよ!
  1. 2013/11/21(木) 12:26:26 |
  2. URL |
  3. 真央ちゃん大好き☆ #-
  4. [ 編集]

もうすぐある大きな大会はGPFなのに、それに出場しない安藤さんを注目選手にあげるとは…
大事な赤ちゃんを預けるし、相当懇意な中なんですかね。
疑いたくないけど、KYのこともあるし(こっちは異常ですが)配慮があるのではと思われるようなことはしない方がいいと思います。
ジャッジとしてのプライドないんですかね。表向きは公平なんじゃないのかい。完全に親戚のおばちゃんじゃないですか。
そもそも赤ちゃんて入場していいんですっけ?観客席とかも。心配なのは分かりますけど。
まあエキシビだからいいのかもしれませんね。安藤さんの演技の時だけだろうし。
それにしても顔映っちゃってますな…(;^_^A
他の選手だったらと想像すると、やっぱり好き勝手してるなー恵まれてるなーて思いますね。

ラファエルさん、過去のこともですが、現在の心境も聞けて嬉しいです。
様々な事情はあったんだろうけど、ワールドまではコーチでいてほしかったですけどねえ…当時はあんまり真剣に観てなかったので記憶にないんですが、動画を見ると辛いものがあります。
色んなことがあったにせよ、歴代コーチみんな良い人達ですね。
  1. 2013/11/21(木) 13:16:17 |
  2. URL |
  3. メガネ #-
  4. [ 編集]

石ころ様、記事のUPありがとうございます。
アルトウニアンコーチについては、ワグナー選手のコーチになられたと聞いてから、ずっと心配していました。
なのでJOやNHK杯では2人のニアミスを双眼鏡でガン見していました。
彼は真央ちゃんに普通に祝福してくれていてホッとしました。そして今回は回転不足についての擁護の言葉が嬉しかったです!
イエテボリの世界選手権はほんとどうなってるの?状態でしたが素晴らしい演技で優勝!ところが帰国後あのスーパーニュースの歓迎に怒り!思い出しても気持ち悪い!

話しが変わりますが、ラブミキはここに来るな!と言いたい。全く話にならない。キム国の不正の被害者なのに同じ事をしているミキ軍団の不正は許すべきではないです。日本人ならわかるはず。
時間がないので乱文すみません。
  1. 2013/11/21(木) 13:48:20 |
  2. URL |
  3. みるねえ #-
  4. [ 編集]

こんにちは。力作まとめ記事、いつも有難うございます。
ここ数日、記事を読んでは色々思い、考えているのですが上手く言葉に出来ません。
真央さんのことを思うと、ただただ悲しくなり、この世の理不尽さを叩きつけられ
思っていることを言葉でまとめられないんです。

審判についてですが、選手と公私ともにお付き合いのある審判はよほど自身に厳しい人でない限り、
公正なジャッジは出来ないと思います。人間のすることですからミスジャッジはあります。
そのミスを防ぐための策はいくらでもとれます。ですが、フィギュアは特殊過ぎて単にミスジャッジなのか
手心を加えたのかが分かりにくい。ミスを防ぐ策もほとんど取られてないようですし。
そうなるともう、審判の過去のジャッジ内容や日ごろの言動で、この審判の目は確かなのかを判断するしかない。
この福留氏は、ちょっと公私の区別が出来てないなと感じます。あまりいい印象は受けません。某国際審判とダブりますね。

やっぱり選手側からも堂々と抗議出来、悪質なミスジャッジをした審判にはペナルティを科す、かの国は追放
などの対策を改めて取らないと、いつまでたっても選手が泣くばかりです。

まとまりのない文章ですみません。石ころ様と一緒に真央さんを応援していきたいです。
お身体に気をつけて、日々過ごして下さいね。力作まとめ記事、本当に感謝してます。
  1. 2013/11/21(木) 14:14:09 |
  2. URL |
  3. しろうさ #-
  4. [ 編集]

>『馬鹿だったね。教え子の二人がワールドで優勝したのにコーチがリンクにすらいなかったなんて、スケートの歴史上でも他にない事だと思うよ。』

本当に!馬鹿です。でも、今更ながら、コーチ解消の経緯が分かって良かったのかな……。
あの頃の真央ちゃんを思うと、アルトウニアンコーチの言葉は胸を痛くさせます。
2008年世界選手権……酷い転倒に演技終了後に泣き、優勝が決まっては泣いた真央ちゃんの顔が浮かびます。あの時だって、SPの点がコストナーより低すぎ、おかしい、と海外掲示板で言われてました。お母様の病気が分かりそれを内に秘め、そしてコーチとの別れ、コーチ無しで挑む世界大会、疑惑のジャッジに、フジの転倒写真を使った酷い報道……あの頃の真央ちゃん……色んな事にスゴく傷ついていただろうな。涙が出ます。本当に、彼女はよく頑張ってきました。

また『ラファエル監督との師弟解消に残る疑問点』……石ころ様は、前から疑問だったのですね。謎が解けて良かった。
これからも、真央ちゃんとこのブログを応援します。
  1. 2013/11/21(木) 14:58:10 |
  2. URL |
  3. あん #Fabsovyc
  4. [ 編集]

石ころ様

↑についてのひまわりちゃんの件ですが・・・
安藤さんは「出産告白時」お子さんの名前を隠していた。
お子さんの顔をメディアに晒すこともしていなかった。
後悔したのは後姿だけだった。
名前が「ひまわり」とリークしたのはTBSが「告白」の衝撃スクープをテレ朝に横取りされた腹いせ交じりにやったことでした

その後子供の父親は誰かとかいろいろ騒ぐメディアに有料会見で
「日本は治安が悪いし誘拐などが起きて物騒だから
子供の事はこれからも公の場に出すことはしない」
とは、安藤さん自身が語っていたと思います。

なのに試合に公然と連れて行って、リンクサイドでジャッジに子守までさせて
メディアの前に顔を晒させることをしていいの?安藤さん

という意味で書いたつもりでした。

石ころ様がひまわりちゃんの顔が分かるようキャプチャして
ブログに公開したことを批判しているかのような誤解を与えてしまい、
誠に申し訳ありませんでした

  1. 2013/11/21(木) 15:22:31 |
  2. URL |
  3. megumi #djnh.SQU
  4. [ 編集]

いつもありがとうございます。

初めまして。いつも本ブログでいろいろな記事など読ませていただいています。いろいろなエピソードも読ませてもらって、本当にありがたいことです。ありがとうございます。

> 採点した選手の赤ちゃんをその試合で審判が抱くというのは普通でしょうか。
> 国際審判がソチの代表がかかる大きな大会の注目選手に特定選手の名を挙げるのは普通でしょうか。

これらについては、ISUやJSFがまだ成熟した団体ではないこと→スケートがまだまだメジャーなスポーツになり得てないこと、が答えだと思います。すなわち、フィギュアスケートのような採点競技で審判が特定選手をひいきしているような言動をしても問題視されない、というようなことです。
これについては我々のような観客・ファンやメディアが批判し続けるしかないのかもしれません。いまはメディアさえ、という状況ですから、まずはメディアが目を覚まさなければならないのかもしれません。
なんかすごい風呂敷を広げてしまいましたが、これが根本的な問題だと私が思っているということです。

ところで、ラファエルコーチの話の中で、iconの話が出ていましたが、iconとはキリスト教のイコンという意味だと思います。
イコン - Wikipedia - http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3
正教会ー概要の項目を参照してください。(Wikipediaですから頭から信用しない方がいいですが)

今後も本ブログを楽しみに読ませていただきます。
  1. 2013/11/21(木) 15:56:40 |
  2. URL |
  3. Sopp" #oli7KKsw
  4. [ 編集]

スケート界はほんとうに狭い世界だったのに、一気に注目されてまだ体制が追いついていないんでしょうか?
福留さんのインタビューは私はよいように取ってました。
「五輪で注目」ではなくて「代表争いで注目」だったので、
他の選手の様子はだいたいわかっているので、安藤さんはあの能力でどこまでもどせるものなのかが個人的見どころだと言いたかったのかなと。それなら、言葉使いの問題で、誤解を与える言い回しをするのは、ちょっとジャッジとして気遣いがたりないな。そんな感じでした。
本当のところはどうなのか解らないけれど、人気が高くなればなるほど、言動にも透明性にも注意が必要になってくるのに、単純に地方に国際大会が来た!と喜んでらっしゃるのは本当だろうし。
ただ、立場として特定の選手をどうこうとメディアの前で言ったらいけない。そのくらいは解っていないと運営でまたなんだかんだ言われそう。
もちろん、福留さんのようなひとは、フィギュアがどのように見えているのかなんて、考えたこともないんではないでしょうか?
もう、あなたたちだけのものではなくなってしまったのに。
  1. 2013/11/21(木) 16:21:54 |
  2. URL |
  3. ABC #mQop/nM.
  4. [ 編集]

はじめまして

以前より専ら読み逃げばかりしておりましたが(苦笑)初めてコメントさせて頂きます。
いつもいつも膨大な資料を丁寧にひとつずつ分かりやすく優しさをもって紹介してくださって、本当にありがとうございます。

ラファエル氏の言葉は本当に何だかじーんとくるものがありました。
他の選手のキスクラに映るたびに、何か複雑な思いで見つめていたのですが・・・きっとラファエルさんご本人もずっと気にされていたのだろうと思うと・・・苦しかっただろうな。
こうやって言葉にするまでに、5年かかったのですね。
しみじみします。どちらも決して悪くないのに、遠回りしてしまって・・・。でもこうして本当のことを知れて有難いです。

今度どこかの試合(もうオリンピックかな?)でお二人を目にするときにはこちらもほのぼの・・・ではないですが、複雑な思いを抱かず観られると思うと、それも何か嬉しいです。

それから、安藤さんの件については、私も石ころさんのご見解に完全同意致します。
石ころさんの書き方は本当に優しいと思います。
自分を甘やかして良く見せようとしかせず支離滅裂な言動ばかりしているのは本人です。私も彼女の言動おかしいとか呟いたりしますが、それは決して「粗さがし」ではないと思います。彼女や彼女サイドから発信された情報に対して自分の思うところを言っているだけです。(石ころさんのように丁寧にではないですが。笑)

感情的、などではありません。極力私見を排除して丁寧に書かれているのがわかります。そしてそのことに本当に感動しています。
これからも、ご自分のペースで、ブログ続けて下さいね。

本当に微力ですが、陰ながら応援しております。
  1. 2013/11/21(木) 16:24:56 |
  2. URL |
  3. melia #fVLrTvvY
  4. [ 編集]

声をあげるのに勇気が必要な現状

私もバンクーバーからの真央ちゃんのファンなので当時のことは分かりません(汗)
コーチがいなくても優勝するって何て強い子だろう!とばかり思っていました。
この当時からのファンの皆様のようには熱く語ることはできませんが、真央ちゃんを手放したことを今は悔いているのが嬉しい(?)です。
タラソワさんもロシアの選手でもない真央ちゃんをとても可愛がっていますし・・・。
>真央ちゃんはこれまで一緒になったコーチ・振付師には本当に愛されてますよね~(o^-^o)
に、うんうんと頷いています(笑)


K国の3枠を日本とロシアで分けましょう。
その方が観客も選手も喜びます。


この間のGPFの福岡特番動画で引っかかったのって、やっぱりそこでしたか。
私も同じところで引っかかりました(笑)
特番で福留さんが出てきたとき「あれ?この人って赤ちゃん抱いてた人だよね?」
そして次に安藤さん(+ジョニーさん)出てきたときは「ですよね~」と思いました。
さらに今回注目選手が安藤さんですか、またまた「ですよね~」(苦笑)

私は2人の関係は普通じゃないと思っています。
KYがコ・ソンフィと懇意にしていることもそうでしたが、Pさんも「ジャッジと仕事している」発言がありましたね。
この2人(KYとPさんの技術の差はおいて)はミスがあっても点数が高く、ジャッジとの癒着を疑われてました。
適度な距離を保たないと「あの人はジャッジと仲良いからね」と言われるのはKYやPさんで見てきたはず。
これは安藤さんだからではないです。
安藤さんのやっていることがKYとPさんと一緒だから言うのです。
この福留さんのジャッジの資質も疑っています。
福留さんが女子シングルを担当しないとしても福留さんと仲の良いジャッジがいることだって考えられます。
仲良くしたいんだったら選手やジャッジをやめてからにしてください。
批判されたくなかったら疑われるような行為はしないでください。
と声に出して言いたい(苦笑)


安藤さんの件で悩まれてきた石ころさんが今回この記事を書くのにどれだけ勇気が必要だったか・・・。
問題提起してくださりありがとうございました。


追記:福留さんの名前を間違っていたのでコメント訂正しました((_ _ (´ω` ;)スミマセン
  1. 2013/11/21(木) 17:14:53 |
  2. URL |
  3. きじむにゃー #7tQd0wKo
  4. [ 編集]

良い記事のご紹介をありがとうございます

はじめまして。

真央ちゃんをずっと見守ってきた一ファンです。
ラファエルコーチの言葉や行動、とても人間味のある暖かさを感じました。
コーチの後悔と、真央ちゃんサイドの覚悟と、・・胸が痛みます。

彼女は、試合の演技で私たちを魅せるだけでなく、生き方そのものが私たちを鼓舞してくれる存在になりつつある、現在進行形でなっている、すごい人ですね。
彼女の試合は優美なだけでなく、自己の技術的限界への挑戦、精神の強さへの挑戦、いろんな側面を私たちに見せてくれます。

何だかまとまりがなくなってしまいましたが・・^^;
最高のオリンピックになるといいですね!!

  1. 2013/11/21(木) 17:58:40 |
  2. URL |
  3. まひろ #-
  4. [ 編集]

審判と選手は会話してはいけないとか連絡とりあったらいけないとかルール作ればいいのにな~
あ、でもそんなことしても抜け穴みつけて、八百長はまかり通りそうだけど・・・
韓国のはね(ーー;)
前も200点ごえするっていったら、しちゃったし。八百長してますっと発言してるようなもんぢゃん。
味方になるとか、KYに不利になることにはならない的な発言もしてましたよね?
それを喜ぶ韓国人もどうかしら。
もし、逆に日本人なら、絶対許せないとおもうよ。
さすがスポーツマンシップのない国ですなぁ。

そういえば、パズル!前まではフィギュア関係のしかしてなかったんですが、フルーツやケーキ類も楽しいですね♪
暇な時間はどっぷりしそうですwww
  1. 2013/11/21(木) 18:46:13 |
  2. URL |
  3. koko #-
  4. [ 編集]

泣きました

はじめてコメントさせていただきます。

ラファエルコーチの記事に泣きました。

浅田選手にはオリンピックでの3トリプルアクセルのギネス記録認定があるので、次は女子での8トリプルジャンプ認定に挑戦してほしいと思っています。
  1. 2013/11/21(木) 18:46:29 |
  2. URL |
  3. set #3/VKSDZ2
  4. [ 編集]

めろでぃさんへ(;^_^A アセアセ・・・

あーまた間違ってる…何回も読み返したのに、意味ないですね^^;
ありがとうございます!早速直して参ります。
今後も間違いがあったら教えてくださいねm(_ _;)m
  1. 2013/11/21(木) 19:07:57 |
  2. URL |
  3. 石ころ #yvBQfOFE
  4. [ 編集]

megumiさんへ。

大丈夫ですよ~どうかお気になさらずに。
これは私がキャプチャしたものでなく、ネットに転がってるものを拾ったものです。
megumiさんには、いつもいろいろな情報を教えていただいたり、
技やルールの説明などをしていただいて、感謝しています(*^^*)
  1. 2013/11/21(木) 19:35:19 |
  2. URL |
  3. 石ころ #yvBQfOFE
  4. [ 編集]

日本に限らず、フィギュア界は選手とジャッジが非常に近いなと思いますが、
現在の組織の構造からすると仕方がないのだろうと思います。
現状は「スケ連スタッフは、ジャッジでもやるし、選手のサポート役でもある」・・・ですよね。ジャッジする側とされる側が同じ組織の仲間なんです。

選手からしたら、小さい頃から試合や合宿で色々世話になってるおじさん、おばさんがジャッジもやってるっていう感じでしょうかね。

安藤選手のお子さんを福留氏が世話してあげたのも、そういう緩い関係性の中では特段異質ではないんでしょう。
新プロやジャンプを見てもらってアドバイスしてもらったりも出来るんですから、ジャッジと選手の癒着に関してナーバスな世界ではないですよね。

ただ、特定の選手に肩入れする様な発言は自重すべきですよ。でもスケ連のおじさんおばさんは狭い世界で生きてきた人が多いでしょうから、そういう発言が公平性を欠き、ひいてはフィギュアに対する不信感を増幅させていると気付けないんでしょうね。アホ丸出しです。

ジャッジと選手の距離を離すには、ISUがジャッジの独立機関を作って、スケ連内にジャッジがいるという状況をなくし、ジャッジにはスケ連スタッフや選手との接触を禁じるくらいの大改革をやらないと変わらないでしょうね。
果たしてそれがフィギュアの発展に繋がるのかは私にはわかりません。
  1. 2013/11/21(木) 20:12:01 |
  2. URL |
  3. moomin #-
  4. [ 編集]

ラファエルコーチ、今までのコーチの中で一番好き(みなさん好きだけど)なので、契約解消時の噂?「責任を持てない」は意味がわからなくて、時々ラファエルは今どうしてるのかなぁなんて思うこともありました。今季ワグナー選手のコーチとして見かけることが増え、そうなると真央ちゃんと会ったときとかどんな感じなのかなと気になっていました。今回の記事でちょっと安心しました。掲載ありがとうございます。
そして福留さんのこと。NHK杯の時日本選手の周りをカメラ?持ってうろちょろするミーハーおばちゃんは誰?のぶおセンセの横に久美子センセではなくこの人が居たり・・・不快で謎も多かったところ、動画でグランプリファイナルを福岡に!と尽力した人と紹介されていたのを見て、どこの誰かはわかりました。世界を知らない子供たちの為に!なんて説明があり、頑張ってる人なんだ、ファイナルも近づいてきたから雰囲気味わいに来てたの?とか思ってました。それが・・・安藤推しの一人なんだと気持ち悪くなりました。だまされるとこだった。
スケート連盟の人って、おかしな事することが多いけどやっぱり常識を知らない人の集まりなんだなと思います。そんな集まりだから、まともな人からの批判も意味が直ぐわからないのでしょう。
かなちゃんの調子が思うほど良くないことから、こんなミーハー連盟の決めることには不安が。ドキドキが続きます。
明日からモスクワで日本選手頑張れ~!! 
お邪魔しました。
  1. 2013/11/21(木) 20:22:23 |
  2. URL |
  3. はみる #-
  4. [ 編集]

福田さんじゃなくて~間違えました!

石ころさんスミマセン、名前まちがって福田さんと書いてしまって恥ずかしい限りです!!

それから、石ころさんには誤解されたくないので書かせて頂きますが、他の方のコメント見てておもったんですが、私はラブミキじゃないです。真央ちゃん一筋です。
私は、地元で世界大会が見れるのが本当に嬉しくて、あの福岡の放送内容がほんとなら、開催を呼び込んでくれたことに感謝ですし、ジャッジが誰選手押しとかそんなことじゃなくて、この人はフィギュアの未来を担う子供たちのことを考えているように思えたのでそれも嬉しく思ったんです。
私がこんなに嬉しいんだから、フィギュアやってる子供たちはどれだけ嬉しいだろう?と(^-^)
で、福留さんは選手たちみんなをあったかく見てくれてて、、だったらいいなぁという感じでコメントしました。ラブミキ云々で石ころさんを非難しにきてると思われたくないので再びコメントしました。まさかのラブミキにビックリです。深読みされすぎたみたい?
いろんな捉え方されるという石ころさんの大変さ、考えただけでもう‥大変なストレスの中、ブログ更新してくださる石ころさんに感謝と尊敬の念でいっぱいです。だから、石ころさん以外の誰にどう思われても全然問題ないけれど、石ころさんに嫌な思いしてほしくないんです。これは石ころさんにだけ伝わればよいので非公開にしていただいてよろしいでしょうか?こんなお願いまでして申し訳ございません。
私はこのブログが一番好きだから、只でさえ色々ご苦労なさっている石ころさんに批判と思われたくて‥何回もすみませんでした。
真央ちゃんは私には本当に『春のお姫様』です。(外国解説が昔いってて、まさにその通りだと!!)次の冬はどうやって過ごそうか、真央ちゃんがいない冬場なんて生きた心地しません(笑)
石ころさんがアップしてくださっていたのを保存している真央ちゃん画像で癒やされるしかないかな、と(^-^)
石ころさん、これからも楽しみにしています!
どうかお身体をお大事にお過ごしくださいませ!
  1. 2013/11/21(木) 21:44:31 |
  2. URL |
  3. 真央ちゃん大好き☆ #-
  4. [ 編集]

真央ちゃん大好き☆ さんへ

いいえ、全然大丈夫だと思いますよ~。

真央ちゃん大好き☆ さんのコメントには何の不快感もなかったし、そのあとラブミキに触れた方も、真央ちゃん大好き☆ さんのことを指していらっしゃるとは私も思ってませんでしたし。ラブミキがここに乱入してくる前にお祓いをしてくださったんだと受け取ってました(笑)

今ブログを書いてる最中なんですが、私も福岡の番組を見たときは、それまで漠然と持っていたイメージと違って良い印象に変わりかけていたので、そういった心境の変化も書いているところです。なのでなんとなくお気持ちはわかりますよ。福岡でのファイナル招致に長年尽力されたことはすごいと思いますし。私自身もできることなら素直に日本の選手を応援したいのが本音だし、日本で不穏なことが起こってほしくないという気持ちです。

画像、保存してくださってるんですね。今日もたくさん貼る予定です。韓国メディアから拾ったものばかりですが、よかったらもって帰ってください(笑)
  1. 2013/11/21(木) 22:27:59 |
  2. URL |
  3. 石ころ #yvBQfOFE
  4. [ 編集]

石ころ様、今日も内容の濃い記事をありがとうございます。

審判は常にどの国の選手であろうが、選手がプライベートで何を抱えていようが、採点競技と名のつくものであれば常に公平になるべきです。
そうでなければ競技として破たんしてしまいます。
まさに今、フィギュアスケート界にファン離れが起き、破たんしかけているのは協会や審判達の甘い倫理観に付けこんだKY陣営が好き放題やらかした結果だと私は思っています。
先の動画で福留氏がフィギュアスケート界に尽力している姿がありましたが、その姿勢は立派だと思います。
ですから余計に、国際審判という立場で特定の選手に肩入れする事は決して賢い事ではありません。
審判のさじ加減ひとつで身内有利の競技なんて発展する筈が無いからです。
本当にフィギュアスケートというスポーツを広めたいと考えるのであれば、ルールに透明性を出し、協会、審判を第三者が常に監視できる体制を作るべきだと思います。
団体戦なんて一部の国しか楽しめない種目を作る事に尽力する前に、選手と審判の癒着を罰するルールでも作って欲しかったです。
堂々と特定の選手をエコひいきする発言をする国際ジャッジがいる現状もファン離れを呼んでいる要因の一つでしょう。
日本女子三番手が微妙な今、安藤さんビイキの発言が出ている事がとても不安です。
是非とも今回のロシア杯で日本女子選手にはずっと頑張ってきた意地を見せて欲しいと思います。
それから、安藤さんの件は安藤さん個人が勝手に情報公開している訳ですから、石ころ様はただそれを拾っているだけ。何も問題はありません。
それにこの人海外の選手は良くても日本選手であれば不可解な行動をしていても許せるんでしょうかね?
第二、第三のKYが出ないとも限らない。
それは自国の選手にだって言える事です。
これだけ、KYにひっかきまわされた訳ですから、ちょっとした事であっても心配になって仕方ないと思いますけれどねぇ。


ラファの記事、見れて良かったです。
あの時期、真央ちゃんの情緒不安定な感じが今思うと様々な重荷が彼女を襲っていたんだなと考えさせられます。
苦しみの中でもがいて尚美しい、あのシーズンのショートとフリーともに今でも忘れる事なんて出来ない大好きな演技でした。
あのシーズンは何度画面の中の真央ちゃんに泣かされたことか。。。
3Aは失敗しましたが、怒涛の迫力でその後を滑り切ったワールドのフリーはコーチがいないという現実を忘れるぐらい素晴らしいものでした。
今回の記事でラファ氏が愚かな事だったと後悔している事を知る事が出来ただけでもファンとして救われた思いです。

いつも長文になってしまってすみません。
もうちょっとまとめ上手にならねば!(笑)
  1. 2013/11/21(木) 22:44:35 |
  2. URL |
  3. しょこ #dvUYBDnY
  4. [ 編集]

ラファエルコーチの記事アップありがとうございます。
気になっていたのでうれしいです。
…が、私もめろでぃさんと同じくラファの言葉素直に受け取れません。
私が当時読んだ宇都宮氏の真央本に書いてありますが
「しばらく練習を見てないから責任もてない、日本に行けない」と
四大陸の前に連絡があり、実際来なかったのです。
本によると真央ちゃんは直接何も聞いてなかったということです。
もちろん、真央ちゃんが日本で練習したかったこと、ラファがアメリカにきてほしかったということは本当かもしれないけど
真央ちゃん本人に説明なしで試合前にいきなり師弟関係を切ったことの理由にはなりません。
でも彼にしてみればあれしか言えないのかも。
以前から言われている通り某国が関係しているのだとすれば
今でも本当のことは言えないでしょうね。
彼が後悔しているということは伝わってきます。
回転不足やジャッジについてインタビュアーもそうですが
いろいろ含みがあるのがみえて興味深かったです。
  1. 2013/11/21(木) 23:13:30 |
  2. URL |
  3. laulau #-
  4. [ 編集]

私が審判なら、赤ちゃん抱っこしてリンクにいないなぁ・・。

変に誤解されたら、選手が可哀そうで・・。
それに金銭的にも頑張って支えてる家族、そのファンに申し訳ないじゃないですか。

彼女は他に面倒みれる誰かを連れて行かなかったんですかね?
まさかバックヤードに連れて・・・・?(いや、非常識だろ)

あの画像で解析しようとする人がいたらどうするんだろう?
まさか撮られてるとは思ってない?

意外にそういう戦略かも~。

え~~~っと今週末でしたっけ?試合・・。
同じような・・・デジャヴな画像が出てきたりして・・ね~~~・・。
  1. 2013/11/21(木) 23:54:58 |
  2. URL |
  3. カフェオレ #-
  4. [ 編集]

他にもふれておられる方がいらっしゃいますが、私もラファエルコーチのコメントは、真央本で読んだこととかみ合わなくて「ん?」と思いました。
真央ちゃん側は「ラファエルが日本に来ることになっていて待っていた」
ラファエルコーチ側は「真央側がアメリカに来ることになっていて待っていた」と。
どちらかが嘘をついているというわけでもないのでしょうけど…。
言葉の壁もあったでしょうし、何かが食い違って、双方の認識にズレが生じていたのでしょうか?
色んな誤解や行き違いが重なってしまったのかもしれませんね。
ラファエルコーチも、当時はちょっと感情的になっていた気がします。
四大陸の直前に、いきなり「試合にこれない」というのは、あまりに乱暴だと思いますし。
今更そのことを責めるつもりはありませんが、本人も、生徒の状況をきちんと把握しないまま、突き放すような形で関係を終わらせたこと、棘のように、ずっと胸に刺さっていたのかもしれませんね。
真央ちゃんと関係を解消したこと、「今でも後悔している」という言葉がきけたのは嬉しかったです。

だけど、この時の真央ちゃんの、思った以上の状況の過酷さには泣けてきます。
お母様がガンの宣告をされたのは、この時期だったのですね。
どんなに辛く、不安だったことでしょう。
そんな折に突然のコーチ不在。
世界選手権の前には出場が危ぶまれるほどの足の怪我。
そして、優勝したらしたで自国のテレビ局からの酷い仕打ち…。

メンタル的にも、肉体的にも、17歳の少女が受ける試練としてはあまりにも厳しすぎる。
ボロボロになってもおかしくない。
それでも、そんなそぶりは微塵も見せずに優勝してみせた真央ちゃん。驚異の精神力の持ち主だと、改めて思いました。
凄いとしか言いようがない…。
それを、その努力を、実際の結果以上の価値のある功績を、あざ笑うかのように踏みにじり、貶めた某テレビ局は絶対に許せない!!
改めて怒りがわいてきます。

福留さんに関しては、いちいち言動が「軽率」としか言いようがないです。
審判でありながら、選手のプライベートなことにまで関わるというのも、
それを堂々と人目に触れる場所でやるというのも、
結果、ひまわりちゃんを世間にさらすようなマネをするというのも(カメラのたくさん入ったリンクサイドに立つなんてバカですか。)
注目選手は安藤さん、というのも、「短期間で驚異的な復調を見せたので、どこまで頑張れるか注目している。」という風にもとれなくもないですが、それならもっと言い方があるだろうし、彼女だけでなく他の選手一人一人にもふれるべきですよ。
もし、ふれたけどカットされたのなら申し訳ないですが、掲載通り、安藤さん一人を持ち上げたのならやっぱり軽率。

考えが足りないのか、故意なのかはわかりませんが、これらを疑問に思われた石ころさんの感覚はおかしくないと思いますよ。
何が正しい答えなのか私にはわかりませんが、私も同じように疑問に思うということは確かです。
  1. 2013/11/22(金) 00:50:16 |
  2. URL |
  3. soramomo #-
  4. [ 編集]

石ころ様、後れ馳せながらラファコーチの詳しい訳をありがとうございます!翻訳機じゃいまいちわからなかったので…(笑)
当時の彼らにあった真実はわかりませんが、真央ちゃんの事を大事に思ってくれているのはよくわかります。
回転不足のくだり、要約すると『あ゛?いつのどのジャンプがそうだったって?ソース出せコラ』ですよねw
真央ちゃんが戦ってきたものが何かを知らなければ、この言葉は出ないですよね。
当時の真央ちゃんの大変さ、辛さは計り知れないほどですね。
こんなに辛い思いをしてもお母様の秘密を守り通し、腐らずにひたむきに自分を磨き続けた真央ちゃんは本当に奇跡のような存在です…。

美姫ちゃんの件は、美姫ちゃん本人にも『もし今後手心を加えられたと思われたら心外だから必要以上に親しくするのはやめよう』くらいのプライドをもっていてほしかったし、福留氏の方は大人な上、国際ジャッジ資格をもつのですから余計に自覚を持ってきびしくするべきですよね。
ていうかそもそも、正々堂々とスポーツするのに何の差し支えもないはずの“ジャッジと選手はプライベートで必要以上に接触してはいけない”という決まりを作っていないということは、ISUの中にその決まりを作ったら困るという思惑が働いているのではないですかね?

もう最近はあまり注目はしていませんが、今季の美姫ちゃんには色々考えさせられますね。
ただmegumi様の仰っておられた、フジ社員が東日本ジャッジにインしていた事には開いた口が塞がりません。
連盟マジでどうなってんだっていう…
  1. 2013/11/22(金) 09:07:51 |
  2. URL |
  3. いわ #gJtHMeAM
  4. [ 編集]

「選手としてだけでなく、一人の女性として応援して欲しい」

え?
フィギュアスケートがスポーツである以上、選手として見られるのが当たり前。女性としてみてほしいというのは甘え。
ジャッジと距離をおくのも当たり前。「近い」と回りから見られるような行動はつつしむべきでしょ。
  1. 2013/11/22(金) 15:20:07 |
  2. URL |
  3. kijita #-
  4. [ 編集]

初めてまして・・。

ちょっと、ご意見お聞きしたい事があります。
オリンピック、韓国女子3枠、ロシア2枠って、どう思いますか?

今季、ファイナルに3~4人いきそうなロシア、
グランプリシリーズに、だれもいない韓国・・・。

出場枠、昨年の世界選手権、一回で決まりって、ちょっとないって、思いませんか・・・?

MAX3枠は仕方ないとしても、出場可能な選手の今季のジュニア、シニアの国際大会の成績で、プラスマイナス1程度の修正をするようにできないものでしょうか???

やはり、オリンピックには、ふさわしい力量の選手が出るべきです。
  1. 2013/11/23(土) 16:43:16 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

福留さんの発言

始めまして(たぶん)。
元の記事は読んでませんが、引用されてた言葉はごく普通で、別に癒着した感じはありません。
石ころさんが先入観に影響されたのか、私が鈍感すぎるのかは不明。正直な話、初めに批判を読んだので、その福留という人の贔屓発言はさぞかし・・・と思ってたのが、肩透かしをくわされた感じでした。
西日本新聞の記事も別に非難されるようなものではないと思う。

それを訂正するのがブログの最後。あれはない~と思いました。
だって福留氏の写真付きカードまで出して批判した後だから。
読者としては「どす黒い繋がり」とイメージしてしまうわけね。

そういう訂正は、原文に横線を入れる等して、間違って伝わらないようにしたほうがよくありませんか?
今のままだと、石ころさんにそんな意識がないのは間違いないんですが、結果的には印象操作になってしまってると思います。

なんか上から目線になってしまってゴメンナサイ。
別に石ころさんが嫌いとかブログが不愉快というのではないです。
  1. 2013/12/04(水) 11:22:30 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。