ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

KY新プログラム発表。ファンスパイラル=風車でOK?

KYのプログラム、9月と言っていたのに、
意表をついて今日発表されたみたいですね。

SPは「センド・イン・ザ・クラウンズ」
FSは「アディオス・ノニーノ」

ということです。


<フィギュア>キム・ヨナ、ソチオリンピックで披露する新曲を発表
中央日報日本語版 2013年08月26日16時49分

「フィギュアクイーン」のキム・ヨナ(23)が、オリンピックシーズンに披露する新しいプログラムの曲名を発表した。

キム・ヨナのマネジメント会社であるオールザットスポーツ(パク・ミヒ代表理事)は26日「キム・ヨナの新しいショートプログラムは『Send in the Clowns』フリースケートプログラムは『Adios Nonino』で、2つのプログラムは全てこの7年間キム・ヨナとともにしてきた振付け師デビッド・ウィルソンの作品」と明らかにした。

2つのプログラムはキム・ヨナが2013ISUグランプリシリーズだけでなく2014年ソチ冬季オリンピックで演じる予定で一層の関心を集めている。キム・ヨナのショートプログラム曲『Send in the Clowns』は、『West Side Story』や『Sweeney Todd』で有名な米国のミュージカル作曲家Stephen Sondheimが作曲した曲だ。ロマンティックながらも悲しみを含んでいる曲で、キム・ヨナの感動的で優雅な演技を期待させる。またフリースケートプログラム曲の『Adios Nonino』は、アルゼンチンのタンゴの巨匠Astor Piazzollaの作品だ。1959年に作曲されて以降、何度も編曲されて数えきれないぐらい演奏されているほど有名で、熱情的な中にも切なさを漂わせるタンゴ曲だ。キム・ヨナがタンゴを大会プログラムに選んだのは今回が2回目だ。16歳の時のシニアデビュー舞台でショートプログラム『ロクサーヌのタンゴ』に合わせて成熟した美しい姿で演技をし、世界を驚かせた。さらに自身の最後の大会プログラムで再びタンゴを選び一層熱情的で魅惑的ながらも、より成熟したタンゴの演技を披露すると期待されている。

キム・ヨナはシニアデビュー以後『死の舞踏(Danse Macabre)』、『ジェームズ・ボンドメドレー』、『ヴァンパイアキス』など強烈でカリスマ性あふれるイメージの曲をショートプログラムに、『ガーシュウィンのピアノ協奏曲ヘ長調』や『レ・ミゼラブル』など優雅で感動的な音楽をフリープログラムに選んできた。だが今回は叙情的な『Send in the Clowns』をショートプログラムに、強烈で多彩な雰囲気の『Adios Nonino』をフリープログラムに選び、これまでの選曲パターンとは明らかに違う姿だ。

キム・ヨナは3月の世界選手権大会で優勝した後、泰陵(テルン)選手村スケートリンクで新しいシーズンの準備にまい進している。彼女は来月開かれるISUグランプリシリーズ第2次カナダと第5次フランス大会出場が決まったおり、来年2月に開催されるソチ冬季オリンピックに出場する予定だ。

20130826164950-1.jpg


韓国のニュースでは、
KYとウィルソンのコメントも掲載されてました。


キム·ヨナ 'ソチ五輪ショート - フリー'公開...叙情的ショート - 情熱のタンゴフリー 'の女王が帰ってくる "
スポーツ朝鮮(韓国語) 2013-08-26 10:55:58

キム·ヨナ 'ソチ五輪ショート - フリープログラム "公開...
叙情的ショート - タンゴの情熱フリー美女に変身

フィギュア女王キム·ヨナ(23、オール·ザット·スポーツ)が五輪シーズン披露する新しいプログラムの曲名を発表した。

キム·ヨナのマネージメント社である㈱オールザットスポーツ(代表理事パク·ミヒ)は "キム·ヨナの新しいショートプログラムは" Send in the Clowns(道化師を送ります) '、フリースケーティングプログラムは、 "Adios Nonino(アディオスノニノ)'"であり、 "どちらのプログラムも、過去7年間でキム·ヨナと一緒にしてきた振付師デビッド·ウィルソンの作品 "と明らかにした。 両方のプログラムは、キム·ヨナが、20​​13 ISUグランプリシリーズだけでなく、2014年ソチ冬季オリンピックで演技する予定なのでより一層関心を集めている。

キム·ヨナのショートプログラム曲である "Send in the Clowns 'は、'ウェストサイドストーリー"、 "スウィーニートッド"で有名なアメリカのミュージカル作曲家スティーブンソンドハイム(Stephen Sondheim)が作曲し、1973年に初演されたミュージカル "A Little Night Music"で最も広く知られた曲である。 ロマンティックで悲しみを込めた曲で、キム·ヨナの感動的でエレガントな演技を期待させる。

フリースケーティングプログラム曲 "Adios Nonino"は、アルゼンチンのタンゴの巨匠アストルピアソラ(Astor Piazzolla)の作品。 ピアソラはこの曲をはじめ、タンゴにクラシックを融合した "Nuevo Tango(ヌエボ·タンゴ)"という新しいジャンルを開拓した。 "Adios Nonino"は、1959年に作曲された後、何度も編曲されて数えきれない程演奏されるほど有名で、情熱的な中でも、弱々しさを感じさせるタンゴ曲だ。

キム·ヨナがタンゴを大会のプログラムに選んだのは今回が2度目。 16歳の時にシニアデビュー舞台でショートプログラム 'ロクサーヌのタンゴ'に合わせて成熟して美しい姿で演技をして世界を驚かせたキム·ヨナが自分の最後の大会のプログラムに再びタンゴを選択すると、より情熱的で魅惑的でありながら、一層成熟されたタンゴの演技を披露するものと期待を集めている。

キム·ヨナはシニアデビュー後 '死の舞踏'、 'ジェームズ·ボンドメドレー "、"吸血鬼のキス "など、主に強烈でカリスマあふれるイメージの曲をショートプログラムで、"ガーシュウィンのピアノ協奏曲ヘ長調 "や"レ·ミゼラブル "など優雅で感動的な音楽をフリープログラムに選択してきた。 しかし、今回は、叙情的な "Send in the Clowns 'をショートプログラムで、強烈で多彩な雰囲気の" Adios Nonino "をフリープログラムに沿って、その中の選曲パターンとは明らかに違う姿だ。

キム·ヨナはショートプログラム曲 "Send in the Clowns"の "女主人公が過ぎ去った愛を偲んで歌う歌で、以前にこの曲を聞いたとき、大会のプログラムにしてみたいと思っていた"とし、 "今回の選曲過程でふとこの曲が浮上し、この曲でぜひフィギュアの演技を見たいという気がして最終的な決定をした "と、プログラム曲選定理由を明らかにした。

キム·ヨナの振付師のデービッド·ウィルソンは今年オールザットスポーツとの国際電話で "5​​〜6年ほど前にこの曲を初めて聞いたとき、キム·ヨナがこの曲に合わせてスケーティングをすることを描いてみたことがある。その時はこの曲を提案していなかったが、今回キム·ヨナがこの曲を好きだとしたときに "今だ"と思った "と、"キム·ヨナのパワフルかつ叙情的な演技スタイルにぴったり合わせたような曲 "とショートプログラムについて説明した。

一方、フリースケーティング曲 "Adios Nonino"についてキム·ヨナは "ショートプログラムとは正反対のスタイルの強いタンゴ音楽である。あまりにも有名な曲であり、私の好きな​​曲の一つ"とし、 "以前とは全く違う雰囲気のタンゴになるようだ "とし、"その中のプログラムの中で最も難しくて大変なプログラムであると思われるが満足のいくプログラムだ "と所感を伝えた。

キム·ヨナは "現役選手としての最後の大会のプログラムであるだけに、私がその間スケートをしたかった音楽を選曲になって嬉しくて、それだけ素晴らしいゲーム内容をお見せできるように努力する"と付け加えた。

また、デービッド·ウィルソンは、 "'Adios Nonino'は、非常にダイナミックで、強い感じの曲だ。この編曲は私の振付師の仕事を始めた時から持っていたこと"としながら "この曲は、豊かな感情を持っているだけでなく、魅力的な雰囲気の中で軽快な雰囲気で、強く、劇的な感じで、繊細で懐かしい感じに急激な変化を持った曲で、この曲は、誰も簡単に演技で表現することができない。この曲を演技で表現して出すフィギュア選手はただキム·ヨナだけだ "と説明した。

3月の世界選手権で優勝した後、泰陵選手村アイスリンクで新しいシーズンの準備に邁進しているキム·ヨナはISUグランプリシリーズ2次カナダと5回フランス大会出場を割り当て受けており、2014年2月に開催されるソチ冬季オリンピックに出場する予定だ。 <スポーツ朝鮮ドットコム>

2013082601002305500174701.jpg


SPはKYが以前から滑ってみたいと思っていた曲、
FSはウィルソンが温めていて、KYも好きな曲だということで、
「ロクサーヌのタンゴ」以来のタンゴ、ということですね。

FSのアディオス・ノニーノという曲は、
最近ではタクタミ選手が2011-2012年のSPで使用、
佳菜子ちゃんも2012-2013年のFSで一部取り入れていた、あの曲だそうです。

タクタミ選手が、そのものズバリ「アディオス・ノニーノ」だったので、
動画をお借りしてきました。

GPF 2012 SP Elizaveta TUKTAMYSHEVA


KYはこれまでSPはインパクトの強い曲、
FSは、あまり体力がないと言われてることを実証するかのような、
ゆったりした省エネプロが多かったように思います。

今回そのパターンが逆になるということですが、
FSで激しいタンゴ…体力は大丈夫でしょうか。

※8/27追記
「Send in the Clowns」は、
トーニャ・ハーディング選手がはじめて3Aを決めた曲だと聞いたので、動画追加します。
3Aが決まったときの実況の興奮ぶり、ハーディング選手のガッツポーズ、
その勢いに乗って、ことごとくジャンプが決まる決まる。
ライバルのクリスティ・ヤマグチ選手も思わず拍手、観客総立ちのスタオベ、
こういう感じ、いいですね~。

真央ちゃんも、ソチではこういう雰囲気の中、
改心の演技ができますように。


Tonya Harding 1991 US Nationals LP




先日、某所でスパイラルの話題に花が咲いてました。

ファンスパイラルってありますよね。
あれは、風車のような形を作るのがいいんだよ、
という話が出てました。

FAN=うちわ、扇、扇風機、風車

などの意味があるそうです。
weblio辞書より

2013082601.jpg

私はなんとなく「FUN=楽しい」スパイラル、
というイメージを勝手に持っていたんですが(笑)

風車の形が良いとされるということが正しいのか、
ちょっとググッただけではそのような解説に当たりませんでしたが、
そう言われてみれば、真央ちゃんのファンスパイラル、
風車に見えるかもしれないな~などと思ったり(笑)

u1366yc1kbjgq8q5g.jpg

風車の形を作るのが正しいとすれば、
上体はなるべく横に寝かせたほうがいいだろうし、
寝かせば寝かすほど難ポジなのかもしれないと思ったり。

確かに真央ちゃん、年々ファンスパイラルでは、
上体の倒し方が深くなってるんですよね。

そんなことに注目しながら、この動画を見るのも楽しかったです。
真央ちゃんのシニアデビューから愛の夢までのスパイラルが入ってます。

愛の夢の、あのうっとりするようなスパイラルで終わるところが、
なんとも心憎い動画でした。

Mao's Spiral~浅田真央選手のスパイラルを集めてみました~

動画主様、ありがとうございます<(_ _*)>”

あのエンディングを、最近覚えたgifアニメで作りたかったんですが、
私が使ってるサイトでは15枚しか画像が使えないんですよね…
(ちなみにこちら→GIFアニメスタジオ

何パターンか挑戦してみたんですが、
真央ちゃんのあの繊細な動きを15枚にしてしまうと、
なんともぎこちないアニメになってしまったので、
仕方なくボツにしてしまいました(_ _。)・・・シュン

悔しいので、せっかく切り取った画像だけでもUP(笑)

01_20130826201756ce7.jpg24_20130826201945468.jpg
02_201308262017586a1.jpg13.jpg
03_201308262017594c7.jpg25.jpg
04_20130826201801ad4.jpg32.jpg
05_2013082620175575f.jpg14_20130826201858b51.jpg
06_20130826201823ceb.jpg27.jpg
07.jpg15_20130826201852a89.jpg
08.jpg29_201308262019412c9.jpg
09.jpg16.jpg
21_201308262019187b9.jpg30.jpg
10.jpg17.jpg
11_201308262018539e4.jpg18.jpg
23.jpg31_20130826202010a77.jpg
12.jpg19_201308262019243f2.jpg

まさに「どこを切り取っても美しい」、
フョトショいらずの真央ちゃんでした。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/08/26(月) 21:52:45|
  2. キムヨナニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。