ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

特攻隊の遺書。真央ちゃん「最初から完璧を求めず…」。KYを応援しようキャンペーン開始。

■「最初から完璧を求めず、最終的に全日本あたりで完璧な演技を」

昨日放映された「キャッチフィギュア」の動画です。

「あまり最初から完璧を求めず、
 最終的に全日本あたりで自分の完璧な演技をして、
 まずはオリンピックの切符がとれたらいいな」

と語る真央ちゃん。

あまり最初から完璧を求めず、というのは、
初戦から難度を下げて無難にこなすという意味ではなく、
初戦からMAX構成で挑み、たとえ失敗しても試合に入れる感覚をつかむ、
という意味なんじゃないかな、と思いました。(私の希望も入ってますが)

柔らかさと凛とした強さを交互に見せる表情が素敵です。


動画主様、ありがとうございます<(_ _*)>”

真央ちゃんの言葉のみ文字にしてみました。

特別な…ソチオリンピックは特別な大会だと思っています。

もう毎日コンスタントに練習をして、やっぱり完成度を上げていけたらいいなって思っています。あまり最初から完璧を求めず、最終的に全日本あたりで自分の完璧な演技をして、まずはオリンピックの切符が取れたらいいなっていうふうに思います。

ほんとに正直な話、バンクーバーよりも、すごい金メダルが欲しい!っていうわけではなくて、もちろん取れれば、それはみんなそれぞれいいかもしれないけど、一応思いっていうのは、やっぱりこの、バンクーバーからソチオリンピックまでやってきた四年間の全てを出し切れればいいなって思っています。


2013081501.jpg
2013081502.jpg
2013081503.jpg
2013081504.jpg
2013081505.jpg
2013081506.jpg
2013081508.jpg



■お隣でも「KYを応援しよう!」キャンペーン始まる

お隣の今日のトップニュースはこれでした。

KYのスポンサーE1が、
「KYを応援しよう!」というサイトを準備したそうです。

昨日、住友生命さんの「真央ちゃんへの応援メッセージ」が1万件を超えた、
と話題になったばかりですが…偶然ですよね。


E1"全国民と一緒にキム·ヨナ選手の応援"
イーデイリー 2013.08.1512:00

LPG専門企業E1は、全国民と一緒に来月4日、キム·ヨナ選手の最後のシーズンを応援する席を用意すると15日明らかにした。

これに先立ち、E1は応援コンテンツ公募展'キム·ヨナ選手の全国民応援リレー'を来る28日まで進行する。 E1オレンジカードホームページ(www.e1orangecard.com)から▲キム·ヨナ選手を応援するUCC▲キム·ヨナ選手に関連する事情▲応援メッセージなど3つの部門に応募することができる。

動画、画像などさまざまな形で応募することができ、独創的なコンテンツを追加50人を選定し、来月4日、龍山CGVで開かれる現場イベントに招待する。対象1人にはソチ行き往復航空券を贈呈する。この日のイベントは、シーズン開幕前の最後の公式舞台でキム·ヨナ選手が直接出て授賞する予定だ。

この他にもキム·ヨナ選手に関連した感動的で面白いエピソードや応援メッセージをホームページに登録すると、それぞれ21人を選定し、現場イベント招待券(1人2枚)、お土産、オレンジポイントを提供する。キム·ヨナ選手の応援UCC作品は、YouTubeのチャンネル(www.youtube.com/user/e1yunakimucc)でも見ることができる。

2013081510.jpg


一億くらいのメッセージを集めて、
ウリナラピギョクインが一番だ!とか…いかにもありそうで。



■終戦記念日…ご先祖様に感謝の気持ちを忘れないように。

ところで本日(8月15日)は終戦記念日ですね。

これは昭和20年(1945年)、
当時17、8歳の青年たちの写真だそうです。

二時間後の死を覚悟していたとは思えないほど、
穏やかで優しい笑顔です。

2013081511.jpg

次にご紹介する動画の中に、この写真の説明がありました。

子犬を抱いた17歳

出撃を二時間後に控えた午後二時ごろのこと、
愛機に爆弾が装着されるのを見守っていた荒木伍長は、
チョロチョロと動き回る一匹の子犬を見つけ
「チロ、チロ」と呼びながら手を差し出した。
犬好きの荒木伍長は子犬のつぶらな瞳を見て
たまらなく愛おしくなり、抱き上げて頬ずりした。
そこに、仲間がやって来て、やや恐れた様子の子犬に、
「チビちゃん元気だせよ」
「大きくなれよ、チビちゃん」
と口々に声を掛けた。
その光景を新聞カメラマンガ撮影した一枚の写真である。
荒木伍長を中心に笑顔が並び、
出撃を二時間後に控えているとはとても思えないほど
朗らかな五人の姿があった。


中央の青年は荒木幸雄さん(陸軍伍長)。
荒木伍長がお兄様に宛てた手紙がこちらだそうです。
(動画より)

兄上様、永い間お世話に預り
ありがたく御礼申上げます。
何も思い残すことなく
死んでゆけます。

只一筋に当たるのみ。

今まで
何らご恩返しも出来ず
申し訳ありませんでした。
この度の出動は
幸雄のご恩返しと
思いお喜びください。

戦局も益々苛烈を
極める今日、
十八歳の身にて
敵に当たるは当然の事なり。

兄上様にも
今年入隊の事と思いますが、
何事もご努力と
誠心誠意軍務に
勉励されんことを
切に祈ります。

ご両親様と弟を頼みます。
特に三人の弟には
よく訓育なされ
将来立派な日本人として
自分の後に続いてくれる様
お願いいたします。

九段の花の下で
ゆっくり会いましょう。


胸が痛みます。

【現代語訳】特別攻撃隊~俺たちが死んで日本を守る~


そしてもう一つ、
別の特攻隊員だと思うんですが、
その遺書を紹介した動画がありました。

易しい言葉で切々と綴られる手紙に、
胸が一杯になりました。

特攻隊の遺書


十八歳 回天特攻隊の遺書

お母さん、
私は三時間後に祖国のために散っていきます
胸は日本晴れ。
本当ですよ、お母さん。
少しも怖くない。
しかしね、
時間があったので考えてみましたら、
少し寂しくなってきました。
それは…
今日私が戦死した通知が届く…
お父さんは男だからわかっていただけると思います。
ですが、お母さん…
お母さんは女だから…
優しいから…
涙が出るのではありませんか?
弟や妹たちも、兄ちゃんが死んだといって
寂しく思うでしょうね。
お母さん…
こんなことを考えてみましたら、
私も人の子…
やはり、寂しい…
しかし、お母さん…
考えてみてください。
今日私が特攻隊に行かなければ
どうなると思いますか…
戦争はこの日本本土まで迫って、
この世で一番好きだった母さんが
死なれるから、私が行くのですよ。
お母さん
今日私が特攻隊で行かなければ、
年をとられたお父さんまで、
銃をとるようになりますよ。
だからね、お母さん
今日私が戦死したからといって、
どうか涙だけは
耐えてくださいね。
でも、やっぱりだめだろうな
お母さんは優しい人だから…
お母さん、
私はどんな敵だって怖くありません。
私が一番怖いのは…
お母さんの涙です。



【終戦の日】天皇陛下のお言葉全文
産経ニュース 2013.8.15 12:48

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、
かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来既に68年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、
苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。

ここに歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、
戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

plc13081513490029-p3_20130815163820df8.jpg

plc13081513490029-p2_20130815163807cfe.jpgplc13081513490029-p1_2013081516375215c.jpg
全国戦没者追悼式でお言葉を述べられる天皇陛下と皇后陛下
=15日、東京都千代田区北の丸の日本武道館(鈴木健児撮影)



私たちが今こうやって泣いたり笑ったりできるのも、
ご先祖様たちが日本を守ってくださったおかげですね…
感謝の気持ちを忘れてはいけないと思いました。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/08/15(木) 16:17:50|
  2. 保守|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。