ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

知子ちゃん・樹くんアベック優勝!ほかいろいろ。それから、ありがとうございました。

■知子ちゃん、樹くん、アベック優勝!

宮原知子ちゃん、町田樹くん、アベック優勝!
おめでとうございます。

しかも二人ともぶっちぎりの優勝!
これは幸先いいですね。


町田、宮原が優勝=フィギュア
時事ドットコム (2013/08/11-19:17)

 フィギュアスケートのアジア・オープントロフィーは11日、バンコクで行われ、男子はショートプログラム(SP)首位の町田樹(関大)がフリーでも1位となり、合計226.21点で優勝した。女子も、SP首位の宮原知子(大阪・関大高)がフリーで1位となり、合計169.85点で制した。 (時事)
町田樹(まちだ・たつき)、宮原知子(みやはら・さとこ)


Asian Open Figure Skating Trophy 2013より

宮原知子ちゃん優勝!
2013081102.jpg

町田樹くん優勝!
2013081103.jpg

■大ちゃん、あっこさん練習好調!

大ちゃんとあっこさんも、
好調な練習の様子が伝えられてましたね。

動画ニュースと記事です。
合宿での大ちゃん、髪を束ねているんですね(笑)

動画主様、お借りします<(_ _*)>”

大ちゃんニュース(動画)
20130810 Daisuke Takahashi 合宿①
20130810 Daisuke Takahashi 合宿②
20130811 Daisuke Takahashi 合宿③

あっこさんニュース(動画)
2013.8.7.鈴木明子 ソチ五輪への決意表明


フィギュア:高橋大輔「仕上がりは早い」と手応え
毎日新聞 2013年08月10日 18時57分

 フィギュアスケート男子の高橋大輔(関大大学院)が10日、北海道清水町で行っている強化合宿を報道陣に公開した。今年で4年目となる北海道合宿のテーマは、基礎体力と4回転ジャンプの精度の向上。この日も4回転を成功させ「ハードな中でもレベルを落とさずに練習ができている。(昨季に比べて)大分、仕上がりは早い」と手応えを口にした。

 7月の北米合宿を終えた高橋は、今月4日に現地入り。涼しい気候を生かし、走り込みなどを精力的にこなしている。北米合宿では、振付師のローリー・ニコル氏が「(演技のつなぎの)スケーティングができていない」と指摘。27歳の高橋は「スケーティングを見直したら、ジャンプも安定してきた。スケーティングは奥が深い」と語った。

 また、この日は今季のフリー曲「ビートルズメドレー」を初披露。「曲を聴き、自分が体を動かしているだけで幸せになれる。五輪シーズンでこの曲に巡り合ってよかった」と、「イエスタデイ」など5曲を組み込んだ必勝ナンバーを楽しそうに舞った。【芳賀竜也】

2013081101.jpg



【フィギュア】明子、復調だ!3連続跳ぶ
スポーツ報知 2013年8月8日06時03分

 フィギュアスケート女子で来年のソチ五輪を目指す鈴木明子(28)が7日、所属する名古屋市の邦和スポーツランドで練習を公開した。現役最後と決意する五輪シーズンの新プログラムを披露し、6月に右足を痛めていたことも明かした。

 6月中旬に米デトロイトでフリーの振り付けを行った際、右足甲の中足骨に強い痛みが走ったという。帰国後の精密検査で骨に異常はなかったが、「右足をかばってジャンプが崩れてしまった。やっと痛みが取れたので、基礎からいいジャンプに作り直している」と調整に遅れが生じた。

 それでも練習では3連続ジャンプを跳ぶなど復調をアピール。今季はショートプログラム(SP)が「愛の賛歌」、フリーは「オペラ座の怪人」の音楽を使う。「SPは苦悩や悔しさも含めて人生を表現したい。やりきったという気持ちで終われるように、一日を大事に過ごしたい」と集大成のシーズンを迎える。

2013081104.jpg


大ちゃん、ビートルズメドレーの曲をかなり気に入ってるようですね(笑)
そう言われると、ますます早く見たくなります(o^-^o)

あっこさんは右足の甲に痛みがあるということで、ちょっと心配ですね。
早く治って、充実した練習ができますように。

■タオルはいかが?(笑)

ここからはタオルの販売促進です(笑)

無良くんのタオル、amazonで販売開始されたそうです。
伊藤ハムでは、真央ちゃんの公認タオルが当たるキャンペーンを開催するのだとか。

無良崇人選手応援ページ~空も跳べるはず~より

【Amazonなどで無良選手バナータオル販売開始】

おまたせいたしました!無良選手のタオル販売開始です。
以下のサイトにて販売をいたしております。
★こちらの、初回限定MURAデザインタオルは追加生産の予定はございません。

■Amazon(通販サイト)
http://www.amazon.co.jp/【無良崇人-選手】-バナータオル/dp/B00EE0P71Y/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1375951552&sr=8-2&keywords=無良選手

■MAX(バトン・フィギュア用品販売&通販)
http://www.max-osk.com/product/589

(丸山タオルFacebook引用)

murakun_20130811103023d65.jpg


伊藤ハム「『ワクワクBIGプレゼント』キャンペーンを実施」より

title3.jpg

【対象商品】
アルトバイエルン:122g、122g×2、180g、90g×2(北海道限定)
朝のフレッシュシリーズ:ロースハム3連・4連、ハーフベーコン3連・4連、しっとりボンレスハム3連、ショルダーベーコン3連、四角いももハム3連、生ハムロース3連

【期間・応募締切】
平成25年8月23日(金)~平成25年10月31日(木) 当日消印有効

【応募宛先】
〒536-8691 日本郵便株式会社 大阪城東郵便局 私書箱第41号
伊藤ハム アルトバイエルン・朝のフレッシュ「ワクワクBIGプレゼント」キャンペーン係


真央ちゃん「公認」と言われると、欲しくなっちゃいますよね(笑)
無良くんのタオルは世界に誇る今治タオルなので、使い心地は保証します(一応、ジモティー)。

タオルをゲットして、選手やスポンサー様のお役に少しでも立てるなら、
お安いものかもしれませんね(o^-^o)

■ナンデスくんのカレー。トランくんの演技。

ザ・アイスに来てくれたハビエル・フェルナンデス選手。

開催中は私も選手たちのツイッターを追いかけましたが、
こまめにつぶいやいてくれた選手が多く、楽しかったのを思い出します。

その中にフェルナンデスくんのつぶやきはなかったと思うんですが、
彼はもともと普段から頻繁につぶやくほうではないようですね。

でも、そんな彼が、ここにきて叫んでくれました。

「晩メシは日本のカレーライスだ!!」

Javier Fernandez ‏@Superjavi150491 8月7日
Japanese curry for dinner!! Yummmmmmmmy! =)
2013081105.jpg

チキン・カレーかな?
お肉がゴロゴロ入っています。

ザ・アイスの影響か羽生くんの影響かわかりませんが、
こうやって日常の中で日本を思い出してくれるのは、嬉しいですね(笑)

ザ・アイスでは、成&龍ペアの急成長ぶりに驚かされましたが、
成美ちゃんの相棒だったマーヴィン・トラン選手も、
最近カナダで新しいペアとの演技を披露したそうですね。

相手の女性は、ペアの経験があるということで、
こちらも成&龍ペアに負けないほどの完成度ですね!

成美ちゃん、トランくん、
違う空の下で、それぞれ頑張ってるんだなぁ、と感慨深かったです。

Natasha Purich / Mervin Tran SP, Quebec Summer Championships 2013




■韓国の審判に要注意

今日最初のニュースの通り、
アジアン・トロフィは日本人のアベック優勝という素晴らしい結果でしたが、
開催中、某所では、審判の名前を見て、
「日本人に不利な採点になるのでは」という心配の声もありました。

ジュニア女子テクニカル・コントローラーに「Ms. Chi-Hee RHEE」
シニア女子のテクニカル・スペシャリストに「Ms. Sung-Jin BYUN」

Chi-Hee RHEEは今さら説明するまでもなく、韓国のイ・ジヒ審判
Sung-Jin BYUNは、読み方はわからないのですが、やはり韓国の国際審判。

Sung-Jin BYUN
2011年4月からISUテクニカルスペシャリスト

389315_4306_2217.jpg

このSung-Jin BYUNについて、なぜイ・ジヒと同じように心配になるのか、
某所で資料が貼られていたので、翻訳機にかけてみました。

思いがけず長い記事だったのですが(苦笑)、
2011年世界選手権のSPのあとに出たニュースで、
このSung-Jin BYUN審判のインタビューをもとに書かれた記事となってます。

この審判の名前は、
google翻訳では「変性された」「辺技術委員」「変技術委員」、
yahoo翻訳とexite翻訳では「変態陣」となってしまい、読み方がわかりません^^;

発言内容を簡単にまとめると、

・SP1位のKYについては「バンクーバーのときよりも成長していた」
・2位の安藤選手については「よくない演技」
・3位のマカロワ選手については「十分な演技」
・7位の浅田選手については「今シーズンずっとよくない。コーチを変えなければならない」


バンクーバーより成長していたってアンタ(失礼)、このときですよね。

middle_1304378728.jpg

確かこの大会のときですよね、私が怒ってたの。
あの頃私がうるさいくらいに訴えていたことがあるんですが…
(毎日記事の最初にリンク貼ってたの、覚えてる方いらっしゃいますか?)
イ・ジヒに続く疑惑審判コ・ソンフィの発言に怒り心頭

この大会前に、これまた同じく韓国のコ・ソンフィ審判がテレビに出演して、
試合前の選手=浅田選手の弱点を公然と語り、
「KYが優勝する」と4回も宣言したんです。

試合前にはコ・ソンフィが、試合中にはこの「変性された」が、
あのKYの演技をを絶賛ですか。

同じ国の選手を応援したいのは人情でしょうが、
仮にも国際審判という立場であるなら、
口にしてはいけないことがあると思います。

韓国の審判は、私が覚えたこの3人だけを取っても、
そういう「公平さ」という意味から審判の資質があるとは思えません。


ISUテクニカル審判 "ヨナ、五輪の時よりも技量より成長"
オーマイニュース(韓国語)2011-04-30 19:18

1304158684215852_IE001301794_STD.jpg
▲29日、魅力的なジゼル演技を披露したキム·ヨナ選手

1年ぶりに帰ってきたフィギュアの女王キム·ヨナ。 <2011年世界フィギュア選手権大会>ショートプログラムで披露した彼女の技術的なスキルは名不虚伝だった。キム·ヨナは銀盤の上で魅力的な "ジゼル"を披露して65.91点を記録し、ショートで1位を記録した。 2位は安藤美姫、3位はクセニアマカロバの冷たくなった。浅田真央(ショート58.66)は、長いスランプから抜け出せず7位に打たれた。

これで30日の夜、フリースケーティング競技を控えた状況で、フィギュアファンたちの関心はキム·ヨナ選手が優勝するのかに集中している。 2位の安藤美姫(日本)との点数差がわずか0.33点(65.58点)に過ぎず、心を置くことができない状況だからだ。ホームでの試合を繰り広げる3位クセニアマカロバ(61.62点)の上昇も気になるところだ。

しかし、大会を見守った、ISUテクニカルスペシャルリスト変性された(41、大韓氷上競技連盟技術委員)(以下便技術委員)氏は、 "キム·ヨナのジャンプ、スピンなどの技量がバンクーバーオリンピックよりも発展した"と評し"今回の大会でキム·ヨナの相手がいない"と述べた。ただし、ショートプログラムで一回のジャンプミスがあったが、キム·ヨナの全体的な技量は "オリンピックシーズン '以上であるのだ。

"キム·ヨナ選手が最初のジャンプでミスをしたが、第2、第3のジャンプを置いて見るとジャンプの質が(オリンピックよりも)より良くなった。より簡単に高くジャンプを走った。最初のジャンプのミスも技量と訓練不足から来るものない、久しぶりの試合出場の負担からなように見えた。 "

1304158684266647_IE001301795_STD.jpg
▲キム·ヨナ選手のショートプログラム<ジゼル>演技した後、
アーティスト 'KiRen "さん​​が完成されたキム·ヨナの<ジゼル>


辺技術委員は、最初のジャンプの得点損害を、第2ジャンプですぐに取り出すことに対して賞賛を惜しまなかった。キム·ヨナは最初のジャンプでトリプルコンビネーション(トリプルルッツ+トリプルトーループ)ジャンプでトリプルトウループをしようとしなかった。

トリプルルッツジャンプの着地以上に体が大きく陥ったためだが、それによってGOE(加算点)減点幅も大きかった。しかし、単独ジャンプであったトリプルフリップを、コンビネーションジャンプ(トリプルフリップ - ダブルトウループ)に接続させた。

"(キム·ヨナ選手がマスコミで明らかにしたように)ミスに備えて練習をしておいても、いざ試合で瞬間的にトリプルルッツ+ダブルトウループをしようとするのは容易ではないが、キム·ヨナ選手は落ち着いて、これを成功させたおかげで、最初のジャンプの損害を補うことができた。 "

また、ジャンプとスピンが2010バンクーバーオリンピックの時よりも一段階進歩したものだと変技術委員は、明らかにした。辺委員はキム·ヨナが見せてくれたショートプログラム競技で披露したレベルの高いスピンドルの賞賛を惜しまなかった。

"キム·ヨナ選手はスピンの速度とスピンするときの柔軟性などでオリンピックシーズンを上回った。今回の参加選手の中で、スピンが最高だったんじゃないかと思う。特にレイバックスピンをするときに、爪が割れたように見えたがそのような状況下でも揺れなく、見事に演技をしたキム·ヨナ選手が歴代示したスピンドルの中でも、今回の 'ジゼル'は最高だったと思う。 "

この日の試合でキム·ヨナ選手のレイバックスピンはレベル4を認められ、GOEを1.29点や追加した。変位員はただ、キム·ヨナ選手がレベル3を受けた 'ジゼル'ステップのシーケンスについては、2010年バンクーバーオリンピックの時に少し及ばないようだと評価した。

130415868496670_IE001301796_STD.jpg
▲レイバック演技の途中で壊れた爪を眺めるキム·ヨナ選手

"(個人的に)ジゼルステップは、2010年バンクーバーオリンピックの時のダイナミックなステップほど良くはなかったと思う。ダイナミックな面が少し不足しており、ステップ動作が(オリンピックの時、007メドレー)過去よりも難しくないように感じられた。"

しかし、辺の技術委員は、 "ステップ部分の違いは、(オリンピックと比較して)わずかし全体的にオリンピックシーズンよりも技量が一段階成長した"と評価した。

1年ぶりに帰還したフィギュア女王キム·ヨナの技術的な成長は、終わりを知らずに成長し続けているのだ。フリーで実力が適切に発揮されると、自分のフリースケーティング個人の記録であり、世界新記録の150.06点に近いスコアを期待して見るに値する。

"2位の安藤美姫良くないスケートた"

変性された技術委員は2位を記録した安藤美姫の "良くないスケーティングをした"と指摘した。予想外の好演で3位を記録したロシアのクセニアマカロバには "ショート3位に十分な演技"と高い評価を下した。

"安藤美姫が2位を記録したが、今回のショートプログラムを見たとき、よくやった面を発見することができなかった。滑り自体を引きずりながらし、スピンなどの技術も良くなかった。そのためフリーでキム·ヨナ選手の対戦相手がいないそうだ。3位クセニアマカロバはホームで試合をした側面はあるが、滑り自体はよくしたし、ジャンプも良かった。ショート3位の得点を記録十分良い演技をした。 "

また、変更の技術委員は、2011年シーズンの極度の不振に陥った日本の浅田真央にも意見を明らかにした。日本の看板スター浅田真央は今回のISU世界フィギュア選手権大会でも不振で抜け出せずに7位を記録、優勝圏から実質的に離れている。

浅田真央は今回の<2011年世界フィギュア選手権大会>は、前のコーチだった "タラソワ"が恋しくなる時がなっている。辺技術委員は浅田真央の不振の原因についてコーチ交換の余波であることもできると 指摘した。

1304158684342044_IE001301797_STD.jpg
▲29日、ショートプログラム演技の後、一緒に笑ってキム·ヨナ選手。
30日のフリースケーティングでも<オマージュトゥコリア>の熱演が期待される


"技術的にみて、(今大会で)キム·ヨナ選手と競争することができる選手は浅田真央ほど考えていたが、今シーズン浅田真央はずっと極度の不振が繰り返されている。今回の<2011 ISU世界選手権大会>やはり、深いスランプから脱することができなかった。個人的な考えをもって浅田真央のこのような不振は、(タラソワ)コーチを交換したためだと思う。今シーズンずっと続けて良くない。今シーズンの成績がそんなに良くない場合はコーチを変えなければならない。 "

浅田真央の元コーチだったタラソワ(64)は現在、ロシア代表チームのコーチを務めている。この間、ロシアのスポーツ専門インターネット媒体sovsportインタビューしたタラソワは "キム·ヨナを見て、彼女はすべての状況を克服し、すべての構成要素を備えている。私は彼のファンではないが、彼のスケーティング技術を尊敬している"という発言で話題になったりもした。浅田真央は今の不振がさらに不便な理由でもある。

このような状況では、キム·ヨナの優勝を防ぐのは、 "自分の実力を証明する"ことができないミスに他ならない。落ち着いた心でキム·ヨナ選手がフリースケートである場合は、<2011年世界フィギュアスケート選手権>の勝利の栄光は、さらに彼女の近く近付くでしょう。 30日、夜9時51分、オリンピックよりも発展した 'フィギュアクイーンキム·ヨナ'を会ってみることができることを期待する。


ちょうどこの記事で語られたSPの動画がありました。
前半が安藤選手、後半がKYの演技です。

このときの安藤選手の演技をもって「よくない演技」とか…
どれだけ目が曇ってるのかと思ってしまいます。

【ニコニコ動画】安藤美姫vsキムヨナ 2011世界選手権SP【安藤65.58<キム65.91】???


KYが出る試合でこの3人が審判として出てきたら、
目を光らせなければならないと思っています。



<あとがき>

前回の記事について、たくさんの拍手、コメント、ありがとうございました。

最近ブログの管理画面の調子が悪く、きちんと数えられてないのですが、
あのたった一つの記事に、恐らく300近くのコメントをいただいてると思います。

もちろん、ひとつひとつ、じっくりと拝読させていただきました。

ご自身の経験を伝えてくださった方、
背中をさすってくださった方、、
ためになるブログや本を紹介してくださった方、
これからの生き方を教えてくださった方、
私が書かない間、議論を継続してくださった方、
私の身を案じて「個人的な部分は削除したほうが」と心配してくださった方、

とにかくみなさん、温かい(´;ω;`)

あの日、記事を投稿して、
あー、投稿してしまった。
やっぱり削除しようかな。
でも一度決心したんだし…とも。

あんなこと書いてよかったんだろうか、と思いながらも、
迷いを断ち切るように(逃げるように)ウォーキングに出かけてしまいました。

あとは野となれ山となれ。
自分なんかどうなってもいいんだし、という気持ちもありました。

歩きながら、ものすごく不安でした。

つい話の流れで書いてしまった自分のことでしたが、
何を自分のこと悲劇のヒロインみたいに…
と、穴があったら入りたい気持ちだったのです。

帰ってきて、ブログを開けると、
短時間の間にたくさんのコメントが。

優しい。

不安でいっぱいだった気持ちが解き放たれ、
泣きながらパソコンの文字を追いかけました。

たまたま私はそういう経験をしていたために、
もしかしたら多くの人は気にならない程度の言葉に、
敏感に気づき、しかも勝手に傷ついていただけなのかもしれません。

勝手に傷ついて、勝手に「傷ついた」と言っただけの私に、
あくまでも優しく接してくださったみなさんには、本当に感謝しています。
優しい人が集まってくださってるんだなぁと改めて実感し、嬉しかったです。

一番大きな仕事は「生き抜く」こと。

いただいた言葉ですが、心がスッと楽になりました。

たぶん私なんかよりずっと辛い経験をされた方も、
それを隠して私に温かい言葉をかけてくださったんだと思うんですが、
そういう方もきっとこの言葉で少し楽になるんじゃないかな、と思いました。

ところで、少し話が逸れますが、
非公開のコメントで、ひとつ気になったのがありました。

「書かないって言ってるけど、
 本当に書かないでいられるのかしら、って思っちゃいました」

これはすぐにアンチ(私のブログに対する)だとわかりましたが、
こういう人はたぶん、私の意見に対して批判したいのではなく、
私自身を攻撃したいんだろうな…と感じました。

その方へ…安藤さんのことは、書きますよ。
フィギュアスケートに関することは普通に。

シングルマザー、マタニティハラスメントなどの方面については、
デリケートなことだし、フィギュアスケートから離れてしまうので、
極力触れないようにはしたいと思っています。

そのあたりの文意を汲んでいただけたら助かります。

最後にもう一度。
今回、ほんとうにたくさんの温かい応援、ありがとうございました。

初めてコメントを残してくださった方、
何度もコメントを残してくださった方、
拍手で応援してくださった方、
訪問し、見守ってくださった方、
それから、更新をしていないにもかかわらず、
応援ポチをしていってくださった方…

ありがとうございました。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/08/12(月) 01:34:37|
  2. ごあいさつ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。