ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

大ちゃん曲発表!佳菜子ちゃんも引退宣言…

大ちゃんの曲が発表されましたね~
FSはビートルズメドレーということで、これは楽しみ!です。

■大ちゃん・羽生くん・小塚くん近況

朝日新聞スポーツtwitterより
snap0002097.jpg

兄の影響でビートルズもよく聴いてたんですが、
「フレンズアンドラバーズ」という曲がピンとこなくて、
あとで調べようと思っていたら、朝日新聞さんがちゃんと調べてくださってました(笑)

snap0002098.jpg
snap0002100.jpg

ショートについても。

snap0002099.jpg

朝日新聞スポーツさん、いい仕事してるじゃないですかね。
いい仕事の時には「さん」がつきます(笑)

大ちゃんニュース2つです。


高橋、フリーはビートルズ=自然体で五輪シーズンへ-フィギュア
時事ドットコム 2013/07/11-17:35

 フィギュアスケート男子の高橋大輔(27)=関大大学院=が11日、北米合宿への出発前に大阪国際空港で記者会見し、2014年ソチ五輪のシーズンで使う曲目などを明らかにした。フリーはビートルズのメドレーで、振り付けはローリー・ニコル氏に初めて依頼。ショートプログラム(SP)は佐村河内守氏作曲の「ヴァイオリンのためのソナチネ」で宮本賢二氏が振り付けを担当する。

 フリーのビートルズは「イエスタデイ」「カム・トゥゲザー」など5曲。振付師に浅田真央(中京大)らを担当したニコル氏を選んだ理由について、高橋は「自分が現役でいる間にやってもらいたい一人だった。素晴らしい才能の持ち主」と語った。支えてくれた人々への感謝の気持ちを演技に込めるという。

 今季限りでの引退を表明している高橋は「今は熱くなく、すごく落ち着いている」。自然体で3度目の五輪を目指す。

 合宿では米国でニコライ・モロゾフ・コーチと練習した後、カナダでニコル氏と会う予定。8月上旬からは北海道で合宿し、10月のジャパン・オープンが今季初戦となる。 

0130711at35_p.jpg
北米合宿へ出発前に、今シーズンの意気込みを語るフィギュアスケート
男子の高橋大輔=11日午後、大阪国際空港




フィギュアスケート・高橋選手、出産を公表した安藤選手へエール
FNNニュース 07/11 18:32

フィギュアスケートの高橋大輔選手(27)が、出産を公表した安藤美姫選手(25)について語った。

高橋選手は「(安藤美姫選手から)直接聞いてなくて、テレビや新聞の報道で知るという形で。聞いた時は、かなりビックリしたんですけれども。いろいろ言われているというか、いろいろなことが起きていますけど、命が生まれるというのは素晴らしいことですし」とコメントした。

高橋選手も驚いた、安藤選手の出産。そして、ママとしてソチオリンピックを目指すと宣言した安藤選手へ、エールを送った。高橋選手は「彼女自身(出産で)、また1つ強くなって、スケーターとしても、母親としても1つ成長して、また安藤美姫っていう世界観を見せてくれると思うので、そこを僕自身楽しみにしたいと思いますし、お互いオリンピック目指して頑張りましょうということを言いたいと思います」とコメントした。

高橋選手は、オリンピックシーズンに向けた準備のため、渡米する。アメリカでは、安藤選手のコーチを務めいてたニコライ・モロゾフコーチとともに、2大会連続のメダル獲得へ向けたプログラムをつくり上げる。高橋選手は「アメリカで久々に、ニコライに会って、プログラムを見せてっていうところが第一で。最後になるかも知れないシーズンですし、自分自身悔いのないように」と語った。

sn2013071105_50.jpg


羽生くんも「本気モード」だそうですよ(笑)

これを読んで思い出しましたが、昨シーズンは後半体調維持に苦労しましたね。
今は「体調管理にも自信があります」と頼もしい言葉が出てます。
これは期待できそうですね。


ソチ五輪シーズン直前。18歳・羽生結弦が「本気モード」に突入
sportivia 2013.07.09
折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 7月1日にはANA(全日空)との所属契約を発表し、ソチ五輪へ向けての競技環境を整えつつある羽生結弦。本格的なシーズンインを前に国内でのアイスショーに出演し、調整を続けている。

 昨季はシーズン前のアイスショーで新しいショートプログラム(SP)を披露し、演技構成を早めに決めていた羽生だったが、今年はまだ固まっていない。

 それは、ケガに苦しむ時期があった昨シーズンの経験をふまえ、今季はじっくりと練習に取り組みながらシーズン本番を迎えようという狙いがあるのだろう。実際、今年3月の世界選手権(カナダ)の直前には膝を痛め、不本意な結果に終わっていた。

「今季のフリープログラムはロマンチックで情熱的な部分も兼ね備えている曲で、形としてはほぼ完成していますけど、まだまだ見せられる段階になっていないです。SPの方はまだ難航していて、少し不安はあるけど、昨季と同じではなく、新しいものを見せたいという気持ちが強いです。構成としては最初にジャンプを1本やって後半に2本入れるというのは変わらないと思しますし、そこまで心配はしていません」

 6月28日から新横浜で開催されたアイスショー『ドリーム・オン・アイス』では、最終滑走者として昨季のSPを滑った羽生は、「4回転をやらなかったし、(3回転)ルッツで転んだけど、『ドリーム・オン・アイス』というショーで、初めての最終滑走を楽しく滑れました」と話し、笑顔を見せた。

 そして、最終日30日の公演では、ルッツはわずかに乱れただけで、トリプルアクセルをきれいに決めてガッツポーズが飛び出すなど、新しいシーズンへ向けて、徐々に気持ちもフィジカルコンディションも高まってきている。

「今季に向けて、ふたつの心境があります。ひとつは昔から憧れて夢見ていた五輪という舞台を目指すことで、すごくワクワクしながら緊張している自分がいる。そしてもう一方では、シーズンへ向けてしっかりと練習していなければいけないと思う自分がいる。その両方の自分をしっかり保ちつつ、ワクワクすることや緊張することを大事にして、ひとつひとつの試合に臨み、五輪までのプロセスを大事にしたいと思います」

 羽生にとって、五輪は「あの舞台で金メダルを獲りたい」と、子どもの頃から憧れている場所だ。仙台生まれである羽生の同郷の先輩・荒川静香が06年トリノ五輪で優勝し、その夢を大きく膨らませてくれた。

「あの舞台に立ちたいと思うし、そこで自分がどういう演技をできるかと考えてワクワクしています。ただ、五輪に出るには熾烈な争いが待っている。最終選考会の全日本選手権もそうですけど、その前のひとつひとつの試合でしっかりと高い得点を取ることや世界ランキングを上げることも(選考に)考慮されると思うから、そこもしっかりクリアしながら、ケガをしないで万全のコンディションでやりたいと思います」

 羽生は2012年3月の世界選手権(フランス)で3位になったが、試合直前に捻挫をしてしまい、万全の体調ではなかった。そして今年3月の世界選手権(カナダ)では直前に風邪をひいて休んでしまい、練習再開時に無理をした結果、膝を痛めた状態で臨まなければならなかった。世界選手権という大事な大会前の調整を2年連続で失敗してしまったため、ソチ五輪では「同じミスを繰り返すわけにはいかない」と、表情を引き締める。

「昨シーズンは膝を痛めてしまったのですが、それはなかなか完治するようなケガではないので、うまく付き合っていくしかないと思っています。ケガ防止のためのアイシングは注意してやっていますし、以前はそれほど意識していなかったストレッチも重視するようになりました。太股の筋肉や、それを支える上半身の筋力などにもフォーカスしてトレーニングをやっていますし、体調管理にも自信があります」

 五輪シーズンの新しいプログラムは、4回転ジャンプの本数は昨季と同じで、SP1回、フリー2回のまま変更しない予定。本数を増やすよりも、スケーティングやスピン、コンビネーションなどの面でまだまだ改良の余地があると考えているからだ。

(続きはこちらでどうぞ→http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/2013/07/09/18_1/index3.php

20130711.jpg
アイスショーで華麗な演技を見せた羽生結弦。4回転ジャンプも成功するなど順調に調整中だ


小塚くんのニュースはなかったのですが、
帰国したということで、こんな写真を発見しました(笑)

BOz6aMlCQAALB4x.jpg

元気そうでよかったです。

■佳菜子ちゃん、引退宣言。
 あっこさん・佳菜子ちゃん・羽生くん特集のDOI動画。


羽生くんがファンタジーオンアイスで4T-3A-3A-3A-1Aを跳んだと聞いて(びっくり!)、
その動画がないかな~と思って探してました。
合計16回転というんですから、これはもうニンゲンじゃないですね(笑)

残念ながら動画には辿りつけなかったのですが、
ふと見つけたドリームオンアイスの動画がよかったので、それをご紹介させてください。

ドリームオンアイスの動画ではありますが、
ショーそのものではなく、羽生くん・あっこさん・佳菜子ちゃんの特集です。

1つ目の動画はあっこさんが進行役のような感じの3人のトークが楽しく、
後半の羽生くん特集ではフェルナンデス選手の言葉に感動しました。

2つ目の動画は前半があっこさん特集、後半が佳菜子ちゃん特集なのですが、
佳菜子ちゃん…佳菜子ちゃんまで引退宣言をしていたというのは、この番組だったのですね。

DOIインタ部分(地上波)


Akiko Suzuki & Kanako Murakami   Interview


3人のトーク部分、羽生くんとフェルナンデス選手のインタビュー、
佳菜子ちゃんのインタビュー部分だけですが、文字にしてみました。

3人のトーク部分

オレンジ=あっこさん
ピンク=佳菜子ちゃん
ブルー=羽生くん 

振付とか、もう終わってる?

なかなかショートのほうが進まなくて、結構大変なんですけど…まぁでも、みんな終わったのかな…?

終わった、終わった。

全部?

うん

早っ!

カナと私はちょうど同じ時期に一緒にフリーに行ってて…だから、バーベキューしたりね~!

そう!おしかった~

どんなシーズンにしたいかな?

初めてのオリンピックシーズンだからどうなるかわかんないけど…

オリンピック経験したっていうのは、すごい大きいことだと思うんですけど、どんな感じなんですか?

同じ目標に向かってみんなで進んでいくから、やっぱりそこで「ぶれない」っていうことが自分は大事だなって思ってて…たぶんいろんなことをまわりから言われると思うんだけど、やっぱり一番信じてることをしっかりと持つことが、必要かなって、今自分にも言い聞かせてるところで。


羽生くんとフェルナンデス選手のインタビュー部分

ブルー=羽生くん
グリーン=フェルナンデス選手

二人は同じオーサーコーチのもとですが、お互いの印象はどうですか?

すごく仲良くこうやってアイスショーに出させてもらってますし、いつも仲良くやっています。

彼は一生懸命スケートする。アイスリンクで彼のような人がいつも身近にいると嬉しいね。彼がやる気を見せれば僕もやる気が出てくる。いつもお互いに助け合っているよ。特に4回転の時にはね。

ソチで五輪の表彰台には?

もちろん二人で一緒に乗りたい。で、そのあとで順位っていうのは決まってくるかなと自分の中では思ってます。練習の中でも競い合いながら、しっかり二人で強くなっていけるように頑張りたいと思います。

もちろん僕らは全力で他の選手に勝とうとする。でもたとえ僕が表彰台に上がれなくても、彼が上がれば僕はすごく嬉しい。彼は僕のスケート人生の一部で仲間だからだよ。


佳菜子ちゃんのインタビュー部分

もしこのシーズンが一番自分の満足のいくシーズンで終えれたら、自分もスケート辞めて、まぁ多分悔いが残って続けても一年か二年かなと思っているので、うん…まぁ、今シーズン一生懸命やらなきゃいけいないなって思っています。

引退は以前から決めていた?

決めてました。結果とかじゃなくて、自分がもういいって思ったら、もう辞めると思います。…たぶん。…たぶんですよ。やっぱりスケートの先生もすごくしたいですし、(引退は)早いってみんなに言われるんですけど、でもこれからの自分の人生に普通の学生をしておくというのはすごく大事なことだと思うので。


トークとプロローグ
doi2.jpg
doi3.jpg
doi4.jpg
doi5.jpg

羽生くん
doi6.jpg
doi7.jpg
doi8.jpg
doi9.jpg

あっこさん
doi10.jpg
snap0002079.jpg
snap0002080.jpg
snap0002081.jpg

佳菜子ちゃん
doi1.jpg
snap0002082.jpg
snap0002096.jpg
snap0002095.jpg
snap0002093.jpg
snap0002094_20130711211456.jpg
snap0002084.jpg
snap0002083.jpg
snap0002086.jpg
snap0002087.jpg
snap0002088.jpg
snap0002089.jpg
snap0002090.jpg
snap0002091.jpg
snap0002092.jpg

フジの女子アナをアップで映す演出は、個人的には好きではないのですが^^;
内容は真面目なもので、よかったと思います。

「三ヶ月前、ジャパニーズ絆で勝ち取った三つのドリーム・パスポート」
…確かにその通りなんですが、「ジャパニーズ絆」ってちょっと…
何でも横文字にすればいいのではない、と父が生きてたら怒りそうです(笑)

番組の中で、3人の昨シーズンの様子が挟まれるんですが、
みんな、泣いて笑って、一生懸命だったよなぁと思い出したりしました。

羽生くんとフェルナンデス選手は、
お互いほんとに良い仲間にめぐり合えて、よかったですね。

佳菜子ちゃん、真央ちゃんのことも語ってくれましたね。
佳菜子ちゃんも引退かぁ…

まだ18才なんですよね…惜しいな~いう気持ちもありますが、
いかにも末っ子タイプで甘えん坊と感じてたのに、
14才の頃に語った夢をずっと持ち続けていることもだし、
普通の学生生活を送っておく必要があると冷静に考えてたりして、
実はとても堅実だったんだなぁ、と感心してしまいました。

「満足できるシーズン」になることを祈ってます。

それにしても、日本の選手たちが、
ほんとに一気にいなくなってしまうのですね。

引退を決意または引退の可能性もある選手は、
大ちゃん、織田くん、真央ちゃん、あっこさん、佳菜子ちゃん、安藤さん…

これを今書いていて、寂しくなってきました。

動画主様、ありがとうございました。

今日は真央ちゃん以外の選手たちの話題が集まりましたが、
真央ちゃんといえば、もうすぐタラソワさんがやってくるんですよね~!

古いニュースですが、再び(笑)


【フィギュア】真央のため!タラソワ前コーチ、7月緊急来日

 フィギュアスケート女子の浅田真央(22)=中京大=が16日、都内で行われた健康機器メーカー「オムロンヘルスケア」の新製品発表にパジャマ姿で出席。今秋開幕のソチ五輪シーズンに備え、7月にロシア人のタチアナ・タラソワ前コーチ(66)が緊急来日することが分かった。

 関係者によると、タラソワ氏が振り付けした新フリーの完成度を高めるのが狙い。7月24日の愛知公演から始まるアイスショー「THE ICE」の前後に来日する予定で、ラフマニノフ作曲の「ピアノ協奏曲第2番」を使ったフリーの振り付けを「ブラッシュアップする」(関係者)という。

 GPシリーズ第1戦・スケートアメリカ(10月18~20日)から出場する真央は「いつものシーズンより(準備が)早く進んでいる」と調整に手応え。ソチ五輪シーズンを最後に現役引退する意向も改めて明言し、「最大限の努力をして、ソチの出場権を得て最高の演技をしたい」と力を込めた。

20130616-924263-1-L.jpg
健康医療機器メーカーの新製品発表会見でパジャマ姿を披露した浅田真央


もうすぐ新しいプログラムが見られますよo(*^-^*)o


<p.s.>

まる様、お返事ありがとうございました(*^^*)



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/07/11(木) 22:56:42|
  2. 日本選手|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。