ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

カート・ブラウニングがKYにひざまづく「ああ~女王様」。KYのジンクス。

■フィギュアスケート以外の気になったニュース

最初に、フィギュアスケート以外で、
ここ最近で気になったニュースを。

一番「ヤッター!」と思ったのがこのニュースでした。


日韓通貨協定、一部延長せず=7月期限の30億ドル分
時事通信 6月24日(月)16時39分配信

 財務省は24日、金融危機時に日韓両国間で外貨を融通し合う通貨スワップ(交換)協定のうち、7月3日に期限が来る30億ドル(約3000億円)分を延長しないと発表した。韓国側から延長要請がなかったため。これにより、両国の通貨交換枠は100億ドルに縮小する。

 財務省は「経済情勢を踏まえ、両国がそれぞれ延長は必要ないと結論付けた」と説明。歴史問題などを背景とした日韓関係の悪化が影響したとの見方を否定した。 


後日談で恨み節をいう韓国。タイトルのみで。

韓国中央銀行総裁が「規模が小さすぎて意味がない」、日韓通貨スワップ延長見送りで―中国メディア(XINHUA.JP)

サッカーでは日本代表への絶賛記事が目立ちました。
こちらも見出しのみですが。

イタリア紙も日本代表を絶賛…香川には「その実力がわかった」(デイリースポーツ)
イタリア代表DFが本田を絶賛(Goal.com)
イタリア戦健闘の日本を世界各国メディアも称賛(Goal.com)
ブラジルの地元紙も日本代表を絶賛(デイリースポーツ)

イランと韓国について、何かと話題になってますが(もちろんイラン支持します)、
日本がこういった意味で常に評価していただけることは嬉しいですね。

それはいいんですが、サッカー関連でこんな記事も…


政治的メッセージ問題の韓国代表DFパク・チョンウが出場停止処分を終え復帰
ゲキサカ 13/6/11 22:08

 11日に行われたW杯アジア最終予選でA組の韓国はホームでウズベキスタンに1-0で勝利し、W杯出場に大きく前進した。

 またこの試合でロンドン五輪3位決定戦の試合後に政治的メッセージの書かれたボードを掲げたことが問題となったDFパク・チョンウが、2試合の国際試合出場停止処分を終え、復帰を果たした。

 先発メンバーに名を連ねたパクはフル出場で勝利に貢献。しかし前半32分にイエローカードを受けたことで累積2枚目となり、最終節イラン戦は出場停止となった。


ロンドン五輪で「竹島パフォーマンス」をしたパク・チョンウ。
あのとき、時間をかけてかけて、挙げ句の果て激甘の処分しか下せなかったFIFA。
KYの五輪憲章違反がいまだに見逃され続けていることへの苛立ちがあっただけに、
その処分を聞いたときは、絶望的な気分だったことを思い出します。

そいつ(口が悪くてすみません)が、
何事もなかったかのようにしれーっと競技に復帰していたというんです。
これには呆れました。

スポーツは汚いです。
ほとんどの選手は純粋だと思いたいですが、
韓国という国と、スポーツを取り巻く環境が、汚いです。
私は韓国のことしか調べてないので、私の中では、ですが。



■カート・ブラウニングがKYにひざまづいてお辞儀「ああ~女王様」

昨日はKY父子の話題がニュース欄を独占してましたが、
今日はカート・ブラウニングの話題で持ちきりでした。
代表的な見出しはこんな感じでした。


"伝説"カットブラウニング、 キム·ヨナに大きな節"ああ〜女王様"
'フィギュア伝説'ブラウニング、 'フィギュア女王' キム·ヨナにひざまずいてお辞儀...なぜ?
キム·ヨナブラウニング"お辞儀"ビックリ... "伝説が伝説に"


ひとつご紹介します。


[映像] 'カナダのフィギュア伝説'もキム・ヨナ絶賛!ひざまずいて "お辞儀"話題
スポーツソウルドットコム 2013-06-26 14:20

winshot003245.jpgwinshot003246.jpg
カナダのフィギュア伝説切口褐変が偶然出会ったキム・ヨナに礼拝をしている。/ YouTubeのビデオキャプチャ

'伝説、女王の前にひざまずく!

'フィギュア女王'の前に '伝説'も寄ることが分からなかった。道のキム・ヨナ(23)と偶然に向き合った "カナダのフィギュア伝説 'カート・ブラウニング(47)がキム・ヨナに向かって丁寧な礼拝をして話題を集めている。

23日の動画専門サイトユーチューブには、21日から23日までの3日間、ソウルオリンピック公園体操競技場で'三星ギャラクシー★スマートエアコンオール・ザット・スケート2013'アイスショーを終えたキム・ヨナの映像が上がってきた。公演を終えたキム・ヨナは、バッグを担いだまま悠々と道を歩いていった。ちょうどの距離にあったブラウニングはたくさん驚いた表情で両手をまぶしくのところ、恐ろしい速度でキム・ヨナに殺到した。多少過剰な嬉しさの表現だった。

彼はキム・ヨナに向かって何とつぶやいたところで道に完全に膝を開けて数回頭を下げた。愉快な笑いを与えたブラウニングの "オーバーアクション 'でキム・ヨナも笑顔で応えた。

ブラウニングは、世界フィギュア世界選手権男子シングルを4回も制覇した 'フィギュアの伝説'で2011年に次いで2番目にキム・ヨナアイスショー招待されてファンの前に立った。

◆[映像]キム・ヨナの'カナダのフィギュアの伝説'にひざまずいて礼拝!'話題'
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=vrofrnfvnR4


昨日の父娘の動画にも、この様子は映ってましたね。(1:20~)
土下座の部分はちょうど画面が切れていてわかりませんでしたが、
ひどく大げさにKYにあいさつをしているのはわかりました。

あれを見たときは、
同じショーに参加しているものとして
精一杯盛り上げようとしているんだろうな、と思いました。

このニュースで、それが土下座のポーズだったことを知って、
サービス精神だと思っていたものが「嫌味」だったんではないかと思えてきました。

慇懃無礼(いんぎんぶれい)という言葉があるように、
必要以上に礼儀正しくすることは、逆に相手に失礼になることもあるので。

先日のワグナー選手は皮肉だとしたら、
今日はカートは嫌味だったのでは…?
少なくとも私はそういう印象を受けましたが…

カートのあれがパフォーマンスでなく本心だったら、残念です。
KYのスケートが好きで、素晴らしいと思うのは自由です。
ただ、KYがスケート界に及ぼしている悪い影響を見て見ぬふりをするところが残念です。

カート・ブラウニングは、もう一枚の写真でも話題でした。


ブラウニングキム·ヨナと撮った "親友認証ショット '公開
韓国経済TV 2013-06-26午後5:47:00

男子フィギュアシングルの伝説カート・ブラウニングとキム·ヨナが一緒に撮った認証ショットが公開された。

前スケート選手やスポーツの解説者として活動中のカットブラウニング(Kurt Browning)は24日、自身のツイッターに "ヨナ、幻想的なオール·ザット·スケートの経験に感謝する(Thank You @ Yunaaaa for a fantastic @ AllThatSkate adventure)"とし、 "ああ、ミニテコンドー授業も(Oh、and for the mini taekwondo lesson) "と言ってキム·ヨナとテコンドーの姿勢で撮った写真を掲載した。

最近キム·ヨナ仕事帰り動画で同フォーム丁寧なお辞儀で話題を集めた褐変は、カナダ出身のフィギュア世界選手権男子シングルを4回も制覇した '男フィギュアの伝説'で、 '女子フィギュアの伝説'ミシェル·クワンと同等の人物。 21日から23日までソウルオリンピック公園体操競技場で開かれた '三星ギャラクシースマートエアコンオール·ザット·スケート2013'アイスショーで華麗な演技を披露している。

news1125_1372235688.jpg
▲キム·ヨナブラウニングテコンドーの姿勢(写真=ブラウニングツイッター)


一緒に滑った選手と写真を撮ってツイッターに上げるのは、
それは普通のことなので、こういうのには腹は立ちませんが…

そして次のニュース…

真央ちゃんは最近複数の番組で「ジンクス」を聞かれて、
「左足からリンクに入る」ことが自分なりのジンクスだと話していました。

今日のニュースで、KYのジンクスを、

「KYはスケート靴を右から履く」
「血を見ると運がいい」


と伝えていました。


金星根監督も李鳳柱もキム·ヨナもある...破ることができない "ジンクス"
イツデイ 2013-06-26 10:49

"バンビーノの呪い

1920年メジャーリーグのボストン·レッドソックスがホームラン王ベーブ·ルースをヤンキースにトレードした後、2002年までに82年間、一度もワールドシリーズで優勝できず、このようなニックネームが生まれた。 バンビーノの呪いは、スポーツの分野で数十年が経った現在も代表的なジンクスの例で使用されている。

このように、スポーツ種目の選手たちには唯一 'ジンクス'がたくさん付いて回る。

高揚ワンダー金星根監督は、チームが連勝している中面をしていないことで有名だ。 また、階段を上り下り方向の位置はもちろん、トイレに行く時も決めておくだけジンクスに敏感である。

李承燁もジンクスを持っている。 彼はホームランを打ったとき着ていたユニフォームを翌日の試合に再び吸う着ることで有名だ。

国対を代表したマラソンランナーの李鳳柱は、ゲーム時が来れば無条件にひげを育てて大会に出場した。

フィギュア女王キム·ヨナも自分のジンクスを打ち明けたことがある。 彼は ”多くの選手がスケートを右側から履いてこそ競技がうまく解決すると考える。 私やはり右側から履く。 時々左側から履くときは再び右側から履くこともした”と説明した。 また“血を見れば運が良い。 以前に鼻血が出たことがあったが(運が良かった)”と付け加えた。

精神力が大きく左右されるゴルフでは、選手たちのジンクスがより敏感に受け入れられたりする。

赤シャツの恐怖を作り出した 'ゴルフ皇帝'タイガー·ウッズ(米国)。 彼が米プロゴルフ(PGA)ツアーを号令したピーク時に赤いシャツを着て最終ラウンドに勝利期待を語彫ったことがない。 ウッズは "赤いシャツを着てプレイするとなぜか強烈なエネルギーが生じるようだ。 赤い色が自信を招く "と口癖のように話した。

2000年代初めに米国女子プロゴルフ(LPGA)ツアーで絶対的な強者だったロレーナ·オチョア(メキシコ)は1番ホールティーショット前に、その大会の優勝トロフィーを触れる癖があった。 彼はこのような行動が幸運をもたらしてくれると感じたという。

韓国の選手も例外ではない。 申智愛(未来アセット)、金庚泰(新韓金融)などは、ゴルフボール番号に関連するジンクスを持っている。 これらは1と3が刻まれたボールの試合に出る。1は'1等 '、3は18ホールの中で最も多くのパー4ホールでの "バディ"を意味するからである。

グレッグ·スタインバーグスポーツ心理学博士は、 "ジンクスが心理的に不安な選手たちに、時には心の平和を与えてくれる"と助言した。

20130626101624_315921_600_835.jpg


いや、もちろん「ジンクスは?」という話題なんて誰でもすると思うんですが、
あちらの場合、いつもタイミングが日本で話題になった直後なので、
単純に気持ち悪いと感じてしまうんですよね。

日本の話題をチェックして、
それを真似てるとしか思えないです。

さらにジンクス自体が「血を見ると運がよい」とか…
イメージとして気持ちの良いものではないし、
実際に世界選手権でコストナー選手の落とした血を見てそう言ってたこととか…
文化の違いもあるでしょうが、感覚的に無理、って感じです。

次はどうでもいいニュースですが、
KYのクリスチャンネームを時計につけたそうです。


キム・ヨナのようにエレガントで美しい!キム・ヨナ洗礼名つけた時計発売
enews24 原文 記事送信2013-06-26 11:15 最終修正2013-06-26 11:25

今年で25周年を迎えた本格的なネオクラシックな時計ブランドロマンソンが美しくエレガントな外観のジュエリーウォッチコレクション"グレース・オン・アイス(GRACE ON ICE) 'の2番目のモデルを披露する。

ロマンソンの"グレース・オン・アイス'コレクションは、キム・ヨナスペシャルエディションに銀盤の上で美しい演技をするキム・ヨナ選手からインスピレーションを受けてデザインされた。

エレガントで女性らしい見た目に涼しく、純粋な感じの光沢はオブジェを使ったのが特徴的なジュエリーウォッチコレクションに今回のスイスのバーゼルワールドで初めて披露した。特に最初のモデルである'ザクイーン'の場合、リミテッドコレクションにキム・ヨナ選手のサインが刻印され、グラマラスな見た目と華やかさで発売されるやいなやキム・ヨナ選手のファンから多くの人気を集めた。

今回リリースした2番目のモデル"ステラStella_RM3254QL 'は、小さなダイヤルとジュエリーのバンドのブレスレットタイプで、女性スロオミョンソ豪華な魅力が引き立って見える。"ステラStella 'はキム・ヨナ選手の洗礼名であると同時に輝く小さな星という意味のイタリア語でロマンソンで運営するよりウォッチスフェイスブックの顧客参加のイベントで選ばれた。

ロマンソンの関係者は26日eNEWSに"今回のイベントは、キム・ヨナ選手のファンとロマンソンがキム・ヨナと一緒に過去と現在、そして未来の時間の物語を一緒に作っていくということに大きな意味を持つことができます。また、大韓民国フィギュア代表選手キム・ヨナと大韓民国を代表する時計ブランドロマンソンが本当によく似ているという点をもう一度感じるようになった"とイベントレビューを伝えた。

キム・ヨナのファンたちが歌うもう一つの名前である"ステラ"は"ザクイーン'のようにキム・ヨナスペシャルラインであることを象徴するキム・ヨナ選手のサインがケースバック面に刻印されてバンドまですべてのクリスタルで装飾され、ジュエリー感を強調したのが特徴である。豪華なクリスタルブレ露レットとほのかなカラーのダイヤルがマッチして、より女性らしい"ステラ"は、6月末40万ウォン台にリリースされる予定であり、全国よりウォッチス店舗とタイムアベニュー店、オンラインショッピングモールで会うことができる。

61659740.jpg


フォトショとか整形とか、あんまり軽々しく言いたくないんですが、
この写真はいくらなんでもフォトショでしょう…?

修正したイメージでクリスチャンネームを商品につけ、売る。
なんだかな~という感じは否めません。



■2ヶ月以上前のニュースですが、良い印象でした。

最後になりましたが、こんな記事が出ていたのをご存知でしょうか。
私は最近知ったのですが、わりと共感できる内容でした。

一字一句全て共感というわけではないので(苦笑)、
共感できた部分を赤文字共感できない部分を青文字にしました。


浅田真央ソチ後の引退「妥当」42% メディアを批判の声も
瞬刊!リサーチNEWS 2013.04.16 11:01

フィギュアスケート女子の浅田真央が来季限りで引退する意向を示した。バンクーバー五輪で銀メダルを獲得後も、ほぼ休むことなく試合に出場し続けた浅田。ジャンプ矯正に取り組み成績が安定しないシーズンが続いたが、今季は“メダル”という形と実ったシーズンでもあった。

シーズン前半は“代名詞”の3回転半を封印しながらも連勝。四大陸選手権では質の高い3回転半を成功させた。世界選手権ではキムヨナに圧倒的な点差をつけられ3位に終わったものの伊藤みどり以来の6種トリプル認定を達成。世界国別対抗戦では疲れの色を見せたが、高難易度の3フリップ-3ループを跳んだ

飽くなき挑戦を続けてきた五輪プレシーズンを終え、突然飛び出した引退宣言だが、これに対する世間の反応はどのようなものだろうか? 「浅田真央の来季限りでの引退意向をどう思う?」というネット調査では、以下の回答が得られた。

・引退はまだ早い:46%
・妥当だと思う:42%
・どちらともいえない/わからない:13%
(ヤフーニュース「クリックリサーチ」調べ、対象は10万0598人。4月16日4時31分時点 数値は小数点第2位以下四捨五入)

注目の結果では、「引退はまだ早い」と考える人が「妥当だと思う」を僅かに上回った。

「引退はまだ早い」と答えた人の中には、「その若さで引退なんて言わないで。世界には20代後半でも頑張っている選手はたくさんいる。もっと見ていたいと思うのは私だけじゃないはず」など、年齢を理由に続けてほしいと書き込む人が目立った。

また、「鈴木、安藤、高橋、織田らも引退が見えている今、今後、羽生、小塚、村上らで日本のリンクを引っ張っていかないといけない。そうなるとTV放映とかも怪しくなるし、スケート界への恩返しに最後のキャリアを充ててもらいたい願望は残る…」など、スター選手が来季で一気に引退してしまうことによる、日本のフィギュアスケートブームの終焉を危惧する声も。

中でも好感度がずば抜けて高い浅田の引退は、スケート界にとって大きな打撃と言えそうだ。

一方、ソチ後の引退を「妥当だと思う」と答えた人は、「人がとやかく言うことじゃない」と、本人の意向を尊重したい考え。「ここまでの人生、かなりハードだったと思うぞ。そろそろ人並みの楽しみや遊びもさせてやれ」、「早く結婚して子どもがほしいみたいなことを言っていたので、プライベートの充実を」など、第二の人生を応援する温かい声も目立つ。

常にライバルとして煽られてきたキムヨナの名をあげる人も多数。その見方には二通りあるようだ。ひとつは「先日の大会(世界選手権)で差がハッキリと出てしまい、ソチ五輪も極めて厳しい状況の中、プレッシャーとモチベーション維持が大変なのだろう」など、負けを引退のキッカケとする声。

もうひとつは、キムヨナの高得点のせいで、気力を失ったのだろうとする声。「高難度な技術にチャレンジすればするほど得点を下げられ、わけわからん出来映え点や芸術点など審判の手加減次第でいかようにも点数の操作ができる不透明な競技」「昔からミスなくロマンティックに滑りきる選手はいた。でもやってるジャンプの難易度が低かったらメダルには届かなかった。GOEだけでトリプルアクセル2本分稼ぐと聞いてこれはもうスポーツじゃないと思った」など、ジャッジへの憤りを隠せない様子。

もちろんキムヨナの美しい演技を別格と評価するスケートファンは多いが「転倒したジャンプに加点がつく」といったインフレ状態に疑問を感じる人もいるようだ

浅田は3回転半や、キムヨナが跳ぶものより高難度の3回転-3回転に挑戦してきたが、ある時期からエラーや回転不足をとられることが多くなり、得点源になりづらい状況が続いている。これについても「狙い撃ちする様に不可解な減点をする」とし、ジャッジや、ジャッジの流れを変えられなかった日本スケート連盟が彼女の引退を早めたと考える向きもある。

さらには、「浅田をいじめた日本のマスコミは万死に値する」といった批判もある。
これはキムヨナとの対決を煽ったり、浅田が優勝しても欠点やミスが目立つように報道したとされるメディアに対する怒りである。


このようにさまざまな熱い意見が書き込まれたのも、浅田が国民的スター選手である証だろう。

53178e779224951282320255dd798b22.jpg


記者ではなくアンケートの言葉なのですが、
「スケート界への恩返しに」というのには「は…?」ですけど。

3回転半のことはもちろん、
「キムヨナが跳ぶものより高難度の3回転-3回転」
「伊藤みどり以来の6種トリプル認定」

ときちんと紹介されたところが、とてもよかったと思います。

採点への疑問があることと、
マスコミの問題点を指摘したこともよかったです。

みなさんはどういう印象を受けましたか?



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/06/26(水) 21:39:06|
  2. 韓国あきれるニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。