ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ODA~マンガール村とパラオのお話。

ODAと言っても、織田信成選手のことではありませんよ(笑)

恥ずかしながら、私はODAという言葉は耳にしていても、
その意味も知りませんでした。

どこかの掲示板で誰かが貼ってくれたリンク。
それがいいお話だったので、ご紹介したくて。

お堅い外務省のホームぺージですが、
これを読んでODAの意味がわかりました。

外務省「ODAちょっといい話」より

稀有な運命で救われた日本人

 1993年のパリ・ダカールラリーでの話。

 日本人のアマチュア・ドライバーが運転する四輪駆動車が、モーリタニアの最西端ヌアジブから首都ヌアクショットに向かう途中、マンガール村という小さな漁村近くで、砂漠に突き出た岩山に激突、大破した。

 ドライバー、ナビゲーターともに複雑骨折などの重傷を負ったが、車はペシャンコで、自力で車外に出ることもできない。発見が遅れれば死んでいただろう。が、運よくそこに、ラクダを引いたひとりの少年が通りかかった。

 惨状を目にした少年は、自分の村まで取って返すと、「お父さんたちが乗っている漁船と同じマークの付いた自動車が岩に突っ込んだ。早く助けてあげて」と叫んで回った。漁船と同じマークとは、日本の国旗のことである。

 「日本の車」と聞いて、村人たちはスワッ一大事。漁に出ている者も呼び戻すと、村人総出で救出に向かった。2人の日本人は、村から軍の駐屯地へ、さらにヘリコプターで病院へと迅速に搬送され、そのお陰で2人とも一命を取り止めることができたのだった。

 ところで、マンガール村の人たちはなぜ、「日本の車」と聞いて救出に躍起になったのか。なぜ漁船に日の丸が貼ってあったのか。その理由を知る日本人は少ない。事故に遭った日本人がその理由を知ったのも、後のことだった。

 この村では、ほとんどの人が漁業で生計を立ててきたが、漁船といっても小さな手漕ぎボートしかなかったために、大西洋の荒波を越えて沖合いに出ることもままならない。漁獲量も知れたものだった。

 それを知った日本は1992年、沿岸漁業振興計画の一環として、無償援助で漁船や船外機をこの村に贈ったのだが、その際、モーリタニアと日本の友好の印として両国の国旗を並べて貼った。事故現場に遭遇した少年は、その「日の丸」を見覚えていたのだった。

 その後も日本は、当初の計画通り、1994年にも漁船45隻船外機61機無償供与し、モーリタニアの沿岸漁業の漁獲高は大幅に伸びた。日本の技術指導によってエンジンの整備士も育ち、漁船エンジンの修理も自前でできるようになった、という望外の成果も上がった。

 そんなわけで、マンガール村の人たちの日本に対する感謝の気持ちは並々ならぬものがあったのだが、日本に恩返しをしたくても、その手立てが見当たらない。パリ・ダカの日本人の事故は、彼らが日本に恩返しをする千載一遇のチャンスとなったのである。

 稀有(けう)な運命の巡り合わせが、日本とモーリタニアの友好を、さらに深めることになったのはいうまでもない。


この外務省の話に沿った動画もありました。

国旗の重み マンガール村の日の丸


せっかく来た外務省のページなので(笑)
このお話にジーンとしたまま、他のページもチェックしてみました。

そして「パラオ」の話題も見つけました。

このブログでもパラオの橋についての
エピソード動画をご紹介したことがありますが、
その橋も、日本のODAによって作られたものだったことを、今日知りました。
というか、当時は意味がわからないので聞き流してました^^;

外務省「ODAちょっといい話」より

外国の切手になったODA
新コロール・バベルダオブ橋建設計画(パラオ)


太平洋の島国パラオ。平成8年、首都のコロール島と空港や発電所があるバベルダオブ島を結ぶ橋が崩落する悲劇が起こりました。日本は、無償資金協力(平成10から13年度、総額32.21億円)により、二つの島を結ぶ頑丈な橋を新たに建設しました。この大動脈は、パラオ国民の生活と経済発展に大きく寄与し、また、空港から町にむかう訪問者が必ず通る場所にもなっています。この橋は、日本への感謝を込め、「日本・パラオ友好橋」と名付けられました。
kt_palau_01.jpg



外国の切手になったODA
「日本・パラオ友好橋」開通10周年を祝う切手


平成24年1月

 2012年1月11日,「日本・パラオ友好橋」が建設10周年を迎え,これを記念してパラオ郵便局は,1月25日に記念切手を発行しました。
 「日本・パラオ友好橋」は,1996年に前の橋が崩落し,断水や停電など深刻な事態が発生したことを受け,日本の政府開発援助により建設されたもので,2002年1月11日に完成しました。以降,この橋は首都や国際空港の所在するバベルダオブ島と商業の中心で人口の大部分が居住するコロール州を結び,パラオの経済の発展に大きく貢献。両国の友好の象徴となっています。
kt_parau_02.png


早速その動画をもう一度ご紹介したいと思います。

以前は「韓国よりも日本の技術のほうが優れてる」
という一例としてご紹介したこの動画ですが、
今日はまた違った目で見ることができました。

結構好きな動画です(笑)

ウリナラの建築技術は世界一(パラオ編)


私と同じように、ODAについてまだよく知らないという方もいらっしゃると思うので、
ODAについて、外務省お勧めページをご紹介しておきます。
外務省「ODAって何?」
外務省「ODAちょっといい話」

最近のニュースでも、ODAに関するものがありました。
あまり大きな話題になりませんが、日本はこうやって海外支援を続けてるのですね。
14億円の無償ODAに署名=「ペルーは重要なパートナー」-岸田外相(時事ドットコム 2013/05/01)
首相、5月ミャンマーへ ODAで経済協力を加速(中国新聞 2013/4/25)
日本のODAで幹線道路の拡幅工事へ(タイ・ベトナム)(NHK 2013/04/30)

パラオについては、かねてからご紹介したい動画がありました。

これまでもパラオについて書いたことはありますが、
いずれも短いご紹介だったので、今日は総力特集です。
(といっても動画を文字にしただけですが)

パラオについて、2つの動画をご紹介します。

日本がパラオを統治していた時代の、
日本の兵士たちとパラオの島民たちの交流が軸となっている点では同じですが、
1つ目の動画では、日本とパラオの友情、日本の戦い方などがバランスよく語られ、
2つ目の動画では、統治国として日本がしてきたこと、
決して踏みにじられることのない島民たちの想いが克明に綴られています。

動画主様たちの思い入れの強さも伝わってきます。
1つ目の動画主様は、後半感情的な語り口に、
2つ目の動画主様は、後半思わずパラオの観光案内を買って出られるほど(笑)

一つに絞りきれなかったので、両方ご紹介します。
文字起こしをしてから読み返してみたのですが、かなりの長編です。
いつも長くなってしまって、すみません。

でも、良いお話なので、
一人でも多くの日本人に知ってもらいたいです。

動画を見るだけでも、文字を読むだけでもいいので、
お時間の許せる時にでもm(_ _)m

日の丸とパラオの国旗の由来


(動画文字起こし)

皆さん、これは日本の国旗「日の丸」ですね。
では…こちらの国旗はどこの国の国旗かご存知ですか?

正解は、パラオの国旗なのです。
すごく日本の国旗に似てると思いませんか?

日本では、『日の丸』といえば国旗でありながらも、
日の丸を反対する日本人もいます。

本当にそれで良いのでしょうか…

しかし、パラオの人々は
この日の丸にとても尊厳を敬意の念を持っているのです。

この話は、日本とパラオの深い友情のお話です。

1919年、ベルサイユ条約の締結により日本は、
パラオを含むドイツ両南洋諸島の委任統治権を得ることになりました。

日本はこの地に沢山の移民を送り、
学校や医療施設、様々な工場を作りました。

町は整備され、
パラオの人々は日本人と共に平和に暮らしていました。

この写真は、日本がパラオを統治する以前の写真です。
おそらく、ドイツ植民地時代のものかと思われます。

パラオの学校で使われてている歴史の教科書には、
このように記されています。

表題『日の丸のもとに』

『日本の教育は非常に厳しい。
 しかし、礼儀正しく、生徒がどのような氏族に属し、
 どのような身分であろうともそのようなことは重視せず、
 人格を尊重し、授業の成績を重視するところである』

そのころ、世界各国では戦火の炎が強くなってきました。

パラオのぺリリュー島では、
戦火に備え日本軍の陣地が作られました。
村の若者も老人も喜んでその作業に参加しました。

村の人々と日本兵は非常に仲が良く、
日本の歌を一緒に歌ったりしました。

しかし、平和な日々は長くは続きませんでした。

次第に戦火はパラオに及び、
やがてアメリカ軍は対日包囲網を圧縮し、
米軍ハルゼー大将率いる第三艦隊、約八百隻の艦艇、
総兵力四万二千がこの地にやってきました。

パラオのペリリュー島を守備する日本軍は、
水戸弟十四師団座下の歩兵地区隊、
隊長である中川州男率いる一万二千名。

ペリリュー島が壮絶な戦場になることは明らかでした。

日本軍は村の民間人を犠牲にしてはならぬという判断により、
ペリリュー島の全村人を強制疎開させることにしました。

しかし島民たちは日本軍と一緒に戦うことを決意しました。
代表者数人が日本の守備隊長のもとに訪れ、

「自分たちも一緒に戦わせて欲しい!」

島民のその言葉を聞くなり、
中川隊長は激高し叫びました。

「誇り高き帝国軍人が貴様ら土人なんぞと共に戦えるか!!」

島民たちは思いました。

「日本人は心からの友だと思っていたが、見せかけだったのか…」

島民たちは裏切られた想いで、
皆涙を流して悔しがりました。

そして日本軍は、島民に強制退去を命じました。
それは空襲を避けるために夜に行われました。

日本兵は誰も見送りに来ない…
悲しみと悔しさで打ちのめされた島民たちは、
愕然と船に乗り込みました。

しかし船を島から出した瞬間、
日本兵の全員が浜辺に走ってきました。

そして、一緒に歌った日本のあの歌を歌いながら、
ずっと、ずっと手を振って彼らを見送ったのでした。

先頭には優しい笑顔で手を振る隊長の姿。

その瞬間、島民たちは悟りました。

「全ては我々を救うための言葉だったのだ…」

そして戦いの火蓋は落とされました。

アメリカ軍は兵力14倍以上、
戦闘機や戦車は100倍以上という圧倒的な兵力だったのです。

すでに制空権、制海権を獲得しているアメリカ軍は、
狭い小島にいる日本兵に猛烈な爆撃を浴びせました。

アメリカ軍は9月15日
航空母艦を含む機動部隊を背景に上陸作戦を敢行。

日本軍は二度までなんとか上陸を阻止するも、
アメリカ軍の圧倒的物資にはかなわず、
三度目には上陸を許してしまいました。

上陸を許してからは五百の洞窟にこもり、
連日連夜の持久戦になりました。

しかし、日本軍は弾丸や食料の供給が途絶え、
ついには死傷者が続出し、成す術がありませんでした。

11月24日には一万二千名いた兵士たちも、
健在者はわずか五十数名にまで減り…

日本軍はいよいよ玉砕を覚悟しました。

中川州男大佐、村井謙治郎小将、飯田義栄中佐
三人はそれぞれ古式に則り自決

三人に続けと根元甲子郎大尉以下、
傷ついた五十五名の日本兵は最後の決死隊を組織し、
アメリカ軍に突撃していきました。

「サクラ・サクラ」

これは、軍旗も機密書類も焼却したことを意味する最後の電文。
これがパラオ本部に届いたのは、11月24日の16時

この六文字の電文は、
ペリリュー島守備隊全員が桜花のごとく散ったことを意味しました。

アメリカ軍は、この戦いを三日で制圧できるものと目論んでいました。
しかし日本軍は、実に七十三日間も持ちこたえたのでした。

日本兵はこの戦いで全滅しましたが、
ペリリュー島の島民は一人も犠牲になることはなかったのです。

そしてペリリュー島の戦争は終わりました。

疎開先からペリリュー島に帰ってきた島民たちは、
島一面に広がった日本兵の遺体を見て、
涙を止めることはできませんでした。

アメリカ軍が日本兵には見向きもせず自国の遺体を整理する中、
島民たちは、共に暮らし共に過ごした心優しき日本兵たちの遺体を、埋葬しました。

ペリリュー島に日本兵を讃えた慰霊碑があります。

「この島を訪れる諸々の国の旅人よ…
 あなたが日本の国を通過することがあらば伝えて欲しい…
 この島を死んで守った日本軍守備隊の勇気と祖国を想うその心魂を」

そうなのです…

パラオの国旗は、日本の国に敬意と尊敬の念を表し、
日本の国旗が「太陽」ならば、
パラオの国旗は「洋上に浮かぶ満月」を表したものなのです。

皆さん…
この国旗をよく見てください…

パラオの国旗の「満月」が、
少し中心より左になるのが確認できましたか?

これは、日本と同じように中心に
「満月のデザイン」を据えることが、
畏れ多いものとして、少しずらしてデザインされたのです。

皆さんは今回のお話をご存知でしたか?
このお話は、それほど古い話ではありませんよね…

「日の丸」が誇らしく思えませんか?
そして私たちの先祖は立派ですよね。

日本人で良かったと本当に思います。

このような立派な祖先から命を受け継いだ私たちは、
自分たちのためだけでなく、国に誇りを持ち、
守っていただいたこの国に感謝し、
国や人のために力を尽くさせていただきましょう。

(文字起こし終わり)

日本とパラオ ~歴史を越えた友情~


(動画文字起こし)

パラオの国旗は日本の日の丸をモチーフにしたデザインである。

1986年(昭和61年)には天皇陛下御在位60周年の奉祝式典が行われ、
その後、提灯行列も行われた。

パラオ諸島は大東亜戦争では激戦地となった場所で、
日本軍はパラオと日本を守るため、戦史に残る激戦を演じ、
多くの日本兵がこの地で玉砕した。

パラオの人々の親日感情は今も熱く、
パラオを訪れる日本人にはとても温かい。

パラオ共和国のあるパラオ諸島は、第一次大戦のとき、
それまでドイツ領であったものを日本が開放(大正3年1941年)し、
その後31年間、委任統治を行った場所である。

日本は委任統治となったパラオに、
稲作や、なす、きゅうりなどの野菜、
サトウキビ、パイナップルなどを持ち込み、
缶詰やビールなどの工場を作り、雇用を創出した。

道路を舗装し橋を架け、電気を通し、
電話を引くなどのインフラ整備も積極的に行った。

また日本は、パラオの住民全てに対して、
数種の疾病に対する予防接種を受けさせ、
公教育をパラオの子供たちに受けさせている。

現在のパラオの国定の歴史教科書では、
全462ページ中36ページが日本統治時代にあてられ、
章には「日の丸の旗のもとに」とタイトルがつけられている。

日本のパラオ統治の経緯だけでなく、
日本の行った教育、産業・経済活動等についても
詳しく述べられている。

学校教育は、当時の日本式の教育が
そのまま持ち込まれ非常に厳しかったが、

「一年生ですらかけ算の九九を暗記することができた」

等、教育水準の高さも語られ、経済については、

「日本統治のもとで、パラオの島々の経済発展は産業の強化をもたらした」

と記されている。

しかし、日本の統治時代も、
アメリカ軍の来襲と共に幕を閉じることになる。

バリリュー島
オレンジビーチ

遠い南の島に、日本の歌を歌う老人がいた。

「あそこでみんな死んでいったんだ…」

沖に浮かぶ島を指差しながら、老人はつぶやいた。

太平洋戦争のとき、
その島には日本軍が進駐し陣地が作られた。

日本兵とは仲良くなって、
日本の歌を一緒に歌ったりしたという。

やがて戦況は日本に不利となり、
いつ米軍が上陸してもおかしくない状況になった。

仲間たちと話し合った彼は、
代表数人と共に日本の守備隊長のもとを訪れた。

「自分たちも一緒に戦わせて欲しい」と。

それを聞くなり隊長は激高し叫んだという。

「帝国軍人が、貴様ら土人と一緒に戦えるか!」

日本人は仲間だと思っていたのに…みせかけだったのか。
裏切られた想いで、みな悔し涙を流した。

船に乗って島を去る日、日本兵は誰一人見送りに来ない。
村の若者たちは、悄然と船に乗り込んだ。

しかし船が島を離れた瞬間、日本兵全員が浜に走り出てきた。
そして一緒に歌った日本の歌を歌いながら、手を振って彼らを見送った。
先頭には笑顔で手を振るあの隊長が。

その瞬間、彼は悟ったという。
あの言葉は、自分たちを救うためのものだったのだと…
(『サクラサクラ-ベリリュー島洞窟戦』舩坂弘著 毎日新聞社より)

ペリリューの複雑極まる防備に打ち勝つには、
米国の歴史における他のどんな上陸作戦にも見られなかった
最高の戦闘損害比率(約四〇パーセント)を甘受しなかればならなかった。
(『ニミッツの太平洋海戦史』チェスター・W・ニミッツ著 恒文社より)

ここで特筆しておかなければならないことがあります。

ペリリュー島には、それまで現地住民が住んでいました。
島民は白人の統治と日本時代を身をもって経験しているので、
大人も子供も、日本軍と一緒に戦う決意を持っていました。

しかし日本軍としては、
住民を戦火に巻き込んではならないという配慮から、
船舶の乏しい中、空襲を避けつつ夜間を利用して、
全員をパラオ本当に退避させました。

この誠意が通じたのか、
戦いが終わって帰島した彼らは、
日本人の遺体を見て泣きました。

「アメリカ人は、日本人の遺体には見向きもせず、
 自国兵の遺体だけを整理した。
 ここに、征服民族の本性を整理した。」

として、島民はこぞって日本軍の遺体を葬りました。
日本の人たちがいつ来てもいいようにと、
その後も墓地の清掃に心掛けました。
(『世界に生きる日本の心』名越二荒之助著 展転社より)

日本の敗戦によりパラオは、1947年からアメリカの信託統治領となった。
アメリカ人は現地に想像以上の日本文化が根付いていることに驚き、
日本的なものをすべて破壊した。

みんなで耕した畑は掘り返され、道路もはがされた。
南洋神社が取り壊されたのを悲しみ、
日本神道にちなんだイシドウロウという名前を子供につけた人もいた。

アメリカの信託統治時代、歴史の授業ではアメリカで作られた教科書が使われ、
日本人による「パラオ人虐殺事件」などが掲載された反日的歴史教科書もあったが、
パラオの年長者が「そんな話はない」とにべもなく否定したため、
この疑わしい史実はパラオには浸透しなかった。

(パラオ共和国の切手・日本軍が描かれている)

パラオ共和国に限らず、
日本の統治を受けたことのある南洋諸島の島々は、
今も変わらず親日的である。

(マーシャル諸島共和国の切手・日本軍が描かれている)

クニオ・ナカムラ パラオ前大統領は、
「新しい歴史教科書をつくる会」に賛同する署名をしていて、
大統領専用の便箋に記された署名文書には、心に迫るコメントが添えられている。

《日本国民と日本人が「どの民族も例外なく持っている自国の正史を回復すべく」
 努力している活動を支持する。この活動が実を結ぶことは、日本の未来の世代をして、
 偉大なる自国の歴史、伝統、文化に目を見開かせることに積極的な貢献をなすだろう。》

パラオ共和国は観光収入で成り立っている国です。
海外旅行の際には、是非、親日で美しいパラオへどうぞ。

(文字起こし終わり)



動画の中で、特に興味深く、また感銘を受けた部分がありました。

(2つ目の動画より引用)

日本は委任統治となったパラオに、
稲作や、なす、きゅうりなどの野菜、
サトウキビ、パイナップルなどを持ち込み、
缶詰やビールなどの工場を作り、雇用を創出した。

道路を舗装し橋を架け、電気を通し、
電話を引くなどのインフラ整備も積極的に行った。

日本の敗戦によりパラオは、1947年からアメリカの信託統治領となった。
アメリカ人は現地に想像以上の日本文化が根付いていることに驚き、
日本的なものをすべて破壊した。

みんなで耕した畑は掘り返され、道路もはがされた。
南洋神社が取り壊されたのを悲しみ、
日本神道にちなんだイシドウロウという名前を子供につけた人もいた。

アメリカの信託統治時代、歴史の授業ではアメリカで作られた教科書が使われ、
日本人による「パラオ人虐殺事件」などが掲載された反日的歴史教科書もあったが、   
パラオの年長者が「そんな話はない」とにべもなく否定したため、
この疑わしい史実はパラオには浸透しなかった。


日本は、統治国となったとき、
どの国にも同じようなことを施してきたはずです。

もちろん韓国にも同じように接してきました。
韓国はなぜ反日か?

動画もあります。

朝鮮半島の本当の歴史(The true history of Korea Peninsula)


同じ施しを受けておきながら、
韓国は何故、真実の歴史を隠し続けるのでしょうか。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/05/11(土) 22:46:02|
  2. 保守|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。