ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

正論が通りにくい日本(フィフィさん、えなりくん、ふかわりょうさん) 

当たり前のことを言っただけで立場が悪くなるって、おかしな話です。

ちょうど今、フィフィさんとえなりかずきさんが、
そのことで話題になっています。

昨日の記事にも関連しますが、
「日本人として」当たり前の感情を語った、えなりくん。
フィフィさんは、外国人の目で見て感じたことを素直に発信。

「当たり前」「素直な」発言をしただけなのに、
なぜか二人とも「芸能界を干されるのでは?」と心配されています。

当たり前のことを言っただけで…というと、
高岡蒼甫さんのことが真っ先に浮かびまが、
今日はフィフィさんとえなりかずきさん、
いい機会なのでふかわりょうさんについてもまとめてみました。

この3人がそれぞれどんな発言をしたのか、
その結果どんな状況追い込まれているのか…。

(関連過去記事)
高岡蒼甫さんを大いに支持します。その勇気を無駄にしてはいけない。
テレビしか見ない人は危険です。高岡さんの真意が伝わらない。
マスコミが伝えない高岡さんの真意・著名人5人と韓国も賛同・ぴーかんテレビの愚
高岡蒼甫さん離婚。韓国が関わってから日本がおかしいのです。

■ケース① フィフィさんの場合

フィフィさんの場合は、今回何を発言したかというより、
普段から、海外から見た日本の不思議な部分を、
的確に、継続的につぶやかれています。

テリー伊藤の暴言についても、
私たちと同じように感じていたのですね。
表現力についてのツイートには思わず「そうだそうだ!」と共感。

国民を不快にさせれば仕事がもらえて、
国のために発言すれば干されるんでしょ?この国って。

と、マスコミの本質をズバリと突いてくれてます。

同じIPアドレスの人が、何度もアカウントを変えて絡んできて、
困っている様子も伝わります。

(このIPアドレスの話は、最後のフジテレビの話にも出てきます)

フィフィ (FIFI_Egypt) on Twitterより

winshot001713.jpg
winshot001714.jpg
winshot001715.jpg
winshot001716.jpg
winshot001717.jpg
winshot001718.jpg
winshot001719.jpg
winshot001720.jpg
winshot001721.jpg
winshot001722.jpg

フィフィさんの発言は、ほとんどが共感できるものばかり。
それが、どういう事態になっているかというと…

   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓


フィフィ「どんな圧力が働いているか想像つきますよね?」 ツイッター発言で干された?引退も示唆
J-CASTニュース 2013/4/18 15:52

エジプト出身のタレント、フィフィさんは「芸能界だけが食べて行く道と思ってません。むしろこの腐敗した業界に媚びて働くことがストレスなのかもしれません」と芸能界引退を示唆するようなツイートを2013年4月17日につぶやいた。

これまでツイッターで時事問題や芸能界について舌鋒鋭く発信していたが、タレント活動に限界を感じているかのような書き込みが続いている。

「もう諦めたからこそ自由に発言してるんです」

冒頭のツイートは、「仕事が減少するリスクを抱えながら、あえてそれをツイートするのは何故ですか?」とフォロワーから質問されて回答したものだ。

フィフィさんの歯に衣着せぬツイートはたびたびネットで話題を呼び、ネットのニュースにも取り上げられた。在日外国人の生活保護受給に関して、「外国人が生活保護を受けること自体が不自然」と私見を述べるなど、注目を集めてきた。

しかし一連の発言が売名行為、フォロワー獲得目当てだと非難されるとして、「こうして呟くほど仕事が減少してるリスクぐらい想像できないものかね?」とテレビ出演が減ったと認める。現在、レギュラー出演するのはラジオ番組のみだ。

これまでは批判が寄せられても、「政治思想や私見を述べる事はなんら悪くない」、「私は権威のある立場じゃないんだし、私見を述べるのは自由だよね?」と反論していたが、

「ネットで話題でも番組に呼ばれない。どんな圧力が働いているか想像つきますよね?もう諦めたからこそ自由に発言してるんです」

とツイッターでの発言によって、芸能界から干されつつあると臭わせた。

一連のツイートの前には、日本のテレビは多チャンネル化すべきだとして、「どこにでも同んなじ顔の芸能人や、ゴリ押しの洗脳やステマにウンザリしなくて済むのに」とタレントとしては異例とも言える業界批判コメントを出している。

また4月16日のイランで起きた地震について、「米に脅かされている国にタイミングよく大地震が起こる不思議。人工地震説がワロエナイ…」などと発言。その後、「フィフィがポアされたら、つまりそうゆう事だ」と書いていた。

winshot001712.jpg


■ケース② えなりかずきさんの場合

えなりかずきさんは、数日前「たかじんNOマネー」の中で、
韓国のどこがどう嫌いなのかということを熱く語りました。

coffeeさんのブログより、
えなりかずきさんの発言部分と、画像をお借りしましたm(_ _)m

(えなりかずきさんの発言)

「韓国の本当に盗人猛々しい所!本当に腹たっている」
「まず自信過剰だと思う。」
「例えば半分国有企業みたいな会社が数社世界的にすごく有名になっただけで、なんでも韓国が世界一みたいな言い方をされる」
「韓国の歴史は5000年あるんだとか、普通に言われるわけですよ。ホント聞いたことがなくて…」
「政権が安定しなくなるとすぐに矛先を日本に向けてきて、それでまた向こうは反日教育されていますから、見事に矛がこっちに向くわけですよ」
「一番ショックだったのは、WBCで日本対韓国が終わった後で旗を立てるとか!」
「WC(正しくは五輪)サッカーの試合のあと竹島の話を持ちだしたとか!」
「スポーツにナショナリズムを持ち込むなんて最低だと思うんですよ!本当に嫌いですね!」
「だから本当に最近、韓国が嫌いなんですよね」

「例えばこういう…なんて言うんでしょう、こういろんなトークをするような番組で、東京の番組で、まず【竹島】ってキーワードって絶対ダメ!じゃないですか。バラエティーとかで。」
「剣道が自分の所の発祥だとか、柔道が自分の所に発祥だとか、あと挙句の果てには孔子まで実は韓国人だとか、どこまで本気で言っているか分からない」
「韓流ドラマのオファーが来ても出ないと思います」


えなりくんについて調べているとき、
coffeさんもテリー伊藤について書かれていたことを知りました。

もう、素晴らしい!と拍手を送りたくなるほど、充実した記事でした。
テリー発言への突っ込みをはじめ、
過去のマスコミのいじめともいえる偏向・捏造報道の数々が、
精力的にまとめられていました。おススメです(笑)
テリー伊藤が浅田真央虐め!引退宣言に「言ってる事がつまんない」「幼い」「彼女は守られている」

一日の訪問者が万単位という桁外れの人気を誇るcoffeeさんが、
こうやってマスコミの偏向報道を繰り返し発信してくださることは、
大きな意義があると思います。

20130415063831e79.jpg
201304150656535bc.jpg
20130415070717a48_20130419230904.jpg
20130415070627f7b.jpg
20130415065929b10.jpg
201304150721342d2.jpg

これも全て共感!

えなりかずきさんは、韓国がどういう国か、事実を述べているだけですよね。
事実を踏まえた結果、嫌いだと。至極当然の流れだと思います。

ところが今日のニュースでは…

   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓


称賛で終わるのか、高岡蒼佑の二の舞か…「嫌韓発言」えなりかずきの今後
東スポWeb 4月19日(金)11時12分配信

 俳優・えなりかずき(28)の“嫌韓発言”は、称賛の声で終わるのか、はたまた高岡蒼佑(31)の二の舞いかーー。えなりがテレビ番組で「本当に最近嫌いなんですね」と韓国をバッサリ斬り捨てた。ネット上では称賛の声が上がる一方、2011年にフジテレビの韓流ゴリ押しを猛批判し、結果的に芸能界を干されてしまった高岡のようになるのではと危惧する人もいるが、果たして…。

 えなりが爆弾発言したのは、4月13日に関西を中心に放送された「たかじんNOマネー GOLD」(テレビ大阪系)。番組の「毒舌王決定戦」というコーナーで、韓国批判を展開したのだ。

 まずは「自信過剰だと思うんですよね。何でも韓国は世界一みたいな言い方をされる」と切り出し「政権が安定しなくなると、すぐ矛先を日本に向けてきて。向こうは反日教育されてますから、見事に矛先がこっちに向くわけです」と韓国の反日教育、ナショナリズムの政治利用を批判した。

 また「スポーツにナショナリズムを持ち込むなんて、本当に最低だと思うんです。だから本当に最近嫌いなんですね」と断言。さらに「いろんなトークをするような番組で、東京の番組で、まず『竹島』ってキーワード、ダメじゃないですか。ぼくダメだと思う」とまで切り込んだ。

 ここ数年、李明博前韓国大統領の竹島訪問や天皇陛下への謝罪要求発言、さらに長崎県対馬市の観音寺から盗まれた仏像が韓国で発見されるも、韓国の裁判所が返還差し止めの仮処分を決めたりしたことで、日本国内の嫌韓ムードは確実に高まっている。

 だからこそネット上では「よく言った!」と称賛ムードなのだが、それと同時に思い出されるのが高岡の一件だろう。

 高岡はツイッターでフジテレビが韓流をゴリ押ししていると批判したことで、所属事務所を辞めざるを得なくなり、仕事が激減した。

 えなりの場合、番組の企画が企画だっただけに、必要以上に毒舌をかまさなければいけなかったのかもしれない。ただ、嫌韓発言で色のついたタレントの起用に二の足を踏むのも、いまのテレビ局の流れだ。

“第2の高岡蒼佑”と言ってもおかしくない存在になったえなりにも、同じような“災難”が降りかかる心配はないのか?

 テレビ局関係者は「今のところ、各局とも静観ムードですね。高岡のツイッターがきっかけで、フジはデモを起こされたり、ネットで猛バッシングされ、結果的に視聴率が低下するなど散々な目に遭いました。当時、他局には『ウチじゃなくて良かった』と胸をなで下ろしていた人も多かったと言います」。

 このことを踏まえれば「この発言があったからといって、えなりを起用しないという局が出るようなら、その局は『親韓派』とみなされ、当時のフジと同じような道をたどる危険は大きい。各局ともそんなことはしないでしょう。フジと同じ目に遭いたくないですからね」(同関係者)。

 今のところ、嫌韓発言が原因でえなりの仕事が激減するという事態は、避けられそうだ。

winshot001711.jpg


同じような内容のニュースがサイゾーにもありました。
「高岡蒼佑の二の舞いには……」えなりかずきの“堂々すぎる”嫌韓発言に見た、在阪ワイドショー番組の自由度(日刊サイゾー)

■ケース③ ふかわりょうさんの場合

ふかわりょうさんは、一昨年前の高岡さんの一連の騒動の直後に、
ラジオ番組の中でテレビの韓流偏向報道を鋭い切り口で批判していました。

お笑いのイメージからは想像できないほど、
真面目で理路整然とした語り口にも、その内容にも共感しました。


ふかわりょう高岡蒼甫に共感? 韓流偏重「テレビ終わったな」
J-CASTニュース 2011年7月31日 19時23分

韓流を強く推すテレビ局の姿勢を批判し、事務所を退社した俳優、高岡蒼甫さんが話題になる中、お笑いタレントのふかわりょうさんが騒動についてコメントし、ネット上で話題になっている。

ふかわさんがパーソナリティを務めている、「ROCKETMAN SHOW」(J-WAVE)の2011年7月31日放送回で、高岡さんの騒動について触れられた。

■「言論統制が行われているような空気感」

高岡さんが俳優業を諦める事態にまで発展していることについては、「言論の自由っていうのが、言葉だけは存在しているけど、実際には、凄く閉鎖的で、言論統制が行われているような殺伐とした空気感。村八分社会が未だに続いていて、なんか違うことをやるとやり玉に挙げられる」

その後、「本当か分からない」としながらも、例えば「あるテレビ局」が韓国政府からK-POPを流すようお金をもらい、さらに楽曲の権利も持っていて、K-POP歌手が売れれば売れるほど、テレビ局にお金が入る仕組みがあったとして、「だからその局がK-POPをバンバン流すというのは駄目なことか」と問題提起する。

■CMを流すのとは違うと指摘

ふかわさんは「法律はない」とするも、「影響力がある公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすやり方を推進するのは違反なことだと思う」と指摘。さらに、ある局がお金をもらってK-POPのCMを流すのと、番組の中で流れるのは「決定的に違う」とし、

「CMだったら視聴者はCMとして受け止めるけど、番組で取り上げるのは世の中の現象がこうなっているかのように偽装している。そこにメディアの大事な境界線がある」「刷り込みとかって、僕らはまだ判断できるけど、小中学生はそれが全てになってしまうから」

今回の騒動で、「テレビは時代を映すものではなくなった」と感じたといい、「完全に終わったなと思った」「テレビの画面を通して世界を見てたら、自分が痛い目に遭う時代になっちゃった」。かつて、時代を見るために映画館に行く人がいなくなったように「テレビの役目が変わった」とする。騒動の結論としては、「言いたくなる気持ちも分かるけど、批判しても結果的にあんまいいことない。我慢して自分の世界を突き進むのが正解な気がする」と話している。

ふかわさんの話はネット上で大きな話題となり、「説得力ありすぎ」「凄い言葉を選んでるね」「よく言ったふかわ 完全に応援する」といったものや、「言ってることは正論で真っ当だが、ふかわはこの件に関わるな。潰される可能性がリアルにあるとか異常な状態だからな」と心配する書き込みが寄せられている。

ROCKETMAN SHOW 110730



この番組の直後には、ふかわりょうGJ!という声が上がるとともに、
そんな正論を言ったら干されてしまうのではないか、という懸念の声もあったのです。

その心配が現実にニュースとして報じられたのは、
番組から一年以上経ってのことでした。

   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓


高岡擁護で“干される”ふかわりょう
東スポ 2012年11月06日 16時00分

 タレントのふかわりょう(38)がテレビ局から“干されて”いる。なんと「ふかわが登場するイベントの取材はしない」という姿勢を見せているのだ。一体、何があったのか?

「つい最近も、ふかわが登場したあるイベントで、テレビ局が一切取材しないという異例の事態が起きたんです」と明かすのはある広告代理店関係者だ。

 イベントの内容は、ふかわと作家・志茂田景樹氏のトークショーだったが「終了後に予定されていた『囲み取材』が急になくなった。その理由が『テレビ局さんの都合で』ということだったんです。ふかわは知的で論理的。少しエキセントリックな部分もあるしコメントも面白い。なのに取材はゼロ。ほかにも『ふかわが出るんだったら取材しない』という風潮なんですよ」(前出関係者)

 ここまで総スカンを食らうきっかけになったのは高岡蒼佑(30)の韓流騒動。昨年、ツイッターで韓流推しだったフジテレビに対して「8は今マジで見ない」と過激批判し、大騒動にまで発展したのは周知の通り。

 この騒動にふかわは自身のラジオ番組で「影響力がある公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすやり方を推進するのは違反だと思う」と高岡を擁護。さらに「テレビは時代を映すものではなくなった。完全に終わったなと思った」とトドメを刺した。

 ふかわの問題提起はまっとうだったかもしれないが「この発言で“危険人物”のレッテルを貼られてしまったんですよ」(前出関係者)。レギュラー番組こそ持ってはいるが、このまま“干される”ようならば辛口文化人に路線変更するのもありだろう。

img_615383_20935174_0.jpg


以上、フィフィさん、えなりかずきさん、ふかわりょうさんについて、
それぞれの経緯をまとめてみましたが、

「真っ当な発言」→「ネットで支持を得る」→「干されそうだとニュースになる」

と、全く同じ経緯をたどっていることがわかります。
何かほんとうにおかしな世の中になっているんだと実感しました。

■フジ関連の変り種

フジをクビになったとされる長谷川豊さんと、
夕刊フジの記者、松井政就さんについて。

長谷川さんがフジを退社した経緯についてはここでは触れませんが(よくわからないので)、
報道と事実が異なることを、ブログを立ち上げて伝えたいと思っているそうです。

ところがそのブログに、批判的なコメントが多数書き込まれた。
そのIPアドレスをたどっていくと、「FUJI TELEVISION NETWORK INC」だった。
まさにフジテレビ内部の人間が、同じIPアドレスから、HNだけを変えて、
執拗に批判コメントを入れ続けていたということです。


元アナ・長谷川豊氏の“暴露ブログ”に戦々恐々? フジテレビ内部から批判コメント殺到か
2013年4月18日(木) 18時33分

 元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が、同局を退社するに至った真相を明かす“暴露ブログ”として注目を集めている自身のブログに、フジテレビの内部からと思われる多数の批判コメントが寄せられていることを明かしている。

 2010年9月~2012年6月の期間でニューヨーク支局に赴任中、費用を不正使用したとして降格処分を受け、4月1日付で同局を退職した長谷川氏。そのニュースはYahoo!のトップニュースとして取り上げられるなど世間の注目を集めたが、一部報道内容が事実と異なるとして、同氏は「あの時、何があったのか、どうやって帰国したのか、そして現在に至る真相」を明かす目的でブログを開設。宣言通りに、事の顛末やフジテレビの内情を赤裸々に明かしていく内容で注目を集めている。

 そんな内容だけに、コメント欄には常に多数の声が寄せられているが、批判的なコメントも少なくない。18日に更新したブログでは、そのコメント欄に寄せられている批判的な意見について触れているが、長谷川氏は、その批判コメントの多くが同じパターンだったり、同じような時間帯に多く投稿されていることに以前から不思議に思っていたという。そして、その疑問を解こうとIPアドレス(※インターネットに接続されたパソコンの識別番号)を調べたところ、数十件以上におよぶ批判コメントのIPアドレスが同じ「FUJI TELEVISION NETWORK INC」のものであることがわかったという。その批判コメントは、多人数によるものだと見せかけるかのように「ハンドルネームを変えまくって、口調まで変えて(笑)」あったそうだ。長谷川氏は、「やれやれ。『早くやめた方がいいですよ』みたいな(笑)。批判コメントじゃなくてね、批判されてる感を出したいためのただの情報操作だったんです」と、呆れた様子で明かしている。

289871.jpg289872.jpg


フィフィさんも、長谷川さんも、同じ目にあってるんですね。

本人を攻撃したい、またはそのブログやツイッターの評判を落としたい。
そういう悪意のある人物が、一人で名前をコロコロ変えて、何度も書き込み、
一人の意見を複数の意見のように偽装工作しようとしている。

嘘も100回言えば真実となると信じている○○人の行動そのものです。

一方、松井政就さんという方は夕刊フジの記者らしいのですが、
真央ちゃんに関する温かい記事を書かれてました。


Vol.534 新着 もしも浅田真央がいなかったら日本はどんな国だっただろう?

 浅田真央さんがソチ五輪を区切りとして引退する考えであることを表した。
 それはフィギュアスケートの一選手の引退にとどまらず、はかり知れない影響を日本全体に与えるものだ。

 浅田さんがシニアに上がる前と後とで、フィギュアを取り巻く環境のみならず、社会全体が激変した。リンクで見せる彼女の笑顔が国民全体に伝播し、彼女の涙が国民全体を悲しませた。かつて、これほどまでに国民から愛されたスポーツ選手はいなかった。

  「強い選手はたくさんいる。
  人気のある選手もたくさんいる。
  しかし、その人の喜びが自分の喜びとなり、その人の悲しみが自分の心に深い悲しみを与えるほど唯一無二の大切な人として愛された選手は浅田真央しかいない」

 真央さんのお母さんと生前にやりとりした手紙の中で、ぼくはそう言わせていただいた。真央さんのおかげで数え切れないほど多くの人が救われ、生きる希望を持つことが出来ている。ぼくは本心からそう感謝の気持ちを伝えた。

 もしも浅田真央さんがいなかったら、日本はこの数年間どんな国だっただろう。
 そして浅田真央さんがリンクから姿を消し、戦う姿を永遠に見られなくなったならば、日本はどんな国になるのだろう。


2013. 4. 14 松井政就


「もしも浅田真央さんがいなかったら、
 日本はこの数年間どんな国だっただろう。」


…これは、考えるのも恐ろしいですね。

私自身、真央ちゃんを応援してなければ、
今でもまだ韓国の異常さに気づかないお花畑だった自信があります。

韓国食品の不衛生さも知らず、
唾や糞尿入りの食品を口にしていたかもしれません。

犯罪ニュースを見て、
日本人も最近凶暴になったなどと嘆いていたかもしれません。

あんな高級なカツカレーを食べる人に、
庶民の気持ちがわかるものかと、総理の悪口を言ってたかもしれません。

日本という国が、危機に瀕している…
それを教えてくれたのが真央ちゃんの存在でした。
同時にKYもそういう意味では立派な嫌韓大使ですが。

この方、ツイッターではフィギュアスケートの話ばかりで、
真央ちゃんも大ちゃんもほんとうに好きなんだなぁ、というのが伝わります。

テレビ放送についても、生放送はできないのか?と物申していますが、
新聞記者なので、テレビにも文句が言えるんでしょうね(笑)

松井政就(ウルサコフ)より

winshot001723.jpg
winshot001724.jpg
winshot001725.jpg
winshot001726.jpg

今日は何か不思議な構成になってしまいました(笑)
フジテレビデモを引き起こした高岡蒼甫さんの件に始まり、
意外にも共感したフジの記者の話で終わり。

フジの中にも、正常な感覚の人はいるかもしれない。

昨日は、真央ちゃんファンの中にも微妙な人はいるかもしれないと書きましたが、
つくづく情報を選ぶ選球眼のようなものが必要な時代だと感じました。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/04/20(土) 02:20:32|
  2. 保守|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。