ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

ソチはノクターンのイメージ…!チームジャパン目下トップです!

真央ちゃん、トリプルアクセル転倒しちゃいましたね…
本人も悔しそうでしたo(TヘTo)

でもその分、あっこさんが頑張りを見せてくれて、
チームジャパン、暫定1位です!

スポーツナビから、試合後の真央ちゃんの言葉です。


スポーツナビ実況より

11:浅田真央(日本)

浅田真央(日本)の演技がスタート。

冒頭、トリプルアクセルは回転が足りず前向きに降りて転倒。続くフリップからのコンビネーションは勢いに欠けながらも何とか着氷。後半のトリプルループはきれいに着氷。アクセルは大きなミスとなり、悔しそうに唇を噛んだ。
SP得点は、59.39点(技術点28.90点、演技構成点31.49点、減点1点)。
暫定4位。

■浅田真央「形にならないまま跳んでしまった」

「トリプルアクセルは6分間練習でなかなか良い感じのジャンプが跳べなくて、原因が分からないまま本番に臨んでしまったかなという感じです。緊張の中で、後ろに反りかえりながら跳んでしまいました。
練習前のリズムもありますし、『これだったらいけるな』というジャンプが6分間練習で出ていれば『このままいければ大丈夫』という自信になると思うんですけど、(今回は)直前に1度も跳べないままで、半分くらいは『大丈夫かな』という感じで(本番に)臨んでしまった。終わってから自分のアクセルの映像を見て原因が少し分かったので、それがフリーにつながれば良いなと思います」


――「映像を見て分かった」失敗の原因とは?

「とりあえず思いっきりいこうというのもありましたし、6分間練習で『どうなのかな』という感覚でいっていたのと両方があわさって、形にならないまま跳んでしまったので、ああいうバラバラな状態になってしまったのかなと」

――「楽しさが」テーマのSPだったと思うが?

「このプログラムは楽しくて元気な曲なので、それをイメージして滑ったのですが、やはりジャンプでミスしてしまうと全体的に盛り上がりが落ちてしまうのは残念だなと思います。でも、前半を除けばほかの部分は満足しているので、気持ちを切り替えてフリーに臨めたら良いなと思います。
今日は自分がチームの足を引っ張ってしまいましたが、女子ではあっこちゃん(=鈴木明子)が頑張ってくれて日本が一番。フリーで自分もあっこちゃんも良い演技をして、チームに貢献できるように頑張りたいと思います」




真央 3回転半で転倒も…日本 初日首位発進
スポニチ 2013年4月11日 20:17

 フィギュアスケートの第3回世界国別対抗戦は11日、6カ国が参加して東京・国立代々木競技場で開幕し、初日を終え2連覇を狙う日本は合計47点で首位に立った。2位は、同じく47点の米国が続いている。

 女子ショートプログラム(SP)では鈴木明子(邦和スポーツランド)が66・56点で2位。コンビネーションを3回転―2回転と抑えたものの、きっちり滑りきった。浅田真央(中京大)は、トリプルアクセルで転倒、続く3回転フリップ―2回転ループもフリップが回転不足を取られるなど、今季自己ワーストの59・39点で5位だった。1位はアデリナ・ソトニコワ(ロシア)で67・13点。

 男子SPでは高橋大輔(関大大学院)がジャンプでミスが出たものの80・87点を出して2位。無良崇人(中京大出)は77・65点で5位だった。世界選手権3連覇のパトリック・チャン(カナダ)が86・67点でトップ。

 アイスダンスのショートダンスでは、キャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)が自己最高を更新する56・35点で4位だった。

 今大会は、男女各2人、ペアとアイスダンス各1組が出場し、順位に応じて与えられる得点(1位12点、2位11点…)の合計を争う。団体は来年のソチ冬季五輪で新種目だが、今回と方式が異なる。日本はペアは出場していない。


無良くん、スポンサー募集中というニュースもありました。


スポンサー募集中の無良 4回転決まらず「力が入りすぎた」
スポニチ 2013年4月11日 20:48

 新たな所属先が決まっていない初出場の無良は4回転ジャンプの成功を今大会の目標に掲げていたが、SPでは転倒に終わった。「練習では失敗する感覚がなかったので悔しい。力が入りすぎた」と嘆いた。

 今春に中京大を卒業し、スポンサー探しを続けているという。「周りが社会人として仕事をしているから、自分もしっかり追い付かないといけない」と新たな自覚も芽生えているようだ。


そしてこんな記事も…


フィギュア団体に自信 五輪初採用でISU会長
スポニチ 2013年4月11日 16:20

 国際スケート連盟(ISU)のオッタビオ・チンクアンタ会長は11日、東京・国立代々木競技場で記者会見し、来年2月のソチ冬季五輪で初採用されるフィギュアの団体について「1種目だけ強い国が勝つのではない。一番強いチームをたたえたい」と意義を強調し、成功に自信を示した。

 同会長は、第3回を迎えた世界国別対抗戦を例に「キム・ヨナは世界女王だが、韓国はこの大会にいない」と男女、ペア、アイスダンスの総合力の重要性を指摘した。将来的に五輪の団体を個人種目終了後に行うように変更したり、世界国別対抗戦を五輪と同じ試合形式で実施したりする可能性に関しては明言を避けた。


チンクワンタの口からキムヨナの名前が。
韓国が国別に出られないからって、それが何か???
下の動画にも登場してますが、この人物も、表情からして胡散臭い。
なんとも気分の悪いニュースでした。

オープニングセレモニー3の動画より、チンクワンタ
winshot001582.jpg

気分を変えて…写真もたくさん出てますね~

試合前の会見と開会式
0130410at75_p_20130411214406.jpg
fig13041021000001-p1.jpg
20130410-00000209-sph-000-2-view.jpg
winshot001576.jpg
2013国別1

これはオープニング・セレモニー3の動画よりキャプチャ
winshot001581.jpg

チーム・ジャパンの演技
真央ちゃんの転倒は今季初めてですね。ドンマイ!

winshot001570.jpgwinshot001569.jpg
winshot001564.jpgwinshot001565.jpg
winshot001574.jpg130411_w011.jpg
winshot001579.jpgwinshot001578.jpg
winshot001577.jpgfc2blog_20130411214610c31.jpg
winshot001573.jpgwinshot001580.jpg
winshot001566.jpg
winshot001562.jpgwinshot001561.jpg

アデリーナちゃんは神演技を見せてくれました!ジジュンちゃんは転倒が惜しかった。
130411_w009.jpg130411_w007.jpg

キスクラの様子
130411_w013.jpg
winshot001571.jpg
winshot001568.jpg

各国の気合(笑)
winshot001558.jpg
winshot001554.jpg
winshot001555.jpg
winshot001557.jpg
winshot001556.jpg

動画がもう出てますね。
オープニングセレモニーのものもありました。
動画主様、ありがとうございます<(_ _*)>”

WTT2013 Opening Ceremony 1 (キャラクターとちびっこ登場)
WTT2013 Opening Ceremony 2 (真央ちゃんたち登場)
WTT2013 Opening Ceremony 3 (真央ちゃんたち&橋本聖子氏&チンクワンタ)

Mao Asada - WTT 2013 - SP


Akiko Suzuki - WTT 2013 - SP


WTT2013 Daisuke TAKAHASHI SP


WTT2013 Takahito MURA SP


WTT2013 Cathy REED / Chris REED SD


写真を集めるうちにどんどん時間が経ってしまって、
(そのうえサイズの微調整にやたらと時間がかかる私なのです・笑)
写真だけで凄いボリュームになったと思ってたところに、動画がUPされて(↑)、
そうこうしてるうちに、この動画(↓)も見つけてしまい、
ローリーさんの言葉だけ書き出そうと思いつつ、気がつけば最後まで。

こうやっていつも詰め込み過ぎのブログになってしまうのが悪い癖です^^;

そして勝手に疲れてる。
でもなんとなく充実感、という感じの毎日です(笑)
疲れるといいながら、その過程が楽しいという感じです。

それにしてもこれは良い番組ですね。
真央ちゃん、ソチのSPはノクターンのイメージになりそうだということです。
松岡さんなので、安心して見られました。

浅田真央(mao asada) 来季のSP曲は、"ノクターン" のイメージになる!!


(文字起こしここから)

ここに一枚の写真があります。
真央さんが「助けられた」という曲を授けたのは、
隣に写るこの女性、ローリー・ニコルさん。
振付師です。プログラムの曲を選び、
それに合わせて振りを付けるのが振付師。
通常、選手の個性や過去のプログラムを考えて曲を選ぶんですが、
ローリーさんは…

去年5月真央に会ったとき、彼女は心が重い状態で…

ローリーさんが感じた真央さんの異変。
シーズン前、真央さんはどん底にあえいでいました。
お母さんを病気で亡くし、世界選手権の成績もふるわず、
初めてスケートと向き合えない時期-。

当時の心境を聞いたインタビューでは…

うまくいかないことも多かったので、
やめたいなって思ったんですけど…


実際5月っていうと、真央さん自身がね、スケートをやめようと思った
ちょうどその時期なんだよね

振り付け行く前には、そのときは、
どうしようかなって悩んでる状態で…


そんな真央さんにローリーさんが提案したのは…

私も母親ですが、もし私が死んでも、
子供には「自分の人生」を楽しんでほしい
だから真央には「明るい曲にしよう」と言いました
リンクに行くのがうれしくてワクワクするような


それは、強い絆がある二人だからでした。
二人が出会ったのは2005年、真央さんが15才のときでした。
このシーズンの振り、くるみ割り人形をローリーさんが担当しました
当時の印象を聞くと…

なんてことなの!
軽く跳んで何回転もするんですからとても現実とは思えない


以降、ローリーさんは真央さんとタッグを組み、
いくつものプログラムを二人で作り上げてきました
世界的に有名なショパンのプログラムに乗せ、
情熱的な印象が残るプログラム(2007年・幻想即興曲)、
ゆったりとしたテンポの音楽で、
優雅な振り付けのプログラム(2008年・月の光)。

真央さんの成長を長きに渡り支えてきたのがローリーさんでした。

毎年毎年行くことによって
だんだん自分の意見も持つようになりましたし、
ローリーに「自分で発想すること」を教わりましたね


そのローリーさんが今シーズン、
苦しむ真央さんに贈ったのがアイ・ガット・リズム

真央が最初に曲を聴いたとき、「これだ!」
笑顔で目が輝いて、真央があんなふうに笑うのは久しぶりでした


ローリーは、今年は明るい曲にしようっていったのが最初…。
やっていくうちに、「あ~すごい楽しいなぁ」って思い始めて、
そこがひとつの、またやらなきゃって、
スケート好きなんだなって思えたときかもしれないですね

曲を決めた直後に二人で撮ったのこの写真
真央さん、笑顔でした!

そして今シーズン、リンクの上でも笑顔で躍動する真央さん
さらに今年2月の四大陸選手権ではトリプルアクセルを解禁し、見事成功!
今シーズンのショートプログラム世界成功得点をたたき出しました

ローリー・ニコルさんは、真央さんにとってどんな人なのかな?
あの…ベスト・コリオグラファーだと思います
いきなり英語できました
ふふふふふ
なんでそこ英語にしました?
わかんないです(笑)
心の部分でいうと?
心の部分でいうと…いつも一緒に、試合は一緒に滑っていると思います

ローリーさんのように、
選手の、真央さんの心までしっかり感じながら振付をしていく人って、
僕なかなかいないと思うんですね。

そして来年はソチオリンピックです
ローリーさんと真央さん、
ショートプラグラムでタッグを組むってことは決まってるんですね
ローリーさんが言ってたんですが、
そのソチでの曲はなんとなく決まってるって言うんです

ちょっとこちらを聴いていただきたいんですが…
2006年・ノクターン
この曲のイメージ。


がらっと変わっていくんですよ。
これでソチで戦っていく、この曲のイメージで
そしてこれからは真央さんと共にいろいろと話し合って、
決断していくっていうんですね

-振りをつけるっていうのは相手の心を読みきることですね

そうですね、そう思います。
自分がしたいものじゃなくて、彼女が何をしたいのか、
そして今心はどこにあるのかってしっかり把握できないと

-そして真央さんがより表情が輝いて見えるのは、
やはりコーチとうまく噛み合いだしたのが大きいと…

そうですね、佐藤先生とは3年なんですけども、今回話を聞いていて、
佐藤先生は「自分のスケートを掴むまで3年間かかるぞ」って言って、
真央はその意味がやっとわかった!って
自分のスケートを今掴み始めたんだ、
僕はアイガットリズム、リズムを掴んだだけじゃなくて、
マイ・スケート、ほんとに自分のスケートを捕まえた真央さん
だから明日のアイガットリズムも僕見ごたえがあると思いますね

-失敗しないプログラムを作って、
最終的にはチャレンジしたいって気持ちもあって、
チャレンジもまた成功してきて、見事な噛み合いになってきたんですね

全員で支えながら、そしてその思いを真央さんが表現するのが、明日です

(文字起こしここまで)

winshot001583.jpg
winshot001584.jpg
winshot001585.jpg
winshot001586.jpg
winshot001587.jpg
winshot001588.jpg
winshot001589.jpg
winshot001590.jpg
winshot001591.jpg
winshot001593.jpg
winshot001595.jpg
winshot001597.jpg
winshot001599.jpg
winshot001600.jpg

アデリーナちゃん、この大会では、
SPで3Lz-3Lo、FSで3Lz-3Tを予定していたそうですよ。
難しい技に挑戦したい、という心意気が頼もしいですね。


466 :氷上の名無しさん@実況厳禁 :sage :2013/04/11(木) 08:46:19.32 (p)ID:N/hHMkKr0(3)
    @JPN_RUS_skate:
    【アデリナ】この大会では難しい構成に戻す。
    SPでは3Lz-3Lo、FPでは3Lz-3Tを跳ぶ。
    不安はない。気持ちを高めるのみ。
    去年来たが、氷は悪くないし。
    試合という感じがしないのもいいことだと思う。
    http://rsport.ru/figure_skating/20130410/656109752.html


冒頭ジャンプは、本番ではセカンドを3Tに変えたようですが、
ノーミスの素晴らしい演技が見られて嬉しかったです。
ほんとに美しい演技をする選手だなと思います。

今日は、転倒する選手がとても多かったので、
明日は全員笑顔で終われるよう、頑張ってほしいです(o^-^o)



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/04/12(金) 01:00:45|
  2. 浅田真央ニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。