ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

韓国ニュースで知る青嶋ひろの氏のコラム。3人のライター。

本日二回目の更新です(笑)
一つ目の記事も読んでいただけると嬉しいです。

キムヨナを爬虫類のように冷たいと評したJ-CASTのニュースは知ってましたが、
青嶋ひろの氏も最近コラムを出していたようですね。

私はいつものように韓国ニュースをチェックしていただけなんですが、
そこで青嶋ひろの氏がコラムを出していることを知るという(苦笑)

韓国で、J-CASTニュースと青嶋ひろの氏のコラムが伝えられました。

■韓国で報じられたJ-CASTニュースと青島ひろの


"キム·ヨナ、爬虫類のような冷たさ。"日言論集
Jスポーツチーム 2013.03.29 16:20

日本のマスコミがキム·ヨナ(23)の完璧な演技に対して "人間味がない"と落胆した。

日本のオンラインメディアJキャスト(J-Cast)は最近、2013 ISU(国際氷上競技連盟)世界フィギュア選手権大会でのキム·ヨナと浅田真央の演技について評価し、 "浅田のほうがはるかに魅力的だ"と評価した。

Jキャストは "真央がショートで6位、フリーで2位を占めて銅メダルを獲得した。 かなりエレガントな大人の女性に変身したが、日本人たちにはいつがかわいい赤ちゃん "真央" "と浅田の日本人たちの愛情を表わした。

Jキャストはまた1位を占めたキム·ヨナに対しては "腕足が異常に長い"と言いがかりをつけた後、 "常にスコアが異常に高いが、毎技術が正確にそのようなことの分析が後に従う"と伝えた。

それとともに、この媒体は、間違いが多くて、ジャンプの安定性が落ちる真央の演技を "人間味"とまとめた。 Jキャストは "それでも今回の対決で、より魅力的な方は浅田真央"と "真央がトリプルアクセルで着地が不完全かどうか、ところどころ小さなミスがあっても真央の演技は美しさをプレゼントする"と主張した。

また、 "キム·ヨナにとって失礼ですが、爬虫類のような冷たさが感じられる"と伝えて、1990年代後半と2000年代初頭男子シングルのライバル構図を形成したヤグディンとプルシェンコ(以上ロシア)を比較した。 Jキャストは "ヤグディンは悩める青年の暖かさがあったが、プルシェンコはサイボーグのような機械的な冷たさが感じられた"とし、 "(この違いは)内面演技で出てくるだろう"と主張した。

最近の日本フィギュア専門記事靑嶋ひろのが "キム·ヨナの演技は、日本の立場では"恐怖 "だ。 キム·ヨナは女子シングルフリーだけでなく、2013世界選手権をすべて一人で持って行ってしまった選手 "と絶賛したのとは対照的な評価だ。 しかし、この媒体やはりキム·ヨナの演技が間違いなく完璧だったことを前提にしたという点で、日本特有の "キム·ヨナ揚げ足取り"と分析される。

一方、19日に終わった世界選手権大会でキム·ヨナは218.31点で1位、浅田真央は20点以上リードされた196.47点で3位を占めた。



日フィギュア専門記者 "キム·ヨナ、衝撃と恐怖...日どうしよう"
スポーツ朝鮮 2013-03-29 09:12:10

"もう誰もキム·ヨナに勝つことができない。"

日本フィギュア専門記者靑嶋ひろのが 'フィギュアクイーン'キム·ヨナの演技を "恐怖"と表現した。

青島広野は26日、日本の朝日新聞に寄稿した'2013世界フィギュアスケート選手権大会レポート "のコラムで、大会に出場した主な選手たちを評価した。

その中で優勝したキム·ヨナに対して青島は "女子シングルフリーだけでなく、2013世界選手権をすべて一人で持って行ってしまった選手は最後に出場した韓国のキム·ヨナだった"とし、 "もうひとりの公式練習で他の気運を吐き出していた、強烈に視線を集めた "と話を切り出した。

今回の大会で自国の選手を除いて2位を占めたカロリーナ·コストナー(カナダ)と初出場の7位という好成績を収めたリッジた(中国)を最も強烈な選手に挙げてた青島は "キム·ヨナは残りの選手たちとは全く違う目的を持ってこの席に登場したようだった。ただ、このリンクに君臨するために自分のスケートにこの場を制圧するため "と説明した。

キム·ヨナのジャンプと関連しては "何もないかのようにたくましく飛び立った序盤のトリプルルッツ、トリプルトウループ。そこにトリプルフリップまで。以降のジャンプはよりは失敗する気配すらなかった"とし、 "すべてのジャンプを抜いてプログラムを演技してもキム·ヨナは女王だっただろう "と評した。

他の選手たちはもちろん、大会自体を圧倒するキム·ヨナの存在感に青島は "試合前キム·ヨナの競技が待っなる言ったことすら私自身がとてものんきはないかと思った"とし、 "この選手がこれほどすごいやったかな。口がぽかんと開かれる女王の品格だった "と絶賛した。

また、キム·ヨナのフリースケーティング当時、現場の雰囲気も生き生きと伝えた。 彼は "キム·ヨナの最後のスピンで既に視野に入ってきたすべての人は起立した。演技が終わった後は、多くの人が異常なほど言葉がなかった。見知らぬ人同士が言葉なし​​に相互にうなずいて、今、目の前で見たキム·ヨナの演技を見て感じる感情が通じるものが伝えられた "と説明した。 続いて "当時、試合が終わった後、記者室で"もう誰もヨナに勝つことができない "、"どうしよう?ソチはヨナに決定されたんじゃないの "、"日本でもロシアでも、誰が出てこよう間ヨンアの相手になるわけがない "などそれぞれの国の記者たちのため息まじりのささやきが広がっていた "と付け加えた。

青島は "10年の間、日本選手を中心にフィギュアスケートを取材し、いつも表彰台に日本選手が立つことを願ってきた。また、今回の大会でも優勝はコストナーや日本の選手がしたら良いという考えをした"とし、 "しかし、その時点を持っている人の立場から見たキム·ヨナの演技は "恐怖"に近かった。 "だめブワトオヤたが..."と感じるほどだったが、それでもその感情は "快感"だった "と率直な本音を現わした。 また、 ""素晴らしい演技を見ることになってよかった "は、のとはまた別の感情が入る。悔しいが、今は言葉に詰まって油断しないことができないほどの衝撃だ。フィギュアスケートでこのような感情を呼び起こすこともあるのだろうか?"と感心した。

青島は2014年ソチ冬季五輪を準備する日本代表選手たちと関係者たちにも警戒心を悟らせてくれた。 "1年後、日本選手がキム·ヨナに勝つことが果たして可能だろうか。今後1年間さんざん議論になるが、まずは日本代表3人のスケーティングを振り返ってみよう" <スポーツ朝鮮ドットコム>


これらのニュースの元ネタとなってるのがこちらですね。
キム・ヨナ切ったら青い血出る爬虫類…人間らしい魅力やっぱり真央ちゃん <世界フィギュアスケート2013 女子フリー> 黄蘭 J-CASTニュース 2013/3/25 12:00
【フィギュアスケート世界選手権リポート】 女子フリー(上)――衝撃のキム・ヨナ。鈴木明子の突然の不調 青嶋ひろの WEBRONZA 2013年03月26日

■青嶋ひろの氏=キムヨナ賞賛ライター

今更かもしれませんが、
青嶋ひろの氏って微妙すぎるんですよね。
いや、微妙というより、かなり韓国寄りのライターですよね。

キムヨナには賞賛を惜しまず、
採点システムに疑問を呈するファンには自重を求める。


青嶋ひろの氏の、過去のそんな記事を拾ってきました。

また、キムヨナを崇め真央ちゃんを貶めながらなぜか真央ちゃんの本を出す。
その商売のやり方に批判が殺到したアマゾンでは、
青嶋氏への批判コメントを含め全コメントが削除されるという事件もありました。

アマゾンのレビューも拾ってきました。


ニコライ・モロゾフコーチの発言について
2009年04月04日

どんなに才能のある選手でも、どんなに努力をする選手であっても、ひとりでは勝つことはできない。今回は周囲がきちんと選手のことを考え、しっかりした策を練り、適切な指導をした選手がメダルを得た。

安藤美姫だけでなく、韓国のキム・ユナもそうだ。コーチのブライアン・オーサー、振付師のデビッド・ウィルソン、3者鉄壁のトライアングルで素晴らしいプログラムを作り上げ、理想的な練習ができていることが勝利の要因として知られている。しかし彼女の場合は、コーチ、振付師だけではない。スケーティングはアイスダンス元世界チャンピオン、シェイ・リン・ボーンが指導し、よりなめらかな滑りを得ることができた。複数のテクニカルスペシャリスト、フィジカルトレーナーといった専門スタッフも付いている。さらには英語教師もつき、メディア対応の訓練も受けるなど、“チームキム・ユナ”はあらゆる面で勝つための完璧な布陣を敷いている。多くの専門家が全力で才能あるスケーターをサポートすることにより、彼女は世界チャンピオンになるべくしてなったのだ。

もう、細かな点数の出方などを検証している場合ではない。スケートファンならば、根拠のない噂を元に、いつまでも行きすぎた議論を続けていたくはないし、他国の選手やライバル選手への中傷を繰り返したくはない。日本のメディアも、地道な努力を続けている人々を邪魔するような報道をするべきではない。必要なのは勝者をきちんと称賛し、その姿から学ぶべきところを学ぶことだ。

※元記事がリンク切れのため、フィギュアスケートを死なせたくない【2】様より引用させていただきました。



敗北の浅田真央、栄光への旅立ち 宿敵と歩み続けたスケート人生
スポーツナビ 2010年2月27日 6:00

(一部のみ抜粋)

 もしこの世にキム・ヨナがいなければ、彼女が金メダリスト――。そう考えると、浅田はある意味ラッキーだったな、と思う。それは06年、2度目の世界ジュニアにて、彼女が初めてキム・ヨナに負けたのときにも思ったことだ。その時の浅田はSPとフリーでトリプルアクセルを計2回跳んだが、演技全体に精彩を欠き、キム・ヨナがいなければ無難な演技で優勝してしまうところだった。そこに立ちふさがったのが、浅田にはない大人の演技力をすでに持ち、質の高いエレメンツの連発で浅田を上回る高得点をたたき出したキム・ヨナ。彼女に敗北したことで、浅田は得意のジャンプ以外ももっと強化しなければ、と気づき、ステップや音楽表現にも秀でたスケーターに時間をかけて成長できたのだ。そしてそのとき、1試合で2度だったトリプルアクセルも、3度跳べるまでに進化させてしまった。

(中略)

 二人のメダリスト。浅田真央がいたから、今のキム・ヨナがいる。キム・ヨナがいたから、今の浅田真央がいる。お互いにとってこれ以上の幸福はなかったし、私たちフィギュアスケートファンにも、進化し続ける二人を見守るという最高のぜいたくを、提供してくれた。

(以下省略)



レビュー消さないで欲しかった(Amazonクチコミ)より

04631089.jpg

(一部引用)

投稿日: 2010/03/30 15:15:11:JST
アマゾン花子さんのコメント:
全てのレビューが消されていますよ。
これは、どういうことなのでしょうね。

396人中394人が「この投稿が参考になった」と投票しています。

投稿日: 2010/03/30 16:13:31:JST
マイケル・朦朧さんのコメント:
カスタマーの正直な意見に対し、削除の要請ができ、それが受け入れられるってすごいですね。
レビュー蘭は何のためにあるんでしょうか?
447人中446人が「この投稿が参考になった」と投票しています。

投稿日: 2010/03/30 19:40:06:JST
まるさんのコメント:
本当に許せない!
都合の悪いことを隠して売り出すって
詐欺行為だよ!!!

416人中413人が「この投稿が参考になった」と投票しています。

投稿日: 2010/03/30 19:55:10:JST
モモ猫さんのコメント:
参考になった、という意見の方が多いレビューをまるごと消すなんて、恥ずかしく無いんでしょうか。
浅田選手を貶める記事ばかり書いているのに、こういう本を出せる神経が分からない。
420人中417人が「この投稿が参考になった」と投票しています。


また、青嶋ひろの氏は過去に韓国SBSテレビの取材を受け、
テレビでまでキムヨナを賞賛したことがありました。

そのときの画像がネットにも転がってました。

winshot001470.jpg

韓国に媚を売るライターは、日本には不要です。

■辛仁夏=在日ライター

青嶋ひろの氏と文体の似たライターがいます。

辛仁夏(しん・いな)という方なんですが、
巷では「青嶋ひろの=辛仁夏」という説が有力です。
決定的な証拠は見つけられませんが、信憑性は高そうです。

辛 仁夏(しん・いな)
winshot001476.jpg

青嶋ひろの
winshot001475.jpg

鼻の長さと唇の薄さが似てる感じはします。
ただ、似てるとは言えますが同一人物と断言までは避けておきます。
(証拠がないので)

簡単に言ってしまうと、こんな感じかも。

青嶋ひろの氏 = 反日ライター
辛仁夏氏 = 在日ライター

青嶋氏の在日説は決定的証拠がないので乱暴かもしれませんが、
辛仁夏氏が在日であることは数々の資料から証明されてます。

在日だから全て悪いとは言いませんが、
在日で、日本と韓国を公平な目見ている人は多くないと思います。

辛仁夏氏が在日である資料をまとめました。


(ハムケ)横浜だより  NO51  2002/12/5発行より

『駆け出しフリーランス記者の韓国・釜山(プサン)アジア大会取材記』 辛 仁 夏

 はじめまして、逗子市在住の辛仁夏です。日本生まれの日本育ちの朝鮮人で、在日2世です。10代のときにお世話になった信愛塾に、30代になってまた関わることができ、うれしい今日この頃です。このたび、このような形で皆さまに私の言葉を伝える機会ができました。
 2000年夏に10年近く勤めた新聞社を辞めた私は、韓国に1年間の語学留学し、昨年秋に帰国しました。現在は、フリーランス記者としてスポーツ分野を中心に活動しています。ここでは、9月29日に開幕し10月14日に閉幕した釜山(プサン)アジア大会を取材したときの出来事をご紹介したいと思います。この取材は、駆け出しのフリー・ジャーナリストとして初めての大きな仕事となりました。ハプニングもあり、母国語である韓国語を自由(まだまだですが…)に使いこなせる自信をつけてきた16日間でした。

(以下省略)



共同通信PRワイヤーより
2009.12.17

今回の「アジアの茶店」は1月13日にその第二弾として『指紋押捺拒否』(呉徳洙監督)を上映し、呉監督と映画の主役を担う辛仁夏(シン・イナ)さんのミニ講演を開催します。またその後参加者との懇親会も予定しています。

◇辛仁夏さんの“存在”について
『指紋押捺拒否』は、在日コリアンと指紋押捺拒否運動の歴史的背景を描きつつ、運動の代表人物(在日の人々、日本人の支援者や弁護士など)を紹介します。当時、無名の少女・辛仁夏さんは全体をつなぐ形で「まとめ役」を果たしています。

_prw_img1.jpg



神奈川民闘連ニュース
ニュース35号 2000/4/20発行

■指紋制度がなくなった!

 4月2日、東京の韓国YMCAで「指紋制度崩壊記念集会」が行われました。
今年の4月1日から外登法が改訂され、指紋制度が全廃、不携帯が行政罰、切り替えも5年から7年(双方とも特別永住者のみ)になりました。

 これを機に80年代に指紋拒否闘争を行っていた拒否者、支援者など全国の仲間が集まりました。神奈川で拒否した辛仁夏さん等も参加し、当時の指紋闘争を振り返りました。そして、指紋制度廃止を祝い、新たな課題(常時携帯・重罰規定)を確認しました。(S)



月間イオwebマガジン 2004年10月号 | No.100:目次より

特集:在日コリアン、その未来のために
● SPORTS KOREA 日本スポーツ界で「在日」が活躍する難しさ 辛仁夏          

winshot001474.jpg


辛仁夏氏は現在はライターですが、
16才の頃には『指紋押捺拒否』という映画の主役も。
日本のスポーツ界で在日が活躍する難しさを書いたコラムも。

そういう目線を持つライターということであれば、
韓国人のキムヨナが活躍することは当然嬉しいんでしょうね。

青嶋ひろの氏、辛仁夏氏のコラムと気づいた時点で、
私は読まないことにしています。

■黄蘭氏を勝手に特集

反日ライター、在日ライターとご紹介しましたが、
それと対照的なライターが、冒頭の韓国ニュースでも紹介された、
J-CASTニュースの黄蘭氏です。

いつかご紹介しようとお気に入り登録している記事の中に、
黄蘭氏のコラムが3つありました。

特に最初の2つのコラムは、
バンクーバーで採点に疑問を持ち始めてネットをさまよい始めた頃、
数々の陰謀説に胸を痛める中で、異彩を放ち、心を癒してくれたものです。

「ピアノ国際コンクールにおける「勝ちに行く」方式である」

というくだりは、今読んでも言いえてるな~と感心します。
ちょうど今回の世界選手権のキムヨナの演技について、某所で

「猫ふんじゃった」を自信満々に弾いただけ

とたとえられていたのを思い出しました。

2つ目のコラムでは、
キムヨナの意味不明な高得点に異論を唱えない解説者に疑問を呈しています。


浅田真央は挑戦した 「金より立派」これだけの理由
J-CASTニュース 2010/3/ 4 16:46

「オリンピック フィギュアースケート 女子フリー」(NHK総合) 2010年2月26日 8時50分~

日本人の7割(?)は見ただろうから映像批評はしない。敗因について述べる。キム・ヨナのコーチが以前から言っていたことにヒントがある。彼は要するに勝つための綿密な戦略を立て、その通りに成功したのである。競技をパーツに分け、パーツの難易度と加点の出安さを勘案して繋げていった。3回転3回転などごく僅かを除いて、失敗しにくい要素を並べた。冒険はゼロだからつまらない。

即ち、ピアノ国際コンクールにおける「勝ちに行く」方式である。課題曲以外は聴き栄えがする曲を並べる、弾き込んだ手の内の曲を並べる、冒険は一切しない。主張もしない。万人(つまり審査員)に反感をもたれないようにする。解釈が分かれる曲は選択しない。ひたすら無欠点主義でミスなきようにさらう。どのコンクールでも、どの競技会でも、採点は減点主義なので減点されないことが1番だ。

その代わり、演奏は無個性で面白くもおかしくもない。後々無欠点主義のコンクール覇者は芸術家として大成しない。かつてショパンコンクールで超個性的・挑戦的な青年が3次で落ちた。怒った審査員のマルタ・アルへリッチは、席を蹴立てて審査員を降りた。その青年は落選したことで有名になり、元々実力があったから、今や大演奏家である。その時の優勝者は消えてしまって名前も知らない。

浅田真央は挑戦したのだ。安全策もとらず、果敢に挑戦して、疲れて自爆した。無難な金より遥かに立派だった。泣くな、真央!

(黄蘭)



浅田真央に「負け採点」 疑問指摘しない解説者の愚
J-CASTニュース 2010/4/ 1 16:30

「世界フィギュアスケート選手権大会 女子シングルフリー」(フジテレビ) 2010年3月28日 19時58分~

今回もまた不審な結果だった。浅田真央が優勝したのは取りあえず良かったけれど、フリーの採点が2位とは納得がいかない。しかも、キム・ヨナがフリーで1位とは何かの間違いではないか。何故なら、キム・ヨナはすってんころりんと尻餅をついた上に、最後のダブルアクセルは失敗の1回転半になり、終わりの方は虚ろでヨレヨレだったにも拘らず、芸術点では5項目中、演技表現の同点以外、総てが浅田より高得点とは酷すぎる。贔屓以外の何ものでもない。

筆者がけしからんと思ったのは、解説者がなんの疑問も口にしないことである。解説者の中では八木沼純子は最もペケだ。素人でももう少しマシな語彙を使いそうな、ただ、「いいですねえ」とか、他国の選手を褒めるだけ。ジャンプの種類を連呼するのが仕事じゃないだろう。細かい採点表は演技直後に知らされる立場なのだから、すぐさま疑問点を指摘しないでどこが解説者かと言いたい。

採点を見ての浅田の表情は、口にこそ出さないが不信感が表れていた。本人は回転不足と取られた2回目のトリプルアクセルを含めて、完璧に演じたにも拘らず、採点が低いと思ったのだろう。当然である。真に完璧に彼女は演じた。全部が終って総合点で優勝とわかってからは、穏やかな笑顔に変わったが、物言えぬ演技者の胸の内には、シコリが残っていると思う。だからこそ、解説者はきっちりメディアの中で指摘してやるべきなのである。世界も見るのだ。

(黄蘭)



真央ちゃん涙涸れるまで泣くといい…親の死に目に逢えない切なさ
J-CATニュース 2011/12/15 17:00

「フィギュアスケートグランプリファイナル世界一決定戦2011 男女フリー」(テレビ朝日)2011年12月11日18時56分~

空港でゲートから出てきた浅田真央が黒帽子にマスク姿だったのは、後からのコメントでわかったように、飛行機を降りてからメールで母の訃報を見た直後だったから、舞台人と同じく世界中を転戦するアスリートも肉身の死に目に逢えず、切ない。真央ちゃん、日本中の君のファンが支える、涙の涸れるまで泣くといい。

涙目の真央の姿も痛々しかったが、筆者は彼女の前を行く佐藤信夫コーチが、ほとんど折れたように前屈みになって歩く様子に打たれた。彼も訃報を知った後だったからだろう。うら若い弟子の悲しみを我が事のように受け止めねばならないコーチ業も切ない。

喪章を付けた上着をとって出てきた高橋大輔の滑りは圧巻だった。4回転こそ着地でぐらついたが、後は完璧なジャンプと、得も言われぬ色気のある踊りでブルースを再現。ジャンプでミスしまくったパトリック・チャンよりはるかに魅了させたのに、フリーでも1点ぐらいチャンの得点が多く、高橋が2位だったのは納得がいかない。ご当地贔屓の引き倒しだ。審査員メンバーの国籍ぐらいは紹介せよ。

グランプリファイナル出場者の内、各地方大会に出られるのは1人が2回だけだったのに、今回からコストナーのように3回出ている選手もいる。何故そうなったかの説明が全くないし、3回出場の意味の説明もない。司会者(松岡修造、荒川静香ら)は、選手を煽るだけが役目ではないだろう、肝心の情報不足が気に入らない。

(黄蘭)


この方の真央ちゃんへの温かいまなざしにはブレがないです。
ワイドショーネタをライトに扱うJ-CASTニュースの中で、
黄蘭氏のコラムは救いとなっています。

今後もこの姿勢を貫いていただきたいものです。

■某所のコピペ。私にはこれがわかりやすいので。

これまでも何度となくこのコピペを貼ってきましたが、
今回、韓国のニュースで電通がキムヨナをごり押ししていたことが明らかになったことから、
ここで書かれてることがより信憑性を持つようになりました。

陰謀とか、そんなドラマの中のようなことは、数年前の私は興味もなかったし、
スポーツでそんなことがあってほしくない、という気持ちのほうが強かったのですが、
もうそんな綺麗事も言ってられない気がしています。

なんでキムヨナにはあんな高得点が出るの?
と思い始めたばかりの方もいると思うので、再度貼らせていたできます。
疑問を解き明かすためのヒントがあるかもしれません。


577 名前:氷上の名無しさん@実況厳禁[] 投稿日:2009/10/27(火) 20:51:27 ID:sYtR6duX0
ちょっと長くなるがおまえらにいいこと教えてやるよw

韓国はバンクーバーでどうしてもキムヨナさんの金メダルが欲しい理由があるんだよ
どんな手を使っても、な。

なぜそこまでして欲しいかと言うと、
それは平昌に冬季オリンピックを招致するためだ。

韓国は今、是が非でもでも平昌で冬季オリンピックを誘致しようとしている。
平昌は前々回はバンクーバーに敗れ、前回は当選確実と言われてたのにソチに敗れ、
次の冬季オリンピック選考会では是が非でも当選を勝ち取って、
過去2回分の選考会(とロビー活動)にかけたとんでもなく莫大な金を回収しなきゃならんのよ。  
(ちなみに平昌が次も冬季オリンピック選考会に出馬するのは決まってる)

次回三度目の正直で誘致に成功できなければ、
首をくくらなきゃいけない政治家や企業の経営者が出てくるという噂もある。
それくらい次の五輪誘致大会は韓国にとって負けられない闘いで、かけた金は莫大だ。

前回、前々回の誘致合戦で韓国が負けた理由の一つと言われていたのが、
「顔」の不在。

冬季オリンピック誘致に当たって、韓国にはこの間のリオのペレのような「顔」がいなかった。
そこで韓国は国を挙げて「顔」を作り出すことにしたんだよ。

冬季オリンピック競技の華、フィギュアスケートの圧倒的金メダリスト、
世界最高得点の圧倒的女王、

こんな選手がいたら誘致の「顔」にぴったりだろ?

そりゃあ「顔」を作り出すためなら、「顔」に箔をつけるためなら、
どんな手でも使うし、表でも裏でも莫大な金を使うだろ。
しょせんスポーツ同士の八百長止まりだったソルトレイクなんかと、今回はワケが違う。

韓国にとってのキムヨナは国家をかけた大プロジェクト希望の星なんだ、
スポーツという枠ではもうないんだよ、わかるかな?



・・・キムヨナに『電通』、浅田真央に『IMG』と表記したが、
これはそれぞれの選手のバックについている企業である。

電通は御存知、現在日本の流行を操っている広告代理店の最大手。
電通によって流行が作られ、
電通によって日本が動いていると言っても過言ではない。

浅田真央は電通の広告塔としいて声をかけられたもののこれを拒否。
キムヨナがこれを承諾したため、
キムヨナ上げ浅田真央下げの流れが生まれた。

キム・ヨナ、浅田真央の一連の騒動を説明しよう。

浅田真央、電通金儲けの種であるシンボリアスリート断る
          ↓
電通激怒により雑誌等で親の職業叩きスタート
          ↓
浅田真央IMG VS 電通 の抗争激化
          ↓
電通と韓国IB連合がIMGのキム引き抜き計画を決行
           ↓
韓国IMGと韓国IBスポーツ訴訟対決
           ↓
電通と韓国IB連合が人気下降中のISUフィギュアのスポンサーに就任
          ↓
韓国IBと韓国SBSと癒着しまくりのISU韓国人副会長が私物化
           ↓
チンクワンタ会長 クリックスポーツ局長 と韓国人副会長の利害が一致
           ↓
電通IB連合にISUのトップ幹部が組んでキムヨナ上げ浅田真央下げを開始  
           ↓
電通支配の日本マスコミによる浅田真央ネガキャンを開始
           ↓
浅田真央が自力で対抗し、ワールド制覇で阻止
           ↓
キムヨナの世界売り出しに失敗。
しかし韓国内ではCM13本という異例の売り出しに成功
           ↓
キムヨナ日本売出しのために
浅田真央人気下げのための韓国GFが八百長の出来レース決行
           ↓
またしても浅田真央が自力と強運で阻止しGF優勝
           ↓
韓国GF八百長の世界言論封鎖のため韓国日本ISUで
キムヨナ上げ浅田真央下げ決行
           ↓
欧州、ロシア、北米、中国マスコミ、日本国民に韓国八百長を勘付かれる
           ↓
キムヨナ日本売出しの対策を思案中


関連過去記事
電通について調べてみた
IMGについても調べてみた


<追加>

エキシの練習で、
真央ちゃん、佳菜子ちゃんとコストナー選手の楽しそうな写真を発見。

K6Wg8.jpg

こちらは、あっこさんのブログとツイッターにUPされました。
真央ちゃん&佳菜子ちゃんからのバースデーお祝い色紙。

鈴木明子さんTwitterより
winshot001477.jpg
winshot001478.jpg

この手作り感がいいですね(笑)



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/03/30(土) 20:04:16|
  2. 偏向報道|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。