ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「氷の妖精」と表現した8年前の城田氏。冷静な韓国記事。マツコ、微妙…?

■楽しいはずの対談が…

伊藤みどりさんとマツコ・デラックスの対談があったのですね。

往年の名選手についての話で、
途中まで楽しく読んでいたんですが、
後半にいくにつれ、素直に読めなくなってしまいました。

もう疑心暗鬼になってしまってるせいかもしれませんが…

真央ちゃんについてもKYについても、
それぞれ2~3行しか語ってないというのに、
その中に城田氏をはじめとするマスコミの刷り込みワードがきっちり入っているあたり。

真央ちゃんについて

鐘はフィギュア史に残る演目。
だから「白鳥の湖」はちょっと子供っぽい気もしちゃう。


KYについて

こないだ彼女を久々に見たけれど、ショックだった。
ブランクがあってもあれかと。
ソチでは間違いなく日本人選手にとって一番の脅威になるわよね。


マツコさんは好き(このところ微妙な発言もありますが)なので、
悪意があるとは思いたくないんですが、
白鳥が子供っぽいとか、KYについてショックだったのはそこか、と。


winshot000801.jpg

スペシャル対談 伊藤みどり×マツコ・デラックス「アタシの愛した女王たち」
Number 2013/02/15 06:01

(以下の選手については省略m(_ _)m)

トーニャ・ハーディング
スルヤ・ボナリー
サーシャ・コーエン
ミシェル・クワン
タラ・リピンスキー
荒川静香
カロリーナ・コストナー

「キム・ヨナを脅かすとしたら……」

マツコ (浅田)真央ちゃんは、バンクーバーのフリーの演目は凄かったと思うわ。

伊藤 挑戦してましたよね。ラフマニノフの「鐘」。

マツコ これは私、フィギュア史に残る演目だと思ってる。だから「白鳥の湖」はちょっと子どもっぽい気もしちゃう。安藤(美姫)さんの場合はショートのシェヘラザード※ は良かったな。ショートの方が派手に出来るじゃない。フリーって時間が長くて疲れちゃうから。

伊藤 2分50秒の中に凝縮されている感じ。

マツコ 特にそれが良く出る人よね。ショートの方が良い。手の所作がちょっと荒いのは気になるけど。キャラは好き。ちょっとやさぐれていて、アイラインなんか凄く分厚くて。

――マツコさんはスポーツ選手タイプの方が好きなんですね。

マツコ ただ美しいだけでは好きにならない。例えばコーエンは可愛かったけど、スケートもやっぱり凄かったもん。

伊藤 トリプルフリップとか。

マツコ ステップのところとかも、アメリカっぽい大げさな振りをするんだけど、技術も伴っているから、ただ上半身だけでやっているわけではない。そういう圧倒的なものを見せてくれる選手が好き。

伊藤 でしたら今、(ユリア)リプニツカヤっていうロシアの選手が期待できますよ。キャンドルスピンが持ち味※ 。

マツコ もう真っ直ぐになっちゃうやつね。じゃあキム・ヨナを脅かすとしたらその子? こないだ彼女を久々に見たけれど、ショックだった。ブランクがあってもあれかと。

伊藤 本番はきちっと固めてくるでしょうね。

「みどりが次の女王を育ててくれたら最高に幸せ!」

マツコ 私は007はたいした演目じゃないと思っているけど、ソチでは間違いなく日本人選手にとって一番の脅威になるわよね。今、満知子さんのところでいいのいないの?

伊藤 村上佳菜子がいますね。

マツコ もっと若い子。みどりを見つけた時みたいな衝撃は満知子に走っていないわけ?

伊藤 どうでしょう。今は毎日見に行ってないので……。

(以下省略)

winshot000802.jpg


■四大陸選手権 共同記者会見

四大陸選手権、共同記者会見の動画です。

真央ちゃん、とても冷静で、しっかりとしてきたなぁと感じました。
自己分析がしっかりできているし、言葉使いもきれいです。

不安だったときのことも、とても正直に語ってくれてるなぁ、と思いました。

少し前にも書きましたが、
ファンの応援を拒むことなく、それをパワーにしていきたい、
と語ってくれるところが、とても嬉しいんです。

動画主のwiceさん、ありがとうございます。

浅田真央(mao asada) 4CC 2013 共同記者会見!


(動画文字起こし)

-2008、2010に続き3回目の金メダルですが、今回の金メダルはいかがでしたか?

まず今日は、この大会ではトリプルアクセルに挑戦できたこと、そして3回転-3回転に挑戦できたことが一番嬉しく思っています。挑戦した中でも良いものを出すことができたので、練習してきてよかったなっていうふうに思っています。世界選手権ではさらにこのトリプルアクセルや3回転-3回転の質を上げれるようにこれから頑張っていきたいと思います。

たくさんの方が応援してくださったり、たくさんの方が見に来てくださったり…見てくださることは、ほんとに自分にとって凄く嬉しいことです。応援してくださることによって、自分のいつも以上のパワーが出ることもたくさんあります。なので、応援を力に変えれるように、自分でコントロールしています。

今シーズン最初は、まず自分のできること、ベースをしっかりという思いでずっと試合に臨んできました。そしてシーズン後半では、責めのプログラム、以前のようなレベルの高いジャンプを入れたいっていう思いでこの試合にも臨みました。今回終えてみて、やはり難しいジャンプを入れることで自分の気持ちも責める気持ちっていうのが出てきたと思うので、あのバンクーバーのときのような、自分の…強い自分に自分の気持ちも滑りも近づいけているのではないかなっていう実感は凄く感じています。

バンクーバーが終わってからもう一度一から見直したいと思い、取り掛かったんですが、取り掛かったときに「これで大丈夫かな」とか…「大丈夫かな?」という思いのほうが大きくて、そのままずっと試合に臨んでいました。ようやく三年経って、一からやり直してきたものが自分の身体に入ってきて、ようやく今実感を感じていますし、基礎をやったことによって、自分の癖や悪いタイミングなどが全部消えて、トリプルアクセルや3回転-3回転にもつながってるんじゃないかなっていうふうに思っています。

そして一番今回感じているのは、信夫先生が、出て行く前に「もう技術面では言うことがないから、もうあとは責める気持ちを忘れないで」って言われました。なので、もちろんまだ練習ではまだまだ5つでも6つでもいろいろ注意はあるんですが、こっちに来てからもう1つや2つに収まっていたので、少しずつですが自分のジャンプがようやく取り戻してきているんじゃないかなっていうふうに今回の試合で改めて感じることができました。

winshot000806.jpgwinshot000804.jpg
winshot000803.jpgwinshot000805.jpg

■城田憲子解説で見る2005世界ジュニアFS

突然古い動画ですが(笑)
上記共同記者会見動画を見るとき、
関連動画で上がってきたので見てみました。

暗黒面に堕ちる前の城田氏でしょうか。
真央ちゃんのことを「氷の妖精」と表現していた時期もあったんですね。
演技のダメ出しもしてますが、「跳べそうなんですけどね(笑)」と温かい目線です。

伊藤みどりさんも観戦していて、
真央ちゃんにスタンディングオベーションを。

山田コーチ、城田氏、伊藤みどりさん…
この頃と今とでは、どんなふうにその立場が変わってきたのだろうか、
などと考えながら見てしまいました。

このとき、2位のKYとは20点以上も差をつけての優勝だったんですね。

でも、一番印象に残ったのはやはり真央ちゃんの演技でした。
これってジュニアですよね?(笑)
なんという洗練された動き、音楽にピタッとはまった動き、
スローに入るときのうっとりするようなしなやかさ。
どのポーズもいちいち美しくて、目が離せませんね。

出来ることなら時計を戻して、
この時代の真央ちゃんからリアルタイムで応援したかったと思いました。

浅田真央 世界ジュニア 2005 FS 城田憲子 解説


(文字起こしここから。城田氏は赤

しかしこの選手を抜くのは大変だと思います
最終滑走になりました日本の浅田真央選手です
ショートプログラム1位でした
ただ一人60点台に乗せていました。60.11です
2位との差が7.2

みどりちゃん見てます

あぁ、そうですねぇ。
これトリプルアクセルやるから、
ってことじゃないでしょうかね

そうですね

これはもう挑戦するんでしょうね

もちろんね

予選でも挑戦しました。
その時には、跳んだんですけれども、
回転が足りないという評価だったんですよね

ここです

(3A成功)

ただの拍手じゃなく歓声ですもんね

そうですね

(演技終了)

日本の14歳、浅田真央選手でした。
スタンディングオベーションを受けています
伊藤みどりさんがいます
トリプルアクセルを初めて成功させた選手、
伊藤みどりさんと同じコーチの元で練習しているんですね

そうですね
またみどりちゃんのアクセルとは全く違いますけれども、
同じコーチのもと、山田コーチのもとで
トリプルアクセルを公式の場で成功させた世界選手権で
ジュニアでの ということはやはりあれですよ
みどりちゃんも嬉しいでしょうし、真央ちゃんも嬉しいでしょうけど、
一番嬉しいのは山田コーチでしょうね


そうかもしれませんね
でも試合で成功させるのは並大抵のことではありませんからね

そうですね
でも今日の、パーフェクトではないんですよ


これでも

そうですね
3連続のジャンプ、抜いてます
抜いてますっていうか、ひとつ、ないですよね


最後に入れる…

ルッツのところが単発で行ってしまいましたよね、最後

そうでしたね

ですからあそこのところはコンビネーションっていうか
コンボって形で残ってると思うんですけどね
やはり、ね、もう一つつけるだけの余裕がなかったのかも知れないんですけど、
これ見ると、ね、跳べそうなんですけどね(笑)


でもなんとも言えないその氷の上で滑りながら
体全体で表すフィギュアスケートっていう形が
なんともいえない妖精として、
氷の妖精としてとらまえられるじゃないですか
とっても素敵ですよね


そうですね
そういう意味でほんと魅力的な選手で、
そこにいる人たちも思わず立ち上がって拍手したくなるっていう
ほんとにそういう雰囲気がありますね

そうですね
ですから何度でも観たい


そうですね~
彼女がにっこりしてこっちに滑ってきますと
あたしに微笑んでるんだってもう勘違いしますね(笑)

高い得点が出ています
テクニカルエレメンツ62.73です
そしてつなぎの部分を除いて7点台の評価となっています
ファイブコンポーネンツです

フリーの得点119.13でした
予選の時よりいい得点が出ています
そしてトータルの数字179.24
非常に高い得点となっています

真央ちゃん、なんだかわかんないんじゃないですか
きっと、点数こんな高いのに(笑)
山田先生ちゃんと言ってあるのかな


見事な優勝でした
日本の浅田真央、初出場の選手です

真央ちゃん「あー終わった~」

うふふ
最初の感想が「終わった」なんですねきっとね

最終結果ご覧いただいています
日本の浅田真央選手、初出場で初優勝です

winshot000821.jpgwinshot000808.jpgwinshot000809.jpg
winshot000810.jpgwinshot000811.jpgwinshot000813.jpg
winshot000812.jpgwinshot000816.jpgwinshot000814.jpg
winshot000815.jpgwinshot000817.jpgwinshot000820.jpg
winshot000818.jpgwinshot000819.jpgwinshot000807.jpg

■韓国にも素晴らしい分析ができるニュースが登場

そして最後はこの韓国ニュース。

実は私もこの記事の存在に気づかなかったのですが、
megumi様、ちょこ様、記事のご紹介ありがとうございました<(_ _*)>”

ちょうど昨日私も、2ch情報をまとめる流れの中で、
現在真央ちゃんの基礎点はKYより12点も高いのに、
なぜ今以上の技を入れてノーミスでないとKYに勝てないのか、
おかしいじゃないですか、佐野さん!と書きました。

この記者も、その点に着目して、
現在の基礎点は真央ちゃんが12点上回っているので、
いくつか回転不足があったとしてもKYは勝てない、と見ています。

佐藤稔氏よりも、この記者のほうが冷静に事態を把握できていると思いました。


キム·ヨナは無条件浅田に不利?
フィギュア専門記者 "フィギュアのルール改正、浅田自信に影響"
"高難度ジャンプを推奨"ルールに基づいて浅田が基礎点数ガラス
"キム·ヨナ、ジャンプの基礎点減らそうとトリプルループ駆使することも"

韓国アイドットコムジョオクフイ記者 2013.02.14 15:08:49

浅田真央(23)が自信を完全に取り戻したようだ。

浅田は先週末、日本の大阪で開かれた2013四大陸選手権(4CC)優勝を占めた。 得意のトリプルアクセルを成功して総点205.45点の高得点も記録した。

フィギュア専門記者ジャッキー·ウォンは13日(現地時間)浅田の演技が完璧ではなかったが、印象的だと評価しながら去るバンクーバーオリンピック以後変わったフィギュアのルールが彼女の優勝に影響を及ぼしたと分析した。

国際スケート連盟(ISU)は2010年、 "高難度ジャンプの基礎点の向上"と "回転数不足とダウングレードを分離し、差別化したスコア付与"を骨子とした新ルールを発表している。 高難度ジャンプに属するトリプルアクセル(3回転半)の基礎点は8.2点から8.5点に上がった。 クォドロプル(4回転)の場合クォドロプルループの9.8点から10.3点に上がった。 これに伴い、基本スコアが0.2点から2.7点までふらりと上がった。 高難度ジャンプを推奨するというISUの意志をイルイルことができる。

浅田の得意なトリプルアクセルの場合、従来はジャンプを試みて回転数が不足すると基本点8.2点でOK削られたダブルアクセル基本点(3.5点)を受けたが、変わったルールを適用すると、トリプルルッツの基本スコアと同じレベルである6点を受けることになった。

これに伴い、浅田がショートでトリプルアクセル(8.5点)、トリプルフリップ - ダブルループ(7.10点)、トリプルループ(5.61点)を走ってキム·ヨナ(23)がトリプルルッツ - トリプルトウ(10.10点)、トリプルフリップ(5.30点)、ダブルアクセル(3.63点)を跳べば浅田がキム·ヨナよりも2点以上の高得点を受ける

フリーでも同じだ。 キム·ヨナはトリプルルッツ - トリプルトウがありますが、キム·ヨナはフリーで浅田が走るトリプルアクセルやループ(トリプルループ5.10点、トリプルフリップ - トリプルループ10.40点、トリプルフリップ - ダブルループ - ダブルループ9.79点)を走らないため、基礎点から10点以上の差が出るようになる


ウォンはこの点に注目した。 ウォンは "女子シングルの場合トリプルアクセルを打ち出す選手は浅田に基づいてスコアに有利な点が浅田の自信を育て、彼女のプログラムに大きな技術を盛り込むことを躊躇しないようになった"としながら、 "浅田が、実際に、1つ以上のトリプルでアンダーローテ判定を受けてもキム・ヨナを依然として先んじることになる"と語った。

ウォンは "ショートとフリーのジャンプの基礎点を合わせ比べると浅田がキム·ヨナを確実に先んじるのに、これは意味深長な差だ"とし、 "キム·ヨナが昨年12月に復帰戦で完璧なクリーン演技をしたのに比べて、浅田の演技は不足だが、技術点の差は無視できない "と分析した。 彼は "(そういう意味で)キム·ヨナは浅田とのジャンプの基礎点を減らすためにトリプルループを駆使するかもしれない"と推測した。

米国スポーツイラストレイテッドは7日(現地時間)、2014ソチ五輪関連の記事で2年ぶりに復帰したキム·ヨナが最高記録にふさわしい演技を披露して正常に復帰したとしてソチ五輪での活躍を期待していた。 浅田もキム·ヨナ復帰に合わせて浮上している。 日本のマスコミは一斉に浅田を "あきらめない情熱の持ち主"と褒めたてソチ五輪で金メダルを最大限に活用しています。

このように4CC優勝で自信を取り戻した浅田はキム·ヨナには絶対無視できない存在だ。 ISUの新しいルールがキム·ヨナには確かに不利だが、浅田のトリプルアクセルもリスクが大きい。 二人が宿命の対決を繰り広げる来月の世界選手権大会にフィギュアファンたちの関心が集中している。

behermes201302141508430.jpg


この写真、いいですね。

20130211-371006-1-L.jpg



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/02/17(日) 15:43:03|
  2. 動画・世界の解説動画|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。