ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

四大陸の3Aも認めないコ・ソンフィ審判って何様?

※追記(お詫び)
記事投下後に気づいたんですが、
コ・ソンフィの発言は3Aについてというわけではなく、
四大陸のジャンプ全般についてなんですね(エッジエラーとか言ってるので)。
タイトルからして間違ってますが、勢いで書いたのでそのままにしておきますm(_ _;)m


■四大陸の3Aも認めないコ・ソンフィ審判

私はどうしてもコ・ソンフィ審判が許せません。

winshot000751.jpg

もともと信じられない発言をする審判だったのですが、
数日前にご紹介した、昨年末の発言(まともに3Aを跳んだこともない)に続き、
昨日もテレビニュースで暴言を吐いているというのです。

四大陸で認定された3Aを見ても、まだこんなことを…

(コ・ソンフィ審判の昨日の発言)
「回転数の問題とエッジが問題になって
 まだキム·ヨナ選手のジャ​​ンプの後に来るには少し足りない」


きちんと跳んで、きちんと評価されて、GOEも1.57与えられたジャンプですよ。
それを見ても回転不足とエッジエラーがあると発言するなんて…

コ・ソンフィさん、あなたは国際審判ではないのですか???
複数の審判が認めたことを否定してまで真央ちゃんを否定したいのですか?

日本の連盟も、現役審判のこういう発言を見過ごしていいのでしょうか。

コ・ソンフィ過去の発言
イ・ジヒに続く疑惑審判コ・ソンフィの発言に怒り心頭
風化させてはいけないコ・ソンフィ審判とイ・ジヒ審判の発言
真央ちゃんの活躍に海外で歯ぎしり。コ・ソンフィの許せない発言。

これは動画つきの記事なのですが、
その中で、声だけの出演で語っていました。


キム·ヨナ - 真央 "ライバル"再確認...来月対決
SBS TV (韓国語)2013-02-12 22:05

<アンカー>

日本のフィギュアスター浅田真央がシーズン最高点を獲得して変化した姿を見せてくれました。 来月の世界選手権でキム·ヨナ選手と2年ぶりに会うのに激しい試合を繰り広げることになります。ギムヒョンヨル記者です。

<記者>

浅田真央は今回の大会でジャンプ構成を、高難度で大幅に変えました。ショートプログラムでダブルアクセルをトリプルアクセルに変えて基本点を5.2点引き上げ、フリーでは高難度のトリプルフリップ - トリプルループの連続ジャンプまで追加して基本点を7点以上高めました。このように基本スコアを高めても間違いは減らしシーズン最高点に成功しました。日本のマスコミは、真の復活と言いながら興奮し、日本国内TV瞬間視聴率は29.5%まで上昇しました。

[浅田真央/日本のフィギュア国家代表:
最高の演技に近づいたと思ったら次の試合(世界選手権)が楽しみです。]

シーズン途中でこのように冒険に近い変化を推進したのは、既存のプログラムでは、キム·ヨナを折ることができないと判断したためだと分析されます。

それでも専門家たちは相変らずキム·ヨナの優勢を予想しています。ジャンプの基本点数は浅田が高く策定したが、完璧な姿勢でジャンプを駆使するキム·ヨナが成功確率の面でははるかに高いという分析です。また、演技力などの芸術的な面でもキム·ヨナがまだ上だという評価が多い。

[ゴソンフイ/フィギュア国際審判、4大陸大会の審判:
(浅田が)回転数の問題とエッジが問題になってまだキム·ヨナ選手のジャ​​ンプの後に来るには少し足りないかという気がしました。]


来月の世界選手権で値を二人の選手のライバル戦にすでに世界的な関心が集中されています。

winshot000750.jpg


コ・ソンフィの発言に比べたら、
韓国ニュースは負け犬の遠吠えみたいでかわいいものですが(苦笑)、
せっかく集めたお花畑ニュースなので、以下にご紹介します。

■歯ぎしりその1
 「ホームアドバンテージがあったニダ!」


このニュースは、もう読んでいても腹が立つというより、
あの状態の真央ちゃんを認められなかったり、
あの状態のKYをベタ褒めしなければならないことに、
説得力がなさすぎて、哀れにさえ思えてきます。

いつもながら真央ちゃんの写真のセレクトには、
記者のささやかな抵抗(笑)が感じられます。


キム·ヨナ - 真央、カナダで笑う者が'2 R勝者 "
エックスポーツニュース(韓国語) 2013-02-12 07:39

1990年の同じ月(9月)に生まれた二フィギュアスケーターの運命は全く強い。 フィギュア歴史上、これほど長い間、競争していた女子シングルの選手がいただろうか。

世界選手権大会で2年連続6位に終わった浅田真央(23、日本)は確かに暮れる太陽のように見えた。 しかし、今シーズンの復活に成功した。 浅田は11日、幕を閉じた国際氷上競技連盟(ISU)フィギュアスケーティング4大陸選手権大会女子シングルの部分で優勝を占めた。

トリプルアクセルでツーフット失策を犯しており、 "慢性病"であるトリプルルッツのエッジ問題は依然として変わっていなかった。 しかし、最初から最後まで氷に倒れておらず、何よりも自信があふれた。 昨シーズンまで浅田は自分の長所を失ってバランスが崩れた。 しかし、グランプリファイナルと全日本選手権大会で4大陸大会まで征服しシニアデビュー以来最高の全盛期を謳歌している。

国内ファンたちに浅田は明らかに "愛憎の対象"である。 今回の大会はもちろん、複数の大会で浅田が過度に多くの得点を受けた大会は明らかにあった。 しかし、浅田は決して甘く見スケーターがない。 浅田は過去2年間のトリプルアクセルをはじめとする残りのジャンプが揺れ下位圏に墜落する屈辱を味わった。 スケーターとして最高の危機が訪れたが、これを克服し出した。 今シーズン上昇勢に乗りながら消えない底力を見せている。

しかし、今回の4大陸選手権大会は自国日本で開催された。 浅田は自分が出場したシニア34の大会の中で15個の大会で優勝を占めた。 その中自国日本でおさめた優勝が5回(その次に多くの優勝を収めた国は3番の韓国)にもなる。 フィギュアスケートの国際大会を特にたくさん開催する日本の影響が大きかった。 浅田は現役選手の中、自国で最も多くの優勝を占めた女子シングル選手だ。

一方、キム·ヨナの "祝福の地"は、北米大陸である。 キム·ヨナは今まで総20回のシニア国際大会に出場して、米国で3回、カナダで2回優勝した。 浅田とは対照的にキム·ヨナはロシア、中国、日本、そして欧州の各国で均等に正常に登板した。 キム·ヨナが唯一国内で出場したISU公認大会は2008年に京畿道高陽市オウリムヌリで開かれたグランプリファイナル大会だった。

また、今回の4大陸選手権大会はキム·ヨナはもちろん、全米選手権優勝者であるアシュリー·ワグナー(22、米国)が出場しなかった。 4大陸選手権大会は、ISUが公認する大会だが、日本選手たちの "ホームアドバンテージ"を考慮すると、浅田が受けたシーズン最高点数である205.45点は重みが落ちる。

真の強者は来る3月、カナダのオンタリオ州ロンドンで開かれる世界選手権大会で決定されるものと見込まれる。 浅田がもしこの大会で優勝する場合は、個人で初めて一シーズン自分が出場したすべての大会で頂上に上がる珍記録を立てる。

浅田は明らかに勢いに乗っているがキム·ヨナの勢いは天を突くようだ。 キム·ヨナは1年8ヶ月ぶりの復帰戦であるNRWトロフィーで200点を超えた。 バンクーバー冬季五輪以降着実に大会に出場した浅田と比較すると、しばらく休息を取って出てきたキム·ヨナの点数はもっと意味を持っていた。

そして去る1月初めに開かれた第67回全国男女フィギュアスケーティング総合選手権大会で210.77点の点数で優勝を占めた。 国内大会であるため、スコアはあまり意味がない。 しかし、明らかなことは、キム·ヨナの技量が最高ピークだった2010バンクーバー冬季オリンピックの時と変わらなかったという点だ。 実際にこの大会を見守った多くのフィギュア関係者たちは "オリンピックの時と変わっていない"と口をそろえた。

浅田真央は今回もトリプルアクセルとトリプルフリップ+トリプルループなどのジャンプ構成を掲げ、基礎点数を高くした。 浅田側は常にキム·ヨナよりも技術の基礎点数を高くし出る戦略を立てた。 しかしキム·ヨナは技術の正確さと成功率と加算点(GOE)と芸術点など総合的な部分でたいへん進んでいる。

二人の選手は、バンクーバー冬季五輪以来、最高の勢いに乗っている時期にまた会った。 シニアの舞台で二人の選手は、11番合うぶつかった。 今までキム·ヨナは浅田に7勝4敗で優位を見せている。

1360622148566_59_20130212074213.jpg


上の記事では、真央ちゃんの今回の優勝を、
ホームアドバンテージがあったからだとこき下ろしていますが、
以下の記事でも、あの手この手で真央ちゃんの優勝にケチをつけています。

1つ目の記事では、「芸術点ではKYが一枚上手」
2つ目の記事では、「3A男子だったら認定されなかったレベル、ヨナに厳しくアサダに甘い審判がいた」
3つ目の記事では、「衣装の羽が落ちたら危ないじゃないか!」

などなど(-.-;) 

■歯ぎしりその2
 「芸術点はヨナが一枚上手ニダ!」



浅田の最高点、 "芸術点"はキム·ヨナが一枚上
スポーツソウル(韓国語) 2013-02-11 20:03

205.45点。

トリプルアクセルを前面に出して今シーズン最高点を塗り替えた浅田真央(23、日本)のスコアが話題だ。 浅田は10日(韓国時間)に終了した4大陸フィギュア選手権大会ショートプログラムで74.49点、フリースケーティングで130.96点を得て総点205.45点を記録して優勝した。 キム·ヨナが2ヶ月前NRWトロフィー大会で立てたシーズン最高点(201.61点)を3.84点差で塗り替えた。 キム·ヨナの当時のショートプログラム(72.27点)とフリースケーティング(129.34点)よりもすべて高い点数を受けた。

しかし、同じ大会で出てきたスコアではない見ると、二点数を無条件に比較するには限界がある。 一度NRWトロフィー大会は厳密に言えばB級大会なので4大陸選手権大会に比べて権限は落ちる。 一方、キム·ヨナ、2012世界選手権大会優勝者であるアシュリー·ワグナー(米国)が欠場したまま、日本で開かれた今回の大会は日本選手たちにホームリンクの利点が多少作用したことがある。

何よりもキム·ヨナはNRWトロフィー大会に出場した当時、 "総点"より、世界選手権のチケットを取るための最小技術点数(TES)の獲得を目指したという点も考慮しなければならない。 ショートとフリーの演技で技術の基本点数を相対的に低く設定する代わりに、ミスなく実行するのに神経を使った。 もちろん復帰なので、フリースケートではコンビネーションジャンプでミスも数回出てきた。 それでもキム·ヨナがシーズン初の200点突破という高得点を得たことは、基本的な技術の優れた実行能力に高い加算点を受けたという点、そして '名不虚伝 "の表現力にプログラムを構成する要素点数(PCS)を高く受けたことなどが作用した。

2013021101000372600016911_59_20130211200316.jpg

ショートとフリーの両方の技術点数とプログラム構成要素点数の合算点で得る。 いわゆる "芸術点"と呼ばれるプログラムの構成要素は、スケーティング技術、転換 - フットワーク、演技 - 実行、振り付け - 構成、解析など5つの詳細項目で行われるが、技術点と比重がほぼ同じだ。 キム·ヨナが1年8ヶ月ぶりの復帰戦とショートとフリーで得た "芸術点"はすでに浅田より一枚上だった。 ショートプログラムではキム·ヨナが34.85点で浅田(33.86点)より0.99点高く、フリーでもキム·ヨナが69.52点で浅田(67.76点)より1.76点高かった。 相変わらずの "芸術"は、キム·ヨナの強力な武器だ。

復帰の負担をさっさと馳せて4ヶ月間のナイフを行ったキム·ヨナは来月の世界選手権大会で、より高い技術点数を期待​​することができる。 そこに "芸術"を加える。 トリプルアクセルを打ち出した浅田が大詰めの訓練を通じてどれだけ高難度の技術の実行スコアを引き上げるかも関心を集めている。 したがって、 "真剣勝負"は、来月の世界選手権大会で行われる。

winshot000749.jpg


■歯ぎしりその3
 「トリプルアクセルは男子だったら認定されてなかったはずニダ!」
 「ヨナに厳しくアサダに甘い審判がいたニダ!」



浅田のトリプルアクセルが完璧だったと?
韓国アイドットコム(韓国語) 2013-02-12 16:03

"男子選手だったら成功評価受けなくて" 指摘出て

韓国に悪名高いテクニカルパネルに疑惑の視線

浅田真央(23)が、本当に完全に復活したのが正しいのだろうか?

浅田が9〜10日、日本大阪で開かれた2013年国際氷上競技連盟(ISU)4大陸選手権大会でショ​​ートプログラム(74.49)とフリースケーティング(130.96点)で今季最高点(205.45)で優勝すると、韓国のマスコミは"浅田真央のトリプルアクセル完全復活" "浅田、キム·ヨナを上回った"などの記事を送りだして絶賛した。

マスコミは浅田が今回の大会で彼女の主な武器であるトリプルアクセルに成功し、昨年キム·ヨナが、ドイツNRWトロフィー大会で記録した今季女子シングル最高点(201.61点)を3.84点更新された点に注目した。

しかし、浅田がトリプルアクセルを成功したか疑問という見方も存在する。 今回の大会で優勝に値する素晴らしい演技をしたのは確かだが、トリプルアクセルに完璧に消化したと見るには無理があるということだ。

浅田は今回の大会トリプルアクセルジャンプで特有の癖が出てきた。 ジャンプ前に線の回転をしたのだ。 厳密に言えば3.5の車輪をすべて満たしていないこと言葉が出てくる理由だ。

浅田のトリプルアクセルに疑問を提起する人々は男子選手たちが浅田のようにトリプルアクセルを駆使した場合はジャンプを成功したと認められなかったと主張している。 浅田がこれまで駆使したフリープラグアクセルジャンプをもっと滑らかに走ったものであり、しっかりとしたトリプルアクセルではないだろう。

その後、浅田はどのようにキム·ヨナを超える高得点を記録することができただろうか。 一部では浅田がホームの舞台でプレーしたことに加え、テクニカル·パネルを注視している。 テクニカルパネルの一人ミリアムロリ今年 - オベルヴィルドル(スイス)は、韓国のフィギュアファンたちに悪名が高い人物である。 彼女はキム·ヨナのジャンプは複数回、理解できない減点を付け浅田はいつも友好的な点数を付ける​​ことで有名だ

もちろん浅田が今回の大会で高得点で優勝することでキム·ヨナとのライバル対決は興味津々になった。 今すぐ国際氷上競技連盟(ISU)世界選手権大会が来月開かれるからだ。 キム·ヨナと浅田はジュニア時代から世界の首脳の座をめぐり熾烈な自尊心対決を繰り広げてきた。 韓国と日本だけでなく世界中のフィギュア界が二人の競争を注目している。

二人は世界選手権とオリンピックで1位の座を交互にさらっフィギュア興行を主導している。 2008年の世界選手権は浅田が、2009年の世界選手権と2010年バンクーバー冬季オリンピックはキム·ヨナが、20​​10年の世界選手権は浅田が優勝を占めた。

浅田はキム·ヨナに弱かった。 'フィギュア女王'の時期に押されてかな? 浅田は決定的な瞬間であれば、彼女の得意のトリプルアクセルジャンプをまともに駆使できなかった。 そうするうちに浅田はトリプルアクセルをしばらくプログラムから除外した。

キム·ヨナが復帰しよう浅田が秘蔵の武器であるトリプルアクセルを稼働した。 来月10日から17日まで、カナダのオンタリオ州ロンドンで開かれる世界選手権で繰り広げる二人の真剣勝負が期待される。


■歯ぎしりその4
 「羽が落ちたら危険ニダ!」



"氷板に羽毛落ちて!" 浅田真央の新しい衣装論難
日刊スポーツ(韓国語)2013-02-12 19:06

浅田真央(23·日本)の新しい衣装が重ね重ね話題を撒いている。

浅田は10日、日本の大阪で行われた四大陸フィギュア選手権大会でショ​​ートとフリープログラムの合計205.45点でシーズン最高点数を受けた。 キム·ヨナ(23)が昨年、ドイツNRWトロフィーで記録した201.61点より3.84点高い点数だ。

浅田はこの大会で新しい衣装を披露した。 今シーズン浅田のフリープログラムの背景音楽が "白鳥の湖"ですが、これ合わせて白鳥の羽がついた衣装を着て出てきた。 胸の部分とスカート、手の甲にも純白の白い羽が入念に装飾されていた。 この大会前までは銀で装飾されたシンプルな白の衣装だった。

日本のマスコミはこの衣装が浅田の過去のコーチを務めたタチアナ·タラソワ(65·ロシア)のプレゼントだと報道した。 タラソワコーチは2010年バンクーバー冬季五輪当時、浅田のコーチであり、現在は浅田のプログラムの振付を担当している。 サンケイスポーツなど日本のマスコミは "タラソワが浅田に今回の衣装をプレゼントした"と伝えた。

問題は、けたたましい羽です。

フィギュアの規定上、演技の途中で衣装に付いた付着物が落ちれば減点される。 昨年全日本選手権大会の途中男子フィギュアの高橋大輔(27)が衣装で羽が落ちる風に1点を減点された。 浅田も大会前の公式練習中に羽が落ちた。 それでも浅田は "羽が落ちた大丈夫だ。 本番でも着るつもりだ "と語った。 浅田は今回買っ大陸大会のフリープログラムで羽付きの衣装を着てトリプルアクセルを走った。 フリーでのトリプルアクセルは回転数が不足していると判定されたが、衣装のために減点を受けなかった。

韓国フィギュアファンたちは浅田の新しい衣装をきれいに見ない雰囲気だ。 ネチズンたちは "羽が氷になると、他の選手に被害を与えることではないか" "シーズン途中で衣装も変えて、浅田真央はお金も多いのね"などの悪評を吐き出している。

浅田はキム·ヨナと対決する3月の世界選手権(カナダ·ロンドン)にもこの衣装を着るように見える。 浅田は四大陸大会のすべてについて、大満足というインタビューをした。 浅田が買って大陸大会の時の衣装など、さまざまな環境を維持しながら、世界選手権の準備をする可能性が大きい。 日本のスポーツ専門媒体スポーティバーは "社大陸選手権大会優勝後、浅田が久しぶりに本当に喜んでいる姿を見た"と報道した。 キム·ヨナは今シーズンのショートプログラム "ヴァンパイアのキス"、フリープログラム "レ·ミゼラブル"を演じる。 キム·ヨナのフリーの衣装は暗いグレートーンであり、腕の部分にボリューム感を入れて装飾をした。

htm_2013020919185267006710_59_20130212190602.jpg


■反日記者が何を抜かしてるんでしょうね~

いつも典型的な反日記者としてご紹介していたイ・チュンミン記者が、
日本に擦り寄る記事を書いています…率直に気持ち悪いんですが。


"知韓派、日本変える?" 浅田復活嬉しい理由
芸能界草なぎ剛 - スポーツ界浅田 "知韓派"分類
日本社会に及ぼす影響強大..韓国は得

デイリアン(韓国語) 2013.02.12 14:31:43

"韓国で暮らしたい。"

日本グループスマップのメンバー草なぎ剛(39·草なぎ剛)が2004年、フジTV-トゥルーショーで言った言葉だ。

"知韓派"チョナンカンは自他共に認める韓流情報通で有名だ。 名優ハン·ソッキュ主​​演の映画 "接続(1997)"を見て以来、韓国の大衆文化にどっぷり浸かってた。 チョナンカンは、ハン·ソッキュの演技に "文化的衝撃を受けた"と告白した。 その後チョナンカンは検索を通じ、アジアのトップ俳優という事実を知ることになり、ハン·ソッキュ出演作品をすべて渉猟した。 そして2003年に自身が進行する放送でハン·ソッキュに会って夢をかなえた。

当時チョナンカンは口があご詰まった。 尊敬する俳優と、実際に対面したら震えて手探りをたてたと打ち明けた。 草なぎ剛の目的は、ハン·ソッキュ、ソン·ガンホなどと一緒に韓国映画に出演するのだ。 韓国俳優の特徴である繊細な感情演技をするのが彼の願いである。

草なぎ剛のおかげだろうか。 木村拓哉、中居正広などスマップのメンバーも韓国に関心を見せた。 特に草なぎ剛を実兄のように続く香取慎吾(36)は、日本の放送で "同じ思想の双子と似たような感情だろうか。 私も韓国に関心が多い "と話している。

草なぎ剛の影響を受けた稲垣吾郎も自分が進行する映画のレビュー、プログラムで "オールドボーイ" "殺人の追憶" "親切なクムジャさん"など韓国映画をよく紹介している。 これは、2000年代半ば、日本の女性の間で韓国映画ブーム火付けになった。 国民グループが認めた韓国名作をスマップファンも見て楽しんだ。 一人の知韓派(チョナンカン)のおかげで、日本に韓流がさらに深く根を下ろしたわけだ。

"もう一つの知韓派 '浅田真央(23)も同じだ。 日本フィギュアの看板浅田は普段韓国ドラマを楽しんで見る。

2008年には温泉でコメディアンイ·ヨンジャをご覧ください。もした。 当時、浅田はイ·ヨンジャにさっさと近づいて ""私の生涯最後のスキャンダル(MBC) "面白く見た。 民主お母さん役で出てきた分当たるか? 熱血ファンである "と好感を現わした事がある。 イ·ヨンジャは当時の記憶を写真に残し国内放送で公開した。

浅田は韓国料理も好きだ。 トッポッキとビビンバを好んで食べるという裏話だ。 これだけではない。 成人男性でも好き嫌いが(ノ_-;)ハア…分かれるサンナクチをしっかり噛んで食べる。

浅田とチョナンカンは、2008年ソウル明洞ツアーに出ることもした。 当時二人が訪れたレストランは、日本の観光客の必須コースになった。 特に浅田ファンが頻繁に訪れるという裏話だ。

このように、日本国内知韓派は多ければ多いほどいい。 大衆文化専門家は "一人の知韓派を単純に一人で計算してはいけない"と話す。 知韓派芸能人が抱える数千、数万人の日本のファンのパワーを察した感覚発言だ。

草なぎ剛のおかげで韓国語を学ぶ日本の青少年が増えている。 浅田のおかげで、韓国料理に関心を見せる日本の20代〜30代の若い女性が増加している。 韓国では勢いを継続し知韓派をもっと強くドラッグ抱かなければならない。 草なぎ剛のMBC "膝打ち導師"に出演のニュースはこれ以上嬉しい。

韓国情緒が日本実生活に深く浸透するためには知韓派日本人の助けが切実だ。 浅田と草なぎ剛の活躍が期待される理由だ。【デイリースポーツ=イチュンミン客員記者]

news1360635536_326215_1_m.jpg
浅田真央は代表的な知韓派スポーツスターに選ばれる。 ⓒ聯合ニュース


KYより真央ちゃんが優れていることを認めざるを得なくなったため、
真央ちゃんと仲良くなりたいと思ったのでしょうか…

気持ち悪いんですけど(ノ_-;)ハア…



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/02/13(水) 23:00:14|
  2. 疑惑|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。