ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

真央ちゃんの名言と川柳。インターハイ・欧州・全米各大会のまとめ。

真央ちゃんの名言と、真央ちゃん川柳が生まれました。

今日の名言(Number Web)より
winshot000325.jpg

川柳は、なんと8歳の女の子の作品です。
しかもスポーツ川柳コンテストで優勝!!!

素直な言葉で、端的に真央ちゃんの魅力を伝えていますね。

スポーツ川柳コンテスト(スポーツのチカラ)より
winshot000326.jpg

総評コメントの、「心の持ち方が大切です」
真央ちゃんを見てると、ほんとにそう思います。



そして今日は世界のあちこちで(笑)大会が行われ、
情報を追うだけでクタクタです。

とりあえず現時点の状況をまとめてみました。

■全国高等学校フィギュアスケート競技選手権大会(インハイ)最終結果

優勝・本郷理華(中央)、2位・中塩美悠(左)、3位・友滝佳子
oth13012519270020-p5.jpg

女子は本郷理華選手が優勝、
男子は日野龍樹選手が優勝です。

おめでとうございます!

佐藤未生選手が、SPでまさかの18位と出遅れ、
FSは5位と追い上げたものの、最終的には10位。
個人的には期待している選手なので、また次を楽しみにしたいと思います。

日野龍樹選手は、ここのところ安定してきましたね。
この調子で成長してくれるといいですね。

第62回全国高等学校フィギュアスケート競技選手権大会リザルトより
winshot000334.jpg
winshot000333.jpg


1年本郷、フィギュアV スピード土屋2冠
産経ニュース  2013.1.25 19:25

 全国高校スケート、アイスホッケー選手権第5日は25日、横浜市の新横浜スケートセンターなどで行われ、フィギュア女子は世界ジュニア選手権(2~3月、イタリア)代表で愛知みずほ大瑞穂1年の本郷理華がショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位となり、合計175・61点で優勝。中塩美悠(広島・ノートルダム清心)が150・43点で2位、友滝佳子(岡山理大付)が3位だった。

 スピードの男子1万メートルは土屋良輔(群馬・嬬恋)が15分23秒35で2年ぶり2度目の優勝を果たし、5000メートルとの2冠に輝いた。



高木、女子3000制す=フィギュア男子は日野優勝-高校スケート
時事ドットコム 2013/01/24-20:43

 第62回全国高校スケート・アイスホッケー選手権は24日、北海道・釧路市柳町スピードスケート場などで行われ、スピードの女子3000メートルはバンクーバー五輪代表の高木美帆(北海道・帯広南商)が4分27秒00で優勝した。同1000メートルは藤森美希(長野・佐久長聖)が1分25秒24で勝ち、男子1000メートルは近藤太郎(北海道・駒大苫小牧)が1分13秒71で制した。
 横浜市の新横浜スケートセンターが会場のフィギュアは、男子でショートプログラム(SP)首位の日野龍樹(愛知・中京大中京)がフリーも139.86点で1位となり、合計212.09点で初優勝した。女子SPは本郷理華(愛知みずほ大瑞穂)が61.83点で首位。 


■欧州フィギュアスケート選手権 男女ともSPが終了

なんと!
ソトニコワ選手がコストナー選手を上回り、SP首位です。
そして男子も、アモディオ選手がフェルナンデス選手を上回り、SP首位です。

男子の4回転成功率が凄いです。
上位5位までチェックしただけでも、こんな感じで。

フローラン・アモディオ  4S GOE1.29 11.79
ハビエル・フェルナンデス 4S GOE1.86 12.36
ブライアン・ジュベール  4T-3T GOE-1.14 13.26
ミハル・ブレジナ      4S GOE0.57 11.07
セルゲイ・ヴォロノフ    4T-3T GOE0.14 14.54

いずれも4Sまたは4T-3Tなんですね!凄いです。

そして次の6位がプルシェンコ選手なんですが、
残念ながら4回転は入りませんでした。

背中の痛みを押しての出場だったらしく、
試合でほとんど転倒しないはずのプルシェンコ選手が3Aで転倒。
FSは棄権することになったそうです。

これは残念です…
ニュースの写真も、こんなに肩を落としたところは初めて見た気がして、
見てるほうも辛いですね。

欧州フィギュアスケート選手権公式リザルトはこちら
ISU European Figure Skating Championships 2013 リザルト

(こちらのほうが日本語でわかりやすいので・笑)

ブログウォッチャー様より
winshot000339.jpg
winshot000337.jpg

Adelina SOTNIKOVA Euro 2013 SP


Carolina KOSTNER Euro 2013 SP


こちらのチャンネルに、欧州フィギュアスケート選手権の動画が多数ありました。
Canale di LaRiservaGoldenSkate様のチャンネル

euro201301.jpg
euro201302.jpg
2027_542953515729594_1410280414_n.jpg395534_542953465729599_53832188_n.jpg


プルシェンコが負傷で途中棄権、フィギュア欧州選手権
AFP 2013年01月25日 10:23 発信地:ザグレブ/クロアチア

【1月25日 AFP】フィギュアスケート欧州選手権(ISU European Figure Skating Championships 2013)は24日、クロアチアのザグレブ(Zagreb)で行われ、男子シングル・ショートプログラム(SP)を6位で終えたロシアのエフゲニー・プルシェンコ(Yevgeny Plushenko)が、腰痛を理由に大会を棄権した。

 2012年の欧州選手権(ISU European Figure Skating Championships 2012)で7度目の優勝を飾り、現在は2014年に母国ロシア開催されるソチ五輪出場を目指しているプルシェンコだったが、SPでは4回転ジャンプを跳べず、トリプルアクセルでは転倒するなど振るわず、74.82点で6位につけていた。

 その後、大会主催者は、プルシェンコが腰痛の悪化により競技を続行することができなくなったため、大会を棄権すると発表した。

 2012年の世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2012)をひざの故障で欠場したプルシェンコについて、同選手のコーチを務めるアレクセイ・ミーシン(Alexei Mishin)氏は、「痛みを抱えたままライバルに勝つのは難しい」とコメントした。

 また、今大会が今年最初の国際大会出場だったプルシェンコは、SPでの不甲斐ないパフォーマンスについて「言い訳のできないミス。今日は僕にとって良い日ではなかった」と語っている。(c)AFP

winshot000327.jpgwinshot000328.jpg
フィギュアスケート欧州選手権、男子シングル・ショートプログラム(SP)。演技終了直後のエフゲニー・プルシェンコ
(Yevgeny Plushenko、2013年1月24日撮影)。



■全米フィギュアスケート選手権 女子SPが終了 男子はまだ

全米は女子のSPが終わりました。
首位はワグナー選手、2位はザワツキー選手、3位は長洲未来選手。

そして12位にキャロライン・ジャン選手が入ってますが、
こちらは採点の低さにブーイングが起きました。
ほんとにはっきりとわかるブーイングです。

You Tubeを見ても、審判への批判がほとんどで、
あとはジャン選手の演技を讃えるものでした。

キャロライン・ジャン選手の動画は、
コメントもいくつかご紹介します。

全米フィギュアスケート選手権公式リザルトはこちら
2013 Prudential U.S. Figure Skating Championships

ブログウォッチャー様より
winshot000336.jpg

Ashley Wagner US National 2013 SP


Agnes Zawadzki US National 2013 SP


Mirai Nagasu US National 2013 SP


Caroline Zhang US National 2013 SP


(キャロライン・ジャン選手の動画についたコメント)

unfair judging!!!!

Judges determined to kill off this sport!

What a joke her score was

I give her 62.5 points.

49.99 for that performance??? Unbelievable...
Judges were sleeping?

見た目の印象と点数が乖離し過ぎているとどっちらけるわ。。

この内容で60点以下になることは考えられません。


連覇狙うワグナーが女子SP首位発進、フィギュア全米選手権
AFP 2013年01月25日 15:23 発信地:オマハ/米国

【1月25日 AFP】フィギュアスケート全米選手権(2013 Prudential U.S. Figure Skating Championships)は24日、米ネブラスカ(Nebraska)州オマハ(Omaha)にあるセンチュリーリンク・センター(CenturyLink Center)で行われ、女子シングル・ショートプログラム(SP)では前回大会王者のアシュリー・ワグナー(Ashley Wagner)が67.57点で首位発進を果たした。

 連覇が懸かる優勝候補の大本命ワグナーは十分な得点差をつけて首位に立ち、2005年まで連覇を続けたミシェル・クワン(Michelle Kwan)氏以来となる2年連続の全米制覇に向け好調な滑り出しを見せた。

 アグネス・ザワツキー(Agnes Zawadzki)が65.31点で2位、長洲未来(Mirai Nagasu)が64.39点で3位につけている。

 ワグナーはグランプリ(GP)シリーズで強さを見せ、2012年12月にロシアのソチ(Sochi)で行われたグランプリファイナルでは浅田真央(Mao Asada)に次いで2位に入るなど、充実したシーズンを送ってきた。

 グランプリファイナルではフリースケーティング(FS)で激しく転倒し、右ひざの故障と戦いながら今大会に出場しているワグナーだが、SPでは問題を抱えていることを全くうかがわせない、ミスのない演技を「レッドヴァイオリン(Red Violin)」に乗せて披露した。(c)AFP


winshot000329.jpg
winshot000331.jpg
zenbei201305.jpg
zenbei201306.jpg
zenbei201307.jpg
winshot000332.jpg

全米男子はまだのようですが、
アボット選手も怪我を抱えての出場になるようです。

この記事によると、
ライサチェック選手もジョニー・ウィアー選手も欠場なんですね…


全米フィギュアスケート選手権プレビュー
J-SPORTS 2013年01月24日17:57

(一部抜粋)

男子はジェレミー・アボットがタイトルを守ることができるかどうかが注目される。5位に終わったスケートアメリカの後、椎間板のずれによって神経が圧迫されて下半身にうまく力が入らなくなっていたことが判明。トレイナーからフィジカルセラピーの指導を受けながらトレーニングを続けてきた。復帰を表明していたエヴァン・ライサチェック、ジョニー・ウィアーともにこの大会を欠場することが発表された中、アボットがベストな演技を見せることができれば、4度目のタイトルを手にするだろう。


情報をまとめるのに精一杯で、
実はまだ動画をちゃんと見てないんですよね(;^_^A
これから夜更かしして鑑賞します(笑)



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/01/26(土) 01:17:01|
  2. 海外主要大会|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。