ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

カナダナショナル優勝はPチャン&オズモンド。武田鉄矢さん覚醒のラジオ。

■カナダフィギュアスケート選手権の結果

カナダフィギュアスケート選手権の結果が出ました。

男子優勝はパトリック・チャン273.75点、
女子優勝はケイトリン・オズモンド201.34点。

774159_10151655236437538_658178360_o.jpg

ケイトリン・オズモンド選手
転倒もありましたが、FSで130点超えです。

動画を見ましたが、よく動きますね。
ところどころ面白い動きもあって、退屈しませんでした。
3-3なし、転倒ありでこの点数は高いと思いますが(国内大会だし)、
最近あまり元気のないカナダ女子の中で、このフレッシュな存在感は光ります。

パトリック・チャン選手も転倒は1回。
4T-3T、4Tを決め、4T-3TのGOEは、なんと3.00
PCSは8点台がひとつもなく、10.00ひとつを含む全てが9点台
凄い評価です。

動画はまだないのですが、
ケヴィン・レイノルズ選手4回転を3本決め、認定もされました。
SPではスピン・ステップも気迫が途切れない演技だったし、
頑張ってるんだなぁと嬉しくなります。

男女とも、上位選手と下位の選手との差が凄いです。
女子は1位と2位の差が40点近く、男子も2位と3位の差が55点ほどあります。
そんな中で、パトリック・チャンに10点差まで迫ったケヴィン・レイノルズは健闘しましたね。

動画はこちらでご覧になれます。
You Tubeが出てきたら追加します。
パトリック・チャンFS(TSN)
ケイトリン・オズモンドFS(TSN)

※追記 You Tube追加します。

Patrick Chan 2013 Canadian Nationals free program


2013 Canadian Nationals Kevin Reynolds LP (3 quads)


カナダフィギュアスケート選手権公式リザルトより

winshot000298.jpg

winshot000291.jpg

ケイトリン・オズモンドFS
winshot000299.jpg

パトリック・チャンFS 冒頭4-3のGOEは3.00!
winshot000294.jpg

ケヴィン・レイノルズFS 4回転3本認定!
winshot000295.jpg

カナダの国内戦は気前よく点数を出しますね。
今回、アイスダンスのバーチャー&モイアーのショートでは、
10点が14個も出ています…!凄いです。

バーチャー&モイアー(アイスダンス)SD 10点が14個!
winshot000293.jpg



■武田鉄矢さん覚醒のラジオ番組

フィギュアスケートの話題から一転しますが、
武田鉄矢さんのラジオ番組での発言が話題になっているようです。

私は先にYou Tubeで全部聴いたんですが、
ニュースにもなっていました。


「中韓にいくらおわびしても同じ」「謝っても日本許す気ない」  武田鉄矢がラジオで「魂揺れた」発言
J-CASTニュース 2013/1/18 19:28

歌手・俳優の武田鉄矢さん(63)のラジオ番組での発言が、インターネット上で話題になっている。

主に韓国の文化や歴史、そして日本の外交的な対応について批判的な発言をしたもので、番組内容をアップしたYouTube動画は計6万5000回を超える再生数となっている。いったいどんな発言だったのか。

「日本人は変わったと思う」

話題となっているのは、文化放送で平日6時から放送されているラジオ番組「吉田照美 ソコダイジナトコ」内の10分間のコーナー「武田鉄矢・今朝の三枚おろし」だ。

2012年12月24日からの1週間、武田さんは台湾人評論家の黄文雄氏の著書「日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか」をテーマにトークを繰り広げた。黄氏は中国と韓国に批判的な立場で知られる。

1日目、武田さんは12年の中国の反日暴動や竹島問題で「日本人として魂が揺れた」「日本人は変わったと思う」と話し、「我々は戦後、戦争のおわびを延々としなければって教育も受けた。それが、中韓に対していくらおわびしても同じじゃないか?(という考えに変わった)」「中国と韓国は日本を許す気はない。被害を受けた国は200年忘れないという。経済援助や橋を作るなどしたって、許してもらえるわけがない」との考えを明かした。

2日目からは、「朝鮮半島は何かあるたびに、恨み、憎しみを忘れないために記念碑を建てる」「韓国は弱者を徹底的にいじめる。弱みを攻めるのが外交の手段」「勝つためには何でもやる」など、黄氏の韓国に関する批判的な記述を引用した。また、FIFAが記録している過去100年のワールドカップにおける10大誤審のうち4つを02年の韓国戦が占めていることについて「すごいですよね。偉い!何が偉いのかわからないけど」と皮肉っぽく語った。

ほかにも、日韓併合を推進していた韓国の政治家の子孫が、04年になって親日罪で財産没収の刑を受けた、韓国は日本を許してしまうと韓国ではなくなってしまう、といった黄氏の韓国に対する見方を紹介した上で「韓国の恨(はん)の思想がすごいですねぇ」と感想を述べていた。


「恨の思想」とは、世界大百科事典によると、

「朝鮮語で、発散できず、内にこもってしこりをなす情緒の状態をさす語。怨恨、痛恨、侮恨などの意味も含まれるが、日常的な言葉としては悲哀とも重なる。挫折した感受性、社会的抑圧により閉ざされ沈殿した情緒の状態がつづくかぎり、恨は持続する。長い受難の歴史を通じてつねに貧しく、抑圧されて生きてきた民衆の胸の底にこもる恨は、おのずから彼らの行動を左右する要因としてはたらき、抵抗意識を生みだすようになる。韓国では植民地時代から解放後の〈外勢〉と〈独裁〉のもとで、恨は民族の〈恨〉として強く意識化されてきた」

と定義されている。

「今頃気づいたの?」「基本的認識が違う」指摘も

武田さんは1949年生まれのいわゆる「団塊の世代」で、日本の侵略を一方的に糾弾する、いわゆる「民主的教育」を受けてきた。そんな武田さんが、本の引用という形ながら韓国の問題点を指摘したことで、インターネット上では「団塊の世代が反日思想から目覚めた」などと話題になっている。

福岡県出身の武田さんは事あるごとに郷土愛を強調していたり、幕末に国のために奔走したとされる坂本龍馬を敬愛していたりと、もともと愛国精神は強かったのでは、という見方もある。

YouTubeにアップロードされた番組の音声は、13年1月18日時点でいずれも1万回超、初日の放送は2万3000を超える再生数を誇る。

コメント欄には、「武田鉄矢はよく分かってるね。安心したよ」「戦後教育の悪癖にどっぷり浸かって染まってた筈の方が、これまでの認識に疑問を感じ御自分で調べて勉強しなおそうと言う姿勢には敬服します」「武田鉄矢がこういう事を発言するというのは本当に意味のある事。今後の武田鉄矢に期待したい」など、この問題をメディアで話題にした武田さんを賞賛する意見が並ぶ。

一方、「今頃こんな事気づいてんの武田鉄矢、20年遅いよ。それと日本は何も中韓に悪いことなんかしてないからね」「そもそも日本は感謝されこそすれ、恨みを買うことなど一切していないのだから。恨みを『捏造』するんだよ。反日教育によってな」「武田さんは大好きですが、基本的認識が間違っているのです。この200年は許さないじゃなく2億年許さない、それも日本人が日本人である限り友好とか友愛はないのです。永遠に」など、武田さんの認識はまだ甘いとする声も書き込まれている。


記事にも書かれているとおり、
武田鉄矢さん(昭和24年生まれ)はまさに団塊世代で、日教組の教育を濃厚に受けた世代。
そのような方が目覚め始めたということで、注目されています。

このブログでも話題にした事のある、
日韓ワールドカップの問題、慰安婦の石碑の問題、
中国の反日デモなども出てくるので、興味深く聴くことができました。

日本が中韓に悪いことをした、という間違った認識はそのままのようですが、
それでも中韓と理解しあえるはずがないことに気づいただけでもすごいと思います。

また、芸能人という立場でありながら、
ラジオでこの内容を伝えたことは大きいと思います。

自分の意見として伝えるのではなく、
あくまで本を読んだ感想という切り口であることも賢いと評判になってます。

そのラジオ番組の動画です。
コツコツと勉強してきたノートを片手に、熱く語っています。

武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史①


武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史②
武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史③
武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史④
武田鉄矢。教科書で教わらなかった韓国中国の歴史⑤

ラジオでは、このような内容が語られました。

・韓国は、日本だけでなく全ての国に蔑称を設けている。
・朝鮮という呼び方は、韓国が中国にお願いしてつけてもらった呼び方である。
・韓国は、清(中国)に感謝を示すために建てた石碑を、清が劣勢になった途端呼び名を変えた。
 (大清皇帝功徳碑→屈辱碑へ)
・伊藤博文は日韓併合をしたとして韓国で嫌われているが、日韓併合には最後まで反対していた。
 韓国の政治団体が日韓併合をしたいと強く押したのに逆恨みされている。
・その日韓併合を推進した韓国人は2004年に財産没収の刑を受けている。親日には国民でも容赦なし。

勝つためには何でもやる韓国
winshot000296.jpgwinshot000297.jpg

「恨(ハン)」を忘れないために記念碑を建てる韓国
37c5535b582993927fc4d85f6bacf3ff.jpgPN2012052101001741.jpg


FIFA創立100周年記念DVDによる「10大誤審」

1位 1986年 メキシコ大会 アルゼンチン×イングランド
2位 1994年 アメリカ大会 ドイツ×ベルギー
3位 2002年 日韓大会 ブラジル×ベルギー
4位 1978年 アルゼンチン大会 ブラジル×スウェーデン
5位 1982年 スペイン大会 カメルーン×ペルー
6位 2002年 日韓大会 韓国×イタリア トンマージがゴールデンゴールを決めるもオフサイドでノーゴール
7位 2002年 日韓大会 韓国×イタリア トッティがシミュレーションを取られ警告を受け退場
8位 2002年 日韓大会 韓国×スペイン モリエンテスがシュートを決めるもファールを取られノーゴール
9位 2002年 日韓大会 韓国×スペイン モリエンテスがゴールを決めるも理由をつけてノーゴール

10位 1962年 チリ大会 ブラジル×チリ


武田鉄矢さん、これからも熱心に研究されるんでしょうね。
応援させていただきます。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2013/01/20(日) 14:58:06|
  2. 海外主要大会|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。