ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

浅田選手の向上心を尊重したい。佐野稔氏、ひるおびで手のひら返し。

今日は短いニュースを先に2つ。
鈴木明子選手と宮原知子選手について。

鈴木明子選手が、来シーズンで引退すると報じられました。

ソチ五輪について明言を避けてきた鈴木選手でしたが、
挑戦を決意すると同時に、引退まで決意したんですね。

ソチへの挑戦は嬉しいのですが…いつかそのときが来るとはいえ、
こうやって終わりの時期を明確にされると、寂しくなってしまいます。

ラスト1シーズン、悔いの残らないように精一杯頑張ってほしいです。


フィギュア鈴木明子、来季限りで引退へ「ソチ五輪は最後のチャンス」
日本経済新聞 2012/12/24 21:12

 フィギュアスケート女子の鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=が24日、ソチ冬季五輪がある来シーズン限りで引退すると表明した。「現役はあと1シーズン。(五輪は)最後のチャンスと考え、やる価値がある挑戦だと感じた」と語った。

 ソチで開催されたグランプリ・ファイナルを経験して「ここ(ソチ)に戻りたい」と決意し、長久保裕コーチにもう1シーズンの指導を依頼する手紙を渡したという。全日本選手権は4位だったが、来年3月の世界選手権代表に決まり「一つ一つ基礎から見直したい」と後半戦に向けて修正を誓った。〔共同〕


宮原知子選手は、
なんとトリプルアクセルの習得を目指しているそうですよ!


14歳宮原、今後3回転半も/フィギュア
サンスポ 2012.12.24 20:47

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・カナダ)代表らによるエキシビションが24日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで行われた。

 全日本選手権の女子で3位と初めて表彰台に上がった14歳の宮原は「ミスを一つに抑えることができた。3回転-3回転も決めることができて良かった」と照れくさそうに振り返った。

 143センチの中学3年生は今後、難度を高めた2連続3回転ジャンプや、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)にも取り組む貪欲さを見せる。年齢制限で今季の世界選手権には出場できないが、ソチ冬季五輪は出場可能で「出られるようにこれから頑張りたい」と目を輝かせた。(共同)

Snap5473660.jpg


簡単に跳べてしまうのか、やはり知子ちゃんといえども難しいものなのか、
成果報告を待つしかないのですが、
こうやって「もっともっと」と向上心を見せてくれる選手は応援したくなります。
知子ちゃんの成長を見守っていきたいと思います。



■MOIの「メリー・ポピンズ」とインタビュー

全日本選手権のエキシビション、
メダリスト・オン・アイス(MOI)のメリー・ポピンズです。

Mao Asada - 2012 Japanese Nationals EX


かなこちゃん、あっこさん、大ちゃん、羽生くん、無良くんの動画もありました。
リンク先でご覧になれます。

Kanako Murakami - 2012 Japanese Nationals EX
Akiko Suzuki - 2012 Japanese Nationals EX
Daisuke Takahashi - 2012 Japanese Nationals EX
Yuzuru Hanyu - 2012 Japanese Nationals EX
Takahito Mura - 2012 Japanese Nationals EX

こちらは、国分太一さんによるインタビューです。
真央ちゃんは#3です(笑)

聖夜はヒーローと共に #1 Kanako Murakami & Daisuke Takahashi
聖夜はヒーローと共に #2 Akiko Suzuki & Takahito Mura
聖夜はヒーローと共に #3 Mao Asada
聖夜はヒーローと共に #4 Yuzuru Hanyu

羽生くんと真央ちゃんのインタビューの中で、
印象に残った部分だけ抜き出してみました。


Snap5473665.jpgSnap5473664.jpg

(優勝について)
実感はないですね。
やはりフリーのほうで自分の納得のいく演技ができなかったですし、
もちろん高橋選手が素晴らしい演技をしたんで、僕自身勝った気がしないです。

(高橋選手がライバルだと表現してましたが)
すごい嬉しいですけれども、まだまだ自分の中で雲の上の存在のような方なので、
もっともっと近づけるように頑張ります。



Snap5473662.jpgSnap5473663.jpg

(優勝について)
結果としてはよい結果を出したんですけど、
やはり自分の目指しているジャンプのレベルまで達してないので、
それができたときに本当の喜びっていうのが得られるんじゃないかなっていうふうに思っています。

(目標=向上について)
やはり今入っているものがようやくベースができてきたなって思ってるんですけど、
やはり以前やっていたトリプルアクセルや3回転-3回転を入れていきたいなと思っているので、
その向上を目指してまずは練習から確実に跳べるようにしていきたいと思っています。


ここで続けて浅田選手のニュースをご紹介したいんですが…


真央、2月の四大陸選手権で3回転半解禁…フィギュア
スポーツ報知 2012年12月25日06時03分

 フィギュアスケート全日本選手権の女子で2年連続6度目の優勝を飾った浅田真央(22)=中京大=が24日、札幌市内で会見し、2013年のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)解禁を宣言した。ソチ五輪出場枠をかけた世界選手権(13年3月、カナダ・ロンドン)の前哨戦となる、2月の四大陸選手権(大阪市中央体育館)で封印を解く可能性が高まった。

 まさに「有言実行」だ。優勝から一夜明け、真央は「来年は3回転半や2連続3回転を跳んで、本当の喜びを味わいたい。たくさんの方に3回転半を見てもらいたいと思う」と堂々と言い切った。

 今季封印中の3回転半は「練習では(回転が)認定されるくらいまで戻ってきた」と手応えをつかんだようだ。2連続3回転ジャンプは、3回転フリップの後ろに3回転ループか3回転トーループをつける2パターンを練習中。09年世界選手権ショートプログラム(SP)以来の成功を目指す。

 さらに「SPを手直ししてもらう」と、演技を微修正することも明かした。来年1月中旬に振付師のローリー・ニコル氏がいるカナダへ渡る予定。ジャズの名曲「アイ・ガット・リズム」に乗せたSPを、さらに密度の濃い演技構成に作り上げる。

 年末年始は地元の愛知で休養する。「おうちでゆっくりして、部屋の片付けをしたい。試合続きで、頂いたお手紙とかを整理できてないので」と笑った。「今年はグラフで表すと“ゼロからのスタート”だったが、そこから半分くらい登ってきた」。ソチに向かって、真央が一気にギアを上げていく。

◆13年の真央の試合予定
▼2月6~11日 四大陸選手権(大阪市中央体育館)
▼3月10~17日 世界選手権(カナダ・ロンドン)
▼4月11~14日 世界国別対抗戦(東京・国立代々木競技場)
【注】世界国別は代表に選出された場合に出場。

20121224-447786-1-L.jpg



真央「本当の喜び味わいたい」 2月の四大陸で3回転半解禁へ
スポニチ 2012年12月25日 06:00

 大技解禁が近づいてきた。フィギュアスケートの全日本選手権女子で2年連続6度目の日本一に輝いた浅田真央(22=中京大)が優勝から一夜明けた24日、報道陣に対応。今季封印していたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に意欲を見せ、来年2月8日開幕の四大陸選手権(大阪)で挑戦する可能性が高まった。「向上」をテーマに掲げる今季。自身の到達度を「半分」と分析した浅田が、14年ソチ五輪での完成型に向かって前進する。

 まるで数学の先生のようだった。6度目の全日本制覇から一夜明け、会見に臨んだ浅田が自ら切り出した。「グラフで表せば…」。3月の世界選手権で自己ワーストの6位と惨敗し、新シーズンになった11月の中国杯から4戦全勝。どん底から輝きを取り戻した12年を振り返り、「ゼロからのスタートで、半分くらいのところには上がってきているかな」と自身の現在の到達度を分析した。

 勝ち続けても満足感とは無縁だ。今季は安定感、完成度、表現力で好成績を残したが、自身の代名詞・トリプルアクセルは封印している。「いい演技をしても、前のような技術が戻るまでは喜べない。本当の喜びを味わいたい。もっと喜ぶためには、トリプルアクセルが必要。たくさんの方にトリプルアクセルを見てもらいたい」。大技へのこだわりが、浅田の口からあふれだした。

 情熱は抑えきれない。今季は腰痛を抱えていたファイナルを除けば、公式練習でもトリプルアクセルにトライしてきた。全日本の公式練習でも3度着氷。SPでは最終的に回避したものの、佐藤コーチに挑戦を直訴した。使用曲に大技を組み込んだ通し練習はまだ2回しかしていないが「試合で跳んでも認定されるくらいに来ている。あと一歩」と自信満々。世界一奪回を目指す来年3月の世界選手権を待たずに、2月の四大陸選手権で封印を解く可能性が高い。

 年末年始は大掃除や休養に充て、来年1月中旬には、SPのプログラムの手直しのためカナダに渡る。フリップ―ループ、フリップ―トーループの3―3回転ジャンプの練習にも積極的に取り組む。「順位や得点じゃなくて、目指しているものを練習して、試合でできた時の喜びを味わいたい」。14年ソチ五輪での完成型を目指し、浅田のグラフは右肩上がりだ。

Snap5473661.jpg


「アイ・ガット・リズム」の手直しにカナダにも行くそうですね。
今でも素晴らしいプログラムなのに、さらに磨きをかけるとは…これは楽しみです。

浅田選手は「今後の試合にトリプルアクセルや3回転-3回転を入れていきたい」
と、最近のインタビューでは繰り返し話していますね。

記事では具体的に3F-3Lo、3F-3Tの練習にも取り組むことも紹介されてます。

トリプルアクセルや3回転-3回転を入れることについては、
ずっと見守り続けてきたファンの中でも意見が分かれるところかもしれません。

今のままで充分世界でも優勝できる総合力があることを証明したのだから、
あえて危険を冒すような難しい技を入れなくてもよいのでは…など。

城田憲子氏、佐野稔氏が口をそろえて、
「今のままではヨナに勝てない」と言い始めた意図もつかめません。

ただ私は、浅田選手自身が「理想とするジャンプを入れて初めて心から喜べる」
と語っている限り、その思いを尊重したいと思いました。

尊重する、と言うと偉そうですが(汗)、
大切なのは、結果や周囲の思惑ではなく、
浅田選手本人の気持ちではないのだろうかと。

まわりに急かされるから焦って入れるのではなく、
昔できていたことを取り戻したいという純粋な気持なんじゃないかなと思いました。

万が一その挑戦が失敗した場合…
失敗というより、ジャンプが成功しても採点によって成功にも失敗にもできるので、
その結果を韓国やマスコミにいいように利用されるかと思うと辛いところですが、
韓国やマスコミがどんなキャンペーンを行ったとしても、
より高い理想を目指したいというアスリート精神は、
本当のフィギュアスケートファンに伝わるものだと信じたいです。

私はきれいごとを言ってるのかもしれませんが、
自分の意見が正しいという自信はいつもありません。
自分がこう思うから人にこう思いましょうと言うつもりもありません。
しがない一ファンとしてはこう思うかなぁという感じです(;^_^A

浅田選手のひたむきな挑戦を応援したいと思います。



■ひるおびで佐野稔氏「キムヨナに勝つのは難しい」

昨日の「ひるおび」について、
やはりご紹介した動画では、佐野稔氏がキムヨナに言及した部分はカットされていたようです。
(いろいろ教えてくださった方々、ありがとうございましたm(_ _)m )

ワイドショーの内容をコーナーごとに全て網羅して、
客観的に整理して紹介しているサイトを見つけたんですが、
その日の「ひるおび」のフィギュアスケートのコーナーのみお借りしてきました。

動画になかった部分が赤文字の部分です。


ろくもじ ひるおび!2012-12-24(月) 11:00~13:50よりフィギュアスケートのコーナーを抜粋

「トリプルアクセルを跳びたい」 ”トリプルアクセル” への思いー 佐藤コーチとの二人三脚

浅田真央 貫禄の逆転V 進化の秘密とは?
フィギュアスケート全日本選手権で浅田真央選手が逆転優勝。佐藤コーチとのタッグ、「トリプルアクセル」への思いなどを特集する。

浅田真央 貫禄の逆転V 進化の秘密とは?
浅田真央選手がフィギュアスケート全日本選手権(札幌市)で優勝。これまでの活躍を紹介、11月の「GPシリーズNHK杯」(宮城県)など予選では3戦3勝、佐藤信夫コーチの指示で「トリプルアクセル」は封印していたという。サンスポによる記事を紹介。全日本・女子フリーから「白鳥の湖」の演技。

男子フィギュア ”世代交代” か? 新エースは羽生?
フィギュア・全日本選手権(札幌市)、男子では高橋大輔選手が2位、羽生結弦選手が初優勝。佐野稔氏のコメント、「世代交代といえる」。

スタジオトーク
スタジオトーク。佐野稔氏「フィギュアスケートがクリスマスの恒例になった」。

フィギュアスケート全日本選手権
フィギュアスケート全日本選手権の男子・女子の結果を紹介した。男子は羽生結弦選手、女子は浅田真央選手が優勝。

高橋大輔選手(26) vs 羽生結弦選手(18) フィギュアスケート日本男子新時代到来!?
フィギュア男子について解説。高橋大輔選手と羽生結弦選手の戦い、NHK杯・GPファイナル・全日本選手権で優勝を争っているという。「羽生結弦選手」のこれまでの成績と歴代最高得点などの記録を紹介した。 高橋大輔選手と羽生結弦選手の「全日本選手権」試合後のコメントを紹介。互いについて高橋大輔選手「ライバル」、羽生結弦選手「雲の上」。佐野稔氏が「世代交代の始まり」などと話した。

真央 復活の影に… ”コーチとの絆”
浅田真央選手と佐藤コーチとのタッグについて解説。2010年からコンビを組み、「トリプルアクセル」を全試合に入れるが成功率2割、成績は振るわず。2011年は一部試合で封印、成績を伸ばす。2012年は全試合で回避、「フィギュアスケート全日本選手権」を含む全試合で優勝している。 浅田真央選手と佐藤コーチについて解説の続き。2年間のタッグで信頼関係が密になったことも結果を伸ばした、「トリプルアクセル」に最終的には挑戦すべきなどの意見。

世界選手権でライバル キム・ヨナと直接対決!
浅田真央選手は今後「キム・ヨナ選手」と世界選手権で対戦。ドイツの「NRW杯」で最高得点、「勝つのは難しい、トリプルアクセルは必須になる」という。2人のベスト成績と演技の組み立てを紹介した。 浅田真央選手とキム・ヨナ選手の戦いについて、佐野氏が直接対決前の「四大陸選手権」でトリプルアクセルを見せてほしいなどと話した。



佐野稔氏は、あのキムヨナの演技を見て、
本当に「勝つのが難しい」と思ったのでしょうか。

仮にも佐野氏が元フィギュアスケート選手であったのなら、
本心で言ってるとは思いたくないです。

そもそもあの演技であの得点が妥当だと思っているのか、
もし思っているのであれば、佐野氏にはもう何も期待できません。

そもそもこの番組に限らず、
テレビの報道はおかしいことばかりです。

キムヨナの1-1-1ジャンプをテレビで見たことがない。聞いたこともない。

キムヨナの1-1-1ジャンプ、転倒は報道しないのに、
浅田選手の失敗ジャンプは繰り返し報道される。

キムヨナが浅田選手の今季最高得点を塗り替えたというが、
大会の格が全く違うこと、キムヨナの得点は非公式であることを伝えない。

全日本の羽生選手については「非公式ながらも」最高得点を更新したと正確に伝えるのに、
キムヨナに限っては「非公式な」記録であることを伝えない。
(伝えてあってもナレーションでは触れずフリップに小さく書いてあるだけ)


テレビでしかフィギュアスケートを見ない人たちはきっと、
キムヨナの転倒や1-1-1の事実を知らないでしょう。

点数が上回ったからキムヨナがやっぱり一番強いんだと思い込んでしまったでしょう。

正確なことを伝えないテレビに何の価値があるのでしょうか。
そんなくだらないテレビだと思うなら見なければよい、ということになりますが、
見なければテレビは良くなるのかというと、そうではないのが辛いところ。

見なければ、知らないところでどんどん嘘が拡散されてしまう。
「テレビは洗脳装置」だとマスコミ自ら正体をばらしているのですから、
醜い情報操作が行われていることを知りながら見過ごすことはできません。

今回も、佐野稔氏がおかしなことを言っていると知りながら、
その映像がないので、正確なニュアンスを自分で感じ取ることができません。

こんなとき、自分にテレビ(持ってないので)と動画に関する知識があって、
自分で動画をアップできればいいのに、と歯がゆく思います。

それゆえに、動画を毎回アップしてくださる方々には頭が下がる思いです。

メリー・ポピンズ
G20121224TTT0700296G3000000.jpg
Mao+Asada+Japan+Medalist+Ice+2012+MGytQ89odUWx.jpg
Mao+Asada+Japan+Medalist+Ice+2012+6zTseEWq8Fux.jpg
G20121224TTT0700302G3000000.jpg

サンタがいっぱい(笑)
G20121224TTT0700292G3000000.jpg
Mao+Asada+Japan+Medalist+Ice+2012+esOgp0d5gvDx.jpg
Mao+Asada+Japan+Medalist+Ice+2012+pVY_UXMHp6wx.jpg
G20121224TTT0700303G3000000.jpg
G20121224TTT0700291G3000000.jpg



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/12/25(火) 14:30:25|
  2. 偏向報道|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。