ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

慎重すぎて守りに…ジャンプは繊細ですね。表彰式写真とおすすめニュース動画。

■またひとつ学んだ大会だったのかも

ニュースがたくさん出てますね。
一つ選ぶならこの記事かなぁ。

真央ちゃんの謙虚さを伝えつつ、
FSで上手くいかなかった原因も簡潔にわかる内容だと思いました。


真央“ヒヤヒヤの白鳥”ミス連発ギリギリ0・05差でV
スポーツナビ 2012年11月25日 7:00

 「フィギュアGPS・NHK杯・第2日」(24日、セキスイハイムSA)

 男女フリーを行い、女子はSP首位の浅田真央(22)=中京大=がミスを連発しながらも合計185・27点をマークし、2位に入った鈴木明子(27)=邦和スポーツランド=の追い上げをわずか0・05差でかわし、4年ぶり3度目の優勝(GP通算10勝目)を飾った。日本人最多のGP10勝目とした浅田は、鈴木とともにGPファイナル(12月5日開幕、ロシア・ソチ)進出を決めた。男子は羽生結弦(17)=東北高=が総得点で世界歴代4位の261・03点で初優勝(GP2勝目)。2位の高橋大輔(26)=関大大学院=とともにファイナルに進出した。

 得点が出た瞬間、会場のどよめきと、真央の驚いた表情が意外な結果を表していた。SP首位で大トリを務めた真央だったが、冒頭の3回転ループが2回転となると、その後も3回転ジャンプにことごとく失敗。完ぺきな演技をした鈴木の追撃をわずか0・05点差でしのぎきった。

 優勝したが「自分の出来の悪さにがっくりしていた。優勝と出た時は、ポカンとしてしまいました」。採点を待つ場所では、思わず「ごめんなさい」と観客に頭を下げた。

 SPで直近3シーズンでは自己最高の67・95点を出したが、そこに心のすきが生まれた。「気持ちは落ち着いていたし、冷静にやろうと思っていた。その分、強い気持ちとか、勢いが欠けてしまった」。それでも表現力を示す5項目の構成点では、鈴木を2点以上上回った。“土俵際”で踏みとどまる強さは、近年にはなかったものだ。

 日本人最多のGP通算10勝目で、14年ソチ五輪と同会場で行われるGPファイナルへ弾みをつけた。GPシリーズ“連勝”での進出は、07‐08年シーズン(スケートカナダ、フランス杯)以来、5年ぶりだ。

 昨年はファイナルに進みながら、母匡子さんの容体が急変し、現地から緊急帰国。48歳で亡くなった母の死を乗り越え、復活を期する今季。世界最高峰の舞台に懸ける思いは強い。

 浅田自身、まだまだ進化への手応えを感じている。「今日はやってきたことが出せなかったけど、GPファイナルもある。このままでは自分は納得できないし、この悔しさをファイナルにぶつけたい」と誓った。4年ぶりのファイナル制覇へ、この失敗を必ず糧にしてみせる。


ジャンプが思うように跳べなかったことについて、
真央ちゃんと佐藤コーチのコメントを中心に抜粋してみました。


真央Vも「ダメでした」/フィギュアより一部抜粋
nikkan sports 2012年11月25日8時26分

 演技を終えた浅田は、深いため息をついた。銀のアイシャドーを施したまなざしが、思わず下を向いた。得点を待ちながらつぶやいた言葉は、ファンへの「ごめんなさい」。逆転負けを覚悟し、表示された得点を見て目を丸くした。5000人以上が詰め掛けた場内も騒然。鈴木をわずか0・05点かわしたが、納得できない演技での優勝。ジャンプの出来を聞かれ、「あの~、ダメでした…。やってきたことを出せなかった。すごく残念です」。まるで敗者の弁だった。

 抜群の安定感を誇る冒頭の3回転ループがまさかの2回転になった。朝の練習から不調で予兆はあった。原因は気持ち。「SPでやってきたことを出せて、フリーに向けて良い状態だったので、冷静になろうと思いすぎた。勢いや強さを出せなかった」

佐藤コーチは「滑りにスピードが出るほど、ちょっとした狂いが表面化する。自分で自分に裏切られる感じ。心理的な面が大きい」とおもんぱかった。



浅田真央、4年ぶりVも「すごく悔いが残っている」NHK杯・女子FSより一部抜粋
スポーツナビ 2012年11月24日(土)

■出来に不満な真央「ソチでは失敗がないように」

 以下は浅田のコメント。

「自分がやってきたことが出せなくてすごく残念です。気持ちはすごく落ち着いていて冷静になろうと思っていたんですが、反対に強い気持ちに切り替えられませんでした。スピードも出ないし、足に力が出ない感じがしました。

(得点を待っている時はどんな気持ちだった?)自分の出来の悪さにがっかりしていました。いつもの練習通りにできなかったことが。3回転ルッツと3回転トゥループが中国杯ではできていなかったので、今回入れたかった。ルッツは失敗してしまいましたが、アクセル-トゥループ(のコンビネーション)はできて良かったです。練習であまりできていなかったので。

(ジャンプは)タイミングがつかめているんですが、前半は自分の勢いが無くて足に力が入っていなかったですし、後半は疲れてしまって。ジャンプのタイミングと力と自信が無かったジャンプが多かった。気持ちとタイミングとリズムが合っていなかったんだと思います。

(演技構成点の得点が高かったが?)評価してもらったことはすごくうれしいんですが、ジャンプと一緒にならないと意味がないと思っています。

■佐藤コーチ、真央の不調は「心理的なもの」

 以下は佐藤信夫コーチのコメント。

「いろんな意味で難しかったです。これが良い刺激になれば。(ジャンプが不調だった原因は?)心理的なものはあると思います。練習の中で少しミスがあるのですが、その不安が出てしまったと思います。(前の中国杯では)回転不足がついているので、それをなんとかクリア判定になるようにしていければ。

(心理的な部分とは?)回転不足を何とかしようとして、無理に何とかやろうとする。それが心理的に影響したと思います。ややもすると、スピードを殺して(修正を)となりますが、何とかそれはしないように。(シーズンを通して、予定通りにきている?)今日は少し厳しかったですね。もう少しできるかと思ったけど。焦らないで頑張らないと」


真央ちゃんのコメントで、納得です。

SPが良かったばかりに、FSもしっかり決めようと冷静に冷静に…
その慎重さが逆に勢いを失わせる形になってしまうことがあるんですね。

佐藤コーチによると
「滑りにスピードが出るほど、ちょっとした狂いが表面化する。自分で自分に裏切られる感じ。」

滑りがよくなってスピードに乗っているところに、
慎重に、という気持ちが逆に作用してしまったという感じなのでしょうか。

ジャンプというのは、それだけ心理的なものが作用する
繊細なものなんだということがわかりました。

また、佐藤コーチはこんなことも。

「回転不足を何とかしようとして、無理に何とかやろうとする。それが心理的に影響したと思います。」

中国杯では、回転不足を執拗に取られました。
私もその頃の記事で「見ていて辛い採点表」と書いた記憶があります。
2A-3T<< 3F< 3F-2Lo-2Lo< 2Lz(e) でした。
真央ちゃん、町田くん、優勝!中国杯FSのまとめと感想。

中国杯でのこの結果を受けて、
それをクリアしようと努力してきたのでしょうね。

それが、慎重に、と思いすぎたため、
無意識にフラッシュバックして迷いが出たのかも、
などと勝手に想像してしまったりするのですが…

いくら私が心配しても仕方ありませんが(汗)、
SPで余裕があってもFSで慎重になりすぎてもいけないこと、
またひとつ学ぶことができたという意味ではよかったのかもしれません。



■真央ちゃんを応援したくなる理由

昨日のFSだけをみると、
鈴木明子さんはあまりにも完璧で、真央ちゃんはその逆だったので、
その場で真央ちゃんの優勝が決まったときは、真央ちゃんも驚き、会場もどよめきました。

でも冷静に考えてみると、
前日のSPで真央ちゃんが9.39上回っていたので、
逃げ切りVという形の立派な優勝だったんですよね。

なので素直に喜んでもよかったものを、
真央ちゃんのあの申し訳なさそうな姿。

真央ちゃんはいつも、リアクションが正直ですよね。
そういうところが好きなんです(笑)

SPではいい演技ができたから、高得点にも素直に「やったー!」と。
FSでは納得できなかったから、優勝とわかっても「ごめんなさい」と。

もうここでどうしてもある人を思い出してしまう自分もイヤなんですが、
ボロボロの演技を晒しておきながら「でもフリーは私が一番だから」と言える選手もいるし、
ボロボロの演技で本人比で低い点数が出たとき「フフン」と鼻で笑うような選手もいます。
ボロボロの演技で採点を待つキスクラで、足を組んでふんぞり返っている選手もいます。
すべて同じ選手ですがw

どちらを応援したくなるかというと、
やっぱり真央ちゃんですよね(笑)

そんな真央ちゃんの、表彰式の写真です。

未来ちゃん、銅メダルおめでとう~
610x2012podium5.jpg

いい写真です
1200xnhk2012podium.jpg

この写真…
Snap545867.jpg

アップで切り取ってみたくなった(笑)クリックで実物大くらいかも。
Snap545866.jpg
原寸が巨大なのです→http://media.zenfs.com/en_us/News/Reuters/2012-11-24T125835Z_19985926_GM1E8BO1M8801_RTRMADP_3_FIGURE-SKATING.JPG

この写真も…
Snap545865.jpg

アップにしてみたり。クリックで実物大くらい?可愛すぎる。
Snap545864.jpg
原寸大→http://media.zenfs.com/en_us/News/gettyimages.com/isu-grand-prix-figure-skating-20121124-052613-323.jpg

nikkan sportsの写真のタイトルが。明子さん違いです(笑)
Snap545868.jpg

男子も。首の傾きが(笑)
610xnhk2012podium3.jpg

羽生くんが可愛すぎて(笑)
x610nhk2012podium4.jpgtumblr_mdzn36eK4B1rcnqgoo4_r1_400.jpg

日本の選手たちの集合写真は見てるだけで嬉しくなります
1200xnhk2012podium1.jpg

表彰式の動画もありました。
動画主様、ありがとうございます<(_ _*)>”

フィギュアスケート NHK杯 国歌斉唱 表彰式 2012/11/24




■お勧めニュース動画

最後に、ニュースをひとつご紹介します。

wiceさんが、

「☆NHKさん、今日1日くらい削除しないでください!
 最後の何気ないコメント。温かみを感じませんか?」

と言って、あえて一般公開であげてくださった動画です。
削除される前に是非。

削除に備えて、温かい出演者のキャプチャと、
ニュース全文文字にしておきます。

ほんとに、何気ない言葉がこんなに嬉しく感じることもあるんですね。
wiceさん、ありがとうございました<(_ _*)>”

浅田真央(mao asada) 今朝の温かいコメント付き報道!


Snap545869.jpg
Snap545871.jpg
Snap545870.jpg

女子シングルは、後半のフリーの演技が行われ、
浅田真央選手が4年ぶり、3回目の優勝を果たしました。
ショートプログラムで首位に立った浅田。
2位と6点余りの差でフリーに臨みました。

最初の3回転ジャンプ、2回転になってしまいます。
それでも全体の総合力を高めてきた浅田。
スピンは3つ全て最高難度のレベル4。
終盤のステップも大きく加点されました。
浅田は表現力を評価されて、わずかな差で逃げ切り4年ぶりの優勝。
しかし、ジャンプの失敗に、笑顔は見られませんでした。

「やってきたことが出せなかったのですごく悔しいですし、
 この悔しさを忘れずにファイナルに臨みたいと思っています」

0.05差の2位は鈴木明子。
浅田とともにグランプリファイナル進出を決めました。

(ここからスタジートーク)

いや~浅田選手、優勝はしましたけど、残念そうでしたねぇ。

そうですね。確かにジャンプでいくつかのミスはあったんですけども、
あのジャンプが成功すればもっと得点が伸びる、ということになりますから、
グランプリファイナル本当に楽しみになってきますね~。


失敗をカバーすれば、さらに伸びる!

前向きに行きましょう。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/11/25(日) 14:18:27|
  2. グランプリシリーズ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。