ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

羽生くんは生まれもってのスター?大ちゃんともどもファイナル進出決定!

男子FS終わりました。

大ちゃん、羽生くん、共にファイナル進出決定ヽ(^▽^@)ノ
おめでとうございます!

■男子FS結果 大ちゃん・羽生くん揃ってファイナル決定!

ブログウォッチャー様より

Snap545850.jpg

GPS NHK杯 公式リザルトより

Snap545851.jpg


羽生、フリーも1位で逃げ切りV…フィギュアNHK杯
スポーツ報知 2012年11月24日18時20分

 ◆フィギュアスケートGPシリーズ第6戦 NHK杯第2日(24日、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ) 男子ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(17)=東北高=がフリーでも1位となり、今季最高の合計261・03点で逃げ切って初優勝を果たした。SP2位の高橋大輔(26)=関大大学院=は合計251・51点で2位。ともにシリーズの上位6選手で争うGPファイナル(12月・ソチ)進出を決めた。

 羽生は後半こそ疲れからミスも出たが、2度の4回転ジャンプを成功。10月のスケートアメリカでは、約10点差もありながらSP2位の小塚崇彦(トヨタ自動車)に逆転負けを喫したが、今回は高橋を相手に同じ轍(てつ)を踏むことはなかった。

 羽生結弦「後半は少し疲れたが、地元でのNHK杯で優勝できてうれしい。観客の皆さんの声援が後押ししてくれた。(GPファイナルに)1位を取って行けるのはすがすがしい気持ち」

 高橋大輔「中国杯から比べると進歩したと思う。(羽生は)強い。僕の17歳の頃を考えると雲泥の差。五輪は(各国・地域最大)3枠だけど、(日本選手は)みんな本当に強く、3枠では足りないくらい。うかうかしていられない」

 ◆羽生 結弦(はにゅう・ゆづる)1994年12月7日、仙台市生まれ。17歳。スケートは4歳から始める。七北田中卒。宮城・東北高3年。10年世界ジュニア制覇。10―11年季にシニア転向。GPシリーズは11年ロシア杯優勝。12年世界選手権銅。171センチ、53キロ。血液型B。家族は両親と姉。

20121124-773124-1-L.jpg
男子フリーのジャンプでミスをした羽生は演技を終え苦笑い


大ちゃんによると、「五輪は3枠」ということは、
グランプリファイナルは4人まとめてOK…?だとしたら嬉しい!

第2グループの5人とも、それぞれに印象的でした。

ケヴィン・レイノルズ選手
3つの4回転を予定し、全て成功。
3つめは確か両足着氷でしたが、なんとか。
後半ジャンプでひとつ転倒しましたが、よく頑張りました。

これまでは4回転をたくさん入れる選手で、ジャンプのイメージが強かったのですが、
振付も美しかったし、スピンもよかった。衣装もよかった。

4回転に果敢に挑むチャレンジ精神に共感しながらも、
なかなか演技をまとめられなかったイメージを打ち破り、
今日はかなり高い完成度の演技を見せてくれたのではなかったでしょうか。

個人的には、もうちょっと点数をあげたいくらいですが、
いつも思ったより低いので、ちょっと残念です。
応援したくなる選手ですね。

ロス・マイナー選手
ほぼノーミスで演技をまとめました。
本人も快心の演技だったようで、高い点数も納得。
嬉しそうな笑顔に、こちらも嬉しくなりました。

ハビエル・フェルナンデス選手
こんなに崩れたところを初めて見ました。
いつも悔しいほどに安定している選手なので、驚きました。
3本予定していた4回転のうち、きれいに決まったのは1本。
4回転の転倒はダメージが大きいのでしょう、次の要素に移るときにも転倒。

今日は調子が悪かっただけなのか、それとも精神的なものなのか。
昨日、ノーミスの素晴らしい演技だったにもかかわらず、
同じノーミスの羽生くんと思わぬ点差がついたこと、
少しミスのあった大ちゃんよりも下回ってしまったこと…
もしかしたら気になっていたのかもしれないと思いました。

大ちゃん
4回転、2つ決めました!
2つ目は両足でしたが、でも決めた。
1つ転倒があったと思ったんですが、転倒は取られてないようです。3Aのところ?

羽生くん
4回転、2つ決めました!
2つ目はステップアウトでした、でも決めた。
3Lzで惜しくも転倒。

ここまでは、ほとんど大ちゃんと同じような成功率で来ているのかな?と。

そしてスピンでは、思いもよらぬ転倒(笑)
これは本人も演技中に笑ってしまうほど驚いた模様。
羽生くんも、生まれながらのスターというか、
本人の意図にかかわらず、何かしらのエピソードが生まれてしまう感じがします(笑)

大ちゃんと羽生くんの戦いを、私もどうしても期待してしまうんですが、
FSのみを取ると、ジャンプは同じような成功率、羽生くんがスピンの転倒あり、
ステップはやはり大ちゃんが上回ってると思うので、
FSは大ちゃん1位、トータルでは羽生くんが1位かな…?と予想。

それでも羽生くんがFSでも1位に来ましたね。
160くらいかと思ったら、165出ちゃいました。
この上昇気流は誰にも止められない感じがします。
あとで採点表を見ると、大ちゃんのほうが4回転がひとつURになっていたので、その差かな。

それにしても、期待されたとおり、二人がワンツーフィニッシュ!
揃ってファイナル進出を決めてくれました。
ファイナル出場権を掛け、ホームの日本開催という期待がかかる中、
大きな崩れも見せずまとめてくるあたりはさすがです。

フェルナンデス選手も表彰台に乗ってほしかったですが、残念でした。

採点表です。
動画はあとでこちらに追加します。

ISU NHK Trophy 2012 -9/10- MEN FS - Yuzuru HANYU - 24/11/2012


Snap545852.jpg

ISU NHK Trophy 2012 -8/10- MEN FS - Daisuke TAKAHASHI - 24/11/2012


Snap545853.jpg

ISU NHK Trophy 2012 -7/10- MEN FS - Javier FERNANDEZ - 24/11/2012


Snap545854.jpg



■アイスダンス結果 リード兄弟5位入賞おめでとうございます!

また今日は、アイスダンスも終了し、
キャシー・リード、クリス・リード組が5位入賞を果たしました。
NHK杯には6年連続出場で、8位→8位→7位→7位→7位→今回が5位とジャンプアップです!
おめでとうございますヽ(・∀・。)ノ

Snap545855.jpg


リード組は5位…フィギュアNHK杯
スポーツ報知 2012年11月24日16時43分

 ◆フィギュアスケートGPシリーズ第6戦 NHK杯第2日(24日、宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ) アイスダンスはメリル・デービス、チャーリー・ホワイト組(米国)が制し、キャシー・リード、クリス・リード組(木下ク)は5位だった。(以下省略)

20121124-772041-1-L.jpg


そろそろ真央ちゃんの登場ですよ…!
本人が納得できる演技ができるよう、お祈りします。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/11/24(土) 18:47:59|
  2. グランプリシリーズ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。