ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

採点を語るほどの知識はないのですが(;^_^A ロシア杯男女最終結果・FS動画

ロシア大会、男女FSも終わり、最終結果が出ました。
GPSロシア大会(ロステレコム)公式リザルト

まずは小塚くん、ファイナル進出おめでとう!
パトリック・チャンもファイナル進出決定です。

小塚君は銀メダル、
織田くんは5位、佳菜子ちゃんは4位。

二人ともFSでは追い上げましたが、
表彰台にはあと一歩というところでした。
特に佳菜子ちゃんは僅差なので、惜しかったですね。

3人ともお疲れ様でした!

ブログウォッチャー様より
Snap545488.jpg

Snap545489.jpg

Snap545490.jpg

Snap545491.jpg


小塚2位、ファイナル出場へ フィギュアGPロシア杯
朝日新聞  2012年11月11日0時26分

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦ロシア杯は10日、モスクワで男女のフリーが行われ、男子の小塚崇彦(トヨタ自動車)は153.65点。合計229.99点で、前日のショートプログラム(SP)3位から2位になり、シリーズ上位6人で争うGPファイナル(12月、ロシア・ソチ)の出場権を獲得した。SP8位の織田信成(関大大学院)はフリー154.74点で、合計217.92点として5位に上がった。SP1位のパトリック・チャン(カナダ)がフリーでも176.91点で1位となり、合計262.35点で優勝した。

 女子は、SP6位の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)がフリーで109.56点の3位。合計166.34点で4位に順位を上げたが、GPファイナルへの出場は厳しくなった。優勝はキーラ・コルピ(フィンランド)で、SP2位から逆転。SP1位のグレーシー・ゴールド(米)は2位に終わった。



ロシア杯フィギュア・談話
時事ドットコム 2012/11/11-00:23

◇良い方向に直せそう
村上佳菜子 全体的に体が動いていたし、頑張れた。良くはなかったけど、去年に比べれば、良い方向に直せそう。(スケートカナダから)短い期間の割に進化できた。

◇スピードがなかった
織田信成 疲れて、スピードがなかった。スケートカナダよりは表情などを意識してできた。4回転は転んでしまったが、スピードがない中でジャンプは降りられたのでぼちぼち。

◇プログラム詰め直す
小塚崇彦 点数が伸びない。ファイナル進出が決まって、直してトライする機会を与えてもらった。プログラムを詰め直す。フリーで4回転を2度入れることは続ける。体力的には大丈夫。(時事)


■GPSロシア大会 女子FS 動画

FS3位 Rostelecom Cup 2012 -5/11- LADIES FS - Kanako MURAKAMI - 10/11/2012


Snap545494.jpg

FS2位 Rostelecom Cup 2012 -10/11- LADIES FS - Gracie GOLD - 10/11/2012


Snap545493.jpg

FS7位 Rostelecom Cup 2012 -6/11- LADIES FS - Adelina SOTNIKOVA - 10/11/2012


Snap545495.jpg

FS1位→Rostelecom Cup 2012 -9/11- LADIES FS - Kiira KORPI - 10/11/2012
FS4位→Rostelecom Cup 2012 -8/11- LADIES FS - Agnes ZAWADZKI - 10/11/2012
FS5位→Rostelecom Cup 2012 -2/11- LADIES FS - Valentina MARCHEI - 10/11/2012
FS6位→Rostelecom Cup 2012 -3/11- LADIES FS - Polina KOROBEYNIKOVA - 10/11/2012
FS8位→Rostelecom Cup 2012 -7/11- LADIES FS - Alena LEONOVA - 10/11/2012
FS9位→Rostelecom Cup 2012 -4/11- LADIES FS - Viktoria HELGESSON - 10/11/2012
FS10位→Rostelecom Cup 2012 -1/11- LADIES FS - Caroline ZHANG - 10/11/2012

■GPSロシア大会 男子FS 動画

男子はまだ織田君しか発見できてないので、見つかり次第追加します。
※追加しました

FS2位 Nobunari ODA (JPN) FS - CoR 2012


Snap545501.jpg

FS3位 Rostelecom Cup 2012 -8/11- MEN FS - Takahiko KOZUKA - 10/11/2012


Snap545503.jpg

FS1位 Rostelecom Cup 2012 -10/11- MEN FS - Patrick CHAN - 10/11/2012


Snap545500.jpg

FS4位→Rostelecom Cup 2012 -5/11- MEN FS - Michal BREZINA - 10/11/2012
FS5位→Rostelecom Cup 2012 -9/11- MEN FS - Konstantin MENSHOV - 10/11/2012
FS6位→Rostelecom Cup 2012 -4/11- MEN FS - Richard DORNBUSH - 10/11/2012
FS7位→Rostelecom Cup 2012 -6/11- MEN FS - Artur GACHINSKI - 10/11/2012
FS8位→Rostelecom Cup 2012 -7/11- MEN FS - Zhan BUSH - 10/11/2012
FS9位→Rostelecom Cup 2012 -2/11- MEN FS - Denis TEN - 10/11/2012
FS10位→(ジョニー・ウィアー 棄権)



■採点を語るほどの知識はないのですが(;^_^A 

某所のこの会話が気になりました。


399 :氷上の名無しさん@実況厳禁 :sage :2012/11/10(土) 21:18:11.52 (p)ID:KMBKroliO(6)
    コルピのフリップにeが付いてるのに
    減点してないジャッジが何人かいる

402 :氷上の名無しさん@実況厳禁 :sage :2012/11/10(土) 21:20:00.36 (p)ID:ciHQcz7O0(4)
    >>399
    昨日も勘違いしている人がいたけど、eがついたからといって最終値がマイナスじゃなくてもいいんだよ。

411 :氷上の名無しさん@実況厳禁 :2012/11/10(土) 21:23:09.58 (p)ID:KMBKroliO(6)
    減点されるeとされないeはどう違うのか
    その理由が知りたい

416 :氷上の名無しさん@実況厳禁 :sage :2012/11/10(土) 21:25:20.55 (p)ID:dP++6b/l0(17)
    >>411
    ジャッジの思い込みと、思惑が違う


これ、実は昨日見た韓国の掲示板でも同じことを言ってる人がいました。
「エッジエラーなのにGOEがマイナスにならない人がいた」
と言って、グレイシーゴールドのSPの採点表を資料としてあげてました。

上の掲示板の話によると、
「eがついたからといって最終値がマイナスじゃなくてもいいんだよ」
ということですね。

ちょっとググってみたところ、yahoo知恵袋がヒットしました。
yahoo知恵袋をどこまで信用していいのかいつも悩むので、リンクのみでにしておきます^^;

(yahoo知恵袋)
「ルッツ・フリップのエッジエラーは何点引かれるんですか?
 エッジがエラーでもGOEがプラスになることはありますか? 」
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1054493865

エッジエラーだけでみると必ずGOEをマイナスにしなければならないが、
他にプラスの要素があれば最終的にGOEがプラスになることもあるんだとか。


ふ~ん(・_・?)

複雑な仕組みなんですね。

ちなみに上の掲示板で話題に出てるのが、
キーラ・コルピのこのFSの採点表です。

キーラ・コルピ ロシア大会 FS
エッジエラー(e)で、GOEをマイナスにしないジャッジがいるパターン 最終GOEはマイナス
Snap545492.jpg

で、昨日韓国掲示板で話題に上ったのが、
グレイシー・ゴールドのSPの採点表でした。

グレイシー・ゴールド ロシア大会 SP
エッジエラー(e)で、GOEをプラスにするジャッジがいるパターン 最終的なGOEもマイナスにならない
Snap545496.jpg

私の場合、主に見るのが浅田選手の採点表なので、
エッジエラーがついたら必ずGOEはマイナスになるものだと(;^_^A 

違うんですね。

勉強になりました。
でもちょっと消化不良な感じ…

男子では、パトリック・チャン
4-3も単独4回転もきれいに決めました。3Lzも。
後半に行くほどジャンプの精度が下がっていきましたが(巷では秋の2回転祭りとか)、
ジャパンオープンからずいぶん調子を上げてきたあたりは、さすがだと思いました。

スケーティングスキル10点満点がいくつかあります。
よく「ツルスケ」「ツルツル」とたとえられるように、確かに上手い。

それはわかるんですが、
地味~に小塚くんのスケーティングも巷では評判であることを、
審判たちはわかってるのでしょうか。

そこまで水をあけられるほどの違いがあるのかは、ちょっと私にはわかりません。

そのスケーティングスキルを含むPCSのトータルは、

1位のパトリック・チャン92.70に対し、
2位の小塚くんは73.98

1位と2位で、18.72(ほぼ20点!)も差がつくPCSって何物?って思いました。

きれいに決まったパトリック・チャンの冒頭4T-3Tが16.54
あんなきれいな4-3に加点モリモリつけた点数よりも、PCSの差のほうが大きい。

女子のエッジエラーの件もですが、
男子のこのPCSの格差も、
なんとなくモヤモヤしたものが残ります。




更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ

関連記事


  1. 2012/11/11(日) 02:40:26|
  2. グランプリシリーズ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。