ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

「フィギュアスケートはそんなに甘くない」佐野稔氏が明言した「ひるおび」

野口美恵さんの日経コラムです。

アイ・ガット・リズムのあの衣装、
真央ちゃん自身も15才の自分を思い出していたようですね。

「今年はレベルアップできそうな気がする。
 去年より、精神的にも技術的にもしっかりしている」


という力強い言葉も聞けて、嬉しいコラムでした。
使われてる写真もどれも素敵です!


浅田真央に戻った笑顔 中国杯で表現した「滑る喜び」
日本経済新聞  2012/11/8 7:00

フリーライター・野口美恵

 浅田真央のコケティッシュな笑顔が弾けると、爽やかな風で鼻をくすぐられるように、ジャッジからフッと笑みが漏れた。

 4日まで行われたフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ中国杯。浅田はショートプログラム(SP)で「アイ・ガット・リズム」の軽やかなリズムに乗って小気味良いステップを踏みながら、愛嬌(あいきょう)を振りまいた。

にっけい1
中国杯の女子SPで2位につけた浅田真央=共同

■シニアデビューのときと同じオレンジ色の衣装

 15歳でシニアデビューしたときと同じ、オレンジ色をした衣装。SPで僅差の2位につけると、フリーで見事に逆転し優勝を飾った。

 「初めて出たシニアの試合もオレンジ色にポニーテールだったので、『あの頃みたいだなあ』って思いながらメークしてました。それにSPを踊ってる間、リラックスして楽しく滑れたんです。そういう意味でも、ちょっとでも15歳のころに近づけて良かったな、と思います」

 2005年、シニアデビューした浅田は、氷上をいともたやすく滑走し、何事にも動じない大物さで高難度のジャンプをポンポンと決めた。当時は「緊張ってしたことがないので、緊張がどういうものか分からないです」と答えて周囲を驚かせたものだ。

 それから7年を経て、浅田の口から漏れた「15歳のときのころ」という言葉。浅田にとってのスケートは、どんなものに変化したのだろうか――。

■「何をしているんだろう」 目標を見失った日々

 12年3月にニースで行われた世界選手権で、浅田はジャンプのミスが相次ぎ、2年連続の6位に終わった。大会を終えた後、慣性で練習には行ったものの、一向に気持ちが入らない。

 「いつもは世界選手権が終わると次の目標があるんですが、今年はそんな気持ちになれなかったんです。『私は何をしているのかなあ』という感じでした」

 目標がなければ練習の効率も上がらない。佐藤信夫コーチに相談すると、スケートを休むことを勧められた。佐藤コーチは言う。

 「『期限は無しで、しばらく好きにしなさい』と言いました。またスケートがやりたくなるまで、1カ月でも、もっと長くてもいい。本来どんなスケーターだって、身体も心も休めてスケートを忘れる時期は必要なんです。それで、いざ練習が始まったら基本からしっかり作り直すもの。だから僕は名古屋には行かず、彼女も新横浜には来なかったから、3カ月は一緒に練習しなかったと思います」

 日本選手が長期のオフを取ることは少ないが、海外選手ならば1カ月ほど休むのは珍しくない。浅田も国内外の旅行をして、スケートから離れた生活を送った。

にっけい2
女子SPの演技を終え笑顔を見せる浅田。右は佐藤信夫コーチ=共同

 その間、多少の自主練習はしていたものの、本格的にスケートを再開する気持ちにはなれない。スケートを辞めたいと思う時期さえあったというが、7月末のアイスショーが近づいてきたころ、気持ちに変化があった。

 「このままこうしていても自分のためにならない。『自分は何しているんだろう』という気持ちになって練習を始めたんです。最初は、自分の気持ちを頑張ってスケートに向かせながらの練習でした」

 練習に行けば「何をしてるんだろう」。スケートから離れれば「何をしてるんだろう」。どっちに転んでも明確な目標が見つからないまま、しかしスケートを捨てることもできなかった。

■従来どおり基礎から厳しい練習

 リンクに戻ってきたまな弟子を、佐藤コーチは温かくというよりは、愛情のある厳しさで迎えた。佐藤コーチは語る。

 「従来のオフどおり、全てのことを基礎からやり直しました。かなりプレッシャーをかけて、甘やかしませんでしたよ。甘やかしてもどうにもならない。厳しい世界だから」

 休みは無期限と言っていたものの、いざ戻ればいつも通りの厳しい練習。むしろ休んだ代償で「しばらくは感覚が戻らなかった」という浅田は、毎日4時間以上の練習をひたすらこなした。

 SPの曲は「アイ・ガット・リズム」、フリーは「白鳥の湖」に決まり、振り付けも終えると、練習はさらに密度の高いものへと移っていった。

 同じく佐藤コーチに師事している男子の小塚崇彦と2人での貸し切り練習。自分の曲がかかっているときに滑り、相手の曲がかかっている間に注意点を聞く。そうしているうちに、またすぐに自分の曲が……。

にっけい5
中国杯で優勝した浅田のフリー=共同

 「決して楽な練習ではないと思いますよ。スケーティングもジャンプも、僕の理想とするものにはまだまだ及びませんから」と佐藤コーチ。

 コーチのこの前を向く厳しさが、練習を開始した浅田にとっては必要だったのだろう。

 「いざ練習に入ったら、気持ちもスケート中心の生活になっていきました」と振り返る。

■浅田と逆の発想、佐藤流の指導

 佐藤コーチの指導法は、いたって堅実なものだ。

 「僕には秘策も戦略とかは無いんです。ゴールを決めて計画をたてる、というタイプでもない。ここまでできるなら、次はこうしよう、という繰り返し。ちょっとずつ伸びていくことが目標。それをいつも言ってきた」

 「ソチ五輪を目指しての計画とか、今季の世界選手権で表彰台とか、ゴールを設定して練習することは一切やらないんです」

 これは浅田にとってまったく逆の発想だった。

 これまでの浅田は分かりやすいゴールを決めて努力するタイプ。15歳のころから「オリンピックに出たイメージはいつもいつも描いている」と話し、五輪までは金メダルを目標に、日々練習を重ねてきた。

 佐藤コーチに師事してからも、ジャンプをフォームから修正しながら、トリプルアクセルの成功にこだわった。その強いこだわりが、ここ2年の試合では裏目に出ることさえあった。

 目標が見つからないまま練習を再開させた浅田。佐藤コーチと練習の日々を送る中で、ふと、自分の変化に気づいた。

にっけい3
フリーの演技を終え、笑顔を見せる浅田=共同

 ここ5年間修正に挑んできたルッツが、練習でほぼ正確に跳べる。滑りの面でも、何度も注意されてきた「力強さ」や「滑らかさ」さが実感できるときがある。すると、そのタイミングで佐藤コーチから「ここは、すごくいい」「ここは無くさないように」と声がかかる。

 「去年と一昨年は、修正、修正で、自分でも『これでいいのかな』『こうかな、ああかな』と頭の中がゴチャゴチャだったんです」

 「でも、今はこうしたことの全てが消えて、先生の言ってることと、自分の感覚とがピタッと合ってきていて、そういうときに『ああ、これでいいんだあ』ってうれしくなります」

 日々の練習で感じる、ちょっとした成長の喜び。そんな感動が、浅田の一番のモチベーションへと変化していった。ゴールを無理に設定するかつての手法に固執しなくなったことで、漸進的な佐藤流の練習を自然と受け入れられるようになったのだ。

 「今年はレベルアップできそうな気がする。去年より、精神的にも技術的にもしっかりしている」と浅田は話していた。

■笑顔、驚き顔…SPで多彩な表情

 そして迎えた浅田にとっての今季のGPシリーズ初戦。中国杯で浅田は迷いの無い演技を披露した。こだわってきたトリプルアクセルは「話題にもしていない」といい、「練習通りに、自分のプログラムをしっかり滑る」と話していた。

 SPではコミカルな顔、天真爛漫(らんまん)な笑顔、驚き顔、困り顔、と“七変化”ともいえるような多彩な表情を見せた。滑りにスピードがついたことで、あえてスピードを落としてコミカルな演技でアピールする場面と、滑りの滑らかさを見せる場面との、メリハリもつけることができた。

 フリーの「白鳥の湖」は、白鳥のように優雅に滑る場面、黒鳥をイメージして力強く舞う場面などを、スピードやパワーの強弱を使い分けて演じきった。

 「信夫先生のいっているスケートが、やっと3年目になって身体に染み付いてきたんだなと思いました。色々な滑りの幅が広がってきたんです」

■「今は自分の目指すものが見つかっている」

 結果は逆転優勝。GPシリーズで5年ぶりに優勝スタートを切れた。

 「今は自分の目指すものが見つかっています。スケートをすることで喜びを味わいたい。それが見えていれば頑張れる。本当に久しぶりのメダルもうれしいけれど、課題が見つかって次へのいいスタートダッシュになったということがうれしいです」

 かつての浅田は、ゴールに向かってプレッシャーを背負いながら努力してきた。ゴールを決めない佐藤流も、また一つのステップなのだろう。

 今季求めるものは「ちょっとずつ良くなっていく自分」。

 地味に聞こえるかもしれないが、それこそが15歳までの彼女が毎日の練習で感じていた、スケートの本当の喜びなのである。

にっけい4
表彰式でメダルを手に笑顔を見せる浅田。
左は2位のユリア・リプニツカヤ、右は3位のキーラ・コルピ=共同



某掲示板、私はロム専なのですが、
実は今日、私の過去記事へのリンクが貼られていてドキッとしました。
最近、疑心暗鬼で疲れてます。コラムやニュースが素直に読めません。

7ケ月前の野口さんの日経コラムのとき、
私はこんなふうに感じてたんだ、と改めて思い出しました。
後から読み返すと恥ずかしい日記みたいです(;^_^A

でも今回のコラムは素直にいいコラムだと思いました。

ライターさんもファンも、そのときの精神状態で、
書き方も受け取り方も変わってくるのかもしれないなぁ、とも思いました。
真央ちゃんの状態がいいので、私も余裕を持って読めたのかもしれません。



後半は、真央ちゃんの動画3つです。

中国杯表彰式のもの1つと、
11/5のひるおびを2本立てで(笑)

表彰式、テレ朝でちゃんと流してくれてたんですね!
ちゃんと日の丸も君が代もウィニングランも流してくれました
(冷静に考えると当然のことなのに、それで嬉しくなる自分って…)

ただ、君が代を流すとき真央ちゃんの演技が2つ挿入されたのですが、
両足着氷になった3Lo-2T分と、天井から映したスピンでした。

Snap545432.jpgSnap545433.jpg

一番惜しかったジャンプと、
美しさの伝わらないカメラアングル。

たった2つだけ流すなら、
もっと魅力的な映像を選んでほしかった…というのはあります。

天井からのスピンについては、ファンには不評ながらも、
カメラマンなど専門家的にはそれが美しいのかも知れないのでアリかも知れませんが、
ジャンプを一つ選ぶなら、きれいに成功したものを選ぶべきだったのでは。

でも、たっぷり流していただけたので感謝です。

浅田真央 GPS2012 中国大会 表彰式


Snap545414.jpg
Snap545415.jpg
Snap545416.jpg
Snap545417.jpg
Snap545418.jpg
Snap545419.jpg
Snap545420.jpg

お次は「ひるおび」です。
昨日、動画が見つからないといってましたが、ありました!(笑)

別の動画主様が、前編・後編それぞれにアップしてくださってました。

浅田真央ちゃん ひるおび


前編のこちらは、
真央ちゃんのインタビュー部分のみ切り取ってみました。

試合を終えて、すっきりした表情ですね。
あどけない感じがして、とっても可愛いです。

Snap545406.jpg
Snap545407.jpg
Snap545408.jpg
Snap545409.jpg
Snap545410.jpg
Snap545411.jpg
Snap545412.jpg
Snap545413.jpg

12.11.05 浅田真央 mao asada 中国杯優勝 ひる◯び


後半のこの動画に、
噂になっていた佐野稔氏の発言がありました。


画像と、佐野稔さんの言葉の文字起こしです。

文字起こしは完璧ではないです。
実はパソコンがたまに音量がめちゃめちゃ小さくなるんですけど、
昨日からまた急に…

一応ヘッドフォンつけて最大音量にして聞き取ったんですが、
ところどころ声が小さくて、わからなかったり…

不十分でスミマセンm(_ _;)m

Snap545421.jpg
Snap545422.jpg
Snap545424.jpg
Snap545425.jpg
Snap545427.jpg
Snap545428.jpg
Snap545429.jpg
Snap545430.jpg
Snap545431.jpg

(文字起こし。佐野稔氏は青文字

実は浅田選手、4回ジャンプを失敗しているんですね。
それに対してロシアのリプニツカヤ選手、
強いんですね、ミスは1回でした。

合計得点にしてみますと、リプニツカヤ選手57.43点に対し、
浅田選手、54.53点で、負けているんですよ。

技術点では負けたんだ、ユリアに。

はい、ユリア選手に負けてしまった。
じゃ、何が??というと、演技点をご覧下さい。
リプニツカヤ選手が57.43点でした。
それに対して浅田選手はこちらです。64.34点。

リプニツカヤ選手は演技で取りこぼしたんですか。

そうです。
浅田選手ぐらいの選手になると、
演技構成点のほうが点数が出るとわかってるんですよ。
もう上手だし、表現力もあるし、そちらのほうは大体計算ができる。
ただ若くてピチピチしてるリプニツカヤさんがいくら跳んでも、
結局演技点で上回る選手を上回ることができない。
なので案外と今回の優勝っていうのは(このあと聞き取れず)


技術点で負けたっていうのはどうなんですか?

技術点で負けたのは、まだ完全復活してないので、
まだトリプルアクセル入ってないじゃないですか。
(このあと聞き取れないのでスミマセン)


ということで、ライバルといえばこの選手ですね。
キムヨナ選手。フィギュアクイーン20ケ月ぶりの氷上へということで。
12月にドイツで公式大会に出場するということで。
コーチは「技術やジャンプ、スピードは全盛期に近い」と言ってますね。

ん~まぁ出てくるっていう話なんですけども、果たしてどの程度仕上がるのか。
コーチはいいよって言ってるけど、そんなこたぁあてになんないんで、
やっぱり実際に見させていただかないと。

見させていただいてこれはスゲェっていうのか、
まだまだだねぇということか、わかんないですけども、
ま、フィギュアスケートそんなに「甘くない」ということを、
よくわかっといていただきたいと思います。


(文字起こし、以上)

前半は、ジャンプのミスの数を数えたり、
フリップにも「回転不足」「踏切り違反」とわざわざ明記していたり、
なんだかな~と思いました。

最後にいきなり
「ライバルといえばこの選手」
と言ってKYを出してきたのも鬱陶しかった。

でも、そこでの佐野さんの発言は、
噂で聞いていたとおり、胸のすく思いがしました。

「フィギュアスケートはそんなに甘くない」

ということを、わかっていただきたい!

昨日ご紹介した韓国のニュースでも、
選手のレベルが低くなっているとか、
キムヨナ選手はほんのちょっと努力すれば簡単に復活できるとか言ってましたけど、
佐野さんもこうやってそれを否定しているじゃないですか(笑)

口先だけではなんとでも言えるんです。
結果を見ないとわからないのが勝負の世界ですよヽ(`・ω・´)ノ



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/11/08(木) 18:00:09|
  2. 浅田真央ニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。