ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

真央ちゃん、町田くん、優勝!中国杯FSのまとめと感想。

グランプリシリーズ第3戦・中国杯、終わりました。

真央ちゃん、優勝おめでとう!
町田くん、優勝おめでとう!
大ちゃん、銀メダルおめでとう!

日本が男女W優勝か?という前評判は高かったものの、
その組み合わせが真央ちゃん&町田くんになると予想していた人は少なかったのではないでしょうか。

大ちゃんは、中国入りしたときから、
あまり調子がよくないという本人談がありましたが、
確かにFSでは珍しく精彩を欠いていたように感じました。
どの選手もそうだと思いますが、どうしても波はあるのでしょうね。
それでも銀メダルの実力はさすがです!

町田くんは、ジャンプは少し失敗があったものの、
ラストまで気力を切らすことなく、よく頑張ったと思います。
グランプルファイナル出場権も一番乗りにゲットました!

真央ちゃん…よかった~。
小さなミス(両足着氷1つ、3Lz→2Lz)はあったものの、
それ以外は、初披露だったジャパンオープンよりさらに洗練されてました。
羽をパタパタさせたり、扇子を扇ぐような仕草も、よりゆったりとていねいに。
クルクル回るツイズルも、さらにスムーズに、回転数も増えたのでは?と思ったり。

それにしても強い日本の選手たち。
アメリカ大会、カナダ大会、中国大会と、面白いように表彰台に上ってますね。
世界中から羨まれている状態じゃないでしょうか。
そんな凄い選手たちを応援できることは、どんなに幸せなことか…選手たちに感謝です。

まずは、ニュースと…画像はたっぷり集めました(笑)

■中国杯 ニュースと画像


真央、逆転で優勝!GP通算9勝目/フィギュア
産経ニュース 2012.11.3 19:27

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯最終日は3日、上海で行われ、女子はショートプログラム(SP)2位の22歳、浅田真央(中京大)がフリーで逆転し、合計181・76点で優勝した。男女を合わせ、日本人最多のGP通算9勝目となった。

 SPで1位だった昨季の世界ジュニア選手権女王、14歳のユリア・リプニツカヤ(ロシア)が177・92点で2位。キーラ・コルピ(フィンランド)が3位、長洲未来(米国)は4位だった。(共同)

浅田真央の話「100パーセントの出来ではなかったが、久しぶりに(GP初戦で)優勝できてうれしい。次につながる結果。若く勢いのある選手(リプニツカヤ)と試合をして刺激をもらった」

佐藤信夫コーチの話「(浅田は)まだまだ課題はある。少しずつ変化を見せ始めている段階。もう少し時間は必要だと思う」

ユリア・リプニツカヤの話「初めて足が震えた。GPデビュー戦を2位で終え、ファイナルに行けるチャンスがあるのはうれしい」



フィギュア:町田が優勝、大輔は2位…GP中国杯・男子
毎日新聞 2012年11月03日 21時11分

 【上海・芳賀竜也】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ・中国杯の最終日は3日、当地のオリエンタル・スポーツセンターで各種目のフリーを行い、男子は、SP2位の町田樹(たつき)=関大=がフリーで153.44点をマークし、合計は自己ベストの236.92点でGP初制覇。3位に入った10月のスケートアメリカ(米ワシントン州)の成績と合わせ、初のGPファイナル(ロシア・ソチ)出場を一番乗りで決めた。SP1位の高橋大輔(関大大学院)はミスが目立ち、フリー146.96点、合計231.75点で2位に終わった。
 ◇ファイナル切符

 ○…スケートアメリカで初のGP表彰台を射止め、勢いに乗った町田がGP初優勝。「夢に見ていたGPでの金メダル。うれしいが、次に向けてやらなくてはいけない課題の方が多く入ってきて刺激になった」と語った。

 「火の鳥」を演じたフリー。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させ、続く4回転トーループは着氷後に尻餅をついてしまったものの、ジャンプ自体は成功と判定された。これで流れに乗り、終盤まで演じ切った。GP2戦の総合成績で、初のGPファイナル出場権も手にした。「GPシリーズが始まるまでは(ファイナルに)出場できればいいな、くらいに思っていた。その考えを捨て、点数を追い求めていきたい」。22歳は力強く宣言した。


クリックで大きくなる画像もたくさんあります。

mainichi.jpg
0_95ab9_8e5612d_XL.jpg0_95aba_a07f6e42_XL.jpg
0_95abb_df09b314_XL.jpg0_95abd_477948d5_XL.jpg
0_95abf_c275f511_XL.jpg0_95ac1_d4252940_XL.jpg
0_95ac3_4da1828e_XL.jpg0_95ac4_a5c4abf1_XL.jpg
d5cd2cbb-32b6-3785-b3fe-c2c704dae9ee.jpgcoc2012-10.jpg
121103_win_fig_asada1.jpg20121103-00000023-mai-000-3-view.jpg
mm20121103205332_nh1211030448.jpg
Z20121103GZ0JPG001142001000.jpg
coc2012-8.jpg
fat1351940825821.jpg
fat1351941008857.jpg
fat1351940859533.jpg
mm20121103205451_nh1211030624.jpg
62da7f68jw1dyi1vip2b5j.jpg

■中国杯 女子FS 動画

FS1位 Cup of China 2012 -8/10- LADIES FS - Mao ASADA - 03/11/2012


FS2位→(ユリア・リプニツカヤ 動画未発見)
FS3位→Cup of China 2012 -6/10- LADIES FS - Kiira KORPI - 03/11/2012
FS4位→(長洲未来 動画未発見)
FS5位→Cup of China 2012 -5/10- LADIES FS - Zijun LI - 03/11/2012
FS6位→Cup of China 2012 -1/10- LADIES FS - Ying ZHANG - 03/11/2012
FS7位→Cup of China 2012 -3/10- LADIES FS - Joshi HELGESSON - 03/11/2012
FS8位→Cup of China 2012 -2/10- LADIES FS - Sofia BIRYUKOVA - 03/11/2012
FS9位→Cup of China 2012 -4/10- LADIES FS - Amelie LACOSTE - 03/11/2012
FS10位→(ビンワ・ゲン 棄権)

■中国杯 男子FS 動画

Cup of China 2012 -7/8- MEN FS - Daisuke TAKAHASHI - 03/11/2012


Cup of China 2012 -6/8- MEN FS - Tatsuki MACHIDA - 03/11/2012


男子の動画は、現在この動画主様が一生懸命UPしてくださってるようなので(笑)、
しばらくしたらこの動画主様のアカウントで他の選手の動画も上がってくると思われます。



■採点について思うこと

後半は採点などについて。

ブログウォッチャー様より
Snap545321.jpg
Snap545322.jpg

Snap545320.jpg
Snap545329.jpg

真央ちゃん優勝は嬉しかったのですが、
いろいろと理解できないことはやはりあります。

得点が出て一番違和感があったのは、長洲未来選手でした。
ほとんどノーミスで、凄く頑張ったな~と思ったのですが、
思ったよりかなり低い点数で、ちょっと驚きました。

キーラ・コルピ選手は、ジャンプのミスが目立ち、残念だな~と思って見守っていたのですが、
長洲未来選手よりかなり高い点数が出たときは、正直理解できませんでした。

素人は採点を語るなということでしょうね。

採点表をチェックしました。

真央ちゃん長洲未来選手は、ダウングレード、アンダーローテーション、エッジエラーの嵐。
少しのミスはあっても、大きな崩れもなくまとまった演技をした二人だったので、
こういう採点表を見ると、かわいそうになってしまいます。

リプニツカヤ選手は、昨日の自信に溢れた演技が嘘のように、
今日は全体的に弱々しい演技でした。
スピードもないし、リンクも広く使えてないし、スピンの軸もぶれていた。
それなのに、ジュニア上がりとは思えない高いPCSがずらり。

キーラ・コルピ選手は、ジャンプがほとんど安定してなかったのに、
何のエラーもつかないきれいな採点表でした。
回りきってたんでしょう。エッジも正確なんでしょう。
でも、見た目との剥離があると感じる私は、採点を語る資格はないのでしょう、きっと。
ジャッジが決めたのですから。

見た目と違う点数が出て「おかしい」と私が言うと、母は言います。
「あなたは審判じゃないんだから」

なんか最近いろいろと疲れてきたな~などと感じたりします(-.-;)

◆きれいな採点表◆

嫌なマークが全くない、またはほとんどないもの

素人目には、リプニツカヤ選手は覇気がなく、弱々しい演技だった。
キーラ・コルピ選手はジャンプが全体的に不安定だった。
どちらもあまりいい演技とは思えなかった。

Snap545326.jpg

Snap545327.jpg

◆見ていてつらい採点表◆

e、<、<<マークが多いもの

素人目には、多少ジャンプミスはあっても、
最後まで気を抜かず、丁寧に演じていて好感が持てたもの。
真央ちゃん長洲未来選手も、印象は良かったです。

Snap545324.jpg

Snap545328.jpg

採点って、ほんとにわかりにくいんだな~というのが正直な気持ちです。
私が見た感じでは、1位:真央ちゃん、2位:リプニツカヤ選手、3位:長洲未来選手
2位と3位は逆でもいいです。キーラ・コルピ選手は4位くらいが妥当だったのではと。

そして、男子で心配なことがありましたね。
6分間練習で、ナン・ソン選手アダム・リッポン選手がぶつかってしまいました。
リッポン選手の頭がナン・ソン選手の目に激突したということで、
ナン・ソン選手はそのまま立ち上がることもできず、担架で運ばれたということです。

映像を上げてくださっていたので…

Cup of China 2012 - SCONTRO tra Adam Rippon e Nan Song 03/11/2012


maru1351941106325.jpgmaru1351941122554.jpgmaru1351941136059.jpg

これはほんとに怖いですね。

昨シーズンの四大陸選手権のときは、高所での開催の影響で酸素吸入する選手もいました。
演技後に、佳菜子ちゃんがかなり苦しそうだった姿も思い出されますが、
ナン・ソン選手は演技後動けなくなり、そのときも担架で運ばれていきました。

ナン・ソン選手ばかり立て続けに災難に遭ってるような気がします。
注目し始めていた選手なので、余計に心配です。

軽症である事をお祈りします。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/11/04(日) 01:26:07|
  2. グランプリシリーズ|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。