ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

KYさんも過酷な訓練中 新コーチの心境・ファンの期待

■ウィダーHP更新!

ウィダー トップアスリート・サポートプロジェクト(浅田真央)より画像拝借
Snap545093.jpg

この表情いいですね~ この衣装もよかったな~
Snap545094.jpg

新しい動画がUPされてました。
半年ぶりくらいの更新になるそうです。

wice様、動画お借りします<(_ _*)>”

浅田真央(mao asada) ウイダーラボ 更新 ~ シーズン開幕に向けて


私たちの見えないところで、選手たちは地道なトレーニングを続けてるんでしょうね。
真央ちゃんを精一杯サポートしてくださるウィダーさんに感謝!です。

■高橋・トラン組GPS欠場 スケートカナダ日程・放送予定 

なるみちゃん、4月に肩を痛めていたのですね。
左肩の脱臼で、来週には手術を受けるそうです。

昨シーズン存在感を示し始めて上向きだっただけに、ファンとしては残念。
でもあれだけ激しい動きをしていて、ケガをしないほうが不思議なくらいでした。

夏のアイスショーも、痛いのを我慢してあんなに元気に振舞っていたんでしょうか。
じっくりと、あせらずに治療に専念してほしいものです。


高橋、トラン組がGPシリーズ欠場=高橋が左肩手術-フィギュア
時事ドットコム 2012/10/25-11:50

 日本スケート連盟は25日、フィギュアの昨季世界選手権で銅メダルを獲得したペアの高橋成美(木下ク)マービン・トラン(カナダ)組が、高橋の左肩手術のためグランプリ(GP)シリーズを欠場すると発表した。

 高橋は4月の練習中に左肩を脱臼。治療をしながら今季に備えてきたが、検査の結果、「左反復性肩関節亜脱臼」と診察された。来週にも手術を受ける予定で、全治は約3カ月の見込み。

 高橋、トラン組は11月2日からの中国杯(上海)と同23日からのNHK杯(宮城県)に出る予定だった。来年3月の世界選手権代表選考を兼ねる12月の全日本選手権の出場も微妙だが、けがの場合は代表選考で特例措置もある。 


スケートカナダは、今日から公式練習が始まりました。
この週末はどんなドラマが生まれるのか、楽しみです。


■スケートカナダ スケジュール (全て日本時間)

▽10月25日(木)
21:00-08:30 公式練習

▽10月26日(金)
21:30-     公式練習

▽10月27日(土)
03:05-04:25  女子SP
04:45-05:55  ペアSP
08:30-09:50  男子SP
10:10-11:20  アイスダンスSD
19:30-      公式練習(女子・ペア・アイスダンス)     
23:45-01:20  女子FS

▽10月28日(日)
02:05-03:30  ペアFS
04:10-05:40  公式練習(男子)
05:40-06:55  アイスダンスFD
08:10-09:50  男子FS
10:30-13:30  打ち上げパーティー
22:30-      エキシリハーサル

▽10月29日(月)
02:00-03:50  エキシビション



■放送予定 (生放送なし)

▽10月27日(土)
テレビ朝日(地上波) 10時00分~11時45分(男女SP)
BS朝日         13時00分~15時55分(男女SP)
 
▽10月28日(日)
テレビ朝日(地上波) 09時00分~11時00分(男女FS)
BS朝日         13時00分~14時55分(女子FS)

▽10月29日(月)
BS朝日         18時00分~19時54分(男子FS)


■KYさんも過酷な訓練中

KYさんも過酷な訓練に勤しんでいるようですね。

「残酷なの」というタイトルはちょっとあれですが(笑)
詳細な練習内容が伝えられていました。


復帰切迫 'キム·ヨナ、トレーニングスケジュール覗いてみると..."残酷なの "
日刊スポーツ 2012.10.25 08:17

復帰を準備する 'フィギュア女王'の一日はつらい。 世界の頂上に上がったという考えは忘れて久しい。 "初心"に戻ったキム·ヨナ(22·高麗大)は、1日7時間以上の過酷な訓練を通じて、自らを鞭打ちしている。

キム·ヨナは新しいコーチ陣を選任したと24日明らかにした。 シンヒェスク(55)総監督とリュジョンヒョン(44)トレーニングサポートコーチ体制だ。 新しいコーチングスタッフがキム·ヨナに要求するのはたった一つだ。 まさに体力。 2010年バンクーバーオリンピック以後キム·ヨナはきちんとした訓練をしていなかった。 2011年の世界選手権にも出たが、私のコンディションではなかった。 去る8月復帰を宣言したキム·ヨナは自分の体の状態を70%とした。 シンヒェスク総監督は "今ヨンアの体の状態は最高だった時と比較して70〜80%が正しい。しかし、今ヨナの努力なら2週間も100%になるだろう"と自信を見せた。

シンヒェスク総監督の言葉によれば、キム·ヨナは一日に7時間以上のトレーニングを消化していた。 午前10時に氷上訓練が開始されるが、キム·ヨナは9時までに来て体をほぐす。 シンヒェスク総監督は "氷上の上で体力訓練は侮れない。専門トレーナーと一緒にする7分間急速スケートをして、1分を休むインターバルトレーニングを5セット繰り返す。、40分くらいになる厳しい訓練だ"と説明した。

続いてプログラムの訓練をする。 彼のショー​​トプログラムは "ヴァンパイアのキス"と、フリーのプログラムは、 "レ·ミゼラブル"である。 シンヒェスク総監督は "曲の特徴は異なりますが、動きは以前と似ている"と語った。 ジャンプの回数や難易度などは以前と違いがないという意味だ。 キム·ヨナがプログラムを消化する時、1分あたり8Kcalが消費されると知られている。 激しいハンドボール競技レベルのエネルギーが使われる。

シンヒェスク総監督は "まだヨナがフリープログラムの終盤まで消化する体力がない"とし、 "勝負根性が強いキム·ヨナは自分がプログラムをすべて消化しなければ一人で残って(させることもしない)体力訓練をする"と伝えた。 続いて "クァク·ミンジョン(18·梨花女子大)やキム·ヘジン(15·果川中)よりも長くスケート場に残って訓練している驚く時が多い"と付け加えた。

午後2時まで続く氷上訓練を終えれば昼食をする。 しばらく余裕を楽しむ。 そしてすぐに陸上訓練をする。 これもプロのトレーナーと一緒に体力を引き上げるに重点を置く。 体力訓練は5時まで続く。 シンヒェスク総監督は "体力訓練をするときは、苦労した。子供の前でため息をついて"もう私も老けたようだ "と冗談も言っていた。それでも勝負欲が強くて自分に足りないものをない我慢する"と話した。 'フィギュア女王'キム·ヨナの2番目の課題は、汗と一緒に開始された。

Snap545080.jpgSnap545081.jpg


あと2週間で100%の体力になるということです。

「曲の特徴は異なりますが、動きは以前と似ている」
ということは、やはりいつものあんな感じでしょうか。

■新コーチも大変

昨日の新コーチ発表の記者会見を伝えるニュースを2つ。

いずれの記事も、KYさんを今回教えるにあたって、コーチの心境を伝えるものですが、
楽観的に捉えてるタイトルと、不安を前面に出してるタイトルが混在していたので、
それぞれひとつずつご紹介します。

◆楽観的なタイトルの記事

キム·ヨナの師匠たち、楽観広げる理由
ジョイニュース24 2012.10.25

現役延長を宣言し、2014ソチ冬季オリンピック出場のために新しいスタートラインに立ったキム·ヨナ(22、高麗大)。 彼を置いて師匠たちは楽観論を広げた。

キム·ヨナは24日、新しいコーチ陣を選任したと発表した。 キム·ヨナのフィギュア入門に最初の師匠だったリュジョンヒョン(44)コーチと小学校4年生の時に彼を導くシンヒェスク(55)総監督である。

これらはすべてキム·ヨナの幼少時代をちゃんと覚えていた。 リュコーチはキム·ヨナの基本技を取ってくれる役割をしたし、シン監督は、技術的向上に焦点を合わせて彼を導いた。 いわゆるトリプル5種ジャンプ(ルッツ、サルコウ、フリップ、ループ、トウループ)と呼ばれるキム·ヨナの幻想的な演技は、シン監督の巧妙な指導があって可能だった。

両コーチは、来年3月の世界選手権までキム·ヨナを指導する。 これらの役割は、 "完成された選手"キム·ヨナの体力向上と心理的な安定に合わされている。

シン監督は "(キム)ヨナの体の状態は正常レベルの70〜80%である。技術的には申し分ありませんが演技時間が長いフリースケーティングの後半で体力が落ちるのが見える"と言いながら正式大会に出ることができる体を作ることが重要だと伝えた。

キム·ヨナは来る12月一般大会出場を目標にしている。 技術の向上ないし維持はキム·ヨナ自身も十分にこなせるというのがシン監督の判断だ。 彼は "ヨナの技術はすでに世界的な水準である。表現力、精神力も相当なものだ。問題は体力だけのことだ"と言いながら特有の勝負師気質が発動すれば、いくらでも良い成績を出すことができると説明した。

訓練プログラムもキム·ヨナの要求に窮屈に組んだ。 午前9時から氷上に出て体をほぐした後、筋力強化訓練に集中している。 昼食時間を除いて訓練に集中している。 特に下半身の筋肉強化にジャンプの向上と技術の安定維持に焦点を合わせた。 氷板を高速で7〜8分程度のお金の背部休憩をとる再び同じ動作を繰り返すこと5セットをしている。 陸上訓練も並行するなど、汗を注いでいる。

基本技を取ってくれているリュコーチは "合流してから数日しなかったがキム·ヨナの欲が相当である。1セットを加えるほど締めるほどだ。筋肉に無理が行くことができ自制しながら、段階的に力を集める集中している"と伝えた。

1年も休んだが、キム·ヨナの欲と意志を信じるリュコーチだ。 彼は "幼い時に見た(キム)ヨナは優れた選手だった。負けず嫌いだった。夢があるだけに、目標意識も確実だから十分に自分の分け前をやり遂げると思う"と肯定的な展望を出した。

1313241916724_1_101357.jpg


◆不安を前面に出した記事

ふところに帰ってきたキム·ヨナ、 "昔の恩師"コーチたち "負担 - 懸念が大きい"
東亜ドットコム 2012-10-25 09:55:37

"いいの負担にもなる。 うーんが出るのか、壊れないかという気がする。 "(シンヒェスク)
"私のためにうまくいかない場合どうしよう、という懸念もかかる。"(リュジョンヒョン)


"未来が期待される小学生"が世界最高の選手になって帰ってきた。 'フィギュア女王'キム·ヨナを10年ぶりに迎え入れるコーチの負担は非常に大きかった。

キム·ヨナは24日、記者会見を開き、 "韓国フィギュアの名付け親"シンヒェスク(55)コーチと "最初の賜物"リュジョンヒョンコーチ(44)を、2012〜13シーズンのコーチとして一緒にすると明らかにした。 リュジョンヒョンコーチは7歳の時、キム·ヨナの才能を一番最初に発見し、基礎を磨いた人物であり、シンヒェスクコーチは1980年レークプラシッド冬季オリンピックに出場した後の部屋象牙県SBS解説をはじめ、ジヒョンジョンコーチ、キム·ナヨン、クァク·ミンジョン、キム·ヘジンなどを教えてきた韓国フィギュア界の "生きている歴史"だ。

記者会見後、レポーターたちとの出会いで二人のコーチは嬉しさとプレッシャーを一緒に吐露した。

リュコーチは "7歳の子供が本当に背が高くてきれいになった"とし、 "幼い時から世界的な選手がなるとは分かった。 てはいない住み、なければならないと必ずやり遂げる子供だった "とキム·ヨナの幼少時代を回想した。

続いて "(キム)ヨナを再度教えることになって新しく感謝している。 熱心にする "と言いながらも"私は最初、先生だったが、あまりにも世界的な選手であるだけに負担にして間違ってたらどうしようという懸念もする "と言いながら、仕方ないプレッシャーを吐露した。

キム·ヨナを10年ぶりに再び就任したシンコーチも同じだった。 "(キム)ヨナが引き受けてくれる願って見つけてきただけ悩みはなかった。 以前に学んだ思い出もあって私を信じてくれたようだ "と喜びながらも"心は半々というか、いいの負担にもなる。 すごく貴重な宝石ではないか。 うーんが出るのか、壊れないかという負担もある "と本音を現わした。

また、 "当然、外国からのコーチの先生がいらっしゃると思った。 僕の役は思わなかった。 どうすればいい、という気がした "と当惑に思った心境を表わしたりもした。

しかし、シンコーチは "競走をさせても 1位するほど勝負欲が強い子だった。 若いから私が張っていけばよかった。 今は完成された選手ではないか "と言いながら"トレーニングスケジュールが強度が高いよ。 10時から2時まで訓練をするのに、9時にあらかじめ来て5時まで残って終えていく。 クァク·ミンジョン(18·梨花女子大)やキム·ヘジン(15·果川中)よりも足す "と舌を巻いた。

また、 "まだ体力が足りないけど2週間程度と通常の状態に上がってくるようだ。 ヨナがその中には何もないしていたのではなく、着実に観客の前に立ってきたので、大丈夫だ "と自信を見せながらも、"すでに夢を成し遂げた選手だ。 もっと美しさを表現できる余裕を与えたい "と覚悟を固めた。

ファンの胸のときめきが終わる日も遠くない。 新しいコーチの代わりに幼い時代の恩師たちと一緒にされたキム·ヨナの復帰が期待される。

503550636.jpg
キム·ヨナ(中央)が24日、記者会見でリュジョンヒョン(左)、シンヒェスクコーチとポーズをとっている。
写真|東亜ドットコム国境円記者onecut@donga.com[東亜ドットコム]



一応オリンピックチャンピオン、かつての世界女王なので、
コーチも喜び半分、責任も同じように感じるのは当然ですね。

記者の受け取り方によって、記事のタイトルも変わるのでしょうね。

■ヴァンパイアを期待するファンの作品ご紹介

某所でまとめてくださっていたので、写真をお借りしてきました<(_ _*)>”

新プロが「キッス・オブ・ヴァンパイア」ということで、
KYさんのファンが期待を込めて作ったコラージュ作品なのだそうです。

こうやって応援する選手の新しいプログラムに思いを馳せ、
いろいろと妄想してしまうのは、どこの国でも同じですね(笑)

Snap545083.jpgSnap545089.jpg
Snap545084.jpgSnap545092.jpg
Snap545085.jpgSnap545086.jpg
Snap545090.jpgSnap545091.jpg
Snap545087.jpgSnap545088.jpg

作品ではヴァンパイアのほうが多いようですが、
朝鮮日報(日本語版)によると、

「私は吸血鬼の方ではないと思います。ヒロインの方ではないでしょうか」

ということなので、右上と下の2枚が当たりのようです(笑)

ファンの方の、作品を作る想いは微笑ましいのですが、
その分、その期待を裏切らない演技がKYさんには要求されると思います。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/10/25(木) 15:06:02|
  2. キムヨナニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。