ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

反日デモ→反政府デモへの兆し 情けない日本の報道(女性自身・NHK) ほか

■反日「ユニクロ」「アウディ」から謝罪文もどき

中国で「尖閣は中国の領土」と店舗に貼り紙をしたユニクロ
「日本人は皆殺しだ」と社員が笑顔で垂れ幕を揚げたアウディ

その二つの会社のホームページで、謝罪文が掲載されました。
正確には、いずれも謝罪文ではなく、報告文のようなもの。

「遺憾である」という言葉で止まっていて、
「ご迷惑をお掛けしました」「申し訳ありません」
という言葉がなかったことが残念です。

ホームページにこれが掲載される前の、
アウディジャパンのツイッターでは「申し訳ございません」の言葉がありましたが、
事を起こしたのは日本の店舗ではなく、中国の店舗なので、
謝罪は中国または本社から発表されるべきではないのか?とすっきりしない感じです。

ユニクロ「9/18プレスリリース」より

上海のユニクロ店舗における、尖閣問題に関する掲示物の件につきまして
2012年09月18日

上海のユニクロ店舗における、尖閣問題に関する掲示物の件につきまして

上海のユニクロ店舗のショーウィンドーに、「支持釣魚島是中国固有領土」(尖閣諸島は中国固有の領土であることを支持する)と書かれた紙を張り出した写真が、インターネット上に掲載されている件につきましてご報告申し上げます。

弊社にて調査いたしましたところ、上海郊外の一店舗におきまして、9月15日午後、当該店舗の現地従業員が独自の判断により、上記内容の張り紙を掲示し、約40分後、撤去していた事実が判明いたしました。
本件は会社の指示によるものではなく、また、他の店舗におきまして、このような事は一切起きておりません。

(株)ファーストリテイリング、並びに、(株)ユニクロは、一私企業が政治的外交的問題に関していかなる立場も取るべきではないと考えており、このような行為があったことは大変遺憾であると考えております。
今後は、二度とこのような事が起こらないよう社内徹底してまいります。

現在、中国におきましては、日ごとにユニクロへの影響も拡大してきており、9月18日時点では、42店舗の営業中止、および、200人強の日本人スタッフは全員、自宅待機といたしております。
なお、現在のところ、店舗設備、商品への被害、および、社員並びにその家族への人的な被害は発生しておりません。

現在、中国では予断を許さない状況が続いておりますが、今後、ご報告するべき重大な事態の変化がありましたら、お知らせ申し上げます。



アウディジャパン、雲南省店舗の反日横断幕について謝罪
ねとらぼ 2012年09月18日 19時06分

問題になっていた「日本人は皆殺し」横断幕について。

 アウディジャパンは9月18日、話題になっている中国・雲南省店舗の反日横断幕について、Twitterで「この度は不快な思いをさせてしまい申し訳ございません」と謝罪した。現在、ドイツおよび中国のAudiに対し事実関係を確認中とのこと。

ike_120917audi01.jpg
この度は不快な思いをさせてしまい申し訳ございません。
ドイツ及び中国 のAudiに対し報告をしており、事実関係を確認中です。


 問題になっているのは、中国のミニブログ「Weibo」に投稿された1枚の写真。雲南省のアウディ販売店の様子を映したもので、写真には「日本人は皆殺し」「釣魚島(尖閣諸島の中国名)を取り戻せ」といった横断幕とともに、笑顔でそれを掲げるスタッフが映っていた。

 この写真は海外でも話題になっており、海外ニュースサイト「ChinaGeeks」など多くのメディアがこれを紹介。各地で暴動が相次いでいる現状、自衛の意味も多少はあったのかもしれないが、度を超えた過激な内容に「言っていいことと悪いことの区別もつかないのか」などと非難が集まっていた。

ike_120917audi02.jpg
写真はChinaGeeksなど多くのサイトで取り上げられ、ニュースになった



アウディ「9/18プレスリリース」より

中国のAudi販売店における反日デモ関連の横断幕掲出について
AUDI_JPK_2009_01 2012/09/18

インターネット上に、中国のAudi販売店において反日デモ関連の横断幕の写真が掲載されている件につきまして、 ご報告いたします。

弊社は事実関係の確認をおこなったところ、本件は中国現地法人の指示によるものではなく、契約販売店の現地従業員が独自の判断により行動していた事実が判明いたしました。

弊社は企業が政治的問題に関していかなる立場も取るべきではないと考えており、このような行為があったことは誠に遺憾であるとともに、憤りを覚えております。

Audiの中国現地法人では、このたびの件を受け、暴力的表現や、違法行為の自粛、自制をすべての契約販売店に対し呼びかけております。

ドイツAudi本社は、以下のように述べています。「Audiにとってこのような行為は受け入れがたいものです。我々は一企業であり政治的コメントをする立場にはないと信じています。いかなる暴力、扇動、外交からも距離をおくべきだと考えております。」

“We wish to categorically distance ourselves from this action. We believe that, as a company, it is not our place to comment on political matters. This is the job of politicians. However, we distance ourselves from any use of violence and advocate dialogue and diplomacy.”

今後とも、弊社はドイツAudi本社とともに、このようなことがなきよう、世界的な再発防止に努めてまいる所存です。

以上



(参考)

アウディ・ジャパン ツイッター→https://twitter.com/AudiJapan


■胸が痛むニュース…善意の日本の青年が集団に襲われる

テレビでは相変わらず中国寄りの報道が続いてます。
中国のデモの様子や、日本の中国大使館にボヤがあったことなどは放送しても、
中国で日本人が死亡したりケガをしたことは報道しません。

そんな中、レコードチャイナではこんなニュースがありました。
「日本の心優しい青年が、中国で大勢の地元民に襲われた」というのです。

胸が痛むニュースです。


自転車旅の日本人青年、雲南省の被災地で救援活動…そして反日攻撃に遭う―中国
レコードチャイナ 2012年9月18日 13時48分

17日、自転車で世界一周旅行中の日本人として中国で有名になった青年が、滞在先の雲南省で大勢の地元民に襲われたことがわかった。現地では今月初旬に大地震が発生し、青年は救援活動のために被災地を訪れたところだった。写真は2012年2月、武漢市で撮影。

Snap544585.jpg
Snap544586.jpg

2012年9月17日、自転車で世界一周旅行中の日本人として中国で有名になった青年が、滞在先の雲南省で大勢の地元民に襲われたことがわかった。現地では今月初旬に大地震が発生し、青年は救援活動のために被災地を訪れたところだった。人民日報の報道。

「東日本大震災の際に、愛の手を差し伸べてくれた世界の人々に感謝を伝えたい」との思いで、自転車世界一周の旅をスタートした20代後半の青年。2011年11月に出発し、最初の上陸地・中国で高齢者養護施設のボランティアや日本語講師などをしながら、今年2月に湖北省の武漢市へ到着した。しかし、ここで大事な旅の足である自転車が盗まれてしまう。ニュースを見聞きして彼に同情した中国人たちがインターネットを通じて大規模に呼び掛け、武漢市内を一斉捜索することで、自転車は無事に彼のもとへ返った。このニュースは当時、全国的に伝えられている。

青年はもともと看護士。「とくに衛生条件の劣悪な地域で力を発揮したい」と考え、その後も数十キロに及ぶ薬品や医療用品を背負い、ボランティアの旅を続けていた。そんな彼が目指したのは、大地震に見舞われたばかりの内陸の雲南省。今月7日、中国南西部の雲南省昭通市彝良県では相次いでM5.7クラスの地震が発生し、死者数は80人超、負傷者数は800人超が報告された。被災地では20万人以上が避難所生活を送っている。その後も頻繁な余震に脅かされている地域だ。

青年が“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイトに開設したアカウントには、16日にも仲間と共に現地入りすることが綴られていた。「助け合いに国境はない」と意気込んで向かったようだが、17日未明に更新された投稿で、「先ほど、大勢の襲撃に遭いました。ケガはないですが非常に悲しいです」と報告。尖閣諸島の日本国有化に端を発した反日デモが全国80都市以上に拡大したと伝えられた週末の出来事だった。

この投稿には4万件のコメントが寄せられ、その大部分が彼に感謝と謝罪の気持ちを伝える内容だったという。「本当に申し訳ない。ただし、中国人全てがこんな人たちだというわけではない。どうか身の安全を守ってください」「そんな奴らは中国人とは言えない。謝罪したい」「被災者たちを助けてくれてありがとう。この非常事態です、ぜひお気を付け下さい。そして、ごめんなさい」「本当に本当に、良心が痛む。大多数の中国人はあなたに感謝していると信じたい。あいつらは無知な暴徒なのです」などの声が聞かれた。(翻訳・編集/愛玉)

引用元=http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=64750


反日デモといいながら、
いつの間にか日本企業以外も襲撃したり、アメリカの星条旗を燃やしたり、
同じ中国人を踏みつけて死亡させたり、日本人と間違えて殴ったり…
中国はもう自分たちも何をやってるのかわからなくなっているのではないでしょうか。

彼がどんな思いで中国を訪れているのか知りもせず、
ただ日本人だというだけで標的にする。

野蛮、という言葉が浮かびます。

ただ、ツイッターに帰ってきた反応や、
過去に盗まれた自転車を取り戻せたいきさつなどは、
心温まるもだったことが救いです。

中国の方々が、早く冷静な心を取り戻すように祈るばかりです。

■反日デモ→反政府デモへ変換の兆し

そしてこのニュース。
「反日デモ」が「反政府デモ」に変わる兆しが見えてきたということです。

これは明るい兆しですね。

そもそも彼らの暴動は、反日の言葉を借りた「政府への怒り」だとも言われていたので、
この方向で変わってくれれば、日本への攻撃は収まると思うし、
これによって政府が変われば、中国の人たちもより自由に、
反日という憎しみを持たなくてもより平穏に暮らすことができるのではないでしょうか。


<反日デモ>「反政府」訴える横断幕も出現、矛先はついに中国政府に?―香港紙
レコードチャイナ 2012年9月18日 13時7分

17日、尖閣諸島の国有化に抗議する反日デモの参加者に「反政府」を申し立てる一群も目立つことから、「反日」がいつの間にか「反政府」に様変わりする危険性もあると香港紙が指摘した。写真は中国各地の反日デモ。「自由、民主、人権」などと書かれた横断幕も。

Snap544584.jpg

2012年9月17日、香港紙アップル・デイリーは、尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化に抗議する反日デモの参加者に「反政府」を申し立てる一群も目立つことから、「反日」がいつの間にか「反政府」に様変わりする危険性もあると指摘した。

中国では15日に北京、青島、西安、成都など52都市、16日にはさらに拡大して85都市で大規模な反日デモが繰り広げられた。そのうち、最も激しかったのは広東省の深センと広州。数万人が反日を訴える横断幕を掲げ、日本総領事館などを襲撃した。

ところが、デモ参加者の中には明らかに「反政府」と分かる横断幕を掲げる一群も少なくなかった。広州では「自由、民主、人権、憲政」と大きく書かれた横に小さく「保釣(尖閣防衛)」、「政治改革を求める」といったスローガンが書かれた横断幕を掲げる参加者も。

軍服を着た退役軍人の一群も出現した。このグループは近年、何度も地元広東省の中国共産党委員会に陳情に訪れており、当局から「維穏(社会安定の維持)」を脅かす存在とみなされ、重点取り締まり対象としてマークされている。

深センでは「汚職役人を養い、ローン地獄に陥っている。釣魚島(尖閣諸島)は絶対に放棄しない」と手書きしたTシャツを着ている参加者もいた。「保釣(尖閣防衛)」関連の言葉が「お守り」代わりに添えられただけで、現状に対する不満を訴えたものであることが分かる。

また、湖南省長沙では「裏切り者を根こそぎ取り除け、裸官(*)を引きずり下ろせ」、貴州省貴陽では「城管(都市管理局職員)と汚職役人が釣魚島(尖閣諸島)を取り戻しに行け」、「日本を滅ぼすことが出来ない者は、毛沢東に代わって棺に入れ」などの横断幕もみられた。

毛沢東回帰路線をとってきた左派(保守派)の代表格である薄熙来(ボー・シーライ)氏がトップを務めていた重慶市では、「小日本(日本に対する蔑称)は出て行け!薄書記は早く戻って来い!」と書かれた横断幕もみられた。薄氏は改革開放路線により生じた貧富の差の是正や暴力団一掃に力を入れるなど、今でも市民の間で根強い人気を誇っている。

このほか、多くの都市で毛沢東の肖像画を掲げ、現政権に対する不満を表した参加者もいた。こうした動きに対し、香港の時事評論家、劉鋭紹(リウ・ルイシャオ)氏は「『反日デモ』がいつの間にか『反政府暴動』に様変わりする可能性もある。中国政府は民意を借りて日本に圧力をかけようと試みたが、最後には自らの首を絞めることになるかもしれない」との見方を示している。(翻訳・編集/NN)

(*)裸官:将来の高飛びを見据えて家族や財産を海外に移し、自身は中国に単身残って私腹を肥やす政府高官のこと

引用元=http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=64736


■情けない日本の報道(女性自身・NHK)

<女性自身について>

次のニュースをご紹介する前に、
宮内庁のホームページを先にご紹介したほうがいいと思います。

宮内庁ホームページより

皇室関連報道について

最近の報道の中には,事実と異なる記事や誤った事実を前提にして書かれた記事が多々見られます。このことにより,事実でないことが事実として受け止められ,広く社会一般に誤った認識が生ずることが懸念されます。このため,あまりにも事実と異なる報道がなされたり,更にはその誤った報道を前提として議論が展開されているような場合には,必要に応じ宮内庁として,正確な事実関係を指摘することといたしました。

   「サンデー毎日」(平成24年7月22日号)の記事について(平成24年7月10日)
   「女性自身」(平成24年5月1日号)の記事について(平成24年4月19日)
   「女性セブン」(平成24年3月8日号)の記事について(平成24年2月27日)

最近の報道に関し,宮内庁として,その経緯等について説明したもの                           
   「週刊新潮」(平成23年12月1日号)の記事について(平成23年11月28日)

過去の皇室関連報道について


この宮内庁ホームページでは、
最近の報道にいい加減なものが多い、と伝えられています。

その「いい加減」な雑誌として紹介されている中の一つ、
「女性自身」が、またいい加減な記事を出しているというのです。


これを紹介するライブドアニュースもどうかと思いますが。
(それを言うなら、私も同じですが・汗)

あくまでも、「いい加減な記事を書く女性自身の記事」であることを念頭に置いてご覧下さい。


天皇陛下「訪韓も謝罪も両国民のためなら」
livedoorニュース 2012年09月19日07時00分 提供:女性自身

「(天皇が)韓国を訪問したいなら、独立運動をして亡くなった方たちを訪ねて、心から謝罪すればいい」

8月14日、韓国の李明博大統領が発したこの暴言により、日本国民の反韓国感情は一気に高まり、その余波は1カ月たったいまでも両国で続いている。日韓関係が冷え込むなか、そのことをいちばん憂慮されていたのが天皇陛下と美智子さまだった。

9月4日、両陛下は御所で、外務省の鶴岡公二総合外交政策局長からご進講を受けられた。局長からのご進講は両陛下が定期的に受けられているものだが、このご進講についてある外務省職員は次のように明かす。

「テーマは中国との尖閣諸島問題、韓国との竹島問題などについてでした。局長は、日本政府の対応についてご説明し、両陛下からもいろいろご質問があったそうです」

そのなかで鶴岡局長を驚かせたのは、天皇陛下の「いつ私たちが、かの地を訪れることができるようになればよいのですが。これからも日本と韓国が友好な関係を保てるよう願っています……」といったお言葉だったという。前出の外務省職員は続ける。

「天皇皇后両陛下は、かねて”日韓の友好のためなら”と、韓国ご訪問の希望を持たれていました。しかし外務省としては、現状の日韓関係で両陛下の訪韓が実現するという想定はしていませんでした。さらに先日の李大統領の発言もあり、省内には”訪韓は10年どころか100年は遠のいた”という職員もいます。それにもかかわらず、ほかならぬ陛下が訪韓を諦めてはいらっしゃらなかったのです。あくまでも国際平和を願われる陛下のお気持ちに心を打たれました……」

陛下と韓国問題についてお話しした、ある国会議員がこう打ち明ける。

「陛下は”政府が望むなら、もちろん訪韓したい”とおっしゃっていました。さらに”私は両国の友好のためなら現地で謝罪を述べることも、やぶさかではない”とまでおっしゃられていたのです」

“ご自身への反感を露わにする韓国での謝罪も辞さず”、陛下はそんな悲壮な覚悟も決めていらした。両陛下の願いとはうらはらに、はるかに遠い国になってしまった韓国。天皇陛下と美智子さまの日韓友好を願う魂の叫びを韓国国民には知ってもらいたい。


女性自身は、こういう記事を出して、政治のことなど何も知らない層に対して、
「そうよ。天皇陛下が韓国に誤れば済む話じゃない」
と思わせるのが目的なのでしょうか。

とんでもない刷り込みです。

天皇陛下は世界で一番尊敬される人物。
天皇陛下を侮辱するということは、オバマ大統領やローマ法王にも許されません。


もう一度この動画を貼りたくなったので、貼ります。
少し前に菊千代さんも紹介されていた動画です。
動画『史上最強の天皇陛下』(菊千代の部屋)

世界最強の天皇陛下


女性自身は、天皇陛下を一般人と同じレベルで語るのをやめろ!と言いたいです。

<NHKについて>

最後は、昨日見たNHKのニュースについて。

私は夜9時からの「NHKニュースウォッチ9」を見ることが多いんですが、
昨日、とても不愉快でしょうがないニュースがありました。

「韓国のサムスンの水ビジネスへの参入」というニュースです。

なんと、冒頭にはこのビジネスについて会見しているイ・ミョンバクの姿まで登場し、目を疑いました。
天皇への冒涜に対する謝罪も反省もしていない人間の進めているビジネスを紹介してあげるなんて。
このことが一番許せなくて、NHKの方向性は明らかに間違ってる、と確信しました。


わかりやすいフリップまで用意し、
かなりの時間を割いて「サムスンの凄さ」「日本の弱さ」を伝えてました。

なぜ日本のテレビが韓国の凄さを強調するのか。
よりにもよってこんな危うい国際情勢のときに。


私は、もう耳にすることさえ嫌なハングルを垂れ流しにするこのニュースに嫌悪感を覚えました。
ここは韓国じゃない!と心の中で叫んでました。

ちょうどそのニュースの内容が、
「NHK解説委員室」というサイトに紹介されていたので、ご紹介します。
ここにある画像は、実際にテレビで流れたフリップと同じと思われます。
書かれてある文章も、実際に井上あさひアナが読まれた台本と同じなのかも。
とにかくこういう内容のニュースだったのです。

長いし、サムスンを持ち上げる内容なので、記事をカットしてご紹介します。
画像だけでもどんな内容かおわかりいただけるかと…


時論公論 「サムスン 水ビジネス参入と日本の戦略」
NHK解説委員室 2012年09月13日 (木) 片岡 利文 解説委員

日本が高い技術力を誇る水処理のビジネスに韓国最大の企業グループ「サムスングループ」が参入することが明らかになりました。成長が見込まれる水ビジネスでも、日本と韓国の、メーカーどうしの競争が激しくなりそうです。

(以下文章は省略・サムスンの宣伝をしたくないので…)
(記事に使われてる画像のみご紹介します)

j120913_mado-thumb-350x196-257263.jpg
j120913_01-thumb-350x196-257265.jpg
j120913_02-thumb-350x196-257267.jpg
j120913_03-thumb-350x196-257270.jpg
j120913_04_2-thumb-350x196-257272.jpg
j120913_05-thumb-350x196-257274.jpg
j120913_09-thumb-350x196-257276.jpg

引用元=http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/131385.html


女性自身にしろ、NHKにしろ、
ほんとにおかしな報道ばかりですね。

日本のメディアはどうなってるのか…
これについては、いくつか資料を集めているので、近いうちにまとめようと思います。



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/09/19(水) 19:08:11|
  2. 保守|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。