ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

日本の選手は素晴らしい。スケ連は学ぶべきバックアップ体制があるのでは?

■「特別賞」はいらいない、「共同銀メダル」を。

準決勝で破れ、1時間以上も座り込み抗議をした韓国フェンシングのシン・アラム。
抗議をしても受け入れられなかったということは、紛れもなく「負けた」のです。

国際フェンシング協会は、抗議を棄却する代わりに
「スポーツマン精神を高く評価して特別賞を与える」と提案しました。

スポーツマン精神って、負けたことを認めずに泣いてごねることですか?
そのための「特別賞」に何の価値があるのでしょうか。
負けたけど、負けを認めたくない執着心は立派でした、とか。

ところが、シン・アラムはこの「特別賞」さえ受け取り拒否。理由は
「(特別賞は)五輪メダルでないので、気分が良くなるわけではない」

何故選手一人のご機嫌を取るためにこんなに周囲が気を遣ってるのでしょうか。

この選手の機嫌を直すために、大韓体育会が、
「共同銀メダルを与えよ」と言い出しました。

3位決定戦でも負けたので、実力は4位以下であるにもかかわらず、
銀メダルをよこせ!というのは、勘違いも甚だしいのでは。


フェンシングのシン・アラムに共同銀メダル、「まず謝罪を」=韓国
サーチナ 2012/08/03(金) 12:14

  大韓体育会は3日、ロンドン五輪フェンシング女子エペ準決勝で時間測定ミス疑惑でメダルを逃したシン・アラムにも銀メダルを与えるよう、国際フェンシング連盟(FIE)と共同で、国際オリンピック委員会(IOC)に要求する案を協議中だと明らかにした。韓国の複数のメディアが報じた。

  シン・アラムは31日、ロンドンのエクセルサウスアリーナで開かれたフェンシング女子個人戦・エペの準決勝で、ドイツのハイデマンと対戦。審判と時間測定員が最後の1秒を過度に長く捉えたとして、抗議を行ったが、判定は覆らず決勝進出を逃した。

  韓国メディアは、「シン・アラムに共同銀メダル推進、成功は不透明」「KOC、共同銀推進に国内ファン反発」などと題し、大韓体育会が、流れない1秒のせいでメダルを逃したシンに、共同で銀メダルを与える案を国際フェンシング連盟と協議していると伝えた。ただし体育会は、現在まで実務的な合意や具体的な書類の提出などは、行われていないと説明した。

  これに対して、韓国内のファンは、共同で銀メダルを与えることは異例なことであり、オリンピック精神にも反しているとして、ポータルサイトやSNSなどで非難していると伝えられている。「(IOCは)合理化しようとせず、公式に謝罪しなければならない」「恥ずかしい」「悔しさを先に解決しなければ」「審判の誤審を非難すべき。メダルを与えろというと、私たちの本来の主張が笑いの種になってしまう」と強く叱責しているという。

  1日にもFIEはシンに特別賞を与えると提案し、体育会がこれを受け入れたという話が伝わったが、韓国内のファンは「その場しのぎのうそのようなもの」として、非難の声を高めたという。

  一方で、結局何ひとつとして進んだ事実はなく、共同での銀という話も実現する可能性は不確かであるとの見方を示した。(編集担当:李信恵・山口幸治)



<五輪>一秒誤審の韓国フェンシング代表、FIEの特別賞を拒否
中央日報 2012年08月01日16時44分

誤審で痛恨の涙を流したシン・アラム(26、鶏龍市庁)が、国際フェンシング連盟(FIE)の特別賞授与の提案を拒否した。

1日の海外および韓国メディアによると、シン・アラム選手は「(特別賞は)五輪メダルでないので、気分が良くなるわけではない」とし、特別賞の受賞を拒否した。続いて「審判の判定が誤って出た結果であるため、これを受け入れることはできない」と拒否の理由を明らかにした。

シン・アラムは30日、英エクセルロンドンサウスアリーナで行われた女子エペ個人準決勝でドイツのハイデマンと対戦し、終了まで1秒を残して止まった時間のため、5-6で敗れた。 当時、韓国コーチは激しく抗議し、フェンシング代表チームもこの問題を公式提訴したが、FIEに棄却された。

FIEはシン・アラムのスポーツ精神を高く評価し、特別賞を授与することにしたが、シン・アラムはこの賞を拒否した。


■清水に誤審のボクシング審判、追放へ

ボクシングでの誤審(恐らく八百長)判定をした審判が、
ロンドン五輪から追放されました。


清水戦のレフェリー追放=アゼルバイジャン選手優遇-ボクシング〔五輪・ボクシング〕
時事通信 2012/08/03-05:50

 【ロンドン時事】国際アマチュアボクシング協会(AIBA)は2日、ロンドン五輪の男子バンタム級2回戦、清水聡(自衛隊)-マゴメド・アブドゥルハミドフ(アゼルバイジャン)戦を裁いたトルクメニスタン人のレフェリーを、今大会から直ちに追放する処分を発表した。

 1日の試合でアブドゥルハミドフは3回に防戦一方となり、再三クリンチで逃れリングに倒れ込むなどした。しかし、レフェリーはダウンを取らず続行を指示。そのまま判定となり、22-17で同選手の勝利が告げられた。

 試合後、清水側の提訴が認められ、清水のRSC(レフェリー・ストップ・コンテスト)勝ちに結果が覆された。AIBAの呉経国会長(台湾)は「このような処分を下さなければならず非常に遺憾。今後も競技の公正さとフェアプレー精神を高めていくため、あらゆる手段を講じていく」とコメントした。

 英BBC放送は昨年、AIBAが今大会でアゼルバイジャンに金メダル2個を保証する見返りに1000万ドル(約7億8000万円)の貸し付けを受けたとの買収疑惑を報じた。AIBAは疑惑について、事実無根との調査結果を発表している。


追放しただけで終わっていいこととは思いません。
さらなる調査と処分を御願いします。

■柔道90キロ級で見せた韓国選手の武士道精神に反する行為

次のニュースは、誤審・八百長というわけではないのですが、
「韓国に負けたことはタイトルに入れて強調するんだ~」
と昨日の記事で少し触れたものです。

日本人が負けたことを伝えるのに、「韓国」に負けたことを明記するタイトル。
見過ごせばそれまでですが、それでは新聞社の思うつぼです。
韓国って強いんだ、と日本人に刷り込みたいのでしょう。

この試合でも西山選手の一本が取消しになったり、
試合終了後に韓国選手が西山選手をさらに蹴ったりしたそうですね。

動画が見当たらなくて残念ですが、
ヤフコメの代表的なコメントである程度状況がわかるかと思います。


男子90キロ級の西山 準々決勝で韓国選手に敗れる
yahooニュース(スポニチ)

 ◇ロンドン五輪柔道

 男子90キロ級準々決勝で、西山将士(新日鉄)がソン・デナム(韓国)に優勢負け。敗者復活戦へ回ることになった。

 開始2分過ぎに背負い投げで有効を奪われ、2分50秒頃にも背負い投げで技ありを許し苦しい展開に。4分28秒で大外刈りが決まり、技ありのポイントを獲得しで反撃するが、追い上げも及ばなかった。

 1回戦はチンギス・マメドフ(キルギス )、2回戦はティムール・ボラト(カザフスタン)に優勢勝ちしていた。


(ヤフコメより引用)

最後に西山選手が蹴られているのを見てショックだった。
最後の礼もいい加減、握手も叩きつけるような適当なもの。
許せない。あんなの柔道じゃない。

勝負終了直後の韓国の人が蹴っていた。
あと味悪。国民性がでてるね

なんで終了後とかに蹴るんだろうな・・・
まるで「邪魔だ。どけ」といわんばかりに足でのけた。
あれで注意受けないのか?一本も決まってたろ

試合後韓国選手が西山選手を「どけっ」という感じで足で押しやっていた。
見ようによっては蹴っているようにもみえた。
このスポーツマン精神の無さはどうなの?


不可解な判定や八百長で話題に上っていないところでも、
こうやって韓国の選手は日本人を感情的に攻撃しているようです。
女子バスケットの試合でも、あまりにもひどい攻撃が連発されました。

韓国人は、スポーツを、日本人を痛めつける手段としか思っていないのでしょうか。
また、それらの行為に何のペナルティーも与えられない状況は、異常ではないでしょうか。

■事実を語ると怒り出す韓国

そしてこの中央日報の記事。
全編に渡って韓国という国の醜さがにじみ出ていると感じました。


<五輪>傲慢な英サッカー監督「韓国選手?よく知らない」
中央日報 2012年08月03日09時51分

「私が知っているのはチームとしての韓国だ。選手一人ひとりについては知らない」。

男子サッカー英国五輪代表がまた、洪明甫(ホン・ミョンボ)監督(43)率いる韓国代表のプライドに触れた。

3日未明(以下、日本時間)、英カーディフのミレニアムスタジアムで行われた公式記者会見で、スチュワート・ピアース英代表監督と英国取材陣はそれとなく韓国を無視するようなニュアンスの対話を続けた。

準々決勝に関する記者会見だったが、韓国に関する質問はなかった。英国単一チームの意味、五輪出場が若い選手に与える意味、メダルの可能性など、今回の対戦とは直接的に関係がない質問ばかりだった。

これを見兼ねた韓国取材陣が「準々決勝で対戦する韓国を評価してほしい」という質問を投じると、初めてスチュワート監督は口を開いた。リップサービスは確実だった。待っていたかのように韓国絶賛に熱を上げた。

「韓国は1次リーグ3試合で1失点しかしていない。組織力が非常によい。よく準備ができているし、完成度も高いチームだ。毎試合、技術的、戦略的に新しい姿を見せた」。

しかしマークすべき韓国選手を選んでほしいという質問が加わると態度が変わった。やや戸惑うような表情を見せたピアース監督は「私はチームとしての韓国についてのみ知っている。選手一人ひとりについてはよく知らない」と言い訳にもならない言い訳を並べた

スチュワート監督だけでない。英国サッカー界の全体的な雰囲気も似ている。準々決勝の相手の韓国よりも、準決勝で対戦する可能性が高いブラジルにどう勝つのかを考えている雰囲気だ。

韓国五輪代表は「史上初のメダル」という本来の目標だけでなく、韓国サッカーを見下すサッカー宗主国の鼻っ柱をへし折るためにも勝利が切実な状況になった


■日本の選手は素晴らしい。
 スケ連は今大会の各連盟のバックアップ体制から学ぶことがあるのでは

今日のニュースの見出しにあった「まず謝罪を」

韓国の常套手段ですね。
日本に対して二言目には「まずは謝罪を」
日本相手ではないところ、しかもスポーツの世界にまでその精神を持ち込みますか。

今日のニュースだけを見ていても思いましたが、
韓国人にとって、スポーツとは何なんでしょう。
実力も省みず手段を選ばずメダルという結果だけを求める。

体操の内村選手、
柔道の海老沼選手、
ボクシングの清水選手、

この3人に共通してるのは、
自分に不利な判定・採点がなされても、黙って堪えているところでした。
内心おかしいと思いながらも、そう判断を下されたなら受け入れなければならないのだろうかと。

不可解な判定が出た直後の3選手の表情
ff908a4d.jpgpLLL3.jpg20120803-00000059-reut-000-1-view.jpg

幸いなことに、3人とも全て連盟が選手に代わって抗議を申し入れ、
再審査の結果全てが覆されました。

浅田選手をふと思い出してしまいます。

どんな理不尽な得点が出ても、いつもひとりでグッとこらえています。
「結果は結果なので、次頑張りたいです」と、不可解な採点も受け入れてます。

韓国の選手から言われもない練習妨害の濡れ衣を着せられ、
韓国ファンたちから罵声に怯えて試合前の練習もできないこともありました。

そんなとき、スケート連盟が動いてくれたことがあったでしょうか。

理不尽な状況に涙をこらえ、韓国選手の心理攻撃に耐える浅田選手
Snap721.jpg558d358ah87e492b53a77690.jpeg

ロンドン五輪では、
不本意な判定にも毅然とした日本選手たちにアスリート精神の美しさをを見たと同時に、
選手たちを不正な審判から守ろうとする連盟の存在の大切さを痛感しました。

韓国のチョ・ジュンホ(右)と並んで銅メダルを手にする海老沼匡
jdo12073010460010-p1.jpg



■内村選手の演技とブラックサンダー

ニコニコ動画に、内村選手の個人演技がまとめられた動画がありました。
優勝後のインタビューも収められてます。

体操男子個人総合決勝 内村航平 金メダル獲得


ところでこのブラックサンダー(笑)

Snap678001489.jpg

内村選手の大好物だということで、話題ですね。

スーパーでかご盛りにしてあるので、
あまりの安さ(¥30)に惹かれて何度か買ったことがありますが(笑)

内村選手が優勝の花束をお母様に投げたとき、
お母様は代わりにブラックサンダーがたくさん入った袋を投げたとか。

素朴で心温まるエピソードですね。


内村母、花束の代わりにブラックサンダー
デイリースポーツ 2012年8月2日

 「ロンドン五輪・体操男子個人総合・決勝」(1日、ノースグリニッジ・アリーナ)

 体操男子個人総合で内村航平(コナミ)が92・690点で2位に1・659点差を付ける圧勝で、悲願の金メダルを獲得した。

 観客席からハチマキを頭に巻いて応援していた母・周子さんは「五輪を目指してきた子なので、うれしかった。(団体の結果で)死んだ気持ちだったけど、今日は生き返りました」と、息子の快挙に喜びを爆発。内村が投げた花束を受け取ると、代わりに“野菜嫌いの偏食王”の息子の大好物のチョコレート菓子の『ブラックサンダー』を渡していた。

05261481.jpg
05261505.jpg
05261210.jpg


私も目下、にわか内村ファンと化してますが(笑)
似たような人は多いのではないでしょうか。
内村選手についてもっと知りたい方、こちらのページも楽しかったですよ(笑)
ブラックサンダーがまんして金メダル、体操・内村航平トリビア5選



■アレックスからまた面白い写真が(笑)

フィギュアスケートは、ザ・アイスが終わってから、
また情報の少ない真央砂漠の時期に突入しようとしています(ToT)

そんな中、ザ・アイス出演者たちが、
ツイッターでいろいろと発信してくれるのが嬉しいです。

アレックスの写真…掌に乗ってるのはジェフ?(笑)
未来ちゃんは、ザ・アイスの集合写真と、日本滞在時にリッポンに似たものを見た、と(笑)
マイアちゃんも、ザ・アイスの集合写真を見せてくれました。


Alex Shibutani
WHAT! Credit to @skate_moivo for capturing this incredible feat of strength and balance. @j_butt http://instagr.am/p/N19Jo_wm3x/
4896e7dedcf411e19c2922000a1e87be_7.jpg



Mirai Nagasu
Missing Japan already!!!
AzSoCIPCMAIf84G.jpg

Mirai Nagasu
Thought of @Adaripp when I saw this in Japan
AzSnZlQCMAEG2a_.jpg



Maia Shibutani
Everyone looking spiffy at our last cast dinner. Photo courtesy of @mirai_nagasu.
172320fcdcac11e1a75a22000a1c8831_7.jpg


アレックスの「Call Me Maybe」の動画は、現在91,691回再生。
今日にも10万回に及ぶのではないだろうか、という勢いを保ってます。

いいものはこうやってちゃんと口コミで広がるのですね。
私もここでもう一度ご紹介しちゃお( ・∀・)つ

Call Me Maybe - THE ICE 2012




<P.S.>

ブログのテンプレートを変えてみました。
文字が大きいところが気に入ったのですが、いかがでしょうか?
(老眼入ってきたのか、自分がこちらのほうが読みやすかったのです・笑)

「ぼちぼち生きてます」というタイトルの上に、カラフルなボタン?があります。
普段ツイッターなどは使ってないので、生きてるのは右の2つ(全記事表示とRSS)くらいです。
でもカラフルなので、そのままの状態にしておきます。

前のテンプレートはかなり気に入っていたので、
使い勝手によっては元に戻るかも?ですが(;^_^A 



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/08/03(金) 16:16:50|
  2. 浅田真央を取り巻く環境|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。