ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

真央ちゃんニュース動画とロンドン五輪あれこれ。内村選手、金メダルおめでとう!

■真央ちゃんニュースと、日本を恋しがるマイアちゃん

まずは、真央ちゃんニュースを2つ。

こちらは、強化合宿の様子を伝えるニュースです。
真央ちゃんも、ロンドン五輪はチェックしているようですね。

ドデスカ! 浅田真央 Mao ASADA


Snap678001486.jpg
Snap678001484.jpg
Snap678001485.jpg
Snap678001487.jpg

こちらの動画は、ザ・アイス日光公演で招待した、
被災地域の子供たちをとの触れ合いを伝えるものです。

THE ICE 笑顔の日光公演 浅田真央 Mao ASADA


動画主様、ありがとうございました<(_ _*)>”

マイアちゃん、
アメリカに戻ったのに、もう日本が恋しくなってしまったようです。


MaiaShibutani
Happy to be home, but I already miss Japan and the cast. #THEICE2012
69219226dbe411e19d0222000a1cdb16_7.jpg


私も、ザ・アイス出演メンバーが、恋しいです!



■日本の柔道は死んだのか

先日、柔道66キロ級の日本VS韓国において、判定が覆ったことをご紹介しました。
そもそも日本が完全に勝っていたものを誤審したことが原因でした。

本当に誤審だったのか、買収があったのか不明ですが、
この試合以降も、韓国と対戦した選手たちにはことごとく不利な判定が続いているそうです。

コメント欄で情報をいただきました。
某所でまとめられていたという「対韓国戦」の状況です。


柔道で韓国人と対戦した場合の判定:
中村美里戦で中村の「技あり」が「有効」に変更される 、
伊フォルチニーティ戦でフォルの「一本」判定が取り消し
西山戦で西山の「一本」判定が取り消し
その他不可解反対多数。   

国際柔道連盟会長 朴容晟
環太平洋柔道機構会長 金正幸
アジア柔道連盟会長 金正幸

日本発祥の「柔道」は死にました


情報、ありがとうございました。
(ほかにもいろいろなことを教えてくださる方が…感謝です)

悲しいですね。
日本の国技である柔道が、内部から汚されている現実。
この幹部が居座る限り、今回のような韓国に有利な判定が続くのでしょうか。
ルール無視の国益だけを優先した判定。

この状況が当たり前になってくると、
某所の書き込みの通り、柔道は武士道の精神を持った本来の姿ではなくなるのかと思うと…。
どうしてこんなことになったのでしょうか。

■ボクシングでも日本人に不可解判定。抗議→判定翻る

昨日は、ボクシングでも不可解な判定があったようです。
これは韓国絡みではないのですが、八百長の可能性があるのでは。


ダウン3度認め、清水がRSC勝ち
nikkan sportsロンドン五輪 2012年8月2日10時54分

 国際アマチュアボクシング連盟(AIBA)は2日、ロンドン五輪の男子バンタム級2回戦でアブドゥルハミドフ(アゼルバイジャン)に敗れた清水聡(自衛隊)が判定を不服として起こした提訴を認め、勝者とする決定を下した。清水は5日の準々決勝に進出する。

 問題とされたのは3回の判定。アブドゥルハミドフは6度キャンバスに倒れたが、レフェリーは一度もカウントを取らなかった。AIBAはそのうちの少なくとも3度は有効なパンチによるダウンに該当するとし、清水のRSC勝ちを認定した。当初は22-17の判定でアブドゥルハミドフの勝利と発表されていた。

 日本の山根昌守チームリーダーは「ダウンしていたのは明らかだった。正しい判断をしてくれたことに安心した」と話した。


相手が6回も倒れたのに、全てノーカウントにされたとか。
某所でその6回をgifファイルにしてくれてたので、貼りますね(見えますか?)

これが全部スリップ扱い
http://cdn0.sbnation.com/imported_assets/1149075/1.gif
http://cdn2.sbnation.com/imported_assets/1149072/2.gif
http://cdn1.sbnation.com/imported_assets/1149069/3.gif
http://cdn3.sbnation.com/imported_assets/1149066/4.gif
http://cdn2.sbnation.com/imported_assets/1149060/5.gif
http://cdn3.sbnation.com/imported_assets/1149055/6.gif

念のためNHK動画も(右側の「3ラウンド」の動画です)
NHK動画 ボクシングバンダム級 日本VSアゼルバイジャン

素人の私が見ても、相手は逃げるばかりで、
清水選手にもたれかかったと思ったらそのまま自ら倒れたり、を何回もしてるのに。

これはさすがに日本側から抗議をしたそうで、
当然のその抗議は受け入れられ、またしても判定が翻る形となりました。

柔道もボクシングも、明らかに勝ってる日本人が負け判定を受けました。
大人しく黙って涙を呑んでいれば、そのままだったのかと思うと…
日本人は大人しいから抗議なんてしないだろう、と甘く見られてるのかもしれません。

今回の対戦相手はアゼルバイジャンという国でしたが、昨年の英BBCの放送によると
「ロンドン五輪では、ボクシングで2つ金メダルが取れるように6億8000万円で買収済み」
ということが報じられていたようです。

この記事の1つ目です。


五輪での審判買収や圧力は当たり前? 7億円で金メダル2つ!? 五輪の"審判買収"事件簿
サイゾーpremium 2012.07.25

──誤審と並び、毎回のように大きなスキャンダルとして報じられる審判の買収問題。現在までに五輪で騒動となった買収事件とその買収額を、ピックアップして検証する。飛び交う現金の裏には、国からの圧力の影も……。

■12年ロンドン五輪/ボクシング
[買収額]900万ドル(約6億8000万円)
11年9月に英国の国営放送BBCが、「国際アマチュアボクシング連盟(AIBA)傘下のプロボクシング団体は、中東のアゼルバイジャンからロンドン五輪で2人の自国選手の金メダル獲得と引き換えに、900万ドル(約6億8000万円)の賄賂を受け取っていた」と報じた。これに関してAIBAはアゼルバイジャンとの金銭の授受は認めたが、プロボクシング団体への投資であり、メダルの買収ではないと主張しているが……。ロンドン五輪でのボクシングの結果に注目が集まっている。


■08年北京五輪/レスリング
[買収額]2000万ウォン(約160万円)
前回の夏季五輪である北京五輪でも、韓国による買収騒動が勃発。当時の大韓レスリング協会会長が北京五輪当時、協会の副会長から2000万ウォン(約160万円)相当の中国通貨を受け取り、その一部を五輪の審判らに渡したとされる。「一部の審判らと親善を図る目的で、トイレやホテルの廊下で会って直接お金をあげたし、そうすることが慣行だった」と、審判の買収や賄賂が慣行化しているとも取れる供述もあり、大きな波紋を呼んだ。

■02年ソルトレイクシティ五輪/フィギュアスケート
[買収額]0円?
金ではなく”交換条件”で買収があったとされる一件。問題はロシアのベレズナヤ&シハルリゼ組と、対するカナダのサレー&ペルティエ組の採点で起きた。フリーの演技でロシア組がわずかに乱れ、カナダ組はほぼ完璧な演技を披露。しかし、審判はロシア組を支持し、カナダ組は金メダルを逃した。後日、フランス人審判のひとりが「アイスダンスでフランス有利の判定をするので、ペアではロシア有利の判定をするという、フランスとロシアの間に密約があり、自国のスケート協会から圧力を受けた」と告白。

■00年シドニー五輪/テコンドー
[買収額]不明
シドニー五輪のテコンドーで不正が行われた可能性があると米紙「USAトゥデー」が02年8月に報じた一件。シドニー五輪当時、世界テコンドー連盟の副会長だった人物が、韓国で発売された政治・経済雑誌に「韓国選手に有利になるように、レフェリーや審判員の割り当てを操作した」と告白したとされている。ちなみに、シドニー五輪で韓国は、テコンドーで金メダル3個、銀メダル1個を獲得している。これが本当だとしたら、一番傷つくのはメダルを勝ち取った選手たちだと思うのだが……。

■88年ソウル五輪/ボクシング
[買収額]約1万5000ドル(約180万円)
今でも五輪の審判買収問題で語り草になっている一戦。アメリカのロイ・ジョーンズは、第2ラウンドでカウント8のスタンディングダウンを奪うなど、終始、韓国の朴時憲を圧倒し、勝利が確実なものと思われた。ところが、判定の結果3-2で朴の勝利となり、ジャッジに関して大きな波紋を呼んだ。後に、韓国側から審判団へひとり当たり、300~1万ドルの賄賂が渡されていたことが発覚。朴有利の判定を下した審判3人も処分される事態となった。

■76年モントリオール五輪/体操
[買収額]0円?
女子体操で、白い妖精ことルーマニア代表のナディア・コマネチが獲得した10点が水増し得点だったとの報道がされた一件。発端は元IOC副会長のディック・パウンドが自身の著書の中で「ソ連を団体で勝たせるために、全体的に採点を高くする方針が審判団にあった」と語ったこと。モントリオール五輪当時、ソ連が苦手とする段違い平行棒で、コマネチに高得点を与えれば、相対的にソ連も得点が上がるとの思惑があったという。コマネチの演技を貶めるものではないが、ケチがついたことは至極残念。


選手たちは純粋(だと思いたい)なのに、
周りの汚い大人たちは選手たちがお金にしか見えてないのでしょうか。

■体操団体で日本が審判買収?米メディアの無責任報道

また、アメリカのメディアが、
「日本は審判買収したのか?」という記事を載せ、波乱が起きてます。

発信元は「米ヤフースポーツ」となってますが、
元記事は米国の大手新聞社(大手放送局だったかも・汗)なのだそうです。
信頼性が求められるメディアがこのような日本を陥れるような記事を出したことは問題です。


男子体操で審判にドル札渡す 「日本が買収」疑惑で大騒ぎ
J-CASTニュース 8月1日(水)18時52分

 ロンドン五輪の体操男子団体総合決勝で銀メダルを獲得した日本が、奇妙な疑惑にさらされた。最終種目で一度は低い点数が出ながら、抗議によって得点が加算されたのは、日本が審判団を買収したのではないかというのだ。

 その「証拠」としてインターネット上に流れたのが、日本のコーチが米ドル札を審判席に向かって渡そうとしている写真だ。真相はどうなのか。

■「なぜ日本コーチは100ドル札を持っていたのか」

 英国時間7月30日に行われた団体総合決勝では、内村航平選手が最終種目のあん馬で、倒立状態から着地する際にバランスを崩し、よろめきながらも何とか両足で降り立った。しかし、一連の流れが技として加点対象とみなされず、得点は13.466となりチームは最終的に4位に転落。逆転優勝どころかメダルをも逃す「悪夢」となった。

 採点に納得できなかった日本のコーチ陣が、すぐ審判席に駆け寄って抗議を始めた。技の難度を表す「Dスコア」(演技価値点)で、内村選手が着地に至る技の認定をめぐってのものだ。映像では、複数の審判員がノートパソコン上で再生された内村選手の演技に目をこらしている様子が見られた。15分後、抗議が認められて得点は14.166となり、日本の銀メダルが確定した。

 この過程で、日本側が審判に現金を渡していたという。米ヤフースポーツが、「問題のシーン」を写した画像を公開したのだ。

 見ると、日本人コーチと見られる男性が、左手に書類と米ドル札を握りしめ、2人の審判員に対している写真が載っている。右上に米テレビ局「NBC」のロゴがあるので、テレビ放送の画面をキャプチャーしたのかもしれない。記事には、「なぜ日本の体操コーチは、審議を請求するために100ドル札を持っていたのか」との見出しがついている。同様の内容を報じた別のメディアの記事は、ツイッター上で「体操の日本代表が審判員に現金授与」などと題されて拡散した。これだけでは、まるで日本がカネにモノを言わせて審判団を買収し、加点させてメダルを奪ったと受け取られる恐れがある。だが、世界中が注目する場で明らかに不正と分かる行為を、目に見える形で行う人がいるだろうか。

 当日のTBSの中継で、日本の加藤裕之、森泉貴博両コーチが審判員席に詰め寄ってから得点が変更されるまでの映像を確認した。当初、口頭で何やら主張していたコーチは、運営側の担当者と思しき人物に促されて書面に記入し、提出していた。ただ、現金を渡していたようなシーンは最後まで登場しなかった。

■1回目の抗議には300ドル、2回目は500ドル

 案の定、一部の外国人は「日本は最低だ」「採点が気に入らなかったら審判にカネを渡すのか」など、日本チームを中傷する英文の書き込みを残した。

 実際は買収でも何でもない。国際体操連盟(FIG)は、体操競技の国際大会における運営規則を定めている。第8条が「採点」に関する内容で、その4項が「採点への審理請求」に当てられている。

 採点への抗議は「Dスコア」に限って認められており、まずは口頭で行うことが条件だ。タイムリミットは「得点が出た後、すぐ。遅くとも次の競技者や団体が演技を終える前」で、最終演技者の採点に関する抗議については「点数がスコアボードに表示されてから1分以内」となっている。日本のコーチ2人が急いで審判員席に向かったのは、内村選手が日本チーム最後の演者だったためだろう。制限時間外の請求は認められない。

 口頭で抗議した後、今度は4分以内に書面の提出が求められる。これで正式な手続きが完了するわけだ。規定では書面のほかに必要なものとして、

  「1回目の抗議には300ドル、2回目は500ドル、3回目は1000ドルの支払いが必要となる」

と書かれていた。米メディアの掲載写真で、日本人コーチが握りしめていた米ドル札は、FIGが定めた「抗議手数料」だったとみられる。抗議内容が受け入れられた場合は返金される決まりのため、今回の日本側の支払いも戻されたはずだ。

 米ヤフーの記事でも、本文ではFIGの規定にのっとった手数料だったと説明しているが、見出しと写真だけを見る限りでは日本側が不可解な行動をとったように読める。米紙「USAトゥデー」のブログでも、見出しが「日本男子体操チームが審判に現金授与」との表現だ。正当な手続きを踏んだ日本チームにとっては、とんだ誤解を生むワンシーンが切り取られてしまった。


そのサイト(リンクをお気に入りにし忘れたのですが)では、動画が貼られてました。
貼られていたのはこのシーンでした。
確かに手には異議申し立ての申込書と現金が握られています。

dollabill_1.jpg

そもそも、抗議に現金が必要だとは知りませんでした。
しかも4分以内にその現金も書類も用意せよ、とか。
そこまで時間制限をつけて焦らせることに何の意味があるのでしょうか。

日本としては、正当なルールに乗っ取って抗議の手順を踏んでるだけのことを、
この写真だけ見せて世間を騒がせようとする米国メディアの無神経さには憤りを覚えました。

実は、この騒ぎを知ったのは、アダム・リッポンのつぶやきからでした。
いろんな掲示板でいろいろと騒がれているのを見ました。
ここでは細かく取り上げるつもりはありませんが…。

フィギュアスケート選手が出てきたついでに、
今朝の内村選手についてコメントしたジョニー・ウィアーのつぶやきも話題になってました。
これは微笑ましい話題なので、ご紹介します(笑)


Johnny Weir-Voronov
Go @DanellJLeyva!!! Go Kohei-kun!!! Men's gymnastics Individual All-Around now!


「航平くん」って(笑)
ジョニー・ウィアーは、内村選手のファンなのだそうですね。
ちなみに世界選手権のときは「内村ちゃん」とつぶいやいていたそうな(笑)
海外から日本の選手を応援してくれていることは、嬉しいですね。

■バドミントン無気力試合のその後

昨日の記事で、バドミントンにおける「無気力試合」を取り上げました。
日本経済新聞と朝日新聞では、こんな記事が出たのですか、どう思われますでしょうか。


引き分け狙い…なでしこ、フェアプレー精神はどこへ
日本経済新聞 2012/8/1 7:00

(大半省略)

■FIFAの規律委員会で問題になるかも…

 だがひとつ懸念がある。佐々木監督の「引き分け狙い」の発言は、競技を運営する国際サッカー連盟(FIFA)の規律委員会で問題になるのではないか。前述したように、意図的に勝とうとしないことは、明らかにフェアプレーの精神に反している。

 少なくとも、この試合の日本のフェアプレーポイントは大幅に“減点”されたに違いない。悪くすれば、佐々木監督に何らかのペナルティーがあるかもしれない。

 そして私自身は、たとえ準々決勝で勝とうと、そしてたとえ金メダルを取ろうと、この南アフリカ戦でのなでしこジャパンの試合をずっと残念に思い続けるだろう。

 眠い目をこすりながらテレビの前で試合を見守った少年少女たちを含めた日本中の人々を落胆させた罪は、けっして小さくはない。



「2位狙い」は悪いのか バドミントン選手の失格処分
朝日新聞 2012年8月2日1時30分

 失格処分は正しいのだろうか。ロンドン五輪バドミントンの女子ダブルスの4ペアが、世界バドミントン連盟から罰せられた問題だ。この4ペアは、1次リーグ最終戦で、わざと負けようとした。スポーツマン精神を求めた世界連盟の規則に触れている。

 しかし、五輪で勝つためには組2位が有利だから、それを目指した。次の試合で勝つ可能性が小さくなる組1位を選ぶことだけが、正しいのか。その試合の敗退行為であっても、大会の敗退行為ではない。引き分けを狙ったなでしこジャパンにも、同じ構図が当てはまる。

(以下省略)


なでしこジャパンの「引き分け」戦略と、
韓国・中国などの「無気力」試合とを、同列に扱うことは正しいのでしょうか。

韓国が無気力試合で評判を落とすのが目に見えていたから、
なでしこジャパンも同じことをしてるじゃないか、
という予防線を張っているのではないか、という見方もあるようです。
私も、そう感じました。

ちなみに日経新聞で「FIFAの規律委員会で問題になるかも」と予言してましたが、
FIFAからはこの件に関して「問題なし」と既に表明されていますのでご安心を。

ところで、「無気力試合」をした選手たち8人は、全て失格という処分が下されました。


五輪バドミントン:韓国など4ペア、無気力試合で失格
毎日新聞 2012年08月01日 22時06分

 【ロンドン大前仁】世界バドミントン連盟は1日、ロンドン五輪女子ダブルスで8強入りしていた韓国の2組と、中国、インドネシア各1組の計4ペアが1次リーグの試合で無気力試合を行ったとして「勝利に向け最善を尽くさなかった」と判断し、失格処分にしたと発表した。

 失格となったのは▽第1シードの王暁理、于洋組(中国)=A組▽メイリアナ・ジャウハリ、グレイシア・ポリー組(インドネシア)=C組▽鄭景銀、金ハナ組(韓国)=A組▽河貞恩、金旼貞組(同)=C組。対象になったのは7月31日のA組の中国・韓国戦と、C組の韓国・インドネシア戦の2試合で、ともに韓国ペアが勝ち、決勝トーナメントには各組1位で通過した。

 各ペアは、すでに準々決勝進出を決めていたことから、組み合わせが有利になることを狙い、勝利を放棄するようなプレーを続けた。サーブをネットに向けて打ったり、わざとアウトになるように打ったりする場面があった。また勝った韓国も処分対象になった。準々決勝には藤井瑞希(みずき)、垣岩令佳(かきいわれいか)組(ルネサス)が出ている。

無気力


こうやって失格になった後の行動で、国民性が見えてきます。

中国を擁護したいわけではありませんが、
この件については中国の対処はよかったのではないかと思います。

韓国とインドネシアは、未だに失格処分に抗議しています。
中国は、失格を受け入れた上で、無気力だったことを認め、ファンに誤りたいと。
さらに、中国の世界ランキング1位の選手は引退まで表明したということです。


女子バド失格ペア「確かに無気力だった。ファンに謝りたい」=中国
yahooニュース(サーチナ)2012/8/2 10:12

 ロンドン五輪・バドミントン女子ダブルスで「無気力試合」によって失格となった中国の于洋、王暁理両選手が1日、中国メディアの取材を受けた際「全力ではなかった。すべてのファンに謝りたい」と語った。体壇網が伝えた。

 記者から事情の説明を求められた際、王選手は「初めてのグループリーグ戦いで、ルールをよく理解していなかった。リーグ突破が確実になれば、全力で戦わなくて良いと思っていた」と釈明した。

 于選手は「私たちは確かにオリンピックの精神を守らず、多くの悪影響をもたらした。まず、すべてのファンの皆さんに謝らなければならない」と語った。

 両選手ともに、今後はすべての試合において全力で戦うことを誓うとともに「私たちが変わったところを見てもらいたい」と決意を新たにした。
(編集担当:柳川俊之)



「無気力」の于洋、引退表明=女子ダブルスの世界ランク1位〔五輪・バドミントン〕
yahooニュース(時事通信 8月2日(木)12時45分配信)

 【北京AFP=時事】ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルスで「無気力試合」を行ったとして、世界バドミントン連盟(BWF)から失格処分を受けた中国の于洋が1日、ミニブログ「微博」(中国版ツイッター)で現役引退を表明した。同選手は2008年北京五輪の女子ダブルスで金メダルを獲得し、王暁理とのペアで世界ランキング1位。
 于洋は「わたしの夢は無情にも終わった。これが競技生活の最後。さらばBWF、さよならいとしのバドミントン」などとつづった。 


脱線しますが、これに関するニュースをgoogle検索で探す時に、
タイトルに「韓国」とか、国名が一切出てないことに少し違和感を覚えました。
関連記事が100件以上あるのに、国名が出ていたのは前出の毎日新聞の1つだけでした。

直前に「○○選手、韓国○○に敗れる」というタイトルを見て、
韓国に負けたことはタイトルに入れて強調するんだ~と思ったばかりだったので、なおさらでした。

■韓国選手たちによる酷い試合の動画

実際に目で見たら、韓国選手のフェアプレー精神がどの程度のものかわかります。

一つ目は、バドミントンの無気力試合、
二つ目は、女子バスケです(コメントによる情報、ありがとうございました)。

バドミントンで無気力試合


女子バスケ 日本vs韓国 韓国選手のラフプレー


この女子バスケは、相手にケガをさせる可能性もあるだけに、特に酷いですね。
韓国は、スポーツではなく日本人を攻撃するために試合をしているのではないか、
という書き込みを見ましたが、まさしくその通りだと思いました。



■内村航平選手、金メダルおめでとうございます!

ところで、体操・内村選手!金メダルですね!
これは大事なことなので、最後に特集したかったんです(笑)

ライバル選手から、こんな嬉しい言葉が出ています。
「日本語が話せたら、最高の体操選手と言ってやりたい」

内村選手が種目を終えるたびに、
海外の選手たちが次々と握手を求めている光景を何度も目にしました。
選手からも愛されることが、本物である証ですね。

団体戦では思うような演技ができなかった上に、
採点の時にはすっきりしない思いを味わったと思うので、
ぜひとも個人では実力を発揮してうっぷんを晴らしてもらいたかったのです。


銅メダルのレイバ「日本語話せたら、最高の体操選手と言ってやりたい」 内村が金メダル
産経ニュース 2012.8.2 09:05

 体操競技の男子個人総合決勝が行われ、世界選手権3連覇中の内村航平(コナミ)は92・690点で金メダルを獲得した。今大会、日本勢では2個目の金メダル。体操男子個人総合での「金」は、1984年ロサンゼルス大会での具志堅幸司氏以来28年ぶりの快挙となる。

 レイバの話(銅メダル)「(内村)コウヘイの体操はとても美しい。彼と競技するのが大好きだ。今日は一緒の班でなかったのが残念。もし日本語が話せたら、これまでで最高の体操選手だと言ってやりたい。彼を打ち負かしたい」(共同)

gym12080209070010-p1.jpg
体操・個人総合 金メダルを獲得した内村航平(中央)と、銀メダルを獲得したグエン(左)、
銅メダルを獲得したレイバ=ノースグリニッジ・アリーナ(森本幸一撮影)



内村選手の試合後のコメントです。


金メダルの内村「自分の限界に挑戦したい」=試合後コメント
(スポーツナビ)2012/8/2 07:00

 ロンドン五輪の体操男子個人総合決勝が1日(現地時間)に行われ、内村航平(KONAMI)が92.690点で優勝した。今大会は予選、団体決勝を通してミスが出た内村だが、個人総合では本来の演技を披露。全種目で15点以上をマークし、2位のマルセル・グエン(ドイツ)に1.659点差を付ける圧勝で、金メダルを手にした。

 以下、内村の試合後コメント。

■ 「日の丸を見て、あー最高だなーと」

(世界選手権で)3連覇してるんですけど、やっぱり違いますね。夢のようというか、あそこで日の丸が上がってるのを見てもまだ実感がわいてないというか、本当なのかなとずっと思っていました。

(表彰台で)結構無心というか、あまり何も考えてなかったです。何も考えずに日の丸が上がっていくのを見て、あー最高だなーと思って見ていました。

(試合前に想像していたものと違う気持ち?)そうですね。演技内容が、最後の最後でやってしまった(床で手をつくミス)ので、でもやっぱりオリンピックには魔物がいるなというのを再度、分からされたというか、そんな気持ちです。

 鉄棒でコールマンを抜いて確実にやって、(山室)光史(KONAMI)に一番いい色を見せて、日本に送ってあげようと森泉コーチに言われて。正直迷ったんですけど、コールマンは団体決勝の時は(バーを)持っていたので、技を抜いて確実にやってもなというのもあったんですけど。でも、抜いてもいいかなという直感がすっと入ってきたので。それに身をゆだねたという感じです。

(技を抜くことを決めたのは)前日に森泉コーチから話があって、70%くらいで抜こうと思っていたんですけど、今日の朝、抜いてやろうと決めました。(迷ったのは)なんか、らしくないというか、いろんな時でも構成は変えないでやってきたので……。やはり4年に1度なので、そこ(勝つこと)にこだわってもいいのかなと思っちゃいました。

■ 「山室選手を見て『お前の分まで』とやる気を上げました」

(演技順が)あん馬からは初めてだったので、ここをしっかりやりきれば、最後まで楽に流れに乗っていけるなと感じていました。多少危ない場面はあったんですけど、そこを乗り切って最後の最後まで丁寧にできたと……。まあ、最後の最後でやっちゃってますけど(笑)

(今朝の目覚めで金メダルが取れると思った?)正直あまり良くはないないのかな、なんて思ってました。僕は山室選手と同じ部屋で、足に大きな包帯を巻いて寝てる山室選手を見て、本当は一緒に出る予定だったんですけど、出られなくて僕も悔しかったし、彼が一番悔しかっただろうなと。その寝てる姿を見ながら、「お前の分まで頑張ってくるわ」という気持ちでやる気を上げました。

(五輪の金メダルを取ったいま、今後については)一番大きい試合で一番いい色のメダルを取った今でも、全然自分の体操人生で満足したなという思いはありません。そこは結果じゃなくて、自分が表現したいもの、理想が自分の中にはあって、それを表現できたときに……。そこでも終着点ではないと思いますけど。できる限り自分が表現したものをやり続けて、その中に(2016年の)リオ五輪があると思います。どこまでできるか分からないですけど、できる限り自分の限界に挑戦したいなという気持ちはあります。

(母・周子さんの声援は届いていたか?)応援してくれた中で、一番の大きな応援で、一番パワーをもらえた応援だったなと思います。オリンピックに入る前に、母親には「一番声出して、一番応援する」と言われていたので、それを試合で受けてパワーが出ました。感謝の気持ちでいっぱいです。

Snap678001488.jpg
体操男子個人総合で優勝し、笑顔を見せる内村【Getty Images】


「五輪で金メダルを取った今でも、満足していない。
 自分の表現したいものがある。
 既に4年後のリオ五輪を目指している」


う~ん、カッコイイじゃないですか!
応援せずに入られません!

内村選手の、いい笑顔がたくさんあったので(ノ´∀`)ノドゥゾォ+.☆゚+.☆

uch011-jlp13041827.jpg
uch011-0013043177.jpg
10ko324621.jpg
ep677081.jpg
uch011-0013043227.jpg
122617_video.jpg



更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/08/02(木) 20:26:19|
  2. 浅田真央ニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。