ぼちぼち生きてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)

5年振りの「ロクサーヌのタンゴ」。妄想記事もいいとこ。ザ・アイス関連Twitterご紹介。

■KYアイスショー、演目は「ロクサーヌのタンゴ」と「オール・オブ・ミー」

KYショーの演目が発表されました。

2006-2007シニアデビュー時のSP「ロクサーヌのタンゴ」を、
内容はそのままで衣装を変えて披露するようです。

もうひとつは、今期の新EX「オール・オブ・ミー」。
「ハンサムスケーター4人衆」と派手に宣伝していたのは、
このプログラムの紹介も兼ねていたようですね。

「ハンサムスケーター4人衆」を従えて、悠々と歩く姿が目に浮かびます。


‘現役復帰’キム・ヨナ“初心で”…5年ぶりに‘ロクサンヌのタンゴ’リリースして
東亜ドットコム 2012-07-19 09:59

‘フィギュア女王’キム・ヨナ(22,高麗大)が‘三星ギャラクシーSⅢ★スマートエアコンQオールザットスケートサマー2012’を通じて‘ロクサンヌのタンゴ’を5年ぶりにリリースする。

‘ロクサンヌのタンゴ(El Tango de Roxanne)’はキム・ヨナがシニア舞台にデビューした2006-2007シーズンショート プログラムだ。キム・ヨナはシニアデビュー初めての世界選手権大会の‘2007東京世界フィギュアスケーティング選手権大会’から‘ロクサンヌのタンゴ’に71.95という驚くべき点数を記録、世界新記録を樹立して世界シニア舞台初めてのシーズンを派手に飾った。

当時16才の幼い少女と信じられないほどの魅惑的な演技をして全世界フィギュアファンに強烈な印象を植え付けた同時に賛辞を受けた‘ロクサンヌのタンゴ’。2014ソチオリンピック挑戦を宣言して本格的な訓練に入ったキム・ヨナがロクサンヌのタンゴをアイスショー分けてプログラムで演技することが今回が初めてだとその意味が格別だ。

キム・ヨナは“‘ロクサンヌのタンゴ’を愛して下さる方々が非常に多いということを知っている”とし、“今回ソチオリンピック挑戦を宣言しながら、新しい覚悟と目標を持って初めから再び始めようという気持ちで初めてのシニアデビュープログラム‘ロクサンヌのタンゴ’を選択した”と話した。

キム・ヨナはまた“私がまた他の出発を始めた状況でファンのみなさんが公演を見てたくさん激励して下さって楽しんで下されば感謝する”と付け加えた。

タンゴ リズムに合わせた派手なステップと手動作が魅力的な‘ロクサンヌのタンゴ’は強烈なタンゴ旋律により踊るように動くキム・ヨナの優雅な演技が調和して国内ファンはもちろん全世界ファンの愛と関心が絶えることなく続く。特にプログラム中盤のスパイラルシークエンスで表現されたキム・ヨナの微笑は‘ロクサンヌのタンゴ’の白眉に選ばれる。

オールザットスポーツは“今回リリースするキム・ヨナの‘ロクサンヌのタンゴ’はファンたちが記憶して愛している既存の音楽と振りつけをそのまま再演して、衣装だけより一層洗練されるように製作する予定”としながら、“より一層蠱惑的に演技するキム・ヨナを期待してくれ”と話した。

今回の‘三星ギャラクシーSⅢ★スマートエアコンQオールザットスケートサマー2012’に現れるフィギュア女王の‘ロクサンヌのタンゴ’はどんな姿で観客に近づくのかとても期待される。

キム・ヨナは‘ロクサンヌのタンゴ’とともに去る5月アイスショーに現れたガラプログラム、マイクルブブルレの‘オール・オブ・ミー(All of me)’を今回のアイスショーで演技する予定だ。この前の春アイスショーでエバンライサチェク、ステファン・ランビエールと共に男装演技をしたキム・ヨナは今回のアイスショーではアレクセイヤクディン、ブライアンチュベルなど‘フィギュア紳士の品格’4人衆と共に呼吸を合わせると見られてファンたちをときめかせている。

‘氷国での旅行(To the Ice World)’に繰り広げられる‘三星ギャラクシーSⅢ★スマートエアコンQオールザットスケートサマー2012’の入場券は19日午後7時からインターパークチケット(ticket.interpark.com,1544-1555)を通じて販売されて、8月24日(金)午後8時、8月25日(土)午後5時30分、8月26日(日)午後5時など3回公演が予定されている。 詳しい内容は公式ホームページ(www.allthatskate.com)を通じて確認することができる。

478802471_0_20120719100902.jpg


当時世界選手権で優勝した時の動画です。
当時の世界選手権では銅メダル、このSPの時点では1位でした。
そのときの動画をご紹介します。
(You Tubeは見た限り全て埋込み不可でした)

フィギュアスケート キム・ヨナ 世界選手権 2007 SP 高画質版


ユロスポ解説者も、手放しで褒めているのがわかります。
ニコニコのコメントも、「この頃は応援してたのに」「すごいじゃん」が大半で、
正直私もこれはいいな~と思いました。

スパイラルで硬いところは否めませんが、
スピンもこの頃回転が速いですね。
ステップもキレがあります。

リアルタイムで見ていたら、これは日本の強敵だ!とワクワクしていたと想像します。

このときの演技構成を調べてみました。
3F+3T、3Lz、2Aというジャンプ構成だったのですが、今これが跳べるのでしょうか。
跳べる状態だから、このプログラムを選んで証明したい、ということなのでしょうか。
(そういうことなら、少し見直してしまいそうです)

スピンもレベル4ですが、今はどんな感じなのでしょう。
先日のKYショーでは、ビールマンやレイバックスピンは省いて簡単なものにしていました。
簡単なものにしていても2回転くらいでぐらついていましたが、どこまで戻っているのでしょうね。

参考→ISU2007世界選手権公式結果

1 3F+3T 9.50 2.00 2 2 2 2 1 1 2 2 2 2 2 2 11.50
2 SpSq4 3.40 0.43 1 2 0 0 1 0 1 1 0 0 0 0 3.83
3 FSSp3 2.30 0.36 1 2 0 1 1 1 1 1 0 1 1 0 2.66
4 3Lz 6.00 1.71 2 2 2 2 1 2 0 2 1 2 1 1 7.71
5 SlSt3 3.10 0.57 1 1 1 2 1 1 2 1 1 2 2 1 3.67
6 LSp4 2.60 0.79 2 2 1 1 2 1 2 2 1 2 1 1 3.39
7 2A 3.30 1.29 2 2 0 1 1 1 2 1 1 3 1 1 4.59
8 CCoSp4 3.50 0.64 2 2 0 1 2 1 2 2 0 2 2 0 4.14

シニアデビューのこの年から既に高いGOE
オーサーがキスクラに登場し始めた頃でもありました。

当時より5歳成長したロクサーヌの演技は、興味深くもありますね。



■妄想記事もいいところ

そしてこの記事は、あまりにも酷い。

安藤選手のファンで、マスコミの誹謗中傷は聞きたくない、という方がおられましたら、
この部分だけ読み飛ばしていただいたほうがいいかも知れません。

いわゆる「ウリナラファンタジー」と言っていいのかもしれませんが、
「見えないものを見てる」ような、頭を開けて覗いてみたくなるような、全編妄想記事だからです。

こんなくだらない記事を取り上げるのは、
知らないところで日本人が悪く言われて、言われっぱなしは嫌だということと、
かの国のマスコミがどれだけ事実に基づかない報道をして国民を扇動しようとしているか、
そういうことを知るための資料として、残しておきたいからです。

全編捏造記事ですが、勇気のある方だけ、どうぞ。


"ヨナの複製?" 安藤美姫本性を探せ
キム・ヨナ特有の色模倣は自ら失敗を招く手法
"愛されたセクシーコンセプトを生かすことが効果的"

デイリースポーツ 2012.07.18 17:14:08

news1342599228_297726_1_m.jpg

日本のセクシーフィギュアスター安藤美姫(25)が'フィギュアクイーン'キム・ヨナ(22)を注意深く観察するということはかなり知られた"説"である。

代表的な例として、死の舞踏・ジョージ・ガーシュイン・オペラの衣装模倣を挙げることができる。安藤は最近、キム・ヨナが国際大会で着て出てきたドレスポイント飾りまでベンチマーキングした。

キム・ヨナが国際舞台で姿を消した過去1年間で、世界フィギュア版は右往左往の連続だった。リーダーが消えたため、興行も低調し、目的意識を失った浅田真央(22・日本)は非常に低迷した。

そしてキム・ヨナのために現役の延長を宣言した"老将"安藤もやはりキム・ヨナ休息期に共に休んだ。こうした中、最近のフィギュア女帝復帰のニュースとかみ合って安藤もうごめき始めた。

日本のスポーツ日刊紙"スポーツ報知"は今月5日、2011年世界選手権優勝者の安藤美姫が"(キム・ヨナ復帰について)非常に素晴らしい決心"と歓迎の言葉を伝えたと報道した。

安藤は、女性関連の授賞式でキム・ヨナの記者会見の内容に言及しながら"すごいスケーターだ。色々な悩みが従ったがその決定は素晴らしいこと"とし"キム・ヨナと銀盤でプレーすることができるという事実が誇らしい"と話した。

今後、2012?13シーズングランプリシリーズ2大会(中国・フランス)出場を控えた安藤は"まだグランプリファイナル金メダルがない。今度は必ず優勝したい"と言いながらもソチ五輪については"考えていない"と語った。

20代後半のソチオリンピックを迎える安藤はオリンピック前の引退の可能性が高いという評価だ。

実は安藤はキム・ヨナが登場するまで、自分だけの色が明らかだった。"艶やかなセクシー安藤"で有名になったほどだ。 特に、たくさん掘られた恥骨ドレスを通じて肉感的魅力を漂った。しかし、2006年にジュニアで焼き上がってきたキム・ヨナが"フィギュアの定義"を降りると、ベテランの安藤も大勢に参加した。無理なダイエットで細長くなった安藤はキム・ヨナのあるスマートさ・パワフル・清純美の3拍子をベンチマークし始めた。

しかし真似るほど易しく真似ることができる領域ではないことを自覚する。3回転連続ジャンプ(3-3)に代表されるキム・ヨナの特徴は、一言で言えば21世紀の最先端のフィギュアスケートだからだ。海外専門家の間では"トータルパッケージ"という最高の修飾語が浮かんだ。つまり、フィギュアの魅力のすべてが集約されているという評価だ。キム・ヨナは官能的な誘惑とは多少距離がある。もちろん007ボンドガール、ロクサーヌのタンゴなどで色っぽい魅力が漂ったりしたがこの演技でも官能美よりは"素敵で強烈だ"の賛辞が主だった。

news1342600021_297726_2_m.jpg

この時点で安藤のキム・ヨナベンチマークの限界が表れている。安藤はどう見てもハンサムな印象とは距離があるからだ。キム・ヨナのようにタフな印象を使えば、むしろ体に合わない服のように不自然に"減点要因"という指摘だ。

2010年バンクーバー冬季オリンピックが一例だ。女性美を生かした叙情的演技と男性的な強烈な演技の間で筋道をつかめなかった。結局、自分だけの色を出せない安藤は全体の5位に終わって表彰台にも上がっていない。

安藤は、東洋と西洋の調和マスクを持っている。ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーのように "大きい口"はもちろん、"目立った頬骨"と"オツクハン鼻筋"が絶妙の調和を成す。安藤が"キム・ヨナの複製"欲望を抑えてセクシーフィギュアアイコンに生まれ変わらなければならない理由だ。


安藤選手はさらりと「KY選手が戻ってよかった。一緒にできてうれしい」と語りました。
それは本心かも知れませんし、リップサービスという優しさだったのかも知れません。

その一言からこんな長文妄想記事が作れるのは、悲しい才能ですね。

安藤選手が「KY選手が戻ってよかった」と言っているのだから、
そちらも「安藤選手が戻ってまたフィギュアスケート界に活気が戻りそうだ」
と素直に書くことはできないのでしょうか。

怒りに震えた記事でした。



■コラージュいろいろ(笑って許して)

昨日、KYさんのフィギュアをご紹介したところ、こんなコメントをいただきました。
コメント主様、ごめんなさい、お借りしますねm(_ _;)m


あの人、こんな上品な顔立ちはしていません。
何かにつけて不満そうな表情しか見せないあの人は、こんな顔で微笑みません。 


そうそう(笑)
昨日私は言葉を丸めていましたが、確かに同じ印象は持ってたな~と反省しました。
「なかなかきれいに作られてるのではないでしょうか。」
と書いたのは本心ですが、それはフィギュアとしてきれいなお顔にできている、ということで。
フィギュアの清廉潔白な表情と、実際のKYさんの表情は印象はかなり違うのですよね。

これは、某所に貼られていたものですが、
これが実に的確にフィギュアと実物の表情の対比を表していると思いました。
右下が実物ですね(笑)

3211296.jpg

そして、モデルとなったであろう振付部分を並べてくださった方も。
こうやって見ると、表情もポーズも、フィギュアではかなり美化されてるのが一目瞭然です。

3211252.jpg

以上、フィギュアと実物の比較検証画像でした(笑)

それから、これ以降はかなりアンチが入ってますので、
気分を害される方がいるかと思いますが、あらかじめご了承を。

前述の安藤選手の記事のように、マスコミが扇動して選手を叩くことに比べれば、
こうやって写真を入れ替えて楽しむくらい、可愛いもんだと思ってしまいます。

ご存知かどうか…かの国のKYアンチカフェは、こんなもんじゃないです。
KYさんの顔そのものを歪めたり塗りつぶしたりして、殺意を感じるほど。
KYファンではない私が見ても、それをやった人に対して嫌悪感を覚えるほどです。
日本だと、こうやって写真を並べる程度なので、アンチにも国民性が出るのだなぁ、と感じます。

…と、前置きが長くなりましたが、オリジナルの写真はこちらです。

atss1.jpg

これは、KYショーの出演者が決まったときに、
KYファンが出演者への期待に胸を膨らませて作った出演者一覧なのだそうです。
選手たちの素敵な写真と、KYさんのはいつぞやの雑誌のときの写真ですね。

そこで某所の方たちが、KYさんの写真はこっちのほうがいいんじゃないかと、
左上だけを入れ替えた…というのが面白かったのでご紹介します。

クレヨンしんちゃんバージョン
3206649.jpg

若かりし頃のKYバージョン
3206312.jpg

2011世界選手権キスクラバージョン
3206658.jpg

フィーバーバージョン
3206778.jpg

みなさんの写真セレクトのセンスには脱帽です。



■ザ・アイス出演者達が続々到着!

そして、いよいよ2日後に迫ったザ・アイス!
昨日あたりから選手たちが続々と名古屋に到着しているようですね。

出場選手たちのTwitterにお邪魔して、
ザ・アイス関するツイートを集めてみました。


ジェレミー・アボットTwitterより

トランクの中身を公開してくれてます。
開いてる部分にはおみやげを入れるんだ、とツイートしてるのかな?
上手く訳せませんが原文のまま。

I couldn't be more proud of my packing skills right now! A whole half to bring things home!!!

AyBHXXfCAAAvl9F.jpg



マイア渋谷Twitterより

名古屋につきました!ホテルにWIFIがあってよかった!と言ってるのかな?
渋谷兄弟・アボット・メリルデイビスさんと一緒に4人で移動したようですね。

We've made it to Nagoya! Had a great dinner w/ @AlexShibutani @Meryl_Davis @CharlieaWhite @jeremyabbottpcf! 名古屋に つきました!! ひさしぶりです。

We made it to Nagoya! So thankful for hotel wifi!

Snap678001301.jpg



メリル・デイビスTwitter より

ザ・アイスに来ました!4人で来たと言ってるのかな?
(ツイッターをしないので、いろんな記号の意味がわからなくて、すみません)

Meryl Davis
‪#THEICE2012‬ here we come!!! Officially en route w/ @CharlieaWhite @MaiaShibutani @AlexShibutani & @jeremyabbottpcf



マーヴィン・トランTwitter より

名古屋での朝食をUPしてくれてますね。
バイキング形式だったのでは?とは某所の情報です。

新しいSPと新しいEXナンバーを用意してくれてるようです!

Mervin Tran
Back in Japan! Ready to rock the ICE, after a clean shower and a nap; nothing like 14 hours in the air to make you feel like a used wetnap.

Breakfast in Nagoya part 1           Breakfast in Nagoya part 2
AyHhnUOCEAATbh9.jpgAyHmF4pCMAEerEx.jpg

Mervin Tran
yes we will be doing our new short. And a new show program

Mervin Tran
the bread was a french toast.. So it was more like desert :P



未来ちゃん、腕をケガしているという情報と、到着したのかな~と心配する声があります。
ザ・アイスのツイッターでは出演者全員到着しているとのことなので、多分元気に来日してると思います!

ザ・アイスについてはまだつぶやいていないようなのですが、
たくさん画像を貼ってくれていたので、最近の画像から素顔の未来ちゃんが感じられるものを(笑)

長洲未来Twitter より

daddyが 作ってくれた おすし!(^^)

AxU3N0CCMAE99HO.jpg

未来ちゃんもジグソーパズルにハマッてるのかな?(私はずーっとハマってます・笑)

AwpgrLoCAAAmzOK.jpgAwpg2ETCAAEKap8.jpg



そして一番詳しい情報は、こちらのチュッキョTwitterでいろいろとGETできます!

チュッキョTwitter より

チュッキョ
遅くなりましたが全スケーター無事、元気に名古屋に到着してます。事業部@ザ・アイス担当


これはいよいよ楽しみになって参りましたヽ(・∀・。)ノ



<お詫びと訂正>

2007世界選手権におけるKY選手の順位を優勝と書いてしまいましたが、
SPで1位だったものの最終的には3位でしたので、お詫びして訂正いたします。
金:安藤美姫、銀:浅田真央、銅:キム・ヨナというのが正しい順位です<(_ _*)>”

気付いてご指摘くださった方、ありがとうございます!

2007世界選手権表彰式
20070324M.jpg




更新の励みとなりますので、気が向いたときにでもクリックを(*^▽^*)ノ
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ人気ブログランキングへ
関連記事


  1. 2012/07/19(木) 18:28:21|
  2. 韓国あきれるニュース|
  3. [Edit]
  4. トラックバック(-)|
  5. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。